ソラリス

満 足 度
39.1%
回答者数16



DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★
From: とり(NO MAIL) 7月 21日(月)10時57分16秒
監督が違っていたら、もっと違う作品になっていたと思う。もっと掘り下げれば面白い作品になったのでは?雑誌にクルーニーの記事が出ていて「(この映画は)あたらなかった」と書いてあったが、残念ながらそのとおりだと思う。
★★
From: butaneko(NO MAIL) 7月 8日(火)21時47分39秒
スワニスワフ・レムの原作も内容が難しかったが、古い映画のリメイクはほとんどの作品がそうだが、映像技術の進歩で「見せる」とゆう意識が強くでて、ソラリスのようなある種心理劇の様な内容の原作にはつらいと思うどうしても映像に意識がいってしまい(原作、前作知っている自分でも)内容が薄らぐ、結果分け分からない映画とゆう大方の評価が出てしまう。もったいない。私的イメージはソラリスの色goodだった本を読んでいる時から「碧」が浮かんでいた、コロナのような物はいいとして、最後のピンクは余計かな、リメイクではなく別物(メロドラマ)として見た方がいいと思う。
★★
From: シネマレーサー(NO MAIL) 7月 6日(日)23時10分54秒
G・クルーニーがいつレーザー光線を手にとってソラリス星人と戦うか楽しみにしていた・・・というのは冗談だけど、明らかにこの映画ではミスキャスト。自殺した妻との関係が明らかになる展開も個人的というよりも一般論的な男女関係を描いているに過ぎず、これは明かに哲学的表現だ。主人公は心理学者という設定であるが、心理学も哲学も数字では表すことができない真理を追究しようとする学問だが、この映画の脚本は絶対的な深層心理まで描いていない。以上のことからこの映画は何の驚きもない極めて退屈な映画になってしまっている。ソーダーバーグもキャメロンもそしてクルーニーも脚本がわかる映画人のはずだ。僕には意図して退屈に仕上げたとしか思えない。
From: yuuiti(NO MAIL) 7月 6日(日)22時49分19秒
僕には何が言いたいのか分からない。何の知識も無しに行ったのがダなの?見た感想がありません、僕には空白のじかんでした・・・
★★
From: トラリーヌ(NO MAIL) 7月 5日(土)09時57分36秒
静かな映画です。下の方にも書かれてましたが、『2001年宇宙の旅』を始終彷彿しました。オリジナルは気にはなっていたのですが、まだ観てないです。疑問が残る事がいくつかありました。ソラリスは綺麗でした。
★★★★
From: TEIZO(NO MAIL) 7月 5日(土)08時07分43秒
タイトルバックの出し方が最高にかっこよかったです。これは一本とられた!というか、スタイリッシュの極みで、いかにもソダーバーグって感じです。内容は、SF部分がとってつけたような印象なのと、ソラリスの存在についての考察が(意識的なのかな?)ごっそりぬけおちていて、ま、いいんですが、ちょっと食い足りない感じだったかもしれません。あと、シーンの省略の仕方がこれもまたスタイリッシュかつ過不足がなくて、非常にテンポ良かったと思います。
★★
From: やよ(NO MAIL) 7月 4日(金)01時01分18秒
テーマが壮大すぎて、それをあの時間内でおさめたのがよかったのか、悪かったのか。「え、これで終わり??」って思ってしまいました。ま、長かったら長かったでしんどいけど。
★★
From: hiroki(MAIL) 6月 30日(月)00時07分54秒
 正直この映画ソダ−バーグ監督にしては駄作かな? この「ソラリス」っていう題材自体は死や愛又は人類とはという日常では埋没し看過されていくような普遍的、哲学的、根源的なテーマを非日常的な極限状態(宇宙、閉鎖空間、異常な現象)の中に投げ出すことでその真理を浮き彫りにしようという試みを感じるんだけど映画化の過程で失敗してる。 なぜかなって、1つは主人公クリスの終始理知的な姿勢が観客である僕の感情移入を拒み続けてたことにあると思う、クリスは終始疑い深くて客の存在やソラリスの存在っていう異常な事態(凡人なら世界観、自己同一性、現実感全て崩壊)も異常なほど強度な知性と共に均衡、正常を保ち続ける(精神科医ってやっぱ賢い)、クリスはレイアが意識や記憶の実体化だって言う事実を誰よりも早く(観客含む)受け入れてしまってそこから始まるのは、クリスのレイアに対する個人的な固着だけ(愛情やトラウマから来る普遍性皆無)宇宙じゃなくてもいいだろ(地球で幽霊と)!ゴードンの説明くささもウザイ!ヴァニラスカイで実現していたあのノスタルジーを期待してたけど、ソダ−バーグには次回作期待!映画批判派勇気が要るけど敢えて、間違ったらどんどん批判下さい。
★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 6月 29日(日)21時57分06秒
 愛とは?生と死は?等、SFの舞台を借りた哲学的な映画だな・・と思ったんですが、皆さんの書き込みを読んで、タルコフスキー版よりも恋愛映画度が高い?ことを知りました。タルコフスキー版も観ねば。。 いまいち作品の意図は理解できなかったんですが、幻想的なソラリスの描写と音楽はよかったと思います!
