花とアリス

満 足 度
79.4%
回答者数57


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: クロウ(NO MAIL) 4月 24日(土)15時54分54秒
昨日が最終日だったので観て来ましたいやーよかったです!評判は聞いていたけどこんなに良いとは思わなかった!なんといっても蒼井優!!凄い子ですね、この子は!彼女の魅力にクラクラしていまった2時間半でした後味もすっきりで、久々に良い余韻の残る映画でした
★★★★
From: かずや(NO MAIL) 4月 16日(金)11時41分32秒
岩井の作品の中では出来は良いほうですね。ただ最高の出来とは言いがたい。その理由1鈴木杏が蒼井優に完全に食われてた感じ、花とアリスがストーリー上のバランスがとれていない。つまりアリスの独壇場的な作品であり特に中盤から後半は。結局花じゃなくてアリスが主人公じゃないの?2広末とかテリー伊藤とかチョイ役で濃いキャラ使うのが理解できない。しょせんコメディーかと思われてしまう。花とアリスの世界が乱れてしまう気がする。あまり目立たない役者をなぜ使わないのか?あの世界にマッチしたキャストじゃないと浮くだけだ、まぁ〜それが岩井の弱点か・3理由付けが甘い。特に引っかかったのは先輩(宮本)が花と付き合っていたと思い込んでしまうのは絶対におかしい。そんなもん宮本の家族や学校や部活の先輩に俺達付き合っていたかと聞けば一発でわかるじゃないかよ。最初からリアリズムから一線をおいて作られている映画だとは思っていたが、こんな重要なことを語らないのはミスだったな。でもそこらへんのハリウッド映画を見るよりもずっと良かったよ。彼独自の映像美が一番の魅力だね。なにせ僕はキェシロフスキが好きだからあの色彩感は心地よい。岩井はキェシロフスキをパクッテるのかもしれないがキェシロフスキのほうが文学的で大人な世界を描くにたいして岩井は逆だから面白いよね。でも描き方は似てるよね。岩井好きは、「ふたりのベロニカ、トリコロール3部作、デカローグ」を見比べてはどうですか?
★★★
From: しかねこ(NO MAIL) 4月 14日(水)00時44分07秒
私は、前作がかなり心に来たので、今回は、普通でした。 それでも相変わらず、美しい情景を散りばめた映像は、好きです。 『リリィ・シュシュ〜』から光る物を感じた蒼井優ちゃんは、とても可愛らしかったです。不思議な魅力がありますね・・・。 若いって素晴らしいなぁ〜
★★★★★
From: meronn(NO MAIL) 4月 11日(日)15時35分43秒
もう公開終了みたいだったのでこの間観て来ました!友人が凄く良いと言っていたんですけど少し半信半疑で観にいったら、もうすっごく良かった!確かに長くて、ダラダラしてるとこもあるけど、なんかそれも含めて凄く心地良かった!鈴木杏ちゃん演じる花は、愛すべき少女蒼井優ちゃん演じるアリスは愛さなきゃいけない少女て感じでどっちのキャラも好きでしたね蒼井優ちゃんがラストに魅せる舞は素敵でした!春にぴったりの映画じゃないかと思います
★★
From: ハゲ(NO MAIL) 4月 10日(土)23時34分13秒
長かったなこれ。もっとコンパクトにまとめてくれ。
★★★★★
From: 小岩井乳業(NO MAIL) 4月 5日(月)10時29分51秒
ここ数作の岩井俊二の作品、例えば「スワロウテイル」の「散々騒いでバズーカ一発で解決」とか、「リリィ・シュシュのすべて」の「動機があって目撃者がいて、アリバイがないのになんであの主人公は捕まらないのか?」という映画的なフィクションの世界の中でもそれはないだろう、という独りよがりの強引さがあったんですが、今回は「頭ぶつけただけで記憶喪失と思いこむ」なんてふざけた設定を、映画的なフィクションの楽しさの中に十分昇華させています。ノスタルジックな映像と音楽の美しさ、役者の使い方の上手さ、「鉄腕アトム」やら「太陽の王子ホルス」等こだわったくすぐりの楽しさ、絶妙のユーモア感覚など、岩井俊二の優れた部分だけがより強力に発揮され、「ラブレター」や「打ち上げ花火」を超える最高傑作だと思います。見終わってすぐに「もう一度見たい」と思った青春映画は「がんばっていきまっしょい」以来です。
