バットマン・ビギンズ

満 足 度
59.5%
回答者数97


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★
From: 壱参〇(NO MAIL) 8月 14日(日)22時09分40秒
うーん。こんなもんなのかな?とりあえず今回登場したバトマンカーの原型が乗りたいかなってかんじです。
From: kan(NO MAIL) 8月 4日(木)02時19分46秒
とにかく理屈っぽいです。正直、アクションとか期待するとこけると思います。なにやら訳分からん事が画面のあちら側で淡々と進んでいくだけで僕自身はおいてけぼりくった感じでした。ほんとテンション低いと思います。派手さが無いし、アクションシーンは接写が多過ぎて訳分からんです。動きの流れがさっぱり掴めませんでした。面白いと思った所は、武器とかスーツとかのガジェット類は渋くて僕は好きです。バットモービルとかのデザインもシリーズの中では一番好きかも。でも走ってるシーンの分かりにくい事、何処走ってんの?って感じです。とにかく僕が見たい視点とはまるで違う所にカメラが行く感じです。そっちじゃねーってのこっち見せろよ!って感じです。マイケルケンの執事は良かったです。
★★
From: ヴァイオリン(NO MAIL) 7月 30日(土)17時08分27秒
ちょっとこのテンションはないんじゃないのかなぁ。物足りない感じでした。ティム版の方が好き。
★★★★★
From: ぱん(NO MAIL) 7月 28日(木)14時34分55秒
もしかしたら万人受けする映画(仕上がり)ではないかもしれないけど、私はこの映画好きです。期待以上でした。キャストもばっちりだったけど、やはりクリスチャン・ベールでしょう!ひとつひとつの表情にも説得力があります。今後もベール版バットマンを観たい!
★★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 7月 27日(水)20時00分41秒
冒頭の収監状態に至る事情が不自然であるとか、人命にかかわる緊急事態で主人公がもたついているように見えるとか、あらがない訳ではない。しかし、ややご都合主義的であるもののバットマンというキャラクターが形成されていくプロセスにはひきこまれるし、このプロセスを支える動機に狂気がにじんでいるのも面白い。終盤の意外な展開とこれに対処する主人公の陽動作戦には興奮させられる。本作品では暗さや重苦しさもエンターテイメントの要素として機能している。
★★★★
From: 蝙蝠男(NO MAIL) 7月 25日(月)17時44分10秒
今度のバットマンの精神崩壊っぷりもなかなかですな。マイケル・ケインがいい味出してますが、ゲーリー・オールドマンはもっと個性的な役で出演して欲しかった。渡辺謙の役は日本人にはちょっと白けるよなぁ。このシリーズは個人的にティム・バートン監督の一作目のイメージが強いので最初はかなり違和感がありましたが、かなり楽しめました。三部作完結に向けて、まずはいいスタートを切ったと思います。
★★
From: 旧王語句(NO MAIL) 7月 24日(日)13時24分22秒
産目の夏って感じ
★★★★
From: リオン(NO MAIL) 7月 24日(日)01時48分45秒
<ネタバレあり>バットマンの魅力は、蝙蝠をモチーフにしたダークさとミステリアスさにあると思うのですが、本作は映像こそダークですが、やけに印象が即物的・骨太すぎて(アクションもそうだし、バットマンの体格もそうだし、007並みの武器を作っていく過程もそう)、バットマンらしさがあまり感じられませんでした。ミステリアスさの部分で、個人的にやはりティム・バートン版のほうが好き(特に異形のものへの愛着と悲哀が感じられた「リターンズ」最高)。本作は「犯罪者に蝙蝠のシンボルによって恐怖を与える」と言いつつ、バットマン誕生のウラを全て描きすぎているので、犯罪者は恐怖を抱いても、観てる観客にまでは恐怖が伝わってこないのが残念。空を飛び高層ビルを駆け上がるバットマンのアクションも、少し鈍重。ストーリー自体は面白かったです。やや長すぎるのが欠点ですが。水道水に毒を混入→でも水溶状態では無害→しかし実は…というアイデアは面白い。装甲車みたいなバットモービルもこれはこれで面白い。一番感心したのは、今までのバットマンがやっていそうでやってなかった、超音波で実際の蝙蝠を操るというワザ。これはバットマンらしくていい。俳優陣はオジサン俳優のオンパレード。マイケル・ケインが一番いい。渡辺謙は登場シーンは短いものの、面構えの異様さでインパクト大。あまりにあっさりした死に方だけは納得がいきませんが…。リーアム・ニーソンも悪くはないが、過去のシリーズの悪役・怪人に比するとキャラクターが弱い。序盤のシーンで渡辺謙を殺してしまわず、ラストに渡辺謙とリーアム・ニーソンの両方と戦うほうが、面白くなった気がします(病院で渡辺謙と戦い、モノレールでリーアム・ニーソンと戦うとか)。バットマンvs.日本刀を振りかざすサムライ渡辺なんて、バットマンっぽくて面白そうじゃないですか。これだけキャスト揃えた中で、ゲイリー・オールドマンがいい役というのはちょっと意外でした。ルトガー・ハウアーも、もっと武闘派・肉体派の悪役を演じて欲しかったなぁ…。モーガン・フリーマンの役はもっと機械オタクっぽいほうがいいと思うけど、それをやるとまんま007になっちゃうかなぁ。
From: 蛙帝国の逆襲(NO MAIL) 7月 22日(金)02時08分47秒
つまらん!最高につまらん!こんなつまらんバットマンはジョエル・シューマーカーでも作んなかったぞ。リアリティにこだわったつもりらしいが、そんなもの映画にいかに必要ないことかよーくわかった。まず、アクションが何が起こっているのかよくわからず迫力なし。悪役もインパクト薄すぎ。小道具も007もどきでダサい。これから観る人へ・・渡辺謙にはあんまり期待しない方がいいです・・。いや・・あまり深くは言うまい・・・深くは・・ガクガクブルブル
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 7月 19日(火)17時55分44秒
よかった、おもしろかった。バットマンをあんまり見ない人でも見られる。モーガン・フリーマンとマイケル・ケインはいいね。主役もかっこいい。渡辺謙はハリウッドでもっと主役として活躍してほしい。こうもりがすごかった。家はすごかった。
★★★
From: TAK(NO MAIL) 7月 18日(月)16時58分53秒
良かったとは思うけれどいまいち楽しめなかった。役者達は演技派がそろっていて良かったし、ストーリーも良く出来ていた。ただ今回はバットマン誕生がメインだから仕方ないけれど、悪役の印象が薄くなったのが残念だった。それといままでの4作と区別しているからだと思うけれど、あのテーマ曲が使われなかったのが個人的には残念だった。最後のシーンは良かった。
★★★★
From: マック(NO MAIL) 7月 17日(日)23時57分11秒
 これまでのバットマンの中では、秀逸だとおもう。人間的な物語も絡ませて、大人向けに仕上げている印象を受けた。コミック的でハデハデなものを期待した人には向いていないかもしれない。
★★★★★
From: is(NO MAIL) 7月 16日(土)23時21分21秒
スパイダーマンに劣らず、泣かせどころあり、アクションあり、ハラハラあり、盛りだくさんで楽しめました。渡辺謙はちょっと役的にがっかりでしたが、顔の迫力(目力?)は主人公にも負けていなかったと思います。
★★
From: ライチ茶(NO MAIL) 7月 15日(金)20時04分26秒
