シンデレラ・マン

満 足 度
77.7%
回答者数56



★★★★
From: アガスケ(NO MAIL) 10月 29日(土)08時26分39秒
純粋に感動し、興奮し、よい映画だった。レニーも良かった。突っ込みどころもあるが「実話」と言われると何も言えず・・・・観て損はない映画ですね。
★★★★
From: アルカリ天然水(NO MAIL) 10月 25日(火)18時04分56秒
普通に観られた。でも盛り上がり欠けるなぁって思った。
★★★★
From: 冒険者たち(NO MAIL) 10月 21日(金)14時31分50秒
事実の映画化なので避けられないかもしれないが、最後まで一人の男の孤独な戦いとして描いても良かったのではないか。「うそ臭い」「相変わらず・・・ロン・ハワード監督」など何人かの方が言われているように、せっかくの張り詰めた世界が、大味な大衆向きに化けてしまったようだ。妻が、思いがけず、沢山の人々が夫の勝利を願っているのを知る教会のシーンでは、その大仰な演出に興ざめしてしまった。やはりロン・ハワードだ。「ダヴィンチ・コード」が心配になってきたよ。
★★★★
From: PON酢(NO MAIL) 10月 21日(金)11時49分04秒
ミリオンダラー・ベイビーといい、シンデレラマンといい今年はボクシング映画に当たりが多い!これもホントに良い映画に仕上がってた!レニー・ゼルウィガーの表情だけでも一見の価値ありアカデミー賞ってやっぱり伊達じゃないねって真剣に思った瞬間。
★★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 10月 20日(木)23時06分27秒
ボクシングというスポーツの面白さに頼りすぎているともいえるが、成功主義者でない純朴なナイスガイが闘っているということにより、ボクシングの迫力が感動につながっている。ながく心に残るのは観衆にむかって手をあげる主人公の憂いを含んだ表情であろう。主人公の妻役には、もう少し美形で栄養不良の感じもだせるような女優を起用してもらいたかった。上映時間を幾分縮めるともっとよい。
★★★★★
From: ゆりな(NO MAIL) 10月 18日(火)23時09分35秒
純粋に良かった。ラッセル・クロウはさすがの演技でした。あの表情がとっても良かった。良い映画だけど、あまり記憶に残らないかんじ。でも良い作品でした。
★★★★
From: キッド(NO MAIL) 10月 17日(月)15時51分32秒
すごく良かった。これこそ家族を持つ男だと思いました。この実話に感動しました。ただ、映画の作りからしたらちょっと物足りないかな〜。主人公がたいして練習もせずに急に強くなっちゃうし、フーヴァー村のシーンを入れた理由がいまいち理解できない。そして、タイトル戦ではアバラを折っていたんじゃ・・・。まぁ、十分楽しめたのでこの点数です。
★★
From: HIRO(NO MAIL) 10月 17日(月)02時36分58秒
実話ということで過大評価してもこの点数。残念な点多い。展開はロッキーそっくりで新鮮味がない。[良い点]・ボクシング映画としては迫力十分。殴り合いと音がリアルでいい。[気になった点]・ラッセルクロウは人選ミス。元々表情が暗い役者が、全編通してそのままで士気が低い。(実際の本人がそういう人だったのならOKなのかもしれないが、「恐慌時代の中の希望の星」にしてはキャラが地味すぎる。)・主人公のピンチ時に立ち直るトリガーの設定が弱い。(サブリミナル的に「貧乏」暮らしや「子供の引き取り」などが恐怖の対象として出てくるが、題材として弱い。)・奥さんが最後の試合を観戦しないのは、あの流れの中でまったく共感できず浮いてしまってる。(家族愛がパワーの源なら当然描写は必要と思った)・実力ボクサーが不運にも貧乏暮らしに落ちたきっかけとして「恐慌」が映画の背景にあるが、本人がタクシー投資に手を出して破産したという事実は共感しにくい。・最大の不満点、「強い主人公」の設定の説明がなさすぎる。年をとって引退したボクサーがなぜあんなに強いのか十分な説明がないのでリアリティに欠ける。本編ではその成長過程が省略されているため、観客は「もともと強いボクサーがケガを克服して(というかゆったりしたケガをしないスケジュールで調整して)まさかの快進撃」としか感じない。・主人公がケガを何度も負いながら体を張って家族のため戦い続けるという「家族愛」というこの映画の一番大切なキーが、「当面の金を稼ぐため仕方なくやっている」といった低いモチベーションが続くのが苦痛、たまたま運よくランカーにあたっていったという感じしか残らない。・結局はチャンプになる事が目標でもなんでもなく、金のためだったというオチ。映画なんだからもうちょっと演出しろい。