★★★★
From: no(NO MAIL) 4月 5日(月)08時48分40秒
花が主人公なんだと序盤は思っていたら、アリスの方に後半どんどん比重が傾いた。リリィと対比するとすごいギャップだ。。。
★★★★
From: 反転石(NO MAIL) 4月 4日(日)21時22分54秒
心の傷だの倒錯した性だの過激な暴力だのといった最近の日本映画に食傷気味な人は是非どうぞ。岩井俊二の映画にはなぜか「日本」が漂っています。
★★
From: お蝶(NO MAIL) 4月 4日(日)19時58分06秒
綺麗な絵と印象ある音楽で誰もが今まで行ってきたような陳腐なストーリーをダラダラと長い間してただけじゃない。
★★★★★
From: ドナルド(NO MAIL) 4月 4日(日)14時41分03秒
「花とアリス」を観た。ラストのアリスの制服姿でのバレエのシーンに岩井監督の露骨な少女趣味の極みを見る向きもあるだろう。もちろん岩井氏にそのような趣味があるかもしれない事は否定できないし、現に画面の端々からそのフェチぶりが漂ってくる事は否めない。劇中の大沢たかおはまさに岩井氏自身の分身であろう。しかしそれは、決して岩井だけの問題ではなく大なり小なりはあるにせよ、大人の、とりわけ、男性的な社会が持っている現実の一面である事も紛れも無い事実だ。利発な少女であるアリスのような少女であったならそのような他人からの視線に鈍感でありつづける事は困難だろう。このシーンが感動的なのは、彼女がそのような少女を取り巻く現実と向かい合い、大人の好奇の目や嫌悪感を乗り越え、なお自分の殻を破り、拙いながらも自分を表現しきろうとしたその覚悟の座った小気味良い姿勢のよさにあるのではないか。だからこそ岩井氏が自身の少女趣味を隠さず物語をキレイ事のみに終始せず自身の偽善を排したのは賞賛に値する。少女が成長にしたがって直面するささくれだった社会の現実を、おぼろげであった父親との愛情の記憶を取り戻す事によって乗り越える姿は本当に感動的だ。啓示が人に信仰を取り戻させるよな様を劇中では無用の万年筆やトランプカードに例える岩井監督の描写はとても慎ましやかだ。しかしそんなちっぽけな事が世界から少女を救う事もある。
★★★★★
From: 刹那(NO MAIL) 4月 4日(日)00時59分22秒
なんだか幸せな気分になりました!ストーリーは単純だし、陳腐なんだけどたまにはこうゆうのも良いなーと思った鈴木杏の雑草魂的演技も蒼井優のつかみ所の無い演技もすごく良かったと思います。この二人は凄い女優さんになるかもね
★★★
From: くまこ(NO MAIL) 4月 3日(土)20時42分40秒
つまらなくはないけれど、特別面白くもない映画だったと思います。私は岩井作品が初めてだったのでよくは分からないのですが、こういう感じが岩井監督らしさなのかもしれませんが。。花の自分勝手なまでの想いや、アリスの偶然始まった憧れにも近い想いは、分かる気はしました。でも、あまりにも勝手だし、先輩本人のことを考えていなさ過ぎると思います。でも、そんな一途な身勝手さが、高校生くらいの年齢の恋心なのかもしれませんね。この映画を見て、ピュアな切なさに浸れたように思います。あと、先輩が二人の女の子に次第に騙されていく過程が、滑稽で面白かったです。記憶喪失を思い込ませようなんて、岩井監督もよく考えつきましたねぇ。この映画の面白さは、このシュールさと、女の子2人のピュアな感情だと思いました。
★★★
From: さくらんぼ(NO MAIL) 4月 2日(金)06時15分47秒
観たくてもわざわざ映画館まで足を運ぶのはめんどうだな。と感じている人が多いかもしれない。牽引力は弱いのはしょうがない。たまたまであれ観る機会があった人にはちょっとした幸せを感じるでしょう。キットカットのDVDを買うくらいの人にはお薦めな映画。音楽は心に残ります。
★★★★★
From: ハナビ(NO MAIL) 4月 2日(金)00時56分04秒
映像と音楽キレイですよね。岩井ワールドって感じで大満足。予想外にコミカルで笑えたし、自由奔放で不器用な2人と宮本との恋愛に共感したり応援したりしつつ癒されたし。とにかく見てよかったと思える作品でした^^。
