花よりもなほ

満 足 度
75.0%
回答者数13


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: megurinn(NO MAIL) 6月 28日(水)22時51分14秒
見終わったあと映画についてあれこれ話したくなるからこの映画は一人でみるより 二人でみてほしい。好きな人とね。 最高。日本映画やるなー!もっと上映館増やしてほしい!
★★★★★
From: もっちー(NO MAIL) 6月 28日(水)22時40分23秒
良かった。見終わった後しみじみ、爽やかな気持ちになった。役者が皆上手かったね
★★★★★
From: しばっち(NO MAIL) 6月 25日(日)14時27分59秒
最初に映画館に入ったとき、年配の客が多くてびっくりしました。よく考えてみれば平日の昼間で時代劇なんだから当然なのですが。じわじわと、また観たくなってまた観に行きました。観る人によって思うことは違うでしょう。ある種ファンタジーだと思います。現実(江戸時代なのだが)はあんなに甘くないと言われるかもしれません。でも、弱くてやさしい人間を決して責めないこの映画が、私はとても好きです。
★★★★★
From: のん☆★(NO MAIL) 6月 23日(金)22時48分18秒
かなり満足しました。友達のタダ券で行ったんですけど、観客はあたしと友達入れてもたったの4人でした。かなり貸切状態で・・・。楽ちんでした☆思った以上の出来で、正直びっくりです。爆笑!とかじゃないけど、ちょっとしたセリフ回しとかがクスクスっと笑えておもしろかったです。是枝監督作品は全部観ていますが、『ワンダフルライフ』の時に感じたような人間の暖かさというものが、この作品でも感じられ、人情味溢れる感じの作品で、すごく良かったです。キャストも皆さんすごく良かったと思います。岡田君、実は期待してなかったんですけど、すごく良かったです。こんないい役者さんでしたっけ?宮沢りえさん、最高ですねぇ。めっちゃきれいだし、存在感もすごくあって・・・。お笑い芸人さん(上島さん・木村さん・千原(兄)さん・トミーズ雅さん)がたくさん出演されてましたが皆さんすごく良かったです!自然体な感じで、皆さんすごく楽しそうでした!古田新太さんも田畑智子さんも良かったです!!でも一番あたし的にどツボにはまったのは、加瀬亮さん!!!!かっこよすぎですよぉ!!!!
★★★★★
From: まみぃ(NO MAIL) 6月 22日(木)20時15分37秒
加瀬亮目当てで観に行きました。夕方6時の回ですが観客5人少し寂しいかなと加瀬亮目当てで行きましたかっこよかったな血の出ない時代劇も素敵
From: ムギ(NO MAIL) 6月 21日(水)17時43分04秒
仇討ちの話なのにその原因となる父親が出てこないので欠陥住宅のようドラマとして構造に根本的な欠点を抱えている俳優や美術が良くてもこれじゃイカン
From: oza(NO MAIL) 6月 21日(水)10時13分48秒
これは時代劇ではない。着物を着た現代劇だ。時代劇にする必要性を全く感じない。この監督の作品はどれもそうだが、この作品もご多分にもれず冗長だ。過去の作品についてはある程度まで我慢するが、今作ではもっとメリハリが必要ではないか!貧しい思想を長々と綴った最低作!こういう作品を評価していては日本の時代劇はますます堕落してしまうだろう。
★★★★
From: めいめい(NO MAIL) 6月 18日(日)18時42分22秒
俳優陣に惹かれて見に行きました。一貫してほっこり、のんびりした時代劇に見えますが、実は「いかにして憎しみの連鎖を越えるか」という問題も抱えた深い作品でもあって、でもやっぱり、ただののんびりした地味な時代劇にも見える。そして最後までラストが読めない。そういうのって、実はすごくないですかねえ。
★★★★
