スターウォーズ
エピソード3

満 足 度
72.5%
回答者数214


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: 海人(NO MAIL) 11月 3日(木)10時22分23秒
【ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還】以来の興奮と感動尽くしでした。これで最終作も終わりか・・・なんて余韻に浸ったり。
★★★★★
From: いちごん(NO MAIL) 10月 29日(土)04時08分06秒
おもしろすぎる。心から燃えた。最高です。
From: 普通の映画ファン(NO MAIL) 10月 13日(木)20時35分07秒
信者による信者の、信者のための映画。映画史的にはそれ以上のそれ以下の価値もない。結局アメリカ人って善と悪を分けてしか思考出来ないのね、って思った。だからどうしても話が不自然になる。
★★★★
From: マル(NO MAIL) 10月 10日(月)23時00分54秒
迫力やスピード感が抜群。映画館で観る映画ですね。だからストーリーはある意味、自分の場合、度外視してました。個人的にはグリーバース将軍が格好良くて好きだったので・・・・もう少し粘って欲しかったです。
★★★★
From: LYNX(NO MAIL) 10月 8日(土)13時23分34秒
(ネタバレありです)全国的に上映最終日の10/7に滑り込みで観ました。上映最後の夜と言うことでガラ空きかなーと思ってましたがたくさんの人でびっくり。やっぱりこのシリーズはホント多くの人に愛されてるんだなあと実感しました。映画の内容ですが、十分満足いく出来でした。特に特撮は圧巻でシビレっぱなし。冒頭、いきなり宇宙戦争の真っ直中に放り込まれてアドレナリン出まくり。グリーバス将軍のライトセーバー4刀流もびっくりしたし、最後のタトウィーンの夕日には素直にじーんとしました。残念だったのは皆さん言われているようにアナキンのダークサイドに墜ちるのがいきなりだし、その動機もちょっと弱いように思われました。あとストーリーの展開上仕方ないこととはいえ子供達まで虐殺するのはなあ…。謀略に巻き込まれるジェダイ達は弱いし(あんたらホントにマスター?)、メイス・ウインドウにももっと活躍して欲しかった(紫のライトセーバー大好き!)。とまあ細かい不満はあるものの、やはり最後を飾るにふさわしい素晴らしい作品だと断言できます。いつまでも色あせない物語、今後もDVDで繰り返し観つつ新たな発見をしていこうと思います。
★★★★★
From: ちろ(NO MAIL) 10月 5日(水)22時59分37秒
次々と迫りくるCG&アクション攻撃に、「えっ、ここまでやる?」と白ける気持ちと「おおっ!何だかすごいぞ!」と興奮する気持ちと。しかし観終わってみると、ああ、スターウォーズという今となっては伝説的になってしまった映画を締めくくるには、これぐらいやらないといけなかったんだなあ、と変に納得してしまいました。アナキンやオビワンのライトセーバさばきの凄さに比べて、エピソード6でダース・ベーダーを倒した(言わば最強のはずの)ルークの動きがやけにしょぼかったり、帝国軍のあまりの強さに「こりゃイウォークが太刀打ちできる相手じゃないよな」と思ったり。エピソード4以降との繋がりを考えると「?」な部分も多いのですが、何よりも、大きなスクリーンで、それもリアルタイムで最高のSF映画を観る、という経験そのものがスター・ウォーズだと思うので、細かいことは全部忘れて、星5つ!!付けちゃいます。
★★
From: tac(NO MAIL) 9月 27日(火)21時50分29秒
CGの弊害か役者が下手なのか、それともジェダイだからか。熱そうなシーンでも高所のシーンでも緊迫感が全然感じられなかった。演出過多なCGだけが鼻についた映画でした。
★★★★★
From: 桃花(NO MAIL) 9月 26日(月)00時44分55秒
こんなに哀しくて泣いた映画、久しぶりです。どうして、お互いが何よりも誰よりも大事なのにすれ違ってしまったんだろう?スターウォーズは映画のレベルを超えています。神話と呼んで良いでしょう。監督・キャスト・製作・・・何もかもが最高傑作の結晶です。何度も観返すに値する素晴らしい作品だと思います。リアルタイムに鑑賞できたことに感謝します。
★★★★
From: ダーヨ(NO MAIL) 9月 22日(木)12時49分17秒
とうとう終わってしまった。ほとんどの方と同じ感想ですがEP1〜3の中では最高の出来でしたね。ただ、やはりEP3に詰め込みすぎの感はああります。(上映時間を長くは感じませんでしたが)とにかくこれでもう連綿と続いてきたサーガは終わりとなりさびしい限りです。もうEP4を初めて見た時のような新鮮な感動は二度と味わえないんだろうなあ。
★★★★
From: IIYAG(NO MAIL) 9月 20日(火)22時47分42秒
最大の見せ場であろうダークサイドへの転落についての描写はさすがに唐突な感じだが、全体的にリズムがよくあきさせない。EP4を続けて観たくなった。
★★
From: GORO(NO MAIL) 9月 19日(月)09時14分43秒
話題の作品だし、SFは映画館で見た方がいいと思って見に行ったのですが、正直いっておもしろくありませんでした。戦闘シーンも手に汗握るという感じでもなくがっかりしたというのが正直な感想です。ファンの人が高得点をつけたい気持ちはわかるのですが、星5つに値する作品とはとても思えないのですが。(あくまで主観的な評価ですから構わないのでしょうが。)
★★★★★
From: TAK(NO MAIL) 9月 17日(土)15時23分23秒
ついに終わってしまったという喪失感でいっぱいだった。結末のわかっているストーリー、エピソード1,2とたいして変わらない映像など、これといって新しいものはないけれどやっぱりファンにはとても楽しめた。役者たちも3作品で1番良かったと思う。早く全作品を続けて観たいと思った。個人的にはヨーダとパルパティーンの対決と、確かライトセーバーの1番の使い手という設定のメイス・ウィンドゥの活躍をもっと見たかった。
★★
From: ナミ(NO MAIL) 9月 8日(木)01時50分08秒
エピソード1〜3の中では一番良かったです。ただ、パドメが健康体でいながら子供を見捨てて死ぬのには腹が立ちます。4〜6に続けるにはパドメは死ななければいけないのでしょうが・・・。なにせ、4〜6につなげるために話をごちゃごちゃしすぎです。アナキンもパドメも自分の子供のためには生きられないのでしょうか。ジャージャービンクスも最後にちょろっと出されただけで「あぁ、そう言えばいたよね、こんなキャラ」という感じでした。戦闘シーンはやっぱり迫力があったので星二つですね。ストーリーだけでは星一つになってだでしょう。
★★★★★
From: かめいえりー(NO MAIL) 9月 7日(水)00時23分18秒
(ネタバレ注意!!)ルーカスが温存してる間に核となるネタが他の映画でやられちゃってる。それともこの映画がパクったのかは定かではないが。それでも面白いのは脚本が丁寧だからだろう。小学生の頃にSWEP4を見たはずなんだけど、子供じゃ詫びサビが分かりようもない。これを見るために一気に前5作見直したんだけど、どれも初見の時より面白かった。他の5作には無い余韻で終わるこの作品はフィナーレを飾るにふさわしいと思う。この作品によってシリーズの価値が上がるのは間違いない。
★★★★
From: かんざし(NO MAIL) 9月 6日(火)18時42分45秒
個人的にはスターウォーズの中で一番好きなものになったかもしれません。4から6も好きでしたが、まぁ古いし、そこに観点を置いてないからかもしれないけれど、感情面が弱いな、という印象があったので。2時間半は長いだろうと思っていたけれど、見ている最中はあまり時間は気にならず、楽しめました。【ネタばれかな?】パルパティーンの元で、弟子になると言ったアナキン、その前のパドメのために苦悩して流した涙、すごく素敵だと感じました。でも、何かいまいち彼がその後、あの鋭い目つきに移行するところに違和感を覚えました。プロセスが見えなかったのかな。あと少し、パドメとアナキンの愛が台詞頼みになっている気はしました。もったいない。ユアンはさすがだなと思いました。最後の戦い、決して動かないアナキンの目線と、アナキンへの想いゆえに揺らぐオビ=ワンの目線。対照的で、印象的でした。この二人の漫才みたいな会話もすごく好きです。do you have plan B?はめちゃ笑いそうになりました。パドメのためにダークサイドへ堕ちたのに、その怒りがパドメを殺したなんていわれるのは、切なすぎますよね。やっぱり、話題作だし、なんといってもスターウォーズだから、いろいろ思いはありますが、私は好きですね、この作品。また最初から見たくなりました!
★★★★★
From: まつかな(NO MAIL) 9月 6日(火)01時08分57秒
アナキン役はヘイデン・クリステンセンで良かったと思いました。あのダークな鋭い目つき、青臭い好青年な面が多かった2からイメージがガラっと変わりましたね。逆に1、2で凛々しく輝いてたパドメは、いくら妊婦とはいえ、3では活躍の場もなく、なんだかつまらない女になってた気が・・・。オビ・ワンは良かったです。弟のようにかわいがっていたのに裏切られたという彼の気持ちがよく伝わってきて悲しかったです。3見た後、一気に4〜6のDVDBOX観たらさらに感動。4であっさり死ぬオビ・ワンのシーンも今まではなんとも思っていなかったのにうるっときました。最期、ルークの方を見て微笑んで、ダースベイダーに自らわざと切られるかのように見えるシーンにも納得。6のラストでヨーダやオビ・ワンと共に現れるアナキンの姿を見てまたさらに感動。時間があれば全巻通して観たいです。
★★★
From: 竜崎麗香(NO MAIL) 8月 29日(月)16時12分51秒
特にSWシリーズに思い入れがあるわけでもなく、何も期待せずに見に行きました。エピソード4〜6のための映画という感は否めません。4〜6を知っていて初めて付加価値がつくというもの(一本調子のストーリーに飽きていた私でさえ、最後のタトゥイーンの2つの太陽や、ダースベイダーのマスク装着シーンはグッと来るものがありました)。自分が映画というものに期待する「カタルシス」がはかれなかったのがつらかった。主人公が悪に手を染めるところで終わるんだから(悪人が正義により罰せられるシーンでカタルシスをはかるには、エピソード4〜6を見なくてはならない)。せめて、登場人物の誰かに感情移入できれば良かったのですが・・・。
★★★★★
From: とりにもん(NO MAIL) 8月 28日(日)21時54分04秒
アナキンがダース・ベイダーになるまで、を、時間をかけてゆっくりと観て来たわけだが、今作ではそれまでの不安を一気に本物の恐怖と悲劇に変えてくれた。かなり加速した。なんでも堕ちる時は早いものだ。しかも愛する者を守る為に起こした行動が、結果彼女を守るどころか自らの手で壊すことになり、それも実は全て最初から自身の内に潜むダークサイドが引き起こしていたとは、あまりに皮肉すぎる。それだけアナキンは人間らしく弱い部分を持った戦士だったのだろう。ひたすら堕ちて行く様は観ていて苦しく、悲惨である。しかしこの憎しみと苦しみと悲しみが、その後のEPを更に盛り上げて行くのだから、その為のキーとなるこのEP3は、様々な人間らしい面を打ち出し、パワーを感じさせる素晴らしい作品だと思う。ちなみに今回EP3を観るに当たって、前日にEP4〜6を復習を含めて観ておいた。やはり観ておいて正解だった。話が繋がりまくるだけではなく、3を観ながら4〜6の内容をも思い返す。なんだか時間軸がめちゃくちゃな事をしてるわけだが、それでもその後のルークやレイア、オビ・ワン、ヨーダの状況、心情がよく解る。<以下これはちょっとしたネタバレになるのかもしれないが>EP6(リマスター盤)で、全ての戦争の後のラストシーンで、ヘイデン・クリステンセンが若き日のダース・ベイダー(アナキン)の姿で、オビ・ワンやヨーダと共に穏やかな微笑みを浮かべながら、息子ルークの前に登場する。このEP6のヘイデンの映像の差し替えは、賛否両論かもしれないが、個人的には、EP3でのダークサイドへひたすら堕ちて行くアナキンの姿と照らし合わせることで、より一層深みのあるストーリーになった気がする。EP6のラストの彼の笑顔が頭に残っていたおかげで、この史上最高のバッドエンドのEP3がとても楽しむことができた。
★★★★
From: punpun(NO MAIL) 8月 28日(日)21時39分11秒
結局アナキンはちょとイタイ奴って事ですか、純粋でストイックな奴ほどダークサイドに陥り易いって事かな。でも極端では有るけども、男の本質をついてるな〜男はどうしようもないんすよ。(誰もじゃないですよ)迫力のアクションシーンも満足。頭の中の空想世界を実際の映像で見せたSWシリーズおつかれさま。
★★★
From: saori(NO MAIL) 8月 28日(日)02時49分40秒
アクションは面白かったけど話し自体は薄っぺらな印象を受けました。決して酷い出来って訳じゃないんですけど。上映時間の長さもそれ程気にならなかったし…とりあえず、アナキンがいかにお馬鹿さんかということがよく分かりましたよ(笑)しかも自分の愛する者を守りたいという気持ちから小さい子まで殺してしまうなんて…本物の悪だ。戦う議長とメイスの最後は正直笑うシーンですよね?
★★★★★
From: (NO MAIL) 8月 27日(土)14時47分38秒
さすがスターウォーズシリーズ!!話を少しつめすぎだが、気にならないほど楽しかった!
★★★
From: 最近荒波(NO MAIL) 8月 25日(木)09時53分49秒
EP4から劇場で見てますが、これが最後と言うことでOP見た瞬間に目が潤みました。。エンドロールの時はなんともいえぬ脱力感が(あぁ終わってしまったみたいな。)んでこの作品、面白い。確かに面白いがやはりちょっと詰め込みすぎな感が否めない。もういっそアナキンのストーリーのみに絞りこんでもよかったような気がする。他のジェダイの部分は思い切ってカットしてもよかったかも。その分、アナキンの心情やオビ=ワン等との絡み部分を厚くしてもらえればと。。残念以下ネタばれアナキンとオビ=ワンの戦いの最後のシーン「地の利」の下りはどうかと。。あと、ジェダイに慈悲の心があるのなら、あそこは留めを刺すべき。つーか刺すだろ?かわいそう過ぎるよ。ひでーよ、放置かよオビ=ワン!!って本気で思った。(って言ったらEP4にはつながらなくなるが)ダースベイダーのあの姿の理由付けにはちと強引な気が。。心情的には★5でいきたいが、付けられない。。。
★★★★
From: R(NO MAIL) 8月 23日(火)01時05分29秒
面白かったけど一人の女の為にはちょっと犠牲が大きすぎかなと思った。ヘイデンは適役だと思った。目つきがすごい。
★★★★★
From: SNOW(NO MAIL) 8月 19日(金)23時29分49秒
新シリーズで一番面白かった!大画面でみれて大満足☆
★★★
From: よいき(NO MAIL) 8月 19日(金)13時12分45秒
やっと観ました。まあ、こんなもんでしょう。特にSWが好きなわけじゃないですし、楽しみにしていたわけでもないので。でも、つまらなくはなかったです。なんかエピソード1や2って必要会ったのかなって思う部分もあって…なるほど。こうやってダースベイダーになったのかって事だけの映画といえば映画だし。ここまできたらきちんと全作、映像化にすべきじゃないの?とは思います。
★★★★★
From: おちきさま(NO MAIL) 8月 17日(水)15時11分59秒
自分は点が甘いので5点なのですが、いろいろ考えてしまったことを書きます映画自体がやっつけ仕事であること(実に楽しそうなやっつけですが)主人公に感情移入して、自分はこんな話をつくりたい!ってストーリーじゃないですよね。(アナキンに自分を重ねるのは無理)こんな場面なら喜ぶだろう、こんなシチュエーションなら盛り上がりそうだの連続で。SWには不釣合いなほどの美男美女を持ってきて、さあ、彼らが不幸になればなるほど面白い。っとあって、パドメの首を絞めるわ、ジェダイの子供を惨殺するわ(娯楽大作ではぎりぎりの線だと思う)と観客のほうをよくも悪くも向いたつくりになっています。うまいのは最初の導入部。SFものは最初ついていけないとずっと入っていけなくなくなりますが、アクションをたくさんもってきてフォロー。最後はいったいどうやって〆かというのも見所だと思うのですが、そこは見事な二重太陽での引きでした。映画としてひとつまとまらない続き物は、映画としての完成度がどうしても中途半端になりますが、今まで仕事してきたリサーチとノウハウだけで、ここまでがんばれるよとテストの答案を出されたような不思議な気がしました。個人的には生まれて初めてまともに見たSW4に感動した口ですから、最後まで楽しめさせてもらってうれしいですが、これは映画の感想じゃないですからな。とはいえ、マイナー路線でしかないSF作でここまで大衆に受け入れられている作品はないのも事実。知名度の高さゆえ、映画を見るというより映画を観察する、という視点になってしまうのも事実なのです。
★★★★★
From: ジョニィー(NO MAIL) 8月 17日(水)15時11分21秒
最高!!エピソード2を観ていないのに楽しめた。大画面で観て大正解だった。
★★★
From: シネマツルギー(NO MAIL) 8月 17日(水)12時52分56秒
やっぱり老害?!※ネタばれ随所※映画好きの大人と話をしていると一言でこの映画を切った名言が出てきた。『なんか今回のEP3ってクロサワの晩年の映画みたいな感じやな』言いえて妙である。やはりルーカスは人情の機微を描けないんだから無理をしないほうが良かったと…それが先述の言葉に集約されている気がする。言い換えれば『モリシゲ病』と言われるヤツですね。例えば今回の映画で言えば“グリーバース将軍”は明らかに今までのシリーズのC3POのようなコメディーリリーフなんだからアッサリ殺してはいけなかったし、百歩譲って悲壮感と暗い映像で突っ走るにしては穴だらけ(例のアナキンの台詞、アミダラの死に際)だし…どちらかと言うとSWフリークの為に作られ過ぎの感が否めなかったなぁ…やはり初心に戻ってもっと娯楽大作として純粋に皆が楽しめるモノを作って欲しいですね〜
★★★★★
From: IWGP(NO MAIL) 8月 15日(月)20時18分59秒
やっとの思いで見に行きました。キメ細かいなーってのが印象です。同じ意見の人が多いけど、ラストの夕日のシーンは感動的でしたね。なんか西部劇のラストみたいだった。自分的にはEP.6がハッピーエンドでいちばんスッキリしてて好きでした。もう新しいSWがみれないかと思うと・・・万感の思いであります。
★★★★★
From: エルロンド・スミス(NO MAIL) 8月 15日(月)11時44分42秒
よかったです。個人的には今までのSWで一番好み。特に冒頭の戦闘シーンがよく撮られていたと思う。「共和国の崩壊」を予感させる映像だった。「つなぎのお話」という意見は分るが、評価の高いEP5もEP4を見た上でのお話だと思うのでその辺は気にしてません。今回、実は予告編がよくできていたと思う。アナキンガベイダー仮面をかぶるのは誰もが知っていることながらその直接の原因はまったく隠しているし、皇帝がライトセイバーで戦うシーンがあることは示しつつも直接そのシーンを見せることはしない、など。宇宙戦争みたいにウリ文句と内容が違う、なんてことがない。あと、サントラも聞き込むとよく練られている。SWはラストのエンドクレジットの中にそれぞれのEPのテーマを盛り込んでくるが、今回のラストにはレイアのテーマなど旧三部作のテーマが盛り込まれていて、EP2の「愛のテーマ」などは既に過去のものとして演奏されることはない。次の「新たなる希望」につながるEPなんだと実感する。以下ネタばれあり ・実際に皇帝が飛び回るのにはかなりウケた。身が軽いぞ! ・アナキンはある意味純粋すぎましたね。ジェダイの世界も大人社会だった訳で。メイスもあの場で皇帝やっつけないと危険ですからねぇ。。。 ・ところでベイダーは自分に双子の子供たちがいたこと、どこで知ったんでしょ?EP4、5要復習か?では、もう一回行ってきます。
★★★★★
From: oka(NO MAIL) 8月 9日(火)17時41分02秒
途中寝そうになったけど満足、はぁあ終わっちゃた
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 8月 8日(月)18時52分34秒
よかった。アナキンがなぜ、ダースベーダに落ちたか分かった。そしてかっこいい。姫との悲恋がかわいそうだった。議長の変わりようが怖い。戦争は派手だな。
★★★★★
From: しぶしげ(NO MAIL) 8月 8日(月)16時36分39秒
いままでのSWのなかで一番よかった。ストーリーとか関係なく良かった、というよりもSWにストーリーを求めるとガックシくること。とにかくビジュアル重視でよかった作品。
★★★★★
From: KE(NO MAIL) 8月 7日(日)17時06分31秒
灰色の不安に苛まれているときは、どんな結末でもいい、今の苦しみにおわりを‥と、願ってしまいがちです。人間の弱さです。誰も逃れることはできないのです。
★★
From: よう(NO MAIL) 8月 7日(日)02時05分49秒
これまで全部の作品を見てきたのですが、どうも説明ばかりというかEPをつなげる作品としては一役かったのだが、真新しいワクワクするような演出は感じられませんでした。映像的にはすごい、グリーバス将軍の再現は必見ものです。戦闘も細かい所まで描かれていていい。それでも、ほとんどがCGに見えてしまい戦闘が単純作業のように淡々と進んでいくような気がして見せ場がないのでは。EP1でのポッドレースより魅せてくれなかった。 アナキンの暗黒面に落ちていく所はよく描かれていたと思います。そしてその末にダースベイダーが生まれた。。。ここが見所ですよね?それではファン以外は楽しめるのでしょうか?ただファンが望んでいた場面を映像化しただけのチープな作品に見えてしまいます。  もとから先の話が分かっている上での制作ですが、SWを完成させるための映画なら、初めからお金を払ってまで見る意味がなかったようにも思えます。これまでの作品が良かった上での採点なので多少厳しく評価していますが、娯楽作品としては楽しめるのではないでしょうか?
