TAKESHIS'

満 足 度
36.7%
回答者数30


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



From: ともやん(NO MAIL) 12月 9日(金)00時55分32秒
さすがにこれは酷い、、、過去の栄光にすがる只の自分よがり映画。
From: タイラー、みちろう、G(NO MAIL) 12月 3日(土)11時43分57秒
これは×でしょうこの人は映画製作者としての資質はゼロなんだけど、これまでは[ごまかし]でなんとかしのいできた。もう映画制作には関わって欲しくないですね。正直、超キモいし日本代表なんて思われちゃ日本人が大迷惑w
少し前に観て来たけど、本当に酷かった。ハリウッドの難解な映画なりたでも肝心な芯が無くちゃね。
難解(あくまでも風)で意味が無い、それでいて一瞬一瞬が面白いわけでも芸術でもない。そろそろこの人も潮時なんじゃないかな。
From: あさあさ(NO MAIL) 11月 30日(水)18時24分14秒
難解でも深い意味があればいいけどなにもないどうしょもない映画。才能のなさがあらわになった作品。
From: YAMA(NO MAIL) 11月 28日(月)14時11分21秒
難解。てゆーか、そもそも観る人に理解を求めるつもりもなく作ったんだろーな。北野の映画は結構好きだけど、これはちょいキツかった。誰か止める人はいなかったんだろーか・・・。
★★★
From: リオン(NO MAIL) 11月 28日(月)01時50分54秒
<ややネタバレ>たけしの映画は説明を極端に排除しており、それを楽しむには理解力も必要だが、何より感覚が合うかどうか。自分は結構たけしの映画が好きなので、この映画も中盤まではかなり面白く観ることができました。ただ、過去の映画のように明確なテーマがあって、それをたけしのフィルターを通して描いているのではなく、この映画はただたけしのフィルターに映る物をひたすら乱反射させたような印象なので、後半、不条理だけで2時間の映画を観るのは正直少し辛かった。特に後半に進むほど、現実との乖離が激しくなるわけで、コンビニ店員北野が銃を手に入れて、明らかに夢だと分かるシーンになってくると「これは夢か現か」といった感覚も失われて、ただ客席に座ってイメージ映像を眺めるでしかない。しかし、観終わってからパンフレットを買って読んだら、「こういう見方もありか」と思って、少し評価したくなりました。普通に映画を観ていて思うより、もっと早い時点で「夢(というか、空想)」が始まってると考えると、この映画はかなりよく練られてます。タクシーのシーンとか砂浜の銃撃戦とか美輪明宏とか、明らかに夢と分かる表現のシーンに目を取られて、武とたけしが出会う(実は、このあたりからもう…)という本質が分かりづらくなっているのは残念。これから見る人は、先にパンフ買って読むことをオススメします。同じ俳優が何役も演じるのは、手塚治虫のスターシステムみたいで面白かった。ヒゲオヤジは庶民代表、ランプは悪役or大御所、ハムエッグは小悪党…というように、登場しただけで読者に役付けが分かるように、この映画も岸本加代子は小うるさい敵対者、大杉漣は小心者…と、登場しただけで役割が分かるようになっており、そのあたりは上手い。
From: 沈々(NO MAIL) 11月 26日(土)20時08分36秒
私はたけし映画のファンでしたが・・・これは酷すぎるでしょ?「THEリング2」と同じくらい退屈でしょうもない映画でした。何度も席を立とうとしましたが我慢して最後まで見ましたが、途中で立ってもよかったかな?って感じです。よっぽどピストルを撃つ自分がかっこいいと思ってるんでしょうね?そしてまた「ヤクザ」と「タップダンス」と「女形」またかよって感じです。まさにマスターベーション映画。この映画の企画を受け入れ実現させた製作委員会に怒りを感じます。いくら「世界のたけし」でも止めろよーって感じです。少なくともメジャー上映される映画ではないと思いますし、今回観た観客はたけしの次回作にまず足を運ばないと思います。1,800円返せよーって感じです。鑑賞直前に個人的に大好きな「オペラ座の怪人」アンコール上映を500円で見たためか(MOVIX宇都宮です)、本当に金をどぶに捨てたって感じです。根っからのたけしファン以外は観ない方がいいかと思います。
★★★
From: しゃーらっく(NO MAIL) 11月 23日(水)00時28分29秒
まるで北野武の悪夢の中に紛れ込んだ様でした。でも、こんな感じの映画を以前に観た事があるなあ・・・と考えていたら、思い出した。大島渚監督の傑作GS映画「帰ってきたヨッパライ」だ。明らかに影響を受けていませんかね?
