殺人の追憶

満 足 度
69.0%
回答者数25


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: よしを(NO MAIL) 5月 17日(月)00時47分15秒
公開前からかなり期待はしていました。実在した未解決事件を基に作られた稀に見ない題材を取り入れた作品ですから、結果は分かっていながらそれを如何様にして観客に見せる事が出来るのか?犯人が誰なのか当てたら終わり、といった単純なお話には出来ません。演出の出来がここ一番に問われます。まあ、そんなことを頭に踏まえて鑑賞しました。気になった点は刑事達の理不尽な捜査や尋問は本当にあったんだろうか?と思っていましたが当時の韓国での時代背景は昔の日本と被っている所があるようで、実際に日本でも数十年前まではそういった感じのずさんな面もあったようです。しかし後半はたまらなく犯人を捕まえたいといった気迫が強く伝わり、見つからない犯人に対する刑事達の葛藤にこちらも感情移入できるか否かで評価は分かれると思います。役者の演技がかなりよかったので個人的には事件の現場にいるような雰囲気で見れたモンでしたが・・・・。最後のシーンはとんでもなく後味が悪いですが、現在の犯罪や事件にも通じるような、猟奇性を持った人間など以外にも簡単に判断できない、等その他色々考えさせられました。期待は裏切られず、数日余韻に浸れるすばらしい映画でした。奇しくも両国で去年はやった映画が刑事物でしたが、比較については・・・・。
From: こたろう(NO MAIL) 5月 15日(土)07時36分26秒
胸糞悪い映画嫌悪感しか感じない警察の拷問シーンの連続に直視出来ず吐きそうになる犯人はつかまらない。だから何?見終わって怒りすら覚えた
★★★★★
From: しゃーらっく(NO MAIL) 5月 13日(木)01時46分35秒
実際に起こった連続殺人事件をモチーフに、ここまで面白いサスペンス映画を作り上げた監督の手腕に感服。謎を謎のままにする事で、謎に満ちた私達自身の現実を思い知らされました。お見事。
★★★★★
From: ジャンゴ(NO MAIL) 5月 5日(水)21時59分20秒
まず、最初にことわっておかなければならないのは、この映画が単純な犯人探しのミステリーではないということでしょう。下の方のようにラストの衝撃を味わわないで劇場を後にされた方は、ある意味可哀想ですね。犯人探しに明け暮れる地元のたたき上げの刑事と都会から来たエリート刑事が、いかにして事件に関わり、そして心の葛藤を強いられるかというところに、この映画の面白さがあったと思います。ラストへ向かって行くに従って理性をなくしていく刑事と理性を取り戻していく刑事のやりとりがユーモアやショッキングな映像を交えながら淡々と描かれていく、でありながらエンターテイメントしているところが素晴らしい。良くできた作品です。昨今の日本製刑事ドラマに見習っていただきたい秀作です。PS映画はラストまで観てから感想書きましょうね(笑)
From: tyottone(NO MAIL) 5月 3日(月)02時17分30秒
頭の部分ですこし寝てしまいました。で必死で起きてまた見たんだけど、陰毛がないのが犯人だとか、占いに頼るとか、馬鹿馬鹿しいと思われることが馬鹿馬鹿しいだけで終わってるところが痛い。(大してくすぐりにもなっていなけりゃ、犯人探しのキーに結びつくこともない。ただとるにたりない馬鹿馬鹿しさ)。で結局劇場に一時間ばかりいましたが、途中で出ちまいました。
★★★
From: アイシャ(NO MAIL) 5月 1日(土)14時41分57秒
面白い映画でした。この映画を面白くしている最大の要因は時代だと思います。現代を舞台にしたらこんな、ある種理不尽な恐怖は味わえないでしょうね。時代背景がどれくらい正確に描かれているのか、異国の事情はよくわかりませんが、たかが20年前とはいえ、韓国はまだソウルオリンピックの前で、まだまだ発展途上の状態だったと推察されます。日本に置き換えたら、昭和30〜40年代くらいの感覚でしょうか?私は、ストーリー以上に、そういう時代の暗さや可笑しさに、この映画の面白さを感じました。
★★★★★
From: ライチ茶(NO MAIL) 4月 29日(木)14時31分29秒
物凄く期待して観に行って、期待以上の大満足。ストーリーが重くてシリアスなのにユーモアもあって、そしてどうしようもない哀しみがあります。なのに立派なエンターテイメント作品です。そこが素晴らしい。トンネル、そしてラストシーンは人間のちっぽけで愚かな部分と逆らえない「流れ」を容赦なく突きつけてくるのに、美しいんです。前作「吠える犬は噛まない」も素晴らしいので、今後ポン・ジュノ監督にはとても期待してます。
★★★★★
From: マリオ(NO MAIL) 4月 23日(金)22時42分43秒
