ブロークバック・
マウンテン


満 足 度
78.5%
回答者数65


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: ぽーら(NO MAIL) 6月 6日(火)11時23分42秒
確かに好み分かれますねー。ワタシは良かった。胸を掻き毟られるような衝動に駆られました。上手くいかない現実。それは本当にリアルできっと形は違っても同じような経験をしたことがある人は沢山いるでしょう。そういう人にとって、この映画は凄く響くと思います。早くも私の中では今年NO.1の予感です。
★★
From: 取渕雅治(NO MAIL) 6月 4日(日)00時44分36秒
人によってかなり好みが変わると思います 自分はこういうストーリーはあまり好きじゃなかったので 全くついていけず困りました 
★★★★★
From: ラモーン(NO MAIL) 6月 2日(金)01時20分14秒
地元の映画館で遅れて公開。どの登場人物も人間臭くて良かった。綺麗事を綺麗に包装した作品が多い中、これは本物。これを作品賞に選ばなかったアカデミー会員は大きな過ちをおかしたと思う。座席からしばらく立ちあがれなかったのは、いつぶりだろうな・・・
★★★★★
From: 15時、ゆみ(NO MAIL) 5月 30日(火)14時03分17秒
「同性愛」という言葉が先行して評判になりましたが、見て思ったのは「本当に分かり合えた親友」というか「ソウルメート」というか、恋愛という観点とはちょっと違うような気がしました。(もちろん、愛は存在し、一線を越えてしまったということは、大きなことですが)男同士でつるんで遊びに行ったりすることもあることだし、家族よりもその友達と過ごす時間が楽しいと感じることもたまにあるでしょう。「友情」がベースにあってその上に互いにもっていた孤独、寂しさを本当に分かち合えた、理解しあえた関係だったのではないでしょうか。彼ら以外に「友」と呼べる人がいなかったのも一因なのかなぁ。周囲の目を気にして、自分はダメなヤツだと自分を責めて生きてきた、イニスが泣き崩れる姿が物悲しかったです。美しい自然の風景・カントリー音楽の中に映し出される二人の人間物語。考えれば考えるほど、テーマが深くなる。そんな映画でした。
初めまして。昨日、やっと見ることが出来ました。最初は、話題作だしと思って軽い気持ちで見ていたのですが、すっかり引き込まれて最後は号泣しっ放しでした。もう、切ないシ−ンがいっぱいあって、釣りに行くというイニスを見送るときのアルマの顔や、ジャックのシャツを抱きしめるイニスやあげたらきりはありませんが。この映画を見ると、人を大切に思う気持ちに違いはないんだと教えられたような気がします。見てよかった!!
★★★★★
From: (NO MAIL) 5月 30日(火)03時23分39秒
泣いてきました。同じ劇場の中でやはり泣いている人がいました。イニスもジャックも自分勝手と言えば、確かにそういう生き方。奥さんを裏切ってるし、もっと真っ直ぐに愛へ突き進んだら誰も傷つかなかった。でも傷つけても愛さずにいられなかったし、世間的に認められない形。私でも心に正直に行動できたかやはり疑問。いろんな思惑、世間体、重なり合って理想の方向に人生が進まない様を描いた見事な映画でした。で、やっぱり私も泣きました。どうしたらいいのか分からないイニスの気持ち、なんとか愛を形にしたいジャックの気持ち、両方が思いっきり画面から伝わってきて。涙
★★★★★
From: あっきー(NO MAIL) 5月 28日(日)03時24分58秒
あの結末は「そうなるしかなかったのか?」と暗い気持ちになりました。でも面白い。凄く面白い。やり切れないけど、グッと胸に刺さります。ちょうど「ガタカ」やコッポラの「フランケンシュタイン」を見た後の気持ちが、こういう風でした。2回見るのはキツいけど、1度は見て、しっかりと暗くなりたい映画です。
★★★★★
From: 手羽先(NO MAIL) 5月 27日(土)01時04分12秒
やっと近くの映画館で上映だったんで観てきましたが、もう2時間ずっと圧倒されました。誰にも共感ができる映画ってそんなにあるとは思えないんですけど、この作品、登場する人物それぞれに共感ができました。奥さんの選択も当然だと思うし。所詮は同性愛なんですけど、その愛に生きたがために、得られない幸せ。描き方、見事だった思います。もう1回観たいです。
From: まり(NO MAIL) 5月 26日(金)00時03分44秒
二度、三度見ればまた印象が違うのかもしれないが初見は正直つまらないと思った。見所が同性愛というテーマしかなかったと思う。
★★★★★
From: ミワ(NO MAIL) 5月 22日(月)03時54分14秒
結論から言いましょう。ワタクシ、泣きました。切なくて、そのどうしようもない結末に。こりゃ、最近観た映画の中でダントツで面白かったです。多分、明日もひとりで観に行くと思われます。
★★★★★
From: 愛です(NO MAIL) 5月 19日(金)02時48分22秒
久々に感じる映画でした。「海猿」が大ヒットしてますが、こういう文化的価値ある作品にももっと注目してほしいもんです。同性愛を誰にでも起こり得るレベルの事象として描いた点が素晴らしい。異性間の禁じられた恋愛なんかとは比べ物にならないほど、孤独で辛いんじゃないかな。触れ合うこと自体に偏見を持たれるんだから。知らない人からさえも。沢山人を傷つけることを分かっていながら、愛さずにはいられなかった。何十年も。涙が止まりませんでした。
★★★★★
From: 由井(NO MAIL) 5月 17日(水)13時25分22秒
同性愛なんてあんまり興味なかったけど、何気なく観たらすごい感動して!!私がこれまで観たどの映画とも違う静かなんだけど胸にドシンってくるものを感じました。今のところ今年NO.1です。
★★★★★
From: justin(NO MAIL) 5月 17日(水)02時09分58秒
I am terrible at writing things like this so please bear with me. I have a similar relationship whith a married high school buddy. We fish,hunt and just hang out together. He is a rodeo guy/ and I'm a cattle rancher. I have never been married. I also have been fighting the fact that I may be/am gay. This movie made me see the light. I'm afraid I will end up just like Ennis or worse, Jack. I have seen the movie 4 times and each time it just makes life harder to deal with. I'm very sure I'm gay after seeing the movie. I never thought it was possible to live the type of life I live and be gay. But it is. So do I take my married "friend" to see it? I think he feels the same way as me but we have never talked about it.Or would that screw up the crazy thing we have going on? Our relationship is almost the same as Jack and Ennis have, it even started the same way. I never agreed with homosexuality in public due to my small town homophobic upbringing. I'm sorry if I have turned this into a Dear Abby sounding review. I'd be intersted to know if anyone has a similar story to share be it E-mail or here on this board. I give this movie an A+ It has changed my life more than anyone will ever know.My Best,Justin
★★★★★
From: あーのるど(NO MAIL) 5月 17日(水)00時05分06秒
一人で観てきた。この上なく孤独で寂しいけど、すごく綺麗な作品に出会えて涙がでるほど嬉しかった。未見の人、あんまりやってないけど上映されてたら是非スクリーンで!!