★★★★★
From: (・ε・)(NO MAIL) 10月 16日(日)14時38分52秒
フーヴァー村の件は良くわからなかったけど、それ以外は非の打ち所のない出来栄え。あまりに出来すぎていて、すごいなぁって思った。
★★★★★
From: そうま(NO MAIL) 10月 13日(木)21時14分23秒
心を揺さぶる映画です。後半は涙があふれて止まらない。こんな映画は久しぶりです。家族をもつ男性の方にとても見てもらい映画です。
★★★★
From: 自然の美味しさを天然ボトリング、でぶプラティ、可愛い、テキスト、ピュアライフ(NO MAIL) 10月 11日(火)20時24分44秒
訳あって、三回も観てきました。三回目はさすがに食傷気味でしたけれど、二度見には耐えうる映画だと思う。
ロンハワード監督の作品はいつも安心して観られるなぁ。
全てにおいて完成度が高いって思う。でも、何かクセが足りない。きれいごとの連発で、もっと心理の内面を掘り下げてもらいたかった。
HIROさんの洞察力は凄いですね。私はそこまで深く考えて見ていなかった。でも、何か足りないと思っていた事柄は、HIROさんが仰っていることとほぼ同じでした。思っていることを活字にするということは、こういうことなのですね。
★★★★
From: 匿名(NO MAIL) 10月 9日(日)15時19分53秒
感動!泣ける映画〜と銘打っていたのだがどこで泣いていいかわからなかった。でも観客を泣かせようとする映画は嫌いなのでOK。淡々としていて、後からじわじわ感情に熱が帯びてくる。訴えかけてくる感じ。役者もとてもよかった。だけど何かが足りないんだよな。全面的に…。星4つ。
★★★★★
From: マシュ-(NO MAIL) 10月 9日(日)14時50分11秒
見て良かった!!ブラドックもカッコよかったし、ボクシングシーンも痛快でした。ラストシーンは久々に泣きそうになりました.
★★★★
From: ジー大西(NO MAIL) 10月 8日(土)20時11分40秒
そんなにヒットしていないみたいなこの映画。私としてはとっても良かった。もっとヒットしてもいいぐらい完成度は高いと思うのに・・・。確かにファイティングシーンとドラマとの間の盛り上がりバランスがズレてるって感じたけど☆まぁ、細かいことは置いておきましょう。
★★★★
From: バルビエ(NO MAIL) 10月 7日(金)21時21分51秒
ロンハワード監督の、女性の描き方は、なんだかいつも消化不良。でも、男性の描き方は、すごい。ほんとにリアリティのある最高の演技、演出でみせるのですね。うーん、ラッセルクロウ、ジアマッティ、よかったなあ。格闘技好きの友人と行きましたが、テーピングの巻方が少し弱い…と言ってました。でも、それだけ演技、演出にリアリティがあるってことかも。
★★★★
From: 足の裏人街道(NO MAIL) 10月 6日(木)15時20分24秒
とっても良い出来。でも最高の出来と言うのには及ばない気がする。何か、クセが足りないような。
★★★★
From: にゃぁこ(NO MAIL) 10月 6日(木)00時53分15秒
面白かったです!最後がハッピーエンドだって、わかりきっているんだけど、それがまたいいですね。下の方でレニーでは貧困さが伝わってこないとありましたが、わたしは別にそうは思いませんでした。この2人のキャストがあったからこそ、逆に安心してみれたのだろうと思います。ミリオンダラーベイビーとやや、重なることもあったけど、比較はしたくないですね。良い映画でした。
★★★★
From: うに(NO MAIL) 10月 6日(木)00時27分26秒
タイトルからして展開は予想がつくのだけども、ねないで観ましたので、おもしろかったのだと思います。ミリオンダラー・ベイビーとも重ねつつ。エンドロールの音も良し。
★★★★
From: Holly(NO MAIL) 10月 5日(水)13時36分33秒
