ブレイブ ストーリー

満 足 度
27.4%
回答者数21



DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★
From: ゆー(NO MAIL) 8月 23日(水)22時26分00秒
※若干ネタバレ含みます皆さん辛めなので、ちょっと甘めに。気持ちは3.5ぐらいです。原作未読、GONZOがどういう集団なのか不明な状態で観ました。(後で聞いたところ「7人の侍」や「岩窟王」のアニメを手がけてるんですね。渋い!)まず、松たか子さんの演技が良かったと思います。ディズニーやジブリのせいで、芸能人の声優にはいい印象がなかったのですが、松さんだけでなく、ほかの人たちも違和感なかったです。話は、子供向けアニメでありながら、離婚や、不倫がらみの殺人事件など、重い内容が含まれており、びっくりしました。病院待合室でのワタルのお父さんの台詞は、少々耳が痛かったです。よくある「選らばれし勇者が仲間と一緒に戦って平和を手に入れました」という話とは違うな、と思いました。内容が駆け足だったことと、ラストが若干ミツルに甘めなのが残念でした。あと、CMで、ミツルとのお別れシーンや、女神様にお願いするシーンが流れていたのは、ネタバレしすぎでは・・・?と思いました。
★★★
From: TAK(NO MAIL) 8月 21日(月)13時55分12秒
確かにゲームのRPGをアニメにしたような感じだった。映像や音など良かったけれど、原作が長いためかダイジェストのようになっていたのが残念だった。声優陣は役者たちの割には良かった。
★★★
From: くぁwせdrftgyふじこlp;(NO MAIL) 8月 3日(木)00時06分49秒
端折りすぎ、改変しすぎ。とまぁ、シナリオに不満点はたくさんあるものの、長編小説を2時間以内に納めたらここまでしなくてはならないのは理解できた。それに原作の暗い部分をあそこまでそぎ落としたのは凄いとは思う。要は、この作品を低学年に見せられるように工夫したのだと解釈した。原作ではいまいち影の薄かった(性格が分かりづらかった)ミツルをグッと前面に押し出し、原作より爽やかで大人ぶってる性格(声含む)に持っていったのが好印象。下に上げられている矛盾点は原作の方がスゴイので、映画版では特に感じなかった。この作品は物語を詳細に見るより、大筋で何となく楽しめって作品だと思う。
★★
From: (NO MAIL) 7月 29日(土)23時31分22秒
CMに釣られてみてきました。原作よんでいません。なんか、色んなアニメの面白い部分だけとった感じでしたね。ワタル「僕を一人にしないでよ」この台詞がエヴァ?って感じでした。
★★
From: mari(NO MAIL) 7月 29日(土)21時54分21秒
原作読んでる人は行くべきではないと思います。原作は、ファンタジーの皮をかぶってるけど結構ヘビーなんですよ。お父さんの愛人問題とかお母さんの結婚前の黒い部分とかけっこう生々しいし、幻界でも人種差別やら生贄だとか、重い問題に主人公の少年は逃げずに向かわなくてはいけない。そういう部分を映画ではぜ〜んぶ切ってしまった。多分「子ども向け」ってことを重視しすぎたんだと思うけど、甘くてラクチンなものばかりが子どもの為になるのかな?重くてつらい人生とか自分の醜くて弱い部分に、勇気をもって立ち向かおう、ていうメッセージが伝わらない作品でガッカリ。松たか子さんは少年っぽさがすごく良かったし、作画もきれいで丁寧だっただけに残念。「子ども向け」ってことで甘く考えずに、どこに感動のポイントをつくるのか、映画の伝えたいことは何なのかをしっかり練って欲しかったかも。観る人のレベルをすごく低く見てる感じが、ああフジテレビだなあ、と思いました。
From: あや(NO MAIL) 7月 27日(木)19時52分30秒
ネタばれ多少ありだまされました。CMに(苦笑)松たか子が大好きだったし、金券ショップで買った1200円のチケットで観たので、まぁ、よかったかな。だって、ミツルくん…ワタルくんがあの場所に行くきっかけになったのって、ミツルくんのせいなんだけど、どうして、あっちの世界から戻ってこられたの?1回あっちの世界に行ったら、戻ってこられないんじゃないの?という矛盾点や。みなさんが書いているように、運命を受け入れるって、こういうコトなの?とか。なんていうか。やっぱり、CMって、怖いなぁ。
From: モー沢東(NO MAIL) 7月 22日(土)20時55分10秒
