ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

満 足 度
37.5%
回答者数28


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★
From: キッド(NO MAIL) 6月 3日(金)17時10分41秒
ありきたりの結末で物足りなかったです。しかもストーリもグダグダ何も怖さは感じなかった。そろそろ、こういうオチやめてくれないかな〜ありきたりすぎて、オチは読めちゃうし、怖くないしさ。
★★★★
From: KAZU(NO MAIL) 5月 22日(日)17時21分39秒
素直に面白かったですよ。最近の教訓。あまり作品に期待しないこと。事前に情報入手しないこと。(出来れば予告編も見ない、、、炎の・・・は予告編に騙された)
★★
From: れごれご(NO MAIL) 5月 19日(木)21時20分18秒
ちょっと満足できない結末でした。二重人格のせめぎ合いが入るとピリリとしたかな。
★★★
From: HIDE(NO MAIL) 5月 17日(火)19時46分41秒
★1個の人が多いけど二人の演技に★3個、ストーリーは解釈の仕方で色々と、とれるので・・・・でも有名俳優主演でなかったら最悪の映画でしよう、もっとヒネリが欲しかった・・・
★★★
From: まりりん(NO MAIL) 5月 14日(土)21時44分13秒
怖かった。サスペンスたっぷりだった。感動するって描いてあるけどしなかった。デニーロの二重人格はすごい。ちょっと長すぎ。ダコタちゃんは雰囲気が違うだけで、こんなに演技が変わるなんてさすが天才。
★★★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 5月 14日(土)12時34分42秒
おもしろかった。自分にとってはサスペンスとして非常に楽しめた作品でした。「宣伝コピーと内容が違いすぎ」っていうのはシャマランで慣らされてるんで、ハナからホラーだとか思って観に行ってなかったし。でもこれ、あくまでも今回の自分に限っての評価であり、サスペンスとしてみても本来なら★2〜3辺りが妥当だとは思います。恐ろしいまでに安定した、主演2人の演技力を加味したとしても。以下ネタバレ。ここ以外の評価サイトでも、「オチがありきたり過ぎ」「最低」っていうコメントのオンパレードだったんで、てっきりダコタ嬢の2重人格がオチだと思い、あくまでも主演2人の演技だけ目的で観に行きました。観てる途中「あれ?犯行に大人がかかわってるじゃん」とか思ったけど、ここでも「なら最低オチは隣のおやじ」とか勘違いしてしまい、結局自分から勝手にだまされっぱなしで最後まで。今考えると自分でも不思議なくらいのトンチンカンな先入観のおかげで、本来ならイマイチだった作品を、却って最大限に楽しめたみたい。みんなが言ってる「シークレットウィンドウ」観てなかったのもラッキーだった。ありがとう、いろんなところでダメコメントをつけてくれた人達! 
From: ミサイルマン(NO MAIL) 5月 14日(土)11時35分15秒
ねたばれありです改行します皆さんがひっかかってる「どのへんが絆?どのへんが感動?」の部分ですが(ここからは勝手な私的な想像です)パラパラ漫画があったじゃないですかーあれで娘は子供ながらに「お母さんは自殺したんだよ」という所を父親に思わせる為に偽装したんですよねあとチャーリーの存在をかたくなに内緒にしてた所とかそのへんを考えると「すごく父親思いのいい子」なんですよねまー 「そこが(超)感動なのか?」と問われたら個人的には「NO」ですが、、、そしてオチが使い古されているものだったので不満が残ります特にお湯が瞬時に沸騰しているかのような描写は「伏線ばればれだよー」と思っちゃいました※この映画の評価に限った事ではありませんが「この映画は〜〜のパクリだ」という投稿は控えた方が良いと思います〜〜という映画をこれから見る人もいると思いますのである意味他の映画のネタばれは本作のネタばれよりショックが大きいかと思われます(以前経験してますので、、、)
★★
From: kumago(NO MAIL) 5月 11日(水)13時06分47秒
(思いっきりネタばれだよ)あっ「シャイニング」だ。ほとんどパクリじゃん。狂人やらせたらニコルソンに勝るのは....無理だろうな。
From: しげまる(NO MAIL) 5月 10日(火)01時06分11秒
途中眠くなってしまいました。試写会だったのですが、実際お金を払うとなると考えてしまうだろう映画ですね。私としては、ビデオでいいかもしれません。【ネタばれありありです】3人で観たんですが、・・・疑問に残った事があるので教えてもらえると嬉しいです。デ・ニーロは、最終的にダコタちゃんも2面性を持っていて、罪を犯していた事を自分が犯した罪と一緒に思い出し(観客にはその辺は伏せて)自分一人が全ての罪をかぶったのではないかと思ったのですが・・・。そして、これが宣伝文句にあった“父と娘の永遠の絆”もしくは“超感動スリラー”になるのでは?・・・と、色々と話ししてたんですが、結局パンフレットも買う気がなかったので、わからないままでした。本当のところ、どうなんでしょうか?解釈間違ってますか?簡単な事なのかもしれませんが、見抜けなくってすみません。
From: かりむ(NO MAIL) 5月 9日(月)18時48分13秒
オードリー氏と同意^^;何とも言えず中途半端なホラー映画
From: オードリー(NO MAIL) 5月 9日(月)12時43分15秒
面白くなかった。途中でわかってしまたっし、ネタバレしたあとも話長すぎでは?
