スカイキャプテン
ワールド・オブ・トゥモロー

満 足 度
45.8%
回答者数30


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★
From: まりりん(NO MAIL) 12月 31日(金)18時08分51秒
おもしろかった。主人公がかっっこよかった。
From: ハラノワタガ(NO MAIL) 12月 22日(水)17時37分38秒
映画人として技術的には可能でもやってはいけないこともあります。それは堅苦しく言えば倫理とも言えますが、簡単に言ってしまえば最低のルールですな。事もあろうにサーローレンスオリビエのしかも「嵐が丘」を使ってしまうあたり、身震いするほど腹が立ってしまいました。(そんな展開と知らなかっただけにショック大)
★★
From: しん(NO MAIL) 12月 15日(水)01時25分03秒
う〜ん。僕としては、脚本・演出・キャラクター、すべてにおいて「惜しい」という言葉がシックリくる映画でした。レトロチックなSF感にあふれた映像に、最初はインパクトを受けはしたものの、それ以上それ以下のものではありませんでしたし、ストーリーについても物語の背景が分かりづらく、それゆえかどの登場人物にも感情移入できませんでした。ただし世界観は、子供の頃に読んだ冒険物語のイメージに近いので、子供時代は冒険小説が大好きだった、という人、特に男性ならある程度は楽しめるかも、というところでしょうか。この映画のこと、事前にもう少し詳しく知っていたら、印象は変わったのかなぁ。<ここからは愚痴&ネタばれあり>この作品を見終わったあと、この監督は何を観せたかったのだろう、という疑問符が山のように出てきた映画でした。冒険活劇というには、全体的に緊迫感が薄かった気がするし、オチもいま一つだったような…(ベタですけど、まだデックスが敵の首領だった方が良かった)。まぁ、観る側がいろいろと視点を変えれば楽しめるのかもしれませんが、仮にそうだとして、観る側が努力しなければ楽しめない映画って、正直あんまり観たくないです、はい。
★★★
From: 機械野郎(NO MAIL) 12月 9日(木)19時17分33秒
世界観は好きだが・・・・期待していた飛行機のシーンが、いまいち面白くないせめて凄腕の敵戦闘機乗りでもいれば・・・・ラストに飛行機乗りが、飛行機で決着をつけない点や寒いギャグ、グウィネス・パルトロウの変な演技、敵のバックボーンが曖昧(言葉で語られるだけ)等々駄目なシーンが多い中、アンジェリーナ・ジョリーだけが格好良かったよってアンジェリーナ・ジョリーに★★★
From: 納得(NO MAIL) 12月 9日(木)08時39分57秒
アメリカでコケた理由がよく分かる出来でした。CG以外見るとこがない映画の見本。
★★
From: まこ(NO MAIL) 12月 8日(水)22時27分41秒
えーと、目が疲れました(笑)『アップル・シード』を見た時にもかなり目が疲れたけれど、その時と同じ疲れ方。CGばっかりだとこうなるのか?まあ、それはさておき、レトロチックな映像は可としても、いかんせんストーリーが(-_-;)ジュード・ロウもアンジェリーナ・ジョリーもいい味だしてたのに、冒険活劇と言い切れない(主役側の活躍があまりに地味だ)ストーリーが辛かった。グウィネス・パルトロウは、美味しいキャラのはずなのに、あんまり魅力がないのが残念だった。・・・実は、映画の最中眠くて仕方がなかった。
★★★★
From: リオン(NO MAIL) 12月 7日(火)00時03分44秒
