ネバーランド

満 足 度
82.0%
回答者数68


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: KANA(NO MAIL) 5月 1日(日)20時05分55秒
本当に、いい映画でした。何がいいかって、そりゃあもう、子役の演技に泣かされました。静かな演技力を見せつけたジョ二ーもさすがでしたが、子供たちの演技に、ぐいぐいと弾きこまれていきました。DVDはぜったい買いです!
★★★★★
From: まりも(NO MAIL) 4月 9日(土)00時25分49秒
自分の中で、久しぶりのヒットでした。ジョ二ーの押さえた演技は、もちろんですが、ケイトの秘めた恋心もよく表現されていました。とにかく作りの上手い映画でした。子役の子供たち、あんなに素晴らしい純心さを表現できるなんて、すごい演技力!
★★★★★
From: yurara(NO MAIL) 4月 3日(日)22時22分58秒
本当にすてきな映画でした。観にいったのは、2月でしたが、今、思い出しても、涙がジーンとこぼれます。また、観たい映画です。
★★★★
From: めいこ(NO MAIL) 3月 29日(火)20時50分45秒
じんわり感動できる映画だったと思います。ピーターと長男役の子が良かったですね。あとおばあちゃん。色彩もすてきでした。
★★★★★
From: NYPD(NO MAIL) 3月 29日(火)17時06分03秒
切なくて、綺麗で、感動的で、そんな映画が好きな自分としてはやっぱ★×5ですね。他人の評価は関係なし、ここ数年見た映画の中でもトップでした。
★★★★★
From: ローズローズ(NO MAIL) 3月 25日(金)00時04分25秒
こんなにファンタジーなすてきな映画は今までみたことがなかったです。なんて美しい映画なんでしょう!!忘れてはならない優しさや純粋な気持ち、夢を持ちつづけること。たくさんのすてきをもらったような気分です。DVDが出たら、絶対買います!!!
★★★★★
From: かなん(NO MAIL) 3月 17日(木)01時39分17秒
とっても、すてきな映画でした。純粋な何かを思い出させてくれたような気がします。子役も大人の役者さんも、心の奥底の部分をとても上手に表現されていて、心にジーンとくる場面がたくさんありました。最後も静かに涙がこぼれ、感情移入できて、本当に良かったです。
★★★★
From: しげまる(NO MAIL) 3月 7日(月)01時09分46秒
【ネタばれありです】私にとっては、評価3.7くらいでした。ストーリーの流れと言うか『ビッグ・フィッシュ』に少し似た作品だと思いました。この映画を観て、とても静かな涙が出たのですが、それは、ジョニー・デップさんの演技というより、ケイト・ウインスレットさんが演じた女性が心にしまい続ける思いの切なさみたいなものに感動してしまったからのようです。(彼女まで亡くなるとは!想像してなかったです…←何も考えず観てるのが良くわかると思われるでしょうけど…)・・・でも、よくよく考えてみると、結局ジョニー・デップさんの子供の心を持ち続ける真摯な演技に惹かれた証でしょうか…?(あんな男性がいたら私も惹かれてしまうと思うからです。もし、変な人だったら、なんであんな性格の男に惚れるねん!?と映画観ながら憤慨しそうです。)
★★★★★
From: マジョリカ(NO MAIL) 3月 2日(水)23時35分49秒
最高の映画です、私にとっては。ファンタジーの世界に惹きこまれます。現実味はないかも知れないけれど、現実味のある映画は、あまり好きではないので。映画くらいは、やっぱり非現実的であって欲しい。夢を見させてくれる映画でした。ジョ二ーもすてきだし、子役も可愛い。わんちゃんもかわいかったな^^
★★★★
From: ノーマ・ジーン(NO MAIL) 3月 2日(水)21時12分02秒
私もパイレーツ思い出しまいた!残念ながら「凄い感動」は出来なかったけど久々に泣いた映画でした。ジョニデはやっぱりスクリーンで観なきゃね☆彼って、演じる役柄のせいかもしれないけど存在自体が不思議でファンタジー溢れてる。これも彼の魅力の一つだと思います。ジュード・ロウが性格悪いのは嫌味でヤだけど、ジョニデの場合は変態でも許せる(爆)<ネタバレ>自宅でお芝居を披露した時、確かにまっさきにオバアチャンが拍手したのは良かったけど、その後ネバーランドに足を踏み入れるのを遠慮していたのをジョニデが優しくエスコートしてたのが良かった(泣)ケイト・ウインスレットの死後、オバアチャンが「娘は私と貴方を子供達の後見人に指名したわ」というシーンがあったけど、実は「だから私と結婚しなさい!」と言い出すんじゃないかとヒヤヒヤしてました(汗)
