ザ・インタープリター

満 足 度
43.8%
回答者数20


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★
From: ライチ茶(NO MAIL) 7月 3日(日)00時04分09秒
アカデミー俳優競演!国連本部で撮影のサスペンス!という宣伝に期待して観に行ったのに、観終わった後の感想は「二コール・キッドマン綺麗だったね」だった…。イマイチな映画でした。もっと面白くなりそうなのに。サスペンスなのに妙に緊張感が無いので盛り上がらない。ただニコール・キッドマンのファンなら超オススメかも。
★★
From: まりりん(NO MAIL) 6月 28日(火)19時20分13秒
まあまあだな。二コール・キッドマンがきれいだったくらいかな。ショー・ベンもかっこいい。ほかの人はあんまりぱあっとしなかった。国連本部を借りて撮影していたのか、あんまり迫力がない。いろいろ制限があったのかな?
From: skywalker(NO MAIL) 6月 18日(土)06時41分47秒
サスペンスものは、100分くらいがハラハラ感があって楽しめる。140分では、間延びしていまい伸びた分は、ペンとキッドマンの会話のみ。脚本が悪く いまいち楽しめなかった。物語もなんか不自然。
From: キッドめん(NO MAIL) 6月 17日(金)22時43分17秒
役者だけを揃えた感じ。脚本はダラダラダラダラしているので眠くなってしまいました。
★★★★
From: おお(NO MAIL) 6月 15日(水)00時56分29秒
これはNキッドマンを魅せるためだけの映画ですね。国連を舞台にしたサスペンスもあまり盛り上がれず過去に傷ついた男女の恋愛劇もちょっと古風な感じがしました。
★★★
From: コオロギ(NO MAIL) 6月 7日(火)22時53分51秒
女性はもっとミステリアックがいいな。ただ、本当にきれいだった。
★★
From: 翻訳者(NO MAIL) 6月 5日(日)22時52分22秒
役者だけを揃えたって感じを受けました。脚本が練られていない感じ。もっとぐいぐい引っ張っていくような脚本にして欲しい
★★
From: ゆき(NO MAIL) 6月 4日(土)17時02分07秒
期待しすぎました。Nキッドマンは本当に綺麗でしたがこの設定は説得力がありません。最後まで違和感がありました。残念・・・ テンポも前半悪くて睡魔が。あんまり心に残りませんでした。なんかもったいないなぁ  演技は抜群なのに・・・残念。
From: PON酢(NO MAIL) 5月 30日(月)09時05分21秒
役者はいいんだけどねーストーリーがダラダラしすぎ(-_-;)テンポ悪くて眠くなっちゃった。ケラーとシルビアはいつのまにあんな仲に?展開強引過ぎ。要するにつまんなかった。
★★
From: QQQQ(NO MAIL) 5月 29日(日)20時05分44秒
通訳としてのN.キッドマンの立場の説明と言ますか、状況説明が上手く伝わらないので、チョット混乱を起こします。バスの場面があるのですが、あそこは緊張感が盛り上がり、とてもよかったように思います。刑事役のS.ペンは疑い深く、良かったです。以下、ねたバレあり。事件の発端(国連内)が弱すぎるように思います。又、N.キッドマンの経歴だけが(他の人の人間関係は簡単に解けてゆくのに)ナカナカ判らない。そして、失踪と国連内の登場。それと、一番初めの方のシーンであの移動式のトレーが出たとき、もう『ゴルゴ13の世界』で慣れっこの「あれだな!」と確信してました。それと、あの二人が最後に心を開くのはいいんだけれど、途中では???でした。
★★
From: ONO(NO MAIL) 5月 28日(土)23時26分06秒
 新聞の評でよさそうだったのでこのBBSを見てみました。コメントは読まずに満足度の数字がいい線でしたので見てきました。 全体のストーリーはたいして面白くないし、細かいところはやけに込み入っていてわけが分からないしで見て損した感じでした。 以下ネタばれです。 結局シルビアが聞いた声は誰だったのでしょうか?一人は最後につかまったケラーの上司だったのでしょうか?なぜ彼はヒットマンを止めに行ったのでしょうか?狂言だと分かっていたわけですよね?よく見ていたつもりでしたが謎ばかり多かったです。 Mさんの指摘されたシルビアの最後の言葉ですが「ご冥福を祈りますの意味か?」の問いに「そんなところよ」と言っていましたね。"Close enough"と聞こえました。「遠からずだけどそうでない」ということですね。もう少しロマンチックな台詞だったのかと推測しましたがこれも私には謎でした。
★★★★
From: M(NO MAIL) 5月 28日(土)01時06分48秒
