ライフ・オブ・
デビッド・ゲイル


満 足 度
85.3%
回答者数63


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp




★★★★★
From: さえこ(NO MAIL) 9月 27日(土)22時34分26秒
久しぶりに興奮しました。こんなにスリリングな展開でおもしろく、しかもメッセージ性があって良質な作品なのに なんであんな小さな映画館なのかな?
★★★★
From: H(NO MAIL) 9月 15日(月)23時57分03秒
さすがアランパーカー、監督はもちろん脚本・キャストすべて素晴らしく、それゆえに見ごたえのある作品に仕上がったんだと思います。映画を見る前に作品のテーマを見ていろいろと自分で考えてしまった結果、全く予想通りのストーリーだったのが残念でした。途中のTVディベートのシーンで無実の死刑囚の名前を要求された時のKスペーシーのアップで、やはりコイツはやるのか?と確信を深めていってしまった。まるっきり情報を知らない方が良かったでしょう。しかし、米国の人種問題・陪審制度・宗教のバックボーンがないと日本では死刑廃止論は受入れにくいと思う。配給側がこれを考えてか、政治的な意図で力を入れないのか分かりませんが、昨今の下らない映画よりもっと観る価値のある作品だと思います。(アパルトヘイトを訴えた「遠い夜明け」は南アフリカとの貿易で利益を上げている日本側スタンスの関係で配給に力を入れなかったという噂を聞きましたが...)
★★★★★
From: たろたろ(NO MAIL) 9月 15日(月)10時52分56秒
やっと、観に行けました!待った甲斐がありとても良い映画でした。観終わった後、色々考えてしまいました。デビットゲイルの選択があまりにも切なくて…。でも彼の中で、最良の選択だったろうと思うとまた悲しい…。とても心に残りました。
★★★★★
From: ぷりけ(NO MAIL) 9月 15日(月)10時13分05秒
予備知識ゼロで見ました。最高の出来ですね。集中しすぎて疲れちゃいました。
★★★★★
From: ぺこ(NO MAIL) 9月 14日(日)22時14分22秒
これはおもしろかった!直前に見たのがドラゴンヘッドだから評価が甘くなってるのかもしれないけど・・・ケビン・スペイシーの圧倒的な存在感とよく練られたシナリオ。後から考えてとても切なくなる家族愛。僕の見た中ではいまんとこ今年一番です。
★★★★★
From: SUZU(NO MAIL) 9月 12日(金)22時54分10秒
サスペンスってやつですか?もー、肩に力入っちゃって。で、終って、クレジット流れるのながめてたら、「待てよ。奴はどうしてここまでしなければならなかったの?」と。そしたら、もー切なくなって涙です。人間は、ただ生きてさえいればいいってもんじゃないんだなー、きっと。
★★★
From: りょー(NO MAIL) 9月 9日(火)12時52分18秒
ここの評価が高かったので観た。う〜ん、まあまあって感じ?別に悪くないのだけれど、ケビン・スペイシーのキャラがあまりにも濃いから・・・。ケビン・スペイシーじゃなかったら、成り立ってないかも?<以下ネタばれ>中盤まではダラダラしてて、何度か睡魔に襲われたし、ラストで2回びっくりさせられたけど、<終わり良ければ全て良し>には思えなかった。問題のラストですが、映画としてはあのラストの方が話題になるとは思います。ただ、目の前で愛した女が死ぬのをじっと見てるってどーなの?アタマ良いのだから、他にやり方あったやろって思った。この映画観て、死刑制度反対者の方はどのように思われたでしょう?イメージ悪くなったんじゃないかなあ。と・に・か・く、オンナには気をつけろってこと。妻とうまくいってないからって学生と安易に・・・、子供いるのに。あんなことしても、小さい子供には理解できないし、理解できても、喜ばないだろうに・・・。全く、感動はしませんでした。ただ、ラストで驚いただけ。
★★★★★
From: ぱちゃこ(NO MAIL) 9月 7日(日)09時42分36秒
