キル・ビル Vol.2

満 足 度
66.3%
回答者数69


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★
From: LEO(NO MAIL) 5月 28日(金)09時17分09秒
1を見たのでとりあえず・・・・。1も★3つでした。でも、なんか続きが気になって見てしまいました。おもしろかったと言えばウソになる。しかし、それなりに納得しました。
★★
From: 自宅にシアタールームを!(NO MAIL) 5月 27日(木)18時17分17秒
vol.1の作りがハデ過ぎたのかなぁ。vol.1を観たとき「キルビル」は作品タイトルというよりジャンルブランドだなぁとなんとなく思ってただけに、vol.2でいきなりブランドからそれたようでで今一物足りなさを感じてしまったな。
★★★★★
From: とり(NO MAIL) 5月 23日(日)09時33分38秒
満足満足!!先日vol 1をレンタルで借りて以来キルビルにはまってしまいましたが2もかなり良い出来!(1見てから立て続けに見たからかも・・・)全く違うテイストなんだけど良かった!
★★
From: デイウォーカー(NO MAIL) 5月 22日(土)12時25分20秒
う〜ん評価に困る作品ですね。これ単体では、おもしろくないです。前作と合わせて、3時間位の映画ならラストのブライドの姿も感動的になるんでしょうけど・・・。無敵だったブライドが、いきなり絶対絶命になり「オッ」とワクワクしたがこのシーンだけ。あとはダラダラとシーンが進むのみ。バリバリの復讐劇を期待したけど拍子抜け。この映画のボス、ビルの所にもあっさり到着してしまう。もっと用心棒を雇うとか、クレイジー88をクライマックスに出した方が盛り上がったんじゃないの?相変わらずタランティーノは無駄なおしゃべりが好きだった。いい加減飽きちゃうよ。今回は役者の演技が良かったのが印象的。砂まみれで笑顔で水を注文するブライドが最高。初見ではいまいちおもしろくなかったけど、何度か観ることで味の出てくるスルメ映画ではないでしょうか。
★★★★
From: ちんかすかや(NO MAIL) 5月 22日(土)12時20分52秒
もう少し格闘シーンを見たかったですが。
★★★★
From: しょうちゃ(NO MAIL) 5月 20日(木)23時48分02秒
「ゴダールの探偵」を思い浮かべました。人がすわってるだけで、過去とか愛とか感じられる。D・キャラダインってこんないい役者だったっけ。
★★★★★
From: 機械やろう(NO MAIL) 5月 20日(木)01時26分04秒
VOL.1は、いまいちでしたがこれは良かった!会話してるシーンも演出力と構成力で引き込まれましたネタバレ注意↓ビルが自白剤つかってブライドの本心を聞き出すあたりで謎の多かったビルの心情が解って、不器用なビルに泣けた殺しあうしか選択肢の無い2人冥府魔道を生きる者のさだめなんでしょうね・・・ブライドとBBが見てる「子連れ狼」がはまりすぎ(笑)エル・ドライバーが札束の間に仕込んでいた毒蛇の種類が「ブラック・マンバ」ってのもいい・・・とどめを刺さなくても、その名前の毒蛇がトレーラーに残ってるだけで、結末が見えるのが上手い
★★★
From: セロ(NO MAIL) 5月 19日(水)23時43分19秒
1のテンションが持続されてなかった感がある。音楽の使い方や中国拳法のくだりは良かったけど、他は一般的なアクション映画のようだった。もっとタランティーノにははちゃめちゃな展開とアクションを期待していたけど・・。
★★★★★
From: デズニ(NO MAIL) 5月 19日(水)23時26分43秒
大衆動員型のカルトムービー作れる作家っていったい何人いるのかわかりませんが、タランティーノがそうであることは、もはや間違いないですね。べつに元ネタなんか知る必要などないですが、キワモノ映画をネタ元にして、傑作な映画を作り上げたセンスに拍手喝采です。それにしても、撮影監督のロバートリチャードソンは凄い。演出や役者の演技を、あそこまで描き出せる撮影監督は他にいないんじゃないか。凄すぎます。あと、エンディングロールかっこよかったなあ!そうそう、五点掌爆心拳。思わず数えた(笑)
★★★★
From: gvtn(NO MAIL) 5月 19日(水)22時22分09秒
