スカイハイ

満 足 度
44.2%
回答者数13


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



From: 名無し(NO MAIL) 12月 31日(水)08時35分10秒
見ててすごく眠くなった。原作の良いところを全て台無しにした北村監督みたいなやつにはもう映画を撮ってもらいたくない。
★★★★
From: よしりん(NO MAIL) 12月 28日(日)01時54分36秒
TV版スカイハイを見て期待して見た映画だったが、予想とは違いアクション映画になっちゃってました。ま、それはそれで面白かった。
★★★★
From: 死神大王烏賊(NO MAIL) 12月 9日(火)09時15分00秒
原作付きの映画は、原作に思い入れの深い方にはツラい作品になることが多いようです。(魔○転生とか、魔○転生とか、魔○転生とか・・・)私は、『スカイハイ』の原作もドラマもまったく知らないので、「まあ、こんなもんでしょうか」と納得しました。重箱の隅をつつくような細かいツッコミは数え上げればキリが無いですけど「起・承・転・結」の四コマ漫画の原則に則った判り易い作品だったと思います。場面の見せ方なども、舞台劇を映画化したような雰囲気の部分があって「なるほどこんなやり方も有りかい」と言った感触でした。まあ、私が見た今年の邦画の中では面白かった部類だと思います。以上
★★★★★
From: ひょっとこハム太郎(NO MAIL) 12月 5日(金)23時38分35秒
私もTV版や原作を知らないで観たので、結構楽しめました!原作を高橋ツトムではなく楳図かずおと思えば違和感なく観れたかな?今回のべたべたのラストが、昔のテレビドラマの『あなただけに今晩は』っぽくて、意外な展開の作品に食傷気味な私にとって、妙に新鮮で良かった・・・と言うか大好きです。大甘評価で付けました。
★★★★
From: ko-ya(NO MAIL) 11月 25日(火)19時31分18秒
悪魔の姿に問題あり、心臓が作り物ぽい、という点を抜けかせばまあ楽しめました
★★★★
From: pi-ko(MAIL) 11月 19日(水)14時23分15秒
寝ないで見れたからまぁおもしろいと思います。ちなみに原作・ドラマを知らなかったですし、私が釈由美子好きなのもあると思います。「おいきなさい」かわいかった〜☆*銀幕三十郎さんのコメントがかなり興味深く読ませていただきました。よかったらなんかおすすめの映画を教えてください。
From: _| ̄|○(NO MAIL) 11月 17日(月)11時05分31秒
ドラマを映画化すると元のドラマまで糞だと思われちゃうから止めた方が良いのにね。
★★★★
From: さっしー(NO MAIL) 11月 14日(金)01時53分15秒
テレビ版も原作漫画も知らずに見たが意外と面白かった。ただ釈由美子はヒロインなのにちょっと狂言回し的な存在で、谷原章介のかっとしやすく、ちょっといかれたところのある刑事と大沢たかおの悪役の男同士のぶつかり合いを主軸のドラマにしているようではある。しかし、この点がアクション映画としてすっきりしたものになったと思う。
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 11月 13日(木)22時46分20秒
入場料をとって一般的な客にみせられるような水準にはない。こうなることは脚本の段階でわかっていたはずであり、製作サイドには猛省が求められる。(以下ネタバレ)まず、神崎という刑事がおかしい。復讐の鬼と化したはずなのに、捜していた女が工藤の秘書であることがわかっても、そんなことにはおかまいなく心霊現象の否定に熱中してしまう。情報屋に対しては凶暴性を発揮するが、宿敵工藤に対しては意外に淡泊。工藤が車で逃げても追いかけようとしない。神崎につきまとう女医(検死医)もおかしい。心臓マッサージが必要な時に何もせず、止血が必要な時にマウス・トゥ・マウスの人工呼吸をしてしまう。余計な登場人物にみえたので、6つ目の心臓をとられる役回りかと予想したが、はずれだった。だいたい元イズコが7人以上いるのに、心臓は6つでいいのか。例えばドラゴンボールを全部集めるということと比べてハードルが低すぎやしないか。ダビデの星へのこだわりが原因であるが、これを地図上に描いたところで人は正六角形としかみてくれないだろう。イズコは現世で剣を振るうことができるという設定なのに、神社(?)で戦いが始まってもイズコに復職した美奈は一向に降りてこない。そのうちにたかが普通のピストルで工藤が殺されてしまう。この間、美奈は怨みの門で摩耶(元イズコの1人)との別れを惜しんでいたのだ。暢気すぎやしないか。かくして美奈と工藤とのクライマックスの戦いが始まるが、どちらも既に死んでいるので観客ははらはらしない。悪魔の姿にも問題があるし、これが門をくぐったところで現世に出てくる訳ではないからサスペンスは生じない。ラストの工藤による選択は3つの選択肢から逸脱した「自分を呪う」だったが、そんなことなら死者でなくてもできる。実につまらない。一方、神崎の現世への帰還にも「オルフェ」のようなドラマはない。別に美奈役の釈由美子の責任ではないが、とってつけたような締めの「おいきなさい」が何ともむなしい。
From: aki(NO MAIL) 11月 13日(木)03時07分02秒
あいかわらず、北村節でした。どうしてドラマの撮れない監督にやらせたのか、まったく謎です。原作好きだったのに・・・。
From: ビタワン(NO MAIL) 11月 11日(火)23時21分33秒
お話にならない。
From: Cause(NO MAIL) 11月 10日(月)20時54分13秒
ハイドがもったいないくらい。
★★★★★
From: MEN(NO MAIL) 11月 9日(日)13時05分34秒
ドラマを越えていたと思うよ。いけてました!