映画館の予告を見ておもしろそうだと思い見にいきました監督さんは、30台半ばで 本作は2作目だそうですね いやーすごい。時に、地元の刑事、都会の刑事、犯人の目線でお話がすすんでいき、粗野な地元の刑事と冷静知的な都会の刑事の心情が入れ替わっていくような錯覚に陥ります。土や草、雨のにおいが画面からしてきそうなリアル感もありますが、殺人現場の傘がすべて黒というような作られた美しさもあります。未解決の殺人事件をどう終わらせるのかと思っていましたが、お手並み鮮やかの一言につきます
★★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 4月 17日(土)16時28分45秒
 はじめまして、モノクロ職人と言います。予想を遙かに上回る展開に驚きました。「未解決事件」が題材になっているので、どーゆーオチをつけるのかドキドキしてました。 実に細かく人間描写がされていて、物語が進むにつれて刑事たちの焦りが自分のことのよーに思えてきました。反目していた刑事たちが徐々に協力するのに、お互いに影響されちゃうところも凄かった。事件を知らない少女の語り口がとっても自分的には印象に残っています。
★★★★
From: (NO MAIL) 4月 14日(水)23時04分37秒
やはり韓国映画は勢いがありますね。実際の未解決事件を重くなり過ぎずに、きちんと映画として見せるなんてすごいと思います。悲しいことだらけなのに、匂い立つほどの人間臭さのおかげで常に薄く光が差しているような、不思議な作品でした。雨、稲穂、土、森、工場、畑、学校、刑事部屋、青空。その場の空気や匂いがやけに生々しくて、自分が刑事たちと一緒に歩いているような気さえして、引き込まれました。80年代後半といういつのまにか昔になっていた感のある時代が、じわりとくる怖さを倍増させています。とにかく余韻が強すぎて、子供の時に観ていたらトラウマになっていそうな気がします。
★★★★★
From: ダグ(NO MAIL) 4月 12日(月)22時26分57秒
現実に起こった事件という事でとても重々しく、心に残るような作品で気がついたら僕はドキュメンタリーを鑑賞している気分でした。悪いことが立て続けに重なり、真犯人から遠ざかってしまう刑事の苛立たしさがひしひしと伝わってきて、最後は一緒になって熱くなっている自分がいました。韓国だけではなく、日本やその他の国でも同じような連続猟奇殺人は起こっている世の中だからこそどんな映画よりも僕は衝撃的でした。体調が悪くて途中少しだけ席を立ってしまったんですが、そのおかげでゲストで来ていたキム・サンギョンさんに握手してもらえてうれしかったです。
★★★★★
From: 桃太郎(NO MAIL) 4月 12日(月)17時52分52秒
重たい現実を垣間見た。韓国にはこの様な複雑な人格を持った出来事が数10年前から起こっているのか、と驚愕した。犯人が一向として見つからない事実、刑事たちの葛藤、猟奇事件は人々を震撼させ、それでも周囲には暖かい人間味が根底に流れ、それがよりリアリズムを助長させる。これは人生のドラマである。世界はなぜこんなにも不透明なのか。そんな不条理と共に人間のやるせない無力さがひしひしと伝わってくる。映像も審美性だけに凝らさず一寸のスキもない気迫を生み出すことに成功している。ポン・ジュノ監督は現代に通用するサスペンスの可能性を新たに開拓した。稀に見る大傑作だ。
★★
From: bac(NO MAIL) 4月 11日(日)02時14分20秒
犯人逮捕への執念と情熱と無念さがテーマになっていると聞いている。確かに、重厚な創りで、雨の滴る中這いずり回る男たちの姿、ラスト間際のやり取りには並々ならぬ迫力を感じる。しかし、あの刑事たちの無念さに共感できるかどうかというと疑問を持つ。足跡等の証拠を捏造し、被疑者に対する違法な暴行により自白を強要させ、霊能者を頼り、銭湯で見張り、学校の噂の調査等、犯人が捕まらないのはオマエらが無能だからじゃないのかと思えてくる。観る前は、この映画で犯人が捕まらなかった理由として、当時の社会へ断罪をするためかと思っていた。デモ鎮圧のため機動隊がこちらの事件には出動できない、夜間灯制のため犯人に好都合の状況を与えてしまった等の姿は描くものの、どうもさらりと描きすぎていて、そういう感じでもなく、観ている者に深く伝わりづらい。全体的に中途半端な印象を受けてしまった。これは実際に起きた事件を丁寧に描くことで、あれこれと詰め込みすぎたのではと感じる。霊能者に頼ったことも事実だし、被疑者が電車で轢かれたことも事実らしい。そういうネタになりそうなエピソードがあったことが逆に良くなかったのかもしれない。「犯人を見ればすぐに分かる」と言っていた刑事が「もう何も分からない…」と呟くシーンや冷静な都会的で科学や資料捜査が信条の刑事が徐々に変貌していったり、最後に科学的な捜査に裏切られることなどにこの事件の特異性、複雑な想いを感じることが出来たが。
