Ray<レイ>

満 足 度
76.5%
回答者数34


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★
From: まゆ(NO MAIL) 4月 20日(水)23時44分06秒
生き様がすごいよ
★★★★★
From: 雷蔵(NO MAIL) 4月 10日(日)01時05分31秒
分かっているつもりだったけれど、こんなに偉大な人だと思い知らされました。音楽的な影響力はElvis以上だったのですね。日本の、R&Bだあゴスペルだあソウルだあってイキまいてるあの子たちは、自分は単なる「流行歌手」なんだってことを自覚させられたでしょうね。ドラマとしてもアメリカの暗部も垣間見られて切なかった。最後のジョージア州からの表彰シーンには涙です。
★★★★★
From: kumago(NO MAIL) 4月 6日(水)02時26分31秒
質の高さに脱帽。こりゃーとってもじゃないが追いつかん。
★★★★★
From: ましゃまろん(NO MAIL) 3月 26日(土)00時54分55秒
時間があったんで、何となく見ました。でも、「ネバーランド」より、「オペラ座・・」より感動しました。人間ドラマって心を打つんですね。レイ・チャールズは、偉大ではあるけど、高潔でストイックな人間ではなくて、ビジネスライクで女にだらしない人だったという所が隠すことなく描かれていてよかったです。ジェイミーも良かった。「コラテラル」と全然違った。アカデミー賞とって、当たり前。「ミリオンダラーベイビー」は見てないけど、作品賞にも匹敵する名作だと思いました。
★★★
From: tikitiki(NO MAIL) 3月 22日(火)23時38分41秒
レイチャールズ自伝だけあって、音楽は最高でした!!サントラ即購入。すごい才能に溢れた人なんだなあ、と感心してしまいました。ジェイミーフォックスもうまかった。あれはアカデミー賞とるに決まってますね〜。ただ、映画としておもしろいか、といったらそうでもないかな、と思います。前の方々もおっしゃってますが、伝記映画なので、当たり前かもしれないですが。
★★★★★
From: (NO MAIL) 3月 15日(火)10時11分00秒
最高!ライブシーンのカッコよさで全部持っていかれた。レイ・チャールズのことは「いとしのエリー」をカバーした外国人アーティスト、くらいの認識しかない人でも予備知識なしで心底楽しめる映画に仕上がっていると思う。ま、基本は偉人の伝記映画なのでその手の作品が苦手な人には勧めないけど。手首を触って美人かどうかを判断するシーンが好き☆あと、レイをとりまく女たちが凄く印象に残った。お母ちゃん素敵だよ。
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 3月 14日(月)08時02分09秒
良かった。ジェイミは、本当に主演男優賞とるだけある。そっくりだ。
From: 無し(NO MAIL) 3月 14日(月)02時38分03秒
レイ・チャールズの音楽は好きだが、薬中で女好きのレイ・チャールズには感情移入できないね。見終わって特に何も残らないし、だから何?としか言いようがない。
★★★★
From: むらさき(NO MAIL) 3月 7日(月)18時36分45秒
おもしろかったです。レイ・チャールズの、お母さんの、奥さんの強さに感動しました。レイ・チャールズが好きな人にはぜひ、映画館で見てほしいと思います。サントラほしい!
★★★★★
From: KAZU(NO MAIL) 3月 6日(日)17時42分06秒
アカデミー主演男優賞は当然です。サントラ素晴らしいです。女にだらしないところや、ドラックに溺れたりとダークな面も出していたのが良かった(本当ももっとエグイのだろうけど)いつも行っているシアターは先週までは1日2回しか上映しない扱いでしたが、アカデミーの後は5回上映に変わりました。
★★★
From: セロ(NO MAIL) 3月 2日(水)21時54分11秒
ありきたりな伝記映画でまあまあでした。回想シーンのタイミングに少し疑問が。もうちょい巧く入れられないものだろうか。またレイが何故あれだけピアノとR&Bが上手い理由が説明されてなかった気がする。またラスト、トラウマを克服し麻薬から抜け出そうとするシーンが異様に早足。さらっと語りすぎでしょう。レイの生涯は凡人とは比べ物にならないほど濃いものだったのでしょう。だからこそ人生をなぞるだけの伝記映画を撮るのではなく、印象的なエピソードだけに絞るべきだった。
★★★★★
From: chio(NO MAIL) 3月 2日(水)10時24分26秒
ジェイミーサイコー!!