From: Obi(NO MAIL) 8月 7日(日)00時23分34秒
小学生の頃、エピ4を見て感動し、夜空を見上げたあの気持ちよ帰って来い!スターウォーズはヒューマンドラマでなく、スペースオペラだと思ってたのだがな・・・違ったみたい。
★★★★★
From: MaQui(NO MAIL) 8月 5日(金)08時34分05秒
シリーズのファンだから映画の出来云々に関わらず楽しめたことは楽しめた。皆さんもう色々と書いてるよなので、ひとつだけシリーズを通して「ずっと直して欲しかったのに最後まで直らなかったところ」を。スターウォーズの一番の見せ場と言っても過言ではないライトセーバーでの闘いがあまりにも単調すぎて飽きてしまう。日本人以外の国の人にはあれでウケるのかもしれないが、ここはサムライの国。一流の殺陣がテレビドラマでも見られるので目が肥えてしまっていて、ただブインブイン斬り合ってるだけの単純な戦いでは満足できない。もう少し剣術みたいなもの勉強して欲しかったな。
★★★★★
From: 宗 茂(NO MAIL) 8月 4日(木)10時22分09秒
いや〜面白かった!久しぶりに上映時間が短く感じられる映画に出会った。冒頭から引きつけられアナキンからダース・ベイダーへなるまでの経緯も描かれ、最期のオビ・ワンとの戦いも予想していたよりも楽しめました。エピソード1・2でいささか面白みに欠けると感じたのも全てこの”3”を引き立てる為に必要だったと思えば納得です。それと”ダース”と名前が付くキャラはとても魅力的ですね。
★★★★
From: kan(NO MAIL) 8月 4日(木)01時53分27秒
面白かったです。ロボットや宇宙船とかそれこそ星の数程出てくるし、よくこんだけ作ったなと、お話はいまいち良く分からんけどそんな事は余り関係ないのかなと、このルーカスって人はきっと人間ドラマとかよりも機械とか触ってる方が好きな人なんじゃないかなと思いました。
★★★★
From: よういち(NO MAIL) 8月 3日(水)20時34分09秒
 テレビで1を見て、すぐに映画館で2を見ました。それからスターウォーズの世界にはまって4、5、6とビデオで見て今回の3をずっと楽しみにしていました。 今回はライトセーバーの戦いの場面が多く、見ごたえがありました。アナキンの行動に首をかしげる場面もありましたが、はじめから終わりまでずっと楽しむことができました。 以下ネタバレあり 1、2そして4、5、6と見てきてそれぞれ1と4。2と5が対応していると思いました。副題が対応していることもありますが、特にラストの場面はそっくりに作っていますよね。今回3を見るときにラストが6とどのように対応しているかを楽しみにしていました。そう思ってみていると対応の場面がなかったので首を傾げました。6ではベイダーが火葬されているのに、パドメは火葬されなかった。最後にアナキンやヨーダ、オビ=ワンが幽霊のように見守るのにそれもなかった。 もしかしたらDVD発売のときの特典で、それぞれの場面が追加されるのではないでしょうか? パドメの火葬。最後にヨーダ、オビ=ワンがその火葬を見守り、そしてクワイ=ガンが幽霊となって現れスリーショットが見られる・・・この推理どうでしょうか?    
★★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 8月 2日(火)14時15分27秒
多少ネタバレあるかな。本作を観たことにより、Sウォーズのふたつのシリーズのこれまでの作品に対する自分の感じ方は一変してしまった。最初の3部作については、以前はバトルシーンも妙に緊迫感ないし、ストーリの安易さにも辟易。はっきり言って全く自分の好みじゃありませんでした。特にベイダーとルークが親子だったとか、レイアとルークが双子の兄弟だとかには「登場人物を誰彼なしにくっつけりゃいいってもんじゃねー!」って思ったほど。それと比べると新シリーズは、アナキンの生い立ちや共和国内の様々な政治的策謀など、個人的に見所が多いシリーズでした。DVDも借りて何回か観ています。そして迎えた今作。既にわかっている結末に向かって加速しながら突き進んで行くストーリー。そこではベイダー誕生をより悲劇的にするために、アナキンのダークサイドへの転落が非常に重く描かれている。そしてラスト、ストーリーはエピソード4へとつながりサーガは完成する。ファンのこの作品に対する満足感・達成感はよくわかります。でもね、ファンじゃないものからすると、円環が完成したというカタルシスをコアなファン程は持ちえない分、ストーリーを盛り上げるためにより深く描かれたアナキンの不幸は、逆にただただキツイものとしてこちらにのしかかってくる訳です。徹底的にシディアス卿に利用され、結局は最愛のパドメまで自らが死に至らしめるわけでしょう。アナキンがマスクを被せられ、あのベイダーになった瞬間「ああ、ついにここまで」とか思ったし、劇場出るときなど、正直かなり重い気分でした。その結果、今まで結構気に入ってた新シリーズの2作品は悲劇への序章に、逆に旧シリーズはベイダーの暗黒面からの開放ストーリーに、自分の中では転換されちゃったわけです。今までは自分の中ではノーテンキでお手軽に感じられていたエピ4以降だけど、だからこそもう一度見直して、このモヤモヤした気持ちをスッキリさせたいね。
★★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 8月 1日(月)23時12分04秒
 個人的にはよかったです、「SW エピソード3」。壮大な”サーガ”が完結する、歴史的な瞬間に立ち会うことが出来た満足感みたいなものを味わっている、とでもいいますか。 「エピソード1」と「2」を直前に復習しておいたのが功を奏してか?すんなり物語りに入っていくことが出来ましたし(やっぱり復習は大切?)、”スターウォーズ”でこんなに余韻に浸れるとは思ってもみませんでした(^-^;。
★★★★★
From: love☆(NO MAIL) 7月 31日(日)01時34分40秒
エピソード2をTV放映で観て、なんとなーーく3も観に行ったのですが・・アナキン役の俳優さんがすごく魅力的になっていた!びっくり!ダークサイドに堕ちたときの眼が良かったです。エピソード2のときは、青春白書にでも出てきそうなただのわがまま坊ちゃんって感じだったのに・・目つきもいやらしいっぽくてなんの魅力も感じなかったのに〜〜エピソード3撮影したときって彼は幾つだったのでしょうか・・
From: 期待しすぎ?(NO MAIL) 7月 29日(金)20時14分04秒
とにかく空虚でした。新しいものは何もなし。見た後5分で思い出す気もなくなる究極のハリウッド的集金映画でした。僕的には前作の方がまだマシでした。
★★★★
From: カフェラテ(NO MAIL) 7月 28日(木)14時54分41秒
オビワンの「弟だと思っていた」「愛していたのに」という言葉、おもわずググっときてしまった。あなたの育て方が・・・と思ったりもするが。
★★★
From: おいおい(NO MAIL) 7月 28日(木)12時57分27秒
>作品的には★★ってとこだろうけど、↓のコメントが癪に障ったので★一つ減点にしておく。そんな理由で評価下げるのは不真面目だと思うのですが。
★★★★
From: KOZO(NO MAIL) 7月 28日(木)10時40分44秒
今までのスターウォーズよか最新作(完結)だけあってスケールはデカかった。だが主役のアナキンがエピソード2と同様にあまりインパクトが感じられなかった。オビ=ワンの方が良かです。
★★★
From: (NO MAIL) 7月 27日(水)22時20分22秒
スターウォーズ好きじゃないのですが、付き合いで見てきました。映画館で睡魔と戦ってました(^^;)せっかく見るなら内容を理解してから・・と思い、今までのシリーズ全て見てからEP3に挑んだのですが・・・・・全シリーズ見てると睡魔に襲われて大変でした。EP3もあまり期待せずに行きましたが、もしかしたらおもしろいかも・・。なんて薄い期待はしてました。だけどごめんなさい・・私にはこの映画のおもしろさがどうしても分からないまま終わりました。杖をついて歩くヨーダが戦闘になるといきなり俊足になるとか、ロボットなのに咳をしていて変だなぁーと思ったら内臓があったりと、そこそこ楽しんで、映像もキャラクターも充分に良かったのですが何年も待たせた結末にしては・・・うーん・・って感じで内容が薄く感じました。
From: サニー・サイド(NO MAIL) 7月 27日(水)18時48分06秒
希望もない小さい世界に閉じ込められ、その世界から抜け出したい、でも弱くて何の取り柄もない自分に何ができるのだろうと悩める青年ルークはまさにルーカス自身を投影したもの。その青年が既存の大権力(ハリウッド)に立ち向かって一泡吹かせるところなどまさに帝国軍がハリウッドで反乱軍がルーカス・フィルムだろう。ここまではよかった。だが、その青年が巨万の富を手にして、いざ自分自身が巨大な権力を手にしたら、言論の自由を統制してマスコミの批判的記事に目を光らせ、圧倒的な物量で堕落したエセ評論家を懐柔して提灯記事を書かせ、大衆を洗脳して、本業の作品はただお金をかけただけの空虚なもので、キャラクター・グッズの販売に精を出して..というダークサイドに転落していく様は、まるでSWの1〜6の話とそっくりじゃんと思えば感慨深い。作品的には★★ってとこだろうけど、↓のコメントが癪に障ったので★一つ減点にしておく。
★★★
From: 緑の小さい人(NO MAIL) 7月 27日(水)17時51分21秒
リチャードまるさん。「6部作で最高の出来」なんですか・・・。いや、映像技術はそうだと思うけども。深みにおいてはEP4・5には遠く及ばなかったEP3。という認識しかありません。まあ「大衆娯楽大作」には多少なったかな。
★★★★★
From: リチャードまる(NO MAIL) 7月 27日(水)12時58分03秒
☆ひとつってことは無いんじゃないの!ってことをまずは声を大にして言いたい。以前自分が見た映画で☆ひとつにした人がいたら、それを思い出して、これを見て同じように☆ひとつの評価をするの?って言いたい。基準が統一されていないんじゃないの?って感じ。ハッキリ言って僕はとても面白かったので、☆ひとつの人に「あんたそりゃ厳し過ぎるべ〜?」って感じ。ファンが☆5つをつけてるから、俺はそんなひいき目じゃなくて厳しく評価してやるぜ!的な心情でちょっと悪く付けてるとしか思えないよ。。まぁこんなこと言うと、「人にはそれぞれ個人の評価があっていいと思います。人の評価に文句言うのはやめましょう」な〜んて言われちゃうんだろうね〜(笑)スイマスイマセン。。。ネタバレありエピ4への繋がり具合が非常に分かりやすくてよかった。なぜジェダイがヨーダとオビワンしか残っていないのか?なぜベイダーがあんなマスクを被っているのか?なぜシディアスがあんなシワシワな怖い顔なのか?などなど。ライトセイバーでの戦いが多くて興奮した。パルパティーンは、アナキンの心の葛藤や未熟さにうまく付込んだなぁという印象。結局あんな具合にダークサイドに落ちてしまうって未熟さが、アナキンがマスターになれなかった原因だったんじゃないのかな?オビワンの弟子だと思ってた!のひと言がとても悲しく切なかった。個人的には、ヨーダVSシディアスが一番良かったわ。あとグリーパス将軍の4本ライトセイバーが超カッコイイ!というわけで個人的に6つのエピソードの中で最高傑作だと思います。つまらん細かい点をネチネチ指摘して評価を下げるなんて笑止!映画界に与えた多大な功績を皆で評価しよう!結末のわかっている映画をここまで見せるなんて天才だ!4ページのライズさんに同意見!4ページのdrywheelさんにも同意見!
From: ミュラ(NO MAIL) 7月 26日(火)02時37分19秒
僕は人生のかなりの期間、SWと共にあった訳なんだけど、6,1,2とこの3は一回しか見ていない(見ない)よ。4,5は死ぬほど見たけど。SWは新しいSF映画を作ったけど、オーセンティックなSF映画を殺してしまったと思う。もう情けないよ。
★★★★
From: めろぴん(NO MAIL) 7月 26日(火)01時33分35秒
ep1.2だけ観ていてしかもストーリーはうろ覚え状態で3観てきました。…悲しすぎる運命ですねぇ。!ネタばれ!パドメを愛するがゆえに彼女を死においやってしまい、自分もボロボロにしてしまったアナキン(泣)。そもそもあの議長を助けなければよかったってコトになってしまい、冒頭のオビワン&アナキン&R2の魅力たっぷりの戦いっぷりも悲劇をまねく一因となったのだと思うと… こんなにヘビーなストーリーとは思いませんでした。しかし逆に脳天気な娯楽ものとはひと味違った深味を感じました。圧倒的な世界感、入り込み感は他の追随をゆるさない状況です。TDLと通じるところがあります。蛍光灯のようなうなりをあげるライトセーバー、ピンポイント的に登場するきらきらの3PO(?)、日本テイスト、未来都市などなど、独自の様式美にぐっときます。あっという間に2時間半過ぎました。
★★
From: ノヴァ(NO MAIL) 7月 25日(月)22時05分56秒
悪くはない、悪くないけど良くもない。悪い点としては、皆言ってますけど、ジェダイが弱すぎたり、アナキンが宇宙を支配するとか突然いったり、パドメがいきなり子どもの名前呼んだりといったところです。あと最期のアナキンvsオビワンですけど、なんかアナキンの最期のやられ方がしょぼくないですか。あんだけ派手に戦って最期あれですか?オビワンの「地の利はこっちにある」てセリフ、だから何だって感じなんですけど。あんま地の利があるように見えなかったし。スイマセン、細かい事ばかり言って。まあ惜作ってところですか。
From: Purity(NO MAIL) 7月 25日(月)18時18分17秒
週間文春のコラムに載っていた小林信彦の批評が一番私見に近いかなぁ。この監督、日本贔屓なのは結構なんだけど、殺陣の面白さを全然理解してないんです。あれだけ大袈裟な舞台設定であれだけ凡庸なチャンバラ劇を見せられても・・・。
★★★★
From: 純、(NO MAIL) 7月 25日(月)11時49分00秒
2回見ましたが、初めての書き込みです、アナキンとオビワンの決別のシーンは、二回とも泣けてしまいました。単体の映画としてみた場合、多少の不満はありますが、子供の頃に旧3部作を見ていたことを思い出すと、映画の後ろにある時間に感慨深さが出てきます。多少不満の残る点は、子供の名前が決まるのが早すぎ、せめて、話の途中で、パドメが「赤ちゃんの名前はもう決めてあるの…」というセリフを入れるだけで、不自然さが無くなるのに。あと、アナキンが皇帝の絶大な力を目の当たりにするシーンがない事、皇帝にだまされた事に気づいても、ダースベイダーが皇帝についていくのは、その力に自分ではかなわない事を知っているからで、成長したルークとなら皇帝を倒せるとわかったベイダーが、最後に親子で皇帝を打ち倒す、というものだと、勝手に解釈していたので、自分の力に自信を持った若者が、絶対的な力の前で打ち拉がれるところは、入れて欲しかったなぁ。まぁ、頭の中で補完しておきますが…。
★★★★★
From: エキスポランド(NO MAIL) 7月 24日(日)23時59分02秒
見に行く前にエピソード4、5,6を見てから行ったんですが、3を見終わった後また見たくなった。4〜から見るのと、1〜から繋げて見るのでは違った見方になりますね。アナキンが悪くなっていくという結果を知ってるのだが見ていてそうじゃないでくれ と思っちゃったよ。映画は感情移入して入り込まなきゃいけないな、途中途中つっこみ入れてるやつはだめだな。3で初めてスターウォーズを見た人はきついかもね。 映画の中でジョージ・ルーカス発見できました??息子さんも出演しているみたいですよ
From: あなきん(NO MAIL) 7月 24日(日)17時20分44秒
・・・ほんとにスターウォーズマニアにはいいかもしれないけど、たいしたことないと思うのは私だけでしょうか?
