Shall we Dance?

満 足 度
66.9%
回答者数40


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★
From: テリー(NO MAIL) 7月 22日(金)23時53分41秒
小泉とダンスしてるRギアは間抜けだった。確かに似ているよ、二人は…。でも、ギアは否定しなきゃいかんでしょ?喜んでどうすんの?笑いが足りないですね。脇役達の演技がうそ臭い。たまこ先生(草村れい子)役の人も品がない。悲しかった。やはりリメイクする必要は感じられないです。周防監督、早く新作を!
★★★
From: ひよこまめ(NO MAIL) 6月 30日(木)17時04分49秒
リチャード・ギアは確かにカッコよかったし、作品として、コレはコレで「いいんじゃないでしょうか」なんだけど。ギアとダンスの間の距離感が、役所さんの時のそれと比べて小さすぎるのが、作品の“小粒感”に繋がってしまった気がします。日本とアメリカでは、そもそもソシアルダンスに対するイメージや世の中的な環境が微妙に違うと思うんです。たとえば、すこし前までのアメリカでは、多くの男性が高校の卒業パーティで、ほぼ一律に社交ダンスの洗礼を受けたと聞きます。つまりアメリカ人のオトナの男性の多くが「とりあえず一度はそれらしきコトをやった経験がある」のに対して、日本ではそんな機会も行事もなく、まだまだ“特殊”な受け止められ方をしていたり。だからこそ、役所さんの恥じらいやためらいには奥深さとリアリティがあったし、踊る楽しさに目覚めたときの弾け方もいじらしく可愛かったと思うんです。この手の“目覚めモノ”の場合は、主人公が飛び越えるギャップが深くて広いほど、作品が大きくなる傾向があるように思います。もちろん、途中があまりに破綻してたらヤですけど。でも、ジェニファー・ロペスが、なんでソシアルダンスなんだろ。むしろ、ギアが息子に連れられていったクラブのほうがお似合いだけどな。ダンス講師がもうちょっと別な女優さんだったら、もっとギアとの関係性で膨らみが感じられたかもしれませんが、私には、あの2人ではドキドキもしなかった。だって似合ってないもん。私は途中から、スーザン・サランドン視点で物語を観てましたが、女性の場合、誰にピントを合わせるかで、作品の印象が変わるかもしれません。ひたすら「リチャード・ギア素敵ぃ〜」と観るもよし、「ジェニファー・ロペスきれいね〜}もよし、「スーザン・サランドン、えらいわー」もよし、です。やっぱり、いい女優さんです。年齢をも、イイ感じに大きな存在感へと変換しつつあります。ストーリー上の「人物像」も素敵な奥さんだったし、仕事や興信所(?)との打ち合わせで外出するときと、自宅にいるときの雰囲気の違いとか、そのへんまでの行き届いた演技の“入り込み方”も巧いです。ネマキにしてるクタクタのTシャツとかもね。中年キャリアウーマンの、安泰すぎて良くも悪くも緊張感をなくしてる夫婦関係みたいなものが、しみじみ伝わってくる感じでした。今回は、役所版とは別物の、《中年夫婦が生き甲斐を見つけ、互いを思いやり、互いを理解する物語》《ダンスはたまたまの材料》という位置づけで捉えて、スーザンに2つ、ギアに1つ、計3つ、という採点。
★★★
From: らるー(NO MAIL) 6月 28日(火)12時37分59秒
いい映画でした。一方で、オリジナルの素晴らしさ、面白さを痛烈に感じます。
★★★★★
From: 周防正行(NO MAIL) 6月 17日(金)22時37分13秒
なかなか良かったです。リチャードギアの演技も飾らなくていい感じでした。ただ、ひとつ気になったのが、演出でした。ところどころ、(/ω\) ハジカシー演出あり。
From: ぶた(NO MAIL) 6月 3日(金)04時35分52秒
 リメイクする必要が全く分かりませんでした。ハリウッドにはもはやネタがないと聞きますが、だからって手を入れる必要のないものに手を入れてまでやらなくても…。トム・ハンクスが脚本を読んで主演依頼を断ったそうですが、頷ける気がします。リチャード・ギアも「作り直す必要ないなって思ってた」と白状してましたね。 多くの方が仰っているように、舞台が日本だからこそ成立した部分は少なくありません。そして、むしろそれらこそがオリジナルの肝であったのではないでしょうか。そういった機微をリメイク版には感じられません。 言いたいことはたくさんあるのですが、もっとも大きいのは最後のシーン。あれは主人公が一人で行くことに大きな意味があったように思うのです。