★★★★★
From: okai、A、かやの(NO MAIL) 5月 14日(日)03時30分18秒
寂しくて切なくて涙が止まらないラストでした。描き方もセリフも演技も、音楽も最高の出来です。彼らのようにひっそり隠れながらしか付き合えない同性愛カップルは多いはず。そういう状況を見事に1本の映画として纏めたと思う。もう一度観たいです。
同性愛。こんなテーマの作品初めて見たんだけど、これ、普通にいい映画だと思う。本当に素晴らしかった。男同士の愛っていうからやっぱほとんどの人がキモイというと思う。でも、その辺の偏見を捨ててとりあえず見てみましょう。 (ネタバレあり) カウボーイ二人による20年以上も続く愛。二人はブロークバックマウンテンで出会い、愛し合う。でも一度は二人の将来を考え、別れる。都会に戻り、二人はそれぞれの道を歩む。二人とも結婚し、子供までできる。しかし、再会した二人はやはり互いの愛情を抑えられない。だが、当然ながら二人の関係はばれてしまう。そして・・・・ 簡単に言えばこんなストーリー。正直、二人の妻と子供が一番かわいそうと思ったのだが、よくよく考えたら誰が一番かわいそうなんてないのかもしれない。誰が悪いとかそういうものでもない。でも、本当せつない。役者たちの演技も素晴らしいし、ブロークバックマウンテンの自然を捉えた映像、音楽もいい。映画を見る前は、正直躊躇したが、見てよかったと本気で思った。正直この作品に作品賞を獲って欲しかった。ヒースレジャーをはじめとする4人の登場人物全員に賞をあげたいと思った。撮影賞もあげたかったなぁ。なんで撮影賞さゆりなんだろう。何でオリジナルソング賞ノミネートされなかったんだろう。いろいろ思ったけど、本当に美しい映画だなと思った。 だけどこの映画、日本ではPG−12指定になってたけど、12歳以下の子供たちがこんな映画見たがるのかな???というどうでもいいことも思った。 監督賞受賞アンリー。アジア人初の栄誉。ハルク見たときにはこの人がオスカーとるなんてこれっぽっちも思わなかったけど。
静かで美しい映画だった。 終盤に訪れるある出来事に心乱され、ラストの主人公の想いやタイトルバックの主題歌に感動。 男同士の愛がテーマではあるが、ゲイの人だけでなく、女性や一般の男性が観ても感動する普遍的な愛の物語。 「クラッシュ」にアカデミー賞作品賞はさらわれてしまったが、それが不思議なくらいである。
★★★★
From: りんどう(NO MAIL) 5月 13日(土)01時21分44秒
秀作です。あそこまで賞を取るのがよく分からないけど、良い作品です。でも、分かりづらい…。パンフ見て初めて補完して理解した点が多かった。最初、この二人が20年も続くホンマモンの恋愛している風に見えなくて戸惑った。最初の山で、もっと二人マジでイチャイチャしてるトコ見せてくれればいいのに。ベッドシーンも淡白と言うか。作品の後半までずっと「ホントにこの二人好きあってるのかな?」「夢中になってる恋愛ってもっと生々しいでしょう?」と思ってしまってイマイチ感情移入出来なかった。表現が「お綺麗」なんだよね・・・。けど、これって私が女だからそう感じるのかなぁ。
★★★★★
From: テル、みさき(NO MAIL) 5月 12日(金)02時13分25秒
この映画の評価って人生を反映させる所があるのかもしれませんね。何か大きな障害があって素直に生きることができない、あるいは正直になれない経験をした人には、響くものがあるのではないでしょうか。私は絶賛です。全てを受け入れてくれるかのような大自然、ブロークバックマウンテンだけがイニスとジャックの唯一の居所だったと思うと、今でも涙が止まりません。切なさに胸がいっぱいになる、紛れもない愛の傑作だと感じました。
公開も終わりかけていましたが今日、モーニングショーで見てきました。映画館で観ることができて本当に良かった!!主人公二人の繊細な表情が画面いっぱいに溢れるたび、胸に込み上げてくるものを感じ、何度も涙が頬をつたいました。彼らの愛が万人に理解される日がいつか来てほしい。その時、彼らの愛は初めて山を降りるのでしょうね。素晴らしい作品をありがとう!!