★★★★
From: りんどう(NO MAIL) 7月 24日(日)13時11分41秒
「ラストシーンの夕日の場面」には、かなりググっときました。(なんかドラクエ3の「To Be Continued To Dragon Quest1」を思い出しましたね。まぁ感動度で言ったらドラクエ3の方が100倍はありますが・・・)アナキンの、ダースベイダーとしての初めての呼吸「シュゴー」にも、悲劇の終着点みたいで、感慨を受けました。ストーリーも、スピード感が非常にあって中だるみもあまり無かったし良かったです。アナキン自身の手で子供殺しをさせるあたり、ダースベイダーへの道まっしぐらってカンジで説得力ありました。ただ、パドメが、子供が生まれる喜びよりも、自分の夫が闇に堕ちた事で生きる気力を失うってのが、ちと「?」だったです。パドメの立場や生い立ちを考えれば、あり得る話なのかもしれないけど、そしたら、そこらへん説明欲しかったですね。パドメの「アナキンにも善い心が残っている。私には分かる」って言葉は、一見妻の戯言に聞こえるけれど、実は真実だったんですよねぇ・・・。それは、エピソード6の最後で証明される事なので、オビワンには信じてもらえないのですが。20点(つまり星1つ)って映画でもないですよね。なので、星一つの人は、ジョージ・ルーカスみたいな有名人に嫉妬してる、ただの映画マニアなんだろなー…と思いました。
From: ホープ(NO MAIL) 7月 24日(日)12時33分10秒
二度見たいとは思わない。公開前に煽るだけ煽って短期で回収するという志が低い。現実に公開直後のUSの興行成績は良かったが、翌週以降ガクっと集客が下がっている。それってリピーターがいないってことでしょ? 旧作は、前評判は低かったが、観客の口コミで長期の大ヒットとなり、何度も足を運ぶ観客も多かったのと比べると寂しい限りです。違い意味でルーカスさん、ご苦労さんでした、と肩を叩いてあげたい気持ちです。これ以上、晩節を汚さぬよう、最後にちょっと盛り返して、名誉を回復したところで惜しまれて引退したほうがいいと思います。
★★★★★
From: 希望(NO MAIL) 7月 24日(日)06時49分13秒
2回見ました。アナキンの演技が前作に比べて深みのあるとても魅力的な演技で魅了されました。前5作をもう一度見たくなって見直すとこのVがさらに感動的に思えました。最近はもう一度見たいと思う映画に出会えなかったので★5つ。たぶんもう一度行くでしょう。
★★★★
From: あー(NO MAIL) 7月 23日(土)13時31分05秒
ネタバレ非常によくできた映画。見終わって「ホントにルーカスが監督したの?」と疑問に思うようなスピードある活劇で話もどん底まで暗い。前半はいつもどおり乗れなかったけど、ジェダイ虐殺あたりからとたんに面白くなった。ルーカスも卑怯でアナキンが最後に堕ちることをみんな知っている上で、オビワンに「お前を信じている。」「最高の弟子だ」と言わせているところがにくい。なきそうになったよ。暗い話、アナキンの子供虐殺、体ボロボロといった残酷映写なんかみてるとルーカスもスピルバーグももう家族で楽しめる映画は作れなくなってきているのかな?さてネットの批評とかみていると、熱心なマニアとスターウォーズなんか見たことないけど話題になっているからみようかなっていう人はおおむね酷評で、自分みたいな標準的な映画ファンには好評みたい。たしかに熱心なファンの方には申し訳ないほど説明不足名ところが多かったよね。これじゃ謎がわからないということなんでしょう。
★★★★★
From: カロヤン(NO MAIL) 7月 23日(土)10時09分44秒
CG映画にも慣れてきた昨今ですが、口をポカーンとさせて食い入るように画面みてる自分に気づきました。サーガが完結するラストは、今までもっていたシリーズへの思いで泣けてきそうでした。ジョージルーカスは凄い。
From: 四朗(NO MAIL) 7月 22日(金)23時11分10秒
愛する人のために悪魔に魂売りました〜。ブッシュ一族のためならイラク人何人殺しても知ったこっちゃね〜って時勢柄思っちゃいました。ダースベーダー誕生物語っていうか、そしてふりだしに戻る?
★★★★★
From: さざなみ(NO MAIL) 7月 22日(金)20時38分44秒
時間を忘れて観れました。やはり、シリーズを通しての面白さ感慨深いものがありました。
★★★★
From: KT(NO MAIL) 7月 22日(金)13時13分02秒
ep4を見たのが7歳のころ。それが今回完結したというのはやはり感慨深いものがあります。ただ、単体の映画として見ると?な点も。・他のepを見てないと話が分かりにくい(なぜアナキンがマスタ−になれないのか、とか)・妻の命を救うためアナキンが暗黒面を選んだのは解る。ただ「銀河系支配」にまで話が行っちゃうと「自らの力に溺れた単なる愚者」にしか見えず同情できなくなる。・パドメの死因、あれでいいのか?そんなに酷い精神的ショックを受けたら、母体より胎児の方が危険になると思うが。関係ないけど、先日地上波放映したep6を見直したら、ルークの前にヨーダ、オビワン、アナキンが現れる最後の場面が劇場で見たのと全然違っててびっくりした。何でアナキンだけ若い頃の姿になってんの?
★★★
From: blue(NO MAIL) 7月 22日(金)02時51分45秒
初めて書き込みしま。やっと先日の連休に観てきました。アクションも盛沢山で、展開も早く、1や2に比べると面白かったと思います。また皆さんが書かれているように、4に上手くつながり、先日、旧三部作を改めて見ましたが、今までとは違った角度から楽しめました(特にダースベーダーの見方が変わった)。そういう意味でも、今回の新三部作(いろいろ問題はありますが)は、SW史の中でやはり重要な意味があると思いました。 但し映画作品として視てどうかと言うと、今回の3、というより、新三部作の最大のテーマであるアナキンがダークサイドに落ちた原因が、納得いくものではありませんでした。彼の心の葛藤などの心理描写が曖昧で、もう少し丁寧に描いてほしかったです。何も2時間半でなくとも、最後なんだから大盤振る舞いで三時間枠にして、このSW最大のテーマをもっと丁寧に描いてほしかったです。あの話の展開では、アナキンがダークサイドに落ちた理由は納得いくものではなく、とても同情できるものではなかったです。よって感動は、その点では半減してしまいました。 以上が映画をみた率直な感想です。でもこれで映画館であのSWのオープニングが見れなくなるのは本当に寂しいですね。テレビ版が楽しみです。
★★★★★
From: vivi(NO MAIL) 7月 20日(水)22時38分57秒
リアルタイム世代ですが、とても良かったです。EP1、2は、もはや「スターウォーズ」ではない、とさえ思いましたが、今回はそれを全て払拭してくれるほど。EP5に次ぐ傑作ではないでしょうか。深く、情感がこもったストーリーに釘付けになりました。ジェダイ的原理主義とも言える、暴走したメイスを止めようとしたアナキン。愛するパドメを救おうとしたアナキン。誰も否定できないでしょう。母、パドメ以外誰にも抱きしめてもらえなかったアナキンの愛への渇望。師として一線を画し通したオビワンの葛藤。個人的煩悩から発したプライベートな親子劇を言われようが、これほど痛烈なメッセージを突きつけるドラマは無いと思います。感動しました。
★★★★★
From: 東金(NO MAIL) 7月 20日(水)19時19分01秒
エピソード4を初めてみたのが10数年前で、今回時を経て因果がつながった感じがしました。ラストシーンの夕日の場面では脳内でガシャーンと連結する音が響くとともに涙がこぼれました。ベーダー卿にも歴史あり。チューバッカにもストーリーがあったんですね。感動しました。
★★★
From: ラピス(NO MAIL) 7月 20日(水)12時27分15秒
洋田さんサンクス★そっかー・・・アキラのアとキなのね・・・。ナブー女王や柔道着もどきコスチュームもそうだし、ルーカスそんなに日本好きなのか。でも他映画でよくある『あやしい日本人もどき』は出てこなくてホッと安心(*´д`*)です。
From: ハゲ(NO MAIL) 7月 20日(水)06時43分49秒
新3部作で一番のデキと言うので、かなり期待してたのに。前評判も上々で、今度こそ!と気合入れて観にいったのに。序盤の宇宙での戦闘といい、ライトセーバーチャンバラの全シーンといい抑揚がまるでない。派手だし豪華なのにサッパリ盛り上がらない。ドラマパートだって、状況を説明してるだけじゃん。こりゃ物語を語っているんじゃない。粗筋を紹介してるだけだ。まるでD・リンチの「デューン/砂の惑星」だ。ただし、殺菌消毒して旨みも全てなくしている点が違うけど。
From: Cia(NO MAIL) 7月 20日(水)02時00分30秒
ちょっと詰め込みすぎの映画。旧三部作の序章となる映画なので、もっと登場人物の心理描写などを書き込んで欲しかったです。ラストシーンが感動的に作られているからこそ、そこで感動できなかったのが残念でした。後、カットのつなげ方がいまいちテンポが悪かったような気が・・・。新三部作は何か足りないと思っていたら、ハン・ソロ的な人物がいないことに気付きました。ああいうアウトロー的な登場人物がいないことが、新三部作が物足りない原因でしょうか?
★★★★
From: 花咲(NO MAIL) 7月 19日(火)23時47分56秒
ネタバレ有り星5つレベルを期待して行ったが、やはり旧3部作との繋がりが完全に実現出来ていなくて1つマイナスで。EP6のレイアのセリフ「母はきれいな人だったが悲しそうだった」という内容はそのうち出るであろう完全版では修正されてしまうのであろうか?(それともレイアは写真でパドメを見たのか?)あと、子供生まれてくるのに失望で死んでしまうというのは疑問が残るところ(名前まで付けたのに)。そこはレイアだけでもちゃんと育てて、幼い頃に何らかの原因で亡くなるというほうがEP6との矛盾も無いし、納得がいく気がする。(そうするとアナキンの予知夢ネタも使えなくてストーリーが変わってしまうかもしれないが)。まあいろいろ書いたが、批判されているほど分かりにくい映画ではないと思うし、上記以外はすべて最高でした。(特にオビワンのアナキンへのセリフ泣けました。)
★★★★
From: 観月郁(NO MAIL) 7月 19日(火)22時25分25秒
上映が終わっての感想は『ああ、これでおわりなんだなぁ』。良いとか悪いとかはこの作品に関しては別にして映画館で見とくべきでなないでしょうか?とりあえず今回は、デートには別の作品にしておきましょう。
From: NEWS(NO MAIL) 7月 19日(火)21時52分08秒
星はCGに対して。CGは素晴らしかった。が、それだけでした。本来、CGは目的ではなくて手段である筈。驚異的なCG技術を駆使しながら旧作で作り出した映画的なシーンを超えられなかったのが痛い。旧一作目の冒頭の戦艦の追跡シーンやタトウィーンの二つの太陽など、技術的には大したことはないが創意工夫であれ素晴らしい世界観を作りだしていたのに。やはり、作者というは有り余るだけの時間や予算を与えられたらそれだけ素晴らしいものを作れる訳ではないのですね。CGがすごいだけに余計空虚な内容が痛くもあり残念でもありました。
★★★★
From: ばいお(NO MAIL) 7月 19日(火)19時31分29秒
楽しく鑑賞出来て、上映時間の長さを感じませんでした。特に個対個の戦闘シーンは派手で格好良く、音楽も合っていて興奮しました。また、ドラマ部分も、エピソード4以降の関係を想起して切ない気持ちになる所が多々ありました。暗黒面に堕ちたアナキンのギラリとした目も印象的。そしてラストシーンはまたエピソード4を思い出させるもので、鳥肌が立ちました。新三部作では一番良い出来だったと思います。
★★★
From: 洋田(NO MAIL) 7月 19日(火)19時14分43秒
少しネタばれラピスさんへレス>◎ところでアナキンの名前って「アナーキー」からきてるの??名前の由来は ルーカスの好きな 黒澤明監督のアキラの アとキから取って アナキン になったそうです。ちなみに ライトセーバーも日本刀 と なぎなた をもとに デザインされた物なので、割と日本贔屓な作品なんですよね。初めてダースベーダ−のマスクをかぶるシーンであの曲が、、、個人的あのシーンが最高 
★★★
From: ナポドットコム(NO MAIL) 7月 19日(火)13時05分12秒
出来としては・・・どうなんだろ??っていう感じ。アナキンがカッコ良かった。
★★★★★
From: とこ(NO MAIL) 7月 19日(火)11時19分10秒
自分なりのみどころが多くて満足な今作でした!特に好きだったところいくつか○新ドロイドのグリーバスの護衛、素敵過ぎでした。 分離主義軍はあれを量産すればいいのでは(笑 量刃のナギナタを振り回す時のSEが渋い‥!○バトルドロイド/スーパーバトルドロイドが やたら可愛いキャタクター扱いにされていたところ R2との絡みが楽しい。‥ドロイデカの扱いは いつも通りでこれはこれで微笑ましい。(苦笑○オビ=ワンのピースサイン状の構えちょっと残念だったところ○メイスの扱いがやっぱりちょっとちっさい‥。 クローン大戦の時くらいの破天荒な強さも 見てみたかったです。素手+フォースのみで ドロイドの大群を単身破壊してたので‥ パワーパフガールズばりに。
★★★★
From: QQQQ-WIFE(NO MAIL) 7月 19日(火)09時47分46秒
旦那曰く、「思い出した!映画のジャポニズムの原点は、このシリーズだったんだ!」オビ・ワンのコスチュームは、柔道着。ライトセーバーの戦いは、サムライ映画の殺陣シーン。ダースベーダーのマスクは、日本の鎧兜。それにしても、ジュダイが拳銃で殺されるのは、納得がいきにくい設定でした。でも、全体を通して、振り返ると、パズルが解けたような快感は、ありました。そうです、最後の二重太陽って何年ぶりだったのかしら?
★★★★
From: ラピス(NO MAIL) 7月 19日(火)00時06分57秒
実はSW歴はとても浅く、ep1を観た後で4〜6、2と観た者です。私は新シリーズ(1〜3)の方が素直に楽しめたんですが、やはりリアルタイムで旧作を観た人達は、あの新鮮な衝撃と感動が鮮烈に残っているみたいですね。年の離れた我が夫は、映像技術はともかく、旧作のほうが好きなようです。但しヒロインのキャリー・フィッシャーはブサイク(失礼)だと言ってたので、新シリーズのナタリー・ポートマンにはそこそこ満足したみたいですが。※以下少々ネタバレかな?3の感想。伏線が繋がるという爽快感と冒頭の宇宙戦や師弟対決が見所で、あとは特に・・・という感じです。ホントにルーカスは心理描写がお粗末だなあと思いました。だから、ここのコメントで、人物に全く共感出来ないという人達も十分理解出来ます。まあこの辺りはシリーズ通して観ている惰性のようなもので乗り切るしかないです。今までシリーズ全てを観たことがない人達は(いるのかな?)、全く訳がわからず「駄作!」と感じるかも。【残念だったところ】●ジェダイは弱かったですね〜。評議会のメンバーは少なくともマスターの筈なのに、簡単に殺されちゃって。まあ謀略にかかったので仕方ないのでしょうが、もう少し奮戦して欲しかった。特にあの女タイプのマスター。民間人?ってくらいにあっけない。●アナキンの変貌ぶり。銀河を支配しよう!というのはいくらなんでも。そりゃ奥さんも胸張り裂けちゃうよ。●オビワンの存在意義が・・・無いに等しい。ラストの師弟対決以外ヘタレすぎて何もいうことがありません。クワイガンが生きてたらもっと違ったんだろうなあ・・・と思うと悲しいです。【熱くなったところ】●ウーキーの中にチューバッカが!!(嬉)●オビワンの「愛していたんだ!!」(泣)●グリーバス将軍。もう全てがいい。(愛)●初「シュコーシュコー」とデススター。●ラストタトゥイーンの二重太陽。目頭が熱い。・・・こうしてみると、やっぱりSWファンという前提があってこそ楽しめる映画なのかもしれませんね。映画の出来自体の好評価は浮かびませんでした。でも純粋にワクワクして楽しめたので★4つです。◎ジェダイの戒律は、仏教に近いものがあるのかな?と思いました。執着してはならないというのはそのまんまだなーと。仏教では厳密には妻帯することを禁じてませんが、何物にも執着してはならないという教義があるので、結果妻帯も難しいということになります。このあたりの矛盾がアナキンとパドメの関係を照らしているように感じました。◎ところでアナキンの名前って「アナーキー」からきてるの??◎そういえば昔「ジェダイ教」を創ろうってデマがありましたね。オーストラリア発信だったかな。最後に個人的意見ですが、厳しい評価(★)を入れてる人や、理に適った批評をしている人を悪し様にいうのはどうなんでしょうね。「批評」も「評価」ですし、ここはそういう掲示板かなと思ってますが・・・。自分が好きなものを悪く言われるのは不愉快ですが、批評として筋の通っているものは一見の価値はあると思いますよ。それに云い返してらっしゃる方達の言葉は見る限り理屈抜きの感情的なものが多いので、「だからコアファンは・・・」とか「信者」って言われるのかと思うと、同じファンとしては少し悲しいです。
★★★★★
From: yjun1009(NO MAIL) 7月 18日(月)20時29分40秒
エピソード4を見たのが高1の夏。あれから28年。今日それが完結した。あの当事宇宙空間の戦闘シーン、爆破した火の粉が全体に広がって飛ぶ、浮いている乗り物に陰がついている全てが感動だった。エピソード3を描くのには現代の映画技術が必要だったのでしょうね。ストーリーは誤解から起き、一人の女性を守る結果が増愛に変わる。ベイダー卿の誕生もわかりやすく描かれていました。涙してみました。最高でした。
★★★★★
From: 凡人(NO MAIL) 7月 18日(月)17時52分52秒
すっごく、おもしろかったです。さすがジョージ・ルーカス、衰えておりませんね。セイバー戦は見ごたえ最高です!さすがシリーズ最高だけあって、アクションファンは大喜びではないでしょうか?で、今作の目玉のダースベイダー誕生の秘密はアナキンの未熟さとオビ=ワンの無能でしょうか。アナキンはホントにガキでしたね。頭の固いジェダイが評議員になったからって、そうそうマスターの称号をやるわけないし、それよりお前はパドメと極秘結婚してんだろ?評議員やマスターなりどころじゃないじゃん!と思ってしまった。そんで夢でパドメが死ぬと感じて混乱してしまい、パルパティーンにつけこまれて暗黒面へと落ちてしまった。その前にヨーダが助言してんのに少しも聞かずに落ちてしまうのが悲しかった。そんでオビ=ワンもそう、ヨーダがアナキンの良心を見つけ出せと助言してんのにパドメが殺されたを思い込んで譲に流され、アナキンを火の中に落としたことですべてがオシャカになっちゃいました。おまえ、師匠なら弟子のこと思え!と言いたくなった。ま、一番可愛そうなのはパドメですな。余りにも激しい絶望で絶望死なんてかわいそ過ぎますよ。なんだか、おもいっきり書き込んでしまいましたが映画の醍醐味最高の映画でした。
★★
From: poru(NO MAIL) 7月 18日(月)02時57分02秒
自分もこのサイトの採点は結構信じて映画館へ足を運ぶ参考にさせていただいているが、この作品に関しては全く期待はずれだった。スターウォーズの全作品の評価をここで入れてもどうしようもないと思う。最高だという基準は人それぞれなので★の数をいくつ付けても良いけれど、SWファンの盲目的な高評価は誰の参考にもならない。今まで見た映画やSWの他のエピソードと比較して本当にこの作品は★5つの内容だったのだろうか?
