デスノート 前編

満 足 度
58.2%
回答者数52



★★★★
From: FAVRE(NO MAIL) 8月 24日(木)00時20分16秒
原作を読破してから見に行きました。原作と違うシーンがあるとニヤニヤしてしまう自分がいて結構楽しめました。思いっきり中途半端!(最近の映画は多い)なので後半が待ちきれなくて消化不良中です。
★★★★
From: みう(NO MAIL) 8月 19日(土)23時01分51秒
原作は未読ですが面白かった!派手な動きは少ないのにドキドキしっぱなしでした。藤原くんは確かに原作とは違いますが、微妙に変わる表情がすごくよくて魅力的でした。他のキャラの役者さんもいい味だしていました。確かにこれは原作読みたくなりますね。連れは原作のファンだったのでどうだった?と聞いてみたら、原作にはないキャラのエピソードだけは不満だけど後は概ね満足だったそうです。人気コミックの実写化は全然ダメなのが多いけど、これはかなりよく出来てる方だって言ってましたよ。しかし早く後編が見たい…
★★★★★
From: (NO MAIL) 8月 18日(金)16時54分09秒
とにかく最高におもしろかった!CGのリュークはリアルでかなりよかった!映画でのオリジナルキャラもまた良かったと思う。後編のあとに原作の第二部もまた作ってほしいです。
★★★
From: せれねーす(NO MAIL) 8月 10日(木)17時43分48秒
精神状態不安定のため、途中退出をしてしまった。もったいないことをしてしまいました。
★★★
From: 空也(NO MAIL) 8月 6日(日)11時55分06秒
原作の魅力を損なわずに映画として良く出来ていて安心した。主人公の夜神月は若干スケールが小さくなった気もしたが・・・。Lはまだまだこれからが見所である。後編で月とどういう風に対峙するのか楽しみだ。金子監督は少女の美しさを引き出す達人である。ベタな悲恋物語的な展開に繋がっていく辺りがいかにもこの人らしい。しかし月の父親役の人が料理の鉄人の司会(爆)だったとは意外だ。死神リュークのCGはかなりいい出来。中村獅童くんも逮捕されてもこれからはリュークを気取っていればいい。あの声で牢獄の死神リュークを演じればもっと人気上がるで♪ 後編が面白く出来ていれば私はそれで満足である・・が、もうちょっとダークでもいいかな、という感じもしたので星は三つです。
★★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 8月 6日(日)00時24分41秒
楽しめました。後編も観に行きます。デスノートの設定自体が面白いですね。原作者のアイディアが素晴らしいです。この後はどんな展開になるのでしょうか?楽しみだなぁ。
★★★★
From: Shintaro(NO MAIL) 8月 4日(金)11時31分01秒
原作知っているから見終わった後に「まぁ、こんなもんだろ」って気分になることを覚悟していたんですけど、面白かったです。終盤になって結末は予想できましたけど最後まで緊張感というか、ドキドキ感が続いてよかった。後編には期待します!
★★★★
From: des(NO MAIL) 7月 29日(土)22時43分48秒
原作未読です。松山ケンイチの演技を見に行きましたが、ラストシーンでは伏線・演出もうまくあいまって鳥肌がたちました。藤原竜也はちょっと芝居っぽすぎるかな。つまらなっかたら後半はやめようと思ってましたがこれなら後半も見に行きそうです。
★★★★
From: (NO MAIL) 7月 29日(土)20時09分35秒
そこまで悪くないできだった。主人公はBRにもでていて、冷徹な役にはぴったりかなと思う。リュークがよくできていたと思う。後半にはメロ&二アはでないのかな?
★★★★
From: ダグ(NO MAIL) 7月 24日(月)00時57分28秒
なかなか面白かったのでは。原作が好きなので過剰に期待するのはやめたのですが、オリジナル要素も後編に続く良いスパイスになってましたね。それにしても原作では主役の月は天才として描かれているけどこの作品だとちょっとバカっぽくてカリスマ性に欠ける感じがしました。しかも下の方も書いておりましたが字がへたくそってのはちょっとイメージが狂っちゃいますね・・・。
★★★★★
From: tomo(NO MAIL) 7月 23日(日)15時19分02秒
娯楽作品として時間を感じさせない面白さだった!後編に期待!