★★★★★
From: みれ(NO MAIL) 6月 26日(木)01時28分54秒
「惑星ソラリス」がどのように変わっているか観てきました。まあ、そんなに悪くないと思いますよ。2時間45分の「惑星ソラリス」を99分というコンパクトな時間にまとめたことに対し好感が持てます。その分SF的な要素が抜け落ちてしまい、単なる恋愛ものに見えてしまう、といった弊害もありますが、そこら辺りは原作本やタルコフスキーの映画でフォローすれば問題無し。あとは、個人的にタルコフスキーの映画(惑星ソラリスに限らず)がそんなに好きじゃない、っていうのもあるんですがね。
★★★
From: きくりん(MAIL) 6月 23日(月)00時27分51秒
僕は本国版DVDで既に4月に鑑賞していて、劇場での鑑賞は実はまだなのですが・・・最初リメイクの話を聞いた時、配給が20世紀フォックスで主演がジョージ・クルーニー!これだけで一気に観る気が失せてしまいました。だって、監督はまぁいいとしても、それ以外の要素が「映像だけがご立派な陳腐なSF冒険活劇になります」的オーラ出まくりなんですもん(笑)。共演も『RONIN』に出てたナターシャ・マケルホーンですしね。 ハリウッドは金儲けの為なら何でもやるんだなぁ、と、半ば呆れつつ、コキおろすにも観ないことには話にならんということでとにかく観てみました。 が、これがいい意味で期待外れ!意外にもよくできてる。原作者のレム氏がまだご存命なので逆鱗に触れるのを恐れたのか、原作に近い仕上がりとなっています。さすがにタルコフスキー作品の足下にも及びませんが、全く別の作品として捉えるならまぁまぁの出来です。 物語の中心が主人公とその妻のメロドラマになっていて哲学色はかなり薄らいでしまって、その分甘ったるいセンチメンタリズムが台頭していますが、さほどイヤミでもなく、むしろ今の世代にはその方が受け入れやすいかなと。 ただ、そうは言っても尺が短いからそこまで描けなかったのか、人間とは?生命とは?といった根幹のテーマや、また、愛する者の存在意義を、物質的に捉えるのか、象徴的に捉えるのか、そういった原作で重きを置かれていた部分があまりにもぞんざいになってしまっていたのが残念。 字幕がないので耳だけが頼りですから実際はどうなのか判りませんが、役名も微妙に違っていたようで、判りづらかったです。クリスの妻はハリーなのに、この作品では"レイヤ"と呼んでいるように聞こえましたし、ギバリャンも"ジバイン"と聞こえました。ロシア語と英語の発音の違いもあるのでしょうが・・・ でも多少の不満はあるものの、概ね合格と言えましょう。実際、レム氏もこの作品を鑑賞して、「恋愛ドラマになってはいるが、出来には満足している」と仰っていたそうです。 僕的には、ジョージ・クルーニーがこういう演技もできるんだなというのが一番の収穫でしたね(笑)
★★
From: MASA(NO MAIL) 6月 22日(日)22時09分47秒
ネタバレあり。みんなが(主にUSから?)あまりに駄作だ、駄作だと言うので楽しみにしていたら、それほどではなかった。センスは悪くない。☆2つにしては高評価。ただ、これを見てこのストーリーを理解したつもりにならないで欲しい。30年前のタルコフスキー作品は素晴らしいです原作のツボ(「客」の怪物っぷりや悲しさ)を見事に押さえているし、最後もいい。ただ、最初の1時間、地球でのシーンは死ぬほどタルいが、そこさえ超えれば...。あと、原作もハヤカワ文庫で手にはいるが、これは泣けます。難解な描写はあるがそこさえ我慢すれば...(こんなのばっかしだな)ソダーバーグ作品に戻って、問題点。・クレアのミスキャストに尽きる。原作でも、前作映画でも少女っぽい無邪気なキャラが悲劇を盛り立てたのだが、始めからいかにも病的やんけ。・実はクレアが死んでいた、というところまで引っ張りすぎ。主人公が誰が来たの?と聞かれて、「2年前に自殺した妻」と答えないと、ドラマの緊張感がスタートしない。・ソラリスの海が実は知性を持っていた(ただし、コンタクト不能)というのが、この作品の最大のテーマなのだが、なぜこれを省略したのか?せっかくのビジュアルが活きないではないか。理屈っぽいわりには説明下手な脚本は問題だが、あの名作に果敢に挑んだスピリッツには拍手します。
★★★
From: えめきん(NO MAIL) 6月 21日(土)22時28分28秒
オリジナルは未見ですが、結構楽しめました。静かな映像と静かな音楽で神秘的な空間を見事に表現していましたが、どうも「2001年宇宙の旅」とダブって見えてしまいました。あと、最後のオチがよく解りません。あそこはいらないような・・・。
★★
From: FAVRE(NO MAIL) 6月 21日(土)15時08分03秒
オリジナルは10年前に観たのですっかり忘れてますなので、新鮮な気持ちで観れましたでも、人間ドラマとしてみてもイマイチかなぁクルーニーのお尻、ばっかり気になりました
★★★★★
From: 気キック(NO MAIL) 6月 20日(金)13時53分28秒
個人的にはオリジナルよりこのリメイク版の方が好き相変わらずソダーバーグ監督のセンスの良さに一安心オーシャンズ11見た時はどうなることかと思ったけど
From: EXPO(NO MAIL) 6月 20日(金)06時00分52秒
よく眠れます。原作がレムだけにレム睡眠?胎教にはやさいし映画かもしれませんね。