フラガール

満 足 度
82.4%
回答者数54


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: とと(NO MAIL) 12月 8日(金)23時55分38秒
日本映画にありがちな監督の独りよがりでなく、お金払って観る人の為にエンターテーメントとしてよく出来てると思います。又、反対に日本映画らしく細かい演出もよくできています。例えば遠征へ行ってる時、炭鉱で事故があってこの中の親族に被害にあった人がいる、と言ってる時、しずちゃんが思わず手鏡を持つシーンとか。。映画観た後、常磐ハワイアンセンターのH.P.を観るとかなりご盛況のようです。改めて当時このセンターの設立に携わった方々の先見性を感じると共に、モデルとなった先生が今もなお続けられてることに敬意をこめて星5個とします。
From: 辛口(NO MAIL) 12月 7日(木)15時17分02秒
 手抜き映画の典型。 しかし、こういうテーマは日本人にはうける・・だから映像や演技ではなく、「こういう話」お好きなkたが多いのだろう。 つくづく、映画はアイデアなんだなとわかる。 しかしながら、この映画の作りはあまりにお粗末至極である。☆ひとつ未満をつけたいのだが・・。
★★★★★
From: リオン(NO MAIL) 11月 24日(金)02時02分42秒
「スウィング・ガールズ」的青春ムービーに「プロジェクトX」を掛け合わせたら、素晴らしい化学反応が起こったような作品です。「Always三丁目の夕日」的なノスタルジーもまぶしてますが。「スウィング・ガールズ」的な一連の青春映画と一番違う点は、主人公が「若さ」や「可能性」だけでなく、自分や町そのものをフラに賭けてる必死さが画面からきちっと伝わってくることです。↓にもありますが、こういうのって「リトルダンサー」や「ブラス!」といったイギリス映画の十八番ですね。それに負けない作品に仕上がってます。「リトルダンサー」のパクりという評もありますが、この映画のエピソードの数々はハワイアンセンター開幕の実話から集められたものが殆どだそうですし、実際に閉鎖的な炭鉱町で新しい職業を目指そうとすれば、「リトルダンサー」の主人公と父親、この映画の蒼井優と冨士純子のような確執は生まれ出るを得なかったでしょう。この映画がパクった云々というよりは、ドラマの種は洋の東西を問わないと好意的に受け止めたいところです。この映画の欠点を挙げるとすれば、トヨエツ演じる兄のスタンスがハワイアンセンターに賛成なのか反対なのか分かりにくいこと。センター構想には反対だが松雪が美人だから個人的には接したいのか、それとも妹のことを考えて理解しようとしているのか、場面場面でリアクションが異なっていて一貫性がない。物語を進める狂言回しの役割を担わされていて、他の人物が自分の意思でドラマ世界を生きているのに対し、トヨエツはやや製作者側に都合の良い人物を演じさせられているように感じる。また、松雪演じる先生の過去はストレートには描かれず、ある程度を観客の想像に委ねているが、それならば寺島進演じる借金取りが出てくるのは過剰演出だったと思う。「借金がある」というのをセリフの端に匂わすだけで良かった。細かい欠点はあるものの、満点をつけるのを惜しまない映画です。
★★★★
From: ウッチィ(NO MAIL) 11月 18日(土)23時05分45秒
よかった。良く出来てた。結構感動した。けど予想外の展開がなさすぎて★4つ。
★★★★★
From: QQQQ(NO MAIL) 11月 13日(月)06時16分50秒
上越市(新潟県)では、復活の公開でした。私は”Swing Girl”と同じだと思って見てなかったのですが、今回時間があって見ました。”SG”ではなくて、Project Xだったんですね。勝手に思い込んでいたのと異なる展開に、涙腺が緩みっぱなしで、困ってしまいました。 時々、助演の××さんの演技が素敵だといいますが、今回は、特に富士純子さんの母親が良かったです。(最後の拍手のシーンは、お決まりでしたが)鉱山を信じきって働きつづけて来た鉱山一家の強い母親を見ました。 蒼井さん、テレビの落語のドラマT&Dで気になっていた人で,YAMATOでも出てましたが、今回の福島弁、踊りも最高ですね。 松雪さんのインストラクター役も、体を張っての熱演と思いました。 アル事実に基づいた物語なのでしょうが、あの黒いダイヤと呼ばれた石炭産業が、衰退化してゆく経過で育った私に、あの頃の歴史を思い出させ、涙腺が緩みました。 1960年前後だったと思いますが、労働運動の中心が社会党=総評にあった時、最大の労働組合団体は”炭労”と呼ばれる坑内で命がけの劣悪環境で働いていた炭鉱労働者の組合でした。多くの事故の発生と、家族の嘆きの模様を映画館のニュースで見ました(当時は、映画の上映の前に、ニュース映画が流されました。テレビの成功で、いつのまにか無くなりました) 最近の夕張市の破産。 時代の移り変わり、実は本当に昨日のように思える「時の動き」を感じました。 甘すぎるとは思わないですが、とにかく好きな映画の一つにはなりました。  この映画って、外国に持ってゆけないのですかね? 受けると思うのですが。
