ブラック・ダリア

満 足 度
43.1%
回答者数18


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: 鈴木(NO MAIL) 12月 8日(金)02時50分47秒
遺作なのかなー、なんて思いながら観ました。まーいいんじゃないですか?デ・パルマってこんなもんでしょ。あんまり怒りは感じませんでした。ジョシュがヒラリー・スワンクを初めて見たときのナレーション「彼女がこの中で一番きれいだった」という言葉には笑った。そんなことはねーだろ。
From: ASH(NO MAIL) 11月 20日(月)11時51分33秒
地下鉄で見たポスターに惹かれて見に行ったら大間違い。殺人事件の死体に魂が飲み込まれて行く映画化と思ってたら、そこらへんはチラとしか出てこなかった。死体と似ている女に夢中になってても異常性が感じられなかったし。過去の事件とブラックダリアの事件の絡みも説明不足だし、わかりづらかった。原作は読んでないんですが、原作をうまくまとめられなかったんでしょうかねぇ。アルルカンさんの「映画・・技術的には優れてて、演出的にはB級?みたいな」に同感です。それにしても、あんなにボクシング・シーン描く必要あったのでしょうか?ポスターのスカーレット・ヨハンソンに魅せられて見に行き、収穫はスカーレット・ヨハンソンの美しさだけでした。オフィシャル・サイトの「ブライアン・デ・パルマの最高傑作」という文句は嘘っぱち!
★★★
From: リチャードまる(NO MAIL) 11月 18日(土)15時07分17秒
リオンさんの指摘に同感です。作品の世界観というか雰囲気作りのために、ボクシングの話やメキシコ人暴動の話にせっかく時間を割いて丁寧に描いているのに、肝心のミステリアスストーリーに全く絡んでこないの痛い。この映画を見る観客は、LAコンフィデンシャルの傑作イメージを持って映画館に来ているわけで、当然伏線を逃さないよう神経と尖らせているはず。であるだけに、無駄なシーンに気を使わせるのはやめて欲しい。ネタバレあり結局の真相は、ただ頭のおかしな一家が、娘に似た女(ベティ)を狂って殺しただけの話。何てこと無いただの狂気殺人事件で、殺人犯が知能犯だとか、犯人が特殊な観念・思想の持ち主だとか、そんなことは全然無く、真相に期待していた観客は、かなりガッカリしただろう。しかも似ている!似ている!というセリフが出る度に、空しくなるし悲しくなった。このセリフ・・・言ってる本人も「似てないのになぁ」と思いながら、仕事だから言ってるのが感じられて痛々しい。それくらい似てない!!!正直、似ていた!ってのが殺される原因になった大事なポイントなのに、全然似てないのが最悪のポイントとなっている。映像のグロさも、カメラワークについても話したいが、ちょっとそんな気になれない。ブランチャードが事件に執着する理由も全然納得できない。でも、それより似てないことに対するストレスが大き過ぎる!それと、似ている二人がどこかで入れ替わった。と考えるのが普通だが、どうもそうではないらしい。とても勿体無い映画ですな〜。
★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 11月 3日(金)23時46分04秒
映像に見応えあり、途中まで面白くなりそうな雰囲気も感じましたが、期待ほどではありませんでした。でも出来は悪くはないし、観て損はないとは思います。ただ、やはり期待ほどではなかったなぁというところです。
From: アナル男爵(NO MAIL) 10月 28日(土)21時41分56秒
最後の15分で偶然?で謎解きが進むあたりもうなんつーか・・つまらんかった
★★★★★
From: バッキー(NO MAIL) 10月 27日(金)20時50分38秒
ウィリアム フィンレイが出たときは本当にうれしくて、それだけでも楽しめる映画だった。ブライアン デ パルマ流のテクニックは今回はちょっと少なかったが、作品の出来は良かったので、余り気にしていない。ジョシュハートネットやスカーレットヨハンソンなど好きな俳優が出ていたのも嬉しかった。ただヒラリースワンクは全然似てなかったのがちょっと残念だった。