一人の平凡な男が異世界との決別を図り、また現実を受け入れていく。それを象徴するかのように、オリジナルのラストはそれまでとは打って変わった幻想的な光景、皆がきらびやかな装いをしている中で、ただ一人サラリーマン・ルックの高杉さんがいます。一人でそこに臨むことにも、スーツであることにも、すべて意味があると思うのです。それは、高杉さんが奥さんのもとへと帰ることを暗示しているのですから。リメイク版は明らかに説明過多です。主人公がパーティー会場へ行こうか迷う場面で、歌を流してまで説明するのには閉口しました。 世界の名作の数々をアメリカ流に作り直すという一連の動きは、いかにもアメリカらしい傲慢な考えではないでしょうか。敬意とはどういうものなのか、私自身ももう一度考えたいと思います。
★★★★
From: S.だるま(NO MAIL) 6月 2日(木)23時48分33秒
肉食人種の "Let's Dance !" という感じ。けど、そこがイイんじゃない?前日にビデオで日本版をみてから行きました。日本版はとってもしみったれてて何だか貧乏くさくて、自嘲気味ながら卑屈にはならないギリギリのところで踏みとどまり、その微妙なさじ加減がまさに日本的な名作だったので、この作品をハリウッドでどうやってリメイクするつもりかと、ちょっと想像ができませんでした。で、観てみたら一つ一つのエピソードはほぼ原作通りになぞりながら、それらによって描かれている物語は随分違うものになっていて、それがとても良かった。日本的曖昧さを潔く捨て去ったところに、むしろ原作への深い理解と敬意とを感じました。日本版で、(竹中直人でも渡辺えり子でもなく)柄本明の "何だかわからないけど妙" な存在感にやられちゃったので、アメリカ版の探偵にももうひとがんばりして欲しかったかな。点数で言うと73点ぐらい。だから★4つはちょっと多すぎかな、とは思いますが、まぁ楽しかったからオマケ!
★★★★
From: kou(NO MAIL) 6月 2日(木)21時16分12秒
日本人(男性)特有のシャイな感情を見事に表現したことがオリジナルの最大の魅力でしたが、それをハリウッドがどう料理したのか?という処がいちばん興味がありました。映画としての完成度は、基準をクリアしていると思います。オリジナルと比べて云々というのは、個人的にどの部分に対して思い入れがあるのかということで随分変わって来るのではないでしょうか?個人的には面白く観賞することが出来ました。アメリカ人には、徳井優さんが演じたおばさんみたいな男性というキャラは理解しがたいのかなぁーとは思いましたけど(確かにアメリカ版のあのキャラのその後の姿は、なるほどと感心してしまいましたけど・・・)
★★★★★
From: 山本せいら(NO MAIL) 6月 1日(水)20時28分24秒
ちょ〜つまんなかった!っていうかんじぃ↓↓まぢゃばいんだけど。時間かえせーvvみたいなwww
★★
From: hana(NO MAIL) 5月 30日(月)01時25分58秒
深夜にたまたまテレビ放映で見て、面白いかな、という程度の作品でした。シナリオも撮影も手抜きで、「オリジナルまんまで嬉しい」とはとても思えなかった。
★★★★
From: リオン(NO MAIL) 5月 29日(日)23時59分17秒
この話はやっぱり、社交ダンスが市民権を得ていない日本を舞台にしたほうが面白い。主役も平凡なサラリーマン役所広司のほうが、リッチな弁護士リチャード・ギアよりも感情移入できる。コメディ・リリーフは断然竹中直人&渡辺えり子のほうが上。オリジナルと比べると、どうしてもそういう書かざるを得ないが、観ていて「ダンスが楽しそうに思えてきた」という大事な部分で、きちっとオリジナルと同じだけの満足感を与えてくれたので、一本の映画としては充分のデキでした。オリジナルもそうだが、とにかくダンスが楽しそうなのがグッド。ハリウッドオリジナルのラスト、デパートのシーンは、個人的には良かったです。リチャード・ギアだからサマになったというのと、実際にアレをやったらとんでもないだろうなとは思いましたが(^^;「王様と私」より主題歌「シャル・ウィ・ダンス」はやっぱり名曲ですね。ヒロインがオリジナルと違いラテン系ダンサーなので、「シャル・ウィ・ダンス」よりもラテン系の曲が多くなっていたのはちょっと残念。
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 5月 28日(土)19時07分52秒
