北の零年

満 足 度
50.0%
回答者数16


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★
From: (NO MAIL) 3月 23日(水)14時00分19秒
さゆりファンなので、豊川ファンの娘に頼んで渋谷の映画館へ行きました。久々の良い小百合さんを拝見した気がしました。吹雪の中のシーンではどうなることかと気をもみましたがさすがに小百合さんは強い。北海道の厳しさが逆にさらに綺麗に見せてくれてるようでした。娘から冷やかされたけれど、良い映画でした。留守番をした3才の孫は最近気に入ってるフレッツのDisneyBBに「ここにサユリちゃんのせてほしい。ジィジィも一緒にお勉強できるね。」っていうのです。今度は孫も映画を一緒に楽しめるような作品を観に行きます。邦画万歳です。
★★★★★
From: サクサク(NO MAIL) 3月 23日(水)03時24分54秒
満足っ!面白かったです!所々で涙も出ました。ただ、他の方が言っているように「ええじゃないか」のシーンや5年後変わりすぎ、子供が突然未来を予言するようなところは疑問に思いました^^;この様なところがなければ完璧ともいえる作品です。そして、キャストが良かった、大物から子役まですごく良かった。
★★★★
From: フリーダム(NO MAIL) 3月 7日(月)23時59分04秒
作品を見終わった直後は、正直言って星1つの感想だった。あとから内容を振り返って考えてみると、自分の作品に対する捉え方に変化が生じてきました。劇的な時代の流れ・変化の中で生きた人達の人間ドラマの迫力は、伝わってきました。確かに脚本はトホホですが・・・。
★★★
From: にょ(NO MAIL) 2月 26日(土)22時29分30秒
ももさん同様一人だけ浮いてましたwネタバレ五年後の描写をすこしだけでもいいから書いてほしかったなぁ。なんか変わりすぎだよ〜集団行動がすごいね。あの村は。どっからええじゃないか出てくるんだよ〜とか「ありえない」続出だったけど演出が悪かっただけでミスキャストなく、3時間はちょうどよかった。
★★★★
From: もも(NO MAIL) 2月 22日(火)16時00分20秒
仕事中、時間が空いたので、見ました。吉永小百合の映画ってちゃんとまともに見たことなかったので。銀座の方だったのですが、まぁ〜、びっくりしたことに、じじ・ばばぞろいで、私が一人だけ浮いてしまいました。内容は、ほっとんど期待してなかったのが効をなしたのか結構飽きずに鑑賞できました。渡邊謙は、もっとアクの強い役柄でこそ光る人ですね。吉永小百合の抑え目な感情表現もよかったです。この人は自分がどうすれば「品よく綺麗に撮られるか」っていうのを本能でわかっているのでしょうね。皆様が言われているほど、「大根」ではないのでは?自然がとにかく綺麗で、スケール感は出ていました。開拓にかける人々の心象が映し出されているよう。この監督ってGOしかみたことないのですが、映画の基本がなんたるかはわかっている人なんですね。ただ、ラストの稲田衆団結シーンは「ありえない」と思いましたけど。コント?と思うくらいでした。印象に残ったのは、豊川悦司。いつもの暗い役でしたが、何故か、吉永小百合とのからみのシーンではすごく胸にくる表情があり。謙さんより良かったです。ストーリーはハテナ?が一杯。でも王道と考えれば映像・演出ともに合格点ですね。
★★★★
From: Aki(MAIL) 2月 11日(金)11時26分24秒
随分低い評価が多い中で、私はまずまず楽しめました。確かに出演者の過度な喜びよう、悲しみようで、興ざめな場面がいくつかありました。この映画は馬が重要なファクターになっていましたね。自分が乗馬クラブに入っているから分かりますが、吉永小百合や渡辺謙の乗馬は本格的なのがよく分かりました。なかなかあそこまで姿勢よく乗れる役者さんはいないですよ。映画は娯楽です。はっとして、きゅんとして、ずんとくればいいと言うのが私の持論です。その点では満点に近いです。
From: 智也(NO MAIL) 2月 5日(土)12時25分09秒
行定監督は大作向きじゃないと思う凡庸なシーンばかりでした吉永は良くも悪くも吉永で、彼女も自分の殻を破る気はないみたい
★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 2月 5日(土)01時24分18秒