ヘビーでシリアスな物を作ろうとして鈍重になってしまってると思います。かっこよさが感じられないんです。そんなバットマンまずいでしょう?バットモービルがカッコ悪すぎだ!!ただマイケル・ケインが素敵だったのと、ラスト近くのコウモリがバーっと入ってくるシーンが良かったので☆1つオマケ。
★★★★
From: マル・なしっ!(NO MAIL) 7月 15日(金)04時21分14秒
単なる勧善懲悪的なアクションとは一線を画す出来だと感じました。ストーリーが丁寧に仕立てられていて、先に観たSW・EP3に若干感じられた、いわゆる馴れ合い的進行はなかったと思います。ただ、もう少しでも時間を絞ってくれたらな、という思いがあったので、星ひとつ減らしました。
From: けつあご(NO MAIL) 7月 14日(木)21時14分33秒
無駄で退屈なシーンが多くて途中で飽きた。アクションも暗くて何やってんだかよく分からなかった。渡辺健いらねぇ、、よくハリウッド映画に出てくる怪しい日系人でよかったんじゃない?まるで駄目だな、この監督
★★★★
From: まつごろう(NO MAIL) 7月 12日(火)01時04分27秒
〈ネタバレ的なものあり〉バットマンシリーズは一度もみたことがなかったし、スパイダーマンの類(超人系?)で、コウモリに噛み付かれてああなったんだ…くらいにしか思ってなかった(笑)。そんな私が観たからなのか、楽しめました!!まず驚いたのが、仮面やらマントやらコウモリの形した手裏剣?みたいなやつが全部特注品でブルース自らが塗装までしちゃってることです。凝ってるな〜と関係ないことで感心しちゃったり。バットマンカーはスポーツカーみたいなイメージがあったのに、今回のは戦車みたいでした。パトカーをなぎ倒し、踏み潰し…。バットマンビギナーの私は、ごく単純に「バットマンてこんなふうなのね〜」と楽しめたし、退屈しなかったです。後から考えると突っ込みどころは多々あるけれど、深く考えてみるものではないな〜と思います。それにしてもバットマンといい、サンダーバードといい、なんで金持ちが正義の味方なのでしょうかねぇ…そりゃ金があれば、なんでもできるし、強い武器もつくれるでしょうよ…。
★★★
From: あにま(NO MAIL) 7月 10日(日)20時15分50秒
話が長いのがちょっと・・・。バートンのほうがよかったな
★★★★
From: エキスポランド(NO MAIL) 7月 10日(日)00時59分27秒
楽しめましたが、アクションシーンがもうちょい長ければよかったな、バットマンをもっと見たかった。渡辺謙は話題集めのためだけに出されたんだな。彼じゃなくてもよかった、いや彼じゃないほうがよかった
★★★★
From: めいめい(NO MAIL) 7月 9日(土)01時47分13秒
俳優陣に惹かれたシリーズ未見派ですが、面白かったです〜。前半確かにたるい所もあったし、あらすじをつらつらと述べたらつまらなさそうだし、実際展開が読めないことはないんですけど……お、面白かった。なぜだ(笑)伏線が効いてるし、台詞がいちいち効いている。執事さんサイコー。一番彼が好きだったかも。これまでの作品を見たくなりました。最後のつなぎ方がうまいんだもん!でも忍者には笑っちゃったので星ひとつ減。いやツッコミ甲斐はありましたけれども。以前イギリス人に「どんなに国際交流が進んでても、やっぱり極東は(西洋人にとって)ミステリーなんだよ〜」と言われたことを思い出しました。…なるほどなあ。
★★
From: にゃんぴょう(NO MAIL) 7月 8日(金)19時54分24秒
なんだろうこれ…みたいな感じでずっと見てました。渡辺謙出ないほうがよかったんじゃないか?けっこう評価がよくてあれれって思ってます。過去のバットマンをちゃんと見てないせいもあるのかなぁ。ヒマラヤ?の山奥に何で忍者屋敷みたいなのがあるんだろうとか考えててあんまり入り込めなかったです。あ、でもリーアム・ニーソンとマイケル・ケインはステキでした。
★★★★
From: ぶた(NO MAIL) 7月 7日(木)23時31分44秒
 かなりおもしろい!バートン版も好きだったけど、僕は断然こっちが好きです。前4作までのアメコミ然とした世界観が苦手だった人も、ヒーロー・アクション物が苦手な人も、是非ご覧下さい。僕もそうでした。スパイダーマンでさえいまいちと感じたけど、これは面白かった。  前半は確かにテンポが悪いと感じるかも知れません。特に、バットマンをほとんど知らなくて、彼氏に連れられて来ましたみたいな女の子には退屈でしょうね、前半は。とにかく急に入りますからね、ポンポーンと。それでもやはり、全て必要なシーンの連続だと思います。個人的にはまったく退屈ではなかったです。 「ブルースが流されている」と言う方もいらっしゃるようですが、どうしてどうして。言葉にこそしないものの、彼はしっかりと考え取捨選択しています。殺さないこと=偽善者という意見には同意致しかねますが、確かにそれで犯罪を駆逐できるのかは疑問と言えば疑問。しかし、それはブルースも作品中でしっかりと悩んでいます。殺さずに、犯罪者に恐怖を植え付けようとする彼の「演出」に、私たちはブルースの葛藤を見るのではないでしょうか。「犯罪への怒り」と「父の血を継ぐことへの誇り」との間で揺れるブルースの葛藤、そこにご注目下さい。 ご都合主義は、極力排除されています。ブルースが何故あそこまでやるのかはもちろん、どうやってあんな道具作ったんだよ、とか、あんな秘密基地できるもんかい、とか、そんなに強くなれるんかいな、とか、とにかくこれまでのナゼ・ナニに真摯に向き合おうとしています。「説明すべきものはちゃんと説明しよう」という製作者の意図が伝わってくるようです。「ヒーロー物なんだから、まあ、ね」というような妥協はほとんどないです。そのお陰で、「そんな無茶な…」とか「なんじゃそりゃ…」といった、ヒーロー物を観ている時にありがちな、あの冷めていく感覚はなかったです。 バットモービルは確かにカッコ悪い。でもリアルです。あれなら確かに、車も壁もガンガンぶっ壊して走れるなあ。そして、あれだけ破壊した街並みの復興には、きっとウェイン財団からかなりのお金を出すんでしょうね。だからこそ、ブルースはやりたい放題やる。ウェイン家の御曹司としても、バットマンとしても、丸く収まるようになってます。勝手な想像ですけど、そのへんまで辻褄が合ってました。 何より、バットマンが怖いのが良いです。怖カッコいい!犯罪者たちの感じている恐怖を描くことに、監督は成功しているように思います。バットマンと他のアメコミ・ヒーローとの違いは、やっぱりココなんですよね。これについては、バートンでさえいまひとつ描けていなかったように感じます。シューマッカーは論外ですが。 豪華俳優人については、全く問題ないかと。十分に生かし切れています。粋な台詞まわしにもご注目を。時間についてですが、僕は「まだ終わって欲しくないな」と思いながら観ることができました。ノーランが監督をした意味は、十二分に出てるんじゃないかな。 ホントは5つ星にしたかったけど、ひとつ減らしたのは以下の理由。(ネタばれあり…って今更ですが) ・下の方も書いてますけど、あの東洋世界(ブータンらしいですよ)は奇妙奇天烈です。チベット風の世界に忍者って…。リーアム・ニーソンが「ninja」と口にした時は軽く失笑しました。欧米人は忍者すきだなーって。あの辺は、「まあアメコミだから…」と自分を無理やり説得しましたけど。あと、途中の村落のおじちゃんが英語喋るのも変。もっと言えば、影の軍団がアジアの山奥にいるという設定も変。ヨーロッパやらの歴史に影で関わってきたんでしょ!あんな所にいたら情報も行動も取り難いよ。 ・ブータンのあの屋敷が爆発したときに、リーアム・ニーソンが簡単にやられちゃいすぎです。クライマックスで大ボスだって分かったときに、逆に笑えます。「オマエ、あそこでさっさと死にかけてたじゃん」って。  Etc.
