キング・コング

満 足 度
68.8%
回答者数96


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★
From: TKR(NO MAIL) 3月 14日(火)12時02分43秒
キングコング物は、はっきりいってあきあきしていました。見た後も脚本的には物足りなかった。ただし、映像とスピード感は迫力満点です。CGコングの表情も動きもすばらしかった。でもそれだけ。
★★★★★
From:  (NO MAIL) 3月 10日(金)02時17分53秒
良い!の一言に尽きる
★★
From: リチャードゥ(NO MAIL) 3月 3日(金)20時21分12秒
オリジナル版が好きな僕にはただ苛立つだけの映画だった。何も考えずにみればそこそこの作品かなぁ?
★★★★
From: (NO MAIL) 2月 21日(火)21時26分32秒
面白かった。しかし長かった。オリジナルへの愛着ゆえに色んな要素を過剰に織り込んだ結果、整理がつかないまま3時間になっちゃった感が否めない・・個人的には髑髏島に着くまでの展開をもっとカットすべきだったと思う、特に船が出てからのグダグダさはザクザク切っちゃって良かったのでは?あの若い船員、やけにクローズアップした割には特にストーリーに絡むこともないしなぁ〜個性的な役者さんを揃えているのに人物の掘り下げが甘いのも勿体ない。つか、コングでなくても恐竜とか巨大な虫で十分世界第八の神秘なんじゃないかな?・・と後で思った。原住民も謎だし。コングとT−REXの激しいバトルがすげえ。
From: TJ(NO MAIL) 2月 16日(木)20時10分49秒
普通につまらないオリジナル版の良さを再確認した
★★★★
From: ライト人グ(NO MAIL) 2月 12日(日)16時59分35秒
想像したたよりおもしろかった。でも、あのばけものがいやだった。3時間には感じなかった。 
★★★
From: 辛口(NO MAIL) 2月 12日(日)11時54分54秒
素直に楽しめる。コングは、ワンパターンのお気楽映画なので、こんなものだろう。この監督は、今のところ、不朽の名作?「ブレインデッド」を超える作品を作ることができないでいるが、ともかく力はアル。
★★★★★
From: キッキッキー、オーウェン(NO MAIL) 2月 10日(金)17時10分10秒
ドクロ島での恐竜襲撃シーンはオリジナルの方がバリエーション豊かで楽しめたと思う。しかしこの作品もサービス精神満点だし、「キング・コング」への様々な「愛」が感じられて良かった。
ピーター・ジャクソンの最高傑作は普通に「ロード・オブ・ザ・リング」三部作だと思うがこの新「キング・コング」もなかなかのもの。確かに長くて特に髑髏島に着くまで少しもたつくが、そこからの怒濤の展開は非の打ち所もなく、滅びゆく野獣コングの悲劇には少し泣かされてしまった。
★★★★★
From: butty(NO MAIL) 2月 8日(水)23時07分48秒
久々の5つ。コングが出てくる迄は少し長く感じたけど、島の中での息を飲むシーンの連続に大興奮。ネタバレ↓いらないというご意見もありましたが、あの虫のシーンがよりリアリティが出て良かったと思う。連れて来てからの展開もよかった。素直に感動した。
From: ムギ(NO MAIL) 2月 6日(月)11時42分57秒
傑作「乙女の祈り」を作ったジャクソンとは思えぬ凡策ジャック・ブラックをもっと狂わせないと前半はもたないよ後半も凡庸ゴジラファイナルウォーズの壊れっぷりの方がまだ好感もてる
★★★★★
From: zZz(NO MAIL) 2月 4日(土)20時45分14秒
ピーター・ジャクソン監督の「バッドテイスト」「ブレインデッド」のきわどいゲテモノ路線と「ロード・オブ・ザ・リング」の迫力映像の超大作路線がうまく混ざって傑作になった。コングの雄々しい佇まいは男のロマンだ!