「メトロポリス」的大紐育に飛来する、手塚治虫と宮崎駿を足して2で割ったようなロボット兵。序盤のレトロフューチャー感は期待していたものでしたが、物語がネパールに移るにつれて「インディ・ジョーンズ」っぽくなり、ラストは「帝国の逆襲」か「ルパンvs.複製人間」。個人的には全編レトロフューチャーで通して欲しかったけど、後半も「サンダーバード」や「ロストワールド」や「Dr.モローの島」なんかを連想させる部分もあり、コテコテだけど楽しかったかも。アイパッチ+軍服のデザインが素晴らしいアンジェリーナ・ジョリーの出番が少なすぎるのは残念ですが、ウィットの効いたジュード・ロウとグウィネス・パルトロウの会話は楽しめました。一本調子で平坦ななストーリーなので、見終わった直後の感想は☆3つでしたが、時間が経つとこみ上げてくる面白さがあるので☆4つ。個人的には輪っかがポワポワ飛ぶ光線銃だけで☆5つ(笑)確かに話はぬるいのですが、観客の予想をいかに裏切るかのみに心血を注いだ脚本が多い中、これだけ定番路線のストーリーもたまにはいいものです。
★★★★★
From: 観月郁(NO MAIL) 12月 6日(月)23時10分34秒
結構評価は厳しいですね。何にも考えずに2時間過ごすにはすごくいい作品だと思います。確かにベタなところもいっぱいありますが、個人的にはすごく好きな作品なのでサービスもかねて星5つとしました。
★★★★
From: 烏賊でびる(NO MAIL) 12月 6日(月)12時44分31秒
荒唐無稽を絵に描いたような映画で、頭からっぽにして見るにはいい映画だったのでは。突っ込みや、クレームは上げれば数限りないけど、エンターテイメントとしては2時間しっかり押し切ってくれたので満足できました。あーいうおバカなセンスは基本的に嫌いではないので、星四つ付けさせていただきます。
From: なんですかマン(NO MAIL) 12月 4日(土)18時07分32秒
いつ面白くなるんだろうと思っている間に終わっちゃった。CGも最初は凄いかなと思ったけど、すぐに飽きたし・・・BGV向き?
From: やよい(NO MAIL) 12月 4日(土)12時07分26秒
映像うんぬんといろいろ出てきてますが。私が一番気になったのはグウィネス・パルトロウ。彼女の下手くそぶりが目に付いてちっとも楽しめなかった。笑える場面のはずなのに、彼女がやることで面白さ半減、というかゼロ。彼女にコメディセンスはないと思う。不幸顔の女優にこういう役はやらせないでほしい。
★★★★
From: tunti(NO MAIL) 12月 3日(金)20時04分24秒
私はとても楽しめのだけれど、ここの評がちょっと低くて驚きました。よく考えると話はつじつまが合ってなかったり、なんでやねんと突っ込みたくなるところもあったけど。見ているときはそんなこと気にせずに、ただひたすら主人公の三人の美しさに酔いしれてしまいました。ジュード・ロウはカッコよすぎる。女性二人もいい味でてました。
★★
From: Taffy(NO MAIL) 12月 3日(金)18時00分21秒
ちょっと物足りなかったです。世界観がちょっと手塚治虫さんぽかった。話題のCGも初めはおもしろいなぁって思ってたけど、すぐ飽きた。アンジェリーナ・ジョリーはおいしいとこ持っていったなって感じで軍配はアンジェリーナへ!あとオチはコテコテ。
★★★★
From: TAK(NO MAIL) 12月 2日(木)23時17分23秒
久しぶりに気楽に楽しめた作品だった。単純なストーリー、ベタな笑いなど良かったと思う。グウィネス・パルトロウが意外にはまっていて良かった。ただレトロな感じのためか、ちょっと観づらかったところがあった。あとアンジェリーナ・ジョリーの出番が少なすぎるのが残念で仕方がない。
★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 12月 2日(木)22時49分32秒
荒唐無稽の勢いと若干のギャグの効果とで2時間弱を押しきってしまう完成度の低い作品である。1939年という時代設定が知的なかたちではほとんど活かされていないし、主人公がプロペラ機を乗り捨ててからは近未来SFのようになっている。発電機、バイオテクノロジー、ウランが壮大な計画とどのように関係するのかがわからないし、物語の鍵と目された2本の棒の正体も釈然としない。米国にはあれしか軍事力がないの?