非の打ち所がないほど、非常に高い完成度。 ただ、ドラマとアクション(ファイティングシーン)のバランスが悪いのではないか。生々しいアクションを見せることに徹底しすぎて、ドラマの盛り上がりとアクションの盛り上がりを重ねていく演出が弱い気がする。たとえば、「恐慌時代の民衆に夢を与えるという存在であることを自覚して闘いなさい」という妻の言葉を胸に焼き付けたからこそ、主人公は最終ラウンドでどんなにパンチを打たれても前進していったのであろう。しかし、そういったドラマとアクションの絡みが見えにくいため、ファイティングのリアルさが際立ち、盛り上がりが弱くなってしまっているように思える。 家族に支えられながら、諦めずに夢を求め、無事、家に戻ってくる。相変わらず「アポロ13」と同じことをロン・ハワード監督はやっているのだが、大恐慌時代の話を今の時代にやる意図が分かりづらい。感動しても忘れてしまいそうだと感じるのは、美談だとは思っても、飽食の時代の人間が自らとシンクロさせて鑑賞することが難しいからなのではないだろうか。
★★★★
From: 洪水未来(NO MAIL) 10月 4日(火)14時07分58秒
久しぶりの良作と聞いて観に行ってきましたところ、ラッセルクロウがプライベートでもボクサーになっちゃっている昨今、非常に説得力あるボクサーを感じられた。身体かなり絞っているし。一方レニーは大恐慌時代を生き抜く一人の母親としては薄幸に欠けていたように思う、だってふっくらしているんだもの。笑。それよりもトレーナー役のジアマッティがサイドウェイでノミネートもされなかったので、今回はイケるかもしれない。
★★★★
From: アイシャ(NO MAIL) 10月 2日(日)21時04分42秒
奇をてらわない正攻法の映画で、素直に感動しました。物乞いの場面は、さすがに涙が止まりませんでした・・こういうどん底の世相の話を観ると、日ごろは文句ばっかり言っている仕事&会社ですが、職があるってありがたいと思います。(観たときだけですが^^;)
★★★★
From: ウッチィ(NO MAIL) 10月 2日(日)17時56分25秒
丁寧に撮ってあって良かったです。特に試合とか。台本がなんか目新しい所がなくて微妙につまんなかったけど。面白かった。
★★★★
From: にゃんぴょう(NO MAIL) 9月 30日(金)23時25分30秒
正直ミリオンダラーベイビーの方が良かったとは思うけどこれも感動しました。ラッセル・クロウは本物のボクサーみたいですごいですね。ポール・ジアマッティ?も良かった。
★★★★
From: hira(NO MAIL) 9月 30日(金)21時44分29秒
リング上のシーンは皆さんが言うように迫力があっていいのですが、喧嘩ひとつない家族愛や、教会で試合の中継をラジオで流すなど話が美し過ぎて、かえってうそ臭く感じます。食べるのにも苦労しているのに奥さんが痩せてないのはちょっと?(痩せたレニーは魅力がないけれど・・・)。仕事が欲しくて金網にへばりつき、選ばれるのを待つシーンがありますが、誰一人文句を言わないのはチョット・・・。あと、息子の盗んだものを返しに行くときや、恥を忍んでお金を恵んでもらうとき、向こうの人は卑屈になったりしませんね。これが日本人だと平身低頭、涙を流して土下座するくらいに済みません、済みませんを連呼しますよね。お国柄の違いでしょうか?ともあれ、最後まで眠くならずに鑑賞できたので良かったです。
★★
From: IWGP(NO MAIL) 9月 29日(木)10時45分42秒
前評判から、期待して見た割には・・・下で書いてあったけど、感動しても記憶に残らないって表現がピッタリでした。ボクシングのシーンは本物好きからすると少々雑かなと、ミリオンダラーベイビーのヒラリーのほうがリアリティーがあったように思います。裕福→貧困→裕福??結局ハッピーエンドってのがものたりない気がする。それでも、イーストウッド作品の結末のようになにかふっきれないモヤモヤ感が残らないだけまだいいのだろうか。
★★★★★
From: 和声法(NO MAIL) 9月 27日(火)22時05分20秒
家族のために頑張る主人公に、思わず胸が熱くなった。
★★★★★
From: 桃花(NO MAIL) 9月 26日(月)00時31分41秒
気持ちが通い合うって素敵。お互いを大切に想う優しさって素敵。相手を愛おしくみつめる眼差しにスクリーンを観ていて胸が温かくなる。そんな伴侶・家族に出逢えた登場人物たちは幸せ。気付くと涙が流れてて、心が洗われるようだった。心が満たされました。
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 9月 25日(日)19時13分30秒
よかった。けれど感動はしなかった。家族愛が感じられた。ラッセル・クロウがかっこいい。子供が可愛い。レニーはかわいい。大恐慌により、豊かな生活を送ってたのに、貧乏暮らしはかわいそうだった。ボクシングの試合はすごかった。最後がすごかった。素人のわりにはすごかった。