From: 辛口(NO MAIL) 7月 23日(日)08時25分45秒
すでにどなたかの意見にもあるが、主役がひどいな。漫画はそれなりの美形。ところが映画であんなのを見せられると、ちょっとキツイ。藤原はぺたんこな臭みのある外見と、演技力不足とで、月のキャラを表現できてない。
★★★
From: Qta(NO MAIL) 7月 21日(金)21時08分32秒
藤原くん、おっさんくさくなったなあ、ちょっと大学生には見えない。文字のアップが出てくるたびに、男の子ってこんな字書くのがふつうかなあ、でももうちょっときれいな字のほうがいいなあ、と複雑な気持ちになった。Lの指先の美しさと、月の深爪のごつごつ手も比較してしまった。主役って大変だなあ、と変な部分で同情してしまった。原作は未読。FBIとか探偵とか、くさすぎるせりふとか、そんなことは気にしなければ、展開としてはなかなか楽しめた。お菓子好きの私としては、食べても太らない若者たちがうらやましかった。小道具として菓子やりんごが使われているところも楽しかった。だけど・・・どうせならもっとガキっぽいジャニーズアイドルを両主役にして、テレビ連続ドラマにしたら、きっともっと素直に楽しんだかな。月もLもけっこう好きな俳優なんだけど、あまりはまってなかったような気がしたので・・・。
From: (NO MAIL) 7月 21日(金)19時31分14秒
原作が大好きで、どんなになってるんだろうと、好奇心で見てきました。月役の藤原竜也さんは、最後まで藤原竜也さんという印象しか残ってません。月という気が起きませんでした。しかも、一名称で「俺」と遣うのはいただけません。「僕」じゃない時点で幻滅してしまいました。月の父の容姿や言動は、一応覚悟はしていたのですが、全然違うように描かれていて、幻滅でした。ミサミサはせめて金髪に染めて欲しいと思いました。あと、あのハスキーな声はミサミサには似合わないです。無理にテンション上げている風があって、見ていて大変そうだと思ってしまいました。正直、オリジナルキャラである、詩織はいらないと思いました。何したかったのか意味不明。レイ・ペンパーの苗字を変えた意味が解りませんでした。ナオミも性格が少し違うような感じがして違和感がありました。ストーリーも時間軸が原作と豪く違っていて、みていて混乱しました。原作好きの人にはあまりお勧めいたしません。割り引きが効いていて安い価格で見れたのが救いかも。
★★★
From: ムギ(NO MAIL) 7月 10日(月)10時45分10秒
漫画より良かった藤原竜也はええ俳優や俳優陣がけっこういいので前後編分けずに1本にまとめればよかったのに金子修介ならできるだろうそうすればもっとテンポが出たかも
★★
From: ちょいワル(NO MAIL) 7月 9日(日)17時56分33秒
オリジナルストーリーは失敗でしたね。原作のストーリーはかなり出来が良く、そこがデスノートの魅力だと思っていましたが・・・それから南空ナオミが粘りすぎ。Lとライトの対決のはずですが。
From: 取渕 雅治(NO MAIL) 7月 9日(日)06時44分13秒
私は漫画を見ていないので、余りわかりにくかっつたところが少しあった。そして殺人シーーンも演出がなってないので、ぜんぜん怖くなかった。もう一つはCGのシーンが レベル低いです。こういう駄作は1500でみるひつようガ無いと思います。
★★★★
From: ペコ(NO MAIL) 7月 8日(土)19時58分23秒
正直観る前はあんまし期待はしてませんでした。あの原作にどれだけうまくまとめられるかなっと思い正直難しいだろうなぁと思いました。そして観た結果は、よくがんばったなと思いました。ただ演出が弱いです。もっとこれが良かったら傑作になってました。キャストは全体的にOKでした。特にLはかなり好感を持てました。ストーリーも後半からはオリジナルストーリーでうまく原作を省略しながらうまくまとめてました。特にラストの辺はなかなか良かったです。でも本当の評価を下すには後半を観てからです。どれだけ月とLの頭脳戦をうまく見せてくれるか楽しみです。最後に一言、挿入歌いらないよ!(笑)
★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 7月 8日(土)13時22分48秒