 vol.1の時から全然見る気がしなかった。だいたいアクション映画は好きじゃないし、アクション映画に面白いものもあるけれど(最近では、インファナルアフェア)キルビルは、血がドバーのただのアクション映画と思っていたから。 しかし、vol.1のDVD見たら面白かった。アクションもやりすぎれば面白くなる。音楽の使いからが上手い。頻繁に回想シーンいなるところも上手い。そこで、仕事忙しいけれど無理してvol.2を見に行った。 vol.1とは違うテイスト。アップを多用するところや、相手を責める長いセリフなどでものすごいサスペンス。オーバーすぎるアクション。もちろん、音楽や回想シーンも上手かった。タランティーノ監督才能ある。ただのオタクじゃないぞ。ただ、セリフに語りが多すぎるところが玉にきず。でも、じゅうぶんに面白かった。<ネタバレ>目をくりぬくのは、vol.1に伏線があったんだね。エンドロールの最後で分かった。
★★★★
From: 廉ちゃん(NO MAIL) 5月 18日(火)20時45分57秒
1も面白いけど2は、最高。テイストの異なる2作品。私はどっちも好き♪
★★★
From: ぴかりん(NO MAIL) 5月 17日(月)10時50分06秒
回想シーンがやたら長く感じました。前半埋められるまでが長かったですが、その後のトレーラーでのファイトはとても面白かったです!そのシーンとパイ・メイの特訓だけだったかな。(__;)
★★★
From: きゃめいえりー(NO MAIL) 5月 17日(月)02時20分13秒
(ねたばれ注意!!)ゾンビが満席だったので見た。墓から出てくるシーンでは欝になった。親子3人束の間の一時。その後の殺し合いムード。この変化に着いて行けなかった。どうして過去にこだわり続けるのか?復讐劇の最後がハッピーエンドというのも・・・前作で自分は親子の中を引き裂いているのに・・・女性の本当の姿はラストの朝の状態だってことが言いたいんだろうけど、心に来るモノが無かった。ていうか余計なシーンカットしてアクション増やせというのが本音。目玉ジョークとか、更正しきれてないバドとか、エルが手帳を読むトコとかは良かった。エルは毒蛇にやられたに違いない。だから最後?になってたんだと思う。
★★★★
From: menfith(MAIL) 5月 16日(日)01時31分16秒
<ネタバレあり>前作に完全にはまってしまったという人は、この映画にはノレないかもしれない。もしくは、タランティーノの映画を観るのが、前作がはじめてだという人は、この映画はそれほど楽しめないだろう。僕は、前者でも後者でもない。日本というモティーフを離れてしまい、雰囲気を全く違えたこの「2」も、僕はとても楽しめた。◆この映画は、サブタイトルにもあるように「ラブ・ストーリー」である。ビルと、ザ・ブライド、そしてその娘を取り巻く、愛の物語なのである。前作は復讐であり情熱的な燃えるような感情がテーマであった。しかし、こちらはもっとゆるやかで力強い、そしてしっかりとしたじわっとした愛の物語である。だから、アクション中心だった前作とは違い、過去の出来事の解明など、ドラマ中心に進む。前作のようなアクションを期待した人、「日本」を期待した人はがっかりするだろう。けれど、この深い愛がとてもうまく描かれているため、非常に面白い映画になっている。◆裏社会で生きる女と男が、愛しながら殺さなければならないという不条理。そしてまた愛しているがゆえに殺さなければいけないという条理。その感情があふれ出したシーンが、ラストの泣きながら笑うユマの姿にある。感謝と愛、そしてすまないという気持。娘を抱ける喜び、愛する人を殺してしまったという悲しみ。複雑な感情が、あのユマの泣いているとも笑っているともとれる表情に表れている。◆様々なパロディを含みながら展開していく物語は、大いなる「人間性」を見事に描ききった。しかし、前作の方が衝撃的だったので★四つ。
★★★
From: リオン(NO MAIL) 5月 16日(日)00時38分25秒
1作目は、物語は中途半端でもクライマックスの青葉屋騒動が異様に盛り上がり、映画として堪能できたが、それに対し2作目は「1作目の長い長いエピローグ」といった感じで、正直1本の映画としては楽しめない。副題に「ラブストーリー」を銘打って1作目とは違うイメージを全面に出そうとはしてますが、1作目で決定付けられた「キルビル=アクション映画」という印象を覆すほどのインパクトはない。ラストの「娘を取り戻して、人知れず感涙して喜ぶザ・ブライド」は最高のラストシーンだし、ビルとの会話や、エル・ドライバーとの憎しみ篭もった闘いなど、登場人物の感情を描いてはいるけど、一方、パイ・メイの修行シーンや墓場から復活するシーンのインパクトが強くて、「2作目は感情ドラマである!」と言い切ることの邪魔をしていると思う(後者のシーンも面白くて好きなんですけどね)2作目単体の評価としては☆2つなのだが、この映画を2作目のみで評価してもあまり意味がないので、シリーズ全体の評価☆4つとの中間を取って☆3つが適当かな。