★★★★★
From: SNOW(NO MAIL) 2月 24日(木)23時36分47秒
ジーンと心があたたかくなる映画でした。涙が自然とでてきたし、感動です。観にいってよかったー!!子役もほんとよかったし、こういう映画を待っていたって感じです。ジョニー・デップが海賊の格好をしていた時は、パイレーツ〜を思い出してしまいました☆
★★★★★
From: nana(NO MAIL) 2月 24日(木)22時29分44秒
初めから、子役の子供たちに惹きこまれました。ネバーランドの世界が美しく、いい夢をみさせて頂きました。最後は、じわじわとした感動に押し寄せられ、涙が止まらず、久々のヒットでした♪
★★
From: ビック(NO MAIL) 2月 24日(木)19時38分25秒
下の方と同じく、かったるい展開が駄目でした。前半がゆったりしすぎていて、寝てしまいました。後半も眠気をひきずったまま、だらだらと見ていたのでなんだかよく分からないうちに終わってしまいました。ちなみに、映画館でここまでウトウトしたのは初めてでした。こういう、だらだらとした映画は僕に合わないのかもしれませんね。
★★
From: わんこ(NO MAIL) 2月 24日(木)14時55分58秒
なんで、こんなに★が並ぶのかわからない・・。確かに、おこまりのところで、涙流した自分ですが、子役もよくないし、時代背景がリアルでないし、ジョニ−もいつもよりよくない気がしました。押し付けがましくない・・といわれればそうですが、かったるい進行と、2人の関係にめりはりがなく、なんで、こんなに★並ぶの・・・??????
★★★★
From: まねき猫(NO MAIL) 2月 23日(水)23時19分04秒
人が芝居や物語に救われるというコンセプトは、映画好きにとっては無条件に共感してしまいます。最初のクマのシーンから、いい映画だと思ってしまいました。この一貫したテーマが、最後の暖かい感動につながります。ストーリー上の苦難は、このテーマと対比させるための材料として扱われているので、どこかおし着せでわざとらしく見えるのが、本作のドラマ上の欠点かもしれません。そういう意味でやや冷めるところもなくはないけど、素直に見るのが一番でしょう。
★★★★★
From: ちょこ、なみ、CHOKO(NO MAIL) 2月 21日(月)10時17分46秒
素直に感動できた。素直に泣けた。それだけで十分。
ジョニーデップ作品は必ず見るので行きましたw静かに涙が零れたお話でした。子役たちがかわいかったです。
優しい気持ちになれました。素直な心で見て欲しい映画です。
★★★★★
From: やんすけ(NO MAIL) 2月 19日(土)16時08分28秒
(ネタバレあり)冷め切ってしまった夫婦関係や離婚、世間体を気にする祖母の考え方など、必ずしもキレイごとばかりでない部分もありますが、観終わった後は、なんともいえない心地よさを感じられる良作。恋人と観るもよし、家族で観るもよし。窓口の広い、安心してお勧めできる作品ですね。
★★★★★
From: cony(NO MAIL) 2月 17日(木)21時12分03秒
久しぶりに感動した映画でした。信じることの大切さ、つらい現実に立ち向かう勇気。たった2時間ほどの映画に、すべてきちんと凝縮され、描かれてありました。映像も素晴らしかった。子供たちから大人までの俳優たちの演技も言うことなしです。舞台劇を映画にしたそうですが、舞台だったら、うんと拍手しているところでした。すてきな心に残る物語でした。
★★★★
From: のり(NO MAIL) 2月 17日(木)15時24分23秒
物語はゆったりと進んでいくので、好き嫌いはあるかもしれませんが、良かったです。ケイトウインスレットに対する子どもたちやジョニーデップの思いやりに、グっときました。
★★★★★
From: taro(NO MAIL) 2月 16日(水)22時29分56秒
妻に誘われ、観にいきましたが、よく出来た、良い作品だったと思う。子役の演技にぐっと引き込まれました。
★★★★
From: キッド」(NO MAIL) 2月 16日(水)14時55分49秒
