スウィング
ガールズ


満 足 度
60.3%
回答者数112


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: のり(NO MAIL) 12月 17日(金)23時07分54秒
笑えました!!こういう笑える映画好きですね。音楽も内容もはまった!!
★★★★
From: bill(NO MAIL) 12月 9日(木)01時49分45秒
ちょっと前までこういう映画ってすごく馬鹿にしてたんだけど、やっぱこういう作品も必要だなと改めて感じた。WBの二番煎じだろうが、ベタなギャグだろうが、頭を空っぽにしてスクリーンを眺める。くすっと笑って、流れる音楽にリズムを取る。結構いいもんだ。
★★★★
From: asdf(NO MAIL) 12月 8日(水)22時46分36秒
この映画は「素人が最初は嫌々楽器を吹いていたけど、だんだん楽しくなってきて演奏会に出ちゃった」っていうその過程を楽しむものだと思う。だから、芸術なんてものはほぼ無きに等しい。この映画に芸術とかそれに準ずるものを求めるのは愚かな行為ですね。
★★
From: arser(NO MAIL) 12月 1日(水)17時13分28秒
女の子たちはそこそこがんばっていて好感がもてました。でも笑えないくどい演出が彼女たちのよさを引き出しきれてない気がします。楽しい映画にしたいって言う気持ちは感じられるんですが、そういう映画って言うのは難しいんでしょうね。
From: 激辛(NO MAIL) 11月 30日(火)23時14分02秒
げ、げ、げいじゅつ? どこが?難しいのがいいとか言うつもりはさらさら無いが、もうちょっと、考えろよぉ〜と言わずにはおれん映画だった。重たくない映画だとか、そんな問題じゃない。しょうもないギャグだけが並び、人を馬鹿にしている映画だと思った。
★★
From: enmma(NO MAIL) 11月 29日(月)19時48分21秒
音楽性や業界への理解・尊敬の念など肝心な「ジャズ愛」が欠落している。このネタを扱うなら、ウォーターボーイズと同程度の仕上がりでは成功とは言えないと思う。
★★★★★
From:   (NO MAIL) 11月 26日(金)23時34分17秒
芸術肌で感じるものと考えていますだから☆☆☆☆☆にしました!
★★
From: おばさん(NO MAIL) 11月 25日(木)04時51分36秒
お子ちゃま映画だった。
★★★
From: moko(NO MAIL) 11月 24日(水)01時00分18秒
矢口監督は竹中直人さんをどうしてもあんな風に使いたいんだ!と、確認しあきらめた映画ですわ(笑)矢口青春コメディーを観に行ったので十分楽しみました。いいんです!セーラー服に山形弁でジャズやれば面白いという発想でも!「な〜んか、いぐね〜」はかわいかった!B級だろうがC級だろうが、荒削りな展開だろうが、日本映画の先に少々不安を感じようが!(誰も言ってないっか)軽い気持ちで楽しみましょう!そして、<何か>を一緒に頑張ってみた学生時代の仲間のことを思い出してニヤッとして心を軽くして帰りましょう!重たくない映画を観たい日って必ずあるでしょ!こういう映画もあっていいね!!
★★★★
From: ミルクボール(NO MAIL) 11月 23日(火)22時58分17秒
面白かった。話の展開も特に気にはならずかなり笑わせてもらった。観たあとに心と体がスウィングしてた。
★★★★
From: うめ(NO MAIL) 11月 23日(火)13時48分07秒
面白かったです。自分が音楽やってる人間から多少甘くなるかもしれませんが。でもジャズへの楽しさはよく表現されてたと思います。お話もすごく笑える感じのとこはないけど、全体的によいテンションを保ってくれたかしらという感じ。しかし強引なとこはまあお話なのでいいですが、やや無駄なとこは多かったでしょうか。悪い意味でウォーターボーイズに引っ張られすぎですかね。でもウォーターボーイズよりジャズ愛が強調されてたのはよかったです。含みの在る深い映画もいいですが、こういう娯楽性を強調した映画も、映画としての一つの方向として、僕は好きです。スゥイングジャズってそういう音楽だとおもいますしね。
From: カー介(NO MAIL) 11月 23日(火)07時06分02秒
ねらいすぎだね。じゃけん、ストーリー的に随所が不自然で、ギャグもレベル低っ・・・と、かなり白けた。そこらじゅう不満だらけだが、極めつけがラスト。あそこまできて投函忘れるかぁ? しかも、だまったまま、みんなを会場まで連れてくかぁ? しかも、出場できるかぁ? 〜ったく、なんだぁ? あそこで出場できず、違うかたちで演奏聞かせてくれたら、まだ少しは許せたのに。共感するとこ?無かったね、僕には。
★★★★★
From: りゅう(NO MAIL) 11月 22日(月)13時46分21秒
いがったぁ〜〜!僕は よかったと思う。ストーリーの進行と共に 彼女達+彼の成長する様が 自然で。ジャズの心に 気が付くきっかけがまた良い!
From: 0006(NO MAIL) 11月 22日(月)00時15分46秒
すぐ下の2人に全く同感です。私も、まず、セーラー服に山形弁でジャズやれば面白いという発想は、品が無いと思います。そんでもって、短期間で演奏できるようになったタレントの生演奏が売り? 元からちゃんと演奏できるタレントがいればそっち使った方が、映画制作にきちんと時間や労力を費やせたのではないでしょうか。自分には、話題性だけに頼った、ヒジョーーに物足りない映画でした。
From: speakeasy(NO MAIL) 11月 20日(土)16時06分08秒
映画館にまで足を運んで失敗した。@岩手弁が嘘っぽい。Aいい加減にこの手の映画に竹中直人をコメディ・リリーフに使うのはやめてほしい。Bあと色々観た直後には言いたいことがあったけど1週間たったらほとんど忘れてる自分に気付いた。それほど中身のない薄っぺらい映画です。音楽を演奏する素晴らしさに目覚めるきっかけになるなら「コミットメンツ」や「五つの銅貨」でも観てください。これは観るだけ時間の無駄だった。。。お金返してほしい。
From: からくち(NO MAIL) 11月 19日(金)14時25分39秒
やよいさんの意見に賛成です。矢口監督は、女の子を描くの、正直ヘタクソですね。この作品は見終わった後に、「あースイングしたい!音楽って最高!」とか、「自分の娘(息子)には絶対に吹奏楽をやらせたい!」という気持ちにならないんです。「音楽っていいよねぇ。」とか、「娘(息子)には吹奏楽もいいかなぁ。」程度。みんながどうしても上手くなりたい!っていうきっかけや気迫みたいなものが、どうしても伝わってこないし、高みに昇華しない作品でした。それから、最後の演奏会の「吹き替え無し」が売りらしいけど、別に吹奏楽やってる人なら、毎日が「吹き替え無し」で、そこそこきちんと演奏できているので、そんなに自慢するほどのこと?って感じです。
★★★
From: カラス(NO MAIL) 11月 16日(火)19時40分46秒
ウォーターボーイズよりかは面白かったかな・・・ただ、どっちの作品も、まず「ラストシーンありき」っていう所から始まってるから「予定調和の中での出来事」の展開の枠をを最初から最後まで脱することが無かったような・・・「手軽な一本」って感じかな^^;
From: マンセー(NO MAIL) 11月 15日(月)02時15分28秒
そら韓国映画に負けるわ・・・もうがっかり通り越して脱力・・・日本人として悲しい。
★★★★
From: Ai(NO MAIL) 11月 13日(土)14時49分32秒
いぐね?いぐね?この言葉がすっごい可愛かった〜!