★★
From: speakeasy(NO MAIL) 7月 7日(木)18時07分54秒
う〜ん、評価は迷いました。重厚で格調高い映像。名優達の華麗な競演。評価したいところなのですが、また観たいか、と自分に問えば否なので、面白くなかったと言うべきなんでしょう。「ブレードランナー」や「未来世紀ブラジル」「エイリアン」等は、あの圧倒的な世界観や映像に魅せられて何度も観たいと思うけど、これはなー。以下、ネタばれあり。監督は、バットマンを再構築したつもりなんだろうけどはたして成功したと言えるのか疑問。才能はあるとは思いましたけど。結局、コミカルで荒唐無稽な部分は捨てられないのだから、なんかシリアスに重厚にするほどやっぱりその部分が変に浮き上げってしまってました。真面目にやるほど間抜けに見えてしまうのです。ゲーリー・オールドマンは好きな俳優だけどここではミス・キャストだと思う。冒頭の中国だかチベットだか日本だか訳のわからない東洋の世界も東洋人からするとなんだかなーと失笑の世界でした。よく西洋人の監督は、東洋の奥深い禅問答のような精神世界を描きたがるけど、よくわからない西洋人の観客にはなんだか分からないけど、すごいなーと思わせて効果的なんでしょうね。(笑) ヨーダとスカイウォーカーなんかもね。しかし、渡辺も可哀相な扱いでしたね。マスターのはずなのに強さも全然普通でさ。んで、あの落ちでしょ。あの役はもっと老人のようが良かったのだろうね。取って付けたような髭も変でした。あと西洋人の殺陣は、やっぱり緩慢で遅くて大雑把で見てて面白くないし飽きますね。それに何度も見たような冗長な動きなんだもの。もっと斬新な動きやショットが見たかった。ブルース・リーなんかの動きを最初に観た時は子供心に鳥肌立ったもんなー。んで、ブルーズの敵役・相方の西洋人のキックとかが、足が曲がっててスピードも遅くて子供心にかっこ悪いなーとも思ったけど、この映画も大差ないですね。まぁ、マトリックスのキアヌの動きよりはマシだけど。「宇宙戦争」と同じく、この作品も9・11以後のアメリカ人の喪失感や陰鬱な気持ちを投影しているね。ゴッサム・シティーなんてもろNYCっぽいもんね。それで監督や製作側は、SF映画を作りながら現代のアメリカにもメッセージを発してるつもりなのかもしれないけど、私に言わせれば、「宇宙戦争」にしろ、百億超という巨額を投じて映画作って、地球の資源を浪費してスクラップにして、何も残らない虚無感のほうが空しく思いました。私と同じく、一度見れば十分と思う人が大半だろうし、公開直後の週は集中して売上げを上げるけど、翌週にはランク・ダウンして、すぐにDVDが発売になって。。。という短いサイクルの消費がさらに空しい。ああ、もったないと思うよ。これだけ大金かけてんだからさー、なんか残るものにしてほしいよねー。これ観て、なんの影響も受けないし、エネルギーも湧きません。こうしてみると、日本の優れた漫画というのは安上がりで凄い媒体だよね。絵もキャラも話もずっとずっとイマジネーションに溢れています。また、全部このように映像として見れないので、その分、人間の頭で想像する部分もあるしね。まぁ、とは言え、週代わりで収益トップを競っていた「スター・ウォーズ」もついでだから観ますけど。(笑)
★★★★★
From: 烏賊でびる(NO MAIL) 7月 7日(木)09時49分47秒
旧来のバットマンシリーズとは切り離して見た方が違和感なく見れた気がします。主演のクリスチャン・ベイルは『リベリオン』の頃から好きな俳優さんだったので目を離せませんでした。ラーズ・アル・グール役のリーアム・ニーソンもいい味出してましたし、ケン・ワタナベ、出番が少ないのは残念でしたがみょーにインパクトがあって好きでした。そしてとどめのゴードン役のゲイリー・オールドマン!有難う!クリストファー・ノーラン監督!!と、キャスト賛美したところで星5つ付けさせてもらいます。
From: 最悪のさっちゃん(NO MAIL) 7月 6日(水)19時27分00秒
多分この監督ティム・バートンが嫌いなんだろなぁバートン版で両親がジョーカーに殺される場面がちゃんとあるのに勝手に変更しちゃいかんよ冒頭からテンポ悪くて睡魔との闘いだった
★★★★★
From: yuki(NO MAIL) 7月 6日(水)05時57分08秒
今シーズン一番の出来。
★★★
From: ぱちーの(NO MAIL) 7月 5日(火)23時03分51秒
並みのハリウッドアクションに比べれば、楽しく時間を過ごせた。がしかし、これは「メメント」クリストファー・ノーラン監督作なのである。残念ながら彼がバットマンシリーズを撮る必然性まで感じ取ることはできなかった。いくら才気あふれる監督でもアメコミのそれもシリーズ作をモノにするのは厳しかったといわざるを得ない。なぜこれを引き受けたのか?やっぱり金か?MI3のフィンチャー(降板したっけ?)が心配でならない。
★★★★
From: さかっち(NO MAIL) 7月 5日(火)19時16分29秒
2時間30分、長いかな〜と思ったけど、それほど気にならないくらいあっという間だった。昔好きだったブレードランナーのレプリカント太ったな〜と懐かしみながら楽しめました。
★★★★★
From: リチャードまる(NO MAIL) 7月 4日(月)12時42分31秒
今までのバットマンの中で一番良かった。過去のバットマンは、いかにもアニメの実写版!という感じで、敵が派手なだけでバカで、完全に子供だましという感があった。だから嫌いだった。今回のはバットマンの過去がとても丁寧に描かれていて、スパイダーマンと同じように人物描写に非常に力を入れているのが良かった。やはり映画は、そのキャラがどんな人物で・・・、どんな理由で・・・、どんな過去があって・・・、というものが見えないで、ただボカボカ戦ったり飛び回ったりしてても、何も感動しないのだよ。ということで、かなり痺れたので、皆さんお薦めです。
★★
From: 潔癖おやじ(NO MAIL) 7月 4日(月)12時21分56秒
やっぱり原作がコミックなのだから今までの痛快なノリのバットマンの方が良かったと思う。兎に角、退屈なシーンが多くて眠くなった。今回のはバットマンカーがカッコ悪いしブルース役の俳優の目の脇にあるイボが気になった。渡辺健の登場シーンもわずかで存在感無し。唯一良かったのはゴッサムシティーのリアルな特撮(ミニチュアだかCGだかわからなかった)
★★★★★
From: Tigre(NO MAIL) 7月 3日(日)10時12分54秒
ここまできちんとした物語に仕上げたことが素晴らしい。クリストファー・ノーラン監督をはじめ、作り手の高い志が画面から伝わってきました。敬服します。
From: ろん(NO MAIL) 7月 3日(日)09時39分10秒
何度、あくびをしたことか!ドラえもんの友人さんの書き込みにほぼ同意見です。ティム・バートン監督のバットマンが好きな私にとってはつまらない作品でした。格闘アクションはダニーザ・ドックを見たあとだと全然面白くないし、後半の迫力?シーンも、宇宙戦争を見たあとだと、たいして迫力も感じなかった。大人向けだとか子供向けだとかで選別できる映画ではないが、大人向けというなら、スパイダーマンの方が全然大人向けだった。この作品はものすごく真面目な子供が一生懸命考えて作った作品って感じがする。
★★★
From: 上昇(NO MAIL) 7月 3日(日)05時47分01秒
前評判が高かったので期待しすぎたか?正直期待はずれだった。主人公の唱える「正義」というものが曖昧だし、何よりバットマンになるまでが長すぎる。理屈っぽくバットマン誕生までを描くが却って馬鹿馬鹿しさが倍増。アメコミ映画なんだから端からもっと荒唐無稽で格好良くないと!変にリアリティを出そうとするから駄目になる。この辺はスパイダーマンを見習って欲しい。又、カット割が多すぎる。バットマンが敵と戦う際の動きが見えない。製作者は何を考えてるのやら。こういう所でもっとバットマンの格好良さを表さないと!ただでさえ夜に真っ黒の衣装で見え難いんだから!昨今の映画同様この映画も露骨に9.11テロ以降を彷彿とさせる内容があるがやはり映画もこの呪縛から解き放たれるには時間が必要なのか?脇の俳優の豪華さには満足した。
★★★★★
From: りぃど(NO MAIL) 7月 2日(土)20時25分50秒