★★
From: linda(NO MAIL) 5月 14日(金)17時32分58秒
やっぱ二つに分けないで欲しかった…。一気に見れたらもっとスカッとできただろうけど、タラは欲張りだからね、仕方ないか。ユマ・サーマンってカエルに似てる。ずっと何かに似てるって気になってたの。血まみれになると結構えぐい顔になる。ずっとハンゾーの刀にこだわってた割にはチャンバラシーンはなかった…。ビルの最期は分かっていたけどその前にちょっとぐらいあってもよかったのに。
★★★
From: もも(NO MAIL) 5月 14日(金)14時17分03秒
1は個人的にはただの復讐劇で、グロいだけでストーリーが無かったように思えたけど、2はラブストーリーで人間味があり、よかった。ユマ・サーマンも凄い映画引き受けたな、なんて今さら思った。この作品をきっかけにアクション映画のオファーが殺到かもな・・・
★★★
From: ひろ(NO MAIL) 5月 13日(木)21時28分25秒
VOL1は最悪でしたけどこっちはタランティーノらしさがあってそれなりに楽しめました。特にビルがブライドに語りをするシーンなんか。無駄話っぷりではパルプフィクションのハンバーガーの話に引けを取らないと思う。ダリル・ハンナとの決闘シーンは傑作。L・リューとの青葉亭での戦いが間延びしてたのに対してこっちはタイトでメリハリがあって良かった。パイメイのシーンも爆笑。ただ全体的に緩やか過ぎるかな。
From: まさ(NO MAIL) 5月 13日(木)21時08分02秒
Vol1が面白かったので期待して観に行ったのですが…。正直言って途中で居眠りしそうになってしまった。それも何度も。アクション映画じゃないんですね、Vol2は。
★★★★
From: さーもん(NO MAIL) 5月 12日(水)18時39分13秒
1はとにかくはちゃめちゃで、魅力的なキャスト、映像とノリ、音楽で魅せてしまう凄い映画だなぁ〜という印象で、とても好きな作品なので2も期待して見に行きました。期待した程ではなかったですが良かったです。やはりvol.1あってこその2という気がします。全作のおバカ加減は影を潜めて、全体的にシリアスで渋くて良かった!正に「KILL IS LOVE」。愛ゆえの復讐劇の締めくくりとしてうまくまとまった作品だったと思います。最後のユマのウィンクがキュートでした。P.s今回はダリル・ハンナと子役の子供がめちゃくちゃ良かったです。
★★★★★
From: ばど(NO MAIL) 5月 11日(火)23時30分09秒
人生=復讐 の御貴兄ならおわかりのはず。キルビルの真価を・・・もちろんこれからの夢はVOL1,2を通して観ることです。五点掌爆心拳★五つ!以下ネタバレ最後、ザ・ブライドが歓喜をむさぼるシーンあれだけでもこのVOL2を観た甲斐があったと思いました。パイメイの死に様あっけないけどツボです。前の方も書かれていたように「怨み節」の歌詞もクレジットされていたので口ずさみながら タランティーノの啓示が頭の中をかすめました「サントラ買っちまいな!」ええ二枚廉価版でお買いあげです。
★★★
From: 廉太朗(NO MAIL) 5月 11日(火)18時02分17秒
出てくるキャラがどれもバカかっこよくて、これがこの映画の一番の魅力ではないでしょうか。でも、期待していただけに少し物足りなかったのが、音楽。「じゃじゃ〜ん!!」などの効果音は面白かったが、音楽は「Vol.1」ほど、別に悪いっていうわけではないが、印象には残らなかった。まあ、タランティーノ監督が自由に作っている感じは馬鹿らしいほど見ていてわかるのですが、本当に変な映画ですよ。
★★★★
From: yos(NO MAIL) 5月 11日(火)00時49分29秒
良い意味で期待を裏切られた!ここまで内容の濃い続編だとは思っていなかったよ。「vol.1」の謎は一通り解決してるし、話の中の緊張と緩和が全く予想できない作りや内容には関係の無い小話がたくさん盛り込まれているあたりはタランティーノだなぁって感じてしまった。それがオモシロイんだけどね。僕的には中国修行から棺桶脱出のくだりが今回の一番好きなシーン。ビルとの最終対決の展開も1本取られたって感じ。期待はしていたけど予想していた期待とは違う部分で満足できたって感じでほんと何が起こるかわからん映画だった。
★★★★
From: skywalker(NO MAIL) 5月 10日(月)21時47分51秒