★★★★★
From: segejirou(NO MAIL) 4月 1日(木)14時23分38秒
ショートストーリーの方は見てたのでどういう風にまとめてくるかと思ってたけど、なるほどお見事。小ネタ満載でくすぐりを入れつつもテンポ良く伏線を散りばめ全編を通じて飽きさせない作りになってるのは見事な手際だ。映像もシーンごとの統一感に欠けるきらいはあるが日本人なら誰もが知っているような懐かしくも美しい情景が目に心地よい。しかし、この映画がより特別な何かになり得たのは最後のバレエシーンから伝わってくる作り手と演じ手が現場で感じてたであろう緊張感と高揚感がストーリー上の演出意図と絶妙にシンクロし力強くスクリーン上に映し出されたからではないか。映画を見ていると得てしてこのような経験をすることがある。映画はイメージが作り出すフィクションに過ぎないがそこで得る経験は転じて本物となる事がままある。
★★★★★
From: きい(NO MAIL) 3月 31日(水)00時00分38秒
最後のバレエは素晴らしかったけど、長かった、、、前半のダラダラ感は否めないが、ストーリーの伏線や登場人物の感情の動きが面白かった。鈴木杏と蒼井優はもともと注目していたのでこの競演が見れただけでもポイントアップ。
★★
From: 不思議の国(NO MAIL) 3月 30日(火)23時26分42秒
ダラダラと長い印象があり、ダレてしまいました。音楽はうるさい部分もありましたが、よかったのでサントラはほしいですね。
★★★★
From: とこ(NO MAIL) 3月 30日(火)23時15分37秒
何年かぶりにパンフレット(とついでにサントラ)を衝動買いしてしまいました(笑)絵にするもの(シーン)の選択にいちいち唸りました。
★★★★★
From: guri(NO MAIL) 3月 30日(火)21時52分05秒
「映画」というよりも、「映像スケッチ」という感じで見れば、この長さもそれほど気にはなりませんね。皆さんが言われてるように、蒼井優がブッちぎりで素晴らしいです。平泉成サン演じるお父さんにむかって言う、「やらしい」ってセリフとか最高でした。できることなら5年後、10年後に成長した「花とアリス」も見てみたい気もするけど…岩井作品は「少女」を描いてこそ、だからなぁ。
★★★★★
From: モリエンテス(NO MAIL) 3月 29日(月)02時24分07秒
岩井作品においては切ない系の作品ですね。でもこれってコメディなんだろうけどそれにしてはちょいとお気楽。あまり笑えない箇所もあったけど、それでもやっぱあの映像と光、そして音は岩井美学其のものですね。この人絶対に頭の中に少女が住んでる。(以下ねたバレ)ラストなんですが、あの綺麗なバレエのシーンでスパンときった方が余韻が残るし、想像力も掻き立てられるのになあ、と思いましたよ。あのあとの広末と大沢の絡みとか、雑誌表紙になったとかなんてどうでもいいじゃん。もちろんアリスの母親の掃除も要らないです。でもやっぱ心がほこほこ和んだので星5個です。
★★★
From: ウォーケン(NO MAIL) 3月 28日(日)22時36分58秒
鈴木杏はちょっとオーバーアクト気味に感じるところもあったけど、みなさんと同じく蒼井優はよかったですね。しかし、内容のわりに長い…と感じました。<以下激しくネタバレ>アリスが雅志についたウソ(こんなことしたよね、あんなことしたよね)ってのは、アリスのお父さんとの思い出をオーバーラップさせていたと解釈してよろしいんでしょうか…。例えば、ここで帽子落としただとか、なわとびしたとか(父母娘でか?)。ところてん云々のところでそう思いました。そう考えたら、スッゲー切なくなった…。しかし!一点だけ気になることが。「この木の下で初めてキスしたよね」これだけが気にかかる(実父とキスは考えにくいので)。そう考えると、「父との思い出オーバーラップ説」は違うのかなぁ…。まあ、父との思い出もあれば、ただのウソもある、という可能性も普通にあるのですが、映画的には一貫性を持たせた方がすっきりはするかと…みなさんはどのように思いましたか?