★★
From: さば(NO MAIL) 4月 10日(土)15時55分40秒
正直…あまり楽しめませんでした。期待しすぎてしまったせいもありますが。ただ未解決事件なのにも関わらず終わり方はスッキリとしてくれていました。
★★★
From: S.K(NO MAIL) 4月 7日(水)10時43分22秒
この映画には二つの恐怖がある。犯人が捕まらない連続殺人の恐怖。そして、無実の人間を次から次へと犯人に仕立て上げる警察権力の恐怖。この二つの恐怖を洗練された手法ではなく、泥臭く描こうとしている。内容はかなり陰惨ではあるのだが、ナンセンス感覚が緩衝材にはなっている。ただ、展開にはやや強引な面もあり、若さで突っ走っている感がある。二つの恐怖のどちらに重点を置くか、明確ではないために、焦点がぼけてしまっている。まして、刑事の必死さと警察権力の横暴を一緒にしてしまっては多くの共感は得にくいだろう。ここがこの監督の若さといってもいい。
★★★
From: さっしー(NO MAIL) 4月 5日(月)23時13分26秒
変な味わいがある作品で、後半部の焼肉屋での喧嘩のシーンのくだりは面白かった。ただ総体的にはシニカルなドタバタが繰り返されるばかりですっきりしないところはある。サスペンスものとして考えると、たとえば赤い服の話はどうなったんだとか、合点が行かないところも多い。いかに諷刺する意図の作品とはいえ。キム・サンギョンが「気まぐれな唇」とまるで違う感じでした。作品によって随分、印象が変わるものですね。
★★★★★
From: ぴかりん(NO MAIL) 4月 5日(月)13時32分33秒
未解決事件だから後味悪いかなと思ってたのですが、全くそんなことはありませんでした。とても完成度の高い映画ですね。感心しちゃいました。時代背景もよくわかるし、緊張感が最後まで続くのだけど、所々にユーモアも加えて疲れませんでした。
★★★★
From: 高洋(NO MAIL) 4月 2日(金)01時09分58秒
警察の取り調べが暴力と脅しだけで解決できた時代。これって、この数十年の日本の学校のようだ。体罰と管理だけで成り立っていたのが崩れだすと立て直しが効かない。生徒に優しくなると逆手に取られ、陰湿ないじめが広がった。ソウルから来た刑事は、暴力反対の現代的な捜査だが、この殺人犯に対しての怒りのぶつけようは、切れる。子供の顔、容疑者の顔、押しの強いソン・ガンホの顔と印象が強い。
★★★★
From: あじ(NO MAIL) 4月 1日(木)05時09分37秒
時代描写がうまく表現されていた。また何が言いたいかが分かりやすく全体的にバランス良い映画です。日本映画も見習って欲しいです。
★★★★
From: mac(NO MAIL) 3月 30日(火)23時45分08秒
韓国映画初めて観たけど上手い上に面白い恐らく韓国人なら誰でも知ってる結末だろうに脚本と構成でグイグイ見せられたんだろうなと納得映画好きなら問題無く楽しめると思う
★★★★★
From: ひろし(NO MAIL) 3月 30日(火)22時54分31秒
文句なく面白かった。ユーモアも交え、目が離せなかった。お勧め作品の一つ。
★★★★
From: 武士美(NO MAIL) 3月 30日(火)01時21分03秒
これはおもしろい。刑事の捜査スタイルを通じて、その時代その土地の空気が匂い立ってきた。犯罪ミステリの枠に留まらないドラマ性と、随所に施されたユーモア、かつ緊張感を途切れさせない構成の妙にはうならされた。『ミスティック・リバー』が洗練なら、この映画は荒削りの魅力に満ちている。ミステリ好きならぜひ見るべし。
From: @4区(NO MAIL) 3月 28日(日)14時50分17秒
評判の高さに反して、全く面白くなかったです。理性と感情の相克がウリだと思うのですが、イマイチ心に響かなかった。未解決の事件というのも心にすっきり感がないし。要するに、私には合わない映画だったということでしょう。
★★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 3月 27日(土)23時59分01秒
ゾクゾクするほど面白かった!(それに怖かった!)しばらく、夜一人で歩くのが怖くなりそうです。。
★★★★
From: C・I(NO MAIL) 3月 26日(金)15時34分19秒
恵比寿さんと佐藤浩市かと見間違うようなポスター。私はアジア系の映画はとても苦手なんですが、今回は面白く観ました。脚本がしっかりしているのと、やはり俳優さんが上手だなと感じました。80年代にしてはものすごくプアなお家とかトイレとかビジュアルが受け付けにくいんですが映画として面白いし、ひきつけられました。