★★★★
From: QQQQ(NO MAIL) 7月 17日(日)23時33分34秒
他の方の感想をあまり読んでないのですが、私は、BATMAN BEGINSと同じで、良く出来ていると思います。ネタバレあり。とりわけ、議長を前から怪しんでしたのですが、ご面相の違いが、気になっていましたが、あのような戦いの後にご面相が変わったというのは、OKです。最後のお葬式のシーン。手に指輪なし、妊娠したままの姿(子供は生まれてなかった事に、偽る)の2点はとても気に入った点でした。後、SFX技術の進歩が、この映画の基盤だったんですね。第1作から、再度、見てみることにします。
★★★
From: もけ(NO MAIL) 7月 17日(日)22時14分09秒
 シーンの展開が相変わらず大雑把で、釈然としない面が多々あれど、それでも二時間を退屈せずに楽しく観られました。 基本的には旧三部作を観た人向け(新旧を繋ぎ合わせる要素がボロボロと出てきて、それに喜ぶ類の作品)なので、そうでない人には映像が凄いだけの駄作か、良くても凡作止まりの作品ですね。<以下、ネタバレ> アナキンとオビ=ワンが袂を別つシーンが、あまりに悲惨で泣けてきた。手足切られて満身創痍のアナキンがオビ=ワンに「あんたを憎む!」と叫ぶシーンは夢に出てきそう(ビジュアル的にも結構キツイものがあった)。オビ=ワンも辛いだろうに。 しかし、師弟愛を感じさせるシーンを事前にしっかり見せてくれていれば、このシーンはもっともっと盛り上がっただろうに。もったいない。 尺が長くなってもいいから、全体的にもっとじっくり描いて欲しかった。
From: ハインリッヒ(NO MAIL) 7月 17日(日)16時43分13秒
昨日、見てきました。ほんとはヒトラーを見に行ったのだけど一杯で立ち見じゃないと見れなかったので、セカンド・チョイスで。こっちは空いてましたね。ネタバレが嫌で点数だけ見て行ったのですが、普段は信用しているこの掲示板ですが今回だけは失望しましたね。見終わった後でコメントを読んで納得。絶賛している人はコアなファンがほとんどで、お祭りなんだから他多少のアラは目をつぶって楽しみましょう、とかルーカスさん ご苦労様、とかそんなのばかじゃん。(苦笑)私は三ツ星以下の評価の方々のコメントに激しく同意です。ナチスのファシズムの歴史を参考にしたらしいけど、何の教訓も感慨もこの映画からは受けませんね。陳腐な子供じみたストーリーでした。これじゃ立ち見してでもヒトラーを見るんだったよ。
★★★★
From: Shintaro(NO MAIL) 7月 17日(日)14時50分35秒
迫力あるシーンが多く楽しめました。只、「アナキンは何故ダークサイドに堕ちたのかがコレでわかる」って言われていますけど、意外な理由があるわけではないんですよね。個人的にはメイス・ウィンドウにはモウチョット活躍してほしかったな。
★★★★★
From: まさ(NO MAIL) 7月 17日(日)13時38分34秒
面白かった!冒頭のドッグファイトからクライマックスの師弟対決まで、燃えるアクションシーンの連続。そのどれかひとつをとっても通常の映画の「見せ場」を越える出来。その分、ドラマ部分で心理描写の掘り下げが希薄なのは確か。でも、ドラマ部分もキチンとやっていたら上映時間は5時間を越えていたでしょう。SWは娯楽映画というルーカス監督の割り切りを、僕は支持します。それでもラストシーンではSWシリーズを見続けた人ならグッと来るものがあるはず。そのあたりスタッフの本シリーズへの愛情も感じました。音響効果や音楽は相変わらずハイレベル、この映画は設備の良い映画館で見ないと損ですよね。ビデオじゃこの迫力は伝わらない、映画館に足を運ぶ価値のある映画だと思います。何度も登場するライトセーバーでの対決シーンは男の子のチャンバラ心を刺激しまくり。ルーカス監督は日本のチャンバラ映画を現代の技術、スピード感で再生(タランティーノとは別の切り口で)。これは21世紀最高のチャンバラ映画か!でもまあ、善と悪の深いドラマとかを期待したい人にはお勧めできないかも。
★★★★
From: ケンイチ(MAIL) 7月 17日(日)13時15分57秒
SWはエピソード6を映画館で見てから落胆して、その後はDVDでしか見なくなったんだけど、このエピソード3はやっぱり大画面で見たほうが格段に良いと思われる映像です。特殊効果が進んで、これでもかって画面でお腹一杯になります。見せ方を見れば、やっぱりいつものルーカスのカメラワーク・カット割です。つまり、B級映画を作っているということ主張しています。夏休みに子供と見に行くSFファンタジーと考えれば、クレヨンしんチャンが前回こけた今となっては良い選択と思います。シナリオは評価の対象としていません。ただ、エピソード1,2のような無残なシナリオでは無いです。エピーソード7−9は撮らないそうだけど、再度エピソード4−6を撮りなおしたりしないでね。特別編だけにしといてください、そうしなとまた見に行っちゃいます。
★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 7月 17日(日)12時34分34秒
1・2があまりにもつまらなく寝てしまったので全く期待してなかったのですが。思いもかけず良かった! まぁ4〜6あっての3なのですが、とにかく寝てる暇もないほどの戦闘シーンでお金のかけ方が桁違い。1・2で全くいいとこなしのオビ=ワンの活躍(前半のだめだめぶりもまた良し)しかしサミュエルLジャクソンは全然存在感なくもったいなかった・・・ アナキンの心の葛藤が稚拙に扱われているのが不満なんですが、ルーカス映画はそういうことはあたりまえなので深く考えなければいいんでしょうか。双子の赤ちゃんがルークとレイアに似ていたのでビックリ  多少の矛盾はありますが、これだけつじつまあわせてくれたので合格点では・・・
★★★★★
From: 穴金(NO MAIL) 7月 17日(日)03時49分46秒
ナイトショーで見て、あまりの感動にビールを飲みながらパンフレットを見ていたらこんな時間になってしましました。エピソード1〜3だけでも十分に楽しめるでしょうが、4〜6への伏線(?)というか、つながりを考えると、30年に渡る大作的な総集編的な部分もあり、スピルバーグみたく泣くには及びませんでしたが、泣かないまでも、そういう種類の感動はありました。<ねたばれ>エピソード1〜2で、じっくり伏線がひかれていたので、ダークサイドへの転落も突然と思いませんでした。4〜6でも、伏線とは言えないかもしれませんが、同様の主旨で説明があります。逆にその転換に時間がかかっていては興ざめ。瞬間に転換するからこそ、フォースを取得することの危うさとその後のダースベイダーぶりが納得できるのです。そう考えると、この(これだけみると説明不足な)演出は見事です。>本人も切望していたというディカプリオで見たかった気もします。そんなつまらない理由で星ひとつ(全映画の相対評価としての最低評価)ですか?むしろディカプリオだったら白けます。大衆向け映画なので、マニア的な視点がなくても楽しめると思いますが、そんなアイドル的な視点だけで批判されても・・・
★★★★★
From: ハム(NO MAIL) 7月 17日(日)00時57分15秒
たしかに、かっつめすぎ感はありました。突っ込みたくなるところもありました。でもそれは今に始まったことではなく、もう以前に5本も同じようなことやってんだから。とりあえずヨーダががんばったので5つ。
★★★★
From: BLACK(NO MAIL) 7月 17日(日)00時37分48秒
ただ起きた事をズラッと並べただけだったエピソード1、へたくそな恋愛ドラマに転落しかけたエピソード2。もはや何も言うまいと思いながらそれでも期待と希望を胸に見に行った。すると、予想外にSWが戻ってきていたのだ。アナキンとオビワンの友情と師弟愛には最後までぐっと来るものがあるし、全編にわたって展開されるジェダイ同士の決闘にも目を見張らされる。大して強くはなかったが、グリーバス将軍も四刀流という新機軸を見せてくれて楽しめた。ただ気になる所もある。例えばアミダラとアナキンのシーンだ。前作の稚拙なところをそのまま受け継いでしまっていて居心地の悪さは否めない。愛をサラリと、しかも深く描くのはやはり難しいのだろう。また「民主主義」や「自由」といった言葉が飛び交う台詞には疑問を感じるし、アナキンの堕落に至る過程は描けているのに、堕落の瞬間が割とあっさりしているのも「強引」という印象を受けた。しかしそれらの欠点を補うように、音楽が素晴らしく、それだけでアナキンの焦燥が、悲劇が、堕落がよく伝わった。いろいろ不満点はあるがSW本来の香りがあったのは嬉しかったし、何より本作は新三部作の中でダントツといえる出来だった。
★★
From: OMOT(NO MAIL) 7月 16日(土)21時24分03秒
アクションシーンは、前作、前々作同様スゴかった。でも、ストーリーの方がイマイチ、何故に暗黒面に堕ちないとパドメが助からないの?とか、謎が謎のまま終わってしまってるのが残念。てか、アナキンが暗黒面に堕ちたのは、思い込みと勘違いによるものと思えてしょうがない。あとダース・シディアスの話術。
★★★★
From: レイア(NO MAIL) 7月 16日(土)20時23分09秒
おもしろかったです!!オープニングは、もちろんの事、最初の戦闘シーンからSWの世界に引き込まれました。ネタバレあります!!!ジェダイが次々と殺されちゃうところは、ググっときたし、アナキンとオビワンの師弟対決もどっちも死なないのは分かっているのですが、ハラハラしました。アナキンが悲惨な姿になって泣き叫ぶところも、なんだか胸にきました。(ダースベーダーになってからの叫びは、ズッコケそうになりましたが・・・)でも私が一番、胸にきたのはヨーダとチューバッカのお別れのシーンです。この2人(2匹??)は再会していそうでしてないので、ヨーダが「さよならチューバッカ」って言うところが何だか、グググってきましたね。ラストシーンの夕日も「SWW NEW HOPE」のファーストシーンとリンクしていて決して悲惨な終わりではないことが感じ取られて良かったです。ただ、納得のいかなかったり、理解不能な場面もありました。細かい部分では、そんなには気にはならなかったですが、この映画の最大のテーマである「なぜ? アナキンがダークサイドに堕ちてしまったのか?」という部分が、変わり身が唐突過ぎて理解不能なので「アナキンは結局、こうなる運命だったんだ」と納得せざるをえなかったのが残念でした。アナキンの心の葛藤を丹念に描いてもらえれば5つ星でした。
★★★★
From: めいめい(NO MAIL) 7月 16日(土)19時40分42秒
結末が決まっている以上、そこまでどう見せてくれるのか!?という点を楽しみにみました。実はあまり期待してなかったんだけど(笑)、それが良かったのか、結構楽しめました。特に年をとっても変わらないオビワンのやんちゃぶり、ヨーダの戦闘シーンや実は一番強そうなR2のシーンは相変らず面白かった!Epi4〜6とリンクする台詞や場面はぞくぞくしましたし。ラストシーンは思わずEpi4から見直さなくては!と思わされました。難を言えば情報を詰め込みすぎて、肝心のアナキンのダークサイド落ち、そこに至るまでの(周りの人物を含めての)葛藤が観客を巻き込んで共鳴させるだけの力をもたなかったこと。粗筋を追うだけでいっぱいいっぱいでした。クライマックスのライトセーバー戦では画面を見てるだけで酔ってしまったので、三半規管が人より弱い方は要注意です…(泣)それでもきちんと物語のくくりをつけた監督に敬意を表して星は4つ。実際は3つくらいかな〜?
★★★
From: zack(NO MAIL) 7月 16日(土)18時19分37秒
いろいろ納得できない点はありましたが、そこそこ楽しめました。アナキンとオビワンのやりとりをもっともっと丁寧に描いて欲しかった。アナキンとオビワンのシーンの途中でヨーダと皇帝のシーンが入り、冷めてしまった。4,5,6がなければ全く楽しめなかった気がします。
★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 7月 16日(土)16時27分00秒
スペクタクルとアクションでどうにか救われているが、あのストーリーでは何のためにアナキンがダークサイドにおちたのか合点がいかず、頭を抱えてしまう。パドメが早い時点で実際に瀕死の状態に陥り、アナキンが、死の受容を主張するジェダイよりも奇跡的な治療をするパルパティーンを選ぶという展開ではだめなのか?(事情を知らないパドメが殺人マシーンと化したアナキンを諫めるために結局命をおとし、彼の良心が一瞬だけ蘇るなど、まだまだ工夫できるであろうに。)ジェダイの価値がエピソード2の時点からさらに下落して、凡人に毛がはえた程度になってしまったのも痛い。
From: Marina(NO MAIL) 7月 16日(土)14時51分53秒
すみません。ここでは絶賛されている方が多いので気が引けるのですが面白くなかったです。ごめんなさい。どの登場人物にも共感することができなかったので見ていてつらかったです。本作を見終わって、ダース・ベイダー役は、本人も切望していたというディカプリオで見たかった気もします。そうすれば少しは違ったかも。ヘイデンの狂気の顔は、いかにも作った感じがしました。もう少し芸達者な俳優の方がよかったかな。
★★★
From: ズッペ(NO MAIL) 7月 16日(土)03時15分17秒
ここの評価と自分の満足度はほとんど一致してきたんですが、これはどうも違ったようです映像も音楽も素晴らしいと思うし、例のオープニングテーマがかかったときは本当に鳥肌が立ちました…が、何故か全編を通して違和感を拭えず、感情移入できないまま不完全燃焼で終わってしまいました自分の読みが浅いだけだったのかも知れないですが、これが正直な評価です
★★★
From: アイシャ(NO MAIL) 7月 16日(土)00時00分59秒
まあこんなものかな・・というのが正直な感想です。なまじ設定を知っているから、今ひとつわくわく出来なかったのか・・・いえいえ、指輪物語では、先が分かっていても大感動でした。これだけの壮大なストーリーを引っさげているんだから、アナキンとパドメ、アナキンとオビワンの関係を丁寧に描けていたら、説得力の有る最高傑作だったんでしょうけど・・薄っぺらさは否めません。しかし、シリーズ全体とCGに敬意を表して星3つです。
★★★★★
From: バーゲン(NO MAIL) 7月 15日(金)23時13分40秒
びっくりした!ep1・2観て以来、もうルーカス監督でのストーリーは期待出来ないとう腹つもりで観に行ったら見事に裏切られました。2時間OVERの上映時間をこんな夢中で観たのは初めてじゃないだろうか?もう一回観に行くぞ!!・・といいたい反面、もうこのインパクトのまま思い出として終わってもいい気がする今日この頃です。いや〜、凄かった。。。のっけから頭がぶっ飛んだR4、かわいそ〜♪
★★★★★
From: ライズ(NO MAIL) 7月 15日(金)20時30分13秒
----ネタバレあり---素晴らしい。この一言に限る。上映が終わった後、しばらく席から立つ事が出来なかった。結末は解っていたものの、本当に些細な事からアナキンは心の隙間に付け込まれ結局ダークサイドに落とされてしまった。いや、自ら落ちたと言うべきか。ジェダイからの「選ばれし者」という外面的強制、妻を守りたいというアナキン自身の内面的自覚。本来ならばその相反する二つの中庸で境界人としてバランス感覚を養い、一人前のジェダイとなるはずだったアナキンも、依拠するそのものであったジェダイのビュークラシーの喪失、それに対する皮肉にもシスの理想的、現実主義的な思想との狭間に揺れ動き、結局はあのような悲惨な結末を迎えてしまった。そして、ジェダイの説くフォースも決して完全ではない事、それはヨーダがシディアスの力に及ばなかった事実からも伺える。これはイノベーションの極地に達したジェダイと、皆に満場一致で迎えられ、来るべくして来た進歩主義、総括的エスノセントリズムのシスとのぶつかり合いでもあった。このことは終盤ジェダイの価値観に対して反旗を翻したアナキンと「お前は落ちるとこまで堕ちた」としか言えなかったオビ・ワンの燃え盛る火山の中での戦いでも見て取れる。結局正義などというものはそれを語るものによってころころと変わるものであり不変の善など存在しない事をルーカスは伝えたかったのではなかろうか。そこにあるのはただ人々が生きた証、歴史のみだということを。そういう意味ではこの作品は単に悲劇の叙事詩としての神話ではなく、新たなる人類の歴史の始まりを象徴しているのだろう。
★★★★★
From: まるい(NO MAIL) 7月 15日(金)19時19分55秒
SWはもう、この分野では圧倒的ですね。ストーリーも単純明快でかつ深読みしてシリーズを通して楽しめる。また、エピソード4から見直しだ!!PS.多少の矛盾や突込みどころもあるでしょうし、ジャンル的にも全ての人が絶賛ということも無いのは分かりますが、批判する人って程度を知らないのでしょうか?。いくらなんでも★★とか★になりますかね?これ。和製の悪魔人間をはじめとするあんな映画や、その他の本当にひどいあんな映画などと同レベルですかね、この映画。批判や自己主張は勝手ですが、不真面目のような気はします。
★★★★★
From: たじ(NO MAIL) 7月 15日(金)16時42分14秒
SF大作映画として文句無く王道を行ってます。この手の映画って最近あまりないですが、やっぱりSWは見て楽しいです。
★★
From: delilious(NO MAIL) 7月 15日(金)01時01分54秒
----ネタバレあり---最後はジグソーパズルの仕上げのようにうまくはめたなーと思うけど、デス・スターだけは時間軸が合わないのでは。双子が大人になるまで建築に時間がかかるの?小さな都市のようなものだから理解できなくもないのだけど帝国の逆襲ではすぐに再建されるからやっぱり変。あとジェダイが弱すぎる。周到に準備された計画に基づいて次々に殺されていくシーンはゴッド・ファーザーの真似なんだろうけど、あんなに一般人のように殺されるのは違和感がありました。エピソード1,2からの驚異的な進歩は特筆に価するが、こんなに歳月をかけた割にはハナシがちょっと物足りない感じです。
★★★★★
From: VAMPIRE(NO MAIL) 7月 14日(木)22時47分26秒
飽きさせずみれました。見終わってからほかのすべて見直したんですが、エピソード6の最後のアナキンってヘイデンじゃないですよね?!すっごい似ててびっくりしたんですが・・・
★★★★★
From: ken(NO MAIL) 7月 14日(木)21時04分15秒
ルーカスがCGにこだわって、ようやく終わりを告げることが出来た映画界に大いに貢献した名作!これだけの映像を見ることが出来るだけでも十分満足できるとは思います。28年前には考えられない映像に脱帽です。ストーリーに関してはよくまとめてくれました、細かいことを言ったらきりがないので控えます。
★★★★