★★
From: taketori(NO MAIL) 3月 28日(日)13時28分41秒
この映画を好きだとゆう人が多いのもわかる好きな人はとことん好きだろうなとゆう感じの映画だし、岩井作品はもともとそうゆう傾向の作品が多いし、でも自分はだめでしたね、長いし、音楽はうるさいし映像はくさいし、なにより話が陳腐すぎ!こんなの映画にするなよ!って思ってしまう!ありえない展開をかわいいなんて思えるほど心が寛容ではないので、アホらしいとおもってしまった!「リリイシュシュのすべて」と同様に未完成って感じがしました!でも「リリイ〜」は未完成である感じが映画としての弱点であると同時にすばらしいとこでもあったけどこの映画はそれじゃだめでしょう!良かったとこは主演二人のみごとな好演!それにすこしたすけられたかな
★★★★★
From: タク(NO MAIL) 3月 27日(土)18時32分39秒
蒼井の演技はもちろん、絵と音で魅せてくれた。邦画でこれだけ唸ったのは久しぶり。やればできるじゃないか、日本の映画も。
★★★★
From: ココ(NO MAIL) 3月 27日(土)17時07分47秒
かわいい映画だなーとゆうのが第一印象でもよくかんがえると恐ろしい内容だとね映像と音楽はすばらしく、俳優陣の演技のとても良かった!みなさんおっしゃるとおり蒼井優さんが本当に魅力的でした!
★★★★★
From: (NO MAIL) 3月 25日(木)20時14分30秒
いつか、この映画のストーリーを忘れてしまっても音楽とその惹きつけられるような映像だけは忘れないと思う
★★★★★
From: まま(NO MAIL) 3月 25日(木)16時14分13秒
ちょっと非現実的なストーリーですが違和感なく鑑賞していられました。蒼井優さんは非常にいい演技でした。
★★★★
From: りょう(NO MAIL) 3月 24日(水)17時54分58秒
舞台挨拶付きをみました本当ファンタジックな展開と映像で鈴木杏の知的さや蒼井のクールさがバッチリ役にはまってておもしろかったです何気ない日常や会話をシュールだけどどこかリアルな感じで描いててよかった僕の中ではスワロウテイルに並ぶ秀作です
★★★★★
From: カイ(NO MAIL) 3月 23日(火)20時37分09秒
いやー最高!ふわふわしたあったかい余韻に浸れましたすべてが愛らしくて、実はとんでもないことやってるけど、なんかゆるせてしまう映像も音楽もキャストも信じられないくらいの魅力があふれていました蒼井優はすごい女優さんになりそうですねこれからがもっとも楽しみな女優ですね!
