シルミド SILMIDO

満 足 度
75.0%
回答者数35


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★
From: シイタケ(NO MAIL) 7月 4日(日)01時34分39秒
ほぼ、期待通り。全く退屈しませんでした。アクションの苦手な連れも「納得できる」と言ってたし。しかし、巻き込まれた民間人にとってはただの暴力集団だろうな…。それが残念。
★★★
From: オネ(NO MAIL) 7月 2日(金)23時02分06秒
期待が大き過ぎた。途中ちょっと長いと感じる場面もあり。。。ま、こんなものなのかな、、、というのが正直な感想。さて、ブラザーフッドは如何に?
From: ふくちゃん(MAIL) 7月 2日(金)01時32分49秒
俺は死刑囚に感情移入できるような立派な人間じゃないんで。民間人をレイプするような連中に流す涙は無い。
★★★★★
From: とみこ(NO MAIL) 7月 1日(木)00時33分34秒
よく分からない部分とかありましたが、映画全体の統一感というか、よくまとまっていて、出演している俳優も、よい味だしてました。映画を見てるというより、ドキュメンタリーを見ているようなリアル感が凄かったし、アン・ソンギ、かっこ良かった、渋い!
★★★★
From: にっせ(NO MAIL) 6月 30日(水)16時01分58秒
胸のつまる切ない作品でした。韓国映画はここ最近めっきり面白く感じるようになりまして、好きなのですが、朝鮮戦争を描いた作品は見た後、ものすごくどーんと重くなります・・・。悲惨だ。戦争・・・。人間、戦争でどこまでも修羅・畜生に落ちてゆくのですね。そういう意味では、ブラザーフッドよりもシルミドの方が、戦争(または冷戦)下での人間の愚かさと人間くささ(あたたかいヒューマンな部分)の両面を描くその幅が広くて、やるせなさとかがいっそう引き立って感情移入できました。本当は比べるものでもないけど。
★★★★★
From: トモ(NO MAIL) 6月 30日(水)12時04分54秒
とにかくテンポがイイ!最近のスターの為に作られた韓国映画に比べると、シャープで無駄なく作られていたと思います。ニキータや、ロッキン〜同様、無駄な演出のない佳作。
★★★★
From: リオン(NO MAIL) 6月 29日(火)01時39分04秒
↓ケミョン様自分の出した疑問点に自分で答えるのも何なのですが、冒頭の銃撃→処刑シーンは、1968年1月に北朝鮮の特殊部隊が韓国大統領暗殺を目的にソウルに侵入した「青瓦台襲撃事件」を描いてるみたいです。これに肝を冷やした韓国側が、「目には目を」で金日成の首を狙って結成したのが、主人公たち684部隊(68年4月結成)。映画鑑賞時は売り切れてて買えなかったパンフレットを入手して、ようやく判明しました。
★★★★★
From: ケミョン(NO MAIL) 6月 28日(月)15時54分27秒
北と南ではなくて、国家と個人の対立であったことが見る者を感情移入させたのだと思います。韓国映画の役者はみんな素晴らしいですね。なんであんなに自然なんだろう。日本であれを映画化すると、どうなるでしょうね。お約束なところで、竹中直人、山本太郎、椎名桔平あたりが出てくるのかな・・・殺気が足りないなぁ。ドラマの新撰組!を見ていても、なんか役者が現代ののほほんとした佇まいで、いまいちリアリティに欠けます。韓国のあっついエネルギーを感じた作品でした。あの韓国の熱をあびたい!!!下の書き込みにもあったのですが、冒頭の処刑のシーンがなんだったのか意味がわかりませんでした。「バスは爆破したんじゃなかったっけ???」と思っていたのですが、調べてみると、爆破の際、実際に生存者がいたようです。その後処刑されたとは・・・むごい話だ。
★★★★
From: kumago(NO MAIL) 6月 28日(月)09時02分02秒
体育会系の臭さがプンプン。文化系で女性(当たり前か)の奥さんにはあまり受けませんでした。設定がうまく、いくつもの葛藤が描かれていました。特に、シルミ島で殺しあわなければならない教育担当との銃撃戦は「ここまで・・(絶句)」というほどの葛藤でしょう。国家(全体利益)と個人の感情との相容れない現実が、設定として効果的にいくつもの効果的で重層な葛藤を作り出せたのだと思います。
★★★★★
From: hiko(NO MAIL) 6月 28日(月)00時17分37秒
「ブラザーフッド」も良かったけれどこっちのほうがもっと良かった。切なすぎ、痛すぎ。。過去に実際にあった話かと思うと余計泣けました。史実とどこがどう違うのかはわかりませんが。
★★★★
From: @4区(NO MAIL) 6月 27日(日)12時00分19秒
東映任侠モノ。受け付けない人は受け付けないだろうなぁ。よくできた悲しいお話でした。作品に力があるのでグイグイと最後まで引き付けられました。
★★★★
From: リオン(NO MAIL) 6月 27日(日)02時34分53秒
正直、ここまでアツく作り込まれると「かなりフィクション入ってるんだろうな」というのは容易に想像されます。ケレン味は強いし、洗練されてもいないですが、日本映画には無い韓国映画のパワーは充分に堪能できます。↓ココさんと同じく、飴のシーンで泣きました。唯一分からなかったのは、冒頭の銃撃シーンがラストのソウル襲撃に連なるのかと思って観ていたのですが、どうも違うみたいで分からなくなりました(冒頭のほうは捕まってるけど、ラストのほうは自爆してるし)。最初のシーンは一体何?