★★★★
From: tokuzou(NO MAIL) 12月 2日(木)09時13分28秒
 面白かった。 ストーリーは、ご都合主義なところがあり、ひねりもいまいちだけど、最後まではらはらどきどきさせられた。ユーモアも適度にちりばめられていて、楽しめた。 何といってもレトロな雰囲気がいい。子どもの頃に想像したような化学や未来のイメージが映像になっていた。 綺麗で知的だけれどちょっとお間抜けなグイネス=パルトロウ、適役!ジュード=ロウも映画によく会っている。スピルバーグの映画でのロボット役は変な感じで浮いていたけれど、これは役にはマッチしている。アンジェリーナ=ジョリーはもっと出番があってもいい。もったいなさすぎ。衣装のためか、最後まで悪役なのかと思っていた。いつかは裏切るんじゃないかと… それだけの雰囲気があった。 面白いけれど、傑作とまでは行かないかな。★4つ。 音楽がいまいち。あと、エンドロール長すぎ!   <ネタバレ> 全く計画性のないような行動をしておきながら、写真の残り枚数を計算するアンバランスさ。でも、ギャップが大きすぎて面白かった。最後に撮る1枚の写真には、どんな落ちが付いているんだろうと思っていたら、意外な落ちだった。それで映画が終わるところがよかった。
★★★★
From: シロ(NO MAIL) 12月 2日(木)01時51分27秒
普通に面白かったですよ。映画はこのくらいはちゃめちゃでもいいと思います。難しく考えないで、気楽にみて楽しめる映画だと思います。出演者も豪華だし、意外に笑えるところもありましたし。
★★★★
From: gam(NO MAIL) 12月 2日(木)01時24分14秒
この映画は童心に帰って見ましょう。子どもの時の自分なら「すっげー面白かった!」と絶対言ってます。でも悲しいかな大人になってしまった私は「画像が少し見づらい」とか「あの石はいつ取れたん?」とかいろいろと突っ込みを入れてしまうのでした。でも楽しめたので星4つです。男の子向け映画。
From: のも(NO MAIL) 12月 2日(木)00時11分01秒
CG以外観るとこなし。話も糞もあったもんじゃない。レンタルで十分。映画館で観る必要一切無し。
★★★★
From: ぽち(NO MAIL) 12月 1日(水)23時37分36秒
粗を探したら キリが無いけど深く考えず 観たほうがいいかな?それなりに笑えるところもあったし・・^^;
★★★★
From: hide(NO MAIL) 12月 1日(水)22時01分27秒
結構楽しめた、パルトロウの役柄珍しいけど最初のロボットの間を逃げるでもなく走っている所はカッタルイ!お客さん映画の日で1000円の料金だったのに3人しか居なかったのは何故?有名所3人も出てるし映画としては及第点以上だと思いましたけどね-
★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 12月 1日(水)20時58分57秒
 前編通してレトル感覚でやり通したことは評価する点であると思うのですが…正直、色々な要素を詰め込み過ぎと言った印象です。あと、目が疲れます。 タイトル「スカイ・キャプテン」なのに、後半は陸がメインで「インディ・ジョーンズ」と大差ないよーな。アンジェリーナ・ジョリーも魅力的な役柄でありながら出番少な目&見せ場もイマイチ(物足りない)。     見所は…「移動滑走路」かな…。
★★★
From: ももんが(NO MAIL) 12月 1日(水)11時32分25秒
小学生の息子と見に行ってきましたが、なかなか楽しかったです。最近の映画に多い殺戮シーンなどのグロテスクな描写も無く、子供にも分かりやすい展開で、親としては久々に手放しで子供に見せられる映画でした。大人向けの映画というより、子供を対象としたディズニー映画のような印象を受けました。
From: とも(NO MAIL) 11月 30日(火)14時49分53秒
アンジェリーナ・ジョリーが大好きな私には前半の1時間が地獄のようでした。1800円の価値なし。まさに失敗作。
★★★★★
From: ダグ(NO MAIL) 11月 30日(火)00時40分17秒