ネタバレありはじめ登場人物の顔と名前が一致せず苦労しました。…ってそれは自分がお馬鹿なだけかもしれませんが〜話は濃密な感じでなかなかよかったけど、主役2人の心の交流に重きを置きすぎてサスペンスとしてはイマイチだったような気がします。しかしながら、ショーン・ペンの目でものを語る渋〜い演技はすばらしかった。ショーン・ペンとニコール・キッドマンは並んでいても全然お似合いじゃないんだけど、逆にそれがよかったと思います。ケラーは最後、シルビアにフラれちゃったって事なんですかね?(笑)あと、シルビアが最後に言い残したクー語(だったか?)が本当に「ご冥福を祈ります」という意味だったのかどうかも気になる…ほんとは何て言ってたんだろう。ほんとにご冥福を祈ると言ってたらそれはそれで別にいいんですが。
★★★★★
From: Q(NO MAIL) 5月 26日(木)14時11分11秒
分かりにくい部分もありますが、非常に濃密な時間を過ごせました。もともと、派手な展開を期待していたわけでは無いので、十分、満足出来ました。
★★
From: HIDE(NO MAIL) 5月 24日(火)00時33分26秒
1,ニコール綺麗で★1個(照明に気を使って顔撮っている感もあ るが)2,全体に映像(風景)綺麗で★1個3,最初のシーンで引き込まれて★1個4,途中だらだら★-1個5,バス爆発で眠気さめて★1個6,最後もだらだら★-1個 で結局★2個期待外れでした
★★★★★
From: 沈々(NO MAIL) 5月 23日(月)19時23分14秒
シドニー・ポラック監督なので期待しましたが、期待以上に面白かったです。やっぱ年季が違いますね。複数の危機を同時に展開させる演出(編集)は絶品!クライマックスの演出も流石でまさに「ハラハラ・ドキドキ」のてんこ盛り。まさにサスペンス映画のお手本的映画でした。CGを極力抑え、また今流行の色のついた画面もほとんどなくリアルな画が現実的で好感持てました。あくまで個人的な意見ですが「コンスタンティン」「ローレライ」(勿論「ホワイト・アウト」も)の監督は、この映画を観て「映画」を勉強するべきだと思います。2時間15分の長編ですが、飽きることなく楽しめました。ただ、ラストシーン(2人の別れ)はもうちょっとひねって欲しかった。あと人名(役名)を覚えられず途中でちょっとおいていかれました。ゆうまでもありませんが主役の2人は最高!「バタフライ・エフェクト」と同じくらい楽しめました。
★★★★★
From: ねこまた(NO MAIL) 5月 22日(日)23時37分45秒
約2時間、とても満足のいく作品だった。『ショーン・ペンがかっこよくて、ニコール・キッドマンがハッとするほど綺麗』というのは全くその通り。確かに兄が死んでいたことや、バス爆発なんかは展開上読めてしまうが、二人の演技力が見事にカバーしていたと思う。演出だって十分良かったし、国連の場面(特にクライマックス)はかなり緊張感があった。社会派的な要素もかなりあったと思う。原チャは確かに残念でした。
★★
From: FAVRE(NO MAIL) 5月 22日(日)20時51分50秒
映画史上、初の本物の国連を使っての撮影と聞いてみましたが、それほど生かされたとは思えません。2人のオスカー俳優と監督という話題性だけで物足りないです。ニューヨークで原チャは引くね。
★★★
From: ささやか(NO MAIL) 5月 22日(日)17時25分16秒
『ショーン・ペンがかっこよくて、ニコール・キッドマンがハッとするほど綺麗(演技込みで)』なのは、期待通り。しかしこれは、社会派映画?なんでしょうか。サスペンスとしては、彼女の立場とそれが明かされていく過程になんとなくすっきりしないものがありました。この映画、集中して観てないとあっとゆう間に話に置いていかれそうな気がします。わたしはぎりぎりでした。
★★★
From: ナポドットコム(NO MAIL) 5月 22日(日)00時41分25秒
★★か★★★か迷ったが、「コンスタンティン」を★★にしていたので、今この作品は★★★。無理やりな演出が多いと思った。ケラー(ショーン・ペン)が、シルヴィア(ニコール・キッドマン)に自分の話(妻が死んだことなど)を思い切って話すときのタイミングが無理やりだと感じた。逆に、シルヴィアがケラーに自分の話(兄サイモンのことなど)を思い切って話すときも無理やりだと感じた。サイモンが死んだことも物語の途中で予想がついた。全体的にテレビドラマのような演出であった。★★か★★★か迷ったが、クライマックスは盛り上がったし、緊張感があった。何より主演2人の演技が良かったので、★★★。
★★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 5月 21日(土)22時11分08秒
 思想や体制と言ったモノに対して、知識も興味もあまりないのですが、サスペンスとしてはなかなか良かったです。 中盤辺りまでは、ニコール・キッドマンとショーン・ペンの心理戦を淡々と描いていたので、★3つぐらいかなぁ〜と思っていたのですが、終盤になり緊迫感も増し、良かったですwふたりの共演を見応えがありました。