★★★★★
From: ひろ(NO MAIL) 11月 12日(金)10時27分41秒
無理な展開はあったにせよ、最高の出来でした!こんな気持ちのいい映画はなかなか出会えないですよ。ホント見てよかった。見てないひといたら、ぜひ見てみて下さい。スウィングガールズが舞台で演奏しているシーン、感動してしまいました。
From: やよい(NO MAIL) 11月 10日(水)21時52分18秒
フジテレビに「ウォーターボーイズの女版みたいの撮ってよ、金は出すからさ」とかそそのかされて作った、みたいな映画。時間をかければもっと面白い脚本になったと思うし、何より女の子たちの画に愛情が感じられない! ウォーターボーイズではあんなに男の子達はかわいくて活き活きしていたのに。竹中直人にしてももっと面白い使い方があったろうに。最後の主役の女の子の表情といい、終わり方といい、中途半端。矢口監督はホントにこれを撮りたかったのかな…???
★★★
From: GREEN(NO MAIL) 11月 10日(水)16時25分32秒
あちこちで無理な展開や、しょうもないギャグが気になりました。しかし、少女たちの快活な生活と交流が後口のよさを感じさせてくれます。こういう楽しい日本映画も増えてくれると良いと思います。
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 11月 9日(火)09時11分17秒
最高。思わず踊りだすところだった。
★★★★★
From: スウィングおやじダンサーズ(NO MAIL) 10月 31日(日)08時16分37秒
まさに「楽しい」の一言でした。ラスト3曲では、映画館のイスに座っているのではなく、音楽祭の会場の客席でスウィングガールズの演奏を聞いてるような感じでした。映画を見終わった後も満足感とか幸福感みたいなものが余韻としてずーと消えない、こんな映画はここ数年で記憶にありません。
★★★★
From: なっくる(NO MAIL) 10月 29日(金)01時49分53秒
期待しないで行ったのが良かったのか、予想していたよりずっと面白かったです。マンガみたいな展開するのかと思いきや、そんなのよりずっと強引かつスピーディ。コメディ色強く一気にエンディング。久しぶりにすがすがしい気持ちになりました。最近いい邦画に当たらないので、採点は甘々の★×4で。
★★★★★
From: (NO MAIL) 10月 28日(木)21時07分47秒
ジャズをネタにしたコメディ映画・・だと認識していたので細かい不満はあまり気にせずスカッと楽しめた。まーもうちょっと練習シーンがあって欲しかった(裏拍の感覚が判ったら演奏力も上がるのかい?)し、突っ込みたくなる部分がなくもない(制服のままバイトさせるスーパーがあるだろうか)けど。ガールズ達のにぎやかさで最後まで乗り切った感じです。見終わった時の爽快感は今年の映画ではトップクラスだったので点数はちょっと甘め。
From: カエル(NO MAIL) 10月 28日(木)05時13分48秒
見て1カ月が経つが、印象には残った映画です。でも、それはプラス面だけでなく、残念だったなあというマイナス面を含めてです。お金を払った2時間という時間の中に、省略してはいけない盛り込むべき展開があったのではないかと、私も(批判する人たちと同様に)思っています。もう一つだったですよ、矢口監督さぁ〜ん。
★★★★★
From: ヤナギ(NO MAIL) 10月 27日(水)14時03分15秒
はじめ、特に興味も無く、ただ時間が空いたので見に行った映画。しかし見てびっくりの面白さ! いやー、なんかこの監督さん、ホントに映画が好きなんだなって思いました。撮り方も展開もすっごい力技なのにちゃんとまとめられるってすごい!そういえば、ウォーターボーイズもそんなんだったよね。
★★★
From: リオン(NO MAIL) 10月 27日(水)02時21分28秒
この手の映画の醍醐味は、音楽の演奏が徐々に上手くなっていくにつれて盛り上がっていく熱狂にあると思うが、この映画の場合、「バイトして楽器を買う」「バイトをクビになり一攫千金を狙う」「中古の楽器を修理する」と言った話の寄り道が多く、ラストに至る一本道を描けていないのが辛い。また、構成上バンドメンバーの中に中心人物とそうでない人物が出来てしまうのは仕方がないが、この映画では完全に「メインの5人」と「その他大勢」に別れてしまっており、後者のその他大勢は中盤のドラマから完全に退出しているので、後半にメンバーに戻って来ても一体感が感じられない。以上の欠点から、ラストに素晴らしい演奏を聞かされても、どこかスクリーンのこちら側の観客はそこまで付いて行けず、スクリーンの中の観客ほどにはスウィングできないのが辛い。他の皆さんのコメント読むと、不評派は「途中の展開が雑」、好評派は「作り話だからいいじゃない」ということみたいですが、私の場合、作り話でも途中の練習シーン等が殆どなかった為にラストの感動が今一つなのは非常に勿体無いし、脚本上の大きな欠陥だと思う。好きか嫌いかと聞かれれば好きな映画だし、それぞれの細かいギャグはそれなりに笑えたので、それを含みつつ、更に大きな流れのある映画になってれば満点のデキだったのですが。
★★
From: ドブ男(NO MAIL) 10月 21日(木)17時18分07秒
短期間であの演奏はスゴイが内容としてはいまいちです。青春映画というよりもコメディー性ガ強い。泣ける場面はなしです。
★★★★★
From: とろ火(NO MAIL) 10月 20日(水)21時45分23秒
強引な展開も含めて楽しむ作品でしょう。最後の演奏会は素晴らしいデキ。撮影の熱気も伝わってくる感じがします。ただ矢口監督には今度は違う毛色の作品を撮って欲しいな。
★★★★★
From: もも(NO MAIL) 10月 16日(土)19時01分51秒
とってもいい映画でした!すがすがしさが残って映画館を出た後も、なんだか胸がきゅんとなってしまいました。彼女たちの無味乾燥な生き方の中で、頑張れる物を見つけたあとの生き生きとした感じがとっても良かったです。私もなにか夢中になれるものを見つけたい!とこの映画でやる気を頂きました。
★★★★
From: たじ(NO MAIL) 10月 16日(土)12時33分07秒
ドタバタした強引な筋だけど青春映画だから全然OK。対立や失敗はあるけど、えらくポジティブで運も味方になんていかにもで楽しかったです。
★★★★★
From: ゆうびんや(NO MAIL) 10月 13日(水)22時34分35秒