★★
From: ブラック(NO MAIL) 10月 27日(金)10時23分10秒
私の頭が悪いのか……。さっぱりんこのわけわかめ…でしたYO!結局さ、相方の刑事は何であんなにブラックダリアに執着しとったわけ?とかあの相方の奥さんは何なの?どういう事なの?とか何か過去の事とかブラックダリアの事とかいろいろ絡んでたけど、どういうこっちゃらほい?って言う感じ?ずーっと頭の上にハテナマークがチカチカしてました。みんな内要ちゃんと分かったんだね。頭いいですね。
★★★
From: アルルカン(NO MAIL) 10月 26日(木)16時01分23秒
う〜〜〜〜ん・・・最悪じゃないけど、もう観たくはないな。複雑でもないけどわかりにくい。見せ方が下手なのか犯人わかってもすっきりしない。複線もわかりにくい。雰囲気も役者も決して悪くなかったけど、惹かれるものがない。この映画には、おもしろくなりそうな要素がいっぱいあるのに、それを引き出せてないから勿体無い。観ても3時間くらいで印象が薄れてしまった。たぶんインパクトがないから・・・てかところどころ意味を持たせるような見せ方してるから全然肝心なところが目立たない。なんとも甲乙つけがたい?映画・・技術的には優れてて、演出的にはB級?みたいな。
From: シュウ(NO MAIL) 10月 24日(火)17時46分40秒
デ・パルマはもう監督としての耐用年数が過ぎたんじゃないですかエル・ロイともミスマッチだったと思う
★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 10月 22日(日)22時23分15秒
 はっきり言って、あんまり期待していなかった分、なかなか楽しめました。 ”実話”が基にした作品だと思っていたので、犯人も判らないまま、曖昧に終わるのかな〜と想像していたのですが、ちゃんと犯人も判る終わり方でしたし。 個人的には、映像と音楽が良かったです。特に女性陣がホントに美しい。特に、マデリン役のヒラリー・スワンクさんには惚れましたね(^-^;(彼女が「ミリオンダラー・ベイビー」の主人公役の人とは・・パンフレットを読むまで判りませんでした)
★★★
From: todo(NO MAIL) 10月 22日(日)20時19分12秒
ボクシングのシーンにけっこう時間を割いているんだけど、事件とのからみがいまいち判らなかった。物語は淡々と進んでいってあまりドキドキするシーンが無くて残念です。犯人も、この人が犯人だとつまらないと思っていた人が....
★★★★
From: バルビエ(NO MAIL) 10月 20日(金)22時21分32秒
登場人物が複雑だと聞いていたので、登場人物の相関図を頭に入れて覚悟して行きました。最初からかなり集中して見ていないと、人物、台詞、シーンの張り巡らされた伏線を見逃してしまいます。それでも全部を理解するのは無理です。見終わった後できいてくるボディブローのような、パズルをはめ込む感覚がたまらない映画の部類に入るのでしょう。カメラワークの印象的なシーンと、母親の演技!最高でした。ネタバレあり似ているという設定のエリザベスとマデリーンは、入れ替わっていたのですよね。どこかで。これはとても重要なポイントだと思うのだけど、二人の女優があまりに似ていないので、却下されそうですが、本当はどうなのでしょうか。あの狂気の家族は、気づいていて気づかない演技をしていたのでしょうか。ますます、わかりません。だれか謎解きをしてください。
★★★
From: まりりん(NO MAIL) 10月 20日(金)11時33分48秒
よかったことは、よかった。しゃれたケイジドラマとしてみればたのしめる。主人公二人がかっこいい。これが約60年前の事件だとするとぞっとした。あの死体すごいこわい。
★★
From: ジミー(NO MAIL) 10月 19日(木)12時59分20秒