★★★★★
From: ココ(NO MAIL) 6月 26日(土)21時34分15秒
チェ2曹が飴を落としてしまうシーン、ぐっときます
★★★
From: こてっちゃん(NO MAIL) 6月 25日(金)01時33分27秒
評価が”まあまあ”なのは、いい役者が揃えてたから作品全体から視ての評価がそこまで到達出来たのであって、残念だけど、この実尾島事件の詳しく書かれた本を読むとなお一層”祖国に裏切られた”痛みや”哀”しみが本作品からは(悲しさは伝わっても)感じられなかった。原因は、板門店の存在やまだまだ徴兵制が敷かれてる位の"韓国のお国事情"によっての、映画を創る際に障害がいろいろおありの様で多分それもあって群像ドラマ的無難仕立てにしてあるように思われるが、無難にもっていこう、残酷さを減らしていこうとする制作サイドの姿勢が、逆に感動を減らしてるのではないかと思う。その証拠に監督が朝鮮日報でのインタヴューで「とにかくお客を泣かせたかった!」とおっしゃってた。 それにしたって、同様な御意見の方もいらっしゃったがメリハリがない、人ドラ中心展開でも例えば『JSA』の様な人の交わりの中からでも緊迫感を伝える素材があるのに… いろんな障害を乗り越えられ、映画をつかって事件を表舞台に持って来て下さった事には称えないといけないが、”事実を基にした物語”として世に送りだしてるであれば、”泣かしたかった”だけでは、クレジットに書かれた事件の犠牲になった方々への追悼文がとって付けた様に感じられる。実尾島部隊、実際は死刑囚ではなく前科有りや歌手やサーカス団員や理髪師などの一般人で構成されてます。(遺族達が”元死刑囚として描かれてる”ということで上映やソフト販売の差止め要求を起こしています)  工作員がなぜ一般人が起用されてるのかは、1953年に板門店で設立された朝鮮休戦協定において、軍を利用して”お互いの”国を脅かす行為を行わないように!、と定められてるからです。映画を御覧になった方、出来ればこの事件は”その後日話”もあるので、『実尾島の真実』(城島康伸・東京新聞元・ソウル支局長著)『実尾島・元小隊長:キム・バンイルの証言』(ファン・サンギュ著)も読んで頂きたいです。
★★★★★
From: マイマイ(NO MAIL) 6月 23日(水)22時46分43秒
シルミドについてほとんど知識がないまま映画を観たのですが、最初から最後まで目が離せない展開でした。男同士の熱い友情も見どころがあったと思います。彼らは元々は死刑囚ですが、目的が変更になったからといって簡単に殺害を命じてしまう政府は恐ろしい・・!