最高、おもしろかった。原作そのままだね。ラテンの人は、やっぱり竹中直人がいい。リチャードは『シカゴ』のダンスよりいいしかっこいい。最後のエピソードがいい。ジェニファーとのラスタダンスと、深夜のダンスがいい。
★★★★
From: NEO(NO MAIL) 5月 24日(火)20時26分31秒
ギア様とジェニロペが踊るとエッチな感じがしてなんか不倫に発展しそうでドキドキした。人物の感情なんかは日本版の方が断然よくて感情移入できたけど、日本版の良さを変えないで作ってくれててうれしかった。
★★★★
From: mako(NO MAIL) 5月 22日(日)03時18分21秒
リメイクだからオリジナルと比べちゃうのは仕方ないけど私はものすごく素敵な映画だなぁと感じた。DVDが出たらもう一度観たいな。リチャード・ギアはやっぱり上手いなぁ。それと同時に竹中直人&渡辺えり子も名優だと実感した。笑いのシーンとダンスシーンはオリジナル、素敵だなとかホロリとするシーンは私はハリウッド版の方がよかったな。他の方も仰る通りさすがアメリカなだけに大味な印象ではあるんだけど。ポリーナ役は別にジェニロペじゃなくてもって感じはするかも。元彼ベン・アフレックとのバカップルぶりやいろいろな騒動を思い出すとどうしてもジェニロペに品を感じないし憂いをおびた役をやってもどうも感情移入が出来ないかも。余談ですがバーみたいな所で探偵の人と会うシーンのスーザン・サランドンが「これでもか」ってくらい胸の谷間が強調される服でちょっと見たくなかったかも。セクシーというより「うわっ見ちゃったよ」とちょっと引いたw
★★★★
From: KT(NO MAIL) 5月 21日(土)01時04分56秒
日本映画のリメイクって外れが多いけど、これは安心して見られます。良心的な作品。でも、本当にオリジナルそのまんまというかひねりゼロなのでマイナス1点(笑)。(ねたばれ)ラストにバラを持って行くシーンは賛否両論あると思うけど、個人的にはこっちの方がオリジナルよりしっくり来ました。ただ、あれが似合うのはR・ギアだからだよなぁとも。ギラギラ脂ぎった俳優だったら台無しだったでしょう。
★★
From: マーマ(NO MAIL) 5月 18日(水)21時42分50秒
我が家は家族のうち4人が見ました。で、みんなの一致した意見は「やはり日本のが良かった」「うん、だいぶ落ちるね」でした。
★★★
From: ロラン(NO MAIL) 5月 13日(金)14時06分48秒
原作見てなければ星4−5ぐらいにしたけれど、どーしても比べてしまいます。まあこれもリメイクものの宿命ですかね。
★★★★★
From: E60(NO MAIL) 5月 12日(木)18時43分45秒
ふん、リメイクか。と、ええ加減な気持ちで見に行ったら、最近見た中では最高に面白い映画だった。久しぶりにもう一度見たくなった映画。リチャード,かっこ良すぎるよ。10年後の私はあんな感じだろうな。うそです。勝手に目指します。ねたばれ?一緒に教室に入った「おれはゲイじゃないからな」としきりに言っていた彼は、ラストシーンで男と踊っていたけど結局そういう人になったの?バラのシーン。すごく良かったけど,夫に浮気された彼女の目の前では気の毒だった。
★★★★
From: めいこ(NO MAIL) 5月 11日(水)23時16分33秒
ストーリーはオリジナルに忠実に作られていましたが、こっちは夫婦の映画でしたね。スーザン・サランドンは久しぶりに見ましたが、やっぱりいい女優さんですね〜。残念ながらジェニファー・ロペスの映画とは思えませんでした。もともとダンスを見るのは好きなので、ダンスシーンも楽しめました。でもやっぱりアメリカン・・・ダンス大味だなあ・・・しょうがないか。
★★★★
From: しーさー(NO MAIL) 5月 11日(水)22時23分13秒
意外と面白かったです。竹中直人と渡辺えり子の役が物足りないんでひとつ減。皆さんが仰るように、妻の扱い…というか夫婦の扱いに日米の差を見ました(笑)はらひでこさん演じる妻の影の薄さって、そのまま日本人の夫婦の概念な気が。奥さん誘って見に行ったら、株があがりそう。
★★★★
From: HIDE(NO MAIL) 5月 9日(月)23時27分20秒
久しぶりの★4個、最近見た映画、外れが多くて・・・これは時間も短くてテンポ良くストーリーが展開して良かったです、ダンスにはまったく興味がないので邦画の方も見てないけど充分楽しめました、一人、々が凄く、いい味だしてて、特に探偵が良かったねえ!最後のダンスを習いに行くシーンは笑った、笑った秀作でした、うん!