2本で1つの作品だから 別々に評価するのも おかしいかなと 思ってしまうが やっぱり分けてしまう。1より今回の2のほうが おもしろかった。1の見た目の派手さより 2の役者たちの しゃべりを聴いていて ふんふんそれで と言う感じで 引き込まれしまう。芸達者 なかでもビルは すごい。ボスの風格貫禄十分で ついつい引き込まれる。タランティーノ監督の登場人物は いずれもよくしゃべる。エルは かっこいい やられかたも 最高だ。バドも 相変わらず残酷な殺し方するし パイは マンガの師匠そのまんまの風貌 登場人物みんなに 感情移入できた。パクリという批判は 的がはずれている。おもしろいところばっかり 持ってきてそれで映画が 楽しめるかというと そうではない。やっぱり監督の味付けが 最後にものをいう。みなさん エンディングロールが 終わってからのおまけカット見てますか。笑ってしまった。
★★★★
From: My name is XXX(NO MAIL) 5月 10日(月)18時42分24秒
たしかに「vol.1」の青葉屋での死闘に比べると、派手さがないとは思う。だが、今回はアクションよりも俳優たちの演技合戦といった感じだから、それはそれでいいのかなと思った。1と2をあわせて同時に観てみたい。
★★★★
From: たまち(NO MAIL) 5月 9日(日)15時51分04秒
面白かったです。最後のエンドクレジットで流れているHIPHOPは、誰の何という曲でしょうか?WU TANG CLANのブラックマンバって書いてあったような気がするのですが、見当たりません。サウンドトラックにもなかったですし。。どなたかわかる方、教えてください!→サントラに隠しトラックで入っておりました。失礼致しました。
★★★★
From: michi(NO MAIL) 5月 9日(日)12時31分12秒
身近な人、10人くらいが口を揃えて『vol.1』のほうがおもしろかった・・・と言うので、ああいった映画の期待はまったくせずに、「タランティーノの新作」という期待だけで観たら、いやっぱ、音楽の使い方や、マイケルマドセンの扱い方が、「好きなんやなー」って感じで、ニヤニヤできる部分がチラホラありました。殺し屋キム(キムでしたっけ?)とのエピソードは、キドーの「私は非情な女よ、だけど今はお腹の中の子がいるからとてもビクビクしている」って感じの台詞から、母の力!を感じさせるようで、グッッときました。デビッドキャラダインとの会話は長いし、だれる・・・けど、『vol.2』のテンポは全体的に遅いと思うから、ちょうどいいかもしれない。と納得です。・・・ネタバレ・・・目ん玉くりぬいて、、には『vol.1』でもさりげなくあったので、変に笑ってしまった。。よくR-15指定などにならなかったな、と不思議に思います。目ん玉を裸足で踏み付ける感覚を想像すると、「うあああ」って思います。。
★★★
From: TAK(NO MAIL) 5月 8日(土)16時12分18秒
ずいぶんと会話の多い作品になっていたのが意外。確かに今回はラブストーリーと言うのはわかるけれど、パイ・メイとの修行シーンは往年の香港映画を思い出させてくれておかしかった。ユマ・サーマンはここまで汚くされても頑張っていた。エンドクレジットは飽きずに観れたのは良かった。
★★★★
From: しまねこ(NO MAIL) 5月 8日(土)02時24分38秒
私は、1も良かったのですが2も楽しめました。(期待してなかったから・・・でしょうか?)内容は「なるほど!」と思う事が多々ありで、楽しめました。私も、これは一緒に上映してくれないと・・・と感じましたね。高僧パイ・メイ最高!一人で笑ってました。Vol.3は、1で最初に闘ったナイフの名人の娘が主役だとか・・・?
★★★★
From: BOW(NO MAIL) 5月 7日(金)23時25分12秒
エルが光ってましたね。ネタバレ、になるのかな?今時、トイレに顔を突っ込まれる悪役なんてそうはいない。かっこよかった。ブリブリの人魚だったダリル・ハンナが、いい感じに渋くなりましたなぁ。1を期待していた人には物足りないかもしれないけど、こちらは正統派タランティーノって感じがした。無駄な小話(褒めてますよ)とか、タイムラグとかは、「ああ、タラ映画〜」ってしみじみした。でも、1から通して「ピー」音で通していた名前なのに、あんなにあっさり明かさなくても…1もハマッたけど、これはこれでよかったよってのが素直な感想です。
★★★
From: MASA(NO MAIL) 5月 6日(木)22時13分29秒
個人的には1作目より、こちらが好きです。日本人がクズだとか言うあの老師は毒殺ではなく、日本刀でやっつけて欲しかった...。最後のクレジットでケータリング(食事)のドライバーとか、コックまで名前出てましたな。普通ここまでやるっけ??タラちゃんのしゃれ?