2時間にわたって全く退屈しないという点ではたいした作品であるが、あらは多い。主人公に嫌疑がおよぶ肝心のプロセスにも問題があるように思う。この主人公というのは、巨悪にはあまり関心がなく、葛藤を経ないで犯罪者でない者をも殺せる軽薄な人物である。世界各国の犯罪者をたくさん殺しているはずであるが、そのような描写がない。死神のノートで人を殺せるというのは自然な設定であるが、死ぬ前の行動を操れるというところまでいくとかなりばかばかしい。
★★
From: (NO MAIL) 7月 5日(水)17時06分23秒
9時からやってる2時間ドラマのような安っぽいノリで残念だったライト役の人のしゃべり方は舞台台詞のようだったL役の人は結構はまってた脇役の人達の演技はわざとらしすぎるチョコやらケーキやらドーナツやらポテチやらが美味しそうだったまあ色々と不満はありますが…こんなもんかな、と思います死神が「りんご!りんご!りんご!」と連呼していたのが可愛かったので★ふたつ。
★★★
From: さば(NO MAIL) 7月 5日(水)01時51分08秒
正直物足りないです。監督違ってたら…演出がよかったら…という意見には諸手をあげて賛成。原作と比べるつもりはないけど、設定が生かし切れてない、というより…天才同士の駆け引きがぼやけすぎてダレダレ…。元々有り得ない話なんだし、もっとハデな演出でもいいかと思うけど。主役2名とワタリはぴったりすぎて笑えました。特にL役のなりきりっぷりがすごい…。藤原竜也じゃ優しすぎるんじゃないかと思ったけど、意外にキレた人でよかったです。確かに……字は汚いなあ;あとノートがいかにもそのへんの文房具店で売ってそうなファンシーさでした。影の功労者中村獅○にも拍手。…でも☆は3コが限界だなあ。あんまり薦められません。
★★★★★
From: かめいえりー(NO MAIL) 7月 2日(日)04時21分41秒
(ねたばれ注意!!)原作は7巻までしか読んでないが、映画の出来はほぼ完璧と思った。誰を殺したか?だけでもキラの価値観が見えてくるような洗練された構成だ。しかし恋人を殺してしまったのだけは頂けない。当初は恋人との価値観の相違が映画を面白くすると思ったのに・・・普通に原作通りのキラに軌道修正されてしまった。恋人を殺すということは父親を殺す以上にショッキングなこと。父親をやむを得ず殺すかもしれないという原作のスリリングな状況も台無し。ラストシーンは非常に優秀。最低のクソヤロウであることが発覚したキラ。徐々にカッコよく見えてくるL。この2人の内、お客さんがどちらを支持するか?の人気投票のような形で終わる。Lがお菓子好きというのは原作では飾りでしかなかったが、映画版ではポテチ挑発の伏線として有効利用されている。キラの歪んだ正義、Lの純粋な正義、の掘り下げが足りない気がするが時間の制約上仕方がない。
★★★★
From: ほにゃ(NO MAIL) 7月 2日(日)01時24分22秒
 原作は全く知らないまま見ましたが、ハラハラドキドキありで楽しめました。 以下、ネタばれありですが。 主人公とLとの駆け引きは、かなり見応えがありました。また、ラスト近くの瀬戸朝香のシーンも「えー、本当に撃っちまうんかい」という感じで、最後まで目が離せなかったです。終わり方も、後編に期待を持たせる締めくくりに感じました。後編も見に行きたいです。 ただ。 原作ではどのような描かれ方をしているかわかりませんが、主人公が安易に人を死なせすぎかな?と。最初は正義のためという目的だったのが、途中から自己保身になってましたね。 あと、蛇足ですが。 下の方も書かれてますが、藤原君の字が以外に下手(本人の字ですよね)でしたね。丁寧に書いてはいましたが、「字を書く」という行為が大きなウエィトと占めるストーリーだったので、ちょっと目立ちました。 それと、私も甘党なのですが、Lの甘いもの好きには、見ているだけでお腹一杯になってしまいました。
★★★★
From: ミサイルマン(NO MAIL) 7月 1日(土)22時51分28秒
正直見る前はあまり期待はしてなかったでも原作の漫画が好きだし実写になったらどうなるんだろう?という好奇心で見に行ったいやー見てよかった原作とは違うトリックで後半たたみかけられた見る前は「月に彼女?」と面食らったがそのオリジナルキャラの詩織がストーリーにうまくからみあって月の冷酷さが伝わってきた監督なりのサービス精神だったのだろう・・・藤原竜也の演技はうまいそれに比べ香椎由宇は・・・最後 南空とのかけひきシーン月がボールペンを取り出す場面ミスリードを誘う為のフェイクだとは思うが頭のいい月が疑われるような事真似を自分からしないと思う後編の為の複線だったらもっとNGあれは正直いらない