「宮部みゆき」ってことで、観にいきました。勝手に「大人もみれるんじゃないか」と思ってましたが、完璧にお子様むけでした。全てが安直すぎる。・・・さて、原作読み始めるか。
★★
From: (NO MAIL) 7月 21日(金)19時18分30秒
ネタバレ少しあり原作を読んで、とても面白くて、素敵だったので、正直期待しておりました。ですが、期待しすぎた分、落胆の色を隠せません。何処かの雑誌で見たのですが、「映画を見て原作を見たほうが良い」とか書いてあったので、それを忠実に守っておればよかったと思ってます。原作と内容が違うので、最初から困惑しっぱなしで、途中あまりの変更に泣きそうになりました。(ミツルが火事を起こした張本人とかいうのには戸惑いを隠せませんでした)自分で想像(ジョゾの容姿だとか、最初の歌う鳥達のイメージだとか、女神様のイメージだとか、ワタルの両親のイメージとか、王女様のイメージなど)していたのと違うように描かれていて途中で見るの止めようかとも思いました。でも、絵が綺麗だったのと、ワタルとミツルの絵のイメージに違和感が無かったので星一つ足しておきます。
★★
From: マーチ(NO MAIL) 7月 21日(金)13時54分45秒
ネタばれ注意!イマイチ。理由は最後にミツルが助かってたから。ワタルが最後に運命を受け入れるってした決断が宙にうくと思う。ヴィジョンの人をたくさん殺して、宝玉を集められず、自分の運命を受け入れなかったミツルがなんで妹と復活してるの・・・?ミツルとワタルに起こったことはすごく悲しいし、受け入れがたいけど・・でも受け入れるしかないんだーだったら、話としてまとまってると思うけど・・・太い本の映画版だから、仲間との交流とか時間かけて描けない(ある程度仕方がないところ)を考慮に入れても、イマイチ・・・
★★
From: 栗村(NO MAIL) 7月 19日(水)20時40分44秒
*ネタバレあり櫓のシーンや「皇女様!」と人々が呼びかけるシーンでラピュタやナウシカを思い出した。下の人たちが言ってるように、ラストはあれでいいのか?ワタルが最終的に出した答えと矛盾してないか?あと、原作読んでない人にはオンバ様の存在って理解できたのかな。つっこみどころ満載だが、あえて一言。孤独な美少年とその彼が唯一心を開けるのが主人公っていうパターン、そろそろやめませんか・・・。
★★
From: てつろー(NO MAIL) 7月 19日(水)15時46分57秒
※ネタバレありちょっと辛口かもしれませんが、この映画で僕が認めたのは松たか子さんの頑張りだけです。実際主人公は何もしていない気がするし、サイドキャラクターの大泉洋の台詞の半分は「ワタルー!」だし、常盤貴子に至ってはいなくてもいいんじゃないか?と思わせるし。でも映画を見終わって出て行く時に「あの猫のキャラクター可愛かったよねー」という言葉には賛同できる笑
★★★
From: リオン(NO MAIL) 7月 17日(月)23時21分19秒
作品の骨子は「ネバーエンディング・ストーリー」と同じですが、ファンタジーの媒体が「ネバー〜」では本だったのに対し、本作はRPG(それもワタルとミツルという二人のプレイヤーが同一世界を旅しているところをみるとオンラインRPGっぽい)であるのが、時の流れを感じさせて面白い。但し、テーマをぶれることなく描いているかと言う点で、この映画は「ネバー〜」に遠く及ばない。冒険が駆け足な点とか、未整理なエピソードが多い点(帝国の戦争とか)は当然マイナスポイントなのですが、まだ許容範囲。根本的におかしいのは、ラスト、現世に戻ってきてからの処理。<以下、ネタバレ>ワタルが幻界で学んだのは「困難な現実から避け続けるわけにはいかない」ということであり、ワタルもそれを受け入れたのに、現世に戻ってきたら母親は元気になっているわ、ミツルと妹は復活しているわでは、ハッピーエンドかもしれないが主題を著しく逸脱している。ファンタジーのもつ力は「現実を変えることは出来ないが、現実と向き合う力を与えてくれる」ということに尽きる。最初に勇気ゼロと評されたワタルが困難な現実に立ち向かう勇気を得たことで冒険の意味はあったのであり、それ以上に現実を変えてしまってはならない。また、冒頭に現世でミツルが魔法を使ったり、一度幻界に入ったミツルが現世に戻ってきていたりするのも、観ているときは「後で種明かしがあるんだろう」と気にならなかったが、観終わってからよくよく考えるとおかしい。「ネバー〜」のラストで現世で竜が登場したのは理論的におかしくとも納得できたが、こちらは脚本上の未整理だと感じずにはいられない。全体的に、脚本上「何が描きたいのか」「幻界とはどういう世界なのか」にブレがあるのが残念。もっと筋が通ったものがあれば、いい映画になったのですが。本作を「オンラインRPG」だと考えると、現世より幻界の平和を望んだワタルの願いは、ある意味現実世界から逃避して昼夜ゲームに没頭するプレイヤーのようで少し怖い。
