THE JUON
呪怨


満 足 度
61.9%
回答者数21


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★
From: ななこSOS(NO MAIL) 3月 30日(水)12時06分37秒
日本版よりわかりやすくてよかったけど。一番ドキっとしたのが、ガラス戸開けたらバアチャンの手が飛び出してきたところだったとは。
★★★★
From: Yot(NO MAIL) 3月 16日(水)01時18分41秒
間の取り方がとても上手なホラー映画でした。カナダで見たのですが、相当好評でした。こうやってどんどん日本のホラー映画監督が海外進出してほしい。
From: 健康第一(NO MAIL) 3月 14日(月)23時51分40秒
 どのシーンも過去の映画から持ってきたエピソードばかりで、まるで展開まるわかりの時代劇を見ているような気がしました。パンフを読むとシナリオは監督が書いたわけではなく米国人が書いているのでしょうがないけど・・・。 あと、いくら畳部屋だからといって外国人が布団に寝るのは不自然だと思いました。
★★★
From: ig(NO MAIL) 3月 14日(月)22時30分19秒
清水監督はこれでまた新たにJUONを撮らざるえなくなってしまった・・・なんかコワ!
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 3月 10日(木)10時31分43秒
面白い。日本を舞台にしてるだけにいい。日本版より怖い。どうしてこうなったかかちゃんとした説明されてたから、よかった。続きがありそうだな?
★★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 2月 26日(土)11時41分39秒
オリジナルビデオ版・日本劇場版を観てるせいか、なんかもう「呪怨慣れ」してしまってて、いわゆる怖さと言う点では自分としては今ひとつだった(音とかにはビクッとさせられたけど)。ストーリー自体、基本的には過去シリーズの総集編的な内容になっているし、やはりこの手のホラーは先が読めてしまうと怖さ半減てことなんでしょう。また前作(特にOV版)は、「とにかく画面上で何がおこっているのか理解できない」という不条理さが、自分にとっては作品の怖さにつながっていただけに、今回のように、呪いの発端など様々な謎がきれいに説明されると、ストーリが分かりやすくなった分、不条理さが薄くなってしまった感があります。(OV版は小説読んではじめて、各々の場面のつながりや事件の全容が把握できた)ただこれは、過去シリーズ(+小説)を観た自分としての意見であって、いわゆる呪怨を観たことがない人には、こちらの方が分かりやすくていいとは思います。この評価(★4つ)も、あくまでも過去作品を考慮に入れなかった上でのものです。もともと今作は自分のような人間相手に作られてるわけじゃないから、 先の意見は制作側からすると言いがかりみたいなものでしょうし。★が1つ足りないのはラストに不満があるから。あまりにもホラーにありがちな、定番中の定番のようなラストには少なからずガッカリさせられた。あんな終わり方にするくらいなら、素直に日本劇場版のラストをそのまま持ってきた方が、より不気味だったように思える。まあハリウッドからすると、ヒロインをあんなふうにしてしまうなんてトンでもない!、ってとこかな。
★★★★
From: mikiko(NO MAIL) 2月 20日(日)23時00分22秒
今まで怖い怖いと噂を聞いていて見たいとは思っていたのですが、やっぱりビデオ等は怖くて見ることができませんでした。が、今回アメリカ版は内容もわかりやすいとのことで、覚悟をして1人で見に行きました。時間軸のズレやじわじわ迫ってくる感じがちょうどよい怖さでよかったです。ちょうどよい、というのは家に帰って振り返ると誰かいるような怖さまでは私は感じなかったので…。それで星4つです。(リングではその怖さが数日間つきまとって怖すぎた。)それと印象に残ったのが石橋凌さんの英語が上手だったこと!↓のインタビューにも載ってますが、オーディションを受けてこの役を得たとか。http://juicystyle.ocn.ne.jp/entertainment/report5/index.html<以下ネタバレ>初めてこのシリーズを見た感想として、何より一番怖かったのは子供がいる伽椰子が外国人にストーカーして手紙とか出していたってことでしょうか(^^;)「リング0」みたいに、夫とはどんな関係だったのか、とか伽椰子に焦点を当てたストーリーが別立てであってもいいかもと思いました。
★★★★
From: 怪奇(NO MAIL) 2月 20日(日)22時10分55秒
相変わらず理不尽な怨念ですが、なかなか良かったんじゃないでしょうか。皆さんが言う様に過去の映画版よりもストーリの構成が良くて分かりやすい上に恐怖演出も冴えてます。日本の人々は過去の映画版で見た事のあるシチュエーションが多いので恐怖も少ないですが、これを初めて見たであろう全米の観客にはかなり新しい恐怖体験だったんじゃないでしょうか。清水監督はよくやってくれました!動員では「着信アリ2」に負けてるみたいですが、確実にこちらの方がクオリティも恐怖面も上です。日本人が作れば誰でも質の高いJ-ホラーを作れると言うわけではないですね。清水さんはいつからこんな貫禄が付いていたんだろう…。
★★★★★