今年見た映画では一番の出来主人公は全てを、自分の名誉回復のために行ったんだね。
★★★★
From: !(NO MAIL) 9月 6日(土)11時54分47秒
またスペイシーにやられましたっつう感じ。この人こういう役好きですね。なんか久々集中して映画みたの。
★★★★★
From: きっしー(NO MAIL) 9月 6日(土)09時28分41秒
オチが読めたか否か云々ではなく、この映画の素晴らしさを純粋に受け止めて欲しいです。人生に絶望した者がそれでも自らの遺志を残そうとする悲痛さに心揺さぶられました。この映画で今年78本目ですが文句なく一番の作品です。最後に一言。こんな作品をなぜ全国ロードショーにできないのでしょう? 僕は長崎在住ですが、九州では上映していないので新宿まで観にいきました。エンターティメント性最優先の日本の興行には辟易します。
★★★★★
From: ねこ(NO MAIL) 9月 3日(水)14時35分49秒
私はオチは読めなかったからかとっても楽しめました。久しぶりですね。こんな興奮したサスペンス映画は。DVD必ず買ってもう一度確認したい。
★★★★★
From: TED(NO MAIL) 9月 3日(水)13時56分08秒
凄い重いテーマでありながら、同時にエンターテイメント作品に仕立て上げるこの監督の力量に拍手です。オチは残念ながら?直前まで読めまんせんでした。しかし哀しい話だ。
★★★★★
From: はれはれ(NO MAIL) 9月 3日(水)11時14分27秒
私には、途中でオチが読めたからこそのサスペンスだったので、満足です。きっと彼らがああしたのだろうけれど、それで、彼は一体死刑執行されてしまうのか、助かるのか、どうか?というはらはら感があって…。にしても、家庭(特に子供)と仕事と両方を失って、プライドが壊されたら、男の人って脆いのですね。家に帰ったら夫に優しくしてあげよう、と思いました(思ったのは観た当日だけだったけど。苦笑。)。
★★★★
From: シネマレーサー(NO MAIL) 9月 3日(水)00時27分03秒
僕はかなり早い段階で映画のオチが読めてしまいましたが、結構楽しめました。アラン・パーカーはかなりテーマ性や政治色が強いので拒否反応もしばしばだけど、絶対エンターテイメントも忘れないところがいい。ただ死刑反対派がとった行動は反対派の哲学と根底で矛盾している。超インテリの哲学教授がいるのんだ。
★★★★★
From: あこ。(NO MAIL) 9月 1日(月)17時25分39秒
今日やっと日比谷で見てきました。驚かされたし考えさせられ、久しぶりに興奮した映画でした。星五つですが気になった点について少々言わせてください。<以下ネタバレ>まず、謎解きの部分が曖昧、かつ強引で後半部分は見ている側が振りまわされてしまった感があること。そして何より、果して彼等があのような行動に出るかどうかという事です。彼等はなぜ死刑廃止運動を行っていたのか?無実の人間を守るため。彼等は誰よりも命の尊さについて考えていたのではないのか?そんな彼等が、たとえ未来に希望がないからといって、自らの命を犠牲にするだろうか?見終わった直後はこんな風に思いました。しかしサスペンス映画としては一級品だと思います。「デッドマン・ウォ―キング」を見たときも思いましたが、映画自体が死刑制度の是非について問う必要はなく、たとえ問いていたとしても大切なのは見た者がその後どのようにかんがえるかなんだなと。
★★★★★
From: ちゃっく(NO MAIL) 8月 31日(日)12時41分50秒
間違いなく、今年5本の指に入るエンターテインメント映画でしょう!ユージュアルサスペクツと似た感じがGOOD!
★★★★★
From: yuiko(NO MAIL) 8月 29日(金)12時01分05秒
娘と見に行きましたが、2人で大絶賛でした。数多くの映画を見て来ましたが、これほどまで興奮したのは久しぶりです。
★★★★
From: 横田(NO MAIL) 8月 27日(水)23時44分06秒
これから見る方!ここのコメント皆さんの読まずに映画館にまずは向かってください!見てから、じっくり意見読んでくださいな!!