From: Ken(NO MAIL) 5月 10日(水)13時24分49秒
正直面白くなかったです。なんだか中高生の恋愛を見せられているようで、主人公二人にはまったく感情移入できませんでした。むしろ妻や子供たちが可愛そうに思えました。前評判が良かっただけに、幻滅も一塩でした。
From: CUT(NO MAIL) 5月 7日(日)19時27分01秒
評価すごく高いですね。。。。私はどこが良いのかわからなかった。同性愛に偏見は持ってない(『フィラデルフィア』は好きである)し、カラミも特にひかなかったし。ただひたすら単調な印象。長くて、「いつ終わるんだ」って思ってしまった。なんか、『マディソン郡の橋』を観た後と同じ感覚。周囲の評価は良いようだが、正直良さが理解できませんでした。
★★★★★
From: かず(NO MAIL) 5月 6日(土)03時15分24秒
素晴らしい作品でした。あぁ良かった!ていうのではなく観終わった後も引きずるタイプの映画だけど、演出、演技、音楽ともに申し分ない。ラスト、イニスの決意に号泣でした。アカデミーの作品賞は逃したけど、映画史に残る名作になると思いますよ。文句なしの☆☆☆☆!!
★★★
From: TAK(NO MAIL) 5月 5日(金)02時48分05秒
曲と美しい撮影ととても良かった。同性愛がテーマだったので激しいシーンがもっとあるかと思ったら、意外に少なかったので見やすかったと思う。ただストーリーは案外シンプルだったのが個人的には残念だった。
★★★
From: λ(NO MAIL) 5月 3日(水)05時09分03秒
こういう作品を受け入れられる自分になりたいなぁとおもいました。
★★★★
From: アント(NO MAIL) 5月 2日(火)11時41分51秒
主人公の2人は言うまでもなく、イニスの妻役のミシェル・ウィリアムズがすごくよかった。まだまだ若いけれど助演女優賞ノミネートもうなづけます。イニスたちの秘密を知ってから、”かわいい女の子”からどんどん変わっていくところ、最初は衝撃や嫉妬があったのに そのうち怒りにとらわれ、最後にはイニスに対する感情が冷め切っているところとか、変化のつけかたがすごくよかった。ミシェル・ウィリアムズは「ランド・オブ・プレンティ」で初めて見た時にうまいなと思ったけど、こちらもよかったです。アカデミー賞にノミネートまでされた演技だっただけに、ゲイが題材の映画に出たというだけの理由で 彼女が卒業したキリスト教系の学校から絶縁を言い渡された、っていう話がなんかかわいそうだなー。
★★★★
From: ぷう(NO MAIL) 5月 2日(火)00時50分50秒
 なんで二人が惹かれあうのか最後の逢瀬のシーンまで解らなかった。 お互い尊敬する父親にジェイクは受け入れられていない思い、ヒースは早くに死んだその父がホモを許さない。お互いの持っているトラウマや弱さをもひっくるめて愛し合っていたのだね。女ではまかなえない力がある。とヒースの大男がこらえきれず泣く演技にそう私は読み取った。イコール自分の経験から理解しえる感情。 そこまで愛しあえる人がいて幸せだったのでは。よかった。私も弱い人間なので割り切れない感情と一緒に終わらない旅をつづけている。続けていく。
★★★★★
From: マモル(NO MAIL) 4月 29日(土)04時18分52秒
その時代、そういう風にしか生きれなかった男の話ですね。とんでもなく切ない気持ちになりました。奥さんがいて、子供がいて、それでも諦めきれない愛。決して公にできない愛。私も「終わりはないんだ」のセリフで落涙してしまいました。ジャックの部屋でのシークエンスは辛過ぎた。でも、素晴らしい。アン・リー監督と、主役二人に拍手を贈りたい。21世紀の名作だと思います。
★★★★
From: sak(NO MAIL) 4月 28日(金)22時42分27秒
人間の感情的な部分を扱うといった面で非常によくできている映画です。ただラストなどの流れは少し安っぽく感じたりも…(↑これはあえて重箱の隅をつつくような意見ですが)賞をとれなかったという点では納得。結局同性愛をメインにしているという部分と、映画のつくりとして賞をとらないほうがいいような内容かと思いました。(口でうまく説明できないのですが観た後になんとなくそう思いました)以下ネタばれ結局彼は殺されたのか、はたまた自殺したのか、本当に事故であったのか、どうだったのかが気になりました。どちらにでも取れるようにしてある印象でしたが…この時代の同姓愛に対する偏見や、メキシコ(だったかな?)で男性を買うような行為が罪だったのかどうなのか、社会的な面を知らないといまいち映画の内容が全部理解できないなあ。
★★★★★
From: くるたん(NO MAIL) 4月 26日(水)21時32分59秒
こういうのが正しいと決められてしまった社会の中で、生きることの切なさやむなしさで、胸が締め付けられるほどの切なさを感じる映画でした。主役の二人だけでなく、彼らを取り巻く周囲の人たちも、皆がそれぞれの思いを胸に秘め、それでも毎日の生活をこなさなければならない姿は、悲しすぎる。「終わりなんてない」 この台詞が心につきささりました。
★★★
From: 偶然(NO MAIL) 4月 24日(月)09時42分11秒
確かに、山々は美しいでも、ただの偶然の切っ掛け、二人は“あの関係”をやって、その先の数十年もずっと愛し合いのは理不尽ずきる!説明不足の強引なストーリーじゃないですか
★★★★★
From: エテ吉(NO MAIL) 4月 23日(日)03時48分52秒
なんだろう。とにかくすばらしかった。エンディングの曲もじんときた。いつかまた見たい。
★★★
From: ひよこまめ(NO MAIL) 4月 21日(金)17時00分00秒