★★★★★
From: パイレーツ(NO MAIL) 6月 28日(水)22時01分04秒
新しいタイプの映画だと思う。なんか、ずっとドキドキしていた。緊張しながら楽しめる。演出は、これは上手いんだと思う。話が良く分かるから。分かりすぎた人が、なんか、文句言ってるんじゃないの。
From: hiro(NO MAIL) 6月 27日(火)22時00分18秒
演出がヒドすぎます。見ていてヘドが出そうでした。次もこの監督なら絶対に見に行きません。
★★★
From: けんどー(NO MAIL) 6月 27日(火)09時35分24秒
地下鉄や美術館での緊迫感やショック演出は大したものだが、その一方で原作の(小畑健の美麗な作画に助けられたとは言え)荒唐無稽な世界にリアリティを持たせる努力が成されていない。特に開始10分は本当に酷く、やたらと説明的なセリフを発するマスコミ、意気揚々と法廷を出る被告人とそれを遺影を抱きながら遠巻きに見つめる遺族、といったように何の工夫もない平板なシーンが連続していて観るのが辛い。「大体犯罪者がたむろしている酒場ってどんな酒場だよ」とか、「美空ナオミのあの銃の持ち方は何なんだ(あれじゃ誰にも弾が当たらないよ)」とか、とにかく「漫画原作だから」という理由で、ベタな演出を施しているようにしか見えなかった。物語自体が面白いだけに残念。後編はおそらく原作第2部の主要人物であるメロとニアが出てこないのだろうが、前編における外国人出演者の安っぽさを考えると、その方が賢明かも。余談:監督、絶対Lのことが嫌いだと思う。
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 6月 26日(月)16時23分30秒
よかった。藤原りゅうや怖かった。中村しどうの死神もいい。
★★
From: py(NO MAIL) 6月 26日(月)10時25分48秒
内容もキャストもいいが、演出が少し前のダサイ日本映画を思い出させた。後編は違う監督で見てみたい。
★★★
From: めろぴん(NO MAIL) 6月 26日(月)00時09分21秒
二時間ちょいがあっという間だった。と言ってもいい意味ではなく、見ごたえというものがなかった。原作を読みすぎていたからかなとも思ったが、、それにしても深みとか重さが感じられなかった。言われているように細かい演出が安っぽい。原作と違ったものになるのは全然かまわなかったけれど、中途半端に完成させちゃったなと感じた。松山さんのLはなかなかよかった。漫画のLのキャラに頼らない魅力がでていたと思う。後編はたぶん観てしまうと思うので、全部を観た時の印象に期待したい。
★★
From: フドー(NO MAIL) 6月 25日(日)02時11分00秒
率直に言って予想通りの(?)、期待外れ作なのは否めませんでした。監督が、ガメラシリーズや「あずみ2」を撮った金子だと聞いた時点で嫌な予感はあったのですが、まあほぼ予想通りな出来と言った感じです。正直、この作品は別の監督に撮ってもらいたかったです。素材がいいだけに、非常に勿体ない。公式HPでの、監督のコメントを読んで、ストーリーに対する理解などに首をかしげる所がままあったのですが、それがそのままストーリーにも反映されてしまっていました。革命云々のくだりとか、本当にストーリー上余計なだけだと思います。金子監督らしい、個々のシーンの小さい芝居演出のチャチさ、そして撮り方のダサさのせいで、何か藤原竜也や加賀丈士がえらいダイコンに見えてしまいました。脚本(特にセリフ)の出来の悪さも、更にそれを助長していたと思います。とにかく、ダサくてカッコ悪いセリフが多過ぎる。特に警察本部でのシーンは、目をそむけたくなるセリフや芝居のオンパレードでした。寒かったです。あと、デスノートの効力の中の、「死の直前の行動をある程度操れる」と言う部分を多用し過ぎ、そこにストーリー上頼り過ぎているため、知的駆け引きや心理戦の醍醐味が台無しになっていました。あれに頼り過ぎると、結構何でもアリになってしまう訳で、非常に興醒めです。全体的に、のんべんだらりとして大した見せ場も無い、退屈な凡作に堕していたと感じました。原作好きな人の多くは多分不満を持つと思うし、知らない人は多分途中で退屈してしまう人が多いのではないかと。原作を知らないで観た人の感想を、色々聞いてみたい気がします。
★★★★