★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 5月 6日(金)19時35分27秒
面白かったです。オリジナルファンでも十分合格点をあげられるんではないでしょうか。ネタバレオリジナルの方が好きなところ・・・ギャグが面白かった、特に竹中さん。草刈さんのダンスはすばらしかった。凛として品もあったし。なにより姿勢がすばらしい。ジェニロペも頑張ってたんだけどスッと立っている姿はやっぱり違うかな・・・と。役所さんの冴えないサラリーマンの悲哀はやっぱギアより良かった。ギアの素人っぽいダンスはシカゴと違ってかえってよかったけど、やっぱかっこよすぎです(ホント、シカゴのうさんくさいダンスは笑えた)ハリウッド版の好きなところ・・・妻の描かれ方  これは断然こっちのほうがいいです。スーザン・サランドンが出てるからこういうシナリオなのかな、オリジナルと結構ちがいますね原日出子さんの扱いはかわいそうでした。これを観たらオリジナルもう1回見たくなりました。
★★★★
From: たる(NO MAIL) 5月 5日(木)00時19分59秒
結構オリジナルに忠実なのでびっくりしました。でもジェニロペ演ずる遠い目をした美女の、心の傷がなおざり気味に感じました。ダンス教室の仲間を通じて、彼女が立ち直って新しい世界に出発するというストーリーより、夫婦間の心と時間のすれ違いに焦点が当たって、ラストもそれを解消するような展開に持って行ったって感じですね。オリジナルで、奥さんちょっとかわいそうと思った人にはおすすめです。
★★★
From: ナポドットコム(NO MAIL) 5月 4日(水)00時29分45秒
周防監督の「Shall we ダンス?」の方が明らかに完成度が高いが、ハリウッド版もそれなりに楽しめた。でも、リメイクとはいっても、演出から脚本までほとんど同じだったので、リメイクでもリメイクなりに、オリジナルな部分やヒネリが欲しかった。 
★★★★
From: 沈々(NO MAIL) 5月 2日(月)14時08分05秒
オリジナル版は観たはずなのですが、良く思い出せません。面白かったです。テンポも悪くないですし、笑えるし、すこしホロリと来るし。音楽もいいし衣装も綺麗で、踊りも華やかでゴールデン・ウィーク現在上映中の映画のなかでは一番無難かなと思います。優等生すぎる気もします。ただ、ラストのダンスは失笑ものでした。
★★★★★
From: ぽち?(NO MAIL) 5月 1日(日)23時46分00秒
日本のオリジナル見てません。良かったです。久しぶりに 目頭が熱くなりましたリチャードギアの演技 上手いです!オリジナルを見たくなりました ^^;
★★★
From: ミサイルマン(NO MAIL) 5月 1日(日)18時29分35秒
どうしてもオリジナルと比べてしまいますねオリジナル見てなければ星4か5だったかも、、、見終えてまず最初に思った感想は「やっぱ竹中直人は天才だなー」だったヅラ男にはあれぐらい(やりすぎなぐらい)野性味溢れるラテンを見せてほしかったもうひとつはリチャードギアが初めからかっこよかったのはどうか と思いましただめお父さんがかっこいい父さんになる様が面白い映画なのにリチャードギアは初めから威厳のあるいいお父さんだし、、、でもダンスの練習半年そこらでここまで見せるダンスができるのはさすがハリウッドを代表する俳優ですね
★★★★★
From: ジャック(NO MAIL) 4月 30日(土)23時51分03秒
オリジナルを見てないので純粋に楽しめた。近いうちにオリジナルを見て、比べてみたい。
★★★
From: m34(NO MAIL) 4月 30日(土)15時34分18秒
つまらないとは思いませんでしたが、やっぱり登場人物への思い入れが周防さんより弱いな〜と感じました。バラを持って登場したリチャード・ギアには失笑しました。
★★
