グッドナイト&
グッドラック


満 足 度
36.4%
回答者数11



DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 6月 17日(土)21時11分04秒
 見応えのある映画でした!。権力の暴走と、それに立ちかう一(いち)ニュースキャスターとその仲間たちを描くという作品の内容、全体に感じられるリアリズム、俳優さんたちの演技、など、いろいろな面でよかったです。 モノクロ映像も、当時の雰囲気を際立たせていたと思います。
★★★★
From: 黒丸(NO MAIL) 6月 13日(火)19時54分09秒
この映画は、マローやその仲間達を物語として描く、伝記映画というよりも、今この時代の(主にアメリカを対象とした)我々に、彼らの精神を伝えるための映画なんだと思う。赤狩り時代を描いた映画は、今までハリウッドはわりと冷遇されていたという話も聞いたが、この作品がアカデミー作品賞や監督賞候補と取り上げられたという事は、ハリウッド内でも変化が出てきたという事でしょうか?最近はわりと「癒し」系映画が人気ありますが、こういった心地良い緊張感が続く映画っていうのも良いですよね。とにかく全編通して、「かっこいいっ!!」と叫びたくなる映画でございました。
From: 取渕雅治(NO MAIL) 6月 4日(日)00時36分42秒
はっきり言ってアメリカで有名な人でも 日本では全く知らないので ついていくのに時間がかかってしまった   それにしてもジョージクルーニーには監督の才能が無いと思います 93分という短いのだけが良かった  
★★★★
From: ぶーまー(NO MAIL) 5月 26日(金)19時01分02秒
ジャーナリズムについて少しでも興味があれば十分に楽しめる作品。50年代のアメリカのTVが舞台だけに、扱っている問題、時代背景を含めて若い世代には、テーマを含めて当時の状況をある程度知ることは必要なのかもしれない。舞台となるTV会社の人間が皆タバコを吸っているなんてことに目がいくようでは、この映画の本質は決してわからないだろう。現在のTV業界の怠惰で悲惨な状況を含めた上で、ジャーナリズムとはなんなのかに思いを馳せるのは悪くない。
★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 5月 20日(土)00時08分38秒
タバコの煙が満ちたテレビ局の雑然とした様子は不快ではあるが、ドキュメンタリーのような雰囲気をたくみにかもしだしている。よいタイトルがついているし、エド・マローらジャーナリストの意地にも素直に共感できる。しかし、テレビというメディアがやたらと高尚に位置づけられていて、説教くさくなっているのは難点である。
From: やよい(NO MAIL) 5月 19日(金)01時31分10秒
日本人には難しいテーマなんじゃないのかなぁ。バックグラウンドを知っていれば楽しめたかもしれないけど何も知らない人にとっては、説明不足だと思いました。
★★
From: クルーゾウ(NO MAIL) 5月 18日(木)21時42分11秒
<ネタバレ有り>特筆すべきは、デヴィッド・ストラザーンの存在感。台詞や動きよりもまず、表情で主人公の生き方を体現している。貴重な俳優だと思う。ただ全編を通して、今の立場を失うかもしれない緊張感が伝わらなかったのが不満。途中に挿入される歌の場面も、一段落すると歌、と構成がパターン化していてクドく感じてしまった。最後のマローのスピーチは、「オーシャンズ13」に出演するスターのジョージ・クルーニー監督にしては大きく出過ぎだ。アメリカは、クルーニーは娯楽作と問題作を作り分けて成功した、との評価もあるが、どちらもスターのクルーニーに変わりはない。あれほどの台詞を語らせたからには、その言葉が偽りではないことを少しでも見せなければならないのではないだろうか。とても深く、重いテーマを扱っただけに、監督の信念に、大きな疑問を感じてしまう。
★★★★
From: noritama5(NO MAIL) 5月 16日(火)00時06分32秒
渋い映画でした。使われている音楽がすべてジャズで、それとモノクロ映像がよくマッチしている。内容は、非常に政治色の強いものに見えますが、クルーニー自身がパンフでも言っているように「議論を起こしたい」という姿勢がよく出ています。かれは最近のアカデミー賞で「決してアメリカの映画界は浮世絵ばなれした話ばかりでなく、つねに社会的な問題の最先端を取り上げてきた。この(映画界)の一員である事を誇りに思う」という趣旨のスピーチをしたことが記憶に新しいです。リベラリストの映画、しかしとても重要な提案でした。ファッショ政治の危険性、民主主義というものに対する誠実性。今私たちがすんでいる日本に対しても鋭く問いを投げかける映画だったと思います。
From: はな(NO MAIL) 5月 5日(金)22時19分23秒
3回寝てしまいました。確かにモノクロ映像は、キレイですが私は大嫌いです。この程度でアカデミー賞ノミネートですか・・・・アメリカという国は、汚物国家ですね(笑
From: ととと(NO MAIL) 5月 1日(月)17時01分30秒
これから、戦いだってところで終わってしまいました。不完全燃焼映画ですね
★★
From: no(NO MAIL) 5月 1日(月)11時13分38秒
深夜に見たせいか、途中から寝てしまいました。みんなタバコ吸いすぎ!今のアメリカのヒステリックな禁煙状況も批判していたのでしょうか?