★★★★★
From: えっ(NO MAIL) 8月 27日(水)23時42分06秒
ちっちゃな部屋の映画館で見てきました。ここの評判見て絶対観たいって思って!(いつも行く大きなとこでは、どこも公開していませんでしたTT)終わった後は少し放心状態になりました、久々にまた観たいって思いましたね!なんでもっと宣伝しないかな?悲
★★★★★
From: chiaki(NO MAIL) 8月 26日(火)10時20分03秒
2回目行っちゃいました。やはり2回見てもイイ!!またいろんなことが見えてきて面白かったです。本当にあの微妙な心情のデビットの役がうまく表されていて、あらためてケビンの演技が素晴らしいものなんだなぁと感じました。どんどん口コミで広がっていってほしいな。。とにかくこの映画をみんなに見てもらいたい。
★★★★★
From: wanwan(NO MAIL) 8月 25日(月)21時18分21秒
予備知識無く人に勧められて見に行ったがなかなか面白い映画でした。主役の演技が良い。(酒好きから言うと、完全に酔っぱらった演技は難しくないが中途半端な酔っぱらいは難しい。)観客を引きつける脚本と俳優達の厚みのある演技で最後まで手に汗握った。
★★★★★
From: RUN(NO MAIL) 8月 23日(土)12時31分29秒
これは実は死刑論争の物語ではないと思う。レイプ犯という汚名を一旦背負ってしまい、例え冤罪が証明されても一生世間から白い目で見られ、家族も失い、建前社会からも抹殺されてしまい死を選ぶことしか道が無くなった悲しい男の物語です。しかしそれしか道がないなら何とかそれを活かす方法はないかと考えた末に出た答えがこれだっただけです。だから、最後の結末は無駄どころか必要不可欠なものだと思うし、これによりゲイルの悲しさが一層強調されてより感動的なものになったと思う。
★★★
From: リオン(NO MAIL) 8月 22日(金)01時18分32秒
(この映画について語ると、どうしてもネタバレになってしまうのが辛いのですが…)良く出来た映画ですが、途中で謎解きが分かりました。「仕事を奪われ、家庭を失った死刑廃止論者の主人公=加害者」「不死の病にかかっている、死刑廃止論者の被害者」この二つから導き出される答えは、一つしかありません。最初は@「死刑推進派の陰謀」、次にA「死刑廃止派が利用価値の無くなったデビッド・ゲイルを利用した」と思わせ、最後の最後にB「デビッド・ゲイル自身も一味だった」ことが明かされるのですが、物語の中盤からBの可能性も否定し切れなくなっているので、衝撃のラストと言う割には、最後のインパクトは弱かったです。(何より、ケヴィン・スペイシーが、ただの被害者には見えないのが問題(^^;))↓のnanimonさんが挙げられてる点は、僕も気になりましたが、あれは「デビッド・ゲイルは謀略の被害者だ」とケイト・ウィンスレット(=マスメディア)に思わせることが重要だったのではないでしょうか?ケイトは無実であるデビッドを助けようと奔走するも、僅かのところで間に合わず、死刑は執行されます。その憤りをケイトが大きなパワーに換え、マスメディアを通じて冤罪・死刑廃止の潮流を生んだであろうことは想像に難くありません。おそらく、デビッド・ゲイルが死んでから、全く彼とは縁もゆかりも無い記者にビデオを送りつけるのとでは、マスコミに流れるパワーが違っていたでしょう。そう考えると、一番最後のビデオ(デビッド・ゲイルの自白)は蛇足です。ビデオのラベルにあったように、あれはあくまでも「オフレコ」であり、対マスコミに対してはゲイルはあくまで陰謀の被害者でなければならないのです。俳優陣の演技力や脚本の巧みさは感じられますが、それらを差し引いても、登場人物の心情面で納得のいかない個所があります。いくら信条の為とは言え、コンスタンスはあんな酷い死に方を選ぶでしょうか?酷い死に方のほうがデビッド・ゲイルが凶悪犯に見えるから?しかし何も、全裸でなくてもいいような気がします。私は男ですが、自分が女性なら、全裸でビデオに写りたいとは思わないでしょう。それを取り巻くゲイルとダスティーも、幾ら自分たちの主義主張、そしてコンスタンス自身が望んだことだからとは言え、彼女にそんな死に方を許すでしょうか?ただ信条の為、正義の為では弱いような気がします。(実は家族に冤罪で死刑になった者がいて、それで極端な死刑廃止派になったとか、そういうバックボーンを描いてればまた印象が違ったでしょうが)
★★★★★
From: チャリババ(NO MAIL) 8月 19日(火)15時22分44秒
わたしはとても面白かったです。最近みた映画のなかではこれがダントツ。よく練られてるし、最後まで飽きささない。俳優達の達者な演技も加わって見終わってもしばらくは頭から離れなかった。