★★★★★
From: POCO(NO MAIL) 3月 22日(月)18時14分07秒
岩井俊二の映画が好きならば間違いなく楽しめると思う。やはりこの監督の映像と音楽のセンスはすばらしいと思う。ところで岩井監督は映画に使われている音楽を自分で作曲しているのですか?もしそうならすごい才能だと思いますが。知ってる方いたら教えてください。
★★★★
From: しゃーらっく(NO MAIL) 3月 22日(月)00時48分37秒
かなり無茶な設定のストーリーだけど、すっかり物語の世界に引き込まれました。まあ、岩井俊二が思春期の女の子達を主人公に映画を撮れば、この位の面白い映画になる事は予想できたけどね。
★★★
From: けん太@(NO MAIL) 3月 21日(日)20時44分49秒
ほんとまあまあって感じ!内容はみなさん言われてるとうり、あって無いようなもので。とくに言う事無いし、音楽は良いんだけど、たまにボリュームが大きすぎ?てうるさく感じた。映像はリリイとかに比べるとやり過ぎてない感じで好感がもてたけど、まあ蒼井優がすばらしかったので合格点とゆうことで
★★★★★
From: うえの(NO MAIL) 3月 21日(日)19時34分22秒
バレエのシーンでジーンと来た。もう語られているが映像と音楽がここまで秀でている邦画は久しぶりに見た。星5つです。
★★★★★
From: ところてん(NO MAIL) 3月 21日(日)03時50分20秒
音楽と蒼井優、その二点につきる映画だった。
★★★★★
From: 小悪党(NO MAIL) 3月 20日(土)23時24分41秒
自分が青春からはすっかり離れていることを実感させられるくらい、スクリーンには瑞々しい青春が映し出されていたと感じられた。もともとWeb版なんかも見ことなく、期待もせずに見に行っって、正直プロットはそれほどでもないと思ったけれども、それでもこの映画の持つ爽やかさに自然に引き込まれてく感じだった。観客を感動させることにあざとさが無くて、染み入る感じがとても良かったです。
★★★★★
From: みーちゃん(NO MAIL) 3月 20日(土)13時42分27秒
私は健常者ですが、もし、耳が聞こえなくてもすごく感動したと思うし、もし、目が見えなくても感動したと思います。お花見いきたいです。
★★
From: べんと@(NO MAIL) 3月 20日(土)12時43分50秒
蒼井優のプロモーションムービーかと思ったよこの映画!ストーリーは変、つながりがちぐはぐ、音楽は良いけどたまにうるさい、映像は相変わらず鈴木杏のみごとなよごれっぷり、すべてが蒼井優を引き立てるための演出みたいな映画でした。
★★★★★
From: まゆみ(NO MAIL) 3月 18日(木)20時27分21秒
観てる間中、そりゃないでしょ!ってなんども思いながらも、いつのまにか映画の世界に浸ってました!最初は鈴木杏ん演じる花が理解しがたかったけど花屋敷のくだりからなんだか、とても切なくなってきて花も大好きになっりましたそしてなんといってもアリス!さいごのバレエシーンはほんとに凄かった!蒼井優ちゃんの大ファンになってしまいました!とにかく観終わった後の観後観?が最高でした!