From: タケシに失望した男(NO MAIL) 11月 22日(火)09時33分51秒
自分の不条理な頭の中を画像として見せられても戸惑うばかりで、そんなもの見たくもない。ピストル・殺人・裸。こんな夢ばかりの人間じゃもう世の中絶望的だ。タケシ教の人たちが彼をまつりあげ、海外の評論家の言葉に踊らされている、本当に自分がこの映画を楽しめたかどうか、自分で考えれば、これはやはりだめだ。
From: sun(NO MAIL) 11月 21日(月)22時36分35秒
最初から最後まで予想通りの展開で、つまらなかった。ありふれていて、平凡な感性なのに、周囲が天才扱いしてるだけだ。こんな映画を有り難がっていてはいけない。
★★★
From: ぱてん(NO MAIL) 11月 15日(火)04時22分36秒
これは、たけしのオールナイトニッポン実写版なんでごあす!「あの、なんだ、DJとかってアンちゃんが レコード、キュッキュさせてやがるじゃねえか、 アレ、ねーちゃんの乳首をいじくり回すのに 似てると思わねえか?」「頑固親父がいるラーメン屋ってのが あるじゃねーか。 たかだかラーメンでナ二様だよ! そんな親父の店で、スパゲッティナポリタン なんか頼んだら、面白えだろうなあ!」なんていう、たけしのフリートークを映像化してる作品でごあすよ、、、「タケちゃん!それ最高!」とヨイショする高田文夫がいないので、見ていて、かなり、つらいでごあすが、、厳しい状態
From: 箱根の音次郎(NO MAIL) 11月 14日(月)08時25分27秒
今までのたけし映画で一番つまらん。武力忌避の戦後日本そのまんま。自爆にもなってないと思う。「3−4x10月」や「みんなやってるか」の狂気も無いし。流してやってるだけ。バラエティ番組と同じ。だから自爆なのか?は次回作次第だ。
★★
From: イマイチ(NO MAIL) 11月 14日(月)03時10分37秒
宣伝煽りすぎだろ。たけしヲタは絶賛してるが、万人に広く喧伝されるべき映画ではない。いい意味でも悪い意味でも武と武ヲタのためのマスターベーション映画。
★★★★
From: ほっしゃん。(NO MAIL) 11月 13日(日)22時23分19秒
ネタばれあり↓死体のゴロゴロ転がった道を思うようにハンドリングできないタクシーで通っていく・・誰もが一度はこのような悪夢を見た事があるだろう・・感覚的に共感できるシーンが随所にあり、深層心理をダイレクトに刺激させられた。ストーリーは見事に軸をずらして編集してあるのであと2-3回見てみれば分かるかも!?北野武監督は映画制作の最大の楽しみを知ってしまったようだ・・美輪明宏の存在は大きい(ビジュアル的にも)京野ことみの2役のギャップが大きくて濡れ場で妙にそそられた。男の妄想だ。アイズワイドシャットのようだ・・
★★★
From: まりりん(NO MAIL) 11月 13日(日)18時19分37秒
まあまあだな。だんだん話しが進んでいくうちに、内容がわからなくなってきた。夢と現実がわからない。大杉連、岸本加代子ら常連人はうまい。しかし、三平、松村邦宏らはいらない。美輪明宏の歌はうまい。
★★★★★
From: ビトタケシ(NO MAIL) 11月 13日(日)17時57分07秒
最近作の中では一番好き。前作「座頭市」は頼まれ仕事を「職業監督」として「乙に澄まして」撮った感じであんまり好きではない。いつもの北野映画に特有の「破綻」したようなところがないから。しかし本作はモロ「たけしファン」向け。「坐頭市」でにわかファンになった人にはわからないというところがあり、そこがファン心理をくすぐって、ちょっとした優越感に浸れる。わたしは500パーセント「たけしファン」なので何の混乱もなくストレートに楽しめた。やっぱりたけしさんは「職業監督」ではなく「映像作家」。
From: 南野シケタ(NO MAIL) 11月 13日(日)03時56分33秒
万人向けの映画ではないが北野武好きなら割と楽しめる映画ですね。まあ暇な人は見てもいいんじゃないでしょうか。
★★★★★
From: む゛ん(NO MAIL) 11月 11日(金)04時34分33秒
※ネタばれ色と音で映像を繋げていく。すごく好きです。いもむしとシャツの色、蝉とチェーンソー夢って起きたら意味わからんけどそんなイメージで繋がっていく。ただ、銃を撃つとき口をゆがめるのはどうかと思う。無表情でいい。寒かった。
★★★★
From: HIRO(NO MAIL) 11月 11日(金)00時12分16秒