From: enmma(NO MAIL) 4月 29日(金)15時44分14秒
安っぽいリメイクでした。特に不満なのは、肝心のダンスシーンがイマイチだったこと。ブラックプールや競技会のシーンなどは、日本版より派手に、豪華に見せてくれるだろうと期待していたのに、カメラワークが雑で、ギアとJLoが頑張ってた分勿体ないな〜と思いました。微妙なお笑いネタ(ヅラ、デブ等)も、日本版よりウェットな感じがして引いてしまった…
★★★★★
From: バニー(NO MAIL) 4月 29日(金)12時59分09秒
面白かったです。リチャードギアがダンスにハマッて行く様がとても良く描かれていました。ジェニファーロペスも迫力があって、私的にはオリジナより楽しめました。
★★★★
From: monseiur(NO MAIL) 4月 27日(水)19時59分48秒
これは観る側の問題なんですが(同じような人多いと思うけど)、観ている間、頭の中でどうしてもオリジナルが並行してしまい没頭できませんでした。しかし競技会の場面では引き込まれてしまいましたね。オリジナルを観ていなければ余計な事を考えず純粋に全編通して楽しめたのではないかと思います。まあ、ラテン男の役は竹中直人のあの演技があってこそだったんでしょうけど...あと、オリジナルで渡辺えり子さんが演じた女性の役は、もし一昔前ならベット・ミドラーだな。
★★★
From: 通行人(NO MAIL) 4月 26日(火)20時58分53秒
よくできたリメイクでしたリチャード・ギアは適役残念ながら、オリジナル以上の感慨は湧きません終わった直後に、日本版が猛烈に見たくなりました小市民の小市民的な幸せが、好きだったので・・・関係ないですが館内には熟年カップルが多かったですねそういったところで、ちょっとニヤリとしました
★★★
From: speakeasy(NO MAIL) 4月 26日(火)17時36分28秒
昨日、観てきました。リメイクにしてはなかなかの出来とは思うが、オリジナルで大受けしたギャグ・シーンや感動のシーンはほぼ再現されていたが、オリジナルのほうが演出・映像的に上手だったと思う。間の取り方と言ったらいいのだろうか。オリジナルで冗長だったシーンをバッサリ切っている手腕は、流石と思ったが、残した珠玉のシーンの切れ味がそれほどでなかったのが残念である。リチャード・ギアは流石にうまいと思ったが、後のキャスティングも悪くはないが、オリジナルのキャストを食うほどの役者はいなかった、と思う。呆れるほど大根役者だった草刈民代だったが、やはりダンス・シーンのしなやかさは流石プロのダンサーだけあるな、とウットリするものがあったが、ジェニファー・ロペスもマッチョすぎて趣味じゃなかった。押さえた演技でそれなりに健闘していたと思うけど。回想シーンの金髪の綺麗なお姉さんダンサーのほうがずっと素敵に思えたのは私だけだろうか?彼女がヒロインだったら、もっと感情移入できたと思う。ミラマックスの最大の追加+付加価値シーンの薔薇を持ったタキシード姿で奥さんの職場に登場するシーンは、「愛と青春の旅立ち」の趣味の悪い焼き回しだろう。パロディーにもなっていない辟易したシーンだった。リチャード・ギアもやり過ぎだと強硬に反対したのがよく分かる。意図的に短い上映時間に抑えてあり、観ても損した気分にはならない。悪くはないです。それだけオリジナルがよい証左なのだと思うが。
★★★★★
From: ゴマアエ(NO MAIL) 4月 25日(月)23時01分33秒
リメイクとしては十分過ぎる出来。実は、小津安二郎がアメリカ映画エッセンスを持っていた(『東京物語』はあるアメリカ映画の換骨奪胎している)ように、小津に傾倒する周防作品がアメリカの色に塗られても違和感がないのが素晴らしい(もちろん、そこにはスタッフの技も当然ある)。オリジナルをいい意味でもう一度観たくなるという点でも、評価していい。
★★★