★★★★★
From: tezzo(NO MAIL) 5月 6日(木)15時40分23秒
1も好きだったけど、2は心から良いと思えました。やっぱりオーレン石井のエピソードが1,2通じて浮いてしまってるし、日本映画へのオマージュってことなら、今回のカンフー映画へのオマージュのように抑制の効いたやり方にして良かったのでは?パイレン師シーンのズームアップの仕方とか、あれだけで泣けてくるほどのカンフー映画への愛を感じませんでした?きっと日本映画の特徴や美学ももっとシンプルな形で表現できたんじゃないかと思います。あれがもっと普通にかっこよくシリアスにまとまってたら、1・2あわせて大傑作になったんじゃないかと残念に思えます。あと、エルドライバーのアイパッチが一種類しかでなかったことが残念でした。でも、ブラックマンバにバドを殺させて、ブラックマンバ(=キドー)にやられた(嘘は言ってない!)って言ったり、1を細かく覚えてる前提なのがいかにもタランティーノっぽくてにやっとさせられました。
★★
From: 隠密魔人(NO MAIL) 5月 5日(水)19時54分22秒
ネタバレです評価高いですねぇ・・・中盤は良かったかな、突然カンフー映画になったところなんかはキルビル世界だーなんて思ったしクライマックスのところが間延びした感じ・・・なかなか格闘に入らないし、始まっても全然格闘しないし・・・北斗神拳で決まっちゃうし・・・刀の格闘で決着が良かったな・・・オーレン石井のエピソードがちょっと派手すぎたんだよね、その印象が強くて拍子抜けしました。
★★★★
From: まこ(NO MAIL) 5月 5日(水)15時30分15秒
謎はすべて解けた!……という感じですか?とりあえず伏線の謎が解けてすっきりしました。1とは全然赴きが違っていて、1のような感じを期待していった人には正直肩透かしかも。1.2を通してみて、1の方がインパクトが強かったけれど、ストーリーは2の方がしっかりしている。ただ、もとは1本の映画だったことを考えると、1のようなテンションで最後までやられてしまっては、いくらタラファンでもついてこれないだろう事は必至。だから、これでよかったんじゃないかな。しかし、1.2を見終わって、1本で見たかった気もするのは私だけ?全部で4時間くらいなのかな。タイタニック以降、3時間越える映画もかなり出てきたから、3時間半くらいに編集してくれれば、十分見れたと思うんだけど……。カットしたくなかったみたいだから、仕方がないのかな。
★★★★
From: きんとき(NO MAIL) 5月 4日(火)19時48分36秒
エルが魅力的でした、格闘シーンも良かった。ビルのナチュラルボーンスーパーマンの話も楽しかったがその最期は意外にあっけなくてがっかり、BBは可愛かった。エンディング、VOL.1からまとめて映像付で紹介されるのが観ていてうれしかった。
★★★★
From: j(NO MAIL) 5月 4日(火)13時49分47秒
何故かこの人の映画はツボに、はまります。五点掌心拳て、昔のJ・チェンの映画か!笑った!
★★★
From: butaneko (NO MAIL) 5月 4日(火)13時27分22秒
なんかとても中途半端な感じ、 (ラブストーリー)と宣伝でも唱っていたが、1の流れからラブストーリーに持っていくのに説明的なシーンが多く、回想〜バトル〜回想とチョン切れ状態(1も同じだったがハイテンションのまんま最後まで押されたので流れは良かったが)最後のビルとの対決も愛もバトルも盛り上がりに欠ける。2本に分けて時間が有るのに、内容足りなく薄くなっちゃた感じ。ネタバレ妊娠発覚時の同業者のCongratulationsとエル・ドライバーとのえげつないバトル、タランティーノだな。
★★★
From: dunst(NO MAIL) 5月 4日(火)04時23分20秒
1は青葉屋が長くて飽きちゃったので、2のが楽しめました。ネタバレになりますが、パイ・メイに奥義まで教わったザ・ブライドがエルに格闘で押されてたのが納得いかないかな。棺桶をブチ割るときに血まみれになったはずの手が出てきたらなんでもなかったとか。細かすぎか。。
★★★★
From: m34(NO MAIL) 5月 3日(月)21時28分31秒
ちょっと最初のうちがダルいかな、と感じたので★−1ですが、観終わった後は「ああー、完結したな」と満足できました。修行のシーンは、昔懐かしいカンフー映画を思い出してしまいました。あと、やはりマイケル・マドセン!彼のしかめっ面演技がまた観れたのがなにより嬉しかったです。
★★★★★
From: この作品は評価が安定しているんだねえ(NO MAIL) 5月 3日(月)20時11分54秒
渋く抑制された表現と、おバカシーン、他映画からの引用が楽しめた。不意に感動させられもした同時期に1、2同時公開でも良かったのではとも思う1,2合わせて五つ星つけてみる!
★★★★★
From: たらちゃん(NO MAIL) 5月 3日(月)01時56分42秒
1も良かったが、2も良かった。個人的には1ほどのハ茶メチャな殺しが少ない分、2の方がいいかな。特にビルのダンディズムが渋くていいねえ。タランティーノは才人の名に恥じない。
★★★★★
From: (NO MAIL) 5月 2日(日)23時56分09秒
アクションの派手さやタラの趣味丸出しイケイケ感はぶっちぎりでVol.1に譲る。故に前作ほどヒットはしないだろうと思うし賛否両論もあるだろうが個人的にはこっちの方が好きかなあ〜。冒頭、モノクロで描かれる教会のシーンがとても美しくって素敵!全体に地味っちゃー地味なんだけど、落ち着いて振り返ってみれば悪女エルを筆頭にビルの親父(だったか?)エステバンなど強烈な個性を発散しているキャラのオンパレードで、十分期待に応えているのではないかと。タラの作品にしてはエモーショナルな異色作ってことに落ち着きそうな予感。ネタバレですが・生き埋めシーンがやけにリアルで怖かった。・スーパーマンに関する語りが面白かった。これを待っていたぜ!・そして敵の殺し屋の捨て台詞「おめでとう」が凄く印象的でした。
★★★★
From: たろさ(NO MAIL) 5月 2日(日)00時51分02秒
正直1がだめでした。ただまあ続きが気になってとりあえず観た。2は同じ監督か?と思える程しっとりした感じでしたが内容は面白かったです。そんな訳で1が好きだった方は2はだめだなと思いました。<ネタバレ>ゾンビのシーンおもろかった
★★★
From: めい(NO MAIL) 5月 1日(土)21時48分05秒
それなりに面白かったと思います。vol.1はビデオで見たんですが、スクリーンで見たほうが面白いですね。vol.1では感じなかった「物語」をvol.2には感じました。本来こんな切ったはったな作品は好きではないんですが、「キル・ビル」にはいろんな趣向があって面白かったです。ちゃんと予告どおり「ラブ・ストーリー」になっているのにも拍手。<ネタバレ>キドーを前にしてのビルの演説には正直眠気がさしましたが、それ以外では面白かったです。それになんといっても、娘役の子が可愛かった!