強引なストーリー展開は、気になるところだが、このくらいの時間で楽しませてくれる作品は貴重。こういう映画があってもいいよ。基本的にコメディなんだから。
From: もやもや(NO MAIL) 10月 13日(水)19時28分26秒
自分の中を過ぎ去っていってしまう映画だった。なんでかなぁ。なんで、笑えなかったんだろう。なんで、すがすがしさが残らないんだろう、ハッピーエンドだったってのに。・・・そう思っていたのだが、いろいろな人のコメントを読むと、そうだそうだと自分の感情に整理がついた感じだ。
★★★★
From: めぐり(NO MAIL) 10月 13日(水)13時59分55秒
自分ブラバンやってんで観にいきました。邦画嫌いなんですが面白かったですね〜。皆さんの言うとおり突っ込みどころいっぱいですが。(ネタバレ有り)トランペットでシャボン玉やってるのは痛かった。もうあれじゃ楽器ダメですよ。あのまま吹いてたのか疑問。あんなボロイ中古のサックスであんないい音が出るのか?トランペットのベルにねずみつけたら音が心配、なのにスゴイいい音。ん〜???どうしてあんなにうまくなったのか。竹中直人があれだけ教えるのは無理だろうし…ラストの「シング〜」なんてかっこよすぎて鳥肌〜!!裏でどんな風に練習してたのかかなり気になりました。矛盾点はありますが終わった時、「自分も頑張ろう」と思う、いい映画でした。
★★★★
From: しん(NO MAIL) 10月 13日(水)03時46分37秒
こちらの評価を見て、あまり期待せず観に行ったのですが、予想外に面白い作品でした。確かに、皆さんのおっしゃるとおり、ストーリーには雑なところがあったところと、各キャラクターの個性が描き切れていないところが少々残念な部分ではありましたが、それを差し引いても個人的には心地よく鑑賞できる作品だと思います。ウォーターボーイズの二番煎じというコメントがありましたが、まさにその通り。これから観に行かれる方がいたら、そう割り切っておくことをオススメします。非常にベタで王道まっしぐらな作品ですけれども、矢口監督は、次の展開が読めるほどベタで王道。でもおもしろい。そして誰一人不幸になることのない、そういう作品を作りたかったそうなので、考えずに楽しめる映画としては面白かった、という意味で★四つにさせていただきました。<以下ネタバレ>面白かったとはいえ、脚本が雑だったのはやっぱり残念。吹奏楽部が戻ってきて、スウィングガールズたちが音楽室を追い出され、外に出た瞬間に号泣するシーン、場内から笑い声が聞こえましたが、個人的にはガールズたちと一緒に泣いていた方が感情移入できたように思います。また、一度脱退したメンバーが戻ってくるシーンで、上達したメンバーと合流したとき、同レベルで演奏できてしまったシーンも、ちょっと…という感じ。僕としては、脱退してしまったメンバーが悔しがってくれた方が気持ちよかったのでは? と思ったのですが。もちろん、それじゃ不幸になる人がでちゃうというのは分かるのですけど、それでもなぁ、という印象でした。
★★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 10月 12日(火)23時27分27秒
ストーリー展開が、雑と言えば雑・・・。ですが、笑えたし泣けたし、とても楽しめました。私は今の今まで、ジャズを聴いてもなんかかったるい感じしかありませんでしたが、この作品でガールズが吹き替えなしで演奏しているのを聴いて、イイもんだなぁと思ってしまいました。クライマックスのシーンも勿論良かったけれども、私はなんか横断歩道のシーンがグッときました。もう一度劇場へ行って観ようと思ってます。
From: 忍者王子(NO MAIL) 10月 12日(火)17時59分18秒
予告を作る会社は大したものです。予告を見ていると面白そうに見えてしまうから恐ろしい・・・期待して見に行ってしまったのですが、ガッカリな内容でした。色々と思うところはあるのですが、とくにゲンナリだったのが・・・と、ここからネタバレ入ります。>>>>>一時期脱退したメンバーが、安易な理由で戻ってきた・・・これはリアル女子校生なんてそんなもんだろうと許しも出来るのですが、今までバイトしてブランド品を買いあさっていたという目先の欲望に負けたアヤツ等が、最後まで残り、中古の楽器で一生懸命練習してきたメンバーといきなり音を合わせられる事です。なにお前達、いきなり吹けちゃってるの?と、キョトンとしてしまいました。どー、考えたって奴等影で練習なんかしていないでしょう・・・一生懸命頑張って、罵声を浴びて、それでも好きになったものに青春をかけてるわけじゃないですか・・・あれじゃ、アリとキリギリスでキリギリスの方が楽しめて良かったね。ですよ・・・もうね、上辺だけなぞるような映画作りはやめてください。中身が薄すぎです。
From: たんま、ムシカ(NO MAIL) 10月 11日(月)15時03分44秒
よく開くサイトで評価が良いので、どうも納得していなかったのだが、ここに来ると、自分と同じ感想の人が多く、妙にほっとした。この作品は、女の子たちが、楽器の演奏やジャズに引き込まれていくその心理描写がヘタだ。また友情や部員の葛藤が描かれるわけでもなく、挙げ句の果てに最後のコンクールに参加できるようになったいきさつなど、そりゃないだろ?という感じだ。「面白い」ではなく、「軽い」作品だ。チルソクの夏で好演した上野樹里の 代表作と言われるようにだけは、なってほしくない。
「ミュージック オブ ハート」「ブラス」最近では「スクール オブ ロック」など、海外の作品に遅ればせながらも、『日本でもハートフルな音ミュージック映画が登場したかな』と期待していただけに、映画としてのレベルの低さに、がっかり、いや、ショックでした。ティーン向けのテレビドラマってところでしょう。
★★★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 10月 11日(月)12時53分11秒
物語の進行は多少強引なところもあるが、だらだらやるよりもあっさりしていて好感が持てた。あちこちにちりばめられたお笑いシーンも気にならずいくつかは声を上げて笑ってしまった。年齢・性別により評価が分かれるところではあるが、40代目前男性の小生には高校生のひた向きな努力が報われる物語はあこがれと昔日の少年だった自分を思い出します。
★★★★
From: ひでお(NO MAIL) 10月 11日(月)09時48分51秒