普通の感想を言えば、映画としては面白くない。一般的にも、このテーマを好む人は少ないと思う。ただ、なんでこんな演出をするのか、理解できる部分が随所にあってファンとしては嬉しい。TAKESHIが好きじゃない人は絶対に見れない。精神的などん底を経験してきた人なら思い出すあの感覚が映画で体感できる、悪夢アトラクション。恐怖映画よりよほど怖い。ナポリタン当分食えない。
From: 札幌(NO MAIL) 11月 9日(水)17時31分08秒
あまりに抽象的で難解だった。ほとんど余分なシーンカットしちゃっているからだけど、もう少しわかりやすくして欲しかったなぁ。これじゃあ理解することで精一杯でした。
From: ムギ(NO MAIL) 11月 9日(水)10時27分47秒
率直に言って劇場公開するだけの商品になってないと思いますたけしの名があるから見られるだけで無名の監督なら何じゃこりゃーじゃないでしょうか
★★★★
From: フラッグ(NO MAIL) 11月 8日(火)17時55分03秒
結構おもしろいし、いいシーンもたくさんあるんだけど…こんな映画も撮れますよ、とゆう感じで、さめているとゆうか、とにかく、いつもより温度が低いね。彼にはものすごく期待しているからこの程度で満足できません。本当にこれが撮りたいちゆうやつを、見せてくれ〜。
★★★
From: speakeasy(NO MAIL) 11月 8日(火)09時20分09秒
たけし版「こんな夢を見た」って感じかな。たけし版「8 /12」と言う人もいるみたいだけど。「見て損した。金返せ!」とは思わないけどまた見たいとも思わない。これまで自分が描いてきた絵をこのような形で収束?させた後の次回作がどうなるのかがむしろ気になる。以下、ネタばれ海岸の撃ち合いのシーンで、ブッシュの討論会じゃあるまいし、いかにも背中に仕込んでますみたいな凸凹はいただけなかったな。あれは興覚めでした。岸本加世子は、自分の古女房のことなのかな。悪夢としての彼女の存在は良かった。あと演技もうまいね。
★★★★
From: ume(NO MAIL) 11月 6日(日)20時00分52秒
やりたい放題な映画だけど北野映画ファンならそこそこ楽しめるのではないでしょうか。難解な映画ですとか、体感する映画ですとか聞いていたのですが、すんなりと観ることができました。シメの映画としてはらしくていいんじゃないですか。これからの作品が楽しみです。
★★★★
From: ひろた(NO MAIL) 11月 6日(日)19時19分36秒
僕の解釈に過ぎないけれど、男はいつもこういうもんだというのを感じられるシーンがあって、泣けてきた。後半は映画好きなら撮ってみたいと思うシーンが多くて、監督は作っていて楽しかっただろうと思った。しかし、その部分が余計過ぎる。混沌としながらも、ある程度の点に収束していってもらいたかった。最後にきて、またそこへ行くの?と思った人は多いのでは?
From: タクシーズ(NO MAIL) 11月 6日(日)10時16分40秒
う〜ん。意味不明、他人には理解できない。自己満足映画。
★★
From: kou(NO MAIL) 11月 6日(日)02時00分00秒
映像でコラージュを作ろうとしているのだろうけど・・・、コラージュって1歩下がって観て形が見えてこないと失敗作になるのでは?
From: フラワー(NO MAIL) 11月 5日(土)21時42分30秒
たけしさんのセルフ・ポートレートを見ているようだった。途中で飽きた。頑張った京野ことみには悪いが、あそこは完全にミスキャストだ。本命の女性タレントから出演OKが出ないのはしょうがないと思うけど。
★★
From: IK(NO MAIL) 11月 5日(土)16時35分41秒
映画にテーマを求めるならこの映画は良くないと思う。見ている人を混乱させるだけで、じゃあその混乱を解き明かした後に何が残るのか?というと特に何もない。(ネタバレ)有名黒髪ビートと無名金髪北野、でどこまでがビートの想像なのか?が小さい子なら意見が分かれるかもしれない(映画のポスターが金髪なので迷うかも)が、案外単純。もっと現実の武さんが思ってることがこの映画に反映されるのかと思った分、中身は薄いと感じた。
★★★★★
From: mt(NO MAIL) 11月 5日(土)16時00分37秒
言葉にしたくないほど凄かった…たけしさんの詩集『僕は馬鹿になった』を思い出しました。こんな映画は初めてです。
★★★★★
From: ju-kai(NO MAIL) 11月 4日(金)12時34分33秒
かなりよかった。おかしな評判は、むしろこの作品を褒め称えるオベーションとなるだろう。人格と、技術が渾然一体となった奇跡の作品を目に焼き付けろ。