From: queen2(NO MAIL) 7月 14日(木)18時34分28秒
十分満足できました。SWは映画界のお祭り物と思っていたので、正直期待はしていなかったのですが、なかなかどうして・・・アナキンの変化がちゃんと表現されていて良かったと思います。ラストのアナキンとパドメの手術シーンはパドメのために生きるアナキンと、アナキンの善の部分を信じたまま死んでいくパドメの描写は今までのSWに見られなかった名シーンだと思います。
From: クロノス(NO MAIL) 7月 14日(木)18時07分32秒
この評価は名前を変えて何度も満点を入れてる小さい脳みその信者に対して。映画自体は、昨日TV放映していた旧三作目よりはずっとマシになってるとは思う。
★★★★★
From: あらいぐまラッセル(NO MAIL) 7月 14日(木)00時12分35秒
前作で、わがまま坊やって感じで魅力を感じなかった、ヘイデン君が、3年の間にホントに美形でいい男に成長していてびっくり、でも反対にナタリーポートマンは前作の初々しい輝くような美しさが無かったような気がする。それでもこれだけ美形の両親からあのレイア姫が生まれるか!?そこだけがエピWにうまく繋がってないよぉ。
★★★★★
From: うに(NO MAIL) 7月 13日(水)23時27分29秒
満腹です、はい。ようやく繋がったのね!と感慨深くて。ルーカス、すばらしいオタクっぷりです。愛すべきオッサンです。W〜YをT公開に併せて公開したときに“映画館でSWを観ている”ことに感動しましたっけ。。。ヨーダがブラボーでした(笑)
★★★★★
From: にゃんぴょう(NO MAIL) 7月 13日(水)12時15分04秒
最初のタイトルが宇宙に吸い込まれるシーンからもうなぜかすでに感動してました。ヘイデン・クリステンセンはエピソード2の時は失敗だったと感じたけど今回はちゃんとダースベイダーになれてたし男前だし言うことなし。ルーカスありがとうあんたただのオタクで終わらなくてよかった…。もう一回見に行きます。
★★★★★
From: drywheel(NO MAIL) 7月 13日(水)04時35分17秒
SW「エピソード3」、新3部作の最終章にしてやっと旧3部作を映画館で味わえた人と同じ土台にたてたというか。SWファンなら、どうしても「新三部作」の中に流れる「旧3部作との接点や架け橋」を見つけて楽しむことになります。逆に、ある意味そういった部分でしか面白味・喜びをみつけられなかったりして。まるで、往年のロックバンドが来日して、過去の曲のアンコールでやたら盛り上がる、というような。それは仕方のないことだけど、だけどやっぱりそこで新曲がやたらによかったら、それはもう、うれしいものです。だから、新3部作の最後にしてはじめてうれしかった。ありがとう。ルーカス、おつかれさまでした。  批評にもそれぞれあると思います。特にSWみたいな「お祭り」映画はけなすこと自体がナンセンスという風潮があったりします。けなす、あらを探すのもまたその人の「映画」の見方であり、楽しみ方であると。いろんな意見の人がいて面白い。わたしは、カルト映画から商業映画まで、その映画の「よい部分」、つまり自分にとって面白いと思える部分がダイレクトに伝わってくるので、たいていつまらないと思える映画はないのですが。映画全般に対して評価ユルイので(音楽は厳しいですが)どんな映画を見ても大体は楽しめるから、映画自体が好きなんだなぁ、といつも思います。でも、主に、批評するために映画を見るようになってしまったら寂しいなぁ。そんな人々のために、ルーカスは辻褄あわせ的なep3のラスト5分ぐらいを割いているんだったら健康的じゃないぁ。もっと、映画を褒めましょうよ。批判的文の方が自己を表現するには手っ取り早いけど。それも寂しいじゃない。  うだうだと書いてしまいましたが、映画を見終わり、トイレで用を足していたとき、となりでおしっこしていた小学生とお父さんの会話。 「お父さん、オビワン、大活躍だったね!」
★★★★★
From: リオン(NO MAIL) 7月 13日(水)02時34分02秒
もう展開と結末の分かった物語を見て感動できるのか?という素朴な疑問はありましたが、見事に杞憂に終わりました。古代ギリシアのギリシア悲劇なんかは、観客の誰もが悲劇に終わる結末を知っていながら、それでも悲劇のカタルシスを体感しに劇場に向かったのですが、そういう意味でスター・ウォーズサーガはまさしく現代の神話ですね。旧3部作に比べ、新3部作は魅力あるキャラクターが不足してましたが、今回の新キャラ、グリーバス将軍はかなり格好いい!4本のライトセーバー振り回してオビ・ワンに迫るとこなんか、ゾクっときましたねぇ。エピソード2に続き「強いヨーダ」が観られたのも嬉しい。スター・ウォーズはアナキンの物語だそうですが、アナキンにシンクロして物語を楽しむのはやや困難。旧3部作の主人公はルークとハン・ソロ、新3部作はオビ・ワンを主人公と考えるのが妥当かと(エピソード1のアナキンは主人公とは呼べないような子供だったわけですし)。その物語を紡ぐ縦の糸がアナキン・スカイウォーカーと考えたほうが良いかもしれません(「火の鳥」の火の鳥みたいなもの?)。↓で議論されてるように、アナキンの行動原理は確かに理解不能ですが、これは西洋の物語によく見られる「悪魔との契約」の概念で考えると理解しやすいかと。悪魔の力を利用しようとして悪魔と契約した賢者や魔術師が、逆に悪魔に利用されてしまうというやつです。アナキンが突然悪いやつになったのではなく、悪の心に支配されたと理解すべきでしょう(パドメの言うように善い心は残っているとしても)。アナキンが苦悩の末に徐々に悪に染まるのではなく、突然悪に走る必要性はそこにあります。悪の心に支配されて大虐殺を行いながら、一筋の涙を流すアナキンが印象的でした。エピソード2のヘイデン・クリステンセンは線が細すぎて、とてもベイダーの若い頃には見えなかったのですが、今回のヘイデン・クリステンセンは悪そうでとてもいい。3年間でクリステンセンがこう成長することを見越して抜擢してたのなら、ルーカスはすごい鑑識眼の持ち主だ。個人的には、美形だったアナキンがエピソード6のハゲ頭のオッサンに変わった理由が分かったことが一番の満足。エピソード4「新たなる希望」を髣髴とさせる、ラストのタトゥーインの二つの太陽も美しい。旧3部作と新3部作を繋ぐミッシング・リンクとして、完璧。
★★★★★
From: naru(NO MAIL) 7月 12日(火)23時35分26秒
すごーく面白かった。CGで見せる背景の凝りとアイデアが最高!限りない数の豪華な背景を惜しげもなく短い時間で切り替える贅沢さがたまらなかった。もう一度、劇場の大画面で観ておくつもりです。ストーリーにも感動。(細かいトコはおいといて)緻密な絵を見て、最後にダースベーダー誕生の場面を見るとズッコケますね。(デザインが古くて^^;)
★★★★
From: たけ(NO MAIL) 7月 12日(火)22時54分54秒
面白かった。オビワンかっこいいし、戦闘シーン迫力あったし。見て損はないと思う。「おおせのままに」ってアナキンが頭を下げたところはこれ寝返ったふりして後ろから切りかかるでしょって思ってみてたらホントにいっちゃっててビックリしたけど…。なんかエフェクトでもいいから映像でいっちゃいますよーって分かりやすく表現してくれたらもちっと納得いったのになぁって思いました。残念。そこだけがっかりしたからマイナス1。
★★★
From: speakeasy(NO MAIL) 7月 12日(火)20時07分17秒
新3部作の中でも1番、旧作も含めた全6作の中でもエピソード4や5についで2番というファンの評価も理解できる。また、「宇宙戦争」「バットマン・ビギンス」と夏の超大作の中ではこの作品に軍配が上がるというこのサイトの結果にも納得がいきます。ただ、上記に同意の上で、個人的には圧倒的に黒澤明の「隠し砦の三悪人」の骨組みを拝借したSW4が面白かった、というのが30年近い歳月をかけての結末だったな、という感想である。それだけ日本の黒澤が偉大だったという証左でもあるので日本人にとっては誇らしい話でもあるのだが。圧倒的な特撮技術(これも日本のハイテクがかなり貢献している)を駆使しても肝心のメインの人物像のキャラや話が貧弱だったので絶賛する気にはなれません。まぁ、エピソード1や2のあまりの酷さに新作を作らない方がよかった、と思っていたので最後で盛り返したな、という感じでしょうか。エピソード1や2の反省点を相当研究したのでしょう。その努力は素直に認めたいと思います。「ロード・オブ・ザ・リング」の成功がかなり影響を受けているのでしょう。エピソード3は、どことなく「ロード・オブ・ザ・リング」調であり、それはある意味成功しているといえる。恐らく、SWはこれが最後なので、5年・10年経っても他作にそうそう追いつかれないよう持てるハイテクを駆使して、巨額をつぎ込んで、圧倒的な映像を見せつけたかったのだろう。ただし、そのために特撮が過多で過剰で食傷気味になった。必然性がないところでも凝った特撮を入れ込みすぎです。都市もBusy過ぎる。ルーカスにしろスピルバーグにしろ黒澤を信奉しているのは有名な話で、新作を作る時には必ずヒントを求めて黒澤の映画を観るというエピソードを聞くとほんとにこの二人の偉大かつオタクな映画監督を可愛くて抱きしめたくなる。(笑) でも最近の彼らの作品をみると黒澤の映像(上っ面)だけみてるのではないかと不信感を抱かせる。黒澤の傑作は、全て完璧な脚本が礎になっている。それなのにこの二人はあまりにも脚本がなってないのだ。あまりにも軽視しているのではないか。誰か(第三者)が、矛盾点を突っ込んで徹底的に議論して破綻にしないようなストーリー作りをすべきだろう。「七人の侍」は黒澤も含めて同時に三人で脚本を書き進めてお互いの矛盾点を徹底的に攻撃しあったという。論破されて大の大人が悔し涙まで流して。その上で、あれだけ素晴らしい脚本や人物の連関になっているのです。特撮に凝っている暇があればこっちにもっと脳力も労力も割くべきだと過剰な特撮映像を見ながらつぶやいた。以下は、特に残念だった点。(他に突っ込みたいところもあったけど言わないでおきましょう。)▼新しく創り出されたクリーチャーが続々出てきたが、全く魅力がなかった。やはりSW4で出たキャラが出色(これもやっぱり黒澤のおかげが大なんだけど)。ジャジャービンクスのようにゴールデン・ラズベリー賞を取るようなうざいのはなかったけど。▼若いオビワンは3作を通じて全く魅力がない凡庸なキャラ。この人物が名優アレックス・ギネスが演じた人物につながっていくとはとても思えない。▼ナタリー・ポートマンは、あれだけ聡明な女性なのに陳腐なセリフを言わされて退屈な女性を演じさせられて見ていて可哀相だった。映画の彼女はブスだったし、なんの魅力もないつまらない女性だった。あれじゃなんでダース・ベイダーが愛したか分からなくて、ダース・ベイダーに感情移入できない。姫はレイア姫のほうがずっと先進的で魅力的なキャラだった(これも黒澤から拝借したので正解だった訳だが。)▼ヨーダももっと精神的(シックス・センス)なパワーを使うべき。小さいライトセーバーでピョンピョン飛び跳ねる様は威厳もなく可愛らしくて笑ってしまう。▼殺陣(ソード・アクション)に魅力がない。ソニーがハイテクで協力しているなら、殺陣のアイデアも日本から得るべきだったろう。▼大袈裟で大絵巻な話なら、漫画の「北斗の拳」のが良かったな。シンがダークサイドに落ちてケンシロウに七つの傷を付けたエピソードのほうが納得がいったしなぁ。(笑)「北斗の拳」も色んなところからネタを拝借していたけど、「三国志」や「水滸伝」や「項羽と劉邦」なんかのエピソードをいくつか拝借するだけで格段に素晴らしい話になったのに。これだけ凄い特撮なのに陳腐なエピソードの連続でほんともったいないです。エピソード4は黒澤や「フラッシュ・ゴードン」等の色々なエッセンスをうまく吸収して抜群に面白い登場人物や話をまとめたけど、特撮に懲りすぎて疎かになったか。最後に。「ドラエモンの友人」さんの意見は確かに盲目的なSW信者には面白くない意見かもしれないけど、彼は何故そう思うか具体的に根拠を示しているので誹謗・中傷ではなく立派な批評だと思いますよ。それを貧弱な言葉で攻撃するのはほんと見苦しいと思います。
★★★
From: ヌル八(NO MAIL) 7月 12日(火)18時16分25秒
映画に何を求めるかは、人それぞれとは思いますが。このT〜Vの主題は、やはり、アナキンがいかにダークサイドに陥り、ダースベイダーとなるのかにあると思う。 それが、やはり説得力がない、矛盾があると感じてしまうと、それがこの映画の持つ他の優れた点をも凌駕して評価できなくなるということで。 他の細かい指摘はともかくも、この1点で「ドラえもんの友人」と同じ感想を持ちました。
★★★
From: ももも(NO MAIL) 7月 12日(火)17時05分40秒
話にツッコミを入れること自体無意味だと思うのでそれは面白かったしいいんですが、うーん。本読んだみたいな感じでした。うん、まあまあ面白かったです。
★★★★
From: reia(NO MAIL) 7月 12日(火)12時58分00秒
結構おもしろかったかな。あっというまに終わったカンジ。アナキンの急激な人格の変わりようには驚き。意志、弱すぎ〜。つっこみどころ満載ですが、イベント映画もよーやく完結。おつかれさまといいたいです。火山口でのアナキンの表情、般若のようでした。
★★★★★
From: TULIP(NO MAIL) 7月 11日(月)23時57分32秒
しかし、あれだな、ドラえもんの友人っていうのは、映画が娯楽だということを全く理解していない。これが科学的ノンフィクションならまだしも、娯楽映画にいちいち矛盾点を挙げる神経がわからん。すべて辻褄が合った上での娯楽作品とは一体どんなものなんだろう?少なくともタイムトリップものは無理になってしまう。そうやって、映画や娯楽の可能性を狭めるわけね?。期待はずれさんも同じ。そうやって、アラ探しする人は、史実映画やノンフィクション以外は観るべきではない。ノンフィクションも一切の脚色無しね。それとも、例のアレ?権力や大勢には無条件で批判することで、自分が偉くなったような気になる、例の・・・。エピソード1〜2を余裕を持たせたぶん、肝心の3が性急になった部分はあるけど、なんとかの指輪みたくだらだら長くせずに短い時間で、それなりに矛盾なく、大勢の疑問にこたえつつ、ここまで優れた娯楽作品になったことは評価に値するし、なにより単純にこんなに楽しめる映画はそんなにないですよ。
From: 期待はずれ(NO MAIL) 7月 11日(月)22時48分40秒
最後の最後がこれじゃやばいでしょ。期待したがあまりに辻褄あわせでつまらなかった。もっと上映時間増やしていいから丁寧に堕ちるアナキンを描写しろという感じ。なんでも[ダークサイド]ていう言葉で説明しようとするルーカスは基本的にドラマ作れないのねと思った。単純なアメリカ人にはあれくらいがいいのかもしれないが。ドラえもんの友人さんの意見に大いに賛成。信者さんの絶賛は余計興ざめです。★5つが連発なんてといてい冷静な意見と思えないので★一つ。スターウォーズシリーズの中でもかなり失敗作だと思います。
★★★★
From: たこ(NO MAIL) 7月 11日(月)21時28分23秒
正直、あまりの話の平板さに脱力感を覚えてしまったのですがそれでもやはりあのOPのテーマ曲と聞くと星を少なくは出来ないという、映画の記念碑的な作品ですね。旧作の大ファンだったので他のシーンではまったく涙がでなかったのに最後のシーンでウルっときてしまいました。ああ、こうして旧作に繋がってくんだなぁと。とにかくお疲れ様といいたい
★★★★★
From: メイス軍曹(NO MAIL) 7月 11日(月)20時49分12秒
とても面白かったです。ジェダイが次々に死んでいくシーンとタトゥイーンの太陽、オビワンの最後の戦いでのせりふがとても感動しました!!アクションシーンもとてもかっこよく、新キャラのグリーバスも良かった。本当に最高だった!!でもこれで最後だと思うと寂しいなぁ・・・
★★★★
From: 真南蛮(NO MAIL) 7月 11日(月)20時23分54秒
ドラえもんの友人さんの意見に大いに頷けます。ダースベイダーがいかにしてダークサイドにおちたのかを納得いくように、とことん描いてもらいたかった!そこのところ、ルーカスっていつも甘いなあと思います。残念。でもキャラの活躍のさせ方は面白かったし、単純にデジタルCGの映像を楽しんでしまった。なんだか、お子様的に満足してしまった。…。それに、こんなににぎわっている映画館を見たのは久しぶり。それだけでも、嬉しい。
★★★★
From: 大空歩(NO MAIL) 7月 11日(月)20時22分36秒
映画の中で何でもかんでも合理的な説明求めるってのもどうかとおもうけどなあ?映画見てて楽しい?自分的にはストーリーはもう一つだったけど、やっぱりダースベイダーにシビれたので星4つ。
★★★★
From: moss(NO MAIL) 7月 11日(月)20時21分40秒
僕は素直に楽しめました!わかっていた事だがもちろん話しは暗く重い……やはりみなさんアナキンのダークサイドへ転がる展開が急で不満があるようですね……たしかに激変だ!違和感を覚えるのは当たり前ですよね……パンフレットでルーカスが「激烈な変化でなければいけない…」と語っていますがこじつけの様な気がしてなりません。たしかに映画という短い中で徐々に変化していったのでは時間が足りませんし、ああするしかなかったかはさておき仕方ないように感じます。ただ個人的には愛する人を救うため悪魔と契約を交わしたのだからパルパティーンの命令に従うのはいいとしてジェダイテンプルや分離主義者たちを惨殺するさいもっと迷いや辛さ等を観せてもよかったのでは?と思いました。そうすれば暗黒面に落ちる過程が激烈でもどうにかごまかせるかと………それとジェダイ達のあっけなさですが、あれも映画の時間の関係で仕方ないんでは?あとあれこそ究極の不意打ちですからね並のジェダイには手がでなかったんですよ…多分……
★★★
From: ドラえもんの友人(NO MAIL) 7月 11日(月)17時24分30秒
★★★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 7月 11日(月)13時11分03秒
 28年のシリーズ終焉作品として、多くのファンを持つ偉大な作品として、展開はどーあれ★5つを付けたくなりました。 随所に挿入された、シリーズに対するオマージュがジワジワと感動に変わってゆきました。誰もが納得出来る作品を作ることはできない!ならば、思い描いた世界観を映像にするジョージ・ルーカスの一貫した思いが伝わってきました。 説明不足な点や人としての葛藤の描き方が雑と思われるシーンもありますが、どんなに不満を漏らしてももう、この一大サーガは、終焉してしまったのですから、今はただただ、万雷の拍手をジョージ・ルーカス&製作スタッフに送りたいです。
★★★
From: にょろ(NO MAIL) 7月 11日(月)10時22分27秒