ギャグが寒かったけど、演奏シーンは文句なしに良かったです。思わず自分でリズムを取りたくなりました。欲を言えば、演奏がうまくなっていく過程をもう少し描いて欲しかったです。
From: ピッチャー網走(NO MAIL) 10月 11日(月)00時22分14秒
公開前のインタビュー番組などで、矢口監督は「お客さんが喜ぶ映画が作りたい」ということを、何度も強調して語ってました。こんなに媚びた監督だったっけ?と思って観に行ったら、そのサービス精神が見事に空振りしてました。「客を喜ばせる」ことがテーマだなんて、彼が今後の邦画界を背負ってく監督だとしたら、ちと心配です。
★★★
From: スプートニク(NO MAIL) 10月 11日(月)00時08分09秒
おもしろかったんですが、ウォーターボーイズから3年待ってこれ??って感じです。まったく一緒じゃん!って感じです。この監督好きなんですけど、ウォーターボーイズが味をしめたのか、あまりに構成も一緒でおもしろかったんですが・・・って感じでした。次回作に新しい作風も物語を期待します。
★★★★★
From: (NO MAIL) 10月 10日(日)20時59分57秒
面白かったです。音楽も良かったし。ギャグも自分には合っていて笑えました。サボってた人達がいきなり上手くなってる等、気になる点はありましたが作り話だと思って割り切りました。
From: よよ(NO MAIL) 10月 10日(日)02時05分23秒
面白くない映画だった。テレビ慣れした人たちは、こういうのが丁度いいのかもしれないけれど、こんな映画を日本以外のどの国に対して誇れるのか?こんな映画が評価されて、こういう映画を作り続けるようになったら、日本の映画はもう終わりだ。
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 10月 9日(土)22時55分59秒
ありゃ、意外と酷評ですね。私は楽しめてしまったのですが。コテコテの展開ですけど、黄金パターンは外さなくてよいのではないかなと思います。演奏が突然うまくなるのは・・・?そりゃ映画だしね! 
From: トラねこ、甘栗(NO MAIL) 10月 9日(土)13時10分20秒
監督さん、キャストが演奏できるようになっただけで、満足しちゃったかな。ストーリーも、ギャグも、あまりにもお粗末でした。レディースデイだったけど、1000円返してと言いたいです。DVDやビデオレンタルにしても、旧作になってからじゃないと、お金もったいないです。
 ここのレビューを読み続けていて、見に行くかどうか迷っていたのですが、やっと見に行きました。 結果、わたし的には×でした。矢口監督に、がっかりしてしまいました。おもしろければいいという次元ですらなく、あまりに薄っぺらすぎませんか?  よよさんと、同感です。これじゃ日本映画と観客のレベルを問われます。これだから、日本の大衆文化は幼稚だと言われるんじゃないでしょうか。
From: 残念!(NO MAIL) 10月 8日(金)22時03分21秒
ご当地映画だし、ジャズも好きだし、ウォーターボーイズもなかなか面白かったので期待して見に行った・・・らあんまりな内容。知ってる場所がたくさんでてきて楽しかったけど、映画としてはダメダメだった。一番気になったのは描き方が雑で、話の進みが恐ろしく強引なこと。さすがにちょっと友達にはお勧めできない。
★★
From: RIN(NO MAIL) 10月 8日(金)00時58分50秒
全てが惜しいですね。序盤の脚本(弁当届ける〜吹奏楽部の代わりに楽器を持つ)くらいまでは面白くなりそうだと思ったんですが…。それ以降が、ね。ラストの演奏は感心しましたが、映画ウォーターボーイズほどの作品のマズいところを全て吹っ飛ばす目新しさもパワーもなかったように思います。演奏をするための障害をただドタバタと乗り越えていくだけでは、カタルシスは得られません。まとまりのない女子高生を相手に奮闘していたボーイに★ひとつおまけ。
★★
From: ベル、のえる、QQQ、ブギーマン(NO MAIL) 10月 7日(木)10時28分32秒
トランペットの女の子がなかなか出ない高音を河原で練習する場面はよかった。ああいう地道に練習する場面がもっと見たかったな。吹けるようになるまでの過程を大して描いてないからさぼってた子達がかっこよく登場しても全然興奮しないです。
強引に笑わせようとするギャグにしらけるばかり。吹奏楽部の部長がわざわざベルの中にゲロ吐くのには引いた。それでも最後の演奏はよかったし、懐かしさもあったのでこの点数。廊下で横に並んで腹筋鍛えるシーンは自分の中学時代そのまんまで笑った。
矢口監督の笑いのセンスは相変わらずベタですね。私はけっこう好きですけど。ただ、ウォーターボーイズに比べるとはじけきれてなかったかな。谷啓さんや西田尚美さんの使い方ももったいない気がしました。
「青春デンデケデケデケ」の方が圧倒的におもしろい。楽器を大好きな気持ちがいまいち伝わってこない。輝いてない。
From: はな(NO MAIL) 10月 7日(木)01時25分17秒
ここの声、両極端ですね。私は、つまらなかった派です。月20本ぐらい映画を見ますが、ここ1ヶ月の邦画の中で、この作品は私にとって低ランクでした。
★★★★★
From: (NO MAIL) 10月 5日(火)22時48分39秒
単純明快でなおかつ笑いと感動も溢れている…。そんな映画を期待して観に行ったので、自分的には最高の映画でした。
From: さるきち(NO MAIL) 10月 5日(火)22時28分53秒
強引な笑いにほとんどついていけなかった。ウォーターボーイズでは初見ではストーリーの粗なんかはそこまで気にならずに素直に笑えたのだけど、今回はちょっと度が過ぎている。努力の過程ももうちょっとみたかったように思うし、最後の演奏場面以外にあまり良い印象はない。あれが良ければ監督は良かったのかもしれないが・・・。
★★★★
From: りぃど(NO MAIL) 10月 5日(火)17時30分35秒
鑑賞後の気分が晴れやかな映画はイイ映画な証拠。とにかく明るくて楽しく、笑顔になれる。話もギャグもベタベタなのが監督らしいけど、それでもキッチリ楽しませてくれるのが矢口監督の立派なところ。娯楽映画なら彼に任せて安心、と言う感じも。ただ、ウォーターボーイズの二番煎じはここまでにして欲しい。しっちゃかめっちゃかな女子を耐えて耐えて引っ張っていった「BOY」、キミこそ真のMVP!