★★★★★
From: re-born(NO MAIL) 5月 1日(土)19時07分43秒
Vo.1は動、Vo.2は静といったところで対照的な映画だが、タランティーノらしい映画への愛が溢れていることには両作とも変わりはない(それとウマ・サーマンへの愛も・・・自分も惚れてしまった)。 最初はフィルム・ノワール調の、主人公が語りだすモノクロのシーンから始まり、徐々にセルジオ・レオ-ネっぽい画と音楽になっていく。今回は登場人物が饒舌で、Vo.1になかったらしさを取り戻した感じ。特にビルの語りには引き込まれていった。長いカット割を重ねつつ、エルとの格闘シーンに入るときのカタルシスはすごかった。最高の密室ファイトシーンでは?(ちなみにVo.1の88人ぎりは、飽きがくる。「男たちの挽歌2」のラストのほうが数倍のカタルシスを味わえた。) ところで、Vo.1でザ・ブライドの本名を隠した意図は何でしょう? 
★★★★
From: フレアー(NO MAIL) 5月 1日(土)17時33分48秒
面白いか?と聞かれると、普通と答える。だが、前作とはまた違った魅力があるように感じた。ダラダラ感は否めないが、それでも怪しげな老師とか必殺技とか子連れ狼とか、そこそこは楽しめると思う。なぜかエンディングで前回のキャストが紹介されたところでこみ上げてくるものがあった。長い長いエンディングを我慢するとvol.3の噂がどこから来たかわかった。恨み節の字幕はみんなで歌えということだろうか?
★★★
From: 九龍猫(NO MAIL) 4月 30日(金)11時31分58秒
Vol.1同様ボチボチでしたタランティーノといえば『レザボア・ドッグス』や『パルプ・フィクション』のインパクトがあまりに強いために『キル・ビル』はややかすんでしまいますね今回はタランティーノが自分の趣味を前面に出しすぎているように思えました「それが『キル・ビル』だ」と言われるとそれまでですがパイ・メイのキャラには苦笑してしまいました
From: nanimon(NO MAIL) 4月 29日(木)18時50分49秒
あの『キル・ビル』の後編だが、地味。アクションが地味。キャラクターが地味。ストーリーが地味。舞台が地味。衣装が地味。音楽が地味。美術が地味。地味。ひたすら地味。何もVol.1と同じようにド派手にしなければならないという訳ではない。賛否両論分かれたVol.1ではあったが、観るものに何かを感じさせるパワーがあった。しかしVol.2からは何も伝わってこない。タランティーノはVol.3の作製も臭わせているが、止めといた方がいいんじゃないの?
★★★
From: 武士美(NO MAIL) 4月 29日(木)00時51分12秒
Vol.1大好きなので、見ずにはいられないという感じでしたが、文字通り結末を見届けただけという印象でした。Vol.1とVol.2を通して一本の映画として見ても、バランスは必ずしもよくない。どうしたってルーシー・リューのエピソードが突出しています。バランスが悪いからダメというわけでもないんですが、前作で振ったネタの種明かしに終始している感はありますね。そうした足かせを考慮した上でなら、よくまとまっていたと思います。一気に片がつく決着もあれでよし。でもエンディングのスタッフロールは水増し感がありましたね。
★★★★★
From: 変態バホちゃん(NO MAIL) 4月 29日(木)00時11分58秒
こんな変態が観たかった(笑)
★★★★★
From: Q&U(NO MAIL) 4月 28日(水)01時44分04秒
 2時間があっという間でした。vol.2を観て初めてキル・ビルの世界に浸れた気がします。タランティーノの発想、視点はやっぱりおもしろい。次回作も期待大!
