真夜中の弥次さん
喜多さん


満 足 度
51.5%
回答者数17


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: しめさば(NO MAIL) 5月 10日(火)22時29分09秒
GWの新作映画が次々封切られてるからガラガラだと思って行ったら満員だった…。リピーター多いのか??映画はとにかくおもしろかった。2時間笑ったー。そんだけ。の映画。でもそれでもいいかと思ったあたり、パワーはあるんじゃないかな。特に竹内力と古田新太に☆2つずつあげたい。TOKIOの長瀬ってメントレくらいしか見たこと無かったけど、あのクドイ演技は素みたいですね、ここ見てる限り…。そうか…。けっこう面白いヤツだなーと思ったんだけど。七之助はラストサムライんときのイメージが全くぶっ飛びました。基礎の出来ている人はやっぱりすごいね。
★★★
From: とき(NO MAIL) 5月 10日(火)11時11分42秒
少し疲れた。けど、照れながらまじめなことを言ってみたくてたまらない、過剰できてれつなパワフルさはしっかり伝わってきた。研ナオコさんが出ていましたよね、確か。彼女が出てくると何だか安心できました。ああ、まともなひとがひとりいるって。。喜多さんには、きのこにならず、弥次さんの思いに報いるために、一人でがんばってお伊勢参りに行ってほしかった。
★★★★
From: ねこまた(NO MAIL) 5月 7日(土)18時22分01秒
この作品は、「あそこが悪い」とか「あそこは良い」などちまちま評価するようなものではなく、弥次喜多ワールドを受け入れられるかどうかが重要だ。幸い私は受け入れられたので楽しむことが出来た。それでも少し長かったので、受け入れられない人には退屈の2時間だったろう。だが、受け入れられなかった人も受け入れようと努力する必要は全くなく、「世の中にはこんな映画もある」と思っていればいいのではないか。
★★
From: ネコバ(NO MAIL) 5月 7日(土)11時11分59秒
ダメ、どこがいいのか全然わけわかんない。て言うか合わない、自分には。もともとシュールな作品は、映画に限らずキライじゃないはずなんだけど、どういうわけだかこの映画は全くのれなかった。荒川良々・小池栄子が出てきた辺りは少し面白かったので、ギリギリ★2つ。
★★
From: まりりん(NO MAIL) 5月 5日(木)22時12分53秒
よかったことは、よかった。しかし、ちょっとくだらない。七之助と長瀬はそのままだな、感じが。だけど、ホモとはな。くどかんの演出がわからない。おとがうるさい。後ろの方でみててもすごくひびく。しかし、最後の方の、荒川良々の多さには、びっくり出し気持ち悪い。
★★★
From: なな(NO MAIL) 5月 5日(木)03時30分07秒
レディースデーに、半ば失敗覚悟で見てきましたが、予想以上に楽しめました。長瀬さんの直球な愛情表現が可愛らしくて、ファンになりました♪ただ。クドカンの世界を知らないので、「ここがおもしろいところ!」と監督が言いたいであろう場所を覚めた目で見てしまうことが度々。特に、役者さんのキャラ頼りな場面が辛かったです。関連事項を知らないと駄目、というのは、コアなファンを作れる反面、観客層をひどく狭める諸刃の剣であるとつくづく思いました。あと、あまり共感は得られないと思いますが、岡っ引のお二人の場面は、あれほどいらなかった気がします・・・。台詞も聞き取り辛く、浮いていた気が。
★★
From: れいな(NO MAIL) 5月 4日(水)23時17分44秒
いまいちノリについていけませんでした。声をあげ笑っている人か冷めた目で観ている人のどちらかになると思います。
From: Pon-ta(NO MAIL) 5月 4日(水)19時09分06秒
無理だった。キャッツアイといい、クドカンは映画だとやり過ぎる気がする。
★★★★
From: ナポドットコム(NO MAIL) 5月 3日(火)18時07分13秒
面白かった。この作品でクドカンは、映画監督としても力を発揮できたと思う。ただ、もうちょっと上映時間を短くできなかったのかなあと思う。
★★★★
From: ぬの(NO MAIL) 5月 1日(日)12時47分27秒
ハズレの可能性も覚悟して観に行きましたが、久々にスクリーンに引き込まれました。見終わった後も思い出し笑いの連続。自分が妄想から戻ってくるのが大変でした。・主人公がホモ・お伊勢さんに行けばヤク中が治る(リアルがある)このあたりがどうにも理解できない方は、無駄な時間をすごしたような気分になるかもしれません。心配な方は、原作をちょっと読んで内容についていけそうか確認してからの方がいいかもしれません。奇天烈の連続なので、逆に時々挟まれるマジメなシーンに違和感が。それにしても喜多さんの演技には脱帽。
★★★★★
From: SIM(NO MAIL) 4月 25日(月)00時39分48秒
いやあ面白かったです。これは傑作だと思います。まあ万人に勧められるタイプの映画ではないですどね・・・主人公がホモでヤク中でチョンマゲですし。映画が始まってしばらくはこの作品の世界観(ある意味無茶苦茶な世界)を恐る恐る覗いている感じなのですが、笑ったり驚いたりしている間に、すっかりどっぷりハマってしまいました。そして最後にはなんともいえない・・・軽やかなのに深い切実な感覚が心の中に残るのです。最初は演劇的な映画のスタイル(あるいは原作独特のスタイル)に目をひかれるのだけれど、あとでぐっと「中身」の方が迫ってくるというか。
★★★
From: 純、(NO MAIL) 4月 18日(月)21時54分31秒
中立ってところですか、実際、二人が旅に出るまでが辛い。途中まではおもしろいのだけど、だんだん、ギャグの連発に飽きてくる。とはいえ、後半はほろりとする内容になってきて、おお、っと思うのですが、ラストがどうもいただけない。人気があったら、2を作るつもりですか?