★★★★
From: フドー(NO MAIL) 2月 2日(木)02時10分10秒
アトラクションの様な映画でした。ロードオブザリングシリーズ同様、観るなら、劇場(特に音響設備の良い大スクリーンの所)で観るのをお勧めします。DVDで観るのとでは、満足度にかなり差が出るのではないでしょうか。長過ぎる(特に、コング登場までが)のもあるのですが、個人的にはもう一つ、乗りきれなかった感じがしました。コングには、もっと感情移入出来るものかと思ったのですが。以下、多少ネタバレ。虫、特にクモ・ムカデ系は苦手なもので、例のシーンでは危うく劇場から逃げ出しそうになりました。(笑)あと、コングは動きやたたずまい、大きさなどとひっくるめて、想像以上に「猿」「ゴリラ」でした。もしかしたら人によって、良し悪し・好き嫌いが結構分かれる所かも知れません。
★★★
From: くるたん(NO MAIL) 2月 1日(水)10時02分38秒
時間が長いので、途中であきるかなと思っていたのですが、そんなことはちっともを感じさせないあっという間の時間で、映像的になかなか楽しい作品でした。 コングの美女に対するあそこまでの執着心は、恋なのでしょうか?それとも、家族的な愛なのでしょうか?コングと美女の気持ちの結びつきが、いまいち理解できず・・・星3つです。ちなみに、私は高所恐怖症のなので、後半は観ていてめまいがしてきました。高いところが苦手な人は、ちょっと後半は違う意味で怖いかも・・・・
★★★★★
From: ババホテップ(NO MAIL) 1月 31日(火)18時38分16秒
世界的ではともかく日本では興行的にうまくいってないようですね、残念です。33年という大恐慌まっただ中の時代背景で主要人物を登場させ船出する前半、コングだけでなく恐竜、大トカゲ、巨大昆虫に巨大ヒルまで出すてんこ盛りな中盤、アンとコングの叶わぬ恋に訪れるささやかな幸福と悲劇を描く終盤・・監督の力業にやられっぱなしの三時間でした。
★★★★
From: TAK(NO MAIL) 1月 30日(月)14時41分12秒
ただの娯楽大作でなくしっかりとした作品になっていたのは監督の力によるものだと思った。ナオミ・ワッツは美しくとても良かったし、キングコングの表情なども良かったけれど恐竜のCGなどもう少しうまく出来なかったのかと思った。あともう少し前半が短ければよかった。
★★★
From: りり(NO MAIL) 1月 28日(土)17時30分49秒
映像に迫力があったけど、ストーリーとしてはいまいち。でも、期待しないで観たので、そのわりにはまあまあといった感じ。もし暇つぶし・・・というぐらいなのであれば、観てもよいと思います☆
From: 輪厚(NO MAIL) 1月 27日(金)18時28分05秒
これはいくらなんでも長すぎ。ヒロインがコングに握られたままぶんぶん振り回されても平気だったのには笑った。
★★★
From: まる(NO MAIL) 1月 23日(月)16時08分03秒
これを見に行く前に30年代に作られた方のキングコングを見ておこうと思って見ました30年代板の方で驚いたのはコングにまったく救いがなかった事。美女にはひたすらキャ〜キャ〜と怖がられ意思の疎通も何もない。だから余計にコングの哀れさが引き立っていて最後の監督のセリフも重く聞こえるのですが、今回のは美女がひたすら優しいのでそこがなんだか妙に嘘くさく思えてしまいました。映画監督の最後のセリフにもいやいやお前が殺したんだよ、と突っ込みをいれたい感じでした
★★★★
From: まこ(NO MAIL) 1月 21日(土)05時10分48秒
長かったですね〜(^_^;)面白く、時間を気にせず熱中できる映画ではありましたが、見終わった後、色んな場面で、もう少し時間を短縮できるだろう、という気がてんこ盛りでした(笑)ここは削れるだろうと思うシーンは、骸骨島のジュラシックパーク関連なんですが、でも、なくてもいいけど、やっぱり必要な気がするシーンな気もする。そんな感じです。一番気持ち悪かったのは、虫のシーン。これは本当にダメでした(^_^;)削るなら、ここを削って、という感じ。美女に恋した野獣、というよりは、コングにとってのアンは「小さくて壊れやすくて面白いもの」だからこそ自分の元に置いておきたい、大切に守りたい・・・恋愛よりは、保護者の心境を強く感じました。あくまでも、私の印象ですが。