バートン版に対して愛着が無いので、こちらの方がずっと好み。多少、おカタい作りではあるんだけどね。心に潜む「闇」を真面目に、真面目に追求していく。やや生真面目すぎるところはあるけど、この姿勢、決して悪くないと思う。金持ち坊やが一人前の大人を目指す映画としても、よく出来てる。手堅い映画だなぁ。監督の力を感じる。震えるような豪華キャスト。脇のオジサマ俳優がみんなイイ味出してて嬉しい。しかしなんと言っても主演のクリスチャン・ベイル!「マシニスト」の骸骨ボディがウソのような肉体美。恐るべき根性である。なんちゅう男だ。大人の顔の裏に少年っぽさを同居させた、繊細な演技が素晴らしい。最高のブルース・ウェインだ。大スクリーンで彼を見れるなんて…幸せだなぁ(笑また印象的なフレーズも数多い映画。這い上がるため!決して!行動で決まる!そっと背中を押してくれる言葉をありがとう。
★★★★★
From: ちゃーりー(NO MAIL) 7月 1日(金)19時53分06秒
バットマン・リターンズより面白いバットマンが見れるとは思ってもいませんでした。宣伝見た時はスターウォーズっぽくて嫌な予感してましたが、全然そんなことはなく、すごく丁寧に作られてて面白かったです。クリスチャン・ベールは歴代のバットマンの中で一番バットマンっぽくていいですね。父親の転落したのは這い上がるためだの台詞にはジーンときました。   
★★★★
From: 観月郁(NO MAIL) 6月 29日(水)22時56分30秒
正確には星3つ半なのですが、脇を固める俳優陣の演技力としびれるバットマンカーでおまけの4つ。デートにはおすすめです。大切な人を連れて行ってあげましょう。
★★★★
From: ひろ(MAIL) 6月 29日(水)10時58分36秒
バッドマンに詳しくなくても楽しめる内容でした。バギーカーのシーンが良かった。
★★★
From: kwest(NO MAIL) 6月 27日(月)18時05分11秒
個人的に評価の難しい作品になってしまった。正直、ティム・バートンが作り出した前シリーズのバットマンがあまり好きで無かったので、今作の方が好感が持てる。ただ、正確に言うとバットマン自体は前シリーズの方がスタイリッシュで格好良かった。少々地味になった印象を受ける。ティム・バートンの手により復活した第一作目の一番最初のバットマンの登場シーンが無茶苦茶格好よかった。ひったりの前にふわりとバットマンが現れた時には、その格好よさに痺れたのだが、今作では実に地味な登場シーンでがっかりした。この辺がバットマン・フリークで無い監督の愛情の足りなさかもしれない。バットモービルも今作では今までに無く大活躍なのだが、格好悪い。バットマンの乗り物は、どこか蝙蝠を連想させるデザインなのに、今作のバットモービルは装甲車そのもの。この辺は007大好き監督の乗り物へのこだわりを感じてしまう。前シリーズではとにかく適役が気持ち悪かった。特にリターンズでダニー・デビートが演じたペンギンはあまりの汚らしさに吐き気する催してしまう。今作では適役がそれぞれ個性が立っているし魅力もある。ゴッサムシティも良い。前シリーズではまるで箱庭のような狭さを感じていたのだが、今作ではその巨大さがCGを駆使して描かれている。生活臭を感じる近未来都市といった感じ。バットマンはスーパーマンやスパイダーマンとは違って普通の人間。スーパーリッチで金にあかせて作った最新装備で戦うのだが、普通の人間なので怪我もするし気絶もする。その辺が良く描かれてある。よく練ってあるストーリーなのだが、やや長い。もう少しテンポ良く2時間以内にまとめた方が良かった。途中、見ていてだれてしまう。主演のクリスチャン・ベイルもなかなかはまっていて良いのだが、顔が長くてバットマンになった時に間延びして見えるのが残念。個人的につぼにはまった箇所が幾つもあるのだが、「面白い」と人に推薦できるかと言えば疑問。
★★★★
From: ナポドットコム(NO MAIL) 6月 26日(日)20時05分30秒
あまり期待はしていなかったが、面白いという噂を聞いたので観に行ってみたら、これが意外に傑作。ヒーロー映画というジャンルの中では、トップの方の枠に入る作品だと思った。
★★★
From: デイウォーカー(NO MAIL) 6月 26日(日)03時06分21秒
バットマンになるまでの過程は、楽しめた。ヒーローと言っても、中身はただの人間なので何故強くなれたのか疑問でしたが、凄まじい修行で強くなれたのなら納得。バットマンのスーツや武器がどうやって作られたか等の疑問も見事に消化できていたと思います。バットモービルが出なかったのがちょっと残念でした。しかしバットマンになってからがあまり面白くない。原因として、アクションシーンが短い。暗いシーンが多くアクションも何をやってるのかわからない。あまりバットマンの姿を見せずに敵がやられていくのを観てもスカッとしない。悪の親玉のキャラも弱い。もっと、ぶっ倒したいと思わせる悪人をボスにして欲しかった。バットマンとしての活躍は、1作目が最高でした。続編も噂されてますけど、ストーリーは1作目に繋がったのにできるんでしょうか?
★★★★
From: ぶわははははははっはあははは(NO MAIL) 6月 26日(日)00時14分34秒
面白いわー安心して観にいっていいんでない?自分はある程度ストーリーがちゃんとしてないと駄目なんですけれどもそーゆー点でも文句ナッシングでもありゃかなり人死んでるんじゃないの?wライトセーバーぶーんぶーんよりよかったです
★★
From: イドラゼン(NO MAIL) 6月 25日(土)21時45分41秒
うーん、どうなんでしょう・・・・。確かにテンポも悪くないし飽きさせない内容だけど、いまいち面白みに欠けている気がします。俳優人は豪華だっただけに、非常に残念。
From: こうもり怖い。(NO MAIL) 6月 25日(土)17時54分23秒
すごく真面目に丁寧に製作されている映画なのに、こーもダラダラとイタズラに長く、盛り上がりに欠けるアクションシーンとくれば・・・。つまんないです。スパイダーマンというお手本があるのだから、もっとなんとか出来ただろうに・・・。ジョーカーのカードを見せられた時は、一瞬「闘う気とちゃうやろなー、もー時間やで!」とツッコミ入れて、マジやったらどーしよーって心配した。いい加減おしり痛かったし。この調子で続き作られたら、ちょっとかなんなー。
★★★★
From: ぴっける(NO MAIL) 6月 25日(土)16時17分02秒
完璧な『ビギンズ』でした。そこのところに痛く感動しました。ただし…長過ぎます。バットマンになろうとしていく過程は好きですね。金持ちって絵にすると面白すぎます。できればテーマ曲もバートン版でいってほしかった。本当は3.5でしょうが予想を超えた出来栄だったのでおまけの★4つです。
From: ドラえもんの友人(NO MAIL) 6月 25日(土)15時21分39秒
バットマンは特殊能力のないフツーの人なので、様々なアイテムを駆使して悪と戦うわけなんだけど、この映画にはそういう部分(戦闘場面)が希薄なだけではなく、戦闘演出そのものがドアップで誤魔化すものばかりなので非常に退屈(しかも秒単位で終わる短さ)。バットマンそのものをハッキリと写さない演出が、これに拍車をかけていて、暗がりで行われる戦闘は「何が起こってるのか」さえ、私には分からなかった。ビジュアルが現代風になったこと、怪人不在(スケアクロウは戦闘になるとマスクをはずす始末)、戦闘シーンそのものが非常に少ない&短いからって、この映画を「大人向け」と判断するのは早計でしょ。バートン版が素晴しかったのは、バットマンの格好良さや奇抜なビジュアルによるものではない。ごく普通の人間が常軌を逸して怪人になるということを、悪役だけではなく主役であるバットマンにも適応させたことにある。バートンの眼差しは、仮面を被らねば自分を表現できない心の内(闇)に向けられており、二作目「バットマンリターンズ」で、最後にマスクを脱いだブルースウェインは、自らの闇を克服した。ここでバットマンという物語は完結した。なのに、本作では恐怖の象徴たるコウモリは、単なるシンボルに成り下がり、復讐者であったバットマンが誰も殺さない偽善者になった。これが「子供向け」ではなくて、なんと言うのだ!!本当に正義のためだというのなら、最後の列車内でのボス戦は必要ない(バットモービルで自分が直接、手を下せばいい)。復讐者にならない、悪人は裁判所に届ける、人殺しはしないのであれば、リーアムニーソンは助けるべきだった。主役であるブルースウェインは自分で考えることはせず、周りの登場人物が大事なことを言ってくれるので、ただ流されるだけの印象。悪人の気持ちを分かるために、自らを極貧街に身を寄せるエピソードは、幼なじみの彼女が引き金になったかと思うと、頭が悪すぎて情けなくなる。ノーラン監督ははブルースの父への思いを大切にしようとしているが、ならば師匠であるリーアムニーソンに父の面影をみたりする演出を入れたりすれば、最後の対決も盛り上がっただろうに。まぁ、アメコミ演出を嫌った、サスペンス畑の監督には思いもよらないことなのだろうが。駄作だ。
