クローサー

満 足 度
52.2%
回答者数23


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★
From: れご(NO MAIL) 6月 20日(月)21時40分29秒
少しばかり内容が分からない所があったにせよ、それが逆におもしろさにつながった映画でした。おしゃれで大人で人間の不思議を見ました。
From: トムクルース(NO MAIL) 6月 18日(土)00時03分56秒
ジュリアロバーツもナタリーポートマンも、そしてオーウェンも、ジュードロウも気持悪い。どろどろとしていて、何も面白くない
★★
From: ひよこまめ(NO MAIL) 6月 17日(金)02時55分07秒
この作品は、宣伝とイメージ作りが上手でした。私も期待したし、私の周囲でも、お洒落な女性が多数、「クローサーはちょっと気になるよね」と話していました。でも。正直言って、やられた。ストーリーや展開は、何かが多すぎて、何かが足りなすぎ。細かい心理のヒダを掘るなら掘るで、ちゃんと仕事して欲しかったし。移ろいと結末だけ追うなら、もっと軽くお洒落に仕上げるべきだった。唯一の救いは、魅力的なキャストたち(てゆうか、ほとんどそれのみ)。ナタリー・ポートマンは、ロリロリながら、右頬の吹き出物も含めてとてもチャーミング。ジュリア・ロバーツも、確かにもう若くはないけど、良いオトナの女優になる軌道上に乗った感じでした。ちなみに女優2人は、ファッションがそれぞれにちょっと良かった。私は、ジュリアロバーツのスタジオシーンにビビッときて、それから1週間、プレーンな麻の白シャツ(ジュリアのはコットンだったかもしれないけど)を探し回りました。
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 6月 15日(水)17時33分39秒
よかった。はらはらどきどきした、四角かんけいに。だけどそんなにどろどろ感はなかった。しゃれたデート映画だ。素敵な4人の主人公がとてもよかった。ロンドンのデート風景がいい。ジェード・ロウと、クライブ・オーウェンのチャートのやりとりがおかしかった。舞台の映画化だけあってまとまりがいい。
★★★★
From: Q(NO MAIL) 6月 13日(月)20時51分46秒
人は悲しいかな。音楽、映像、とても綺麗だった。役者がみな、素晴らしく、下品なところも、全く受け入れられるシーンだった。かえって、そこに悲しさを感じた。それは、役者の力量だと思った。
★★★★
From: シネマツルギー(NO MAIL) 6月 10日(金)13時29分56秒
恋愛観(てか、個人の人間的資質)によってかなり感じ方が違うと思う…恋愛論って『アウト・オブ・サイト』でジョージ・クルーニーが演じた役が好きだが感情移入できないのと同じく、今回の映画のオトコ2人も決して感情移入は出来ない…それは民族性の違いであるかもしれないが、個人的な倫理観に基づくものだと思う。では何故この映画が★4ツなのか…オープニングとクロージングの演出に尽きる、あれは良い!ナタリー・ポートマンが化ける予感がする。(でもクロージングの映像でやたらオトコが振り向くのは演出過剰だな、、)
★★★★
From: リオン(NO MAIL) 6月 6日(月)00時15分52秒
元々が舞台の戯曲らしく、演じられているシーン以外で話が進んでいる割合が結構高いので、やや分かりにくい部分もあり。但し、演じられていないシーンというのはいつの間にか男を乗り換えただとか、裏で別の女と寝てたとかそういうシーンであることが大半なので、意図的にカットしたと考えればよく出来た脚本である。恋愛をカラダの問題として捉えすぎであり、寝ただの寝ないだの、感じただの感じてないだのにこだわりすぎの気もするが、人は所詮孤独であり恋愛なんて下らない営みであることがひしひしと伝わってきます。大体、当人にとっては恋愛の一大事でも、他人にとってはそんな大した問題ではないことが往々にしてよくありますが、この映画は登場人物の誰にも感情移入させず、突き放したような冷めた目線で物語を追っているあたりが、劇中で真剣になっているジュード・ロウやクライブ・オーウェンがややもすると滑稽なように見えて、客観的に捉えた恋愛の瑣末さを伝えてくれます。好きになると相手を追うのに一生懸命なのに、いざ上手くいって相手との距離が近づくと、別の男と寝ただの裏切られただのと細かいことを理由にして相手との距離を離そうとする。「ヤマアラシのジレンマ」の映画です。これは。相手に振られた時は同情を買うほどに情けない姿をさらけるが、一旦自分が優位に立つと今度は恋敵を完膚なきまでに叩きのめすジュード・ロウやクライブ・オーウェンの、人間的なエゴが面白い。しかし一番ずるいのは、受身のようでいて実は…のジュリア・ロバーツか。個人的にはナタリー・ポートマンが一番のめっけもんで良かったなぁ。