★★
From: さくちん(NO MAIL) 1月 20日(金)01時40分04秒
(ネタばれあり)どちらかといえば、前半1時間を楽しみました。オリジナルが33年だとは云え、うまい時代に合わせたなあ!と思います。大恐慌時代の金融ノン・フィクション物を読んでいるのでタイムリーでした。大恐慌で深手を負った者負わされた者と、幸運にも暴落の被害を被らずに享楽的な見世物に飛びつく金持ち階層。貧困層で被害を被らなかった者はいないので、格差はますます広がった。キングコングはそのような社会の破壊者として異世界からやってきた、弱肉強食ピラミッドの王者であるとすれば、バブルを繰り返さるざるを得ない構造の後期資本主義に対して痛烈な皮肉だと思います。非アメリカ人である監督の頭の中にはそんなアイディアがあったのだと思う。思いたいです。オリジナルと違って、アンが見世物ショーを断り、コングに同情的であるという部分だけじゃ物足りなかったです。最初の1時間と後半の1時間を繋げてもっとスムーズにお話を作れたはず。コントロールしきって撮っていた指輪物語3部作を☆3とすると、これは☆2というのが満足度の評価でした。
追記:避難轟々の、少々鼻白むラストの台詞2連発(警察官とのネ)。あれは33年オリジナルと、全く同じものなのです。まああの台詞を使うか使わないかは、確かに監督の判断だとは思いますが。
★★★★★
From: いちごん(NO MAIL) 1月 16日(月)06時07分41秒
まさかお猿さんをみて泣くとは思わなかった!ただただ感動しました。せつなかった。すばらしい映画だと思いました。
★★★★
From: トッチャンボーヤ(NO MAIL) 1月 15日(日)22時10分15秒
コングが出てくるまでの1時間、これが良かった。人物の紹介が非常にうまかったし、髑髏島までの道のりが、なんとも不安を誘っていて、期待は高まりました。島についてからは、全体的には『ロスト・ワールドJP2』に似てるのですが、こっちのほうが漫画で、気持ちよく映画を見れました。欠点と言えば、虫や原住民はいいとして、恐竜があまりにCGすぎるので、そこがロマン気分減点1です。コングの演技はとても感動的でした。意地やけたり、心配したり、愛したりと、感情が伝わってきました。特に、悲劇的なラストを十分に臭わせながらのスケートシーンが良かった。ちょっと泣きそうになりました。星は4つですが、愛すべき最高のB級映画だと思います。
★★★
From: オタク猿人ゴリ(NO MAIL) 1月 12日(木)03時10分21秒
今回のコングって「千と千尋の神隠し」のカオナシと同じ性格ですな。やってること大して変わらんし。カオナシはバシッと振られて成長したが、コングは中途半端に受け入れられ、幼稚なまま死んでしまう。カオナシは現実。コングはロマンチックな最後をとげる、オタクのナルシズムの具現化。時折見える体育会系への敵意とか、破壊願望とか、実は憧れてやまないマッチョイズムとか、グログロムシキングとか、黙ってても分かってくれよつうテメエに都合のイイ恋愛観とか、オタク要素てんこ盛り。PJもついに己を出し始めましたなー。「オタクって何考えてるか分からないからイヤ...」というそこのアナタ!この映画で勉強しましょう。もっと嫌いになるかも知れんが。
★★★★
From: ショーちゃん(NO MAIL) 1月 10日(火)10時03分04秒
全体的には安心して見られましたただCGの出来の悪さが目に付く場面が結構多くて残念なところです簡単な物語なので、最後まで飽きずに見れるかがポントでしたが、自分の中では、初め〜上陸までがかなりつらかったですね・・・上陸〜ラストまではなかなかでした。最後はやはり。ウルウルします ★★★の出来ですが、ナオミワッツきれいすぎ!+★ 笑
★★★★
From: 通行人(NO MAIL) 1月 9日(月)20時58分08秒