★★★★
From: しげまる(NO MAIL) 2月 28日(月)01時09分56秒
【ネタばれありです】天才のお話が大好きなので、最後までしっかり楽しめました。ジェイミー・フォックスさんの演技は凄いですね…。レイ・チャールズさんの事は、ほとんど知らないのですが、(いい加減ですが)似てるような気がしました。ある場面で一度女性のコーラス部分(スリーパターンくらい)を自分で歌ってましたが、本当にあんな事があったのでしょうか?かなり耳とリズム感などが優れてたんでしょうね。音楽する人にはあたりまえの事なのかもしれない(?)けれど、凄いなぁ・・・と思いました。↓の方も書かれてますが、伝記作品なんで、面白いところって挙げにくいですが、幼少の頃を所々に挿入しているのは、良い感じでした。立派なお母さんだったのですね!気になるのは、彼が薬に手を出したのが、本当に、小さい頃のトラウマ(幻覚)、音楽に対しての感覚に自分で自信があっても目が見えない為一人で自立出来ないストレス、仲間と上手く付き合えない孤独感…等の原因であるのか、って事と、薬がなければ彼の成功はなかったのかもしれないと、私は感じてしまったところです・・・。天才って、ほとんどこのようなパターンが多いように感じます。その辺りを観ると、いつも人生って甘くないな(凡人で良かったのかもなんて思います)って思ってしまうのは、私だけなのかも・・・
★★★★
From: 蘭丸(NO MAIL) 2月 27日(日)22時02分54秒
感想としては、良い映画でした。脚本は単純明快で、取り立てて面白くも無く。ただ実在の人物の伝記映画なので変に華美に脚色してないシンプルさは逆に納得の行くものでした。その代わりにテンポ良く、飽きさせない工夫がしっかりされてました。そして音楽は当然良くて。レイ・チャールズ好きはぜひ一度見るべきだと思います。
★★★★
From: サクサク(NO MAIL) 2月 26日(土)03時34分24秒
レイ・チャールズの曲は言うまでもなく、ジェイミー・フォックスの演技が最高に素晴らしかった!!J・フォックスに関してはなぜあそこまで似ていて、そして魂のこもった演技が出来るのだろうと思った。レイがのり移ったのでは!?とマジで思ったwまた、このような有名人の伝記的な映画は、真実を美化する傾向がある。しかし、この作品はレイの影の部分もしっかりと描かれていた。真実に正直なゆえに良く出来た脚本のような面白い展開はない。だが、些細な事実など無理やりに成功への秘密にこじつけるB級の伝記映画よりはいいと思う。
★★★★★
From: ダグ(NO MAIL) 2月 25日(金)00時32分31秒
最高に良かった!私生活を通していかに自分の音楽を作り出していったのか、そんな中ひらめきで新たな道を切り開いていき、周りの反対を押し切っても自分を信じて突き進んでいったレイチャールズの生き様に涙が出ました。そんな彼も幼少の頃にあった出来事がきっかけで表舞台では見られない精神的な弱さもこの映画では包み隠さず描かれていて僕的には見せ場のオンパレードな作品でした。上映時間が本当に短く感じました。幼少の頃のエピソードや麻薬から立ち直る部分はもっともっと増やして欲しかったです。もともと好きなジャンルの作品だったので、外すことは無いと思っていましたが期待以上で大満足でした。ジェイミー・フォックスは是非オスカーを取って欲しいです。
★★★★★
From: ブロンテ(NO MAIL) 2月 20日(日)18時08分02秒
艱難汝を玉にすって本当ですね。レイ・チャールズの歌をリアルで聞いていた頃・・・素敵な歌だとは思っていましたが彼にあのような苦悩や喜びがあったとは想像だにしませんでした。天才の生き様は凡人にはちと理解し難い部分もありましたが・・・特に色好みとか!でもあれも弟の事故死のトラウマを発散させたいという麻薬中毒の流れと同じ延長上にあるのかも知れません。レイのママはとても立派な知恵のある人でしたね!「あなたの目は残念だけれど見えなくなってしまうの。だけど目が見えなくなってもバカでは無いのよ。全盲だって自分の足で立てるの。シッカリと物事を耳で聞いてそして自立しなさい」と言い聞かせるこの言葉が効いていました。こんな風に言える人って実際どの位居るのか?凄く少ないような気がします。レイ役ジェイミー・フォックスの努力も立派でしたね。役をオファーされてからの3年間毎日レイのビデオを見続けて、実際目隠しを10時間以上し続けてその恐怖や音の明瞭さを会得したそうです。レイが歌う度に鳥肌が立ちました。数々のビッグ・ヒットの裏には彼の私生活の想いがギッシリと詰まっていたのですね。"Wtat'd I say"私もあのシングルのお世話になったけれど当時は”何で両面演奏なの?”と不思議でしたね。レイはもの凄いヘビー・スモーカーなのにあの美声ですから脅威!そういえば我が家にJazz人形が飾ってありますがレイの人形の前に置いてあるピアノにはチャンと灰皿が(笑)