From: やんすけ(NO MAIL) 6月 24日(土)16時58分13秒
決められた尺の中でよく原作の雰囲気を壊さずに3巻分をまとめたなと思います。映画版だけのオリジナルキャラが出るということで正直“心配していた”のですが、逆にこのキャラの存在のおかげでストーリーを破綻なく短縮できているのだと思います。また、細かい部分での詰めの甘さは見られましたが(雨の中で拾ったびしょ濡れのノートが、次の場面では乾いてるとか)、主役の2人が初めて出会うクライマックスシーンの演出(原作とは違う)など、監督のセンスが光るなぁと感じました。役者陣に関してはL役の松山さんは前評判どおりのハマリ役でした。ライト役の藤原さんは評価が分かれるかな?演技は上手いんだけど、やっぱ悪役だと良さが出にくい損な役者さんだなぁと思いましたね。古畑任三郎の時もそうでしたし。あとミサ役は大根でした(笑)。せめて金髪にしなきゃ。というわけで☆は4つ。原作を知っていても知らなくても十分に楽しめる作品だと思います。
★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 6月 24日(土)13時42分09秒
原作読者。人気コミックの実写化という高いハードルの課された作品であるにも関わらず、そつなくまとめてきたなという印象。ストーリーは原作をうまく取り入れながらも、後半には新しい仕掛けも用意されているし、オープニングは結構スリリングに、またラストは次回作を期待させると同時にこれ単独としても違和感のない終り方に、とかなり工夫して作られていることが感じられる出来になってます。まあ敢えて難をひとつ挙げるとするなら、藤原竜也のキャスティングかな。でもこれ別に「原作のライトに全然似てない」とか「彼の演技がヘタクソ」とか言うことじゃありません。ただ単にこの映画でのライトのキャラに、藤原クンが何となくミスマッチなように自分には感じられたってことです。あの手の顔でやたら抑えた話し方するもんだから、なんか違和感がぬぐいきれませんでした。この作品をそれなりに評価する割に★が少ないのは、ライトがデスノートをどう使って人を裁いていったかということを、自分が読者ゆえに予め知っていたから。ある意味それがこの映画のキモとも言えるだけに、新しい要素が入っているとは言え、やはり映画を楽しむ上でその部分を知っているというのはチトつらい。途中、少々退屈してしまいました。もし原作読んでなかったら、かなりドキドキしながら楽しめたと思うし、高い評価をつけたとも思います。まあほとんど言いがかりのようなものですが。
★★★★
From: りんぴょこ(NO MAIL) 6月 24日(土)00時32分37秒
確かに盛り上がる場面が少なく、眠気を誘われる場面も多かったが、元々キラとLの心理戦がメインなのでいたし方ないのかも。リュークは原作より全然冷酷さがなく、お茶目な部分が強調されていて余り死神ぽく無かった。本音は詩織は偶発的原因で死んで欲しかった〜でないとあまりに月が冷酷すぎる!次回に期待を込めて☆4っつ。
★★★
From: しらかば(NO MAIL) 6月 22日(木)09時08分12秒
電車でのシーンがたるかった…。あくびが出た時点で評価が下がった。まだるっこしいところを切って、その分ラストのライトの心情に時間を割いて欲しかった。死神の描写は良かったし役者も頑張ってる。ただ、うまくまとめてるとはいえ、これといったアピールがないのも事実。見終わったあと印象に残るシーンがない。まあとりあえず、後編観るまで全体的な感想は置いときます。
★★★
From: mari(NO MAIL) 6月 21日(水)18時21分41秒
原作漫画好きですが、セリフが長くて目がチカチカするので、その点映画なら漫画に必要な(特に少年ジャンプ系漫画に多い)説明セリフを省略できるというメリットがあると思ったのですが…。結論から言うと、映画の利点を生かせてないような。ストーリー自体は、原作ものにありがちなエピソード詰め込みとか逆に省きすぎという失敗を回避して、シンプルかつ無難にまとめていたと思う。オリジナル部分もちゃんと消化され及第点。だけどさあ…。これ映画だよ?大画面でやるんだよ?もうちょっとパンチのきいた演出とか映像とか出来ない?ほんっと無難で面白くない撮り方で、ヒネリが無いから退屈。もうちょっとクールに遊んでみれば良かったのに…。TVの刑事ものっぽい雰囲気が中途半端に重いつくり。漫画よりもスピード感が無いなんて、何のために映画化したの?