これはもう、究極の純愛物語でしょう。2人を取り巻く状況の難しさは、どんな男女の悲恋もゼッタイかなわない。甘ったれた愁嘆場がないだけに、何気ない表情や仕草にも、抑圧された濃厚な思いが感じられて、深い余韻を感じます。抵抗感を覚えつつも、どうしようもなく惹かれ合う2人は、本当に切なくいじらしかった。でも。個人的な印象としてあえて言えば、関係を断ち切ることも、2人で腹を決めて正直な生き方へ踏み出すこともせず、甘い自己憐憫と現実逃避をよしとして周囲を欺き続けたことには、微かに狡さも感じ取ってしまいます。時代や宗教観や田舎町の閉鎖性も理解できますが、それを言い訳に事なかれを決め込んで、思考停止のままダラダラと関係を続けたことが、なんだか微妙なザラツキ感を残す感じです。表面的に“良い夫・良い父”の顔を維持しつつ、妻や子を裏切って秘密の“ズル”をしていたことが、悲恋のストーリーとして美しく描かれているのはどうなのかな、と思ってまいます。妻はまだしも、計3人の子供たちには、酷い話です。個人的に胸に秘めたロマンというのは、時に自己中心的で、身近な者への裏切りにもなるのかな、と思いました。だからといって、2人の愛情を否定するわけではないけれど。見ようによっては、意気地なしの嘘つき、にも感じられてしまうところが、残念。作品とは関係ないけど、ココに書き込みしてる男性のみなさんの中に、この作品に暖かいまなざしを注ぐ人が多いので、ちょっと感動しています。男性はこういう男性の話に拒否感が強いかな、と思ったら間違いなんですね。それとも、書き込みした人には、視野の広いリベラルな感性の持ち主が多いんでしょうか。キャストもみな素晴らしかったけど、アン・ハサウェイが浮いて見えたのは私だけ? 実業家のお嬢様はわかるけど、ちょっと“プリンセス”すぎて、なんだかトーンが違った気がしました。
★★★★★
From: iwako(NO MAIL) 4月 19日(水)11時22分10秒
イニスに逢いにきて、今日は子どもが来てるからダメと拒否されたジャック、帰りの車で涙する。一緒にもらい泣き。ジャック可愛かったですね、一途で。イニスとジャックに関わる二人の女性が素晴らしく良かったです、人生に疲れていて。
★★★★★
From: はな(NO MAIL) 4月 19日(水)00時25分20秒
見終わって思い出すたび涙がこぼれてしまいました。父親との関係などさまざまな感情をこれ程繊細に描ける監督と演じる若い俳優達に感動をいただきました。
★★★★★
From: マサ(NO MAIL) 4月 17日(月)05時25分08秒
なぜこの作品がアカデミー賞の作品賞を獲れなかったのか?それは「同性愛」を扱ってるから、と言いきりたい。そうでないと、説明がつかない。とんでもない傑作ですよ。二人が異性なら、とか関係ない気がする。異性なら愛し合っていなかっただろうし。とにかく描き方が繊細で、いつまでも胸に残る一本ですね。もう観てからかなり経つのに、いまだに余韻が残ってる。思い出すと不意に泣きそうになります。こんなに長い間、胸を引っ掻き回しつづける映画、ちょっと覚えないですよ。素晴らしい映画をありがとう!
★★★★★
From: ゆい(NO MAIL) 4月 17日(月)02時16分39秒
なんで『最高の出来』かといえば、純愛映画な・の・に・もう一度見てもいいかな、と思ったところ。帰りの電車でも、やっぱりウルウル来てしまいました。私も兄弟のように育った幼な馴染と10年近くW不倫してますが(ほんと、なんで結ばれなかったのか?(笑)ばれるので理由は割愛)、お互いの家族の方が大切なので、会うといっても1年に1回。それでも最低行為ですが・・・。たまに死ぬ時とか、死ぬ前のこと考えます。正直になれるのは、その前後でしかありえないのかなと。ネタバレアリ内容を先に知ってしまっているので、最初からジャックの目線がウッフンしているように思えて仕方ない。二人とも父親トラウマがあり、ファザーコンプレックスはゲイになる、という西洋的三段論法ここにアリ。私は女なので、イニスがジャックに感じる魅力も分かるし逆も分かるので、二人の関係を特に唐突には感じませんでした。無口なイニスが冗談も泣き言も言える相手・・・・受身型のイニスが自分を曝け出せる相手だったんだろうな。日本でやおいって言うんですか?ホモ漫画が流行るのが少し分かった気がしました。男性も女の子みたいに「キュン」ってなるんだーと、グッと来てしまいますね。フツウの映画でありがちな、男が無き妻の遺品を愛でるとは違う生々しさがある!シャツを重ね合わせるところとか、まんま少女マンガ。制服の第2ボタン取っとく・・・みたいな。うーーん、この路線(ホモ恋愛映画)、日本では抵抗無く流行りそう。アルマが衝撃的な二人のキス・シーンを目撃してしまうシーンでは場内で思わず笑いが。いや〜私の夫が男とキスしてたら、大爆笑してしまうかも・・笑うしかない。
★★★★
From: トムクル(NO MAIL) 4月 16日(日)22時19分49秒
〜ネタバレあり〜これはゲイのカウボーイの映画ではなく、純粋に人間の“ラブ・ストーリー”なのだなと思いました。社会的偏見で本当の自分をさらけ出すことが出来なかったイニスを見ていると本当に切なくなってくるし、イニスだけでなく、周りの人も(妻アルマ)も知らないフリをせざるを得ないという所も切ない。下のけいすけさんが仰る通り、お互いが好きで好きでたまらないという心中が伝わってくるような演出があったら、彼等にもっと感情移入出来たかもしれません。ちょっと惜しい感じ。主演の2人の演技は素晴らしい!の一言。彼等と同じように周りのキャストも素晴らしい!イニスとジャックの衝撃の抱擁場面を見た時のあの表情。言葉は何もいりませんね。彼女が受けたショックが痛いほどわかりました。そしてキッチンでイニスにヒステリックに問い詰める場面。素晴らしい!!助演女優賞ノミネートに値する素晴らしい演技です。イニスがジャックの家を訪れる場面ではジャックの母親の演技がまた完璧ですね。全てを知っているようなあのしゃべり方、目の表情。まるで「ジャックを愛してくれてありがとう。貴方も辛いでしょう」と言っているようです。いやー素晴らしい。まあ何と言ってもイニスがジャックのクローゼットでブロークバックの山に置き忘れてきたはずのシャツを見つけた時はさすがに涙が出ましたね。ジャックのシャツと重なり合うイニスのシャツ。あ〜〜愛だなぁ〜。うーん、終始淡々としているますが、所々で涙腺を刺激してくるいい映画です。セリフの一言一言が素晴らしいとのこと。また見に行こうと思っているので、次回は字幕を見ず、セリフに耳を傾けたいと思います。それにしてもテントのシーンはびっくらこいた。裸でなくて良かった。ホッ!