★★★★★
From: デュアルタスク(NO MAIL) 11月 12日(日)13時52分37秒
娯楽作品として、充分な仕上がりになってた。これなら、お金を払って見てもいい。細かいところを詮索せずに楽しんだほうが気楽な印象を得られる作品だと思う。 実際、フラダンスシーンには説得力あったし。
★★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 11月 11日(土)21時37分50秒
観客を泣かせようという意図がすけてみえるし、台詞にたよりすぎている感もある。しかし、必死に生きる人間たちの姿はやはり感動をよぶ。松雪泰子が落魄者の意地をよく表現している。
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 11月 3日(金)13時17分46秒
このサイトの満足度が良かったので期待してみたが、かなりのお涙ちょうだいで、困ってしまった。全く泣けなけないのである。やっぱり邦画は自分にあっていない。
★★★★★
From: みい(NO MAIL) 11月 1日(水)21時11分58秒
「花とアリス」で蒼井優にはまり、蒼井優見たさに劇場に行きました。「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」同様のストーリーだろうと予想でき、実際そのとおりなのですが涙が止まりません。彼女たちには生活してゆくことへの必死さがあるからだと思います。どうして、お兄さんは舞台を見に行かなかったのでしょう?妹を応援しつつも、自分は炭鉱で生きるということなのでしょうか?ラストのダンスシーンは素晴らしい!!この映画で蒼井優好きになった人は「花とアリス」もおすすめです★
★★★★
From: 通行人(NO MAIL) 11月 1日(水)17時19分41秒
ネタバレあり。泣けるというので見に行ってみました。喧嘩や閉山解雇や離別や…エピソードがたくさんあって、それらがちょいちょい消化不良気味なのは気になりましたが、泣きツボが多数設けてあって、気持ちよく泣けてよかったです。やはりストーブが。役者さん方も皆好演。フラダンスて思ってたより格好いいのね。
★★★★★
From: rin(NO MAIL) 10月 28日(土)01時21分40秒
最高に良かった!ラストの蒼井優ちゃんのダンスは鳥肌ものですね。全体的にとてもあったかい映画。友人のシーン以降、何気ないシーンでもじーんときてしまいました。先生の借金の問題は必要だったのか疑問ですが、他が完成度が高かったので★5つ
★★
From: ルカ(MAIL) 10月 28日(土)00時00分58秒
かなり期待して観たのでがっかりしました。どのシーンも中途半端で感動するところが無かった。もっとポイントを絞って丁寧に作ってほしかったです。でも、フラダンスは見ごたえありました
★★
From: どんすこい(NO MAIL) 10月 25日(水)08時46分00秒
正直、ここでの高評価は?確かに面白いのだが、最後のダンスシーンがなければこの評価になってしまうドラマ。まず、一体主人公が誰なのか?以下のように変転する。夕張に行った娘→松雪→優→松雪(エンドロール)全体的に見ると松雪と優との間の空間に主人公が存在していたような感じ。感情移入ができなく残念。次に色々なエピソードがブツギレで消化不良。主人公不在なのでやむを得ないのだが。また、これは「リトルダンサー」へのオマージュであり、もっと言えば全くのリメイクである(あえてパクリとは言わない)。別にそれが悪いとは言わないが、リトルダンサーにすごく感動したことがある私としては、この映画のレベルには満足できないと言わざるを得ない。この手の映画の好きな方はリトルダンサーを貸しDVDで鑑賞されるのをお勧めする。私の感想が少しは理解していただけると思う。最後に、「常磐ハワイアンセンター」のCFを有料で2時間見せられたという気持ちがもやもやと残った。猛烈にハワイアンセンターとやらに行ってみたくなることは必至。(笑)今後、大繁盛するんだろうなあ。
★★★★★
From: (NO MAIL) 10月 24日(火)01時26分56秒
自分の田舎ということもあり、特別な思い入れを持って、見に行きました。何でもないところでも、なぜか泣けてくる…全体的に、じんわり感動させてくれる映画でした。ただ、あえてつっこめば、いわき弁の使われ方に偏り&違和感が…。ま、それはストーリーが良かったので、ヨシとしましょう。ぜひ、見てください!!