まったく期待せずに時間が空いたから観たのですが、結構良かったと思います。なんか心にじわーとしみこんでいき気がついたら涙が出てる感じでした。本当に良かったです。
★★★★★
From: マリア(NO MAIL) 2月 14日(月)20時23分45秒
あまり気乗りせず、友人に誘われ、みましたが、気乗りするどころか、どんどんひきこまれてしまい、最後には、涙で、スクリーンがボケるほど。ジョ二ーデップって、フツーの顔もすてきなのね、と思ってしまった。ケイトも、美しく、あの時代の女性の雰囲気がよく出てました。それにしても、いい映画だったなあ。。
★★★★
From: TEN(NO MAIL) 2月 13日(日)23時21分10秒
しみわたる感じのよい映画でした。特に長男が“30秒で大人になった瞬間”は泣けてしまいました。妻の立場もよくわかって辛かった。最初は夫婦二人ともそれぞれ二人の人生に夢を抱いていただろうに、いろんなことが重なって向き合うことすらできなくなった、そんな辛さが微妙な描写から伝わってきました。唯一水を差したのはケイト・ウィンスレット。5人の男児の母という難しい役回りを見事に演じていて前半は非常に良かったのですが、後半の彼女は死に至る病を患っているように全然見えない。病にふせっているのに髪一本乱れのない完璧なヘアスタイルが鼻について感動が少々薄れてしまいました。子供達に不安を与えないよう普段どおりの生活をしようとしている設定ではありますからボロボロ&ヨレヨレの病人メイクで現れろとは言いませんがいくらなんでもあの外見はリアルさなさすぎ。演技が悪かったわけではないのですが、あのメイクやヘアスタイルはなんとかならなかったのでしょうか。あれが微妙にリアルな雰囲気だったら冷めずにもっとのめりこめたと思います。そのぶん星一個減りました。
★★★★★
From: MOMO(NO MAIL) 2月 13日(日)22時04分35秒
↓の方と同じく、あのお祖母さんが、拍手を真っ先にされたシーンは、どっと涙をそそりました。娘を思う母の思いが、せつなく伝わりました。ケイトとジョ二ーの、切ない恋心を表にあからさまに出さないおさえた演技、素晴らしかった。お二人とも、演技派俳優として、一流です。
★★★★
From: アイシャ(NO MAIL) 2月 13日(日)21時03分26秒
ジョニーデップ目当てで行った映画ですが、ケイト・ウィンスレットが素晴らしかった!ネタバレですティンカーベルの命を救ってくれというピーターパンの呼びかけに、真っ先に拍手をするお祖母さんの、娘を思う気持ちに涙、涙でした。どなたかが下に書いていましたが、ファンタジーで現実は変えられないけど、現実に立ち向かう力を与えてくれる。wish"の大切さ、せつなさをひしひしと感じるシーンでした。
★★★
From: QQQQ(NO MAIL) 2月 13日(日)10時04分26秒
お話は、予想通りでしたが、ピーターの演技に思わず、ポロリと涙が出ました。そして、ピーター・パンが始めは、子供相手の作品でなかったのは驚きでした。(よく考えれば、日本でも歌舞伎に始まる演技気は大人のものでしたものね)それから、出演しているJデップの素顔って、あんな顔なんだ!でした。いつも、過剰なMake−Up Faceばかり見ていたので、本当の顔をいつか見たいもんだと思ってました。それから、「あれっ、誰だっけ?」がJ.クリスチー。お元気だったんですね。
★★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 2月 12日(土)12時10分24秒
思っていたよりシンプルにまとまめられてた。もう少し重苦しいのかと思ってたけど、そのあたりは嬉しい誤算でした。すっきりとした、なんとも心やさしい映画です。オトナになるにつれ、いろんなしがらみや、それこそオトナとしての分別ってヤツに縛られて、楽しいことも楽しいと感じられなくなってしまう。でも決して夢を見ることは悪いことじゃないんだってことを教えてくれる映画でした。それにしても、子役うまいねえ。特にピーターを演じた子。コテージで母が倒れたときの彼のやりきれなさを表わしたシーンや、ラストのJ.デップとのシーンなど、ホント見事なもの。日本の子役にも、こう言ったレベルの役者がいて欲しいものです。PS.でも「ネバーランド」って考え方、人によってはひとつ間違えると、現実逃避の方向に行ったりするんじゃないかなーとか、チラリと野暮なことも思ってみたり。
★★★★★
From: おちきさま(NO MAIL) 2月 12日(土)00時18分48秒