From: グルメとバカの大食いは違う(NO MAIL) 5月 8日(日)23時15分26秒
この程度で満足出来る人が羨ましい。マジで幸せ者ですね。
From: ジャらんジャらん(NO MAIL) 5月 8日(日)17時17分20秒
単純に面白くない映画であった。いまさらああゆう結末もないだろう!
★★★★
From: ぽち(NO MAIL) 5月 8日(日)00時55分04秒
アナザー・エンディング・バージョン 見ました。皆さんの言っている シークレット・ウインドウ は見ていません。それなりに面白かったです。結末が オリジナルと どう違うのか分らないけれど良かったのでは?他の映画と比べるとかでなく単純にその映画単体で見れば良いんじゃない?TOHOシネマズの予告でも流れてるけど映画を完成度で評価する人とどんな映画でも楽しく見る人 どちらがいいのかな!?
★★
From: えめきん(NO MAIL) 5月 6日(金)20時10分02秒
この映画のどこをどう観たら『超感動スリラー』なんて言葉が出てくるんだろう?しかも、いかにも「心霊ホラーですよ」といった予告で期待させておいて、これはないでしょう。強引にシックスセンスの二番煎じを狙ったのは大失敗でしたね。もっと普通に宣伝すればよかったのに。
From: わんこ(NO MAIL) 5月 6日(金)04時10分39秒
見る前に思ってた「まさか今更○○オチじゃないだろう。」という期待は裏切られ苦笑い。オイオイ・・・。
From: QQQQ(NO MAIL) 5月 5日(木)17時33分39秒
下の方も書いていらっしゃいますが、この手の映画は、もうお客が入らないでしょう。以下ねたバレアリ。あまりにも製作者側に有利な条件で作っているので、誰が犯人でもOKが見え見え。それと巻き込まれる必然が薄事態が3つ。隣人、保安官、教え子。「もっと、警戒してよ!」で、チャーリーを探すに最も必要で、簡単な手段「保安官への相談」を何故しないんだ!「シークレット・ウインドウは、初犯だから、勘弁してやる」と言う感じでしたが、これはもう、「??匹目のドジョウ狙い」許せね〜〜。私は、大体家族と一緒に映画を見ています。そして、愚作でも庇うような批評を家族に聞かせてますが、これには家族が「モウ、いいわ!」でした。言う言葉がありません。役者が如何のこうのという気にもなれません。ほんと、酷い!
★★
From: ゆき(NO MAIL) 5月 4日(水)16時57分41秒
ネタバレありです。この手の映画は見飽きました。途中でラストわかっちゃったし〜  デニーロが演じるんだから普通の訳ないよね・・・って感じ。ずっとダコタちゃんにくわれっぱなしのデニーロがラストでここぞとばかりに頑張ってたのが観てて苦しい。ダコタちゃんのこけた頬、目の下のクマが1番怖かった。ということでホラーじゃないですねこれは。色々怪しい人が出てきたのに何の関係もなかったのかな? ちょっと消化不良
★★★★★
From: あすか(NO MAIL) 5月 4日(水)01時14分25秒
もともと恐い映画は嫌いなのですが、ダコタちゃんが出るっとことと、予告でなんとなくだたのホラーじゃなさそうだったので見に行きました。私はこういったタイプの映画を見た事があまりなかったので純粋に楽しめました。なんの予備知識も持たず先入観もなかったので、意外!!って思えたし。。ホラーが苦手な人にはオススメですよ。
★★★★
From: ささやか(NO MAIL) 5月 3日(火)15時05分06秒
今回、わたしは俳優で観にいきました。宣伝などの情報も全然入ってきてませんでした。他の人の意見をみると、それが幸いしたようですね。確かに見たことあるような演出もありますが、主演二人のせいか特に気になりませんでした。結構コワかったです。ただ、お父さんが、なぜ急に理解しちゃったのかがよくわからない。
From: 沈々(NO MAIL) 5月 2日(月)13時47分39秒
昔から良くあるパターンのサスペンスです。クライマックスはなかなか盛り上がったのですが、そこに行くまでの過程が、今まで他の映画で散々観て来たものとほとんど変わらない流れなので、その流れが想像できてはっきりいって退屈しました。犯人も想像できました。これも昔観たことのあるパターンなので。「意外な結末」を売りにしていて、私もそれを期待していたのですががっかり。なぜ今の時代にこの映画が映画化されたのか理解できません。また何故お客の入るこの時期に上映されるのか理解できません。ただ暗示的なラストカットは好きです。まあ1,800円払う映画ではないと思います。