★★★★★
From: たこわさ&プリンス(NO MAIL) 10月 23日(月)21時14分48秒
単純によかったと思います。ものすごい練習をつんだな〜って思えるような。演技は蒼井優さんがものすごくよかった!将来的に期待大ですね。
★★
From: テル(NO MAIL) 10月 23日(月)03時14分52秒
確かに良い作品なんですけど、「リトル・ダンサー」に似過ぎです。ちょっと盗作ではないかというくらい。
★★★★★
From: (NO MAIL) 10月 22日(日)23時20分26秒
ネタばれ注意※くたくたに疲れた仕事帰りのレイトショー。片道90分。皆さんのコメントを参考にして観にいってきたかいがありました。踊りっていいですね。ミュージカルももちろんそうなんですが、この映画を観て、改めて感じさせられました。フラダンスなんて、そんな大したことないと思ってましたが、凄いですね。あんな意味があるとは全然知りませんでしたし、早いリズムの踊りのダイナミックなこと!蒼井優さん、踊りなくてももちろん素晴らしい役者さんですが、なおのこと光ってました。他の役者さんもよかったです。監督さんもうまいのか、みんな実感のこもった、迫力の演技で応えてらっしゃいました。松雪さんも私は良かったと思います。代表作の一つじゃないでしょうか。銭湯のシーンが一番印象に残ってます。昨日帰り道、思い出しては涙がにじんできてしかたありませんでした。今日は反動でえらい脱力感です・・・
★★★★★
From: こて(NO MAIL) 10月 22日(日)22時44分37秒
泣きました。まだ整理できてませんが、あの時代の人々の葛藤と、松雪さんと蒼井さん、フラガール達の稽古量とがあいまって。ただ私も、あのポスターと予告Vとはちょっと・・・と思います。松雪さんが主演というのも少しピンとこないところがあるし。
★★★★★
From: もも(NO MAIL) 10月 22日(日)18時20分54秒
最初、映画に入り込めなかったんですが中盤以降ぐいぐい引き込まれました。何度も泣かしてもらいました。ラストは涙、涙、感動!映画館でエンドクレジットが終わるまでほとんどの人が関を離れませんでした。久々にいい映画を観れて本当に良かったです。
★★★★★
From: おいらだよ!(NO MAIL) 10月 21日(土)02時59分58秒
(゜∇゜ ;)エッ!?これってフルモンティとかブラス!に通じる作品だよね。スゥイングガースとは全然違うでしょ。 でも最高だよね!まさかしずちゃんにまで泣かされるとは・・・ 観ないと絶対に損するよ!