★★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 6月 25日(土)14時05分17秒
過去シリーズはあまりにもアメコミの色合が強すぎて、自分の趣味に合わなかったため未見(やたら派手な敵役とか)。今回は予告を観た限りでは、今までとなんか雰囲気が違ってる感じがしたので恐る恐る観てきました。映画全体を覆う雰囲気がとにかくダークでいい! 作品のドラマ性も高いし、なおかつハードで重厚。シブイです。金にものを言わせ巨悪に立ち向かうところなんかも、逆になんかヤバメでいい感じ。また「彼はなぜ悪に立ち向かうのか」「なぜバットマンなのか」といった基本的なことから始まり、各アイテムを手にした理由などの細かいところまで、一つ一つの事柄にキチンと設定を与え、地道にリアリティを重ねていったことにより、バットマンという架空のものがリアルなものとしてこちらに伝わってきました。やはり大ボラふくときは、馬鹿らしいまでのリアリティの積み重ねがなくちゃいけません。オトナのバットマン、大賛成です。あの破壊集団、過去の仕事がデカい割には、ゴッサムつぶしはなんかやたら取ってつけた感が… チト無理やりっぽいので★1つ減。
★★★
From: めごち(NO MAIL) 6月 25日(土)10時31分31秒
映画としては非常に楽しめました。しかし「バットマン」映画として評価すると、原作ファンとしてはいまひとつ。一般客層の鑑賞にも堪えうる物語のリアル感や説得力に重点を置いたことにより、原作の持ち味である「狂気のダークヒーロー」と言うべき核の部分が薄れてしまった感じ。そもそも、ゴッサムに狂気が感じられない。ゴッサムが荒唐無稽な狂気な世界であるからこそ、正義も悪も狂気に憑かれた者が集まる。この部分がバッサリ無視されて、悪に対する絶対的な善は時として悪と同化するというアンチテーゼ的な部分ばかりが縁取りされてしまった感じ。まぁ、この作品はあくまで「始まり」であり、できれば同スタッフ,キャストでの続編で悪と敵対していく中で、徐々に狂気のヒーローへと変貌していくウェインを描いて欲しい。ダークナイト・リターンズへと繋がっていくくらいのシリーズになってくれると嬉しい。
★★★★★
From: fine(NO MAIL) 6月 25日(土)08時33分45秒
バットマン初めてでしたが、楽しめました。ダークな感じ、重厚な脇役陣、金の掛った映像、人間性を感じるストーリーどれもよかったです。このキャスト、スタッフで、契約通り?続編作ってほしいです。
★★★★★
From: かんざし(NO MAIL) 6月 24日(金)11時03分52秒
長めの尺にもかかわらず、時間の気にならなかった映画です。大人向けで、とてもリアル。私が今までアメコミ映画を見て感じていた、無理やりだけどアメコミだし、という感覚は覚えませんでした。バットマンのスーツなど、自分で用意していくシーンも、クリスチャンの真面目さ、好演だったので抵抗なく見れたし。人間味のあるヒーローでした。バットマンのときの台詞の言い方が非常に私好みで、一人でニヤニヤしてしまいました。あとは、脇が豪華ですね。ゲイリーはいい人で可愛くて、ちょっとびっくりでした。日本人としてはやっぱり、渡辺謙さんに注目しましたが……短い、残念。ありえないと思いながらも、クリスチャンの誕生日パーティーのあの後ろ姿で、まさか再度登場!?と期待してしまったり。友達にも勧めてみようと思える映画でした。また見たいですね。
★★★★★
From: yuji(NO MAIL) 6月 23日(木)09時23分29秒
バットマンを全部見ていますが、前作までのドタバタは大人にはちょっとつらかった。途中で「いかん、いかん」と思いながら居眠りしてしまいました。今回は本当におもしろかった!架空の街、架空の世界観で楽しませてもらいました。素直におもしろかったと言いたい。(渡辺謙をきちんと出してほしかったですが)姿はアメコミ・ヒーローですが孤独感、もどかしさ、切なさ、大人ならわかる、という感じがします。もう一度見たい映画です。
★★★★★
From: シンタロオ(NO MAIL) 6月 23日(木)02時31分59秒
かなり良い出来の映画。ストーリーは起伏に富んでいて2時間30分?全くダレず最後までワクワクできた。20代に7年間も放浪って凄い。これくらい真剣にやられると見るほうもマジになってくる。キャストはほとんど文句なし(但しケン・ワタナベの白いヒゲはチョット…)ベールは肉体・マスク・陰影のある演技が素晴らしかったし、Lニーソンはアクションとカリスマを感じさせる堂々たるボスを見事に演じた。スケアクロウの人も魅力的でファンになった。脇を固める豪華すぎる面々も役になり切っていて、GオールドマンとRハウアーはキャスト名見るまで本人とわからなかった程(笑)アクションも非常に良かった。アップばかりでよく分からないシーンもあったけれど、バットモービルが街を破壊しながら走るシーンは是非映画館で見るべき凄い迫力。美術は、都市の上層と下層でもう少しメリハリがあっても(上層はもう少しケバクても)良かったかもしれないが、金のかけ方が豪勢で気持良かった。VFXも豪華かつ効果的に使われており実写との違和感が無かった。特に大量のコウモリのシーンは素晴らしい。とにかく、迷っている人は是非映画館で見るべき。PS 管理人様いつも利用させていただいて感謝しております。この掲示板は多くの人が参考にしているので、公正な評価を維持して頂きたいです。「ティム/バートン」と「とんでもないとんでもない」「フロンターレ川崎」と「バッドマン」と「大human」こいつらはそれぞれ同一人物ですので、お手数ですが、重複書き込みを削除願います。
★★★★
From: KT(NO MAIL) 6月 23日(木)00時33分59秒
過去のシリーズは回を増すごとにつまらなくなって行ったので、正直期待しないで見たが、今回は面白かったですよ。豪華なキャスト、他作品へのリンクなど見どころは多いです。最初のエピソードが冗長過ぎることと「なぜチベットで忍者が…」ってのが難ですが。渡辺謙は…やっぱり勿体ないなぁ。もっと出番増やして欲しかった。
★★★★
From: しゃーらっく(NO MAIL) 6月 22日(水)19時46分26秒
アメコミものにしてはシブイ作りですが楽しめました。クリストファー・ノーランを抜擢したのは正解でしたね。英国俳優を中心としたキャスト陣も皆良かったです。
From: danna(NO MAIL) 6月 22日(水)19時09分23秒
普通に見れました。ただ、「バットマン」としてみると★1つになってしまう。役者たちは豪華でよいが、それぞれの個性をあまり出せていないように感じた。列車事故は偶然にしろ、あまりにも時期がぴったりしているので、敏感な方はご注意を。
★★★★
From: アイシャ(NO MAIL) 6月 21日(火)23時28分02秒
あまり前知識を入れずに見に行ったので、役者陣の豪華さに驚きました。モーガン・フリーマンは看板(ミリオンダラー・ベイビー)に始まり、予告編(ジェット・リーの映画)、そして本編と、出ずっぱり?でした。働き者ですね。ゲイリー・オールドマンは、あまりにいい人過ぎたので、これはきっとよく似た役者だと、途中まで疑って見ていました(笑)。ストーリーは、まじめに検証するとあまり説得力がないのですが、何よりもバットマンの作り方、面白かったです!あと、お金の使い方が爽快でした。しかし、事実は小説よりも奇なり・・・偶然に驚きました。ただ、映画館に電車シーンについて製作者側にその意図はない云々の断り書きがありましたが、そこまで今の日本社会では要求されるんですかね?