★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 4月 16日(日)18時46分15秒
 個人的には、特に映像が良かったです。特に前半、山の中での風景。初っ端(しょっぱな)から空の蒼さにやられてしまいました。 パンフレット中で「これは、ふたりの人間がお互いを愛し続けることの難しさについての映画なんだ」ってありましたが、なるほど、そう考えると、愛し合ったのが男同士っていうのは恋愛の単なる?障害の一つでしかなくて、実は普遍的な恋愛について描かれているのかなあ、と思いました。 俳優さんたちも良かった。 ただ、突然二人が愛し合うようになった感じがしたので(僕が伏線を見抜けなかっただけかもしれませんが)、お互い(あるいは片方が)が自分の気持ちに気づき、その感情に戸惑う、といった描写があってもよかったかな、と思い☆4つ(正確に言うと3.5)です。 蛇足。どーでもいいことだけど、僕はラリーンよりもアルマの方が好みです(ホントにどーでもいいことだなあ)。
★★★★★
From: タカ(NO MAIL) 4月 14日(金)21時32分14秒
見終わった後もず〜と余韻に浸っています。キワドイシーンもあったけどラストは涙が止まりませんでした。主演二人も実に良く特にヒースの自分の感情を抑え切れずに苦悩するあたりは良かった。妻役の二人も良く久しぶりにいい映画を観た。まだ「クラッシュ」は見てないけどアカデミー賞作品賞取って欲しかったなぁ〜
★★
From: vivi(NO MAIL) 4月 14日(金)14時50分46秒
演出も演技も申し分ない優等生な映画ですが、主人公二人に全く共感できませんでした。永年に渡って周囲を裏切り、関係を続ける。肉欲に郷愁が加わるとこうなるんでしょうか(苦笑)。多分、結婚後の女性には無い感覚だと思います。男性は自由でいいですね。私にとっては切なくも何ともない凡庸なストーリーでした。
★★★
From: フラワー(NO MAIL) 4月 11日(火)21時48分47秒
かなり微妙でした。スッキリと腑に落ちない感じが残りました。今作のロケーション・大自然の情景を見ながら広がったイメージは、単純に美しいというものではなく『父性・保守性』でした。そのなかで許されない関係を重ねる2人に、山の神はどんな宿命を背負わせたのか・・・。そんな作品の芯の部分には、なかなか素直に向き合う事ができませんでした。「同性愛=ナルシシズムの究極系」という大前提をしっかり踏まえた上での人物造形や心理描写は、とてもよくできてた。役者さん達の演技力や監督の手腕に疑問を挟む余地は全くない。ハイライトとシャドーのない、中間層のグラデーションだけを見た気がした。ただ、それだけで作品のクオリティーをここまでもってきたのは、さすがだと思います。
★★★★★
From: バウアー(NO MAIL) 4月 10日(月)23時48分42秒
本当にどこもこれもが素晴らしい出来で、傑作というのに相応しい作品だと思います。イニスを演じたヒース・レジャーの演技にやられました。素直になれない、自分の気持ちに正直に生きれない、誰でもあることだと思います。ましてや、60年台のアメリカ南部。私が彼でもひっそりと密会しかできなかったでしょう。自分でもどうしていいか分からない、でも別れたくはない、ズルイけど、凄く人間らしい、そしてリアルな生き方だと思う。「いつも時間が足りない」愛し合う二人なら当然だろうね。後半のシークエンスは本当に泣けて仕方なかった。泣かそうとしてるわけでもないのに。DVD出たら絶対買います!そしてその前にあと2回くらい映画館に足を運びます。とにかく、やられた!!
★★★★★
From: tikitiki(NO MAIL) 4月 9日(日)20時32分47秒
よかったです!!久しぶりにいい映画をみたなぁという感じです。みなさんも書いてらっしゃるとおり、どの登場人物の気持ちにも感情移入が出来、主人公二人の、抑えられない気持ちというのは、むしろ普通の恋愛映画よりも切なさが伝わってきました。全てを捨てられなかったイニスは、それ故に一番大事な人を失ってしまいました。でもそうすることでしか、永遠に愛し合うという形は成し遂げられませんでした。いや、むしろ、だから永遠に愛し合うという形が実現できたというべきなんでしょうか。切ないけど、ハッピーエンドかもしれませんね。ここのコメントをみて、もう一度観たくなりました!