★★★★
From: 武士美(NO MAIL) 8月 17日(日)20時30分00秒
推理小説でいうと、本格に該当する構築系のストーリー。これが一番の魅力ではあるが、それだけではない、登場人物に血肉を与えている人物造形がうまい。孤独なゲイルが心を通わせた数少ない人物、コンスタンスとの、共に戦う同志・友人・信頼関係、そして仄かな愛情。この二人を夫婦にしなかった設定が生きている。傍観者のウィンスレットが感情を露わにし、キーマンのカーボーイハット男の心理描写は隠蔽する。この両者が終盤を押し進めていくダイナミズムに息を飲んだ。下の方への、僕の解釈(バレ)ゲイルが取材を受けたのは、ギャラを得るためです。どうしようもなく愛していた息子の将来へ、ということと、不倫騒動の釈明が誠実なものであるということを表わしたくて、妻と息子にあのブリーフケースを送りました。死刑制度の廃止はゲイルの最終目的というより、それはむしろコンスタンスの意向です。彼女は自分の命が長くないことを知り、その生命を殉教に捧げたいと思ったのです。ゲイルはコンスタンスの意志を尊重した。ゲイルがあのタイミングで取材を受けたのは、メディアの力を最大限に利用するためです。もともと、ゲイルは死刑になるつもりだった。自分のスキャンダラスな過去は消せないし、コンスタンスも死に、息子とは会えない。マスコミには、自分の死刑が冤罪である、ということを暴いて欲しかったので、その真相にたどり着くことができる切れ者の記者が必要だった。だがあまり早く行動を起こしてしまったら、死刑が執行されないばかりか、自分も含めた全体が狂言だったことがばれてしまう。そのあたりのぎりぎりな線、80%の真実までたどり着けるタイミングを計算した結果があれでした。ビッツィーの車が故障しなくても、あれでは刑は執行されたでしょう。あまりに時間がなさ過ぎです。ミステリ、サスペンスものの基準に照らしても、反則の要素は見当たらないと思いますが。
From: nanimon(NO MAIL) 8月 17日(日)15時39分05秒
《おもいっきりネタバレ》確かにラストの衝撃は大きかった。しかしよくよく考えてみると、なぜケビン・スペイシー演じるデビッド・ゲイルは、ケイト・ウィンスレット演じる記者ビッツィーにインタビューをさせたのか?自分の本当の考えを後世に伝えるため?手記の多額のギャランティーを息子に渡すため?どれも動機としては弱い気がする。だって、デビッドの最終的な目的は死刑の廃止なのである。冤罪によって刑に処せられる死刑囚が存在する可能性がある以上、死刑制度は廃止すべきだ、というのが彼の主張だ。しかし本当に冤罪の死刑囚は存在するのか?それを実証するために彼はどうしても死刑にならなくてはならなかったのである、冤罪によって。しかしデビッドは刑の執行前にビッツィーにインタビューをさせ、これまでの経緯を話す。冤罪が証明されてしまう危険を冒して。そしてご丁寧に冤罪を証明するビデオの一部をビッツィーに送りつけたり、見つけさせたりする。刑の執行前にビッツィーが冤罪を証明してしまい、執行が中止になったら元も子もないのに係わらず・・・。現にビッツィーのクルマのエンストがなければ危なかったかもしれない。そんな危険を冒さずに、刑の執行後、仲間がマスコミに証拠のビデオの全編を送ったら、より確実にデビッドの狙い通りに事は運んだはずである。ではなぜデビッドは、ビッツィーにインタビューをさせたのか?ビッツィーに小出しにヒントを与えたのか?答えはひとつ。もし、デビッドがビッツィーにインタビューをさせないまま死刑になり、その後ビデオがマスコミに送られていたら、この映画はサスペンスになっていただろうか?絶対になっていないだろう。つまり、この物語をサスペンスとして成立させるためにインタビューは行われたのである。それ以外に理由はない。この映画の予想外の結末に衝撃を受けた人、その驚きは当然である。だって作品の設定自体が本来、この結末に繋がるはずがない設定だからである。これだったら、まだあの『マグノリア』の結末の方が理に適っている(作品の性格上)。衝撃のラストを用意するためだけに設けられた今回の設定。これはサスペンスにおける反則行為以外何ものでもないだろう。
★★★★★
From: まりん(NO MAIL) 8月 17日(日)09時18分27秒
満足です。もう一度最初から見てみたい映画ですね。ケビン・スペイシーはやっぱりすごい俳優だ!演じてるってことを全く感じさせない。酔ってるシーンも、後から思うと演技だったんだよなーって不思議に関心してしまった。ストーリー的にもよく練られてますね。見終わっても、あれはこうで、これはこういうことなんだー、ってずっと考えることができて、やっぱりこれが映画の醍醐味ですね。いやー見てよかった。以下ネタバレ。彼は子供が可愛くて、だから奥さんのところにお金を届けさせたんだと理解したんですけど、でも、他の男(元不倫相手?)と幸せに暮らしてる奥さんにお金を渡すのはどんなもんかね‥とちらっと思ってしまいました。