From: EXPO(NO MAIL) 2月 19日(土)15時07分32秒
あんまり期待してなかったせいか掘り出し物でした。前2作の劇場版より恐怖レベル高いです。(前2作は、奥菜恵や酒井法子のイメージが余りに強過ぎたので恐怖が半減してしまってたしトシオ君可愛いし、伽椰子出まくりで飽きちゃったので、自分の中ではギャグ映画に近かった)清水崇の作品は、デビュー作「学校の怪談G」から最新作ギャグホラー「怪奇大家族」まで全て見ましたが、間違いなく現時点での最高傑作です。アメリカで120億円稼いだのもこの内容なら納得できます。最後の盛り上がりが少ない気もしますが、上映時間が短いのでどこから次の恐怖が出て来るか判らない不安感、緊張感が最後まで持続できてます。リメイクなのでやってる事は前2作と同じですが、外人スタッフ担当の脚本、編集、音響がすばらしい。脚本は今までの断片だけで構成されていた話を、誰でも判る話にうまくまとめているし、編集も無駄が無く寸止めタイミングバッチリ、特に音響は、恐怖演出を何倍にも増幅していて効果絶大!これぞ職人芸です。ハリウッドスタッフと日本スタッフの合作では「ラストサムライ」に次ぐ貴重な成功例ではないでしょうか。次回作は、日本資本のホラーらしいので、前2作レベルに戻らない事を切に祈るばかりです。できれば、平山夢明著「東京伝説ーうごめく街の怖い話」を監督してほしいな〜。
★★★
From: サクサク(NO MAIL) 2月 16日(水)02時32分45秒
日本版『呪怨』を観たことなかったのでDVDで予習をしてから観ましたw日本版を観なかったほうが絶対に楽しめてましたね。予習までしたのにちょっと残念^^;しかし、ホラー映画のなかでは良く出来ている作品だと思います。確実に日本版より面白かったです。随所に怖いシーンがあり、最後だけオバケが出てきて終わりとう感じではないので最初から最後まで怖くて楽しめました。怖いといってもビックリする怖さだったのでそれほど怖くはなかったです。これからのホラー映画にはゾクゾクするような怖さを期待したいですね。
★★★★
From: みぃ(NO MAIL) 2月 15日(火)00時31分27秒
まぁまぁ?オリジナルとどうしても比べられてしまうことを考えれば大健闘だと思うので4つ。リ●グよりは成功じゃないかな…。まぁ、監督自らリメイクしただけあって。あと女優さんの好みは結局は人それぞれなんで、他の映画と比べるのはどうよと思うんだけど。私もどっちかっていうとちょいヒロインが物足りなかったです。バフィーの頃はもっと可愛い印象があったんだけど、ヘアメイクのせいかねぇ…。
★★★★
From: HY(NO MAIL) 2月 14日(月)00時21分07秒
下の感想で、主演のサラ・ミシェル・ゲラーに華がないとか、綺麗でないって感じる人がいてビックリ!本国でも大人気だし、日本人にも分かり易い華やかで超キュートな顔だと思うけど・・・自分的にはオペラ座の怪人の女優さんの方が地味って感じで全然魅力を感じませんね。肝心の映画は、内容自体は過去のビデオ版と映画版の完全に焼き直しですけど、日本版より分かり易い構成なので、前の2本の映画より全然良かったです。
★★★★
From: かめいえりー(NO MAIL) 2月 13日(日)19時21分41秒
映画でお正月で見た。普段なら見ないジャンルの映画なんだけど結構面白かった。時間が短めなのが良い。
★★★★★
From: としお(NO MAIL) 2月 13日(日)18時22分59秒
今まで見たホラーの中で一番怖かった…。日本版を何回も見ていたので、アメリカでの前評判を聞いていても、かなりなめてました。はじめは洋画っぽい明るい感じに違和感を感じ、やっぱりなんか違うよね・・・と思ってましたが、でも、わかっていても怖い!カヤ子の怖さがパワーアップしてました。先週見た「着信アリ2」のしょぼさを再確認。あれはアメリカ人泣くわ〜と納得しました。でも周りの人たちは割りと冷静に見ていたので、驚きました。ここの掲示板を見ても、アレを怖くない人もいるんだな、とビックリです。
★★
From: 黒丸(NO MAIL) 2月 13日(日)16時08分02秒
日本版は全然見たことないのですが・・・何処が怖いのか、この映画???何故アメリカであれだけ受けたのか???と私的には謎が謎を呼ぶ感じでした。現代日本の私達から見たらわりとありそうな情景、風景が物珍しいのかなぁ?「ロスト・イン・トランスレーション」のホラーバージョンとか?あ、もしかして普通ああいう場合って、ドギャン!!って白目を向くとこが全面黒目になるとこが珍しいとか???なんつうか「来るぞ」ポイントがわかりやすい素直なお化け屋敷系ホラー映画でした。
★★★★
From: ミサイルマン(NO MAIL) 2月 13日(日)15時08分53秒
日本版をそのまんま外人が演じたって感じでしたねまー それでも正直怖かったです日本版より良かった部分は今まで語られなかった一家惨殺事件の全貌が明らかになった所ではないでしょうか?それにしてもとしお君大きくなったなー、、、
★★
From: ピノキオ(NO MAIL) 2月 13日(日)12時41分46秒
これまでの呪怨を見た人も楽しめると聞き、かってに新しいものを期待したのが悪かったのか、ちょっとたいくつしてしまいました。これまでの総集編ってかんじでした。ただ見たシーンばかりでもやっぱり怖い!日本人以外での感想が聞きたいところです。しかし、これをリメイクといっていいんでしょうか?