★★★★
From: ボヘミアン(NO MAIL) 10月 19日(木)22時17分40秒
こんなに「泣かせ」の要素が満載だとは知らずに観に行ってしまったせいか、わたしの涙腺が不意打ちに遇いました。知ってて観に行ってたらこんなにハマっていたかは疑問ですが、スッキリさせてもらったので「星4つ!」
★★★★★
From: 記者(NO MAIL) 10月 19日(木)15時20分34秒
これ、素晴らしい。今年の邦画はわりと当たっていて、「時空をかける少女がトップで、「3丁目の夕日」がその次かと思ってましたが、それを上回る傑作。蒼井優が後半出てくるたびに、涙が出ました。2時間で物足りない。ほとんどの映画は時間を気にしますが、終わった瞬間、もう終わり?という感じ。見ないと損。それにしても、タイトルとポスターのセンスが悪すぎ。こんなに素晴らしい映画を見逃すところだった。宣伝部の人間は猛省せよ。
★★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 10月 18日(水)22時01分09秒
 ポスターとかを見た時には、観に行く気はまったくゼロだったのですが、ここでの評価が高かったので、観に行ってみました。 基本的には感動的なお話なのですが、笑いあり涙ありで、いい映画だと思いました。 松雪さんをはじめ他の方々もよかったけれど、特に蒼井優さんのフラが素晴らしかったです! 富司純子さんのお母さん役が迫力。 豊川悦治さんのお兄さん役も好印象。〜以下、ネタバレあり〜 僕もお母さんがストーブを集めるシーンが、一番グッときました。
★★★★
From: 竜崎麗香(NO MAIL) 10月 18日(水)13時15分33秒
最後のシーンで決定的なカタルシスをはかれるので、そこに至るまでのテンポの悪さは吹っ飛びます。そのうちテレビで放映されるときに、腕の良い編集者が編集した「テレビ特別編」の方が、引き締まった作品になるかも知れません^^;いずれにしても見て損はない映画。
★★★★★
From: ぴゅるる(NO MAIL) 10月 16日(月)14時14分07秒
いやあ、期待しなかったのだけれど良かったよ。何がよかったって、(ストーリーに無理はあっても)演技に無理がないところかなあ。(ネタバレあり)お母さんがストーブを集めるところがぐっと来ました。
★★★★★
From: momo(NO MAIL) 10月 16日(月)00時20分32秒
蒼井優見たさだけで行ってきました。やはりこの人、踊らせると素晴らしいですね。ストーリー的には時々、ん?ってところがあったけど、そんなのもラストの彼女のダンスで吹っ飛びます。ハチクロの役どころには不満でしたが、これは最高ですね☆もう1回観にいきたいです。
★★★★
From: タカ(NO MAIL) 10月 15日(日)20時31分31秒
なかなか面白かった。ちょっと過剰演出はあるものの一人ひとりの描き方が良く、普段泣かない私が、泣いてしまいました。あと富司純子はさすが貫禄がありました
★★★★★
From: jun(NO MAIL) 10月 10日(火)17時59分08秒
言ってしまえば、まるっきり「スイングガールズ」的な作品なのだが決定的にちがうのは、この物語が実話だということ。そのことが都合のよく進むストーリーに程よい重みをもたせているのだろう俳優陣も素晴らしく、私個人的には『地雷』と位置づけていた松雪泰子も、あのわざとらしい演技をほどほどに押さえなかなかの好演。しずちゃんも不思議な存在感を示す(しゃべらなければだが)それより何より特筆すべきはやはり蒼井優だろう過去のどの作品より素晴らしい演技を見せ、松雪泰子を完全に食っている。ラストのダンスシーンも素晴らしく、思わず引き込まれる。見終わった後の後味もよく、久々に晴れ晴れとした気分で映画館を後に出来た。文句なく★5つ。
★★★
From: 777(NO MAIL) 10月 10日(火)10時12分04秒
少しじっとりしすぎ。別れのお涙頂戴ばかりで、例えば完成したハワイアンセンターで、フラガールズが初めてリハーサルする時の感動とかがすっぽり抜け落ちてる。惜しい。
★★★★★
From: ゆう(NO MAIL) 10月 10日(火)00時15分34秒
とってもよかった!!!今日時間があり、ここで評価が高かったのでみにいきましたが、オーソドックスな作りなのにすごく感動できました!!!しずちゃんも良かったし、蒼井優のダンスも素敵でした☆また見に行きたいです!
★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 10月 9日(月)11時01分03秒
邦画の王道パターンであるけれど素直によかったと感じたのは俳優陣の演技力かなぁトヨエツ良かった。松雪さんとの関係もあいまいなまま終わらせてくれて逆に良かった。借金の話はどうなったかは気になりますが・・・シムソンズに激似なんだけど両方今年の当たり邦画でした☆
★★★★
From: アルエム(NO MAIL) 10月 8日(日)11時54分24秒
よかったです!本当に思いのほか・・・。予想外の出来事は特に起こらないし、映画の作りとしては至極ありがちだけれど、実話が元というだけあってか重いテーマも絡んできたりして、ただ泣かせて笑わせるだけの軽い娯楽映画にとどまらず、考えさせられたりもしてよかったです。とにかく役者がよかった!みんなそれぞれ適役でみていてすんなり入りこめましたね。蒼井優も、最初「害虫」という映画で観た時は、「何て演技が下手なんだ・・・」と思いましたが、本当にうまくなっててびっくりです。ダンスも最高にかわいかったしよかった!ハワイアンズに行きたくなりました!!