★★★★★
From: ライチ茶(NO MAIL) 4月 9日(日)05時11分41秒
脚本、音楽、映像、俳優、演出、ストーリーどれも最高。なんと丁寧な映画なのかと圧倒されました。特にイニスのキャラクター表現が凄い。静かでそっけない彼から時折溢れ出てしまった感情の描写が素晴らしい!演じるヒース・レジャーは大したもんだと思いました。意味深なセリフや演出がちりばめられているので、何度も観るのに相応しい作品です。恋愛映画であり弱き人間のドラマ。同性愛は生理的に駄目だ、という方にはオススメできないのですが、逆にそういう方にこそ観て欲しいとも思うのです。ちなみにパンフレットもナイス。久しぶりに買いました。
★★★★★
From: ミオ(NO MAIL) 4月 7日(金)02時56分06秒
切なくて胸がしめつけられた。後半、イニスに責められジャックが想いの淵をぶちまけた後、イニスと一緒に涙が止まりませんでした。隠れて会うしかできない関係の苦しさは、当人でないと分からないでしょう。抑えた演出が逆に胸に響く感じ。何度も何度も観たいです。なぜ小規模での公開なんでしょうか?こんな素晴らしい作品こそ、全国の劇場でかけるべきです。
★★★★★
From: しろまる(NO MAIL) 4月 6日(木)18時50分55秒
とても素晴らしい映画だと思いました。大袈裟でなく、抑制の利いた演出。壮大な自然と西部の乾いた町を映したカメラ。親友と恋人を兼ねているような二人の関係と、それが周りの人間にもたらす影響。主人公二人にも彼らに愛されなかった女性達にも、とても感情移入出来ました。二枚のシャツとそれを抱き締めるイニス、そしてラストの重ねを逆にしたシャツと「永遠に一緒だ」というセリフ。ダメ押しにエンドロールに流れる曲に、泣けて仕方ありませんでした。私の中では5本の指に入る映画です。賛否両論あるとは思いますが、多くの人に観て欲しい映画です。
★★★★★
From: めいめい(NO MAIL) 4月 6日(木)01時00分14秒
リアルゲイにちょっと抵抗があったので、正直映画館という逃げ場のない所で見るのは勇気があったんですが、友だちに誘われたので行ってみました。観てよかったです。山の風景の存在感は、むしろ映画館で観てよかったと思います。(以下ちょっとネタバレ)ゲイ映画ではなく、純愛映画だと思いました。この映画を上映禁止にしたどこかのお偉いさんは、この映画を観ていないか、最初のテントシーン(ベッドじゃないからベッドシーンとは書けない/笑)で席を立ってしまったのではないでしょうか。正直、私もあのシーンにはびっくりしたのですが、その後、「sorry」から始まるシーンで最初の落涙。その後、ラストシーンに至るまで圧倒されっぱなしでした。あの情の深さ、濃さ、無言で語る存在感の凄さは圧巻です。観てよかった。観てよかったです。
★★★
From: やよい(NO MAIL) 4月 5日(水)23時39分07秒
ヒース・レジャーもジェイク・ギレンホールも好きな俳優だったので、アカデミー賞をとる前からものすごく気になってました。で、やっと今日観たわけですが。いい映画なのだとは思うのだけれど、今ひとつ感じ入ることのできないまま終わってしまったという感じ。かといって、何も残らなかったというわけでもなく、逆にあれ以上やったらしつこすぎる気もするし。私にとってはなんとも評価のつけがたい、微妙な按配の映画でした。ケチをつけるならば、アン・ハサウェイはミスキャストかと…。
★★★★★
From: テツ(NO MAIL) 4月 5日(水)01時38分58秒
彼らの生き方に批判もあるだろうが、少なくともイニスは自分を偽り多くの人を傷つけた代償として、そしてジャックへの愛の証として、一生孤独でいることを決意したんじゃないかな。この映画で描かれた二人の関係を拒絶する人がいるかぎり、彼らのように生きざるを得ない人はなくならないのでは。ラスト、ジャックの愛の深さをたった1ショットで語るあたりはさすが。涙が止まりませんでした。生涯のベスト5に入る作品です。
★★★★★
From: (NO MAIL) 4月 1日(土)14時03分13秒
多くを語らず詰め込まず、見る側に判断を委ねながらも決して手抜きでは無い細かい作りが素晴らしいと思いました。生涯心の片隅に居続ける映画になると思います。
★★★★
From: as(NO MAIL) 4月 1日(土)11時50分49秒
ここの評価がいまいちなのは、やっぱり男同士のLOVE STORYだから?   俺てきには、素直に感激したんだけどな_
★★★★★
From: フッキィー(NO MAIL) 3月 27日(月)23時34分13秒
ブロークバックというパラダイスのみでしか成立しない、現実世界では決して実らない恋愛物語は、とても切なかった・・・。 イニスとジャックが愛し合う事は、2人が切なく苦しい思いを抱えて生きていかなければならない事だし、周りの人間にも苦しい思いをさせる。という事になる。また、イニスは、自分のトラウマを乗り越えられなかったし、ジャックも自分の性欲を抑えきれなかった。これも、イニスとジャックのお互いを思い合うやさしさ、そして人間の弱さの表れだったと思います。やはり、本当にお互いを思い合っていればこそイニスはジャックにかかるリスクを考え、ジャックは、イニスの思いが分かるゆえに踏み込めない。すべてを背負いきる強さが2人にあれば・・・、現実世界で結ばれたのに・・・。そんな風に思わずにはいられない映画でした。ネタバレあります!!現実世界での救いは、最後にジャックのお父さんがブロークバックに撒かずに自分達で遺灰を保管する。と言った事とイニスの娘の結婚。そして重なり合ったダンガリーシャッツ。これで、イニスはようやく甘く切ないブロークバックから解き放たれ、下界で地に足をつけて生きていける!!そんな思いにさせてくれる終わり方でした。みんな若い俳優達でしたが、中年のくたびれ感を見事に演じていたと思います。只、唯一の不満は、俳優のお肌がツルツルで見た目が中年に見えなかった。もうちょっと、メイキャップで何とかならなかったのかなぁ。  そこだけが残念です。アジア人監督ならではの繊細で叙情豊かな映画でした。見終わった後もたっぷりと余韻に浸る事が出来る作品です。  