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 6月 20日(日)20時41分02秒
濃いな〜。70年代の日本映画を見ているかのようでした。映画は、深作欣二かはたまた「明日に向かって撃て」か、絶望の中、皆殺し。殺られる前に殺れ! 現実ベースなのに映画的展開が快感です。しかし現実はムチャクチャですね。金日成暗殺を謀るなら、特殊部隊はなんで正規の軍人使わないのでしょう?さっぱりわかりません。実際に使い捨てにするつもりで死刑囚を特殊部隊にするなんて、まさしくマンガ。こんな少年ジャンプみたいな現実があったことにびっくりです。そりゃあ、死刑囚で使い捨て暗殺部隊作れば「野蛮な国」と国際社会から思われるのは当然です。しかし臭いものにフタという政府のやり口を、よくここまでエンタメにしたなーというのはすごいです、脱帽です。日本でも、拉致問題映画化してほしい。今「アクション」で漫画化まで行って、海外の映画作家にドキュメンタリーとして取り上げられていますが、何十年後でも日本の映画人にはやってほしい。
★★★
From: ライチ茶(NO MAIL) 6月 20日(日)19時18分05秒
微妙〜です。すごくいい肉を焼きすぎたような感じです。この内容を映画にしたというのは評価できるんですけど、演出や脚本がイマイチです。すべてに力入りすぎ、テンション高すぎでバランスが悪い。メリハリがない。なので、映画としては☆3つ。こんなすばらしいネタなのに・・・違う人が監督した方が良かったんじゃないでしょうか。非常に惜しい。
★★★★
From: kk(NO MAIL) 6月 20日(日)17時09分27秒
歴史を知らないので、どこが事実でどこがフィクションかわからずに見れて、かえってよかったです。684部隊の指導兵、訓練兵どちらにも(もちろん自殺するリーダーにも)のめりこむことができました。しかし、あまりに知らな過ぎて理解できなかったのが、軍歌みたいなやつ。あれは北朝鮮の歌なんですか?すごく重要なポイントで歌われているのに解からない自分が情けなかった・・・。ストーリーのよさに結構感動しました。
★★★★
From: ume(NO MAIL) 6月 19日(土)16時12分36秒
普通に楽しめた。演技よりも役者さんの鍛え上げられた体にびびった。徴兵制度のある国はリアルさが違う。映画の後で684部隊のことを調べてみると、映画の中には疑問点がいくつもあることに気がつく。史実を知らない方が純粋に映画を楽しめると思う。JSAといいシルミドといい、同じ民族同士で戦う朝鮮半島の歴史は過酷だ。個人的にはシルミドよりJSAが好きだな。
★★★★★
From: MASA(NO MAIL) 6月 19日(土)00時37分32秒
くやしいけど、めちゃくちゃ面白かった。くやしいけど、男優の顔がとても良かった。主人公もよかったけど、教官の「マンセー」は、何とも言えない味であった。こういう雰囲気出せる役者が今の日本にいるだろうか...?くやしいけど。
★★★★
From: ウッチィ(NO MAIL) 6月 18日(金)17時55分27秒
すごく面白かったんだけど、キャラ立ちが悪かった。もっと個性とか描写してくれたら、完璧やったのに。
★★★
From: シルミト(NO MAIL) 6月 17日(木)13時46分05秒
ここでの評価が高かったので、観てきました。素直な感想は、普通です。私にとって、一番のめりこめなかった理由の一つとして、チョン・ジェヨンの演技です。軽々しくて、もうちょっと重みのある表情ができる人をキャスティングして欲しかったです。アン・ソンギやソル・ギョングの演技が素晴らしかった為、余計に「なんなんだこいつ」って思っちゃいました。684部隊の存在を知ることができたのは衝撃的でしたけど、ラストはありがちな内容になってしまっていて、フィクションで終わるのはどうかなぁ〜と思ってしまいました。シルミドで処刑される方が、重みのある映画になったような気がします。
★★★
From: ONO(NO MAIL) 6月 16日(水)21時10分44秒
684部隊の存在は史実ですがソウルに攻め込んだというのはフィクションですよね?シルミドで上官と訓練生が戦闘したことまでは史実なのでしょうか?ドキュメント映画としてもっとそのように徹底して作ったらよかったかもしれません。最後のシーンはかなり昔の映画ですがクリント・イーストウッドの「ガントレット」にそっくりですね。 
★★★★★
From: ダグ(NO MAIL) 6月 16日(水)00時31分10秒
期待通りのすばらしさ!!最近の韓国映画は良質なものが多いけどラブストーリーが多かったのでこーいう男臭い熱い映画を待ってましたって感じです。後半のアンソンギさんにはもう参りました。去年の「黒水仙」でもすげぇ俳優だと思いましたが今回も最高です。後半はせつなすぎて泣きまくりでした。僕はリアルな訓練シーンも良かったですが、やっぱり後半の話が動きだすところからが好きです。訓練シーンはふと「フルメタルジャケット」を思い出しちゃいました。生と死という極限状態の人間が肩透かしを食らった時の様子が画面の中からひしひしと伝わってきました。これはスゴイパワーの溢れる作品です。好みは分かれると思いますが、エンターテイメントを好む人でもこの作品なら受け入れられると思いますね。戦争ものが好きな人なら絶対観た方がいいです。