★★★★★
From: しずちゃん(NO MAIL) 10月 8日(日)09時21分48秒
ごめんなさい。はっきり言ってなめてました。軽い部活の乗りかと思ってました。かなり泣けました。泣きすぎてもう映画終わった時は目が真っ赤でした。もう一度見たい映画です。
★★★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 10月 7日(土)00時15分20秒
私はこういうタイプの作品がとても好きです。笑えて、泣けて、スカッとする。蒼井優がキラキラしてます。あの娘は決して美形ではないのだけれども、オーラが出まくりです。しかもビックリするほどの素晴らしいダンスで魅せてくれます。富司純子、岸部一徳の両ベテランは、さすがの演技力です。う〜ん、感動した。素晴らしい作品です。是非観てください。お勧めします!
★★★★★
From: λ(NO MAIL) 10月 6日(金)19時11分50秒
涙が止まりませんでした。無理してでも、ぜひ見てください。お願いします。
★★★★★
From: りい(NO MAIL) 10月 5日(木)01時12分39秒
もう下に↓に書いてあるので、言うことがありませんが、良い映画でした☆何回もいつの間にか涙が出てきてしまいました。蒼井優がかわいすぎでした。
★★★★
From: 風のすべてが彼の歌(NO MAIL) 10月 4日(水)14時55分02秒
女子が何かを目指して頑張る映画、というのがここ数年多くて全般に出来がよく、比較とご参考のため簡単に点数付けすれば、(「リンダリンダリンダ」もそうらしいが未見)         テンポ 味 ラストの盛上りがんばって  いきまっしょい 6  7  7(瞬間9) 20ロボコン      5  6  6      17スイングガールズ  7  5  8      20シムソンズ     8  6  7(エピローグ8) 21に対してフラガール     6  7  8      21くらいか。少なくとも他の佳作と同等のよい出来。難を言えば、急所以外の物語部分の演出はそう快調とか練り抜いてあるとは見えず、クライマックスも良質ではあるがもう一押し見せに見せるようにも出来たと思う。(8点くらいであって9〜10点ではない。)とはいえここの総合点が示すように多くの人に取って見て損だと思うような映画では多分全くない。なお蒼井優の妙な存在感と見せる舞踏の見事さについては、下でも言及されているが「花とアリス(映画版)」のクライマックスもこの映画同様一見に値するので興味を持たれて未見の方はご参照。
★★★★
From: noritama5(NO MAIL) 10月 3日(火)18時24分15秒
良かったです。リトルダンサーの焼き直しの部分がかなりあると思いますが。それでも面白い。映画として良くできると思います。
★★★★★
From: チョコミント(NO MAIL) 10月 2日(月)10時21分37秒
泣き笑い映画の王道ですね。わかっちゃいるけど、面白いし感動する。誰が見ても楽しめると思います。
★★★★★
From: ぱてん(NO MAIL) 10月 2日(月)00時34分02秒
「花とアリス」のクライマックスで蒼井優ファンになったアタイにとってアレを越えるものを見せられるとは思ってもいませんでした、、蒼井優サマと富司純子サマのあのシーン、セリフ無しで納得させる、その踊りの芝居が素晴らしいデスわ、、
★★★★★
From: よよよ(NO MAIL) 10月 1日(日)20時56分05秒
豊かになりすぎた日本を見直す機会になりました。母親がいなかったり、父親がいないと言う設定など、日本はとっても貧しかった時代があったんだなと。プロジェクトX的という評もありますが、プロジェクトXもしかり、苦しい時代を乗り切ってくれた先輩諸氏に感謝です。映画的には、笑いあり、お涙あり、そしてハッピーエンド。映画を見たという気になります。
★★★★★
From: みみ(NO MAIL) 10月 1日(日)10時04分30秒
面白かった!!松雪泰子のダンスシーンとフレッシュさがある蒼井優のダンスシーンがほんとにすごかった。しずちゃんもいい味出していて会場で涙を流している人がたくさんいました。
★★★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 9月 30日(土)14時31分04秒