★★
From: PON酢(NO MAIL) 6月 5日(日)22時08分02秒
決して嫌いな映画じゃないんよね。ジュリア・ロバーツはやっぱりキレイだぁ〜ナタリー・ポートマンもがんばってたしでも点数的にはこれが限度かな・・・少なくとも退屈で寝る事はなかった。
★★★★
From: linda(NO MAIL) 6月 5日(日)21時49分34秒
…やっぱりジュリア・ロバーツの賞味期限は過ぎてる気がする。ジュード・ロウがナタリーを差し置いてジュリアをを選ぶ説得力がない。でもそれは年のせいではないと思う。あとの3人が良かっただけに惜しい。ジュリアでなくケイト・ブランシェットで見たかったなぁ。クライブ・オーウェンは思ったより良かった。キング・アーサーは間違いだったのね。でもやっぱり宇梶だった…。
★★★★
From: りいな(NO MAIL) 6月 4日(土)13時46分29秒
出演者は全員好きな役者なので多分点数は甘めだとは思いますが(笑)あまり期待してなかった分面白かったです。ナタリー・ポートマンは良かったなあ…台詞は面白いし、時間がどんどん進んで説明不足なのも特にわかりにくくはなかったし、あえてああしているんでしょう。ただ、確かに誰にも感情移入出来ませんね…(^^ゞストリッパーのアリスが一番人間的にはまとも?女性二人がまだ素敵に見えたのに対して、男性2人の子供っぽさとしょうもなさが痛かった。これ、クライブ・オーウェンとジュード・ロウが2人とも上手いだけに、そこらへんはリアルでうっと思ってしまった。ジュリア・ロバーツは完璧な美形ではないけど、いつもながら華やかで素敵でした。映画全体の、お洒落でどこか醒めているような雰囲気は好きです。
★★★
From: にゃんぴょう(NO MAIL) 6月 3日(金)20時28分16秒
ナタリーのストリッパー役が最高に新鮮ではまっててよかった。こんな役やっちゃって良かったの?!という感じは全くない。ストーリーに関しては少し分かりにくいので残念。
★★★
From: コオロギ(NO MAIL) 6月 2日(木)23時34分38秒
意外と悪くないんだよね。人生素直に生きなきゃね。
★★★★
From: まま(NO MAIL) 6月 2日(木)18時12分46秒
思ったより大人で、想像したより深い意味のある映画。せりふは生々しいけれど、映像はおしゃれ。年令によってもとらえ方はちがうけれど、やっぱり人と人は心で結ばれるものだと思った私でした。そう思えない人は???の映画でしょうね。そうでない関係は寂しいモノです。
★★★
From: M(NO MAIL) 5月 31日(火)20時19分46秒
映画というか、会話劇みたいな感じ。会話を楽しむ映画みたい。物語を楽しむというよりは登場人物たちのセリフがいちいちおもしろくて、そっちに集中してしまいました。小説を読んでるみたいな気分かも。クライブ・オーウェンは「キング・アーサー」の時とは違って人間味があって(いろんな意味で…笑)よかったんじゃないかと思います。ジュード・ロウは痛い男だなあと…こんな人を好きになった人も、好きになられた人も大変だなあと思いました。ナタリー・ポートマンはかわいかった。スレてる所と妙に純粋なところのさじ加減が絶妙。かわいい。しかし、あんな幼児体型でストリッパーが務まるのだろうか〜とか映画の本筋とはほとんど関係ないことを考えたりもしました。(笑)
★★★★
From: しげまる(NO MAIL) 5月 30日(月)21時56分35秒