★★★★★
From: ち〜こ(NO MAIL) 8月 17日(日)00時13分01秒
最高でした・・。今年のベスト1です!!やっぱりケビンスペイシ−好きだな。素晴らしい演技でした。オチは分からなかったです。まさかの展開だったので、最後は切なさで胸がいっぱいになり、涙がグワーっとこみ上げてきました。ほんと引き込まれていきました。わざわざ東京まで見に行った価値アリでしたね。これは2回目見たらもっといろんなことが見えてきて面白いんじゃないかなぁ。ただ。。(ネタバレアリ)ビィッィーがコンスタンスの死ぬ間際の足が少し上がったのがおかしいって言ってたけどどうゆう事かよく分からなかった。謎解きの所があやふやだった気が・・。でも久しぶりに5★の映画に出会えて嬉しかったな。パンフも見終わった後、買って見て下さい〜
★★★★★
From: リチャードまる(NO MAIL) 8月 16日(土)18時54分47秒
目で演技するって、まさにケビンスペイシーのことを言うんだろうね。彼は、本当にどんな役でもその人物に見える!そしてその周りの役者も、特にコンスタンスが素晴らしい。脚本と役者が良ければ、金なんか掛けなくてもいい映画はできるという証明のようなもんだ。ところで監督は、死刑問題を深く掘り下げたかったんじゃなくて、一級のサスペンス映画?を作りたかっただけじゃないのかな?本当に死刑について世の中に語りたかったら、こんな映画にはしないと思うんだけど。しかし、上映してる映画館が少ないし、58uくらいしかない狭い映画館で立ち見もいたし、何だかもったいない。何をやってるんだ!今からでもいいから上映館を増やせ!ネタバレ最後に気に入らないところをあげときます。ケイトがタオルから事件の真相を閃くところは、確かに強引。そして、最初に出てきたバーリンって女は、何が目的だったのかよくわからず、せっかくだからもっとストーリーに絡ませて欲しかった。
★★★★★
From: しんげん(NO MAIL) 8月 16日(土)16時39分24秒
本当に久しぶりのヒット。今年一番よかったんじゃないかなぁ!?内容ちょっとわかっていてみたけど、オチわかんなかったんだけど。鈍感なのかな?いやぁ、ほんと面白かった。先入観なしで見たほうがいい映画です。素直にね。
★★★★★
From: ポール(NO MAIL) 8月 16日(土)16時12分11秒
いいねえ いいねえ 久々面白い映画をみたと思ったよ。脚本がいいんだろうねえ。
★★★★
From: すぱすぱ(NO MAIL) 8月 16日(土)02時41分20秒
おすぎがテレビで絶賛してたので、見にいきました。結構大きな期待を持っていったため、オチがひねられてるんだろうなっていう先入観を持っていってしまったため、結構楽にオチが読めてしまって残念だった。もし、何の先入観もなく見にいったら、ラストをジ栗味わえたのだと思うと、残念。
★★
From: 寅吉(NO MAIL) 8月 15日(金)01時12分43秒
こんな、いきなり結末がわかるような脚本と配役はダメだー。もっと、死刑問題(冤罪と報復)を深く掘り下げて欲しかった。ゲイルの転落のシーンが長すぎ。<ネタバレ>知事との話でオチが予測され、ゲイルがレイプ冤罪で人生を破滅に追いやられ、その後子供からもらった羊ですべてのオチがわかっちゃうじゃないか!ケビン・スペイシーの悟りすぎの演技(上手すぎ)が裏目に出たと思います。
★★★★★
From: ソース焼きそば(NO MAIL) 8月 14日(木)22時58分08秒
サスペンスタッチで最後まで引きつけられた ケビンの演技はうまいが絡みのバックスタイルが今いち 
★★★★★
From: J(NO MAIL) 8月 14日(木)15時06分33秒
わざわざ東京まで行って見た甲斐がありました。久しぶりに脚本にやられちゃいました。すごく伏線のある映画なので見終わった後に、あれはこのシーンに繋がっているんだ!ということに気づいては感激していました。途中で、オチが解ったからつまらないという意見の方もいましたが、普通は解らないと思います。それに結末を知った後にも良く練られた脚本に感動することが出来るような気がしました。
★★★
From: ミック(NO MAIL) 8月 12日(火)23時29分54秒