★★★★★
From: ひろ(NO MAIL) 3月 27日(月)22時21分08秒
アカデミー賞の作品賞を逃したけれど、「同性愛」をテーマにしたこの映画を見てみたくて、土曜日に見に行きました。私には、すごくいい映画だと思いました。初めは、綺麗な景色とスクリーンいっぱいの羊の群れで和み、二人はどうなるんだろうと思って見ていたのですが、私にとって、結構唐突な二人の関係に驚いちゃいました。テーマが、同性愛なんだから、ありえることだったんですけどね(苦笑)後半は、見てて、胸が苦しく、感動し、泣けました。ヒースとジェイク、妻を演じた二人の演技に感服です。
★★★★★
From: さば(NO MAIL) 3月 27日(月)21時39分35秒
迷ったのですが観てきました。観て良かった。ホモというテーマに抵抗がある人は行かない方が良いなあ…。さほど抵抗はない、と思ってたんですが、一部「うは」と思うシーンがないわけでもなく。2人の裸体がもひとつ綺麗だと思えなかったのはそういう撮り方なのか…。ただ映画としてはかなりの出来だと思います。冒頭のギターの音色と、あの空の色と、ポンコツ車がやってくるシーンでなんかもう持って行かれた気がします。そして羊の群れがなんか和む。主役2人も良いのですが、2人の嫁さんがさらに良い味出してましたね。まあ……殺人まで発展するゲイフォビアがまかり通る(その存在が当然のこととして認識されている)古きアメリカならではの悲恋もの、なのではないでしょうか。そして舞台がアメリカとはいえ、アメリカ人の監督には撮れない作品…(笑)
★★★
From: めがね犬(NO MAIL) 3月 27日(月)13時29分31秒
ホモ映画という知識しかなく見に行ったけど、もっと長くて深い話でした。見始めた時は、このまま山での話が延々つづくんだろーか、と不安になったけど、山から下って女性が出現してからはテンポよくておもしろかったです。アンハサウェイはかわいいテキサスガール似合ってましたね。おばちゃん役にはちょっと無理あったけど。
★★★★
From: たぼっちょ(NO MAIL) 3月 26日(日)01時25分56秒
生活力のない俺にはカーボーイが他人事に思えなかったよ。泣けてくる。
★★★★
From: 栗沢桃太郎(NO MAIL) 3月 26日(日)01時04分44秒
「同性愛」は物語の「味付け程度」であって、「人の幸せとは何か」、「どのように生きるべきか」、「結婚したからって幸せとは限らない」という事を考えさせられる映画でした。私にとっては。主人公2人の人生がハイテンポで進んでいくので、退屈しなかったです。昔のアメリカの田舎の風景が堪能できたのも嬉しかった。それにしても、結局「死んで一件落着」という結末にしかならないのかと、やるせない思いが残ります。
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 3月 25日(土)10時56分48秒
「際どいシーンもなく」などと下で書かれておられましたが、あるではないですか。いきなりテントの中でおっぱじめて、あちゃーと思いました。男は男同士の濡れ場に抵抗ありますよ。映画そのものは、詩情豊かでいいですね〜。アカデミー賞取れなかったのは分かります。やはりテーマそのものに抵抗が大きかったのだと思います。
★★★
From: ドラえもんの友人(NO MAIL) 3月 24日(金)06時37分58秒
真正ゲイのジェイク・ギレンホールと、自分がゲイだとは気がついてなかったヒース・レジャーとの純愛設定のホモ映画。既にゲイ臭いゲジ眉のギレンと、無骨で男臭いヒースとの組み合わせは、まぁ、美少年同士よりかはリアルだし、デブの中年親父同士よか見れる。視点もヒースレジャー側にほぼ固定で、どっちが女役だとか、どっちが受け側だとかのホモ野郎共の気持ち悪い嗜好には一切触れていないので、普通人の俺でも見られる映画には仕上がっている。また双方とも隠れ蓑として女と結婚しており、子供までいるのだが、彼らの持つ家族の意義は「純愛」を際立たせるための「犠牲」にしかなっていない。一応、家族が苦悩するシーンは用意されて入るものの、それが物語に直結することはなく、最後の最後までホモ野郎共は自分の我侭を貫き通す。この周囲を踏み台にする「我侭」に「犠牲」が伴うと、我侭→信念→純愛っていうふうに三段論法が成立しちゃうので、自然の美しさに思考力を奪われている連中は鑑賞後に絶賛しちゃう。でも、それは監督の意図であって、物語の意図としてはやっぱ奇麗事に終始しているだけだよ。 だってね、ヒース・レジャーは色々な選択肢があったのに、それらを全て放棄して孤独を選ぶわけでしょ。いうなれば罪を背負ったもののごとく、痛みに耐えているかのように演出されている。むろんヒースには共感は出来るし、監督の眼差しがブロークバックという無人のパラダイス以外にはほとんど立ち入らないのも、当時のホモ大嫌いなアメリカをかんがみれば理解できる。 