皆さんのおっしゃるとおり、見終わった後でも何だか釈然としない映画でした。物語が入り組んでいて、エンディングに近づくにつれて、怒涛のように謎解きが進んでいく...これが、テレビドラマで10話くらい放送されるんであれば、けっこう面白いかもしれません。しかし、2時間の枠では、話が詰め込まれすぎていて、わけがわかりません。恥ずかしい話ですが、結局真犯人誰なのか、映画を見た後でも自信を持って言えない私は、頭が悪いのでしょうか(笑)
★★★
From: ゆき(NO MAIL) 10月 16日(月)15時26分32秒
私も下の書き込みのリオンさんと同じで名前が混同してました。アッっと驚くようなドンデン返しもなく可も不可もないという感じです。ヒラリースワングが大富豪の奔放娘にはどうしても見れずスカーレット・ヨハンソンと逆の方がよかったんじゃなーい?と思ったのですが・・・まぁ、でも今年の作品はどれも質が落ちていうので甘め☆3
★★★
From: リオン(NO MAIL) 10月 15日(日)21時22分35秒
<ネタバレあり>雰囲気は出てるが、ミステリとしては今一つ。「LAコンフィデンシャル」も、謎が謎を呼ぶストーリーのように見えて実は雰囲気重視・推理二の次な部分はあったが、犯人の意外性(個人的には犯人分かっちゃいましたが)と、作品の主舞台である警察組織そのものに犯人が関わることで全体的な雰囲気を壊すことはありませんでした。本作はラストで犯人を「異常な富豪一家」のみに求めてしまったことで、折角それまで築きあげてきた作品世界の雰囲気をいっぺんに壊してしまいました。同じ「異常者が犯罪を犯す」という設定でも、切り裂きジャックをモチーフにした作品群や「羊たちの沈黙」なんかでは「作品世界が犯罪者を生んだ」という雰囲気が感じられますが、本作は富豪の一家が「暗黒のLA」っぽくないので(むしろヨーロッパぽい雰囲気)、作品世界から乖離している。もっと言えば、例えば主人公が元ボクサーだったりメキシコ人暴動があったりボクシングのチャリティ試合があったりと言った前半のくだりが、作品の雰囲気作りのみに終わっており、後半のミステリに全く絡んでこない。前半の雰囲気作りがよく出来ているだけに、勿体無い。その他、細かい欠点は下記の通り。・主人公二人の名前が酷似しすぎていて(ブライカードとブランチャード)、慣れるまでどちらがどちらか分からない。原作そのままの名前なんだろうが、分からなくなったときに以前のページをめくれる小説と違い、映画は時間を止めて確認することが出来ないのだから、もっと分かりやすく名前を変えて欲しかった。・主人公二人の行動で、肝心なところで理解できない箇所がある。Mr.ファイアは、何故職務を逸脱してまでブラックダリア事件にのめりこむのかが分からない。一応、惨殺された妹を投影しているらしいという説明はつくが、熱血漢の刑事が自分の本来の職務と、同棲している恋人の仇敵が出所してくるのを放っておいても別の事件を追うというのには、理由付けとして弱すぎる。Mr.アイスは、親友の恋人であるケイには手を出さないほど律儀なのに、何故事件の重要人物であるマデリーンとあんなに簡単に寝てしまうのか、ちょっと理解できない。
From: QQQQ(NO MAIL) 10月 15日(日)20時03分58秒
初めの片が”映画評”見たいな好意的なスタンスで無かったので書きやすいです。物語としては良く出来ていますが。スーパーインポーズで見ているだけでは、終わってみても納得は出来ないでしょう。それを”みみ”サンは上手く表現しています。終わりは確かに、壊れたモザイクがドンドンハマッテ、元の画を形作りますが、それをフェアだと思えるような情報を私たちは貰っていたんだろうか?謎が判らないんではなくて、英語がワカンナンダと言う感じです。映画評はいいのですが、本当に映画見ているのかな?因みに、私は人間関係を確認するためにパンフレットを読みましたが、モット判らなくなりました。ネタバレあり@あの銃撃戦のネタバレは納得です。A真犯人は、本格的な推理小説展開では、最低です。アレは、判らなくて当たり前です。
★★
From: みみ(NO MAIL) 10月 15日(日)15時48分41秒
エルロイの雰囲気は出ていたけど、ちょっとツメが甘い。ラスト近くの雪崩のような展開が唐突すぎる...。おもしろくないわけではないけど。