★★
From: NANA(NO MAIL) 6月 21日(水)17時32分55秒
結局、原作物は原作と同じでも違っても不満を言う人が後を絶たない。同じなら同じで「あのエピソードが無い」って。個人的には、設定や世界観だけ拝借して、後は2時間程度の尺で好き勝手に、極端に言えばオリジナルストーリーでやればいいと思う。そういう意味で物足りない。
★★★★
From: (NO MAIL) 6月 21日(水)08時18分02秒
原作は知りません。でも,純粋に知的興奮が得られる作品として楽しめました。原作ファンの方が言われるように,原作のほうがずっと面白いのだろうとは思いますが,予備知識のない人間でも十分堪能して「ワクワクドキドキ」となったのだから,まずまずの出来ではないでしょうか。脚本と俳優の勝利かな。ただ,金子監督の演出(特に主役級以外のシーン)はあいかわらずベタで,ほかの監督だったらもっと丁寧に撮るのにな,と思えたのは事実です。後編に期待します。
★★★
From: リンゴ(NO MAIL) 6月 20日(火)10時59分49秒
ああ、この監督さんは主人公のことをとても良くわかってるなと思いました。この時期の人間にありがちな理屈に走りやすく他人がバカにしかみえない時期の人間がこういうアイテム手にいれたら陥っちゃうだろうなって典型パターンの様に格好わるい奴じゃないですか。そう。かなりっみっともない奴なんです。普通はこのみっともない時期にアイタタな経験をつんでだんだん自分が見えてくる訳ですが、デスノートなんてアイテムひろっちゃったおかげで原作じゃ最後までみっともない奴だったでしょう。この映画の主人公はその辺もう少し分かりやすく表現されててバカっぽいです(良い意味で)ここ重要だと思うんですよ。格好よく描かれてたら興ざめも良い所。
★★★★★
From: pip(NO MAIL) 6月 20日(火)02時38分23秒
原作読んでいたが面白く観れた。まぁ突っ込みどころはたくさんあるが原作の複雑さをうまくまとめていたのは評価したい。藤原竜也がリュークとのシーンの演技を上手く演じていて違和感なく観ることが出来た。後編の期待もかけて星5つ
★★★
From: モー沢東(NO MAIL) 6月 19日(月)23時25分15秒
リュークの出来が見たくて、観にいきました。動きが全然ダメなんですね。TVの戦隊モノと同レベルくらい?反面、全然期待していなかった部分(ストーリー展開や役者陣)が良かったデス。原作は読んだけど、最初の頃の話を忘れてる私にはぴったりでした。
★★★
From: CHI(NO MAIL) 6月 19日(月)23時04分00秒
漫画読んでないで見たんですけど結構残酷なんですね。。。ビックリしました。インパクトが強かったので、後編も多分見るだろうな。でも、好きな映画じゃないな。。
★★★★★
From: 栗村(NO MAIL) 6月 19日(月)21時25分31秒
文句なし。あそこまで原作の雰囲気を出せるとはすごい。
★★★★
From: 青猫(NO MAIL) 6月 19日(月)20時44分48秒
原作読んでませんが、掻い摘んだ感をあまり感じず楽しめました。CGはどうしても違和感を感じてしまったけど終わったあとに「あそこはおかしい」っていう疑問があまり生まれてこなかったのでよかったと思います。ただ劇場に小中学生の多いのには参りました・・・
★★★★
From: ななろく(NO MAIL) 6月 19日(月)07時27分30秒
原作ファンにはもっともっと情報詰め込み型の作品にした方が受けが良かっただろう。わかりやすい反面、展開がじれったい気がした。