結局、ヒースや監督の持つホモ観っていうのは、いかにカウボーイを冠していようが、逃避先にあるファンタジーの域を出ていないんだよね。だから、最後に誰かが死なないと物語を終われない。ファンタジーに現実味を帯びさせるために。俺にはどうしても、この物語の運び方はゲイを都合の良いように解釈しているようにしか見えない。別に、ゲイ擁護運動しろってわけじゃないけど、ホモ連中は男が好きなんだから、ヒース側にもその性的願望をもっと際立たせても良かったんじゃないかなと思う。観客の中には、ヒースはジェイクだけが好きで他の男はどうでもいい〜みたいに勘違いしてまうヤツも、これではいかねない(つーか、いるだろ)。ブロークバックがあまりにも美しすぎて、対比となるホモ・ゲイ連中のグロテスクさが消されていては、犠牲になった家族がうかばれない。ゲイ・ホモは美しくなんかない!! ヒースの隠れ蓑である女達がいなかったら、この映画がいかにクソに成り下がるか想像してほしい。(※ただ「クラッシュ」よりかはこの映画の方が完成度は上だ。)
From: OOOOO(NO MAIL) 3月 23日(木)23時47分23秒
海外で評判がよいようですが、全然面白くない。うんこ映画でした。
★★★★★
From: 葉上瑠(NO MAIL) 3月 23日(木)23時31分32秒
ものすごく、いろんなことを突きつけられた映画でした。オープンでストレートな恋愛では味わえない複雑な感情。性別も対象も違うけど、胸に応えるものがありました。
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 3月 23日(木)16時52分49秒
よかった。ブロック・マウンテンがきれいだった。ヒース・レジャーも、ジャックキレンホールもかっこいい。許されない同性愛を何十年も続けて、やっと気がついたときには遅かったのがかわいそうだった。
★★
From: kou(NO MAIL) 3月 23日(木)11時31分14秒
素晴らしかったのは、後半、イニスがジャックの両親を訪ねる件。あの両親の役をやった2人に総てを持っていかれてしまった、という感も・・・。全体的に、叙情的過ぎる点がどうしても個人的には馴染めないという感じです。ラストシーンは「トーチソング・トリロジー」のモロパクリで一気に熱が冷めyてしまいました。
★★★★★
From: ぶち(NO MAIL) 3月 22日(水)20時14分13秒
切なかった・・★今日見てきました。見終わったあとですごい余韻が残ってます。あんなに想ってるのに一緒にいられないなんてつらい(*T▼T*)ジャックの想いが特に切なかった☆一緒に生きて行こう!って言っても相手にはトラウマがあるし、無理やりそんな事もできないし。ひさしぶりに良い映画見たなぁって感じです。あたしは共感できる部分十分にありました。再会のシーンのふたりのうれしそうな顔がなんとも言えなかった★
From: CC(NO MAIL) 3月 20日(月)23時03分16秒
ゴールデン・グローブ、アカデミー賞であれだけ話題になったんで、観に行かずには居られなかったけれど正直がっかりでした(T_T)時代が時代とは言え、やはりあれだけ心に思う人が居るのに別の女性と結婚して子供まで作れる神経がわからない。もっと共感できる分部があると期待したけど、さっぱりでした。でも女性キャストはみんな良かったです。男性キャストはちょっと失敗っぽかったかな〜
★★★★★
From: (NO MAIL) 3月 20日(月)18時20分31秒
んー、愛を感じました。いい作品です。ヒースレジャーが気になり観に行ったのですが、ジェイクギレンホールも、とにかく二人ともすごく良く演じていました。お互いがお互いを思いやる、静かな愛。これが愛なんでしょうね、と素直に思えました。正直、同性愛と聞いて、少し過激な性描写があるかと思ってしまいましたが、心配ご無用。男同士だろうが、女同士だろうが、そんなものはもともと関係ないんですよ、きっと。この作品を作ったアン・リー監督はほんとうにすばらしい。もう一度、一人で観たい映画です。
★★★★★
From: ムギ(NO MAIL) 3月 14日(火)13時54分12秒
これは傑作この微妙な感情をテーマに取り上げ説得力を失わない俳優の芝居監督のスタイルなどなど大したもんだこのデリケートな物語を撮れるのはやはりアジアのアン・リーゆえなのだろう
★★★★
From: マリオ(NO MAIL) 3月 7日(火)22時49分48秒
ブローク・バックの山々が美しいです。際どいラブシーンがあるわけでもなく、台詞も少ない静かな映画です。以下ネタバレです。↓↓ニ人きりで山にこもり、羊を追う生活。娯楽もなければ、おいしい食事もベッドもない。ほんの偶然というか酔った勢い(?)で持ってしまった関係が、その先数十年の恋の始まりになろうとは、よもや思わなかったに違いない。それぞれ故郷にもどり家庭を築くが、逢瀬を重ねる度に、初恋の相手に会うような一途な様子が実に切ない。そんなに好きなら、何をしても奪い取りそうな感じだが、このニ人はお互いに相手のことを一番に考えて、内に秘めて耐えるですよね、我慢するんです。この辺りが、欧米の映画的には目新しかったのか?宗教的なものもあるのかもしれませんが、東洋人、自分的にはごくごくフツーに受け取りました。何十年も好きで、憧れで、大切に思う人がいるというのはいいものですよ、それがたまたま男同士だったとしても。