スキを見せない映画ですね。児童愛の疑いも母親への愛情の両方とれるような料理の仕方がうまいです。(だから決して主人公と母親はラブラブ描写にはしない)パンフを斜め読みしたんですが、実際には家族の父親が生きているときから家族に密着していたんですね。お金も援助している。その後四男と五男が誕生。で順番に父親と母親が死んだ後、血もつながっていないのに後見人になっている。妻は不倫をして離婚。子どもたちは長男は戦死、次男は大学時代に溺死。ピーターは63歳に自殺ということで、やっぱり世間ではバリの児童愛についての疑いもあった。(知らなかったよ!というか知っているのと知らないのとはこの映画の見方は大違いだよ)それらを踏まえて、単に美化するのではなく、計算しつくしてファンタジーに作り上げるまでのバランス感覚がすごいなと。もう一つ、赤い帽子をかぶって彼に噂がたっているよと忠告をしてくれる友人がコナンドイルなのも、あなたがピーターなの?と質問する女性が四男か五男の実の娘だなんてもっと知らなかったよ。なにより、この辺この映画今日で終わりなんですが。もったいない。でも夜中に誰もじゃまされない時に一人でビデオというのも悪くないかもしれないですね。
★★★★★
From: SAYAKA(NO MAIL) 2月 11日(金)22時19分14秒
最高にいい映画だった!ジェームスと子供たちの交流がとっても繊細に描かれていた。シルヴィアとジェームスの前面に絶対出さない内なる愛情がとってもよく伝わってきて、さらに感動した!
★★★★
From: kt(NO MAIL) 2月 11日(金)00時39分53秒
良質の作品です。デップファンはとりあえず必見でしょう。あえて難癖を付ければ、奥さんとのすれ違いの理由や未亡人への愛情など、人物描写に深みが足りなかった気がします。
★★★★★
From: aki(NO MAIL) 2月 11日(金)00時31分37秒
とても心が洗われる良い映画でした。特に物事を信じることのすばらしさ、久しぶりに映画を見て感動しました。ジョニーデップもケイトも演技が上手でしたよ。子供の演技もすばらしく、感情移入してほろりとするところもありました。とにかくよかった!!
★★
From: ムギ(NO MAIL) 2月 9日(水)22時44分27秒
デップとウインスレットの秘めた恋心を上手に演出できていないそれ以外はいいのだがそこが娯楽映画としての最大のポイントだろうに2人が下手だったのか
★★★★★
From: Jte-Mi(NO MAIL) 2月 9日(水)12時42分01秒
なんとなしに観たのが良かったのか、余韻の残るいい映画でした。ジョニー・デップは何やってもうまいですね。
★★★★★
From: ぴよりんご(NO MAIL) 2月 8日(火)21時58分09秒
デップかっこよすぎです。前から2列目で鑑賞したため、ビッグなジョニーデップにメロメロでした。ホロっと感動する作品だと思います。子役も演技が上手で感動しました。バリーのワンコ飼いたいなぁ〜♪
★★★★
From: ライチ茶(NO MAIL) 2月 8日(火)19時11分03秒
とにかく、ジョニー・デップが素晴らしい。美しい演技だと思いました。ブラボー。あと1時間40分という上映時間もブラボー。最近はダラダラと長いだけでつまらない映画が多くてゲンナリしておりましたから。上質の素晴らしい作品です。
★★★★★
From: リオン(NO MAIL) 2月 8日(火)01時19分47秒
映像も綺麗だし、役者の演技も上手い(普通の人物を演じるジョニー・デップがこんなに良いとは思わなかった)。しかし、それにも増して何よりも脚本が素晴らしい。この話は、ミヒャエル・エンデの童話にも通じる「ファンタジーの本質」=ファンタジーに現実を変える力は無いが、現実に立ち向かう力を与えてくれる、を観る者に伝えてくれます。現実世界では愛する人が死に、避けられない離婚があり、辛いことは沢山あるが、ファンタジー(或いは想像力)はその現実と向き合う心の糧となる。ファンタジーを肯定していながらそれ以上に過大評価していないバランスが素晴らしい。大好きな映画の一つになりました。
★★★★★
From: 小6(NO MAIL) 2月 6日(日)21時48分12秒
すべてに感動でした。とっても、こどもの気持ちをわかってくれているバリーが大好き!子役の子供たちも、可愛くてもう一度みたいです。DVDを、お母さんに買ってもらっちゃいます!!
