バレット・モンク

満 足 度
13.5%
回答者数13


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



From: @4区(NO MAIL) 2月 11日(水)01時26分08秒
見なくていいと思う。
From: juuuu(NO MAIL) 2月 10日(火)08時51分29秒
期待はしていたんですが...
★★★
From: (NO MAIL) 2月 6日(金)18時58分50秒
どれだけひどいのだろうと思って観に行きましたが、実は意外と楽しめました。確かに「ん?」というシーンは一つや二つではありませんでしたが、アメコミの世界そのもの、観た後に何も残らないタイプの娯楽映画としてこれはこれで良いではないか、と思えました。それにしても、ユンファの長いコートは動きにくそうだったなぁ。ショーン・ウィリアム・スコットは『エボリューション』とは別人のようで良かったです。
★★★
From: 周潤子(NO MAIL) 2月 4日(水)04時23分32秒
あまりに星1つがならぶので、この記録はかえって破らない方がいいかもと書き込みを控えていましたが、4つの方が現れたので書き込ませていただきます。わたしはチョウユンファがでてればそれだけで満足ですが、それでも途中ちょっと寝ちゃいました。全然つまらない、ってこともなく、そこそこは楽しめました。久々にユンファを大きなスクリーンで見られたうれしさに星3つ。パンフレット読んでたら、ユンファにモーフィアスとか007とかのオファーがあったが、セリフが吹き替えなので断ったらしい。あぁぁぁ−−−もったいない−−−−−!!とりあえず次回作に期待。
From: SIODX(NO MAIL) 2月 2日(月)13時39分47秒
ネタになるつまらなさではあった。
From: toto(NO MAIL) 1月 31日(土)12時09分57秒
わざわざ東京国際ファンタで見た者です・・・ユンファに会えなかったらファンやめてました。(T_T)
★★★★
From: TAK(NO MAIL) 1月 29日(木)15時52分16秒
全く期待していなかったので、逆に楽しめた。確かに荒唐無稽で無理があったけど、コミックが原作なので仕方がないのかな。チョウ・ユンファはカンフーアクションにはやっぱり向いていないと思う。ショーン・ウィリアム・スコットは今までのイメージを一新して良かったと思う。
From: 隠密魔人(NO MAIL) 1月 28日(水)22時05分07秒
前代未聞の評価ですな(笑)ワイヤーアクション・・・うざいね・・・最近もういいやって感じだ。とりあえずビジュアル的に華のある存在がなかったねぇ・・・仲間になった女の子はちょっと可愛かったけど。
From: イーアルカンファー(NO MAIL) 1月 25日(日)23時27分25秒
何も考えずに楽しめる映画でありますように、と期待して行ったものの、思考が停止して終わってしまった。。初期設定は「映画なんだから」と飲み込んで臨みましたが、それ以降のストーリー進行にも引っ掛かってばかり。ジョン・ウー、どうしてしまいましたか。(以下ネタばれ及び疑問)僧侶への拷問のシーン、なぜスイッチを押すと配水管に水が流れてくるのでしょうか。2回とも床が水浸しになって終わりましたが。
From: なおっち(NO MAIL) 1月 22日(木)19時56分33秒
星0が妥当な映画に久しぶりに出会った チョウ・ユンファをあんな風に使うなんて涙・・・ 映画の最初から終わりまでCGプラス早送りワイヤーアクションしかも全ての役者と編集?撮り方?下手糞過ぎて見てられない 
From: がんばれ、ジョン!(NO MAIL) 1月 20日(火)12時50分20秒
いくら私がチョウ・ユンファのファンだと言っても、これは、ひどすぎる!彼の顔や立ち居振る舞いを見てさえいれば満足の筈の私にでさえも!苦痛!なんでこんなにテンポがのろいの?チベットから悠久の時が流れているって仮に言ったとしても、あーた…。それに、みんな、もっと巻物大事にしようよ!すられちゃったり、落としちゃったり、だめだめ!大切なものじゃないってことが、まる判りジャン!ジョン・ウーも、リュック・ベンソンのように、製作にタッチするとどんどん駄目になっていくってことなのでしょうか…?
From: もも水(NO MAIL) 1月 19日(月)02時23分24秒
原題は『BULLET PROOF MONK』(直訳:弾丸を通さない僧侶)。チョウ・ユンファが2丁拳銃で暴れまわる映画じゃありません。騙された…。
From: OKUSAM(NO MAIL) 1月 19日(月)02時16分46秒
正直に言います。途中で寝てしまいました。派手なアクション期待してたのに全てが中途半端。これ最後まで一気に見るのは拷問に近いかも・・・映画はやっぱり予告が一番ですね。