まあ僕も「映画としては」たいしたことない作品と思いますが、スターウォーズはすでに映画じゃないんでこれでいいと思います。ドラえもんの友人さんのツッコミですが、1 フォースのダークサイドは一度入ってしまうと人格そのものが捻じ曲げられる。2 確かにこれは描写が足りないと思いますが、あそこまでやってしまった以上、自分を認めてくれるシディアスについていくしかないということでしょう。3 ダークサイドによってもともと強かったアナキンの欲が増大したためでしょう。「自分の欲のために力を用いるのがダークサイド」というのは映画でも示されてます。4 ジェダイがトルーパーにやられたのはダークサイドが広まったせいでフォースによる察知能力が激しく衰えたためでしょう。集団に弱いわけじゃないかと。5 時間をかけたからこそアナキンに迷いがあるあの瞬間に正体を明かした。また、アナキンには正体を明かすほど信頼しているという態度を見せたということかと。6 特定の人間に対する執着はダメ、と映画でも散々言われてますし、反映もされてると思いますが・・・それとこのことを(薄々)知っていたのはオビ=ワンだけでしょう。7 サイフォ・ディアスに関してはその通りですね。ただクローン兵はバトルドロイドよか明らかに強いと思いますけど・・・つまらなかったのでバカにしたいのは分かりますが、いささか不当だと思います。この作品の問題点はそういう設定面の矛盾ではないんじゃないでしょうか。
★★
From: 宮古そば「どらえもん」(NO MAIL) 7月 11日(月)09時28分24秒
観てるときは、圧倒的なCGと大音響の迫力で、だまされてたけど、確かに「ドラえもん」さんの言うとおり。アナキンの動機・行動は、共感・理解不能ですね。やっぱり、Wにつなげるのは無理があったのかな。
★★
From: ドラえもんの友人(NO MAIL) 7月 11日(月)07時20分38秒
新三部作がアナキン・スカイウォーカーがいかにして暗黒面に落ちたかというのが物語の主軸であるというならば、許されないレベルのダメ映画だろう。EP1と2を見ていなくても支障がないというのが終わっている。スターウォーズがいかに人間ドラマが薄っぺらな作品といえども、劇中のアナキンは精神分離症ぎみで、言ってる事が支離滅裂で、行動に一貫性がないキチガイ。こんなヤツが悲劇のヒーローを気取っても、誰が彼に感情移入できようか?1:自分の見た予知夢におどらされて、フォースの暗黒面がどんな力かも分からないのに、それにすがるというのが理解できない。救出策を模索するために興味を示すというのなら理解も出来るが、いきなり子供・友人・知人を殺しにかかるなんてアリエナイ。あげく、殺す気がなかったとしても、最愛であるパドメに手をかけるなんて完全に理解不能。2:ジェダイ最強であるアナキンが更なる力を求める理由と、パドメ一個人を守るという願いが直結してない。ダース・プレイガスが生命を誕生させる力があるとパルパティーンは言っていたが、それが死者を生き返えらせるということなら、結局何も出来ないダース・シディアスに怒りの矛先がどうして向かないのか不思議である。  3:本作で描かれるアナキンの権力欲が「ジェダイマスターと呼ばれる」程度では、帝国を勃興して銀河を支配するという野望に繋げるには弱すぎる。ラストにいきなり、世界を支配しようと言い出し、パドメから「何を言ってるの?」と言われるが、まったく同感。つーか、支配してどうするという思想面が描かれてないので、ただのガキの誇大妄想にしか聞こえない。4:集団に対して弱くて脆いジェダイ程度の力が、銀河を平定できるほどの力を持っていたという設定が、まず破綻している。シスにしても、ジェダイにしても銀河支配をもくろむシディアスの邪魔にもならない弱さなので、アナキンを仲間に引き入れる必要性がない。自分が起こしたマッチポンプ戦争で、世界各地に送った軍隊を一斉蜂起させるだけで銀河は手に入る。5:時間をかけて議長にまで上り詰めたパルパティーンが、あっさりと自分の素性をアナキンに語りだすのが頭が悪すぎる。これまでかけた時間が無駄になりました。6:ジェダイは恋をしてはいけないという設定が、いつのまにか反故にされている。というか、どうしてイケナイのか分からないし、映画にも反映されてない。7:誰が何のために発注したのか不明のまま、クローン兵団が共和国軍の戦力になっている。ドロイド軍に対して、それほどのイニシチアブがあるとも思えない軍団。頭脳があるということだが、ドロイドにだってAIくらいあるだろ。サイフォ・ディアスとドゥークーとの関係をもう少し説明するべき。いやぁ、1999年からあしかけ7年待たされて、こんな程度の想像力しか提示できないのは関連商品で儲けていると心が枯れるという証拠だな。
↑ 《上の人へ返答》>1 フォースのダークサイドは一度入ってしまうと人格そのものが捻じ曲げられる。 人格と、現状認識における行動原理は、関係ないでしょう。だいたい、パドメは最後に「善の心が残っている」みたいなことを言いますし、ダークサイドによって人格そのものが完全に変貌するというのなら、ダースヴェイダーが改心するという、この物語のラストはどう説明するんですか?こんどは善のフォースの影響で、また改心したとでも言うのですか?なんでもかんでも悪とか善とかのフォースで説明しようとするのは無理がありますよ。>3 ダークサイドによってもともと強かったアナキンの欲が増大したためでしょう。「自分の欲のために力を用いるのがダークサイド」というのは映画でも示されてます。だから、その「欲」とやらが私には分からない。アナキンは現状に不満を持っていたとしても、それなりの地位を確立していたし、女王の嫁さんもいれば、子供までいる。師であり友人である、優しいオビワンもいる。彼が今のすべてを捨てて、その「欲」とやらに走る理由がないと思う。銀河を支配するっても、シディアスの腰巾着でしかない今後に、今を捨てるだけの理由はないと思いますけどね。>4 ジェダイがトルーパーにやられたのはダークサイドが広まったせいでフォースによる察知能力が激しく衰えたためでしょう。集団に弱いわけじゃないかと。・・・だったら、どうしてヨーダ達ジェダイマスターは、その「察知能力」を使って、パルパティーンがシスであることに気がつかなかったのか?ジェダイ達はエピソード2でドロイドに追いつめられていたし、集団に弱いのは立証済み。>5 時間をかけたからこそアナキンに迷いがあるあの瞬間に正体を明かした。また、アナキンには正体を明かすほど信頼しているという態度を見せたということかと。 意味不明です。まずアナキンを弟子にしたいのであっても、正体をあかす必要がない。信頼とか、そういうものがシスにあると思うのがおかしい。目前で自分の弟子であるドゥークーを殺せと言うような、師弟関係なのだから。ダース・プレイガスも弟子に殺されたしね。>6 特定の人間に対する執着はダメ、と映画でも散々言われてますし、反映もされてると思いますが・・・それとこのことを(薄々)知っていたのはオビ=ワンだけでしょう。いや、ですから、どうしてダメなのかが説明されてない。禁忌おかしても、マスターになれるなら恋愛は障害になってないでしょ。マスターになるためには、パドメを捨てなくてはならな・・・ってなら分かるけど。しかし、ダークサイドというのは便利な言葉ですね。なんでもかんでも説明がついてしまう。この映画は「いかにしてアナキンがダークサイドに墜ちたか」という話だと思ってたんですが、どうやら、そのことは端折られてダークサイドに墜ちてからがメインになってしまっているようです。
★★★★★
From: しまねこ(NO MAIL) 7月 11日(月)00時26分16秒
悲劇って頭が悪い人に見えたりするんだけど、とっても普遍的な人間のあり方を表していると思う。liliさんに反応。ユアンが好きなのでエピソード1から欠かさず映画館で見ていますが、ユアンももちろんよかったのですが、この映画はヘイデン・クリステンに乾杯!いい俳優になっていると思います。
From: lili(NO MAIL) 7月 10日(日)21時21分57秒
アナキンの頭の悪さにイライラ!!オビワンも同じぐらい馬鹿!!
★★★
From: きんとき(NO MAIL) 7月 10日(日)20時48分29秒
つじつま合わせとファンサービスだけ、当たり前だがお話に意外性なんて全く無い。大好きなクリストファー・リーもすぐに消えてしまうし・・。しかしこの新シリーズは最初から思ってる事だがなんでジェダイのボンクラどもは自分たちのすぐ側に暗黒面の親玉がいる事に気がつかないのか?それもあって1&2&3には気持ちが入って行かない、3ではR2の性能が良すぎて笑ってしまった。ところでデススターっていつから作ってたんだ?しかもルークやレイアが大人になっても完成してないなんて・・・。相変わらず時間の経過が判り難い映画だった。個人的にはやっぱ「帝国の逆襲」が一番好きだ。
★★★★★
From: そらあるくひと(NO MAIL) 7月 10日(日)19時32分29秒
あ、あれ?!面白いよジョージどういうことだ?!EP2のときは、鑑賞中「あーDVDだったら早送りしてっかも・・・」というシーンもあったのですが、今回は一瞬たりとも気が抜けませんでした。ネタバレ↓R2-D2がすごく強くて愛らしかった!!っつか君ヴェイダーとすごく仲良しだったんだね!!なんだか切なくなりました。R2の記憶は消されなかったんでしょうか?ならすごく辛いっすよね・・・(オビさんもだが)ラストシーンは思わずニヤリ。わかってらっしゃる!
★★★★★
From: グラムス(NO MAIL) 7月 10日(日)19時00分27秒
1978年の夏、上野でロードショーを観て以来28年間、毎回公開されるたびにワクワクさせてくれました。シリーズ最高作は、「帝国の逆襲」だとは思うけど。今回は、どういう風にWにつなげるのか、ストーリーも楽しめました。とにかく、ありがとうございました。お疲れ様でした。
★★★★★
From: コオロギ(NO MAIL) 7月 10日(日)16時21分39秒
この作品が作ってきた映像、音響を考えると、これを超える作品は数少ないのでは。家のシステムもEP1を基準としてるし。THX認定の映画館で鑑賞してきました。やっぱりすごかったです。これが最後と思うと、寂しいものがあります。ルーカスフィルムには、もっとがんばってほしい。今後、超大作を離れ、撮りたいものだけを撮るようですけど、それもまた期待です。DVDも楽しみです。この作品は、音のつながりに関して映画館より優れた印象を受けます。作品の感想としては、すごかった。体感にも近かったし。なんか世界のどこかで起こってるんじゃないかって。
★★★★
From: がっちょ(NO MAIL) 7月 10日(日)14時27分27秒
あたりまえだけど、シリーズ中最も暗くて重い。その意味でけっこう密度の高い作品なのかな。濃いです。とにもかくにも、映画史上最大のスペースオペラが完結したってことで、それなりの感慨があった。一作一作を云々すると、EP4にかなうわけないけど(個人的に)...やはりシリーズ全体の世界観を楽しむのが正解でしょう。とりあえずEP4を観たくなったよ。
★★★★
From: のり(NO MAIL) 7月 10日(日)10時51分41秒
面白かったです。エピソード1、2はこの映画の為の序章にもならない、というかいらない。エピソード123は、3+αにして、スターウォーズ番外編でもよかったんじゃないのかなぁ。この映画を観るのに何年も待たされたという感じです。撮影が長期に渡りパドメの美しさが少しダウンしたのは残念。アナキンが暗黒面に落ちてゆく葛藤などがもう少し表現できていればよかったのになぁと思います。宇宙船などはCGアニメのようでリアリティがない。昔のミニチュアを使った特撮の方が個人的には好きです。でもスターウォーズファンでなくても見る価値ありの作品だと思います。
★★★★★
From: ペコ(NO MAIL) 7月 10日(日)09時33分01秒
これでシリーズ完結と思うと、少し寂しいけど、新三部作の中では一番面白かったと思う。戦闘シーンはシリーズ最高で、もうCGの領域を越していると、思わされたストーリーも少々強引だか、上手くまとめたと思う。まあ、とにかくとても面白かったです。
★★★★
From: マーク(NO MAIL) 7月 10日(日)00時24分19秒
う〜ん名場面だらけなはずが、良いセリフがほとんど無いなあ。無理やりな憎しみ方だし。悪政は必ず反乱を招き身を滅ぼす、皇帝の行く末を暗示するシーンとかセリフとか欲しかったな。まあ、期待してなかったし仕方が無いか。どうせ丁寧に描いてもそれを表現する技量ないだろうから、だるいシーンになっていただろうしね。不満がある人も多いと思うけど戦闘シーンばかりにして正解だと思うよ。戦闘シーンはさすがに面白かったし、いろんなシーンで鳥肌立ったから、粗だらけでもファンなら楽しめる。おまけで星4つ
★★
From: しめさば(NO MAIL) 7月 9日(土)23時35分52秒
眠りかけました…。あんなにハデな映像と音なのに…。オカネ掛かってる分星1つ増やして2コ。こんだけの話題作なのに、途中でトイレに立つ人多くてびっくり。そんだけ「途中見なくても話わかるしな」なレベルだった気がします。話を見るものじゃない…にしても、それならこのレベルのCGIはもう今の映画界じゃ食傷気味でしょう。初日に意気込んで行ったのに、これはないよなー…。シリーズファンの方のための映画、なんでしょうねえ。個人的にエピ1が面白かったので、前作ちょっとがっかりした分取り返したかったんですけど、2より面白くありませんでした…。
★★★★
From: ひろ(NO MAIL) 7月 9日(土)22時37分21秒
最初から迫力ある映像で十分楽しめました。シリーズを見てない人でも純粋に映画として楽しめます。過去のシリーズと比較しても、間違いなくNO1の出来でした。CGが多すぎて目が疲れた。。
★★★★
From: RELAX(NO MAIL) 7月 9日(土)20時43分46秒
はっきり言って今までの新シリーズの出来にはガッカリさせれっぱなしだった。けど今回は良かったです。「これでこのシリーズも完結かー」っていうメンタル的な感動が大きかったからかもしれないけどラストシーンはほんとに感動した。けどアナキンが暗黒面に入るのがちょっと簡単過ぎるかなーなんて思ったり。もっと葛藤を描いて欲しかった。アナキンとパドメももっとカップルっぽい会話をしてもらいたかった。何十年間もこれを待ち続けた人にとっては堪らない映画だとおもう。けど正直興味ない人からしたら今一かもね 笑
★★★★★
From: yoda(NO MAIL) 7月 9日(土)19時57分07秒
 わしらの逸話が銀河系の彼方のこの惑星で語られとる事には驚きじゃが、意義深いことではある。殊に日本でな。ルーカスの配慮には同感じゃ。何時いかなる時と星にも暗黒面の帳が降りることには慎重に見極めねばなるまい。 最後に一言言っておくが隣国に注意するがよい、それと議長にもじゃ。精神と感覚を研ぎ澄ませればわかる筈じゃ。フォースとともにあらんことを。
★★★★★
From: アナル筋(NO MAIL) 7月 9日(土)18時06分50秒
正直話の先がわかるだけに眠くて眠くてしょうがなかったがこれ以上の物はな作りようがないんでなかろうかエピソード7は作らないっぽいからこれで最後ってことで5
★★
From: ジュラ紀(NO MAIL) 7月 8日(金)10時10分25秒
こないだの先行で観ました。まぁ、面白くないことはないんだけど、ちょっと話の流れが強引すぎてついていけない。それに各キャラクターの心情も丁寧に描ききれてない気がする。あちこちの映画評で絶賛されてるけど、それほどのもんかなー?って感じでした。(配給元が批評に規制かけてるみたいだし、仕方ないのか?)シリーズものなんでその中の一つの話だということをさっぴいても、このくらいの評価です。
★★★★
From: JASMINE(NO MAIL) 7月 8日(金)02時53分50秒
技術的な面を見てもエピソード1〜3の中では1番良かったと思う。でもわかってはいるけどやっぱりバッドエンドは見た後めっちゃテンション下がる。エピソード1〜と話の順番に見ていったらだめだと思う。昔と今の技術が違いすぎてエピソード3見てからスターウォーズのはじめの見たら飽きてしまう。間の話が気になるからドラマも見ないと・・・ダースベイダーの仮面が鉄製→プラスチックって感じ。アナキンがダースベイダーになるシーンは気持ち悪かった。
★★★★★
From: ネビュラ(NO MAIL) 7月 8日(金)01時08分40秒
エピソード1、2、3の中で今作が一番面白かった。人間ドラマの薄っぺらさは相変わらずですが、それを補って余りあるド迫力の映像とアクションでかなり満足度高いです。先々行上映で観たのですが公開後にもう一度観に行こうと思います。お疲れ様!という意味も込めて☆5つ。
From: イドラゼン(NO MAIL) 7月 8日(金)00時43分22秒
うーん、退屈でした。期待しすぎたせいもあるけど、ちょっと内容に強引さを感じてしまった。。ごめんなさい。ストーリー完結ということで、区切りがつきましたね。
★★★★★
From: (NO MAIL) 7月 8日(金)00時15分32秒
正直アクションしか見てないが、それだけでも充分見れる。 最初の戦艦シーンでしびれた
★★★★★
From: 烏賊でびる(NO MAIL) 7月 7日(木)09時32分13秒
エピソード3、鑑賞しました。シリーズ完結と言う事で気合の入ったストーリーと、各ジェダイの末路がよく描かれていたと思います。十分楽しめた一作なので、文句無く星5つ付けさせていただきます。
★★★★★
From: うん(NO MAIL) 7月 7日(木)01時02分55秒
いろいろと強引なところがあれど、そういうものを吹き飛ばすぐらいよかったです。1と2はさほどよくはなかったけど(それでも3や4以降と比べてですが)ジェダイの騎士たちが殺されるシーン以後涙しました。音楽もよかったのでサントラもよかった。DVD早くでてくれい。たぶんあと2〜3回いきそうな勢い。あっけないアナキンの変化、あっさりジェダイの騎士が殺されるのは疑問に思いましたが、それを差し置いても良かった。
★★★★★
From: だめ(バットマンファン)(NO MAIL) 7月 6日(水)13時50分31秒
朝の6時からご苦労様。(笑)そんなにバットマンビギンズが好きなのね。名前変えてもリモホでバレバレなんだけど。
From: 彦馬呂(NO MAIL) 7月 6日(水)08時59分38秒
シリーズで一番退屈な作品。思い入れだけで評価を高くしている皆さん。もっと冷静に作品を評価しましょう。
From: だめ(NO MAIL) 7月 6日(水)06時00分32秒
穴金も帯もタダのバカにしか見えない。複数カキコする信者たちよ、後でバレて恥ずかしい目にあうよ。気をつけてw
★★★★★
From: (NO MAIL) 7月 5日(火)22時39分36秒
始まりと終わりがすべてある。やはり456を見てから123を見たほうが楽しめるのだろう。この人間関係を一番見てきたR2が一番辛いんじゃ...