★★★★★
From: mikrin(NO MAIL) 2月 5日(土)20時48分53秒
ファンタジーを、ただのファンタジーに終わらせなかった感動の映画でした。おそらく、少年、少女の心を、忘れてしまった方には、この映画の良さは、伝わりにくいかも。。とにかくすてきです。ブラボー!ネバーランド!!
★★★★★
From: rose(NO MAIL) 2月 5日(土)01時26分58秒
この映画は、バリーを正当化するだけのストーリーでは、なかった気がします。メアリーのせつなさも十分伝わり、その気持ちをわかってやれないバリーに腹が立ちながらも切なく感じ、娘や孫たちを思う祖母の正直な気持ちもよく解り。決して、ファンタジーなだけの映画ではなかったと。(ファンタジーなことのほうが割合を占めてはいましたが)きちんと、90分ほどの中にこの映画の言わんとすることが、私には、清々しく伝わりました。   映画を観てお父さんを亡くした子供たちの悲しみがあまり伝わらないという声も聞きますが、おそらく子供を育て上げた方たちには、きちんと伝わっているのではと思いました。独身、既婚者は、あまり関係ないですが、やはり子供を育てた方とそうでない方との観方や感想は多少違ってくるだろうなと思います。 ピーターパンの世界の「ネバーランド」、そして、未亡人と子供たちとバリーの友情、すれ違ってしまった夫婦のせつなさ(これも結婚の経験の有無で多少観方が違うかも。子供たちや未亡人との友情を優先したためにと批判の声も聞こえますが、夫婦不仲になるのは妻にも原因が少なからずあるということ)、大人になっても決して忘れない子供の頃の純粋な心「ネバーランド」の大切さ。よく伝わりました。殺伐とした今の世の中で、こんなファンタジーを限りなくテーマにした映画をすてきだなと素直に感じました。大人の映画だと思いました。おそらく人生経験の豊かな大人が観ると、この映画の素晴らしさをもっと感じ取れるような気がしました。私自身も、きっと何年後かにもう一度、この映画を観たら、もっとたくさんの「すてき」を感じ取れるような気がします。映画を観たあと、大切な我が子を、ぎゅって抱きしめたくなりました(笑)。 ジョ二ーのかっこよさと子供たちとポーソスの演技、衣装や家具、アンティークな雑貨たち、そしてイングリッシュガーデンにレンガ造りの古びた田舎家。すてきでした。
★★
From: HIDE(NO MAIL) 2月 4日(金)23時14分05秒
ここでの採点がすごくいいので見てみましたが私にはイマイチでした、一つの家庭を救うのに自分の家庭を犠牲にする点が最後まで引っ掛かって・・・アクション映画で一人の命を救うのに何人もが死んでしまう映画がたまにあるけど、そんな作品は見てて凄く腹がたつ(最近ではS.セガールのとか)あれに近い気分でずっと見てました、最後に何かあるのかと思ったけどそのまま流れてしまいTHE END・・その人の人生観とか、これまでの経験とかで、とらえ方,感じ方は違うけど私にはこの映画はネバーランドではなかった。
★★★★
From: にゃんぴょう(NO MAIL) 2月 4日(金)23時03分21秒
良かったです!ジョニ―・デップはああいう役も出来るんだ!あのピーター役の子役はすごいですね。ただネバーランドってあんなジャングルチックなんだなぁって思いました。
★★★★
From: セロ(NO MAIL) 2月 4日(金)01時09分56秒
とても良い映画。感動系映画のお手本のような映画。でも、何かもの足りない。正統派過ぎる気はします。でも誰でも楽しめるとも思います。
★★★★★
From: TK(NO MAIL) 2月 1日(火)23時05分16秒
やさしい雰囲気に包まれていて、自分を振り返りながら見ることができ、元気をもらうことができた。仕事の忙しさで疲れている人におすすめします。
★★★
From: めぐり(NO MAIL) 2月 1日(火)08時28分34秒
ここの評価見てかなり期待してったのが間違いだったかも…<ネタバレあり>ジョニー・デップかっこよかった。兄弟達の演技がとてもよかった。雰囲気がよかった。(景色や家や服装etc)最後の、家で芝居をやっちゃうのが涙。でも「涙が止まらない」ほどではなかった。ん〜泣きに来たのに。そもそも私好みの映画ではなかった。デップに引き込まれました。前日に試写会で「セルラー」を見た後だったから余計あのほのぼの感が私にはちょっと退屈でした。デップ効果で★2つのところ★3つ!!