鑑賞前の予想通り、「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」などと作品の基本構造は同じ。ユルさやノリ重視の2作に対し、本作は閉山間際の炭鉱の人達の生活を描いていることなどから、ドラマ部分がよりしっかり作られてはいるものの、あまり目新しさは感じられなかったな、というのが正直なところ。また一種の群像劇的な作りでもありましたが、その点においても少々ポイントの絞り方が甘かったように思います。前評判のよさに期待しすぎたせいもあり、上記のように少々展開に物足りなさを感じたのも事実ではありますが、そう言った中でも目についたのが、主演クラスの働きをした蒼井優の存在感。ラストの単独でのパフォーマンスは言うに及ばず、それ以外の何気ない表情や言葉ひとつひとつにも、彼女のナチュラルな魅力は見て取れます。また前半のやぼったい言葉とセーラー服姿の彼女、中盤の母親の前でレッスンをしている時の彼女、そしてラストのステージでの彼女、というように、それぞれがコントラストをなし、彼女の成長が鮮やかに描かれていたように感じました。まあドラマ自体には破綻も感じられないし、ラストの彼女たちのステージも見事。何だかんだいいながらも、けっこう涙腺刺激されてます。何よりラストのクレジットで、この物語が実話を元にしていることを初めて知り、この作品が安直な単なる定番ものではなっかたことにビックリ。改めて彼女たちをはじめとする炭鉱の人達の生きざまに心が動かされました。 満足度からするとホントは★4つってとこですが、あのクレジットで少々甘めながらもこの評価。
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 9月 29日(金)14時23分49秒
よかった。すばらしかった。いわきってこんな田舎ったんだな。松雪泰子のダンスすごい。東北弁いい。暖かみがある。山ちゃんかわいいかった。小さときここに行ったけど、ダンスはみなかったから。今度は見に行きたいなと思う。(個人的に)
★★★
From: ジミー(NO MAIL) 9月 28日(木)18時48分16秒
いい映画だと思います。ただ、日本映画全体にいえることですが、編集がよくないです。編集がよければもっとすっきりした映画になると思います。省略するところは、省略して、説明すべきところは説明する。とくに、コメディータッチの部分は必要ないと思いました。あと、“音”もよくなかった。(映画館のせい?)
★★★★★
From: ナウシカ(NO MAIL) 9月 27日(水)16時22分44秒
はじめまして!大好きなタイプの映画かなぁと思って早速観てきました。泣いて笑ってラストに迫力のあるダンスシーンが待っている、ストレートに楽しめて感動する映画でした。音楽も良かったし、何よりもそれまでの想いや物語を詰め込んだフラガールズとそれを見つめる先生や観客の表情が良くて、いっしょに拍手拍手でした。感動娯楽作品としてお勧めです!
★★★★★
From: コージー(NO MAIL) 9月 25日(月)23時49分45秒
素直に感動できるいい映画でした。理屈を言えば突っ込み所はたくさんあるけど、新しい時代の変化の中で自分達や家族・故郷の新しい生き方に挑戦しようする主人公たちの熱い思いが、素直に伝わってきました。松雪泰子の役は、落ちこぼれコーチが最初はいやいや始めた駄目チームの育成に、次第に情熱を燃やす、いわばスポーツ物の定番(例えば「クール・ランニング」とか)。でもそれが感動をもたらすのは、やはり昭和40年代の炭鉱と言う、プロジェクトX的時代背景とそこで必死に生きる人々を描いているからでしょう。余談ですが、これだけ福島(東北?)訛りを表にだした映画は珍しいのでは。最後に、松雪泰子が岩手訛りでしゃべるようになったのには、ささやかながらホロリときました。ついでに、炭鉱とダンスと言えば英国映画「リトルダンサー(原題:Billy Elliot)」を思い出しました。これも似たようなテーマのいい映画でした。
★★★★
From: まさと(NO MAIL) 9月 25日(月)19時50分55秒
笑いあり、涙ありでよくできた作品だと思いました。3丁目好きな人にはお勧めです。松雪泰子より、蒼井優の方が主演っぽかった。但し、松雪泰子の借金の話と豊川悦司との関係が中途半端な気がした。
★★★★
From: みや(NO MAIL) 9月 25日(月)19時04分11秒
ネタバレなし。試写会で観てきたのですが、まぁまた「○○ボーイズ・○○ガールズ」のノリなのだろうな期待しないで行ったところ、笑えるところもあったし、恥ずかしながら「あ、泣くかも!?」ってなところもありました。背景的に、それはないべ!って所もちょっとは気になりましたが、久しぶりに気軽にオススメできる日本の映画って感じですな。