★★
From: HIRO(NO MAIL) 7月 4日(月)19時10分59秒
期待しすぎてしまった。---以下ネタバレ---「おいおいと思った点」パドメが死ぬの簡単すぎ。それを予知したアナキンの苦悩ぶりが「ヘイデンの演技力不足」で伝わってこない。こいつ表情なさすぎ。パドメを救う手段がダークサイドにあると騙されたとしても、あっさり落ちすぎでは・・・。生まれてくる子供よりパドメを取った(もしくは両方)選択が子供っぽく、共感できない。実際、他人(ジェダイ)の子供は惨殺しまくり。そもそも、ジェダイは結婚してはならないという設定がどーにも消化不良。この辺りはキリスト教の純潔の教えからきてるんだろうけど、パドメとの結婚したからダークサイドに落ちたってわけでもないし弱くなったわけじゃないだろう。結婚そのものを隠してたっていう設定だけど少なくともオビ=ワンとヨーダは知っていたよね。(じゃないと続編に続かないし)事実、ラストではちゃんと赤ちゃんとルークとレイアを隠して育てていこうってシーンあるし。「ジェダイの強さ=ジェダイの戒律の厳しさ」がアナキンが最強のジェダイとして描かれている設定と矛盾している。ダースベイダーになってから最後にパドメの死を知った反応が「オオーゥ!」こいつ馬鹿だなぁと。話が違うじゃないかとシスの暗黒卿に突っかかればコメディになっちゃうか。「楽しめた点」他ジェダイがあっさり銃で死ぬところ
★★★★★
From: マル・なしっ!(NO MAIL) 7月 4日(月)04時14分33秒
苦悩が描かれ、それと比例したダークな映像描写が素晴らしく感じた。ラストのベイダーが圧巻!決して晴れ晴れとはしないストーリーだけど、EP1のように単なるCGマスターベーションに終わらなかった、中身と見応えがある作品だと感じた。「帝国の逆襲」が好きな人は満足するはず。
★★★★★
From: 24h(NO MAIL) 7月 4日(月)02時31分29秒
一日を全て当てて、「スター・ウォーズ“イッキミ”スペシャル」@六本木ヒルズにて、エピソード3含めて観て来ました。9時開演後、12時間以上過ぎてから始まった「3」ですが、それまでの疲れを全て忘れた、最後を飾るに相応しい出来だったということだけは伝えておきます。眼の痛み、腰の痛みも吹き飛んで、すっかり見入ってしまいました。エンドロールが終わった後の長い拍手が、それを物語っていたように思います。
★★★★★
From: SW(NO MAIL) 7月 3日(日)21時44分28秒
いやー胸が苦しい後半にはこれ以上ない最後!この物語のコミックを見ているとホント胸痛いけど上出来の娯楽作でしたおもしろかった〜
★★★★★
From: たけ@広島(NO MAIL) 7月 3日(日)20時56分42秒
お疲れ様の5つ星。頑張った跡をこれ以上なく感じさせてしまうのは作り手からしては不本意だろうが、いやぁ、なにせ「スターウォーズ」っすから、、、、、なんとも。ベイダーの初「コーフー」を観るために2時間おとなしく座っていたようなもんっすね。いや、でも、観て良かった。なんか妙な感動が・・・・・・・
★★★★★
From: yuko(NO MAIL) 7月 3日(日)17時56分20秒
先行まで、今までの5作全部見ていてよかった〜話がつながりはサイコーはるかかなたの銀河系バンザイ
★★★★
From: くまごろう73号(NO MAIL) 7月 3日(日)14時42分30秒
先行行ってきました。面白かったです。特撮サイコー!いやーもはや、セットとCGの区別つきませんね。さすがはILM。ストーリはというと、ううむ!ダークサイドに落ちるの早過ぎないスか?「やっちゃったーーー!モー戻れない、、、。」「仰せのとおりに、皇帝、、、。」もうちょっとこう苦悩の日々があってもなぁと感じました。・宇宙空間CG遠景のカット、カメラがパンする際、必ずと言っていいほどフレアが画面に入る。 その他CGの遠景カットだと、反射光をやたらとこっちに向けたがるのがなんだか幼稚臭い。・トカゲちゃんの鳴き声がちょっと耳障り、、、。・エンドロール最後の最後、曲の途中で訳者の名前(おい!)。なんでここなの? 違うでしょ、最後はLUCASFILMとか、foxとかじゃ無いの、、、?感動が、、、。というわけで、星1コマイナスさせてください。
★★★★★
From: taka(NO MAIL) 7月 3日(日)12時52分51秒
中々、見事な出来栄えだったと思う。アナキンが皇帝に屈する場所の強引さは、ルーカスのコメントを読んで納得できた。ただヘイデン・ベイダーは足が長いのか手が短いのかで多少バランスが悪い気がするがw、6部作の見事な幕引に感動。三次元表現が見事なので、多少字幕が見にくくても前の方の席で見るのがお勧めです。
★★★★★
From: ペプシ(NO MAIL) 7月 3日(日)11時27分51秒
おもしろかったー!ルーカスはベーダーに変貌する過程は一瞬で・・という創りこみだったようですが話もサクサク進み最後まで楽しかった
★★★
From: フラワー(NO MAIL) 7月 3日(日)11時11分38秒
アナキンがダース・ベイダーに変貌するプロセスに物足りなさを感じた影響が、最後まで尾を引いた。パドメの存在感をもっと大事に扱って欲しかった。ストーリーの流れがあるのも判るけど。エピソード3と4の間に若干の隙間があるのでは・・・??この箇所で1本分制作可能なボリュームがあると思う。これでこのシリーズに一区切りがつくと思うと、感慨無量だ。
★★★★★
From: 1000円(NO MAIL) 7月 3日(日)04時53分00秒
エピソード4への繋がりや、ネタばれが前提となっている中でよくぞここまで作ってくれた!あと2回位は見に行く予定。最後のタトゥーインのシーンは映画館が混んでなければ確実に泣いていたでしょう。
★★★★★
From: 1803、マサ(NO MAIL) 7月 3日(日)02時10分02秒
EP4への導線としてはダークなストーリーでしたが楽しめました!暗黒面に堕ちる所は心理描写に欠ける感がありますが、これぞ玩具映画という感じで無条件に面白かった
これで最後というのが寂しい限りです。映画がよかっただけに・・・ドラマにも期待したいです。最初の構想どおり未来の話も創って欲しいデスネ
★★★
From: のり(NO MAIL) 7月 3日(日)01時28分08秒
スケール感のあるCGや特撮など楽しめましたがアナキンがダースベーダーになるあたりは多少ストーリーに無理を感じました。そうしないとパドメが死ぬという部分にもうちょっと丁寧な話が欲しかったと思います。さらに、パドメを救うはずが「宇宙は俺のものだ」みたいな発言をしてるあたりも?でした。
★★★★★
From: todo(NO MAIL) 7月 3日(日)01時02分26秒
おもしろかった。みごとに、6作品がつながりましたね。新3部作では最高の出来だとおもいます。終わった後、万感迫る物がありエンドロールが終わるまで席を立てなかった。スターウォーズそしてルーカス監督に敬意を表し☆5つ
★★★★★
From: (NO MAIL) 7月 2日(土)23時44分17秒
スターウォーズを始めてみたのは中ニの夏で(エピソード1)昔のシリーズは映像が古いこともあり見たことがありませんでした。なので123と今回ので三作品しか見たことがありません。これまでのニ作品(エピソード1.2)は見てて爽快、そして見ててcgだと感じさせないきれいな映像に感動してるばかりでストーリーは二の次だったのですが、今回のをみてそのアクションの出来栄えはもちろんストーリーの悲しさに思わず胸を打たれました。今回ももちろんアクションはすごかったけどやっぱしストーリーとしてスターウォーズを見ることが最後の作品にして初めて出来たので個人的には最高の気分で見ることが出来ました!!ジョージルーカスがこの作品に対して「本気」だということが否応無しに感じられましたし、何よりもキャスト(ヘイデンクリステンセンら)の演技も前より見ごたえがあったように思います。まず最初にスターウォーズのテーマ曲が流れて身震いをし、そして最後には終わった時は「あれ?」という残尿感もありましたが、エンドロールを見てると自然と1のポッドレースで子供のアナキンが頑張ってるところや親元を離れる時のあの切ない顔そして2の時のたくましくなったアナキン、任務をとるか彼女をとるか迷い苦しむアナキン、そして3で暗黒面におちていくアナキンそれを苦しみながら倒すオビワンなどが回想されて改めて感動しました。
★★★
From: HIDE(NO MAIL) 7月 2日(土)19時07分59秒
20年以上前ですかねえ〜初めて見たスターウオーズは衝撃的でした、それから全作品見てますけど、さすがにもう限界かな〜〜つて気が私はします、ダースベーターやルークの誕生を今更見せられてもねえ・・・ダースベーターの誕生の話は不自然・・・★2個だけどこれまでの作品に敬意を称して★3個におまけ、
★★★★★
From: みみこ(NO MAIL) 7月 2日(土)16時46分24秒
オビワンとアナキンの対決は傑作。特にオビワンのセリフは泣かせる。でも、パドメは妊娠してるって全然隠してないのにしかもアナキンとの中も隠しているとは思えないのになんで、オビワンは最後のほうで、「子供の父親はアナキンか?」と聞いてるのか?アンタ知らなかったの・・?ちょっと不思議でした。ep4に続く最後のシーンは感動的。あーep4,5,6がすぐ見たい!
★★★★
From: しゃーらっく(NO MAIL) 7月 2日(土)14時35分27秒
先々行オールナイトで観ました。正直、新シリーズはチマチマした政治劇が駄目でイマイチ好きになれないのですが、今回はT・Uより楽しめました。子供の頃、親に連れられて観た一作目から実に28年、これでSWシリーズも本当に完結ですねえ。本当にご苦労様でした。>ルーカス様感謝の意味を込めて星一つオマケ。
★★★★★
From: 東雲(NO MAIL) 7月 2日(土)11時15分09秒
重い・・お祭り気分で見に行ったんだけど、こんなに心にのっかかられるとは・・・。重い・・・。でもね、エンタメ映画でこんな緊張を持って映画を見れたのは初めてでした。ほんと。もう2回くらい映画館で見たい!
★★★★★
From: 越後屋(NO MAIL) 6月 30日(木)14時16分28秒
「シスの復讐」を観て初めて、これまで「甘すぎる」と思っていた「ジェダイの帰還」のクライマックス(ヴェイダーの回心)が、重みをもって迫ってくる。その意味で、プリークェル3部作はやはり「つくられるべき」作品だったのだな、と感じる。 ただし、Ep1とEp2の退屈さは今からでも何とかしてほしいもの(笑) そんなわけで、旧三部作は必ず観てから行った方がよいと思うけど、1と2は観ていなくても全然OKっす。
★★★★★
From: (NO MAIL) 6月 30日(木)02時28分20秒
期待大で見に行ったのですが、途中なぜか退屈になっちゃいました。しかし後半のたたみかけるような殺陣の連続は盛り上がりました。見終わった後はアクションシーンの興奮が残ってましたが、ストーリーを追いなおし、時間が経つにつれ涙があふれそうになりました。なんなんでしょうねえ・・・不思議な感覚です。
★★★★★
From: 厄年おやじ(NO MAIL) 6月 29日(水)20時21分41秒
今回のSWはストーリーが暗くてお約束の3POのおちゃらけシーンも無いから、ちびっこは吹き替え版でも退屈するでしょう。旧シリーズからファンの自分はかなり満足しました。エピソード4に繋がるR2D2のよたよた歩きが見れたのが嬉しかった。後5回ぐらいは見に行くと思う。
★★★★★
From: (NO MAIL) 6月 28日(火)23時55分14秒
確かによかった!けど、家に帰って早く4・5・6を見てハッピーにならないとダークサイドに落っこちてしまいそうな気分になりました・・・。特に、火山口での戦いはもう最高ですね。アナキンの無残さ加減とオビ=ワンの血を吐くかのような台詞は映画史上に残るのでは?パドメを愛しすぎたのがダークサイドへの転落理由というのが、なんとなく日本人好みだな〜と思います。でも、良かったわ〜。燃えたアナキンの姿は2・3日ひきずったけど・・・(^^)
★★★★★
From: トシ(NO MAIL) 6月 28日(火)11時59分33秒
アナキンとオビワンの対決シーン。ダ−スベイダ−の誕生シーン。ルークとレイアの誕生シーン。いろんなシーンを思い出すと今でも鳥肌が。最低でも3回は観に行きます。
★★★★★
From: Jet-Mi(NO MAIL) 6月 27日(月)23時27分08秒
いやぁ、面白かったぁ。R2とヨーダもお約束で笑わせてくれるし。スカパーでアニメ版Volume1、2と見てて、2が中途半端で終わるなぁって思ってたら、ホントその続きがEpisode3なんですな。<ちょいバレ>Volume1、2での圧倒的な強さを誇るグリーバス将軍を楽しみにしてたのに・・・。ひどいよ。ダース・モールみたいに主役を食わないよう配慮したのかなぁ。
★★★★★
From: kwest(NO MAIL) 6月 27日(月)18時07分02秒
スピルバーグが試写会で「泣いた」なんてコメントするので、泣ける映画だと勘違いしてしまった。コアなスターウォーズ・ファンなら「これで最後か」と感極まって泣いてしまう人も居るかもしれないが、泣ける映画では無い(と思った)。泣ける泣けないは別にして、エピソード3は傑作。正直、エピソード1&2は、一つにまとめても良い出来だと思っていたのだが、エピソード3は過去の全てのエピソードを上回る出来だと思う。エピソード1が始まった時点で、アナキンはどうしてフォースの暗黒面に陥ってしまったか、どうしてダースベイダーになってしまったかが焦点となっているの周知の通りで、その疑問はDetailも含めて全て解決されている。後から多少付け足した部分はあるのだろうが、基本的にジョージ・ルーカスがストーリー全てを第一作(エピソード4)制作以前にかなり詳細に練り上げていたことが良く分かった。ジョージ・ルーカスが今年幾つになるのか知らないが、どの映画のカットを切り出しても、その衰えないイマジネーションには、ほとほと感服してしまった。第一作が封切られた時、映画の冒頭巨大戦艦の登場シーンでその大きさの表現に度肝を抜かれた。以来、スターウォーズ映画の楽しみの一つに映画の冒頭の衝撃度があったのだが、いつの間にかそういう楽しみを忘れていた。エピソード3では久々にその感覚を思い出した。映画の冒頭から度肝を抜かれる。誰もが分かっていることながら、映画の結末はハッピーエンドでは無い。暗く救いようのない結末なのだが、何処か希望に溢れている。何故なら、僕等は皆、将来は希望に溢れていることを見てきたから。ルークとレイアの明るい将来を既に見てきたから、映画のラストがどんなに暗くても決して希望を失わない。ジョージ・ルーカスは、そこまで予想してエピソード4から作り始めたのでは無いだろうが、エピソード4の"A NEW HOPE"という副題が今更ながら身に染みて理解できた。但し、エピソード4から作り始めた為、CGの長足の進歩が映画作りを変え、エピソード1〜3の方が全ての面で4以降より発展しているという矛盾が生じてしまっている。長い銀河帝国の支配ですっかり荒廃してしまったと理解すべきだろう(笑)。
★★
From: レロックス(NO MAIL) 6月 27日(月)16時45分36秒
新シリーズの謎はそのままで、無理やり詰め込んだ感じですね。心理描写がちょっとね。ダースヴェーダーの誕生シーンや神々しいラストシーンには鳥肌が立ちましたが、その他はいまいち心に響きませんでした。ノベライズを読んで、もう一度観る予定です。
★★★
From: たま(NO MAIL) 6月 27日(月)16時04分00秒
戦闘シーンはアクション好きなので楽しかったです。ストーリーについては???でした。アナキンの行動に無理ありすぎ。。オビワンはなぜアナキンにトドメを刺さなかったんでしょう?生き地獄を味あわせたかったのでしょうか?まーストーリー上死んではダメなので仕方がないですが、嫌な感じでした。
★★★★
From: さるぼぼ(NO MAIL) 6月 27日(月)13時30分39秒
スターウォーズ完結!!EP4へのつながりがとても良く出来ていると思う。とても納得のいく作品でした。オビ=ワンが一番活躍した作品でもありますね。アナキンとの師弟関係・その因縁がEP4へ、全ての話しが一つにまとまり壮大なスケールな映画になったのでは。SWファンとしては、全作品を通しては★★★★★!EP3は、ジェダイマスターたちに対して、★1つ少なめに付けされてもらいました。
★★★
From: NORI(NO MAIL) 6月 27日(月)10時53分22秒
全体的には、夏の超大作というカンジで、お祭りなんだから楽しめればいいやってカンジです。気になるところはたくさんありますが。。。ジェダイはヨーダとオビワンしか強くないじゃん!とか、出産が間近のアナキンが、なんでジェダイの子供たちを惨殺できるのかとか、暗黒面に落ちる動機が、もっと丁寧に描いてくれないと切迫感とか悲しみとか愛する人を失う恐れとかが今ひとつ伝わらないとか。しかもパドメがもっとしっかりしてくれないと、一国の女王だったのに、シンの強さが伝わらなくて。。。生きる気力をなくして死ぬって、それはななの?と思ってしまいました。
★★★★
From: めごち(NO MAIL) 6月 27日(月)10時25分56秒
本来なら星三つのところなんだけど、後半の演出の良さと自身がファンであることから一つオマケ。本国初日に観た時は興奮して冷静に評価できなかったんだけど、ノベライズを読んでから先々行で再鑑賞してみると、やっぱり粗が多すぎて。まず、本当ならつかみで観客をグっと引きつけなきゃいけない議長救出作戦が非常に退屈。旧シリーズではあんなに興奮した宇宙戦が、どうして新シリーズではこんなに退屈なんでしょ。ep1でもep2でも思ってep3には期待してたんだけど、その期待には答えてもらえなかった。かつ、ノベライズでは懇切丁寧に描かれていた各キャラクターの心理状態が画面から伝わらない。従って、突然暗黒面に堕ちてしまったようにも見えるアナキンが理解に苦しむし、ジェダイ評議会の面々もいったい何がしたいのかよくわからない。おろおろするだけのパドメ、単なる傍観者になって物語から置いてかれている反議長側の議員達。そしていまひとつアナキンへの愛が感じられないオビ。どれもこれも、俳優への演出が上手くできていないことから来るもので、誰かと共同監督したら良かったんじゃないかと思う。この辺がきちっと描かれていたら、素晴らしい最終作になっていたと思います。とは言え、中盤から暗黒面を顕わにしてくるイアン・マクダーミドの演技は素晴らしいしたたみかけるようなクライマックス、静かなエンディングには胸の詰まる思いがしたのも事実。旧シリーズにつながるコミカルな演出も復活していて(特にヨーダ戦での皇帝がオチャメ)良かった。なにしろ壮大な物語の一部なので評価が難しいのだけれど、一つの作品としてもっと頑張って欲しかった。ところでヨーダvs皇帝のシーンで、本国で観た記憶のあるシーンが、日本版では少しカットされていたような気がするんだけど気のせいでしょうか?