★★★★
From: YK(NO MAIL) 6月 21日(火)22時43分02秒
ナカナカ良かったです。前(4作ですか?)を全く観ていなかったのですが今回の分だけでスンナリ理解できましたし、違和感なかったです。渡辺謙に期待していたクチですが、どうやらおいしい所はリーアムニーソンに持って行かれてしまいましたね。あとは個人的にスパイダーマンの方が好きなので★は4つまでですね。#下の方にもありましたが電車事故の描写は痛々しかったです。製作者に文句言えるものではありませんが・・・。
★★★★
From: QQQQ-WIFE(NO MAIL) 6月 21日(火)20時25分25秒
「続編を!」なんてセンスでは困ります。これから、始まッて終わるのです。ただ、謙サンの役柄がアレでは、勿体無い。ただ市場としてのjapan意識か?それと、意図的な悪評を別にして、落ち着いて気ましタネ。良かったです。
From: うみ(NO MAIL) 6月 21日(火)19時51分46秒
正直いって、つまらなかった。アメコミ映画ってやっぱり理解し難い!!役者もとりあえず揃えました感じするし。クリスチャン・ベールはあれはあれでよかったけど、アノ人はもっと個性的な役柄の方がいいと思った。同じキャストでの続編は絶対に控えて欲しいものです。
★★★★
From: ハゲ(NO MAIL) 6月 21日(火)06時19分05秒
過去のシリーズとはリンクせず、再スタートの作品。ビギンズと言うだけあって、色々な「何故?」に対しての説明がある。あまりにイチイチ説明があり、くどいくらいで笑った。「バットマン」の説明にこだわる故に話の幅が狭まってる気もする。今回の敵は腐った世界をどうたらとか言う、ハルマゲドン軍団なのだが結局は、いつもどおりゴッサムシティー限定の話になるし。口上と実態がつり合ってない感じ。でも面白かった。後半、ゾンビものを思わせる展開もあってお徳だった。よく「普通」だと言われるけど、たしかにこれ観ると1,2作がいかに異常だったかが良く分かる。でも、よく見るとちゃんと変態臭さ(笑)もあるよ。だってバットマンだもん。マイケル・ケインがアルフレッドって時点で濃密なヤバさですがな。その上、地下でブルース・ウェインとゴソゴソ楽しそうにバットマン計画に邁進。ややダレる部分もあるが、久々に他人に薦められる映画でした。
★★★★★
From: あらいぐまラッセル(NO MAIL) 6月 20日(月)23時44分12秒
すごくよかったなんといってもクリスチャンベールのバットマン最高!トラウマを抱えた暗さのあるバットマン役にぴったりのキャラだと思うまた執事のアルフレッドとブルースお坊ちゃまの絆がよいですね。「僕を見捨てない?」「NEVER!」だったっけ(うろ覚え)あと唯一のラブシーンでヒロインの口元がひん曲がっていたのが激しく気になった。それまで美人だと思ってたのに、一番綺麗に写るべきところでアレはないだろう。
★★★★★
From: ももも(NO MAIL) 6月 20日(月)10時20分30秒
いやー正直期待していなかっただけあって、面白かった!特に良いのがやはりバットマンができあがるまで。アクションもちゃんと繋がった動きだし、ギャグもさむ〜いアメリカンジョーではなかった。(少なくともいままでよりは)ちょっと哀愁漂うバットマンも良いね〜
★★★★★
From: EXPO(NO MAIL) 6月 20日(月)02時16分12秒
渋い!全4作が、回を重ねるごとにグレードダウンしてたので期待はしてなかったのですが、別物です。心理描写中心なので、構成的にはスパイダーマン2には似てますが、こちらの方がオススメです。今までのアメコミモノの中では、一番構成が洗練されているかもしれません。時間が少々長いのと、渡辺謙があんまり活躍しなかった所が、ちと残念でした。
★★★★★
From: ねこまた(NO MAIL) 6月 20日(月)00時05分29秒
バットマンシリーズ最高の出来!今までのお子様向けから一転、大人向けのシリアスでダークな仕上がりでした。ブルース・ウェインがバットマンになるまでの過程を葛藤、そしてブルースの恐怖を交えてとても見ごたえのある内容になっていた。また随所に「井戸に落ちたのは、這い上がるためだ」など素敵な台詞もある。ブルースの父親は人間としてカッコいい人だ。俳優陣も最高に良い。クリスチャン・ベールは過去の3人と比べても、最も良いバットマンだった。他の俳優も演技力、存在感は申し分ない。渡辺謙も話の展開上充分な出演時間だった。ティム・バートン版はただ暗いだけでバットマンが画面のどこにいるのか分からなかったが、今回はその辺も上手く解消できていた。それにしてもバットマンはカッコよかった。ビルの上でたたずむ姿なんかは最高に素敵だった。
★★★★★
From: 淡麟(NO MAIL) 6月 19日(日)23時38分28秒
最初、失速気味でしたが(渡辺謙でガックリきた)後半どんどんバットマンの世界に引き込まれたです。ギミックの効いたアイテムがいいな〜コウモリ呼び寄せるリモコン使ったり、記憶合金?の羽やら、30万ドルのボディスーツなどなんとも、いい味だしてるね。んでもって、主人公の声がなんとも渋すぎ。いやー、見てて興奮して涙でてきた。こういう映画はいいね。CG巧みに使っているんだろうけど、全体的に体当たりの映画で、好感もてました。久しぶりの快作ですな。
★★★★★
From: 塔子(NO MAIL) 6月 19日(日)23時34分22秒
すごく楽しめました。俳優さんもすごい良かったですし、バットマンのダークなところも面白く見入ってました。バットモービルも最初は可愛くないと思ってたのですが、動いているのを見るとアレはアレでいいかなと。二作目が作られたらなと思います。
★★★★★
From: 狼猫(NO MAIL) 6月 19日(日)23時14分11秒
バットマンが正義の味方というだけでなく、恐怖の象徴として扱っていたのが良かった。伏線になる会話もとかユーモアがさりげなく出てきて、きちんと解決されてるところも好感触。久々に理屈抜きで「楽しい」映画でした。
★★★★
From: 粘着嫌い(NO MAIL) 6月 19日(日)22時44分15秒
Name: tcatgi036253.adsl.ppp.infoweb.ne.jpAddress: 218.229.114.253
★★★★★
From: ぱてん(NO MAIL) 6月 19日(日)22時34分13秒
いや確かにバットマンがなかなか出てこんばってんが「スパイダーマン1」もこげなもんでしたばい!英国連中がきっちりと親切に大衆娯楽映画ばつくっとらして、たいぎゃな好感ばもてました、、バットモービルのクダリはMTVでパロディの方を先に見てしまっとったけん笑ってしもたばってん、、アメコミ知らんでも、フツーに楽しめるほなこつよか大衆娯楽映画て思います。映画バットマンではリターンズを愛してやまないアタイでごあすが、これはこれでよしや。
★★★★★
From: 沈々(NO MAIL) 6月 19日(日)22時27分45秒