From: EIGA(NO MAIL) 10月 4日(月)06時57分10秒
「素直」に見れば、面白い? ぼくの素直な感想は、お子様向けの幼稚な作品だなぁ・・・と、そんなところだ。この作品なら、TVドラマでいい。
★★★★
From: noritama5(NO MAIL) 10月 3日(日)22時39分41秒
正直、出だしはこりゃダメだ。と思いましたが、見ているうちに、こういうのもアリじゃない。と思うぐらい、面白かったです。特に主人公達が生活の中にあるいろんな音が音楽になる、と気づく(あるいは見ている側が気づかされる)ところが、本当に良かった。まさにスウィングしたくなる映画。非常に漫画的。現実にはありえない事もしばしば。しかし笑える。面白い。劇場映画なので、時間に制限があり丁寧に描けていないのが残念。できれば、連続物で丁寧に気持ちを描いてほしい。そうすれば、青春映画としてももっと良いものになるのではと思いました。
From: くるに(NO MAIL) 10月 3日(日)20時18分02秒
いやぁ、ダメでした。話の世界に入り込めませんでした。観客からは笑い声(おじさんやおばさんだけど)が聞こえるたびに、どんどん引いちゃって。無理に笑わせようとする監督の意図が見え見えです。最後の演奏に星1つ。あれがなかったら星なんてあげれません。
★★★★★
From: のん☆★(NO MAIL) 10月 2日(土)16時13分05秒
一言で言えばすごくおもしろかったです!!かなり笑えたし映画を見てた人みんな声を出して笑っていました☆★☆私は中学3年間吹奏楽部でパーカッションをしていました。今は高校入ってすぐやめちゃったんですけど。。最初は楽器の扱いなどを見ていてムカッ!ときたとこもあったんですけど見てるうちにそんなの忘れていました。特に最後の演奏会のところで演奏する「シングシングシング」っていう曲は私が中学時代に演奏したとても思い出深い曲だったので鑑賞中、自分が楽しく楽器を演奏していた時のことを思い出して涙が溢れてきました。なんか見終わった後も涙が止まらなかったです。「スウィングガールズ」という映画は確かに展開が急すぎて「えっ?」と思うとこもあったんですけど、自分にとってかけがえのない大切な思い出を思い出させてくれたとても私にとってとても印象深い思い出の映画になりました。キャストの人たち、みなさんそれぞれ個性的で素晴らしかったです☆★☆
★★★★
From: ZB(NO MAIL) 10月 2日(土)03時15分10秒
音楽が題材の青春映画であれば「青春デンデケデケデケ」の圧勝です。女の子たちの成長を描いた青春映画であれば「がんばっていきまっしょい」のほうがずっと丁寧なつくりで好感が持てました。ただ私中学・高校・大学とトランペットをやってまして…。腹筋を鍛えたり、マウスピースだけでずーっと練習したり、バイトして楽器買ったりと自分とオーバーラップしまくりで、当時を思い出し感動してしまいました。なので点数は甘めです。楽器経験者(特に吹奏楽・ジャズバンやってた人)はシンクロしますよ。
★★★★★
From: jun(NO MAIL) 10月 1日(金)14時13分58秒
非常に楽しめた、観終った後は爽快感でいっぱいでした。細かいトコロが気になる方もいるようですが、私はラストの演奏シーンでそんなものは吹っ飛びました。キャラも明確に書き分けられており、人物像も分かりやすい。問題なく☆5つ♪
★★★★
From: きんとき(NO MAIL) 9月 29日(水)21時27分26秒
久々に映画館で声を出して笑って見てました。面白かった。女の子達もみんな魅力的で、脇役も魅力的で、そしてあの米沢弁が素敵でした。小難しい事を考えず気楽に楽しめて感動できるイイ映画だと思います。好きです、こういうの。
★★★
From: よいき(NO MAIL) 9月 29日(水)19時58分14秒
楽しませてもらいました。でも、まあ、星3つです。ちょっと都合良すぎと何も2作品続けて同じような映画創らなくてもいいだろうってことで。しかし白石美帆は山形弁がとても似合っていた。もう1回観ても損はしないだろうね。
★★★★★
From: 観月郁(NO MAIL) 9月 28日(火)17時28分36秒
この映画おもしろいですよ!確かにベタな内容かもしれないけれど『また明日からも頑張ろう!』という力をくれる映画です。最近こんな映画はあまり見当たりません。少し疲れ気味の人も元気な人も映画館に直行です。デートにも当然おススメです!満足。
★★★★
From: なつ(NO MAIL) 9月 27日(月)16時09分09秒
内容はまあまあだったけど、やはりラストの演奏がかっこいい!観た後の気持ちもさわやかでよかったです。私が観た回のお客さんはエンドロールまで誰も立って帰りませんでした。珍しいなと思いました。
★★★★★
From: ウホ(NO MAIL) 9月 27日(月)01時28分42秒
最近、こういうスポコン物(いや、スポーツじゃないんだけどね)って少ないから、逆に新鮮。最高に楽しめました。スウィング!スウィング!
★★★★
From: りんご酢(NO MAIL) 9月 26日(日)23時44分42秒
良かったです。こういう見終わった後スッキリする映画が好きです。「スイングするか、しないかだ!」
★★★★★
From: T.N(NO MAIL) 9月 26日(日)20時52分41秒
突っ込み所はあるけど最高に面白かったです。確かに、いきなり上手くなる様に違和感が無いわけではありませんが、所詮フィクションですので…映画から伝わってくるパワーを素直に評価して★5個です。
From: 金太郎(NO MAIL) 9月 26日(日)17時29分38秒
ウォーターボーイズの二番煎じにとどまってしまってた。コミカルな場面も、いまいち。そして、下記の評にもあるとおり、ストーリーがいただけない。ジャズと女子高生、目のつけどころが面白いし、女子高生たちの演奏ぶりも良かったので、もっと、じっくり大事に作ってほしかった。邦画は、ハリウッドや近頃台頭してきている韓国の作品に比べると、かなり制作期間が短いらしい。もったいない。
From: 4時(NO MAIL) 9月 25日(土)21時53分18秒
きっかけが、良くないよ。だって、痛んだ(痛めた)弁当でブラバン部が腹痛を起こし、その代わりに演奏することになったなんて・・・。その時点で、私には×でした。以降も、あんまり共感できなかった。
★★★★★
From: うらん(NO MAIL) 9月 25日(土)02時07分54秒
強引というか雑というか、確かにつっこみどころはいっぱいあるけど、そんなことは枝葉末節に思えるエネルギーがあった。ジャズの、いや音楽の楽しさを改めて実感する映画。ちょっと甘いけど、ま、五つ星でいっかなー。
★★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 9月 24日(金)19時08分37秒
ネタバレあります。練習してないブランド軍団がいきなりセッション出来たり、大会に参加できないのに会場に向かい、たまたま不参加校が出たおかげで出場可能に等々、つっこみどころはいろいろあれど…。やっぱこの手のラストでドッカーンと来る映画、自分好きです。「メキシカンフライヤー」最高!「シング・シング・シング」かっこいい!!あとお笑いシーンも楽しい。特に豊島絡みはよかった。(土手で自転車前方大回転、マツタケ刈りでのイノシシ圧殺など。)ま、彼女の場合、存在自体に妙な味があるんだけど。
★★★★★
From: rate(NO MAIL) 9月 24日(金)02時38分04秒
余計なものは一切なし。すごく面白かった!