★★★★
From: QQQQ(NO MAIL) 9月 25日(日)08時17分49秒
最後は、題名から想像から出来たので泣くこともありませんでしたが、家族愛をそして仕事仲間友情を歌っていて良かったです。ボクシングシーンで臨場感がありました。又、時代背景の復元力が素晴らしいと思いました。約2時間半の映画ですが、平易な展開の割に、時間が記にならずにいたのは、ヤハリ、冗長なように見えた試合のシーンが良く取れていたのではと思います。そして、ここでも、アイりッシュの問題が見えてましたが,MDBabyのようにあからさまでなくて、私には良かったです。セコンド役の、彼は素敵な同志でした(途中で、私も、彼の立場を疑ってしまいってました)。事実は、小説より奇なり。いや、事実に優る脚本はないのかもしれません。
★★★★★
From: マモ(NO MAIL) 9月 25日(日)01時10分13秒
家族を守る男の素晴らしい実話。大恐慌の中でもこういう逸話が出るあたりアメリカらしいですね。ロン・ハワードの作品はなんか安心して観れる。ラッセル・クロウ、ポール・ジアマッティは相変わらずいいし。子供達と再び一緒に暮らすため、恥を捨てて、お金を恵んでもらうシーンは男泣きしてしまいました。
★★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 9月 24日(土)16時29分39秒
 タイトルがタイトルだけに少し引き気味でしたが実際に本編を観るとそーいった雰囲気はまったく感じさせず、ボクサーとして生きる道と家族との生活を頑なに守り続ける熱い漢のお話。 劇中では、些細なシーンだったのですが、ジムが娘から戯れにもらったストレートパンチは、どんな相手のパンチよりも彼にとっては、一番効いたと思いました。
★★★★
From: レロ太郎(NO MAIL) 9月 22日(木)10時40分32秒
夫婦の愛の表現がベッタベタでした。
★★★★
From: ポター(NO MAIL) 9月 21日(水)23時02分54秒
何の予備知識も無くなんとなく見に行ったのですがとても楽しめました。ボクシングの映画ともしりませんでしたが迫力に圧倒されました。敵役のベアもとても憎たらしく感情移入が容易に出来ました。ただ最後の方で家族の触れあいの場面が有っても良かったかな?と少し感じました。単純にとても楽しめる映画でした。見に行って良かった。
★★
From: まるみ(NO MAIL) 9月 21日(水)16時47分41秒
作品の出来としては水準以上ですが、なんだかうわべだけの映画でした。きれいごと過ぎると言うか。人気スターの主演二人も、今だからこそ起用されたのでしょうが、純粋に映画のことを考えたら、“スター”ぽくない俳優の方がリアリティがあったと思います。完成度としては☆4つなんですが、なにだか物足りない。。
★★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 9月 21日(水)01時25分09秒
ド迫力のファイトシーンに圧倒されます!劇場ではなく、自宅で観てたらきっと叫んでました(笑)・・・大興奮です。ボクサーとしては年を取りすぎた主人公が、愛する妻や子供達のために命がけで頑張る姿に感動します。ラッセル・クロウも素晴らしかったけれども、マネージャー役の役者さんもとても良かったなぁ。
★★★★★
From: シンデレラ・マン(NO MAIL) 9月 20日(火)22時18分01秒
ラッセルクロウの存在感が圧倒的だった。ボクシングのシーンは迫力があった。家族の様子もちゃんと描かれていた。良かったと思う。文句なく薦められる映画だと思う。
★★★★★
From: トッチャンボーヤ(NO MAIL) 9月 20日(火)21時14分21秒
ここ数年で大ヒットした、大恐慌時代を扱った作品の中ではベストな出来でした。『グリーン・マイル』では会話の中でしか時代を感じないし、『シービスケット』ではさっさとメキシコに話が展開するので雰囲気が明るい。でもこの作品は、貧しさや登場人物が背負ってるものをひしひしと感じました。(それでもマシな家庭なんでしょうが)だから、ジ〜ンときたのは試合以外のシーンでした。事実はどうあれ、物語の感情は常にまっすぐでした。主役級の3人はそれぞれすばらしかった!!私の大好きな場面は、マネージャーのジョーが最後の試合の前に、リングから妻にウィンクをするところ。素直にかっこよかった。
★★★★
From: (NO MAIL) 9月 20日(火)01時18分36秒
