真珠の耳飾りの少女

満 足 度
71.7%
回答者数15


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★
From: 新テリー(NO MAIL) 5月 17日(月)15時18分33秒
ネタばれ?ラストの絵のアップから段々引いていく所で、なぜか涙が自然に出てきて、暫く止まりませんでした。映画では無く絵に感動したのだろうか?
★★★
From: もも(NO MAIL) 5月 14日(金)14時08分09秒
凄くよかったです。フェルメールは個人的に好きな画家なので。作品に秘められた物語が明かされるという、構成がミステリアスで世界にどっぷり浸れました。
★★★★
From: S.だるま(NO MAIL) 5月 11日(火)23時00分18秒
フェルメールの絵が好きです。全く奇をてらったところのない、一見地味な画風。けれどその世界は優しさに満ちた透明な光が溢れていて、静かでありながら生き生きしていて…ゲージュツらしい尖がったところはなくても充分すぎるほどに個性的です。こんな絵は他の誰にも描けないでしょう。そのフェルメールが映画の中でどのように描かれているのか、謎の多い画家であるだけにとても楽しみでした。演じるはコリン・ファース。『ブリジット・ジョーンズの日記』では色男ぶりでヒュ―・グラントにかなり水をあけられる役回りでしたが、その中にあっても例えばキス・シーンの前たゆたいの一瞬の横顔がとてもセクシーだったりしたので、全篇まさにたゆたいの連続ともいえるこの作品で、どんな表情を見せてくれるかとかなり期待していました。が、この点に関してはちょっと期待はずれの感あり。ただこれは俳優のせいというよりは、フェルメールの人物像がイマイチはっきり描けていなかったせいのように思います。謎の人物を謎のままにしておきたかったのかもしれませんが、ほぼフェルメールとグリートとの関係だけで引っ張らなければならない内容なのですから、製作者の解釈としてのフェルメール像はくっきりさせておいてもらわないと。一方で歴史的には架空の人物であるグリートは、スカーレット・ヨハンソンの名演で見事に命を得て、実に存在感のある魅力的な少女となりました。あの若さで、全篇に漂うあの緊張感に耐えうるというのはすごい。これからが楽しみな女優だと思います。こちらの期待が大きかっただけに気分的には★3.5ぐらいなのですが、ヨハンソンの今後への期待と、フェルメールの絵の世界をそのまま立体にしたかのような映像の美しさとで★4にしました。
★★
From: enmma(NO MAIL) 5月 9日(日)18時19分30秒
映像美が印象的で、映画館を出た直後は大満足だったのですが、時間が経つほど駄作に思えてきました。今後、繰り返し見るたびに評価が低くなりそうな予感がします。(以下ネタバレ)確かに無駄な台詞は少ないのですが、野菜の並べ方でグリートの美的感覚を表すとか、傑作を前に初めて動揺を見せる次女のシーンなど、やたら説明的、直接的で稚拙だな〜という気がしました。そういうシーンが多いせいで、ピアッシングの暗喩なども妙にあざとく思えてしまった。異論はあるでしょうが『ピアノ・レッスン』あたりは密室の緊張感や芸術に昇華する欲望、女性ならではのドロドロした生理など、言葉に表せないものをもっとうまく映像にしていたように思います。フェルメール役もハーヴェイ・カイテルばりのフェロモン男に演じてほしかったですね〜。コリン・ファースではS・ヨハンセンの色気に太刀打ちできない…。他の監督と脚本だったら、もっと素晴らしい作品になっていたかも?と思えてしまうのがマイナス点です。
★★★★★
From: たいぞう(NO MAIL) 5月 8日(土)23時23分36秒
映像美に感激した。まるで絵から映像が飛び出したようにも思えた。光の使い方もすごくいい。随所にあるカメラワークが楽しい。また、全ての役柄にそれぞれ味があった。謎の多いとされているフェルメールの当時の様子が、まるで見てきたかのように感じれた。心情に関しては説明不足の感もあるが、逆に色々想像が膨らんで、フェルメールの神秘性が保たれていいとか思ったんですが、どうでしょう?
★★★
From: まち(NO MAIL) 5月 7日(金)12時56分53秒
感想は武士美さん、ノーマ・ジーンさんとほぼ同じ…脚本のせいかフェルメールが偉大な芸術家には見えず、女性陣も良い役者を生かしきれてない。ベタな演出が鼻につくし、特に決め台詞はセンス無さすぎ。架空の絵や画家が題材では全く成り立たない、「青いターバンの少女」とフェルメール人気に頼りっ切りの駄作であった。しかし観るなら映画館で!