★★★★★
From: sherry(NO MAIL) 1月 31日(月)23時44分31秒
この映画を観たとき「ジョニー・デップはこの映画で本当にアカデミー賞が取れるのではっ!」と思いました。ジョニー・デップもいいのですが長男・ピーターの役の子がとても印象的でした。
★★★★★
From: ロビりん(NO MAIL) 1月 30日(日)23時45分43秒
長男の真っ直ぐな瞳がよかったです。映画としては★4つと5つの間なんですが、ジョニー・デップに甘いので5つ付けちゃいます。
★★★★
From: 葉子(NO MAIL) 1月 30日(日)14時36分00秒
内容をほとんど知らずに見たのがよかったみたいです。意見を読んでいる限りでは淡々とした映画のようだったのでだれるかと思いきや、テンポもよく盛り上がりもあり、とても楽しめました。俳優陣の演技にも入り込むことができて、最後のほうになると、涙が止まりませんでした。かなりおすすめです!
★★★★★
From: esso(NO MAIL) 1月 29日(土)23時31分43秒
映画らしい映画を見せていただきました。ジョニーデップは今作で、彼の実力を受け止める作品に出会えたのではないかと思います。作品自体は、非常にバランスが良く、繊細。映画ならではの余韻ももらいました。
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 1月 29日(土)16時55分35秒
最高、感動した。いきさつがすごくよかった。ネバーランドが素敵。子役の4人の演技がうまかった。
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 1月 28日(金)00時13分30秒
ほのかによい映画でしたね。心地よくじーんときました。でも、もう少しどーんとくるかと思ってました。まあ、でもよい感じです。ラストでは、あちこちでグスグスとすすり泣く声が聞こえてきました。やはり泣きの映画は需要ありますねー
★★★★
From: みー(NO MAIL) 1月 26日(水)20時09分54秒
思ってたストーリーとは違った。でもだからこそ良かった☆純粋に‘素敵’な映画だと思いました♪♪
★★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 1月 26日(水)13時12分24秒
良い作品だけれども泣くほどの感動はないかなと思って終盤までを観ていましたが、クライマックスでは涙がこぼれて鼻水は垂れて・・・。(苦笑)ピーター役の男の子、上手です。あの子は、「トゥー・ブラザーズ」の子だと思われますが・・・。ケイト・ウィンスレットさんも、良かったなぁ。素敵な作品でした。
★★★★
From: S.だるま(NO MAIL) 1月 23日(日)15時57分47秒
美しくて、力強い映画。佳作。≪ネタバレあり≫意外な気はするのですが、この映画を観て私が一番感じたのは、「大人になるということは?」という問いかけでした。空想を馬鹿にし、頑なに現実にしがみつくことで "大人" になろうとするピーターに、想像する楽しさや希望をもって信じることの大切さを身をもって教えるバリ。一方で、ジョージが厳しい祖母に楯突いてまで母親の希望を叶えようとする姿に「30秒で大人になった」と驚嘆の声をあげるバリ。一見矛盾するようなこのバリの態度には、子供に向かう一人の大人としての明確なビジョンが貫かれています。つまり「"真の大人" になれ」ということです。幼いピーターが周りの大人たちをみてそう解釈したように、世間にはまるで干からびた子供のような "大人" が蔓延しています。子供たちと海賊ごっこをしながら、バリはそのような世間と闘っていたのではないでしょうか。また、バリがジョージを「大人になった」と評したのは、彼が母の想いを汲み取り、それを叶えるために自分は何をすべきかを自分で判断し、行動したことに対する敬意の現れと言えます。大人になるということは、決して空想や希望を失うことではないのだと、この映画を観て改めて思いました。涙の味は『ビッグ・フィッシュ』と似ているような。同作のファンはお見逃しなく。
★★★★
From: めいめい(NO MAIL) 1月 22日(土)21時53分48秒