★★★★★
From: 壱参〇(NO MAIL) 9月 23日(木)18時05分40秒
純粋に面白かったです。あまいかもしれませんが、いいんじゃないでしょうか?
From: よねすけ(NO MAIL) 9月 23日(木)17時59分04秒
ウォーターボーイズにしろ、この程度のことで感動とか言うのって、普段素晴らしいものに触れていないからそう思うだけでしょ?世の中にはもっと素晴らしいものがいくらでもあります。
From: (NO MAIL) 9月 23日(木)03時15分34秒
かなり期待はずれ。たびたびTVに、彼女らが演奏に出てくるけど、そうやって出てくるのは粋じゃぁないと思う。
★★★★
From: うめきち(NO MAIL) 9月 23日(木)00時27分52秒
ここ最近の映画ではダントツ1位でした。確かに前回と同じようなパターンで展開も読めてしまいますが、テンポと笑いがよかったです。若いからこそのテンポとパワーがあったと思います。自分自身トロンボーンをやっていたのでもう一度挑戦したいなぁという気になりました。見終わった後、すがすがしく思わず拍手してしまいそうでした。もう一回見てもいいかなと思います
★★★★
From: たろさ(NO MAIL) 9月 22日(水)01時27分38秒
面白いです。ところところでの笑いもテンポよく笑かしてくれました。でもこの手の映画はどうしてもストーリー展開が読めてしまうところがちょっと残念。よって星−1。
★★
From: 歩美(NO MAIL) 9月 21日(火)21時57分35秒
んんん・・・、残念。はちきれんばかりに元気な女の子たち、ラストの演奏など、とてもいいのにな。やっぱ、多くの人が書いているように、展開がイマイチで、一途な情熱みたいのが、伝わってこなかったのです。もう少し違うストーリーだったら、彼女たち、もっともっと、輝くことができたんじゃないのかなぁ・・・なんて思ってしまいました。
★★★★
From: ぴかりん(NO MAIL) 9月 21日(火)16時04分49秒
最初から最後まで楽しい映画でした。結構笑いっぱなしだったし。ズーズー弁の女子高生達が可愛らしかったです♪
★★★★
From: ケン(NO MAIL) 9月 20日(月)11時49分39秒
青春のエネルギーを描いて爽やかな感動を与えてくれる良い映画でした。ストーリーの矛盾とか演技のつたなさとかいろいろ言いたいことはあるけれどあのノリと勢いがなければこの映画の本質は失われてしまうでしょう。深く丁寧にストーリーを描いて考えさせる映画というのももちろん素晴らしいですが、今までの日本映画になかったエンターテイメントという要素で感動を与えてくれる、そんな映画が日本で作られるようになったということを嬉しく思い、今後の日本映画にエールを送りたくなってしまうのです。
★★
From: つばめ(NO MAIL) 9月 20日(月)11時07分09秒
確かにふき替え無しの演奏は、よく頑張ったと思うし、良かったです。それだけに、もっとストーリー性を持たせて、あの演奏に至るまでの彼女たちの気持ちの変化などを丁寧に描いてほしかったです。そういうところが、ずいぶん雑なので、せっかく魅力あるテーマなのに・・・と、もったいなく感じました。
★★★★★
From: MASA(NO MAIL) 9月 20日(月)00時12分53秒
面白そうだなあと思って、本当に面白かった映画であった。高校時代の楽しいシーンだけ切り取ってつなぎ合わせたら、こんなフィルムになるだろーか?雪合戦の最後なんか、いい歳こいてドキドキしてしまったな。あんな一瞬って、人生にあるよね。しかし、練習はきつかったかもしれないけど、撮影楽しかっただろうなあ...とうらやましくなってしまう映画でありました。四の五の言う奴は放っておけ。私はこの映画大好きです。☆5つ。
★★★
From: mari(NO MAIL) 9月 19日(日)20時57分52秒
良くも悪くも期待通り、でした。面白いし爽やかだし小難しいところはないし、見終わった後の気分はすっきり爽快…なんですが。もうちょっとひねったエピソードが欲しかったかなあ。もうちょっと馬鹿馬鹿しさ、というか青春の赤っ恥感が欲しかったかも。女の子だと男の子が主人公のものよりおバカ感が減っちゃうし、男のシンクロと比べるとビッグバンドってやっぱキレイでこじゃれた感じがするから、もうちょい無茶苦茶やって、もうちょいダサめでダメダメな女子高生たちのが、最後の演奏後のカタルシスが大きかったかも。
★★★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 9月 19日(日)19時32分56秒
確かに最後辺りで全員が急に上達したところは現実味がないけれども、そこは話の進み具合が中だるみしないようにとの配慮と受け止めています。観客が一番笑ったのは「田中直美」が川沿いの土手でいきなり立ち上がるシーンでした。私もああいう単純なオバカなシーンが大好きです。久しぶりに映画で大笑いしたので星5つとします。
★★★★★
From: まゆみ(NO MAIL) 9月 19日(日)01時14分19秒
いいんじゃない?こういうのも・・・場内からも 笑い声とか聞こえて、一緒に笑ってた。
★★★
From: ねり(NO MAIL) 9月 18日(土)19時52分55秒
主人公は魅力的だし、テンポも良いし、ジャズの演奏も感動的だったし、まあ面白かったんだけど・・・。ストーリーに無理がありすぎ。小難しい映画よりは100倍いいと思うけど、万人には勧められない。
★★★
From: gmttn(NO MAIL) 9月 18日(土)14時05分50秒
 いまいち。おまけで★3つ。 女子高校生たちがジャズを始め、そして続けていくストーリーに説得力が弱い。 あんなにだらだらとして無気力な女子高校生が、急に変わるには何か大きなきっかけがあると思う。それがほとんどの子になかった。ジャズを頑張るんだというきっかけ・動機があったのは、真面目でめがねかけた子と主人公くらいだ。 映画を見ていながら、何でこの子たちはジャズをやろうとしたのか分からなかった。だから最後の演奏も、いつの間にこれだけ練習したのだろう、所詮作り話だと思うとさめてしまった。 動機についていろいろ想像することは出来る。今までだらだらと過ごしていた高校生が初めて熱中できるものに出会った…とか。けれど、そういうエピソードが全くないんだよね。 ギャグもいまいちだったし、最後感動もなかった。 でもつまらない映画じゃないから、★3つ。