★★★
From: しん(NO MAIL) 5月 2日(月)02時15分45秒
この映画、結末は誰にも教えないでください、と謳っていますが、それはある意味間違っています。ストーリーすら教えちゃいけないです。だって、このストーリーを途中まで聞いた段階で、勘の良い人なら結末が想像できちゃいそうなんですもん。ジャンルとしてはサスペンスの部類に入るものなので、ホラーにしか興味がない人は観に行かない方が良いでしょう。ちなみに、他の方が書かれている通り、ダコタちゃんとデニーロの演技力は非常に良くて、それを観に行くというのであれば、そこそこ満足できる映画だと思います。<以下ネタバレ>僕の印象は、黒丸さんのおっしゃっている理由とまったく同じで「これ、シークレットウィンドウじゃん!」でした。ただ、シークレットウィンドウと違ったのは、父親の別人格であるチャーリーが殺害された後に、もうひとネタあったというところでしょうか。でも、それもちょっと弱かった気がするんですよねぇ。これを観終わってからずっと思うのですが、シークレットウィンドウより先にこの映画を観ていたら、自分の評価はもっと上がっていたかもしれません。それを考えると、公開時期で損をしちゃった映画なのかもしれませんね。
★★★★
From: 3Mouth(NO MAIL) 5月 1日(日)20時16分11秒
アーリー80's面白い
★★★
From: 黒丸(NO MAIL) 4月 30日(土)19時39分05秒
宣伝では「シックス・センス」云々と言われてますが(止めといた方がいいと思うけど/笑)実際は「シークレット・ウィンドー」を彷彿させられました。それにしても、ダコタちゃんはすごいなぁ〜。デニーロもしぶい。映画本編は完全に役者負けっていう感じですな。
★★★★
From: HY(NO MAIL) 4月 30日(土)17時28分50秒
最後の絵の意味がきちんと理解できた人は少ないのでは??以下ネタバレあれってダコタちゃんも二重人格で、チャーリーと友達だったのでは、ダコタちゃんのもう一人の人格だったってことですよね。人形の顔潰したり、チャーリー、チャーリーってわめいてたシーンはもう一つの人格の方で、最後デニーロに追いかけまわされてた時は元のダコタちゃんの人格と。
★★★
From: しめさば(NO MAIL) 4月 23日(土)23時59分34秒
すごく微妙。ダコタちゃん可愛いし上手い。デニーロもさすが名優。感動できる恐い映画!っていう売りには「ふざけんな」と言いたいですが。それなりに楽しめたのも事実。以下ネタバレで。ただ、去年のヴィレッジみたいで……ホラーじゃないものをホラーだと宣伝するのはもうやめれと…。最初からサイコ系だとわかっていれば、もっと素直に楽しめたのになと。見て「はぁ?金返せ」とは思いませんでしたが、観客の中には「全然恐くない〜」と落胆してる人もちらほら。ある意味ベタなホラーよりは背筋が寒くなる映画なんですがね…。最後の結末を隠すために伏線張りまくった挙げ句、最後にクリアーにならなかったので、3コが限界ですね。で、アナザーエンディング版見た人はいらっしゃるんでしょうか。
★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 4月 23日(土)17時51分29秒
 典型的なスリラーとしか言いようがないです。開始早々に「あ〜やっぱ」と思ってしまう。あれだけ宣伝をして、デ・ニーロとダコタの共演だからこそ全国ロードショーなのでしょーが、キャストが地味だったら間違いなく、日本未公開映画になっていたかもしれませんw ★3つの内訳はダコタ・ファニングの演技→2.5最後まで観た→0.5
★★★
From: m34(NO MAIL) 4月 23日(土)15時30分05秒
内容自体は、まあまあ。スリラーをよく観ている人なら、この作品の秘密?はすぐに想像がつくと思います。やっぱり見所は、デニーロとダコタの親子役の演技でしょう。