見終わった直後はちょっと物足りない部分も感じたんだけど、数日経った今になってもじわじわ来るものがある映画でした。これは「ピーター・パン制作秘話」というより、原題の「Finding Neverland」どおり、「ネバーランド」というどこにもない場所を探す人々の物語だと思います。一見ただのおとぎ話、その実ものすごくデリケートなテーマに挑戦した映画と言いましょうか…。「ネバーランド」がいったいどういう所なのかとか、人間関係のつじつまとか、その辺りをもっと詳しく描いてくれたら、鑑賞直後の物足りなさは大分減ったと思うんですが、その反面、そうした物理的な齟齬を埋めてしまったら、今わたしが感じているような複雑かつデリケートな後味があっただろうか、という気もして、微妙なところです。<以下ネタバレ>ジョージが大人になる瞬間は良かったですね〜。あと、ピーター・パン初演に来た孤児たちに最初は迷惑そうにしていた大人たちが、舞台を見ているうちにどんどん(心が)若返っていく様子がとても素敵でした。
★★★
From: ドラえもんの友人(NO MAIL) 1月 22日(土)16時33分00秒
>どうして子供たちの家庭に惹かれていったのか それはバリが幼児愛好者だから。映画ではそれが一瞬だけ描写されている(耳打ち話)。「ビューティフルマインド」同様に偉人の暗部は映画では語られない。
★★★★
From: tokusou(NO MAIL) 1月 22日(土)09時50分17秒
 おまけで★4つ。★3つでもいいのだけれど、満足度75%というと高すぎ、50%では低すぎるので。 よくできていると思う。飽きることなく終わりまできた。子供たちが上手すぎ。ジョニー=デップも、普通の役を違和感なくやっていた。パイレーツ=オブ=カリビアンと同一人物とは思えない。タイタニックのヒロインも、最後にしっかりやつれた感じになっていた。やせてはいなかったけど… でも、映画に入り込めなかったな。全然泣けなかったし。 スクリーンで見なくてもビデオでよかった。<ネタバレあり> 主人公が、どうして妻と不仲になっていったのか、どうして子供たちの家庭に惹かれていったのか、よくわからない。自分の新作が不評だったから? 共感できなかった。また、父を失った子供たちの悲しみも伝わってこなかった。「父が死んだんだから悲しいんだ!説明不要。」みたいな作りだ。ピーターはなぜそんなに人間不信なの?って感じだった。 これから面白くなりそうだ、どこが入り口だ?どこから面白くなるのだ?と思っているうちに終わってしまった。
★★★
From: あいこ(NO MAIL) 1月 20日(木)23時10分47秒
悲しい悲しいお話です。涙が出ます。でもイメージの世界と現実の世界をいったり来たりする映像は楽しいのですが、CGを使ったであろうと思われる映像は美しいとは思えないのです。所詮作りものは自然の美しさにはかなわないと思います。イメージの世界を大切にするなら負けないくらい現実をしっかりみつめなくてはなんの意味もない。それができるのが本当の大人だと思います。30秒では大人にはなりきれないのです。
★★★★
From: myuu(NO MAIL) 1月 19日(水)23時28分57秒
地味ですが、前評判通りの良作でした。良い意味で、予想を裏切ってくれて。そしてそこに惚れました。(以下、ネタバレ)いや、てっきり「夢を信じよう」とか「もっと想像力を持って」とか。そっちに行ってるのかと思っていましたが。もちろんその主張はあるのですが、でもそれは現実を生きるための術としてあるんですよね。時に残酷過ぎる現実と折り合いをつける、心のバランスを保つ、そのために必要なものだと。特に印象に残ったシーンが、長男ジョージが30秒間で(笑)大人になる瞬間。その瞬間の、その心の、何と素晴らしく、美しいものか。何というか、しっかりと大人でありたいと思う映画でした♪
★★★★
From: ましゃまろん(NO MAIL) 1月 19日(水)17時31分01秒
美しくて暖かい映画だと思います。映像もとってもきれいだし、エンディングバックの公園の緑そのもののような清々しい感動を覚えました。それだけ・・。でも、それだけでいいんじゃないかな。映画を多数みてるとどうも物事をうがった目で見てしまって、深読みしたり、批判的に見てしまうけど、たまには、素直に感動したいと思いました。ジョニデが普通の役をごく普通に演じられるっていうのも大きな驚きでしたし・・。(笑)
★★★★
From: yasu(NO MAIL) 1月 18日(火)23時32分55秒
りぃどさんに同意!映像はとても綺麗なんだがなあ。ジョニーデップの演技は独特で大好きなんだが、あの家庭との関係の曖昧さが少し理解に苦しむ点があった。けど久々によい映画の気がする。