★★★★
From: 沈々(NO MAIL) 2月 13日(日)09時46分55秒
私は大のホラーファンなのでとても楽しみにしていました。面白かったです。ビデオ版、パート2のエピソードやショックシーンが入っており、日本版パート1よりずっと楽しめました。何故夫が家族を惨殺したのかなど動機もはっきりわかりましたし、良く意味のわからなかった日本版よりもストリーや流れがわかりやすくなっておりしっくり来ました。音で驚かせられるシーンも多くクライマックスも派手になりパワーアップした感じです。ただ日本版を観ているせいかキャラに怖さを感じませんでした。(最初にビデオ版で観たときは本当に本当にこわかったですが)キャラに慣れてしまった以上派手な展開がないと楽しめないと思いますので、米側プロデューサーが「もっと派手に!派手に!」といやがる清水監督に言ったそうですが、あながち間違いではないと思います。大きなマーケットである日本や東南アジアでは既に観ているひとはかなりいるでしょうから。またラストは日本版はかなり陰惨なすくいようがないショットで終わり後味がかなり悪かったのですが、今回はアメリカンホラーのラストっぽかったですし、すくなくとも日本版よりは「恐かったね」と話せる雰囲気になれますし、いい意味で日本版の陰惨さとハリウッドの明るい派手さが融合し、バランスがとれたと思います。ただ残念なのは女主人公がまったく綺麗でなく魅力的でなかったことです。やはりホラーのヒロインは華があり綺麗でないと・・・。(そう思うのは私だけでしょうか?)同じ日に観た「オペラ座の怪人」のヒロインが本当に綺麗だっただけにそう感じたのかも知れませんが・・・。とにかく日本版を観た方でもかっこう楽しめます。全く知識のない方はもっと楽しめますのでぜひ体験してください。
From: PON酢(NO MAIL) 2月 13日(日)06時35分50秒
オリジナルの呪怨を観てなくていきなりハリウッド版を観た。日本人監督がハリウッドでデビューしたのがうれしかったですね〜でも映画は・・・いったい何所で怖がればいいんだ(ーー;)大きな音と光で脅かそうと言う意図は伝わるもののそれが逆効果な気がする・・・もっと分かりにくいところで幽霊が見えた方が怖いのになぁ・・・
★★★★
From: ぷう(NO MAIL) 2月 12日(土)22時41分14秒
今まで見たなかで一番怖かったです。(特にホラーをたくさん見ているわけではないですが・・・)来る来るってわかっててもやっぱり怖くて何度も目をつぶってしまいました。ただ、しばしばお化けがくっきり見えすぎて?人間っぽさを感じてしまいそれでちょっと怖さが半減してたかも。っていうか私にとってそれが救いだったw
★★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 2月 12日(土)21時47分04秒
 往年のホラー映画を手がけたサム・ライミとここ数年の邦画ホラー映画において「最恐」の映画を作り出した清水崇による、最恐タッグの映画! お話的には、劇場版の「1」+α。αの部分はビデオ作品のエピソードも含まれています。ハリウッドリメイクと言っても、監督がオリジナルの清水崇。ロケもアール日本。メインは外国人俳優ですが日本人キャストも多数登場。(いい意味で)「日本映画」です。多分、外国人よりは日本人の方が食い付き良いと思う。 ハリ版「リング」での失敗を教訓に伽椰子は過去4作品全てで伽椰子役を演じた女優さんを起用。もちろん、俊雄役も劇場版「1」&「2」演じた男の子。ほぼ、「1」と同じ流れ(主人公は外国人なので多少アレンジされてますが) この映画(呪怨シリーズ)のセールスポイントとなるのが「殺し方」ではないところ。伽椰子の底知れぬ怨念の渦にただただ飲み込まれてゆく恐怖。貞子なんて比じゃない!このお話に終わりを求めちゃいけないと。誰も伽椰子を救うことは出来ないし、勝つことも無理! ★が4つなのは、オリジナル(過去4作)に比べるとトーンが少し明るく感じる点。もっと陰湿な感じでも良かったかと。実質的な「呪怨3」(お話的繋がっているワケじゃないケド)と考えてもよいかとw