評価3.6くらいですね・・・。【ネタばれ?ありかもです】こういう男(ジュード・ロウ)っているんだろ〜な・・・とか、こういう男(クライブ・オーウェン)もおるやろな・・・こういうのズルイよなぁ〜とか・・・誰それに似てるかも・・・等を考えながら観ました。一歩間違えてしまえば私もジュリア・ロバーツみたくなる可能性もある気がするけど・・・。(軽くってスミマセン)ナタリー・ポートマンが演じたストリッパーの生き方が本当に潔くて素敵だった・・・けど、私には出来ない生き方だし、若いから出来るような気がする・・・。結局色々言っても人生って人それぞれだと思うし・・・そういうストーリーを観るのも、私は苦痛ではないし、嫌いではないです。最高ではないにしても・・・。映画が終った途端、会場が確かにザワつきましたね!「訳わからん!」とか「絶対おもんない!」とかの声が響いてました。・・・冒頭とラストのダミアン・ライスの『ザ・ブロウワーズ・ドーター』(ホラふき娘って意味らしいです)の曲のシーンがとても良かった。あのシーンが大好きです。
From: hide-2(NO MAIL) 5月 30日(月)00時16分39秒
逆転の逆転があるストーリーはふーん、と感心した。が、なんか肉体関係にこだわりすぎの男と、嫌いなはずが簡単に肉体関係になっちゃう女と、それしか関心ないのか!?って感じ。女優ふたりとも、フェロモン系でないので、ますます??です。
★★★★
From: デズニ(NO MAIL) 5月 28日(土)01時07分37秒
精神年齢が少年のまま成長のないモテ男と、愛を拒否して自虐的に閉じこもってしまう若い女、ありきたりな中年男、二人の男の間をさまよう、意志の弱い女。そして、女を縛るしか手がなかった中年男と、女の心からはじき出されてしまうモテ男の悲哀。エンドクレジットが流れ始めたとたん、女性客で盛況の館内は、ドヨドヨ!っと結構楽しく騒然な雰囲気が面白かった。ポートマンのお尻がなんとも、、、(笑)ロリータ抜けないな、この子は。
From: HIDE(NO MAIL) 5月 25日(水)20時15分10秒
ジュリア・ロバーツとナタリーポートマンこんな映画に良く出たねえ?おじさんには辛い、つまらない映画でした
From: FAVRE(NO MAIL) 5月 24日(火)16時27分47秒
下らない。正直な感想です。ポートマンからジュリアに乗り換えることはしないなぁ。男はアホな生き物ですか?
★★★★★
From: ケミョン(NO MAIL) 5月 24日(火)01時11分45秒
恋愛映画として見ると、感情移入できるキャラがいないのでときめきは感じませんでしたが、先の読めないストーリーがとても新鮮だったので、甘めに★5つです。ナタリー・ポートマンがアカデミー賞ノミネートされたのは納得ですね。媚びない、動揺しないストリッパーがあんなにはまっているとは。いつの間にか大人になったのね!(わたしはオバサンかよ)特に冒頭の出会いのシーンは印象的でした。虚栄心や依存心の強いキャラクターばかり。客観的に見て新鮮だった。一番まっとうなキャラがストリッパーとはね。これが大人の映画というのなら、大人って随分ツマラナイ恋愛しているんだな、という感じです。
★★
From: GEN(NO MAIL) 5月 23日(月)14時02分11秒
これが何故大人の映画と宣伝されているのか疑問でした。ヤッタ、ヤラナイの繰り返しで、そのあれほどまでの執着が、ほぼ全体を通して映されているように感じたので少し物足りなかったです。ただ、露骨な会話なのに、なぜか洒落た印象でそれなりに退屈はしなかったし(いや、やっぱりちょっと退屈だったときもあったなぁ。。。)、ナタリーポートマンが演じるアリスには、少し共感しました。
★★
From: QQQQ(NO MAIL) 5月 23日(月)11時43分45秒
理解しにくかった点をアマリさらけ出すと上手くないと思うので、遠慮気味の評価です。こう云う映画や、推理物(ミステリーではなくて)は、日本語の吹き替えでないと、伝えたい真の意味が、言葉の障壁のせいか完全には、伝わってきてないような気がします。物凄く若い頃、N.ドロンが出演した大人の恋模様を描いた映画を見た時、友人に映画の意味がわからなかったので「俺たちって、子供だな!」と云いましたが、大人になってのこの年でこの映画を見た後は、「???」でした。まさか、この手の映画で、こんなに戸惑うとは思いませんでした。
★★★★★
From: 沈々(NO MAIL) 5月 23日(月)08時44分26秒
大人の映画です。好きな人がいるのに、それ以外の人と寝てしまう。嫉妬に策略、ダークでリアルな恋愛を描いており、甘い映画でないので退屈せずに楽しめました。それにしてもナタリー・ポートマン本当にいいんでしょうか?EP2のファン絶対泣きますよ?それからジュード・ロウかわいそすぎ!!テンポも良く飽きさせない。観て損はないと思います。ただ、付き合い始めのカップルは観るのをやめましょう。