★★★★
From: 亀吉(NO MAIL) 4月 27日(火)23時19分42秒
vol.1での私の評価はあまりのはちゃめちゃっぷりに星5つだったのですが、vol.2ではそれがなりを潜め、しっとりとした印象で説明的部分も多いように感じました。vol.1とvol.2を一つの映画としてみたら星5つでしょうが、vol.2だけを取るならば星4つですね。
★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 4月 27日(火)15時56分40秒
 前作の勢いは息を潜め、より彼女の足跡が垣間見えたよーな気がします。復讐を果たす者と果たされる者の因果な関係の中に互いに心惹かれた時期があっただけにビルとのやりとりは、切ないと思いました。 殺された婚約者、奪われた子供、4年とゆー年月を経て彼女がやりとげたかったことがもっと画面全体から伝わってくれば引き込まれたと。
★★★★
From: bac(NO MAIL) 4月 27日(火)00時06分42秒
殺し屋としての哀しい宿命を描いた作品に仕上がった。殺し屋が「母親」として生きるとはどういうことか、殺し屋としての「愛」を貫くとはどういうことか。ブライドとビル、両方のけじめの付け方には納得がいく。ビルのスーパーマンを引用したセリフには重みを感じた。自分が感じたのは、ビルは最後に本気を出したかどうかだ。裏切られたと感じた当時は愛する人を殺すことは出来ても、真相が分かった今となっては本気を出して愛しているブライドを殺すことはビルには出来なかったと思う。ラストのブライドの「ありがとう」というセリフは、BBが無事に育ってくれたことや、自分を助けてくれた半蔵やパイメイだけでなく、ビルにもある意味で感謝をしているのではという想いを感じた。ラストクレジットを見ると、やはりこの映画には多くのユニークなキャラクターが多数登場していたことを改めて気づかされる。今回は個人的に何故かエステバンが気に入った。自分が顔を切った女性を呼ぶ不気味な仕草が面白い。彼と幼い頃のビルだけでまた一本映画が撮れそうなもんだ。
★★★★
From: 純、(NO MAIL) 4月 26日(月)21時34分52秒
どうしても、1と比べてしまって、点は下がってしまいますが、もともと一作品だと思えば、後半のまとめなので、まぁ、仕方がないかなという感じです。ネタバレあり。キルビル2が北斗の拳だったのでこの評価です。
★★
From: doku(NO MAIL) 4月 26日(月)21時02分30秒
この作品はこれでよかったけれどやはりVOL1の方向性を期待してしまいます。そこを重点にしていたのでこの評価です。
★★★★
From: (NO MAIL) 4月 26日(月)19時02分28秒
衝撃が強かったVol.1と比較するとVol.2は大人しい印象を受けました。でも今回も楽しませてもらいました♪やっぱりタランティーノはおもしろい!!!彼の映画は、次はどんなキャラが出てくるのかとか、どんな展開が待ってるのかとかワクワクしますね。結末は予想通りだったのでちょっとガッカリというか意外でしたが、観る価値ありだと思います。↓で誰か言ってたけどブライドの本名にはマジで笑った。一緒に観に行った人がタランティーノ監督の大大大ファンで、その人は「全然もの足りなかった」と言ってました。特に終わり方がつまらなかったそうです。タランティーノ通の人には少し足りないみたいですね。
★★
From: ペカーム(NO MAIL) 4月 26日(月)12時39分55秒
 前作のはじけっぷりが好きで見に行ったけど、もー違う映画のような印象でがっかり。 普通に悪の殺人集団に復讐するってゆう話で良かったんじゃないかと思う。 前作のルーシー・リュウ秘書はどうなったのかな?
★★★★★
From: じゃっぷ(NO MAIL) 4月 26日(月)12時32分06秒
個人的にはアリ、というか最高に楽しめた映画だと思います。あらゆるジャンルの混合がタランティーノやりたかった事だそうですが(パンフに書いてました)、それならvol.1からの変化にも納得できますし。なにより登場人物が大好きになりました。バドのなんともいえない情けなさ、エルのふてぶてしさ、ヘンクツじじいのパイ・メイ、少しだけの出演でも存在感を残したビルの育ての親など、すべてが魅力的に見えました。特にビルには最終的に愛着が湧いてしまい、ラストシーンでは寂しさに似た感覚を味わいました。長回しなセリフも僕には心地よく感じました。映画が終ったあとは見てよかったと純粋に思いましたし、続きが出るのなら是非観たいと思いましたよ。ツボにはまった、という事なんでしょうね。余談ですがサミュエル・L・ジャクソンの扱いには笑ってしまいました。
★★★★
From: まめしば(NO MAIL) 4月 25日(日)23時59分32秒