From: ひよこまめ(NO MAIL) 6月 15日(木)19時15分40秒
今年は日本映画がイイなぁ、とあらためて思わせてくれた1本。なんと言っても、登場人物がみんな、すごく「生きた人間」でした。古田新太、キム兄、上島竜平、夏川結衣、みんないい。香川照之さん、最近いろいろ出過ぎだけど、やっぱり巧い。もちろん岡田クン、すごく良かった。「東京タワー」よりも、「フライ、ダディ、フライ」よりも。今までで一番良かった。個人的に、これからはちょっと、俳優・岡田准一が要チェックだな。どうでもいいけど、この監督の作品を観ると、私は必ず(て、まだ2回だけど)、年齢差も時代設定も超えて、主演俳優に恋をしてしまう。柳楽クンの目も素敵だったし、今回は岡田クンの微笑みも素敵だし。なんでかな。ところで、フワリと軽く流してるから気付きにくいけど、この作品はある意味、強烈な問題作かもしれないですね。日本人にとっては、忠義の“神話”にもされている例の仇討ち美談を、「隠居した年寄りの寝込みを襲って血祭りに上げた」だの「途中でビビって1人は引き返した」だの、すごく世俗的な見方でペロリと裏返して見せちゃった。さらに、岡田クンの「死闘」だって、武士の本分からすれば言語道断なわけで。最初に長屋の住人の1人が、「仇討ちだの切腹だの、人間が死ぬってのはそんなにキレイなもんじゃない」みたいなことを言ってたけど、そしてそれが、是枝監督のメッセージの核でもあったのだろうけれど、この映画には、神話化された美談や価値観を「なんぼのもんじゃい」とひっくり返して、「仇討ちなんてアホらしいじゃん」という、言っちゃイケナイ真実を言い切っちゃう、ものすごい爆弾が巧妙に忍ばせてある。長屋の生命力全体が、「王様はハダカだ」と叫んでる。イエスに妻子がいたかどうか、そんな謎解きよりも。日本人にとってはもっともっと身近で切実な問題提起が、下世話な人間の営みに姿を変えて、実はここに描かれています。そんな気がします。ともあれ、お気楽に娯楽作として観ても、十分楽しい秀作でした。是枝監督の次回作にも期待しよ。
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 6月 12日(月)18時35分56秒
おもしろかった。岡田准一かっこいい。宮沢りえあいからずかわいい。木村兄や、上島竜平ら、個性的な長屋の出演者がいい。だけど、最後なぜか、あれに(有名なね)つながったんだろうっと思った。
★★★★
From: おとまる(NO MAIL) 6月 7日(水)00時22分40秒
あの、長屋のオープンセットの素晴らしさだけでも、日本映画史に残りますね。この作品は。表通りから、土手を下りていく感じが、なんともそれっぽい。黒澤の「どん底」に匹敵しています。あそこに住みたい、とはさすがに思わないけど、あの佇まいに、身を置いてみたいですね。それから湯屋の描写が素晴らしい。低いくぐりをちゃんと描いてみせた点は完璧。こういうディテールにこだわって、スタイルを統一しているからこそ、現代語の会話も気にならないし、「映画の嘘」も心から楽しめる。岡田クンの笑顔のように、爽やかな映画でした。
★★★★★
From: (NO MAIL) 6月 4日(日)19時25分28秒
面白かったです☆随所に出てくる芸人も自然で良カッタひとつきになったのは子役是枝さんは子役使いがウマイと思っていましたが今回は台詞棒読みでしたねでも面白かった
★★★★
From: 純、(NO MAIL) 6月 4日(日)11時11分47秒
仇討ちの話なのに、見てて、敵を倒すのがかわいそうになってくる。いったいどうやって、落としどころを着けるのかと思っていたら。なかなかさわやかな終わり方で、とても良かったです。ただ、パンフでは群像劇と書かれていたのですが、物語としては、主人公とそのおまけという漢字だったのが残念。もっと、話の視点がいろんな人に飛んで、最後に一つにまとまってくれれば完璧だったのだけど。って、贅沢すぎますね。