★★★
From: りん(NO MAIL) 3月 18日(木)18時05分26秒
ショートフィルムがおもしろかったから期待していたけど、長くしすぎて間延びしちゃったかなーと思う。鈴木杏と蒼井優の演技はすばらしかったです。音楽もよかった。耳に残りますね。
★★★★★
From: スドウ(NO MAIL) 3月 18日(木)15時06分59秒
岩井作品の中でも上位に入るんじゃないでしょうか。特に蒼井の存在は大きいのでは?個人的にはリリイ・シュシュより上の評価です。
★★★★★
From: もも(NO MAIL) 3月 18日(木)11時22分57秒
終わった後の余韻もすごく良かったです。二人が桜の下ではしゃぐシーンがすごく良かった。10代の瑞々しさがとても素敵だなぁと思いました。女の子二人の演技が素晴らしかったです。バレエのシーンはちょっと長かったけど、息をのむほど蒼井優ちゃんが綺麗で見とれてしまいました。
★★★★
From: 高洋(NO MAIL) 3月 18日(木)00時08分26秒
二人の少女の感性に付き合える年齢ではない。他人の視線への鈍感、羞恥心を無くすことが大人になることなら、着替え姿でも堂々としている花の母親や、ゴミだめの部屋で美しく着飾るアリスの母、惰性で仕事している広末やカメラマン大沢たかお(シェルパ斎藤かと思った)など現実的だ。監督の少女達への憧憬も。花とアリス、最初はどんくさいが時間が経つにつれてどんどん洗練されていく。特に、蒼井優は蝶になる。
★★★★
From: ケイヤ(NO MAIL) 3月 17日(水)23時16分14秒
面白い映画でした。面白いというより、笑える映画。出オチの出演者が多くて、笑っちゃいました。俳優に限らずかなり芸人さんも出てましたね(笑)おてんばで食いしん坊で、いつも飛び跳ねているような花とアリス。その2人のたくらみに惑わされてしまう少年。それも哀すべきキャラたちばかりで、見てて楽しかったです。ストーリーらしいストーリーはないけど、プロモにするには惜しい、だけど2時間もいらない。そんな作品で、最初「失敗したかな」と思ったけど、終盤になっていくと、花とアリスに夢中になってましたね。時にアドリブのようなセリフや表情、笑い声はワクワクしました。音楽と映像が最高。特にピンクに染まったフィルムは、この映画を引き立てていると思いました。この世界観が好き。音楽がいまだに耳の奥で鳴ってます。
★★★★★
From: 斜め(NO MAIL) 3月 17日(水)16時29分28秒
ほんのちょっとネタバレ岩井監督は配役がうまい。鈴木杏、蒼井優、郭智博以外にはこの映画を作れない。3人(特に女の子二人)の演技のうまさももちろんあるけど、やはり岩井俊二ってのは自分の映画をよく知ってる(ただし広末涼子はなんのためにいるのかまったくわかりませんが…)。ただ、ラストのオーディションはちょっといただけませんねぇ。バレー長すぎだし。それでも最後の最後の二人の笑顔があれば、★は5個かな。俺はこういう日本でしか撮れない、日本人にしか撮れない映画が大好きです。
★★★
From: RYU(NO MAIL) 3月 17日(水)13時08分01秒
「燃え尽きた」というか、リリィという凄い映画を作ってしまった後で、少し力を抜いて、撮りたいように撮った作品という感じではないでしょうか?全体的にもう少し短くまとめれば、多くの人たちが期待する岩井ワールドになったと思うのですが、バレーの練習のシーンとか文化祭の落語のシーンとか最後のありさのダンスシーンとか、しつこいくらい続く場面から岩井監督の変態的な部分もかいま見えたりして、不思議な味わいになっています。それにしても、岩井監督の描く日常ってきらきらしてる感じがしてとても好きです。
From: kaonasi(NO MAIL) 3月 16日(火)20時48分07秒
なんでこんなに評価高いのかわからない!岩井作品の中では確実に駄作に入るでしょう!岩井さんはどうやらリリイシュシュで燃え尽きたみたいですね。
★★★★★
From: TOM(NO MAIL) 3月 16日(火)20時20分26秒
映像がとても綺麗でよかった。音楽も映像とうまく組み合わさって最後には感動できる映画でした。
★★★★★
From: 人間(NO MAIL) 3月 16日(火)01時14分11秒
よかったです。さすが岩井さんですねぇ。。もう最初の2人が歩いてるシーンが綺麗でジーンときましたよ。音楽もすばらしかったです。鈴木杏と蒼井優も想像以上に好演してましたし。。ストーリーうんぬんじゃなく、単純に「良いなぁ」って楽しめました!!
★★★★★
From: switch(NO MAIL) 3月 15日(月)00時31分56秒
いや〜すばらしかった。クレジットみて思ったのですが音楽も自分で作曲されてるんすかね〜?シーン1つ1つが絵になりそうな、印象的な映画でした。傑作!