★★★★★
From: ぽろっぽ〜(NO MAIL) 9月 18日(土)12時49分41秒
素直に笑って感動できる映画。観た後は管楽器を始めたくなる。ありがちなストーリーで、都合の良い展開でもいい。この映画はそれがポジティブ生かされていると思う。スクール・オブ・ロックとかこの手の映画が好きな人には文句なしにオススメ。邦画は面白いのが少ないのであまり好きではなかったんだけど、この映画は文句なしに面白い。女の子のキャスティングもアイドル的な嫌みな可愛さが無くて、爽やかな演技が出来てて良かった。恋愛は臭わせるだけで、前面に出さないのも好感が持てた。その分ジャズに対するひたむきさが出てる。イノシシに襲われるシーンでのバレットタイムのパロディは、バックで流れるWhat A Wonderful Worldと妙にマッチしてて、しょうもないけど笑える。最後の演奏は嬉しさで泣きそうになるほどジーンとくる良いシーン。吹き替え無しらしいのですごい努力の結果だと思う。生き生きした演技は映画のストーリーとも重なるその努力の結果だと思う。終わり方も観客の想像に任せながら余韻を持って終わるのが良い。
★★★★★
From: クロ(NO MAIL) 9月 18日(土)10時27分42秒
自分も高校時代、ジャズをやってたのでちょっと泣けてしまった。演奏の良し悪しよりも演奏しているだけで楽しかった、そんな音楽の良さを思い出させてくれる映画でした。素敵な音楽をどうもありがとう。
★★★★
From: yasu(NO MAIL) 9月 18日(土)00時10分53秒
内容はベタだが、こういうの好きだ。ウキウキな気分になれる映画でした。
★★★★★
From: あい(NO MAIL) 9月 17日(金)20時27分52秒
いやー、最高におもしろかったです!最近見た映画の中でおもしろい^^友達と二人で見に行ったのですが、何度も声をあげて笑ってしまいました。。。かなりオススメです♪
★★★
From: ハナビ(NO MAIL) 9月 17日(金)00時19分05秒
まぁこんなもんかな。そこらの青春映画の域は超えてないなぁ主要5人はキャラわけ出来ててGood。東北弁が田舎くさくていい感じ。ストーリーはベタベタ。もちっと挫折なりなんなりが欲しかった。徐々に上達してる様子がわかりづらい。これ致命傷。あと、『吹き替えなし』これもちっとアピっといたほうがええんちゃうかなぁ、とか。
★★★★★
From: TONY(NO MAIL) 9月 16日(木)21時48分25秒
見終わった後とてもいい気分になりました。確かに若干粗い部分も多かったですが、私は全然気にならずむしろこれくらいのほうが良かったと思います。上野樹里の豊かな表情、本仮屋ユイカの控えめなキャラクターがとてもよかったです。
★★★★★
From: うにっくす(NO MAIL) 9月 16日(木)15時38分31秒
私も昔吹奏楽部員だったので、すごく良かったですねー。雑なところとか、乗り切れないギャグとか確かにあるんだけど、でも良かったなぁ。上野樹里ちゃんはのびのびしてて良かったですね。あとトランペットの貫地谷しほりちゃんの演技が面白かったです。うまい女優さんだと思いました。女の子たちが年相応にかわいくて、笑えて、楽しい映画でした。
★★★
From: マークン(NO MAIL) 9月 15日(水)21時21分34秒
どうしてもウォーターボーイズと比較してしまうので…。脚本がちょっと雑だったかな。展開が強引過ぎるとこるがあります。もう少し上映時間延ばせれば唐突感もなくなったのに。残念。でも、観終わった後、自然とジャズ口ずさんじゃうね。
★★★★
From: Akira(NO MAIL) 9月 15日(水)20時01分06秒
 まァ話の展開に若干、難がありますが映画なので許しちゃいます(笑) 馬鹿の一つ覚えでSFXしか能がない作品なんぞより余程、感動しましたな。 彼女たちに本格デビューの話は、ないんですかねェ。これから成長していくのを見てみたい。 CDが出たら買いますよォ(笑)
★★★
From: ロンリーウルフ(NO MAIL) 9月 13日(月)18時19分11秒
小学校で吹奏楽をやっていたこともあって、とても楽しく鑑賞できました。昔、マウスピースだけで唇が腫れるまで練習したことも思い出され、練習シーンではつい頷きながら観てました。映画館もほぼ満席で所々で笑い声が上がり、エンドロールまで席を立つ人がほとんどいませんでした。小粒ながらも、とてもいい作品です。作中での小さなギャグも自分のツボにはまったのも高評価の一因だと思います。贔屓の引き倒しで評価すれば、★は五つなのですが、冷静に評価するとなると展開に注文をつけたくなる箇所もあり、多少の減点もいたしかたないですね。人に評価を問われれば「面白かった」と答えるが、では、お奨めするかと言えば、躊躇しますね。
★★★★
From: EXPO(NO MAIL) 9月 13日(月)02時07分52秒
矢口監督の作品は、いつも見終わった後、明るくなれるので毎回楽しみにしています。今回もラストシーンでのコンサートの盛り上がり方は、期待通りだったのですが、ストーリー部分が、歴代作品よりも弱かったので少し残念に思いました。特に、楽器を手に入れる手段と他のメンバーがいとも簡単に演奏に合流するシーン、合流してからさらなる特訓をして、グループとして上達するまでの経緯が、あまり描かれていなかったので、演奏レベルが、お客さんが感動して立ち上がるほどの完成度だとはちょっと思えなかったですね。他の出場校の生徒は、それこそ1年中練習して選ばれたメンバーが演奏しているはずなので、簡単すぎる上達ぶりに疑問が残りました。本人達が演奏してることを、大々的に宣伝でアピールしてますが、まだまだハラハラドキドキする演奏レベルなのは間違いないので、どうなんでしょう?ラストシーンが、プロも演奏するであろうお堅いイメージのコンサート会場ではなく、雪の中を走る電車でとか、田んぼの真ん中で自分達のためだけに演奏するとかだったらもっと楽しそうだったのかも・・・。でも、毎回思うのですが、矢口監督のキャスティングセンスはすごい!