★★
From: 沈々(NO MAIL) 4月 16日(土)18時02分44秒
江戸時代の衣装でバイクに乗る、そんなこの映画の予告を観たとき「いかにも」って感じがしましたが、まあでも面白ければありかなっと観ました。最初こそテンポが良く入りこめたのですが、途中から少し飽きたかな。絶対にあり得ないネタの連続で、1980年代に多かった「何でもアリ」の自主映画を観ているようでした。それがそれで笑えて楽しめればいいのですが、全くではありあせんがほとんど笑えないものでしたので(他の観客も同様)印象としてはなんだかな〜って感じです。有名人のキャラや既に馴染みのあるギャグに頼っている部分が多くあまり最近のコメディアンを知らない私は(あまりTVを観ないので)正直しらけました。構図も映画とゆうよりTVっぽく、ビデオで十分かなといった感じです。かといって全くの駄作というわけではなく斬新なシーンや「愛」を描いた名シーンもあり観てみる価値はあると思います。やじさんがきたさんのちょうまげをパクっと咥え愛撫したり、襖を開けると巨大化した赤ん坊がおお泣きしていたり、坊主頭のデブが大群で押し寄せたり「おお!」というシーンもけして少なくありませんでした。きっとはまる人ははまる映画だなとゆう気がします。私自身は、1000円ならともかく1800円はなあという感じです。
★★★★★
From: くまゆう。(NO MAIL) 4月 15日(金)18時50分59秒
これは魂の映画。原作は魂の漫画。そしてその原作にとびっきりのリスペクトをしつつも、自分流の魂を注いで創った宮藤官九郎の魂とぶつかり合によって途方も無くクレイジーでいてそして夢のようなクレイジードリーム映画(向井秀徳:命名)が出来上がってしまった。彼は初監督作品にして日本のモンティパイソンになったのだ。これでもかこれでもかと繰り出される飛び道具にめった打ちにされ観客はどっかんどっかん笑わされてたかと思うと、恐ろしいほどの人間の業や哀しさを突きつけられて真っ暗な暗淵に落とされる。明日は我が身かもしれねぇ。でもこの映画の放つグルーヴに身を委ねてトリップしたあとにぁふっと伝わってくるんでさぁ、クド監の言いたかったことぁしごくピュアでストレート。人を想う気持ち、人が人を救うこと、リヤルはすぐおめえんのとなりにあるってぇことが。お伊勢さんはてめぇの胸ん中にあるってぇことが。あちきはもうすでに今年のべすとわん決定ちゃきにっ!
From: コブ(NO MAIL) 4月 13日(水)18時40分39秒
正直、ショックでした。見終わって3分したら忘れていた。クドカンももういいんじゃないかな?色んなことをやろうとしてるのはわかったけれど、全て逆効果だったと思う。色んな豪華キャストだけにショックだった。
From: makoto(NO MAIL) 4月 11日(月)22時20分02秒
仕事の関係上タダでみたけど、きつかった〜・・・。長瀬のワンパターン演技はTVだけでもうたくさん!!
★★★★★
From: タイヤ(NO MAIL) 4月 10日(日)15時06分42秒
 原作の良さがいかされつつ、でも、原作より少しかわいい感じで。きちんとテーマをぶらさず描かれていて好感を持ちました。  重いテーマなんだけど、心軽く。 さまざまな出演者が、結構豪華なのでは? と思う人からマーズアッタックばりにばっさばっさと使い捨てされてるトコが、おっかしかったです。 手叩いていっぱい受けて、さいごはふーっと、さみしくなりました。 見終わった後はまた見たい!!って気持ちでいっぱい。 元POPモデル(お笑い担当)のあじゃがいるのとかめちゃめちゃ嬉しかったりしました。 古田新太さんは、存在が卑怯だよ!! なんで立ってるだけでわらえるんだよ!! どんどん良い演技をなさってると思う長瀬さん、暴走する七之助さん、愛し合う二人ががめちゃめちゃかわいらしいです。 人を選ぶ作品ですが、私にはぴったりでした。 結構なかったことにされてっぽいドラマ「僕の魔法使い」あたりが好きな方だったらおすすめです。