★★★★
From: イオン(NO MAIL) 6月 19日(月)00時10分03秒
原作をただ写しただけと思いましたがオリジナルキャラと最後のトリックはよかった。非常に面白かったです。ライトのペンに関してミステリーとしてはアンフェアだという見方もありますが、まぁ些細なことなので目をつぶりました。解釈しようとすればいくらでもできるし。後、一番不安だったLですが、とても良かったと思います。細かいLっぽいしぐさがよかった。いいところで終わったので、後半楽しみです。
From: 観に行った人(NO MAIL) 6月 18日(日)22時26分30秒
ただの商業目的の映画原作をただ再現しただけで何もない。感動もしないし興奮もしない。そして終わったあとの損した感じ。テレビで放映されるのをまったほうがよいでしょう
★★★★★
From: スパンコール(NO MAIL) 6月 18日(日)16時32分57秒
原作>映画の作品が多々ある中で、大変良くできていたと思います。Lの配役が絶妙。最後のポテチの演出も良い。ストーリーは原作とは違うということで不安でしたが、期待以上。むしろ原作を読み返しすぎてるので、同内容でなくて良かったのかもしれません。ライトはかなり残酷ですが、原作ファンとしてはあれくらいでないと駄目だと思います。全てライトの掌の上というのが、ライトファン的にはニヤリとしてしまいました。4点が妥当かなと思いますが、次作の期待も込めて5点。どちらが勝つのか11月が楽しみです。
★★★
From: ぱてん(NO MAIL) 6月 18日(日)02時14分10秒
きちんとデスノをやってるのがよかたでごあす!シオリのクダリもちゃんとデスノだしんでも藤原くん字が下手すぎ!頭よく見えない〜
★★
From: ウォー(NO MAIL) 6月 18日(日)01時56分53秒
ちょっと映像・演出面がチープすぎませんかね。元々、設定の深刻さの割にどこか子供じみた原作なので脇の部分がしっかりしていないと本筋の稚拙さが露骨に出てしまっていると感じた・
★★★★
From: ロガリアズモ・パラカロ(NO MAIL) 6月 17日(土)21時58分31秒
 私は原作漫画の大ファンです。その上で思ったことです。 一言で言えば、ストーリーはOK、演出がイマイチ。 ストーリー的にはコミックの1〜3巻にあたるのですが、途中からどんどんオリジナルストーリーから外れていきます。特に南空ナオミ(瀬戸朝香)が大活躍。あと、渋井丸拓男も大活躍(笑) でも、原作同様ストーリーは緻密に積み上げられているし、最後に明かされる夜神月の策略は衝撃的で、最初に原作漫画を読んだときに衝撃を受けた経験を思い出しました。ラストシーンも原作とは全く異なるストーリーであろう後編への期待を抱かせるものです。 一方、残念ながら演出がイマイチ。膨大な量のストーリーを消費するためか全体的に淡々と話が進んでいく印象。Lがテレビ中継を通じてキラに宣戦布告するシーンとか、もっと盛り上げて欲しかった。Lが夜神月にずいぶんあっさり気づいた感じもするし。『あずみ2』のイマイチだったからこの監督で大丈夫かなぁ、と思った悪い予感が当たってしまいました。 以上、総合して星4つ。原作を知ってる自分も楽しめたし、原作を知らない人でも十分楽しめると思います。
★★★★
From: 純、(NO MAIL) 6月 17日(土)20時54分20秒
原作を上手く消化しているという感想です。最後の辺りで原作と違う展開がありますが、デスノートらしいので、これはこれでOKです。マンガとのイメージの違いはあると思いますが、まぁまぁ楽しめました。