★ご注意映画の途中で列車が横になりビルの駐車場につっこむシーンがあります。大阪のJR事故の関係者の方がいましたら不快に思うと思います。かなりリアルなので鑑賞しないほうがいいかと思います。単純に楽しめました。2時間以上の作品ですが飽きることなく楽しめました(超退屈な「リング2」を観た後だからかな?)。重厚な画面に脇を固める重厚な演技の名優たち。説得力がありました。バットマンもあまり見えず、闇に同化し超かっこよかったです。ただ修行のシーンはすこし飽きました。バットマン誕生の話なので、シリーズ未観の方でも楽しめます。子供から年配の方まで充分楽しめると思います。ただヒロインがあまり美しさを感じなかったかな?不満はそれくらいです。関係ありませんが、東宝シネマズ、予告とコマーシャルやりすぎ。いっぱいやるならその分安くしろよ。
★★★★★
From: ぽち(NO MAIL) 6月 19日(日)22時25分15秒
単純に面白かったけど?アクション映画として見てたから細かいことは 気にしない。それじゃダメ?同一人物が★1つで 何度も投票してるので僕の評価★+1
★★★
From: ほたて(NO MAIL) 6月 19日(日)21時57分07秒
バットマン誕生後の展開はとっても面白かった。けどそれまでが無駄に長い。あれがせめて半分にまで縮めれていたらスパイダーマン以上になれたんじゃないかな?と思う。正直とても勿体無い。
★★★★
From: QQQQ(NO MAIL) 6月 19日(日)21時55分51秒
自然な流れで,BATーMANの歴史を紐解いて見せて、面白かったです。アクションシーンへの流れも自然で良かったです。又シリーズ作品への謎解きも、散りばめてある様子で、コアなフアンには素晴らしいプレゼントなのでは。特に、私の世代にすれば、なんで、今頃『アメコミ』のヒーローの発祥のお話なのかい?と思ってみたのですが、お子様ランチのような作品ではなくて、全シリーズの骨格になりそうな説明があったので、納得。そして、ヤッパ、脚本つくりが命なのねと再確認。大人も充分楽しめると思います。それと、やたらと、日本を意識したような殺陣シーンが多くなりました。些か、食傷気味になります。それと、意図的に減点目的の評価ダウンの書き込みはフェアー打破ないと思います。
★★★★★
From: スヌーピ(NO MAIL) 6月 19日(日)21時39分07秒
バットマンは突然子供向けになってしまった様な気がしていたが、今回はダークで楽しめた。俳優たちもとても良いと思った。アルフレッド役のマイケル ケイン良かったな〜。謙さんはあれで十分だと思うが・・・名前だってしっかりと出てたんだから。故意に評価を下げているとしか思えない人がいる。どうせ同一人物だろう。フッ、笑える。女じゃないな、男だろ。ネチネチしてそうな奴だな。しつこいと嫌われるよ。
★★★★
From: IWGP(NO MAIL) 6月 19日(日)21時06分46秒
悪くない。前半は意味不明で退屈だったけど、後半はまずまず見入ってしまいました。別に悪くはない。これよりまずい映画はいっぱいある。
★★★★★
From: バニー(NO MAIL) 6月 19日(日)21時01分40秒
正直、クリスチャンベールは適役だと思った。リベリオンの時も良かったけど、嫌味のない金持ちぶりがとても合っていた。私は思っていた以上の出来でしたよ。
★★★
From: travis(NO MAIL) 6月 19日(日)20時57分28秒
低い評価で荒らしている方がいますが、違う名前を書いてもremote hostが同一で同じ人が書き込んでいるのがばればれですよ。見苦しいので止めてください。
From: ティム/バートン(NO MAIL) 6月 19日(日)20時54分58秒
バットマンを語る上で忘れてはならないのは、トラウマと正義。それを余すところ無く表現した作品。ぜひ、後世に残したい素晴らしい作品に仕上がっている。脚本は分かり易い。キャストもそれぞれの役割がきっちりしている。なんとも粋な仕上がり。
★★★★★
From: travis(NO MAIL) 6月 19日(日)20時42分23秒
新作はジョエル・シュマッカー版では希薄だったダークな雰囲気が復活していて期待以上の快作でした。ノーラン監督版はティム・バートン監督版のスタイリッシュなテイストを残しつつ、より深く内面の葛藤を描いていて物語に引き込まれました。個性派俳優陣も各々が立っていて申し分ない演技。Gオールドマンは最後まで怪しかったけど。是非同じ監督、キャストの続編が観たいです。
From: とんでもないとんでもない(NO MAIL) 6月 19日(日)19時11分28秒
どうしてもおかしいのは、山に修行に行く場面。なんでそんなところへ行くのか、説明が足りない気がする。キャストは濃いけど、それぞれの味に合っていない気がする。
★★
From: BLACK(NO MAIL) 6月 19日(日)18時09分10秒
おいおい、これゴッサム?ちょっとイメージ貧困すぎないか?ノーラン監督。なんかやたらと闇を強調した展開は違和感を感じるし、なにより「バットマン」である必要性を感じさせるほどのものがなかった。バートン版はユーモアの中にもどこか暗さが漂っていて、なにか湿っぽいものが感じられる上にアメコミっぽい面白さも満載だったのに対し、これはなんだか無闇に闇を塗りたくったような仕上がりでがっかり。またバットマンが駆使する数々のアイテムもぜんぜん楽しくない!!バットマンカーなんてただの装甲車になってたし。敵キャラに魅力がまったく無いのもマイナス。テーマを考えたら普通の人間であるところにはうなずけるけど。みんなトラウマに囲まれその中である者は復讐の虜になりまたある者は公正に目覚めるって・・・・。悪か善かという基準は、劇中でも言われてたけど本当に微妙なものなのにそれを結局簡単に分けてしまうのはなんだかなあ。テーマも正義とか恐怖とかって広がりすぎで暗いわりに浅い気がする。そうそうマイケルケインは良かった。
★★★★
From: ぴぐもん(NO MAIL) 6月 19日(日)17時13分05秒
その昔バットマンとバットマンリターンズをおおいに楽しんだ自分には大満足の出来でした。バットマンはリターンズの後なんだか子供向けになった印象があります。今回のビギンズはダークな人間物語が豪華キャストで演じられてて大人が満足できる作品だと思います。未見の人でも楽しめると思うけど、バットマンの1と2を見てる人のほうが断然楽しめると思います。ところで、文体が似た人たちがいますねえ。
★★★★
From: Shige(NO MAIL) 6月 19日(日)15時42分01秒
真面目に作られていて悪くないと思うけどな。まあメメントの監督だから理詰め傾向が強かったかもしれない。主人公も悪役もあくまでも人間(超人や化け物でなく)として設定したことで全体に苦労したのでは?そゆえバットマン誕生までの説明が長くなった。2作目が作れればもっと痛快な分かりやすい作品になるとおもう。
From: フロンターレ川崎(NO MAIL) 6月 19日(日)15時29分55秒
キャストだけを豪華にしたって感じが否めない。街を守るとか言いつつ、あんなに破壊しちゃってどうするのよ。
From: バッドマン(NO MAIL) 6月 19日(日)13時51分19秒
さっき見てきた。バットマンになろうと思った決意は?コスチュームの意味は?ケンさんのちょい役ぶりは?ゲイリーオールドマンがミスキャストでは?