大恐慌の中で生き抜くという面では、シービスケットを一瞬思い出したけど・・内容も感動も違いましたボクシングとか格闘技は苦手なので・・そっち方面にド素人な私にはラッセルのボクシングは充分に迫力がありました。少し長く感じたけどよかったです。ジミーの家族愛が伝わりました。ジミーの生き方もすばらしかったけど、それを必死で理解しようと影で支える妻の姿に本当にグっとくるものがありました。女性的な意見かもしれませんが、ボクシング=痛いという偏見のイメージがある私には感動以上に痛そうな印象が大きくて・・☆4つ私も少し気になったのが、妻(レニー)はもう少し貧しそうなほうが・・隣りの女性は最初から最後まで泣いていましたが、私はそこまで泣けなかったです。(隣りの女性に引いたのかもw)それでも涙する作品だと思います。
★★★★★
From: 宗 重(NO MAIL) 9月 20日(火)00時59分26秒
ボクシング映画でこんなに感動したのは「ロッキー」以来。当時のアメリカで職を失う事の意味を考えた時、どん底から這い上がったきたブラドックに希望の光を見た事に共感をおぼえました。プライベートな事はともかく演技に関してはラッセルもレネーも言う事はありません、私の中では最高の出来だったと思います。一つ疑問を感じた事といえばローブローがあまり痛そうじゃなく感じた事くらいですか。
★★★★★
From: ボコボコ、ころりん、Danke!、白雪姫(NO MAIL) 9月 19日(月)22時58分53秒
オーソドックスな作り方ながら素直に心に響きました。ボクシングシーンも迫力ありました。私には最後まで画面に引きつけられました。
最後まで拳を握りしめての迫力、痛そ〜、と時々は顔をしかめながらもスクリーンの大画面ならではの臨場感と、テーマはあくまでオーソドックスな家族愛・・・、久々に気持ちが心底洗われる作品でした。さすが役者魂100%のラッセル!ボクサーぶりも父親ぶりも泣かせるな〜。
良い映画に出会って幸せな気分でそして自分に負けないぞって勇気をもらって帰ってきました。何時までも心の中にじわーっといい余韻が残ってました。
よかった、こんなに真面目に家族の愛を描いた作品手最近少ないような。久々に素直に「よかったなぁ」って実感。見終わった後、思わず拍手したくなった。
★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 9月 19日(月)17時46分15秒
この映画は誰が観ても合格ラインはいくのかなーと。ただこんな時代にこれほど道徳的な主人公はどうなのか 家族のために戦う姿は感動なんだけど、完璧すぎてほんの少しだけゲンナリしてしまった。もっと人間本来持ってる欲や妬みなんぞがあったほうがボクサーとしてのハングリー精神が沸いてくるんじゃないのかな。ラッセルは私生活はおばか丸出しだけどスクリーンの圧倒的存在感はさすが。あれだけ長いボクシングシーンをこなしているのはスゴイの一言。レニーはキライじゃないのですが、この作品にいたってはミスキャストだと思う。ふっくらしすぎてて悲壮感がなさすぎ、あの甘ったるい声もだめでした。でも全体通しては文句なくいい作品なんでしょう。何年後に「名作」として名を残すかといわれれば忘れてしまいそうなんだけど・・・つまり感動しても印象に残らない作品でした。
★★★★
From: 桑原(NO MAIL) 9月 19日(月)15時45分22秒
完璧すぎる。全てが予定調和っぽくて、最高の出来とは言えない感じがしました。でも、眠くもならず、普通に楽しめました。昨今のCGバリバリの内容がない映画より、余程良いです。
★★★★
From: みかん@(NO MAIL) 9月 19日(月)14時06分02秒
「涙が溢れる」ような感動系とは違う感動系映画です。役者さんたちの演技力が光っていたし、監督の硬派な感じもにじみ出ていてとても良かった。たまには、こういうストレートな映画もいいなぁって思いました★それにしても、ボクシングシーンは迫力ありましたね〜。痛々しいのは苦手なので、思わず顔をゆがめてしまいましたが、見入ってしまうほどの迫力でした。
★★★★
From: 401(NO MAIL) 9月 19日(月)11時15分24秒
コメントを読むと、受けとり方は、本当に人それぞれですね。ボクシングの試合が迫力あったという人もいれば、まったく無かったという人も。こういうのを読むと、自分がどう思ったのかがわからなくなってしまいますね。私が一番印象に残ったのは、マネージャーのジョーです。彼の友情に胸を暑くさせられました。演技も素晴らしかったです。「サイドウェイ」の人と同一人物とは、びっくりです。