★★★★★
From: bros(NO MAIL) 3月 14日(日)16時42分43秒
凄い計算して作られている映画だと思うけれど、表に出ている部分は終始自然で、リラックスムード。この余裕は、「リリィ」があったからなのか。終始、横隔膜を微振動させられました。
★★★★★
From: ぱってん(NO MAIL) 3月 14日(日)15時55分56秒
映像で描いた実写少年まんがとして完璧な仕上がり。もろもろ、まんがの実写映画あるばってん、やるなら、ここまできっちりサービス満点でやらんとまんがには勝てませんもんな、、、もともとまんがな絵コンテ書いて映画をつくる岩井監督だからできた少年まんが映画の傑作ですバイ!!強気で手塚治虫に挑戦しとるし、、
★★★
From: ふー子(NO MAIL) 3月 14日(日)12時02分39秒
いろんな雑誌などでかなり好評価だったのでかなり期待してたんですけど、思ったより普通の映画だったなんか2時間15分もあるのにすごいかけあしで物語が進んでる感じがしたし、奇妙な三角関係がメインテーマのわりにアリスの話のほうが中心だし、自分としてはもっと恋愛部分を観たかった!↓の人たちも書いてるけど、鈴木杏と蒼井優がみごとな好演をしているのでそのへんに救われたと思う、
★★★★★
From: ソン(NO MAIL) 3月 13日(土)21時20分57秒
凄く平凡な少女達の話だけど、凄く良かった。映像と音楽はピカイチである。もちろんストーリーも良く、笑わせるシーンもあり、少し感動して、最後には、ああ良かったなぁーと言って、心が温まった感じである。ちなみに演技は鈴木杏も良かったが、僕は蒼井優が最高だったと思う。阿部寛1分ぐらいしか出なかったのは悲しかった(笑)。あとハナのお母さんの演技には爆笑した。とにかくこの春必見の青春映画である。
★★★★
From: なつ(NO MAIL) 3月 13日(土)20時43分03秒
ともかく映像がきれいだった。鈴木杏と蒼井優の魅力をよくだしている。パンフレットに「男の側から見た少女の理想像」と書いてあった。その通りの世界の映画だと思う。綺麗なもの可愛いもの好き。映像重視の人にお薦めの映画。映画のストーリーにこだわる人にはお薦めできない。いろんな矛盾点もあるし、ともかく日常を描いているのですぐに退屈になってしまうと思う。
★★★★★
From: ロケットパンチ(NO MAIL) 3月 13日(土)20時05分17秒
ありきたりで平凡で陳腐なストーリーなのにこの映画には心動かされた!岩井俊二の演出力と映像美のなせる技なのか?それもあるだろうけど、今回は主演二人の力によるところも大きいと思う。とくに蒼井優の輝きにはもう驚愕するほど!鈴木杏と蒼井優という、ただものじゃない若手女優をみるだけでも、観る価値がある映画だと思う
★★★★★
From: ケンケン(NO MAIL) 3月 13日(土)19時03分11秒
もう最高だった!観終わって最高に幸せな気分になった!青春映画としては最高級の出来だと思ったアリスこと蒼井優に惚れた!
★★★★★
From: スプートニク(NO MAIL) 3月 13日(土)18時53分49秒
僕は最高でした。10代特有の遠回りや足踏みや勢いすべてが懐かしく美しかったです。相変わらず映像はきれいだし、音楽いいし。すごい人たち出てるし。大満足でした。今回は脚本・監督・編集・音楽・プロデュ−サーと5役もこなしてるんですね。すごいっす!
★★★
From: @4区(NO MAIL) 3月 13日(土)11時46分46秒
絵と音が素晴らしい。が、ストーリーが今ひとつ。ストーリー重視の私にはやはりこの監督は合いません。キレイな絵と音が好きな人にはオススメです。