From: 大human(NO MAIL) 6月 19日(日)13時11分47秒
バットマンを初めて見ましたが、あまりの話の分かりにくさに脱帽しました。クリスチャンベールは良かったです。でももっと癖のある役の方が彼には光ると思います。それにしてもケンさんの出番の少なさといったら、なんなんでしょう。あれじゃあ、村人その一ですよ。
★★★★
From: genki(NO MAIL) 6月 19日(日)11時59分04秒
 過去のバットマン作品とはトーンが違うため、戸惑いを覚えるのも無理はないかなと思う。でもいい。はっきりいって、シリーズを重ねるごとにオフザケ度が増していくことにウンザリしていたからだ。(1・2作目までは良かったんだけどね)しっかりとしたストーリー、設定、キャラクター、キャスティングと、どっしりした重量感のある作品になっていたと思う。ただ惜しいのは、スケアクロウという悪役があまりいかされてなかった点と、バットマンのアクションがカット割りを多用したために見ごたえがなくなってしまったこと。
★★★★
From: フラワー(NO MAIL) 6月 19日(日)10時27分52秒
これだけドラマ性を重視していると予想してなかったので、意外性を強く感じた。出演してる役者陣にも重量感を感じた。充実してたなぁ。クリスチャン・ベールは役柄と相性バッチリだった。嫌みのないボンボンぶりと戦闘時の迫力のギャップを巧く表現してた。
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 6月 19日(日)00時16分15秒
あれ、意外に低評価ですね。私は楽しめましたよ。メメントの監督のねちねちとした演出に、重厚なドラマがあって、まったく飽きなかったです。まあ、バットマンはなんであんなことやってるのか、出来るのかを重箱の隅をつつくようにくみ上げていくのが、快感です。ティム・バートン版のファーストが一番好きで、あとはまったく面白くなくて、映画館で爆睡こいてたのですが、こちらはドラマがあってよかったです。俳優陣もまた豪華で・・・バットマンの持つはじけた感じを抑え、大人のバットマンになっています。あのはじけた感がほしい人には、息詰まる感じがするでしょう。JR福知山線の事故に関するポスターが貼られていましたが、ここまで配慮しなくてはならない日本社会がやだなあと思いました。娯楽映画なのに・・・
★★★★
From: ななこ(NO MAIL) 6月 18日(土)23時26分13秒
私はバットマンシリーズははじめて見たのですが、結構面白かったですよ。試写会では、終わった後の周りの反応も好評で、なかなか皆さん楽しまれたようでした。脇役陣の俳優さんも豪華で良かったです。ちょっと笑える部分があって、長いとは感じませんでした。
From: わたなべ(NO MAIL) 6月 18日(土)22時47分33秒
渡辺謙さん、あれで出演していると言えるのでしょうか。笑。それに話が全然つかめません。意味深な台詞ばっかりで、内容は理解しずらいし、展開にも納得がいかないことばかり。なんのためにバッドマンになったのか、それさえも掴めなかった。つまらない。
From: take(NO MAIL) 6月 18日(土)22時18分32秒
ダメです。ダメすぎです。何がどうって理屈をこねる以前にただただ面白くない。ティムバートン監督のバットマンが好きな人にはまったくお勧めしません。
From: 50(NO MAIL) 6月 18日(土)22時01分56秒
ティム・バートン版バットマン(特にバットマンリターンズ)の大ファンとしてこの作品は最悪です。。結局漫画なんだからその中にある「ユーモア」「馬鹿馬鹿しさ」「下らなさ」を取っ払って真面目に作ってしまったらどうなるか、という実験をして大失敗した感じです。主役も悪役も周りのキャラクターも屁理屈ばかり繰り返すだけでちっとも個性がない。これだったらまだジョエル・シュマッカ−版の方が色彩豊かで見ていて飽きなかったぞ。(ただこの人は逆に馬鹿馬鹿しさ重視で作ってしまったため失敗)。ゴッサムシティーもただの都会って感じで全然魅力が無くてガッカリ。ゴッサムである必要性が全然無いよ、架空都市なんだからもっとデフォルメしないと視覚的な面白さが・・・って文句ばっか書いてますがとにかく長年待って一番最悪なバットマンを見てガッカリしました。バートンがどれだけセンスが良くて見ていて楽しいバットマンを作っていたか痛感しました。彼等が作っていたのは「馬鹿馬鹿しさ」を踏まえて真面目に作ったバットマンだったという事を・・・・
★★
From: ネタバレあり(NO MAIL) 6月 18日(土)20時33分58秒
ゲイリーはどうせちょい役だろうな〜と思っていたら、ちょい役なのは、渡辺謙でした(笑)はじめのほんと数分しか出てきませんでした。まぁ、仕方がないんでしょうねきっと。ある意味のキーマンでしたし。列車事故は、たまたま時期が悪かっただけであのような大惨事が起きてなければ、ここまで「列車」に着目して話す人もいなかったのでしょうね。それにしても、アメコミって疲れますね。内容があってないようなものなので、ただただ「映像」を見ているというかんじ。まぁ、こういうのもアリだとは思いますが。豪華な役者目当てで観に行った作品。ゲイリーが、悪役ではなかったのがざんねん!!
★★★
From: FAVRE(NO MAIL) 6月 18日(土)20時04分27秒
今までのバットマンとは違いコミック的な感じがしないところ、これは賛否両論って感じです。あとは見ていて感じたのがスターウォーズ色!!ダークサイドとジェダイみたいなのが・・・・頭をよぎちゃいました。渡辺謙は、まともにしゃべったシーンないですよね(笑い)
★★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 6月 18日(土)19時54分47秒
<ちょいネタバレ?>  んまー公開前から大々的に取り上げられていた「渡部 謙」ですが、その存在がバラモスみたいな感じでしたw最初だけです、最初だけ。 派手なアクションだけで目を引くのではなく、人の業とゆーか、精神論まで表現するあたり。ただのヒーローではなく、ダークヒーローとしてのバットマンも見事に表現されていたと感じました。 確かに通行人さんがおっしゃる通り、電車(正確にはモノレール)シーンは、邦画だったらかなりマズいと思いますが、まぁ、洋画なのでねw 主演のクリスチャン・ベールもリベリオンの頃から好きだったので、今回のバットマン役も心の内の葛藤など彼の得意とする演技だったんじゃないでしょーか?何よりもゲイリー・オールドマンが珍しく、いい役で登場していたのがちょっと驚きw(意識してないと彼だと分からない可能性大) 難を言えば、バットマン姿で登場する時がほとんど暗がりなので、アクションとか伝わり難いかも。まーそれでも、「宇宙戦争」や「SWEP3」までの繋ぎとしては、楽しめました♪
From: 通行人(NO MAIL) 6月 18日(土)17時15分21秒
渡辺謙の扱いがぞんざいだったので★1つ減点主人公の少年時代と苦難と修行時代とバットマン装備するまでと事件解決と恋愛と・・・をメリハリ無く続けられて、非常に疲れました。詰め込んでいるくせに、中身が無いので、欠伸連発。意味深な台詞乱発している癖にどれも意味が無いし。全編に及んで薄ら寒い印象。また、キャラクターや装備設定がコミカルなのに対して、人間ドラマっぽいストーリー・・・消化不良を起こしているように思いました。スパイダーマンは文句なしに面白かったのに、何だこれは。ちなみに私は今回バットマンシリーズ初鑑賞なので、バットマンシリーズファンにとっては、バットマンの過去盛りだくさんで面白いのかもしれません。というか、きっとそうだと思う。”ジョーカー”と言われてもなんじゃい、それという反応の私に対し、隣の席のおっちゃんはニヤニヤ笑い。あとは、製作者側が意図していたのとは違った意味で、冷や汗が出たシーンがありました。電車が地下駐車場に突っ込みました・・・勘弁してくれぇ、です・・・もう1つ勘弁してくれぇ、はゴードン刑事が田代に見えて仕方が無かった・・・
★★★
From: HIDE(NO MAIL) 6月 18日(土)13時41分52秒
映画見てて、スパイダーマンがちらついて、ヒロインもスパイダーマンのヒロインと良く似てたし、今までのコミツク調のバットマンは好きでなかったけど、2時間チヨイでこれだけの内容は詰め込みすぎで、やはり無理があるような気がしました、つまらない事はないけど少し期待外れでした、