★★★★
From: santiao(NO MAIL) 9月 13日(月)00時09分20秒
自分も昔吹奏楽部にいたということでかなり見る前からわくわくしていました。基礎練習の風景とか「あーこういうのやったー!」とかあまり本筋と関係のないところで喜んだりしていました。。話自体は正直荒削りな部分があるかとは思いますが、逆にそれが物語に勢いを与えているということはすでにここでコメントを書かれた方たちの言うとおり。最後の演奏は最高にかっこよかったですねー。見た後は爽快感でいっぱいだったので、十分合格点を与えられるできだったと思います。
★★
From: しまねこ(NO MAIL) 9月 12日(日)23時29分32秒
【ネタバレ少しありかも】最後の演奏は感動するけど…途中のご都合主義なストーリーや、ギャグは私には寒いだけ…全然笑えなかったです。自分が冷静になればなるほど笑えませんでした。もう少し、中身が詰まった話しかと思ったので残念です。会場は笑ってた人がたくさんいたので、私のような人ばかりではないと思います…私のような人の方が珍しいかも…。私にとっては、最後の演奏がなければ、★1個だったと思います。
★★★★
From: すーじー(NO MAIL) 9月 12日(日)23時14分55秒
大笑いして楽しい気持ちになりました。悪い人がいないお話って好きですー。
★★
From: むいむい、トト(NO MAIL) 9月 12日(日)18時18分00秒
ラストの演奏シーンがいかに感動しようが正直この手の映画はもういいって感じ・・・映画としての出来もおせじにも良いとはいえない代物だしWBでもう十分です。
期待しすぎてたせいか、ちょっと物足りないというかけっこうガッカリでした。
★★★★★
From: F-2(NO MAIL) 9月 12日(日)10時18分20秒
最高の出来!ではないけど(多少の粗あり)最高の気分!にはなります!必ず!そんなんで星五つです。最高でした。
★★★★
From: oiroht(NO MAIL) 9月 12日(日)01時18分27秒
前作「ウォーターボーイズ」はシンクロシーンに感動してついつい好評価したが、映画としては微妙な出来ではあったと思う。ある種二番煎じである「スウィングガールズ」は映画としての出来がかなりよくなったと思う。特訓シーンも前作はかなりコメディよりだったが今回は割と真面目でそれなりの説得力があった。ラストの演奏シーンもよかった。ただ、映画としての体裁が整っただけムチャなパワーが減ってしまったような印象があった。また、主人公を始めとする登場人物の感情的な掘り下げが足りなかったため、ちょっと感情移入しにくかった。ベタでも主人公と男の子との恋愛感情があったほうが感情移入しやすかったかも。
★★★★
From: K(NO MAIL) 9月 12日(日)00時31分32秒
野球・柔道・シンクロ・ロボットコンテスト…平凡な高校生達が何かに一生懸命打ち込み、ちょっとだけ成長する。うーん。またこの手の映画か〜今度はジャズか〜と思って観てしまう。もはや映画界ではこの手の映画のテンプレートみたいなものがあるんじゃないかと疑ってしまう。でもまぁ、テンポも良いし笑える場面もしっかり笑えたからいいか…。ただ、竹中さんが最後は消化不良な感じでしたね。
★★★★★
From: うに(NO MAIL) 9月 12日(日)00時18分45秒
はじめから終わりまで、たのしんで観ることができました。楽器やったことないし、あまり集団で何かやるってことに没頭した思い出は皆無なのですが。。。「これっていぐね?」 「んだんだんだんだ」    ってカンジですな。
★★★★★
From: ぽち(NO MAIL) 9月 11日(土)23時14分31秒
テンポが良くて 最後まで 楽しめました。急に上達してしまうのは 映画だという事で・・主役の女の子より 関口って子の方が かわいいと思った。^^v
★★★★★
From: ペコ(NO MAIL) 9月 11日(土)20時40分42秒
いいですねー 1時間50分の映画でしたが、無駄なシーンがなくてよかったです。でもいきなりとても上手くなるのには不思議でした? だけど役者の演技はビカイチだと思いました。見事なセリフ回し、所々のうまい ギャク、矢口監督は本当にいろいろ変わった映画を作るなぁ、と思いました。僕はたぶんこの映画は、日本の人じゃないと作れないと思います。ちなみに、最後の演奏は鳥肌ものです。おもわず拍手したいと思いました。   
★★★★★
From: きょろたん(NO MAIL) 9月 11日(土)20時32分12秒
とてもよい作品だったと思います。テンポも良かったし、なによりも演奏上手すぎだと思いましたね。鳥肌が立ったし、演奏終わった後は思わずスクリーンの中の観客と一緒につられて拍手しそうになってしまいました。私も吹奏楽部で、トランペットを吹いているので、初心者なのにあそこまで吹いたゆいかさんはすごいと思いました。むしろ自分は…って思っちゃいました。これは特に吹奏楽をやってる人には是非お勧めしたい作品ですね。
★★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 9月 11日(土)18時12分36秒
 今、勢いのある矢口史靖監督作品ってことでワクワクしながら拝見。WB以上に笑いを多く取り入れた作品でした。脇を固める役者陣も劇場版WBの流れを組んだ見事なキャスティング。主人公の鈴木友子(上野樹里)も良かったケド、関口香織(本仮屋ユイカ)のおっとりしながらも誰よりもひたむきにジャズに取り組む演技がよかったです。ただ、最後の演奏後すぐにエンドロールが流れてしまうので余韻を楽しむ間が欲しかった。追伸:今回、舞台挨拶に立ち合うことが出来て良かったです。生のスウィングガールズはみなさんとっても面白く&可愛かったです(上野樹里さんは、大阪で舞台挨拶の為、欠席。監督と他のガールズ&ボーイは全員居ました)
★★★★
From: とらっど(NO MAIL) 9月 11日(土)14時37分49秒
観終わって単純に「面白かった」と言いたくなる映画でした。予告編にあった良い意味でのくだらなさが全編に続いていて、疾走感があったからでしょう。「ジョゼと虎と魚たちで」嫌な役を演じていた上野樹里さんがドラマ的でコミカルな役を好演し、幅のある役者さんだなと感じました。ジャズ映画かどうかはわかりません。ただ音楽と甲子園wには人を熱くさせるものがありますね。拍手。