やっぱりケビン・スペイシーはいい役者だ。嘘ついてるのか真実なのか。犯人なのか冤罪なのか、表情豊かな彼の顔からは判断するのは難しいですね。対するケイトもなかなかの存在感です。        <ネタばれあり>ただ、ミステリーとしては火曜サスペンス程度だと思う。コンスタンスが白血病だとわかった時点でオチが読めました。それに人生の全てを失ったデビットが手を貸してることもねそんなんでラストにはまったく驚かなかったです。また「死刑制度」の論議についてもなんかイマイチ伝わるものがなかったですね二人のやり方にも賛同できないし・・・・・・・
★★★★
From: アイシャ(NO MAIL) 8月 11日(月)23時06分00秒
下の方々と同じく、こんな面白い映画、なぜ東京でも2館でしかやらないんでしょう?? 内容も、わりと一般受けする作りだと思いますが。それとも、やたらツマラナイ続編続きで、辟易していたところで見たもんだから、いつもより評価が甘いのか。見終わったときに、デビッドやあの女の人の、人生への深い絶望を感じて、なんとも切なくなりました。
★★★★★
From: ナーコ(NO MAIL) 8月 11日(月)10時43分41秒
ひさびさにいい映画を観たような感じです。テーマが死刑制度、冤罪などで暗い感じで、うちに帰っても映画のことを繰り返し思い出してしまいました。理解できない世界だけど、とても頭と心に強く残る作品には間違いありません。K・スペイシーもかなりはまり役でしたよ!!言葉で表現するのが難しい映画ですから、ぜひ興味のある人は映画館に観に行ってほしいです。
★★★★★
From: ライ(NO MAIL) 8月 11日(月)01時37分11秒
確かに噂にたがわず素晴らしい映画でした。音楽もハラハラドキドキ感を煽って良かったです。何か見終わった後、悲しい気持ちになってあれこれ考えてしまいました。
★★★★★
From: ken(NO MAIL) 8月 10日(日)17時32分06秒
ラスト10分間ずっと鳥肌だった。2003年度のサスペンス・スリラー部門第一位はこれで決まりではなかろうか。最後の”オフレコ”ビデオ中、録画ボタンを停止させるケビン・スペイシーの目。あの目を表現できる俳優は彼を含めて数えるほどしかいないだろう。
★★
From: どきっち(NO MAIL) 8月 10日(日)15時57分24秒
あまりにも強引で無理のある話に納得できませんでした。監督さんは、この映画を死刑制度の是非について議論されるような社会派の作品を目指したようですけど、残念ながら意外な結末だけが売りの中途半端なサスペンス映画でしかないと思います。こういう結末にするのであれば、主人公が行動に至るまでの経緯にもっと説得力を持たせてくれないと納得できないです。女性記者がモーテルで落ちていたバスタオルを見てひらめくところなんかも、無理やりなこじつけとしか思えないままどんどん記者が謎を解いていってしまって、何だかまるで名探偵コナンのような強引さでした。キャストでは、ローラ・リニーの演技が良かったかなと思います。ケビン・スペイシーは、もうこの手の役はやらない方が良いのではないでしょうか。
★★★★★
From: ムー(NO MAIL) 8月 10日(日)03時35分31秒
究極の冤罪制作ってかんじですかねぇ…ビッツィーの会社から受け取った50万ドルはそっくりそのままデビッドの奥さんの元へ送られたようですけど、計画に加わったダスティーも金を貰ったんですよねぇ? それにしてもテンポがいいですね。新宿まで観に行った甲斐がありましたよ。やっぱりケビン・スペイシーはこういったサスペンス映画にピッタリだし。何故こんな良い映画が神奈川でやってないんだ?
★★★★★
From: なおみ(NO MAIL) 8月 10日(日)00時51分49秒
映画はかなり見るほうですが、久しぶりに「すばらしい」と言えて、自信を持って人に薦められる映画に出あえました。最後のロールクレジットの時に、走馬灯のように今までのシーンが頭に出てきて、なるほどと思うところを沢山発見する。こういうのが映画の面白さでもありますからね。ケビン・スペイシーは本当にすごいですね。素晴らしい。大阪の某シネコンで見たのですが、一番小さいシアターでした。なんでこの映画、そんな扱いなんでしょうか?もっと見て欲しいのになぁ。
★★★★★
From: オフジ(NO MAIL) 8月 8日(金)13時50分42秒
最後まで飽きささずハラハラドキドキでした。よく練られた脚本だと思いました。ケヴィン・スペイシーはうまい役者さんですね。
★★★★★
From: Jet_Mi(NO MAIL) 8月 5日(火)12時34分27秒
今年初めて★5つ付けます。一緒に観た奥さんは、いまいちだったらしく、誰もが絶賛できる作品ではないみたいですね。私は大満足だったんですけどねぇ。UIPはハルクなんかいいから、こっちの上映館をもっと増やす努力した方が良かったんじゃないかい?