始めの方はけっこうひきつけられるが、理解に苦しむ要素がだんだん増えていき、ラストはぐちゃぐちゃになる。反体制が高尚だとか命が一番大切だとかいうような浅薄な価値観も透けて見える。しかしながら、舞台が限定された長時間の作品でありながら全く退屈しなかったというのも事実。キャストや現場のスタッフの力であろう。ただし、さすがの吉永小百合も老婆の域に近づいているので、ヒロインにはより若い(若く見える)女優を起用してもらいたかった。
★★
From: みんか(NO MAIL) 2月 3日(木)00時10分11秒
ありえない開拓地でした。だって、小百合さんを始めとして、みんなが美しいんですから。汚れてないんですから。くわを持つ姿も、そりゃぁないでしょ・・・という感じでした。唯一、豊川悦司は、よかったです。
★★★
From: Nerori(NO MAIL) 2月 2日(水)12時01分39秒
☆ネタバレあり☆これだけの役者さんを揃えていて、勿体無かったなぁというのが第一印象。小百合さんがミスキャストじゃないかしらん・・。それと、北海道の雄大な自然が全く伝わって来なかったのが残念。チマチマしたセットの中だけで作られた感じがしました。北海道の冬の酷寒もあんまり伝わって来なかったし。脚本ももう少し練って欲しかったなぁ・・。あんなに綺麗な奥さんと可愛い子供がいて、あれだけ開拓に命を賭けるような事を言ってみんなを引っ張っといて、事情はどうあれ、あんなに簡単に裏切ってしまえるもんなんだろうかと疑問に感じました。ノコノコ偉そうに帰って来るな!って言いたい。でもまあ、印象に残った台詞もあったし、みんな頑張って作ったんだろうなってのが少しは感じられたので、一応星三つ。
★★★
From: まりりん(NO MAIL) 2月 1日(火)09時16分30秒
まあまあだった。幕府や渡辺謙の裏切りがどうしょもなかった。開拓の難しさがわかった。吉永小百合はきらいだった。だけどラストサムライの謙の方がよかった。最後の農民の一揆はよかった。
From: QQQQ(NO MAIL) 1月 25日(火)17時16分09秒
兎に角,時代考証,北海道と言う風土等への勉強不足。実感が無い=勉強不足なのです。大女優YSを綺麗にとるという魂胆はミエミエで,更に映画をつまらなくしてます。思いつくままに。@「殿が来たア!」の台詞 AYS親子の家での,吹雪の中場面。「ササット、戸を閉めろ」BYS親子の雪中行軍(?)CWKの蘇りDラストの場面の農作業,メクラめっぽうに耕す屯田兵。そして,全体は西部劇。これで15億。困ったもんだ!
From: ジョバンニ(NO MAIL) 1月 24日(月)19時17分10秒
これはマズイと思います。「デビルマン」のような悪意はないにしろ、達者な役者陣が一生懸命演じていることがかえって痛々しく感じます。説明調のセリフが気になって内容に没頭できませんでした。吹雪の中を歩き回ってなぜ髪にしか雪がついてませんか。アイヌが昔のマンガのインディアン口調なのはどうしてですか。厳しい開拓地の女性がなぜ化粧してますか。素材としては最高のテーマと思いますが、開拓の厳しさを描きたかったのか、時代に翻弄されるサムライを描きたかったのか、志乃の強く健気な生き方を描きたかったのか、じつに中途半端に感じました。吉永小百合大好きなんですが、残念な映画でした。
★★★★
From: ヤス(NO MAIL) 1月 22日(土)23時41分10秒
カキコが少ないと思ったらカキコする年齢層が観に来ていないんですね。3時間近くあるので長いとは思ったけど飽きたりはしなかったです。泣けはしなかったけれど大作の雰囲気も出ていて観て損は無いと思います。
★★★
From: えめきん(NO MAIL) 1月 21日(金)19時37分11秒
監督も役者も風景も良いしジーンとくる場面もいくつかあるけど、脚本がかなり酷い。至る所で脚本の悪さが足を引っ張っている。まあ、デビルマンの脚本家だから仕方ないけど。全体的に展開がベタすぎる。特にラストはやりすぎで、ちょっと笑ってしまった。要所要所をもっと押さえ気味にすれば、品が出てくると思うのだけど。
★★★
From: bros(NO MAIL) 1月 16日(日)15時41分57秒
厳しく観るか、やさしく観るかでだいぶ評価が違ってくると思います。いい所は、北海道の空気を捕らえた風景、スタッフ、キャストとも、妥協せず取り組んだ感じが伝わるところ、役者の「いい顔」を捕らえているところなど。「ラスト・サムライ」に対して、「俺らもこれぐらいは作れるんだぜ」というアンサーになっていて、「ラスト…」を越えたところもあったと思います。少なくとも、このところの東映の底抜け超大作群よりは観る価値があると思います。