★★★
From: KURI(NO MAIL) 9月 19日(月)10時17分18秒
実話なんですよね。だから、なんとか入り込めました。しかし、ボクシングの試合が、あまりにもリアリティーに欠けていました。ラッセル・クロウの動きにに迫力がなくて・・・。まぁ年齢のわりにはがんばっているんでしょうけど。で、まぁ、感動もしましたが、なんだろう、もう一つ物足りなかったです。下のカキコにあるように、スキャンダラスなキャストはミスキャストだったような気がします。もっと無名の若者を起用した方が良かったのかも。
★★
From: よしりん(NO MAIL) 9月 19日(月)01時56分56秒
映画としてはしっかり出来てるし、いい話なんですけど、なんだか道徳の教科書を読んでるような、きれいごとだけの話(言い過ぎかな)でイマイチ感情移入出来ませんでした。ま、実話だから変えようがないんでしょうけど、もう少しそれぞれのキャラクターの深い部分が見たかったです。
★★★★
From: ジョンタ(NO MAIL) 9月 19日(月)01時07分59秒
泣ける。それは間違いない。に、しても前半で主役二人はミスキャストだと思った。後半ラッセルならではのブルドッグのような姿は良かったので、レニー以外の女優だったらもっと良かったでしょうね。
★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 9月 18日(日)22時39分29秒
よくも悪くもロン・ハワード作品。盛り上がりに欠ける中庸ぶり。睡魔と闘いながら、なんとか最後まで観られましたが、もっとカットしてほしい。試合のシーンはよく、編集テクで見せられてしまいました。主演二人は、うまいものの、私生活で暴力沙汰のたえないラッセルと、離婚ほやほやのレニーの良妻ぶりにイマイチ入り込めず。やっぱ余計な情報仕入れると映画は面白くなくなるものですね。
★★★★
From: パク・チョンエル(NO MAIL) 9月 18日(日)20時14分41秒
ちょっと中だるみするけれど、良い映画でした。あまり期待せずに観に行った方が良いかもしれません。
★★★
From: rinrin(NO MAIL) 9月 18日(日)18時28分19秒
色々な評価を見てから鑑賞したため、期待しすぎました。 良い作品とは思いますが、必ず感動できると思い行ったため、☆3個という所です。 ロッキーを演技と演出を上質にした映画という感じです。 前評判なしで観たら☆4個はいったと思います。
★★★★
From: ミスターx(NO MAIL) 9月 18日(日)18時24分27秒
王道って感じで、久しぶりに満足のいく映画だった。ただ、音楽が少なかったのが個人的に残念でした。ということでマイナス★一つ
★★
From: naokidou(NO MAIL) 9月 18日(日)18時13分03秒
長いなぁー、早く終わらないかなーと思う作品だった。所々、感動するところもあったけど、展開スピードがおそくて、長く感じてしまった。DVDで観るだけで充分な作品。
★★★★★
From: kartatsu(NO MAIL) 9月 17日(土)23時32分04秒
いや〜良かったです。試合のシーンはスゴイ迫力で、ずっと身体が硬直状態でした。自分自身が試合に参加している感覚でした。思わずパンチを避けたりしてしまった。個人的には、マネージャー役の人が良い味を出してて好きです。
★★★
From: FAVRE(NO MAIL) 9月 17日(土)23時29分19秒
ラッセル良かったです。ボクシングシーンが特にGOOD!!見ているこちらに伝わってきます。思わず叫んでしまった。吸い込まれました。
★★★★★
From: kumacho(NO MAIL) 9月 14日(水)00時24分00秒
前情報なしに観ました。素直に良かったです。手に汗にぎって、スクリーンと一体になった感じで。長さも感じませんでした。こどもたちも可愛かった。グラディエーターよりも、ストーリー性があるし、映像も良い感じです。時間があったら、もう一度観てもいいかな。ミリオンダラー・ベイビーと比較して書いてるコメントをいくつか見たんですが、比較ってその映画そのものの感想とは違う気がします。。。
★★★★★
From: RIP(NO MAIL) 9月 12日(月)04時59分01秒
皆さん、この作品は素晴らしいです…最高です!あのCMにだまされたと思って観てみてください。しばらく動くことが出来ないでしょう。