★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 7月 17日(月)21時26分49秒
 「ブレイブストーリー」、スケールの大きな映像、奇想天外なストーリーなど、アニメーションの楽しさがたくさん詰まった作品だと思いました。 作品のテーマ性も良いと思います。 中盤から終盤にかけて、展開が駆け足気味に感じられたのが残念。この内容なら、3部作くらいで観たかったです。 ちなみに、原作は未読です。
★★
From: 1980(NO MAIL) 7月 15日(土)19時01分20秒
フジが悪い!根本的に企画がまちがってる宮部みゆきがかわいそうだゴンゾもなんですかこりゃエバのパクリですか?声優はがんばってたんでひとつおまけで★★
From: にゃんぴょう(NO MAIL) 7月 15日(土)12時29分28秒
原作が面白かったので見に行きました。正直もう見てられなくて途中映画館から走って逃げたくなりましたね。残念。わたる君とみつる君がかわいかったのがせめてもの救いでした。
★★
From: 無感激(NO MAIL) 7月 14日(金)21時22分00秒
声優のひとたちと、CMでみにいったのですが、ドラエモンのほうがずっと感激するかな。(^o^)アイテムがあっさり手に入るきがして、もらってるような借り物競走的な感じ、あと、何が大事か、言いたい事を感じさせてほしいのよ。くどいぐらい聞いてしまうと子どもでもいやになるよ。彼女が観たかったけど観たいとおもってかっていったら、プンプンで口利いてくれないのに、その代償にしては寂しい感激。なにかで補わなくちゃね。
From: MN(NO MAIL) 7月 14日(金)03時28分17秒
原作を読んで、かなり楽しみにしていったのでその落差にかなりがっかりしました。みなさんおっしゃってますが、駆け足しすぎ。いらないシーンが多いのに、重要なものが少ない。ドラゴンのジョゾの扱いもあれじゃぁ…とにかく、がっかり。その一言につきます。
From: まるつき(NO MAIL) 7月 13日(木)00時50分40秒
原作よんでいたのを忘れて観に行きました。んー・・・・つまらん;確かに駆け足過ぎてるし、クライマックスシーンをつなぎ合わせていて、な〜にも伝わってこない。アニメにそれを求めちゃいけなかったかな。宮部みゆきはヤッパ サスペンスでしょ♪ファンタジーについてはダメですね。ついでにレンタルで銀髪のアギト?も観ましたがありゃ・・何とも間の抜けた作品で。GONZOってただの映像美だけの集団でしたっけ?ん〜もうわからん;
★★
From: リレー(NO MAIL) 7月 11日(火)03時13分25秒
どこかで見たことのあるシーン、聞いたことのある台詞・・既存のアニメやゲームの美味しいところを繋ぎ合わせただけのフランケンな映画でした。最後は2Pカラー対戦なんて、なんとまあ使い古された事を・・主人公もアイテムに頼りっぱなしで、何かを成し遂げた、成長した、という感じが全く感じられませんでした。松たか子の頑張りが完全に空振りしていて可愛そう・・
★★
From: しろくま(NO MAIL) 7月 11日(火)01時13分21秒
「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」「千と千尋の神かくし」「鋼の錬金術師」「エウレカセブン」その他モロモロのアニメを足して、その頭数で割って、さらに2割引きした感じ。(あくまで個人的感想ですので、ファンの方、気を悪くなさらないで。)王道のストーリーに、詰め込めるだけ詰め込みましたって感じなんですが、なんか、こう、、、物足りない。帰り後ろを歩いていた女性2人組が「最後泣きそうになった」というのを聞いたんで、こういう見方してるのオレだけかも、、、。絵が綺麗だったのと、石田太郎が出てたの星1つプラス。
★★
From: モーホー犯(NO MAIL) 7月 10日(月)11時10分20秒
試写で見てきました。声優陣は結構がんばってましたが、どうにも1つ1つのエピソードが駆け足過ぎて未消化で次のシーンに進んでいくのでホントあっさりしています。旅人も1人足りないし。映画にするよりも30分枠の深夜アニメにでじっくりやったほうがよかったんじゃないかな。しかし、宮部みゆきの映画化はどれもダメで残念です。