★★★★
From: とも(NO MAIL) 5月 7日(金)11時23分24秒
スカーレット・ヨハンセンの演技が素晴らしかった。特にカメラを覗くシーンが好きです。フェルメールについて全く知識がないので、ひとつの映画として観ましたが、女の性を描いた作品としては秀作だと思います。
★★★★★
From: ぴかりん(NO MAIL) 5月 6日(木)12時48分07秒
映像も良かったし、S・ヨハンソンの演技も素晴らしかったです。特に2人は目が離せませんでした。1枚の絵からこんな風なストーリーが作られたのは素敵だと思いました。
★★★★
From: ノーマ・ジーン(NO MAIL) 5月 5日(水)20時15分01秒
銀座の劇場で見ましたが大混雑!ギリギリで行った回はもう立見だったので時間を潰し1時間前に着いた時には既に行列。一人で行ったのでいい所に座れましたが、こんなにヒットしてるとは驚きです。さて、マイナス面は武士美様にほぼ同感。敗因は、やはりフェルメールのキャラの薄さとコリンファースの色気不足でしょうか。コリン・ファースは決して下手な役者だとは思いませんが彼には主役はちょっと無理なのかもしません。彼のクリードに対する複雑な情愛が伝わってこないので、むしろ「使用人にこんなに執着するものなの?」と思いました。例のパトロンにしてもそうだし。それにクリードに何かと意地悪していた娘の嫉妬心がうまく絡めば、もっとドロドロとした「愛憎」が増し、彼の作品に興味が持てたと思います。 それにしても、スカーレット・ヨハンセンは上手ですね!あの頭巾姿がぷっくり唇を強調していてとても色っぽかったです。 私は劇場で観たほうがいい作品だと思います。
★★★★
From: 高洋(NO MAIL) 5月 4日(火)00時05分37秒
あの名画の中の少女以上に魅力的なスカーレット・ヨハンセンにまいる。当時の生活の一面が見られること、頭巾の効果的な美しさに驚く。
From: 武士美(NO MAIL) 4月 28日(水)07時38分48秒
これは期待はずれの凡作でした。このモチーフでエモーションが感じられないのは致命的です。画家とモデル、使用人と女中という危うい関係性が、芸術家の創作意欲にどう影響したかというあたりを見たかったのですが、登場人物の感情はまるで伝わってこず、スクリーンに描き出されるすべてが死んでいます。音楽は下品、台詞は陳腐で、ならばいっそ下世話なメロドラマにしてくれたほうがまだましだったかもしれません。シーンのつなぎもうまくなく、サブプロットも生かせていない。現存する絵画から着想したのに、そこから想像の翼を広げ、過去に生きた人間の営みを描き出すという、ぞくぞくするようなフィクションの醍醐味がないのもお寒い限りです。ドラマがない、演出や演技に見るところもない、もちろんフェルメールの作品への理解が深まるわけでもない、無論、創作過程の描写もおざなりで、なんでこの作品が連日客を集めているのかという謎だけが残りました。
★★★★★
From: ルコラ(NO MAIL) 4月 24日(土)06時50分33秒
映画館で観て良かったなと思える作品。実に無駄なく無理なく満足と充実感が得られた。ヤン、妻、その母親どれも良かった。グリートも勿論良かったが、個人的に息づかいの声が大きく入りすぎなのが多少気になったのと、本物の絵の中の表情が観たかったかなと思うのですが、彼女のセリフをいかすため、わざとあのセリフにあった表情がなかったのか今思いを巡らせているところです。
★★★★★
From: bac(NO MAIL) 4月 19日(月)01時19分41秒
まるで絵画を見ているような錯覚に陥るような映像にはただただ驚くばかり。ストーリーにはそれほど驚くような展開はないが、「視線」や「動作」や「手と手の距離」などで登場人物の感情をこちらで読まなくてはならない。絵画鑑賞は色々と想像を巡らすのが楽しい鑑賞方法だが、本作も絵画のように色々と想像を巡らせるような創りになっているのが嬉しい。フェルメールは謎の画家でよく分かってないらしいので、あまりイメージを押し付けたくなかったのかもしれない。グリートの「心まで描くの」と妻の「なぜ私じゃだめなの」この二つのセリフが心に響く。グリートの心の意味を考えると、かなり切ない。
★★★★★
From: しまねこ(NO MAIL) 4月 18日(日)02時28分29秒
【ネタばれあります】 映画全体にフェルメールの絵画の雰囲気が、そのまま漂っていて、うっとりしました。匂いまで嗅げそうな映像は今までにない映像体験だったように思います。 スカーレット・ヨハンソン、コリン・ファース 2人の演技も良かったです。2人のまなざしに心が締め付けられました。最後までプラトニックな関係だったのも良かったです。 フェルメールってどんな人物だったのでしょうか?謎が多い分よくここまで映像に出来たなぁ〜と感心します。それにしてもこの映画を観た事によって、私の中ではフェルメール=コリン・ファースになってしまいました。 残念に思う事は、この映画を観てから、『青いターバンの少女』を鑑賞したかった事です。もう観る機会はないだろうと思うからです・・・。今度は神戸に来日するみたいですが(違う絵ですが)・・・また常識ないような人の列に並ばなくては観れないのかと思うと、気分が良くないです。それだけ人気があるんでしょうけど・・・この人気はパトロンがいなければ食べて生けなかったフェルメールも、きっと、びっくりでしょうね!評価は★4.5です。
★★★★
From: たみ(NO MAIL) 4月 14日(水)23時49分14秒
映像の美しさに見とれました。照明の当て方とかまるで絵画のようです。ただフェルメールのキャラがやや薄かった気がするので★四つ