★★★★★
From: はなまる(NO MAIL) 8月 5日(火)12時13分20秒
いや〜すばらしかった。おもしろかったよ〜。これなら友人に勧められる。いろんな伏線が最後のシーンで1つに繋がる。サスペンス仕立てで最後まで観客を引きつけ 尚かつきっちりいわんとするテーマが伝わってきたので私的には大満足でした。重いテーマだけにみる前はちょっぴり心配してたけど、終わった後、眉間に皺よせて、なんだったんだろう?て無口になりすぎる映画より、この映画のように多少娯楽性を持たせて観客をひきつけ、考えさせる方が好感持てました。いつもながらスペイシーの巧みさは言うに及ばす、ケイトとローラがかなり大健闘してると思いました。音楽も良かったです。も少し上映館を増やしてくれ〜!
★★★
From: ONO(NO MAIL) 8月 4日(月)18時42分29秒
 難しい作品だと思いました。監督の弁でサスペンスに味付けしてあるということだったのでかなり集中してみていました。それでもどのシーンにどんな意味があるのかと見ていて分かりにくいところがありました。これが展開上の難しい点。死刑の賛否というそもそものテーマもそれ自体が難しいですし、アメリカの法曹システムに不案内ですからどうしてこういうふうになるのかと分かりにくさがありました。以下ネタバレあります。死刑反対を訴える人たちがその主張を貫く目的で計画的に自殺するのはおかしいですよね。あまりに意外性を追求していってストーリー自体が壊れてしまっているようにも思えました。 最期まで緊張感をもって見ることができるという点ではつまらない作品ではないでしょう。Kスペイシーが好きな人には(私も好きですが)見て損ではないと思います。 アラン・パーカ監督の作品では子供の頃にみた「小さな恋のメロディ」が今でも印象に残っています。
★★★★★
From: お子様ランチ(NO MAIL) 8月 4日(月)18時24分55秒
面白かったです。死刑制度って単語に過剰反応して「ラストシーンは泣かせます!」みたいな映画だと、勝手に思い込んでいたのですが、観てビックリ。いい意味で期待外れでした。あいかわらず、ケビン・スペイシーがいい味出しています。あと、皆さんおっしゃっていますが、公開している映画館が少なすぎ。「緑の映画なんか、さっさと打ち切ってコレに差し替えなさい!」と、声を大にして言いたいです。
★★★★★
From: メグ(NO MAIL) 8月 4日(月)14時05分43秒
前半は展開が雑なところもあり、粗が色々見えたんですが、途中からグングン面白くなり、見終わった後はすごいインパクトが残りました。単なる娯楽作に終わっていないところがとても良いです。見た後でいろんなことを考えさせられました。ラストに賛否はあるにせよ、これこそ大勢の人に観てもらいたい映画ですね。
★★
From: lin(NO MAIL) 8月 4日(月)07時42分25秒
途中までは結構楽しめたけど、自分の中でオチが読めたあたりから物凄いいきおいで冷めました。ケイト・ウィンスレットの泣き演技もイマイチ!!面白い、面白くない以前にこの映画は嫌いです!!