★★★
From: シネマツルギー(NO MAIL) 2月 20日(日)13時06分18秒
う〜ん個人的にレイ・チャールズが好きな人どうぞあと、麻薬中毒患者をご家族にお持ちで何とか更生させたいと願っている人もどうぞって感じかなぁ。(私は前者ですがね)でもまあ本人がギリギリ生きている内にこのお話を映画にしたのは本人を含めて製作者各位に敬意を表する。でも(あえてこう表現するが)障害を持った人間の赤裸々な人間としての部分を表現するだけにレイを使ったんなら失敗だろう。やはり生活者としての部分にあまりに感情移入しにくいモノがあるだろうから…
★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 2月 18日(金)19時27分00秒
冒頭の悪質な嘘に始まって、聖人君子にはほど遠い盲人の生き方を描いていることが興味深い。また、歌の魅力に頼りきることなく、子ども時代の挿入や手首を触るシーンの反復のような映画作りのセンスで観客をひきつけているのもよい。しかし、成功した人、ドラッグを克服した人、差別を打破した人が偉いといういかにもアメリカくさい教条に収れんしていくのは興ざめである(しかも精神医学万能という教条まで顔をのぞかせている)。
★★★
From: pasu(NO MAIL) 2月 17日(木)12時28分58秒
北米版DVDに収録されていたdelete sceneを観てやっと納得出来る場面がチラホラあったんで、長尺のディレクターズカット版が観たくなりました。ジェイミー・フォックスの演技の凄さとか音楽の良さとか良い部分が多かっただけに、作品として勿体ない… って事で星3つ。
★★★★★
From: yasu(NO MAIL) 2月 16日(水)21時13分04秒
素晴らしい!何気ないエピソードのつなぎ合わせのようで、その間をつなぐ音楽が最高にイイ。jeorgea on my mind. unchain my heart. 久し振りに心に響く素晴らしい映画だった。
★★★★★
From: うに(NO MAIL) 2月 11日(金)23時31分38秒
ジェイミー・フォックスはオスカー獲るでしょう、たぶん。すごかったです。サントラ聴きたくなりました。
★★★★★
From: HIDE(NO MAIL) 2月 7日(月)22時10分09秒
最近見た中では最高でした、この種の音楽に興味の無い人にはきついかのかもしれないが2:30が長いとは感じませんでした、エンドロールを最後まで見たのは何年ぶりか・・・向き、不向きがある映画かもしれませんが良い映画でした、欲を言えば最後の方があっけなかった、本人のライブで終わる感じを期待したのですが・・・・
★★★
From: S.だるま(NO MAIL) 2月 7日(月)00時21分06秒
恥ずかしながらレイ・チャールズについて殆ど何の知識もないまま観に行ったのですが、この映画を観たお陰で、彼がいかに物凄い人物であったかは、よくわかりました。彼の音楽の斬新さ、しかもスタイルに囚われない幅の広さ…レイ・チャールズという存在は、音楽界にとってまさに一つの事件であったと言っても過言ではないでしょう。一方で愛人問題や麻薬中毒など、レイの陰の部分も包み隠さず描かれています。しかも主演のジェイミー・フォックスは、レイ本人かと錯覚してしまうほど自然な熱演。でも…何だか物足りない気がしてしまったのはなぜ?思うにレイ本人とその人生が凄すぎて、映画としての見せ所が少なかったからじゃないか、と。音楽界に革命をもたらしただけでなく、過去のトラウマや自らのハンディキャップを克服し、愛人はいたものの本妻と添い遂げ、麻薬中毒からも見事に立ち直り、人種差別反対運動の先陣を切る…並々ならぬ強靭さを持ち誰からもリスペクトされるウルトラ・スーパーマン。有り余るほどのエピソードを積み重ねるだけで確かに充分にドラマチックではあるのですが、それらを貫いているべき製作者の "想い" が映画からイマイチ伝わってこなかったのが残念。スーパーマンを描くことの難しさ、でしょうか。でもまぁ、観てよかったです。いい曲がたくさん流れていたけど細切れだったので、サントラ聴いてみたいな。
★★★★★
From: ムギ(NO MAIL) 2月 6日(日)21時36分01秒