いやいやー期待はあまりしてなかったけどSFものが久々に観たくてチョイスしたのだが大正解!若干画面が観づらい感じはしたけど、あそこまで単純明快な展開だと粗探しなんてする気にもならないし、往年のアクションSF大作ばりのハラハラ感がすごく懐かしく感じ、素直に楽しめました。パルトロウが押しちゃいけないボタンを押したり、足を踏み外して敵にばれちゃったりとおちゃめなキャラがまた良い。インディージョーンズを見ているかのようなアドベンチャー要素も僕にはたまらなかったです。特に後半にちょこちょこ起こるカメラネタが個人的にはツボでした。ハウルや韓国映画でごった返ししていたシネコンもこの作品は1人で来てるような男性ばかりで客席はかなりスカスカ。時間があったらアンジェリーナの華麗な脱出をまた観たい。
★★
From: ごっち(NO MAIL) 11月 29日(月)23時27分57秒
これは、いただけなかったです。展開がなんか平板。レトロちっくな映像を楽しんだらあとは何も残らないって感じです。う〜ん、プロモーションビデオみたい。
★★★★
From: 純、(NO MAIL) 11月 29日(月)21時15分28秒
オープニングのレトロな感覚にぞくぞくしました。ただ、画像のいじり具合を見ていて、キャシャーンを思いだしはしましたが…。ただ、後半になると、キャプテンの活躍にわくわくしなくなり、最後の孤島は、もっと極彩色の世界にした方が、画面もしまって良かったとは思うのですが。トータルでこの点数です。
★★
From: ゆうこ(NO MAIL) 11月 29日(月)15時34分46秒
期待せず、暇つぶしに、割引券を使って見に行きましたが、見るなら、そういうスタンスで見に行くのがちょうどいい映画でした。ストーリーもつじつまが合わないこともないし、主要キャラはこれ以上なく好演…にもかかわらず、最近では珍しい(この映画の売りだったのかもしれませんが…)レトロな戦闘機にロボット、ベタな展開が物足りなさを感じさせました。1800円払うのはもったいない、でもテレビで見るにはあまりにも迫力が無い、何とも中途半端。。。
★★
From: speakeasy(NO MAIL) 11月 29日(月)13時17分41秒
はっきり言って失敗作でしょう。たぶんこの監督、映画を作っている間には「レトロだけど未来的」「恐るべき才能が彗星のごとく現る」「最近のハリウッドでは忘れられてしまった洒脱で粋な会話」「往年の黄金時代の映画の気品が蘇る。」などあまたの賞賛を夢想しながら作ってたんだと思う。でもできあがったものは残念ながら自分が思っているほど受け手は評価していないと思う。もしかして自分自身も頭の中で想像しているイマジネーションほど素晴らしいできではなかったと自覚しているのかもしれないけど。少なくとも6分間のモトネタの映像をみて、この監督の才能を信じて投資したプロデューサーや映画会社はそう思っているでしょう。口には出さないかもしれないが。そういった空回りぶりが痛々しくもあり、退屈でもあり、2割ほど寝てしまっていた。1800円払って観たら腹も立ったかもしれないけど、鑑賞券をもらって暇つぶしに観たのでまぁ、中の下の上っていう評価ってことで。(笑)
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 11月 28日(日)23時13分22秒
映画館はガラガラ。年配の人も多い。いったいなぜ? おいおい大丈夫かい?と思いながら観ました。結果はいやー面白かった。こういうベタな映画大好きです。良質のジュブナイルでした。古き良き空想冒険活劇を、ハイテクで持って映像化。なおかつ脚本が良い。古典的なサスペンス、魅力的なキャラクター。それでいて空中戦とメカ戦となると男の子はたまりません。アンジェリーナ・ジョリーのアイパッチ軍人姿もかっこいい。主要三人はキャラ立ちまくりです。でも、こういう私的には面白い映画にはお客が入らないのですね。女性は空中戦なぞ見たくないのでしょう?まあ、分かっています行列が「ハウル」に出来ていたのでそちらへ流れたのでしょう。正直、ネットで情報を仕入れないと理解できない説明不足のハウルより面白い。