★★★★
From: 五部がリ77(NO MAIL) 8月 3日(日)23時54分33秒
 本日、シャンテシネにて鑑賞。「ネタバレ注意」。 良い映画だと思いますが、好きにはなれない。 そういう意味では、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」や 「セブン」似ています。観終わった後の虚無感という  か。 しかしあの計画は誰が発案したんでしょう? やっぱりあの女性なんでしょうか。 いろいろ思うところもありますが、見応えのある映画だ と思います。大勢の人に見てもらたいですが、東京です ら二館でしか上映されてないのが、残念です。    
★★★
From: switch(NO MAIL) 8月 3日(日)01時17分30秒
結末容易に見えました。というか、どっかで見たことあるような感じがするんですよね・・・という話でした。
★★★★
From: ルル(NO MAIL) 8月 1日(金)21時18分18秒
ケイト・ウインスレットが熱演していて良かった。ケビン・スペイシーも相変わらず演技派で文句無く上手い。そしてこんな役が似合う。誰がレイプ殺人されたのか知らずに見ていたので色々想像したしハラハラと楽しめた。ただ最後のシーンはいらないと思う。あの真犯人が分からない程鈍感な人間はケイトしかいないでしょう!!そうか、あの人がそうだったんだきっと。と思った方がずっと良かったと思う。あのシーンがあったために☆マイナス1
★★★★★
From: セロ(NO MAIL) 7月 31日(木)21時33分38秒
こういう秀逸な映画を待っていた。友情と愛情、生と死、男性と女性などの対立項も見事に調和してるし、サスペンスドラマ・社会派ドラマとしても秀逸。そして何より俳優陣の演技の見事さにも感心。ケイトさん巧かったんだなぁ、実は。
★★★★★
From: ひまわり(NO MAIL) 7月 31日(木)21時28分56秒
久しぶりにおもしろかったと満足できる映画でした。主題が死刑制度という重いテーマなのに、それをストリー展開の巧さがでカバーしている。見終わった後、社会派?サスペンス?と思わせるところが監督の意図だったのかな。ケビンスペイシーは渋い!
★★★★★
From: (NO MAIL) 7月 30日(水)20時44分51秒
途中でオチはわかっちゃったけど、、、役者が巧い、脚本が巧い、とくれば面白くないわけがい。2時間集中しっぱなしだった。死刑云々というよりかはサスペンス映画として秀逸なデキだと感じた。スペイシーは言うに及ばず、ケイト・ウインスレットもやっぱ演技がうまいなぁ。改めてみなおした。
★★★★★
From: 天使の心臓(NO MAIL) 7月 30日(水)11時55分52秒
見ごたえのある作品でした。アランパーカーが好きな人は絶対見るべき。エンゼルハートやミシシッピバーニングのような彼独特の雰囲気(音楽含めて)があって楽しめます。スピルバーグはじめ、好きな監督が商業主義にはしり、ダメになっていくなか、パーカーの昔と変わらない映画作りに拍手パチパチ。
★★★
From: にしき(NO MAIL) 7月 29日(火)13時33分44秒
結末がなんとなく不快に感じ、なぜだろうと思っていたんだけど、たぶんドカンさんの言うとおり。見終わってスッキリというよりは、賛否両論を呼ぶ映画だと思った。マジメに見てしまうと、これは一種の自爆〇〇容認映画ともとらえかねないので。
★★
From: ドカン(NO MAIL) 7月 29日(火)10時23分07秒
いろいろあって数回観てしまうハメになったモノですが・・・社会派ドラマにするなら、社会派ドラマにする。サスペンスにするなら、サスペンスにする。欲張っちゃって、両方とも中途半端になっている印象を受けました。途中に入る不要なサブリミナル映像にも萎えましたし、音楽もイマイチでした。
★★★★★
From: 結果待ち(NO MAIL) 7月 28日(月)03時24分09秒
テンポの良い謎解き形式で油断しちゃってました。最後に一撃を喰らいました。最終ラウンド2分50秒でのダウンって感じですかね。こういう手法だと、重いテーマと人物描写が鬱陶しくならないからいいですね。お見事でした。監督・スタッフ・出演者に感謝。
★★★★★
From: まる(NO MAIL) 7月 28日(月)01時34分31秒
見る前は「あなたは、この結末に納得できますか・・・」というキャッチコピーに不安を感じていたのですが、凄く良い意味でそのキャッチコピーが合う映画だと思いました。ケビンスペイシ−、ケイトウインスレットと有名な俳優が出ている割には、あまり話題になっていない作品ですが、口コミで評判が広がって、一人でも多くの人に見てもらいたい作品です。
★★★★★
From: KIKI(NO MAIL) 7月 27日(日)19時44分43秒
巨匠アラン・パーカー健在!!役者の熱演、演出、練リまくられた脚本は見事としかいいようがない。特にケビン・スペイシーの熱演は凄い。最初から物語に引き込まれ、最後までハラハラドキドキでラストのラストで今までの布石が一つにつながるのも見事。そういうことだったんですねえ・・・これぞ社会派サスペンスの傑作!!
★★★★★
From: PANDA(NO MAIL) 7月 25日(金)15時34分24秒
やられた−っていう感じです。ケビンスペイシ−、ケイトウインスレットやっぱり名役者ですね。