From: しげまる(NO MAIL) 4月 25日(月)15時16分34秒
どうしても、邦画の感動のほうが強くって、この評価にさせて頂きます。こちらのリメイクした作品のみを鑑賞した場合の評価はどうだったのか・・・想像出来ないのが残念です・・・。でも、恐れていたほど変な出来ではなくて、ある意味安心して観れました。少し設定も変えてますし、人物も微妙に違う面があって確認するのも楽しいかもしれません。豪華な仕上がりですね。
★★★★
From: PON酢(NO MAIL) 4月 25日(月)08時54分02秒
ステキな映画でした。テンポもいいしキャスティングは見事だし、とっても心あたたまる映画だったと思います。<ちょっとネタバレ>唯一の不満はJLOとリチャード・ギアのラストダンスがもっと長く観たかったかな〜あそこでもう一盛り上がり欲しかった気がする・・・でも全体の満足度は充分!
★★★★★
From: ぽち(NO MAIL) 4月 25日(月)02時10分49秒
久し振りに心がジーンと、感動というか共感できる映画を見たような気がします。夫婦っていいもんだなって改めて感じさせてくれる映画です。倦怠期を迎えたカップルや長年連れ添った夫婦の方たちにお勧めの映画です。もうすぐ両親の結婚記念日なので、この映画のチケットをプレゼントしようかと思っています。リチャード・ギア素敵でした。以下ネタバレあり。タキシードを着て赤いバラを手に妻を迎えに行くシーン、素敵です。ジーンときました。ああいった登場の仕方は、さすがリチャード・ギアだなって感じがしました。プリティーウーマンや愛と青春の旅立ちを彷彿させます。年齢を重ねてもとても新鮮でした。ほんと、どの役者も見事にはまっていて、味のあるいいシーンが随所に見られました。DVDが出たらもう一度じっくり見たいです。この映画に誘ってくれた夫に感謝しています。
★★★★
From: HIRO(NO MAIL) 4月 24日(日)14時48分51秒
日本語版原作を見ていなくても楽しめます。男性より女性ウケする内容にアレンジされてますね。終始、リチャードギアがカッコよすぎる!ジェニファーロペスを活かすために、あえてラテン調に挿入曲をシフトしているのは賛否分かれるところかな。その他キャラの配役は見事。
★★
From: QQQQ(NO MAIL) 4月 24日(日)10時49分14秒
アマリにも、日本テーストなので、リメークする意味があったのかな?と思います。モウ、少し違った展開を期待していたにデス。ですから「物足りなさ」を感じました。周防作品を見直して見たくなりました。
★★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 4月 23日(土)17時45分51秒
<ネタバレあり> かの名作をどーゆー風にハリウッド版として、リメイクするのか楽しみだったのですが…オリジナルの良さを見事に活かしてますね。 主演のリチャード・ギアは役所さんに比べるとスマート過ぎるケド、まったく嫌味なところもなく「爽やか」です。ヒロイン?のジェニファーロペスもグラマーでありながらも、控えめなセクシーさを心得ています。 何よりもリサ・アン・ウォルター演じてるボビー(オリジナルでは、渡辺えり子)が超ハマり役ッ!!!もう、渡辺えり子にしか見えないぐらいに。ある意味、主演役者以上の好演っぷりでした。 キャスティングがここまで見事にハマっているリメイク映画ってなかなかないんじゃないんだろーか。オリジナルの役者の味をしっかりと踏まえたつつ、有名・無名問わずに「味のある役者」たちが揃ってますw オリジナルチェックしてから観るもよし、ハリ版を観てからオリジナルをチェックするもよしって感じです。細かいな笑いをしっかりと挟みながら、ほんわか気分で観ることが出来ました。・クライマックスよりも、中盤の真夜中の教室でのふたりのダンスにシビれてしまいました♪