☆ネタバレあります☆Vol.1とVol.2とでは、かなり違いがあるのでどうしても比較してしまいますね。個人的にはVol.1のほうが好みなので、Vol.2としての満足度はVol.1から見るとどうしても低くなってしまいます。ですが、これを1本の作品として見るならこれでバランスが取れているのかなと言う気もしなくはないです。それにしても、残り3人との決着のつけ方があっさりめでしたね。エルとの女同士のバトルは迫力あったけど、全体を通して見てももっと凄まじいアクションシーンが見たかったなーと言うのが本音です。でも、やっぱり今回の要はビルとのラブストーリーでブライドの精神的な部分を重点において描いたのでしょうから仕方がないとも思えますが。。。ストーリーに合わせて今回はBGMもおとなしめでサントラ欲しいと言うところまではいかなかったです。(いい曲もありましたけど)でも、キルビルはやっぱり好きです。☆ネタバレ☆ブライドの本名「ベアトリクス・キドー」って言うのは分かりましたが、あの教室のシーンの意味とかビルが「ベアトリクス」について語ってるシーンがあったように思いましたが、あの辺の部分について実はまだよく理解出来ていません。(汗)DVD出たらきちんとチェックしたい所だったりします。
★★★★★
From: しゃーらっく(NO MAIL) 4月 25日(日)23時55分40秒
Vol.1よりずっと良かった。何より前作には欠けていたエモーションがある!エンドクレジットのmommyにもホロリ。満足。
★★★★★
From: トレーキ(NO MAIL) 4月 25日(日)19時17分28秒
監督のフェティッシュがタップリ詰め込まれた“愛”の映画です!!前作のムスタング(野生馬)のような暴れハッチャクぶりは程よく抑制され、日本でゆうところの“押井守”的自己陶酔じっくり対話型オタク映画が一瞬垣間見えますがそこはセンスと力技であか抜けているんだぞと訴えかけていて、それが成功しているようです。〜ようするに今回は、役者の演技と対話に見せ場があるとゆうことです。秀逸なのはバドことマイケル・マドセンのキュートな落ちぶれっぷりが涙を誘います。彼の空を見上げる横顔に「バドよ君はコスモを見たか!」を感じざるを得ません。最高なのは見事なトッポイタッパイパッキンネェチャン!エル・ドライバーことダリル・ハンナの悪女っぷりが目に焼きついて離れません!クセになりそうですメロメロになりました。この作品は“おもしろいか?”ではなく、“好か?”どうかの判断でこの監督が仕掛けた魂胆が見えてくるのではないでしょうか?さて、ザ・ブライドの娘と同い年のあの女の子はどうでる? キル・○○○!!!
From: ビル(NO MAIL) 4月 25日(日)18時17分18秒
ダラダラ説明しているだけの内容だった。つまらなく寝てしまった。
★★★★★
From: マド(NO MAIL) 4月 25日(日)02時38分56秒
VOL1の変な日本語にも笑ったがVOL2のパイメイ師父との修行シーンもかなりのツボでした。もっと見たかったよ。ユマも本当にきれいでした、惚れ惚れ!セリフが長すぎてだるい時もあったが、全体的にいい映画だったと思う。タランティーノワールドにすっかりはまってしまった彼はなんという個性的なフィルムメーカーなんだろう、これから一生ついていきます!
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 4月 25日(日)00時32分31秒
確かにVol1に比べるとまったく違う映画です。Vol1ははじけまくりましたが、Vol2はこれはこれで好きです。今回は、登場人物の心理描写が巧みで、ブライドの心情が 痛く伝わってきました。エモーショナルな演出が良かったです。いい映画でした。
★★★
From: カズ(NO MAIL) 4月 24日(土)23時34分47秒
Vol1に比べると物足りなさがありました、Vol2はタランティーノらしいキャラ設定、セリフが増えると聞いてましたが、正直カッコイイとも笑えるとも無い普通の感じでした、前作あっての今作かと思えば悪く無いけど単体の作品と考えるとややイマイチダリル ハンナ(メモ魔がなんかイイ)は良かったですがルーシーリュ−の方が良かったし、Vol1と比べると辛口になりそう。全体的にまったりしてるから、また見直したらもっと好きになるかも、早くDVDで通して見たい
★★★
From: ケイヤ(NO MAIL) 4月 24日(土)23時21分18秒
湿っぽい作品でした。劇場から出る時、「きれいに終わったな」と言っていた人がいたけど、私もそう思いました。主人公のタフさと戦いはさすがでしたが、その戦いのシーンがもっとあれば菜もっと良かったのでは。個人的にB,Bに癒されました。もっと滅茶苦茶やってくれるかと思ってましたが「上手くまとめたな」というのが正直な感想です。
★★★★
From: えめきん(NO MAIL) 4月 24日(土)19時39分30秒
久しぶりの書き込みです。気合入れていきます。前作のようなバカな映画を期待してたんですけど、元々一本の作品だったとは思えないほど見事に変貌してました。アクションを抑えて、ブライドの復讐という行為そのものにスポットをあてているため、全体的には刺激不足。しかしその分、前作よりもキャラの描写が深いのでこれはこれで良いです。個人的なお気に入りは数少ないアクションシーンのひとつ、エル・ドライバーとの戦い。金髪美人二人が凄い形相でボコり合う様は圧巻。心の中で「痛てぇ!!」と連呼してました。
★★★★
From: 欧州チャンピオン(NO MAIL) 4月 24日(土)18時14分53秒
かなり前作と雰囲気が違いますね。この映画なりに落ち着いたかんじです。タイトルそのまま、かつ副題そのままです。ビジュアル効果&アクションは物足りないですが、特にブライドとビルの心理描写がよく捉えられていて、味わいのある出来栄えになっていたと思います。いろんな謎や人間関係がよく理解できました。それから、ビルが金髪が好きな理由も分かりました。満足です。VOL.3も是非観たいです。