★★★
From: りぃど(NO MAIL) 1月 18日(火)18時06分23秒
とてもいい映画だと思う。でも、それだけで終わってる。キレイなもの、美しいものだけを並べてるからだ。汚れた部分を隠して優等生を演じようとしてるから。ファンタジーは決して美しいものだけで成り立ってるとは思えない。醜いものや汚れたものだってあるはずだ。そう言うダークな部分を隠して欲しくなかった。この監督の演出は締まりが無く、その手腕にも疑問。好評だけど、絶賛してる媒体がさほど多くないのも納得。佳作ではあるけど、もっといい映画が作れたはずだ。それにしてもバリさんは女泣かせだなぁ。あの人こそ、誰よりも少年らしい少年だった。でもああいう人は結婚には向いてないと思うな・・・
From: ドラえもんの友人(NO MAIL) 1月 18日(火)16時26分53秒
この映画にボクが微塵も感動しないのは「空想は素晴らしい」という一点だけで、そうではない人達(すなわち俗物)を不幸だと思わせようとする傾向に嫌悪感を抱くからだろう。シカゴの精神科学者であるダン・カイリーが「ピーターパン症候群」という言葉を作ったように、空想に逃げ、現実を甘受しない人間など、やはり人格的に歪んでいるとしか思えない。主人公であるバリは身勝手で、自己欺瞞の塊。社交に夢中な妻との会話を放棄し、散々シカトしたあげく、謝りはするものの次のシーンでは若き未亡人の元へ。子供達に空想の素晴らしさを説く一方で、子供から発せられる痛烈な批判には真正面から取り合わず、はぐらかすばかり。あげく、肝心なところでは空想では現実を超えられないとアタリマエのことで場を終わらす。子供達に父親にはなれないと言ったかと思えば、後見人になると言い。作家である自身もパトロンの力なくして作品をなし得ないのに、妻の社交性を批判。なんというデタラメさか。病気が末期であるケイト・ウィンスレット扮するシルヴィア未亡人から、バリが空想について語られるシーンや、シルヴィアの母親がバリの自覚のなさを恫喝するシーンこそ私は心動かされた。この物語はバリこそがピーターパンと言うが、彼はただの物語をすすめるだけの狂言師なだけであって母が死の病にたっても劇を観にきたピーターこそが、本当に空想の大切さを教えてくれる。だからこそ、シルヴィアが死の床についたとき、自身の劇の初日を見極めず、彼女の元に行ったバリのアホさには呆れてモノが言えない。
★★★★★
From: のり(NO MAIL) 1月 17日(月)22時40分57秒
いい作品でした。感動する作品はたくさんあるけどこういう感動映画は劇場で久しぶりに見た気がします。ジョニーデップもいいですね!!みなさんの書き込みどおりぐっとくる作品でした。
★★★★★
From: てて(NO MAIL) 1月 17日(月)03時42分47秒
本当にいい映画です。子供時代にピーターパンが好きだった方には特にオススメです。この物語誕生の裏側にはこんなお話しがあったんですね。なんていうか、綺麗な感動があります。
★★★★★
From: サクサク(NO MAIL) 1月 17日(月)02時44分07秒
おもしろいというより良い作品です!しつこくなく、あっさりしておりホロりと泣けました。「希望を捨てないで、美しい心を持ち続けよう」という子供たちへのメッセージもすごくいいと思う。また、現実シーンからファンタジーのシーンがとても違和感なく描かれており、すばらしいと思いました。
★★★★★
From: デニー(NO MAIL) 1月 15日(土)22時59分29秒
すごく心打たれる映画でした。役者陣に文句なし。泣ける泣けると言われ流行った最近の安っぽい日本映画より全然いい!グッとくる映画でした。是非観て下さい。
★★★★★
From: カンナ(NO MAIL) 1月 15日(土)20時42分04秒
映像も綺麗だし、物語的にも引っかかるところはなかったと思いますみかんさんと同じくピーター役の子はほんとすごいと思いました自然と涙が流れてくるとっても良い映画でした
★★★★★
From: みかん(NO MAIL) 1月 15日(土)18時37分48秒
映像が素晴らしく綺麗。ジョニー・デップが素敵!あとピーター役の子が凄い。ケイト・ウインスレットもタイタニックで終わりかと思ったら違って良かった。ただ、ダスティン・ホフマンが出てるのに気付かなかった。「セカチュウ」とか「今、会い」は見に行って泣きたいと思わなかったけれど、これは泣けた。心打たれて映画で泣いたのは久し振り。大人の映画です。