★★
From: トトマルチョ(NO MAIL) 6月 15日(火)07時27分31秒
うーん、評判が良くて昨夜、見に行きましたが、期待しすぎたのか、正直、物足りない。映像も凄いといえば凄いが、それだけだし。物語も話としては知っているので、オチが見えてたし、やっぱ実際にあった話を映画にするのは難しいものだと感じた。
★★★★★
From: butty(NO MAIL) 6月 14日(月)01時02分37秒
最後まで楽しめました。演技も素晴らしいし、銃一発撃つのにもリアルで作り物っぽくなかった。予告編がラストを容易に想像させなかったところもよかったと思う。最高の集団を作るには、やはり目標が必要だと思った。
★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 6月 13日(日)18時39分20秒
 「金日成暗殺」という目的のために若者たちに過酷な訓練を強い、そして不要となったら切り捨ててしまう・・・そんな国家の冷酷性を目の当たりにした気分です。これは北朝鮮との緊張が続く韓国という、特殊な状況下での出来事ではあるけれど、どこの国でも多かれ少なかれこのようなことはあるのではないでしょうか。 あらためて”国家”ってなんぞや?と考えさせられた次第です。 それにしても、まさに特殊部隊の隊員!と思わせる、俳優さんたちの筋肉。出演俳優さんたちの役作りのすごさに恐れ入ってしまいました。。
★★★★★
From: けろよん(NO MAIL) 6月 9日(水)01時03分04秒
韓国映画はパワーがありますね。今までの戦争映画の中でもベスト10には入ると思う。
★★★
From: スターマン(NO MAIL) 6月 8日(火)23時10分15秒
つまらなくは無かったんですが、期待したほどでは無かったです、訓練のシーンと部隊がまとまっていく過程にもう少し時間をかけていれば後半もっと良くなったと思うんですが、アン・ソンギの演技良かったです。
★★★★
From: リッキー(NO MAIL) 6月 8日(火)22時05分30秒
女性限定の試写会でいつになく真摯な態度の宣伝マンが「こういった映画は女性の人は敬遠するけどこういう映画こそ観て欲しい」とおしゃってて実際見たら軍隊物は苦手な私でも良いと思いました.国の裏切りとかよりもその前の仲間の信頼感とか教官との心のつながりなどのくだりに重きを置かれてたのが良かったのかも.後半に差し掛かった頃から後の席の女性(どうやら在日の人と思われる)が声を上げて泣きじゃくっていてそっちが気になって仕方なかったけど自分も同じ民族だったらそうだろうな、、と思った.日本人は1200万人泣かないと思うけど単純なお涙頂戴でもなかったので良い映画だと思う.テレビで主役が教官の隊長みたいな人になってたけど違いますよね…
★★★★
From: うに(NO MAIL) 6月 7日(月)22時59分49秒
ソル・ギョングが……『オアシス』とえらい違ってみえたのでビックリしました。役者だ。(ドラマ『聖徳太子』の人だとやっと気づいた)泣ける、とかではないんだけど「おーっ」と思いながら、観ました。いい意味で男くさい映画です。
★★★★
From: 高洋(NO MAIL) 6月 7日(月)22時17分57秒
同じ目標に向かって血みどろの生活を共に送った集団って、めったに出来ない。貴重品だ。目標というたががはずれれば、自滅する。命令は絶対だと言われても、それ以上のものがあるから劇的になる。国家や官僚、上司というのも真実を知らされずに崇めているうちが華。弄ばれたり、裏切られたりは人の世の常。ずっとそのまんまだけど。
★★★★
From: U(NO MAIL) 6月 6日(日)23時10分09秒
事前に聞いていた内容と全くそのままだったので個人的には新しくはなかった。しかしパワーがすごい映画ですわ。太白山脈みたいに政治色いっぱいで苦しくはないです。僕はまだ日本公開されてないけどオールドボーイのほうが好きです。
★★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 6月 6日(日)22時09分41秒
今まで韓国軍内の反乱を扱った映画としては国軍創設期の1948年に起こった麗水・順天事件を取り上げた「太白山脈」を見たことがあるのみで實尾島事件は全く存在すら知らなかった。映画自体の出来映えはなかなか骨太な映画で良かったと思う。それにしても戦後の韓国は軍内の反乱や北からの侵攻、学生の激しいデモ等、我国と異なり厳しい時代を経てきているのだなと痛感した。個人的には最後あの部隊をベトナムに派遣しちゃえば大活躍したんじゃないかなぁなどと不謹慎な考えがよぎってしまいます。
★★★★★
From: まゆみ(NO MAIL) 6月 6日(日)21時47分36秒
人間の弱さ、強さがずっしり詰まった映画だった。涙がどんどん溢れてきた。私の中の『良い映画ベスト3』に入る素晴らしい作品!!