★★★
From: Bu--yan(NO MAIL) 9月 25日(月)18時31分42秒
感情の流れが自然じゃなかったことにかなり不満。脚本をもっと練って欲しかった。「プロジェクトXにしたくはなかった」と監督はコメントしてるけど、松雪泰子を含むフラガール達の視線で物語が進んでいるのか、あの町全体の視点なのかがあやふやで困る。結果、松雪泰子、フラガール達、町の人達、どれもこれも中途半端にしか描けていなかったとと思う。コメディ的な要素は削った方が良かった。コメディかと思えば超シリアスなシーンがいきなりきたりで観てて疲れたし、うんざりした。蒼井優のダンスは凄かったけどさ。でもそのダンスシーンも、もっともっとカッコ良く撮れると思った。
★★★★★
From: フラワー(NO MAIL) 9月 24日(日)22時52分04秒
人の心が動くとき、時の流れは止まる。そんな感動の瞬間が、この作品にはありました。超オススメものです。昭和40年という時代設定を忠実に再現している、典型的なプロジェクトX形式です。情報が氾濫して何でもアリの現代とは違う、あの頃の世間一般の心理描写や価値観の持ち方を充分考慮したうえでの、とてもシンプルなストーリー展開に、好感が持てました。ボタ山、長屋、さまざまな小道具もしっかり機能して当時の雰囲気を再現してました。「一山一家」の4文字熟語もいい味出してたし。蒼井優のフラダンスシーンは他所では絶対に見る事のできない、言葉を越える感動モノです。クラシックバレエの経験が役作りに活かされてました。確かに鼻のつく確信犯的な演出ですが、単純にスカッとするし気持ちイイ。先生役の松雪泰子のそれと比較して、それぞれの持ち味の違いを楽しみました。ベテラン俳優さん達の魂の叫びも、強く大きく響くものがあった。さすがの貫禄でした。いわき弁とハワイアンのミスマッチが、とても心地よかったです。
★★★★★
From: はり(NO MAIL) 9月 24日(日)21時23分17秒
なんとなしに、しかも普段はなかなか興味のわかない邦画をみてみたのですが。。蒼井優の魅力がものすごかった。(特に踊っている時)あの舞台上で輝く個性はただものではないなと感じました。きっと将来すごい女優さんとして生き残るのではないのでしょうか。ちょっとびっくりしました。若い子からそうでないフラガールたちとその周りの人たちと。夢をみることも、古いものを大切にすることも、とても大事なことだし、幸せなことだと感じました。とにかくみんな一生懸命に生きていたんだ と感じた映画でした。損得ではなしに。。
★★★★★
From: なおみ(NO MAIL) 9月 24日(日)18時18分23秒
はっきり言ってみちゃくちゃ泣けます!見終わった後は泣き疲れで帰りの電車でウトウト…蒼井優のかわいさ!松雪泰子の完璧さ!そしてしずちゃんがまたいい味出してました。こういう映画はalwaysみたく幅広い層に受け入れられて評価も高いのではないでしょうか!外国語映画賞いけるかも
★★
From: すずき(NO MAIL) 9月 24日(日)00時57分19秒
生まれて初めて、自腹で劇場に見に行った邦画であった。この映画は、ダンサー募集の貼り紙に始まり、ダンスの舞台に終わる、まさにフラダンス中心の映画である。しかし、この映画の主題を考えると、本当にそれでいいのかと疑問に思う。確かにフラダンスはハワイアンセンターの目玉であり、親の死に目にも会わずに踊りに情熱を注いだ彼女達の姿は感動に値する。しかし、長年守ってきた炭鉱の町が「ハワイ」を作り出すには、その構想から実現まで、壮大な苦労と奇跡があったはずである。その姿はまさに、いつの時代でも色あせない、迫りくる新しい時代への対応に対する市民の努力と英知の賜物であろう。そんなドラマを、ダンスを通した先生と生徒の成長だけで表現していいのだろうか。あと1時間上映時間を追加しても、もう少し重い時代背景を描くべきではなかったのだろうか。ありがちのダンスを通した笑いアリ涙アリのストーリーは、まるでTVの「コント」のように軽い映画である。有名な俳優を使って興行は稼げるだろうが、細かなリサーチに手を抜いたのか、当時の雰囲気を出し切れていない。ハワイというだけで採用したジェイク・シマブクロのBGMもさらに軽さを煽る。方言はしっかりしているし、青春感動ものとしては無難なストーリーなので、スパリゾートハワイアンズの土産物コーナーで息の長い土産になるにはいい映画であろう。