★★★★★
From: BLACK-CAT(NO MAIL) 6月 27日(月)10時03分39秒
私は今回のEPVを観る前にW・X・Y・T・U・UとVの間のストーリー(DVDアニメ版)と全て観ました。でも今回のEPVを観てもう一度Wを観たいです。それぐらい素晴らしい作品だと思います。<ネタバレあり>今回の話はアナキンが思った以上に可哀想でした。アナキンが望んでいることはただひとつ愛するパドメを失いたくない。ただそれだけなのに・・・いろんな要素が折り重なってダークサイドに堕ちていく部分がよく演じられていたと思います。オビ・ワンとアナキンの対決シーンは迫力満点でしたね。オビ・ワンがアナキンの手と両足を切ったとき息が止まりそうなぐらいビックリしました。オビ・ワンの叫びには感動して涙が出そうなほどでした。スター・ウォーズという作品に出会えたことを心から感謝しています。ジョージ・ルーカス監督、ありがとうございました。
★★★★★
From: ぽち(NO MAIL) 6月 26日(日)18時33分18秒
★5つしか考えられません。っていうか 5つでは足りない・・・。1977年に公開された“スターウォーズ”(エピソード4)から28年たってやっと話が全部つながった 壮大なストーリには感心しました。また見て気ます。
★★★★
From: ヒサ(NO MAIL) 6月 26日(日)18時26分23秒
EPV自体は暗いし盛り上がりもイマイチで手放しでは誉められた出来ではないと思うけれど、相対的に旧三部作の魅力を引き上げた事は大きな功績だと思うし、そう意図されて作られてるのだから、SWサーガ全体としてみるとこの作品の出来は十分評価できる内容だったと思う。
★★★★
From: 小田原権田原(NO MAIL) 6月 26日(日)18時25分10秒
先々行オールナイトで見てきましたが、8時以降の回が\1200って窓口で言われてビックラこいた!この制度っていつからですか?最高ですな。ちなみに新宿で見たんですが、08:40〜からの回にもかかわらず空席があってビックリしました。エピソード1見た後もそうでしたが、SW見た後はドアとか手を使わず開けられる気がするから面白い。離れたところにあっても、テレビのリモコンくらいなら余裕で取れそうな気さえしてくる。★★★★★★★★★★★★↓ネタバレあり↓★★★★★★★★★★★★皆さん指摘してますが・・・・ドゥークー卿とグリーバス将軍があっけなさ過ぎ。特に将軍。もっとぶん回せ!!・アナキンがシスの側に回ったのは理解できる。 が、少年パダワン達をボコスカ惨殺するまでの残虐性が急に備わるのかががイマイチ理解できない。・同じジェダイでも強いの弱いのがいて良いと思うが、あまりにお粗末な人がいる。上の三点も「ちょっと残念」なくらいのレベルで、最高に楽しめました。何年かしてもっと技術が進んだらエピ4〜6をフルCGとかで見直したい。モチロン古いのもアレはアレでいいんだけども。
★★★★★
From: らら(NO MAIL) 6月 26日(日)16時10分56秒
当たり前のことが当たり前に描かれていた。当然のことながら一つとして新鮮な驚きはない。全編を通して20以上のストーリー的な矛盾があるとのことだが、それでも最低限に抑えてあった。落としどころはあそこにしかなかったのだと思う。長い長い予告をようやく終え、20世紀フォックスのテーマの後のオープニング。思いっきり泣きそうだった。思えばep1で初めてリアルタイムで観るSWに感動して6年。全作品を見届けられて本当に良かった。77年生まれの僕にとっては特に感慨深い。ジョージルーカスにおつかれさまと声をかけたい。誰が何と言おうと☆5つ。とにかく、本当に、ありがとう、SW。フォースと共にあらんことを。
★★★
From: 千葉ロッチマリーンズ(NO MAIL) 6月 26日(日)14時24分20秒
エピソード2の時も思ったけどジェダイが弱すぎなんだよね〜、普通の兵士に普通に殺されちゃうのは・・・ 確かジェダイって危険を察知する能力みたいなのにすぐれてる超人的な存在のハズなのにそれと、ダース・モール、ダース・ベーダーのようなカリスマ的な敵キャラがいないからいまいち盛り上がりに欠けるんだよね。最後のアナキンとオビワンの対決のシーンからは面白かったけど
★★★★★
From: M(NO MAIL) 6月 26日(日)12時08分27秒
新三部作の中ではダントツによい時々「ハア?」と首を傾げる部分もあったが最初から最後までまんべんなく楽しめましたSWファンなので甘い点数です…(笑)以下ネタバレオビワンのボケっぷりとアナキンの思い込みの激しさにウケました特にアナキン坊やの発想の飛躍にはついていけん「2人で銀河を支配しよう!!」ってアンタ…いきなりそんな突飛なことを旦那に言われれば、そりゃどこの奥さんだって「もうついていけないわ…」となりますがな〜しかし最後の決闘シーンは手に汗握りました「愛していたんだ!」と泣き叫ぶオビワンに思わずもらい泣きです炎に包まれて悶え苦しむかつての弟子を置き去りにしなければならなかった彼の絶望がひしひしと伝わってきましたウーキーの肩にひょこひょこと飛び乗るヨーダ様が愛らしいそしてグリーバス将軍はギャグキャラ決定です(あの動きは何事だ)
★★★★
From: ねこまた(NO MAIL) 6月 26日(日)10時55分40秒
ちょっと物足りなかった。他の5部作にはあった爽快感が今作にはない。アナキンが暗黒面に堕ちる話なので仕方ないが・・・。導入部分は相変わらず良かった。最後のアナキンvsオビワンは感動的!ジェダイが殺されていく過程も上手かったし、ラストはep4を連想させまくりでうれしくなった。個人的には★5個を付けたかったけど、ちょっと残念。とはいえルーカス監督、お疲れ様でした。
★★★★
From: ルビスコ(NO MAIL) 6月 26日(日)10時22分56秒
「ファントムメナス」はおとぎ話、「クローン戦争」は軍事作戦ときて、本作「シスの復讐」は前作の気分を引き継いで、強力な戦闘映画になってます。アナキンがダークサイドにどう落ちるかが主題なため、ずっと緊迫した演出で、ファントムメナスにあった小ギャグやほのぼのシーンは一切なし。R2D2も戦うし、C3POはあんまり出番なし。受けないギャグがあるよりこっちの演出のほうが落ち着いて観てられてよろしいです。ただし、ヨーダの戦闘シーンは、彼が頑張れば頑張るほど笑えます。あれは確信犯なんですかねえ。非常に多数ある戦闘シーンは、CG技術の進歩と、エピソード4とは比較にならんだろう莫大なお金と手間をかけたせいか、絵の美しさ、アニメーションのスピード感ともに大変高い出来です。冒頭の多数の宇宙船がひしめく軌道上の戦闘シーンは、明らかに全シリーズの中で最高レベルの宇宙船のバトルシーンだと思います。美術的には、船が一列になってたくさん飛んでいる首都のシーンは、もう見飽きましたが、咳き込む骸骨のグリーバス将軍が逃げ込む、穴ぼこだらけの爬虫類の星が面白いです。宇宙船の発着場が恐竜の化石みたいになっているし、オビワンの乗るトカゲが楽しい。それで、問題のアナキンが、ダークサイドに落ちるプロセスです。>>以下ネタバレあり<<ルーカスの演出にはあんまり期待していなかったのですが、なかなかよかったです。相変わらず、アナキンとパドメの男女関係は薄っぺらいのですが、皇帝になる議長の邪悪ぶりが良いです。前作にあった複雑な政治闘争が、議長の邪悪性に集中された演出でわかりやすい。よく考えるとそもそも何のための戦争だっけ?、「分離主義者」って何だっけ?、クローン兵士と、ドロイド兵士ってどっちがどっちのために戦うんだっけ?と全くわかっていない自分に気づくわけですが、そういうごちゃごちゃしたことを考えなくてもよくできているというのは映画として良いでのだと思います。最終的になんで、パドメが死ぬのかもよくわからなかったのですが、「パドメが死ぬ夢を見たので、パドメを助けるためにシスに落ちたのに、その目的がいつの間にか消失して、シスに落ちたことがパドメを殺すことになって夢が本当になった」(でいいのかな)という因果関係が面白いです。結局、アナキン自身の野望や暴力性が、パドメを利用して引き出されたとも読むことができるのでしょうか。それで、こうしたダースベーダーの誕生が結末になる映画をどうやって前向きにまとめるか心配だったのですが、最後の15分は、エピソード4へいかにつながるかが丁寧に語られていき(マスクが必要なわけとか、デススターも出てくるし)、ああそうやってつながっていくのね、と観客が感心して終わるというつなぎにも感心しました。うまいですね。ダースベイダーやスターデストロイヤーは1977年の古臭い質感で現われ(お腹の赤いボタンとか古臭い)、第1作のファンへのサービスもばっちりです。ということで期待以上に満足したので星4つ。結局、議長がこの世界でいちばん重要な人だということがわかったので、もう一度、1,2を見直して彼がこれまで何をしてきたのか勉強します。
★★★★
From: sherry(NO MAIL) 6月 26日(日)08時38分45秒
ストーリーがもう見えているのでもう少し工夫をこらしてほしかったです。ただパドメの葬式のところからは感動して涙が流れてしまいました。アナキンの心の変化をちゃんとかいてほしかったですかね。まぁダースベイダーが大好きなので本当は★3つのトコロをオマケで1つ☆ミ
★★★★★
From: まぁ(NO MAIL) 6月 26日(日)02時44分50秒
ジェダイが次々と殺されて行く場面。アナキンがダークサイドに落ちていく過程。胸が苦しくて仕方ない場面が目白押し。特にオビワンとアナキンの最後のシーンは涙が流れました。ユアンマクレガー迫真でしたね。あの言葉がオビワンの気持ち全てを語っていて胸にぐーっときました。期待以上の出来です。ルーカス監督、感動をありがとうございました。
★★★★★
From: YK(NO MAIL) 6月 26日(日)02時24分24秒
見終わった後、なんか満腹感で満ち足りた気分になりましたね。新三部作の中で一番好きです。個人的には最後にリーアムニーソン出てきて欲しかったな〜。バットマンで先週見たけど。(笑)
★★★★★
From: ニモ(NO MAIL) 6月 26日(日)00時41分39秒
伝説の完結というだけあって、神々しいエンディングで飾ってくれましたね!もう少しアナキンの心理的変化を丁寧に描いてほしかったですが、初っ端から宇宙空間でのアクションシーン、そしてラストはジェダイとシスの壮絶な戦い、ファンとしては大満足でした。旧シリーズにリンクしていくラストは、万感胸に迫るものがありました!ジョージ・ルーカスお疲れ様、そしてありがとう!
★★★★★
From: tikitiki(NO MAIL) 6月 26日(日)00時06分17秒
新3部作の中では一番の出来です!木曜日に見て、おとといTVでep1を見ましたが、ep3を見てからもう一度見ると、「あ、これも伏線になってたんだ!」という感動があり、もう一回全部見たくなりました。ダースベイダーの名前の意味、彼の師である暗黒卿の正体、容姿が変化した理由、シュコーシュコーいってる理由。全部わかって感動しました。また、シスとジェダイの2大対決。シリーズ最長の戦闘時間だったそうです。スターウォーズファンとしては、久しぶりのあの雰囲気に、最初の音楽でうるっときました。
★★
From: SHU(NO MAIL) 6月 25日(土)22時01分13秒
アナキンがダークサイドに落ちるまで退屈でしたし、話の展開がどうなるか分かっているせいか、自分的には盛り上がりませんでした。しかし、最後のレイアとル−クと言う名前を聞いて、なおかつタトゥィーンの二重太陽を見た時には感動し、涙腺が緩みました。
★★★★★
From: 44才男(NO MAIL) 6月 25日(土)21時44分49秒
 タトゥイーンの二つの太陽を見たとき、高校生だった頃の思い出がジワーッと蘇ってきました!こんな感じはどのシリーズものの映画でも感じることが出来なかったような気がします。スターウォーズは偉大な作品だ!
★★★
From: 沈々(NO MAIL) 6月 25日(土)21時32分33秒
「エピソード2」のほうが面白いと思います。2は最初から最後まで飽きずにあっという間に終わりましたが今回は・・・・。いままでの作品と別の作品みたいです。ドラマがしっかりしていて登場人物の感情に重点をおいて展開していきます。しかし私を始め多くの人が(アナキンがダースベイダーになりスカイウォーカーとレイアなるとゆう)おおまかな内容を知っているため、展開が予想でき少し飽きてしまいました。エピソード2は先があまり読めずドキドキしましたが・・。アクションシーンも2とくらべて地味な感じで(パドメが戦わないから?)、2は子供でも楽しめると友人に薦めましたが今回はきっと飽きてしまうと思います。ただ、全体的に暗めの画面、登場人物に直接照明をあまりあてない演出はダークな印象でとてもかっこよかったです。またいかにもバリバリCGという平面的な感じの2より格段に進歩し画面に説得力がありました。またモンスター系があまりでてこないのも好感が持てました。ただし今回もジャージャーは出てきます!ファンの皆様喜んでください!(?)終了後、まわりの観客の会話も「すごい眠かった」「いまいちだね」といったかんじでした。まあ期待しすぎたからだと思いますが、ちょっと物足りないかんじは否めないと思います。(ただ、エピソード1よりは100倍くらい面白いです!)まだこのシリーズを見ていない方は是非全作、無理なようでしたらエピソード2を観てからみたほうがいいかと思います。そうでないとなんだかさっぱり分からないと思いますよ。
★★★★★
From: FAVRE、ネタバレ(NO MAIL) 6月 25日(土)21時24分16秒
見たぞ!!スターウォーズ!!ベイダー誕生!!!スターウォーズファンなので、文句は言いません。ダークサイドに落ちそうです。
評価は5以外は付けれません。SWは大河ドラマなので。ジェダイが滅んでいくシーンは、ぐぐぅーときました。ジェダイにも強い人、そうでない人と実力差があるわけで。また圧倒的に強いアナキン(ベイダー)が経験差や手の内の知っている仲ということでオビワンに負けることがあるわけですね。ラストの建築中のデススターとルークがオビワンの手に渡されるシーン!!エピソード4が見たくなりました。
★★★★★
From: tetsu(NO MAIL) 6月 25日(土)21時12分44秒
とりあえず、、満点。完結したという満足感。。そして続けてエピ4を見たくなりました。。数十年前に見た感じとはまた違った思いで見ることができるでしょう。エピ3の感想としてはスターウォーズの中の大切な1ピースと言う感じです。ルーカスさんご苦労さんでした。。今後はまた「アメリカングラフティ」のような作品を希望します。。。。
★★★★★
From: かえる(NO MAIL) 6月 25日(土)21時12分29秒
1作目を劇場で観た時のセンスオブワンダーが蘇ったよう。終始、映像と物語に酔いしれました。ラストのカットでは長い長い道程を旅してようやく帰ってきたような想いに万感迫るものがありました。最高です。
★★★★★
From: えめきん(NO MAIL) 6月 25日(土)20時01分34秒
満点です。でもこの点数はあくまでスターウォーズが大好きな人間の、客観的な意見の一切無い評価です。特に思い入れの無い、ましてや旧三部作を知らない人が見たら、後味の悪さだけが残るんじゃないでしょうか。この映画で最も素晴しいのはやはりマグマの惑星でのアナキンとオビ=ワンの死闘でしょう。二人の絆が完全に引き裂かれるこの場面の至る所で僕は泣きそうになりました。終盤の展開は、知らない人には苦痛でしかないと本気で思います。これから見に行く人は過去の作品をすべて観ておくことを強くオススメします。
★★★★
From: かる(NO MAIL) 6月 25日(土)19時17分03秒
先々行観て来ました。前半は退屈だったけど後半はドキドキしぱなっしでした。特にアナキンが邪悪になっていくところが、、当然ですがエピ4に続く設定でしたね。
★★★
From: 舜位炸重可(NO MAIL) 6月 25日(土)18時48分11秒
先先行上映で見に行って来ました。わかってはいたけど暗い終わり方には後味が今1つ。アクションシーンが多く楽しめることは楽しめたが、どうもこの後味の悪さに引っ張られる。エピソード4をオーバーラップさせるような工夫があれば良かったのに。色々な謎が判明するとはいうものの、ダースベイダーの父親は誰なのでしょうか?まあこれ言い出すときりがないか。