レイの母親役が効いてた基本的にはサクセスストーリーながらホームドラマの要素を強くしたのが作品成功のポイントそれが、いい音楽を背景に描かれるのだからそりゃ、面白いわね
★★★★
From: tetujin49(NO MAIL) 2月 6日(日)16時34分18秒
レイ・チャールズ好きの自分にはたまらない作品でした。劇中のピアノ演奏シーンすべてジェイミー本人が吹き替えなしで演じた琴に驚きです。ただラストの方何か端折った様な、消化不良な感否めないです。
★★★★★
From: みー(NO MAIL) 2月 6日(日)07時50分58秒
観終わった瞬間に「アカデミー賞キターーーー!!!」と思いました☆レイ・チャールズという偉人だって、本当はただの弱い人間だったんだ。母親の言葉や、立派な妻であるビーや、もちろんマージや、たくさんの人の存在のおかげで神様とまで呼ばれる<人間>になったんだね(´д`*)
★★★★
From: じんちゃん(NO MAIL) 2月 5日(土)18時07分43秒
レイの歌を聴くだけでも一見の価値あり。彼の奥さんのその後が興味あり。かなりの子供がいるようだが、音楽関係にいった子供はいるのだろうか。
★★
From: ぽち(NO MAIL) 2月 4日(金)13時10分22秒
な〜んか ダラダラしていたような・・・彼がすでに才能を開花しはじめているところからだったので、もっと どのようにして 頭角を表していったのか・・・っていったストーリーが欲しかった。と 感じるのは 僕だけ?
★★★
From: スイマー(NO MAIL) 1月 30日(日)21時53分30秒
伝記映画って、単にダラダラとエピソードを羅列するパターンが多いので苦手なのですが、本作もその典型のような映画でした。色々なエピソードを生真面目に積み重ねていく割に、一番肝心なヘロイン中毒の克服の過程をあんなにあっさりと片付けてしまって、中途半端なまま映画が終わってしまっているのが本当に残念でした。しかし、レイ・チャールズの数々の名曲はたっぷり聴けますし、曲が生まれる過程や彼の生い立ちなど興味を持って観れた部分は多々ありました。主演のジェイミー・フォックスが絶賛されていますが、それほどの演技なのか少し疑問に思いました。確かにレイ・チャールズ本人に外見(サングラスにかなり助けられている)や仕草を似せているのですが、単なる物真似のように感じてしまいました。キャストの中では、レイ・チャールズの母親を演じたシャロン・ウォーレンが一番印象に残りました。
★★★★★
From: たくあん(NO MAIL) 1月 30日(日)21時34分43秒
参りました。レイ・チャールズは好きで、結構聞くのですが、あそこまで完璧に(だと思う)レイ・チャールズを演じたジェイミー・フォックスは、ほんと素晴らしい。また、母親役がよかったですねぇ。親子の愛情が痛いほど伝わってきました。
★★★★★
From: PON酢(NO MAIL) 1月 30日(日)19時40分55秒
長い映画だし、伝記物って結構タルいのが多いから覚悟してから観に行ったけど・・・つかみが鋭くて最初から思いっきりフィルムにのめり込んだ。しかもラストまで延々と・・・こんなに退屈なしの映画に仕上がってるとは思わなかったしなんといってもジェイミーフォックスの演技はすごすぎ!彼がアカデミー賞を取らなかったら委員会の連中は全員ボンクラです!(断言)特にレイ・チャールズのファンってワケじゃないけどホントに見ておいて良かった!こんな映画にめぐりあえるから映画ファンが辞められないです!
★★★★
From: リオン(NO MAIL) 1月 30日(日)19時23分40秒
見てて「マルコムX」を思い出しました。ま、偉人伝映画って一つのパターンがあって、それに沿ってるって感じはします。物語だけなら、凡百な偉人映画とさして変わらないが、変わるのはレイ・チャールズを演じるジェイミー・フォックスの演技。これだけでも見る価値はあり。主役以外には、母親を演じた俳優さんがなぜか心に残った。
★★
From: フィルム(NO MAIL) 1月 30日(日)14時29分22秒
内容は濃い。偉大なレイ・チャールズの真の姿や、あの時代の社会的な側面がよく描かれていて。だけど、何だろ。見終わった後味がいまひとつ。最近のハリウッド映画のお決まりパターンである、大衆の歓声を登場させて「最後はみんなに受け入れられましたとさ」で終わるまとめ方はやめてほしかった。もう少し、偉人としての意味づけを一ひねりしてほしかった。ちょっと暗く思い映画で、日本人には敬遠されるかな?話も長いし。