ネタバレああ、もう、なんじゃこりゃー(笑)監督さんのキングコングに対する愛情+やりたいことてんこ盛りで、お腹一杯です面白かったけど、感情移入の行き場所がなくて疲れ果てましたとにかく、船長さんが格好いいので心は船長さん&クルー追いっぱなしそのせいかコングが、アンを助けに恐竜追い払うシーンでは本来、来た来た来たぁー! と胸すく筈なのに直前にコング、クルー虐殺してるんですもん素直に応援できませんて・・・そんなわだかまりが、いたるところにありましてニューヨークに帰った後は船長さんにこれっぽっちも触れてくれないし仕方がないから、今度はコングに感情移入してみました何だここ、鬱陶しいぜ、てめぇ女攫った奴だな畜生女がいたぜ、高い所行って一緒に夕日見るぜ畜生「美しい」だろ、俺分かってるぜ!ああ、痛いぜ、何だこりゃ、死んでしまうー・・・アンは男手玉に取る悪女にしか見えませんでした見つめる視線に色気があって凄いいい女なんですがジャックは頑張っている割に、影薄い恋愛物だという印象はあまり受けなかった(^^;蚊にムカデにこおろぎにミミズには鳥肌が立ちっぱなし劇場内カップル多かったけどこれは彼女に顰蹙買いそうだ要らないシーンといったら、ビルの上以外全部いらなさそうそれでいて、全部必要な気もするなんにせよ、盛りだくさんな映画でした
★★★★★
From: YUKI(NO MAIL) 1月 9日(月)20時17分10秒
細かいところでいくつも気になることはありましたし、ちょっと詰め込みすぎな感じもしましたが、臨場感溢れる映像で、長い上映時間も飽きることなく楽しめました。最後はかなり切なかったです。様々な生き物が弱肉強食で生きている中で、知恵を授かった人間が一番愚かな生き物だなと感じました。
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 1月 9日(月)16時09分27秒
よかった、感動したな。迫力満点だった。だけど三時間はながかった。もうちょとまとめてほしかった。しかし出番が少なすぎ。小さい子供が見るには残酷。ジェラシックパークよりすごかった。ゴリラがでかかった。人間が小さく見えた。原始人?怖い。エンパイヤーステイトビルのシーンがいい。
From: MUSA(NO MAIL) 1月 8日(日)17時27分03秒
コングが出てくるまでが長すぎ。途中で寝そうになった。
★★★★★
From: 最古(NO MAIL) 1月 7日(土)21時35分21秒
前半は非常に眠たくなったが後半の巻き返しがすごかった。ピーター・ジャクソンいいもん作ったよ
★★★★★
From: 更年期、Dドライブ(NO MAIL) 1月 6日(金)16時16分47秒
おもしろかった。ねたばれラストシーンで泣きながらキングコングの最期を見届けて、余韻もなく、ブロディが来たらすぐキスしていて、ひどいっ!と思いつつ。
ネタバレ。泣いた。ストーリ的な感動ではなく、ガチンコ死闘のあまりの痛快ぶりに。心の中で、「やれ!殺せ!」と叫んでいた。壮絶なパワーファイト。ヒロインのピンチに駆けつけて敵を殲滅する。ヒーローの条件です。コングは漢でした。また、劇中映画の男優さんも漢です。彼も味方のピンチに駆けつける人でしたね。それに比べるとブロディもジャック・ブラックも見せ場は少なかったように思えます。
★★
From: speakeasy(NO MAIL) 1月 6日(金)15時23分03秒
(ネタバレ注意!!)エンパイア・ステート・ビルに登ってからのシーンが素晴らしかっただけに前半の過剰で余計なシーンが惜しまれる。恐竜や虫の存在は要らなかった。あれじゃ、ゴリラじゃなくて、恐竜のほうを連れて帰りたいと普通思う筈(笑)。ゴリラの引き立て役の筈がかえってゴリラの存在を薄める逆効果になっていたと思う。やっぱりピーター・ジャクソンはロード・オブ・ザ・リングを撮る前にこの映画を撮っていたほうが良かったな、と思った。あまりにも大物になり過ぎると予算からなにから豊かになるからかえって創意工夫がなくなって作品には良い影響を与えないものなんですね。スピルバーグもジョーズが一番面白いのと同じこと。ぜひ、恐竜のシーンはグっと我慢いただいて、次回作のゴジラのリメイクで発散して頂きたかった(笑)。あれは恐竜でなくて同じくらい巨大なアナコンダあたりにしておいたほうがよかったと思う。ゴリラもリアルな造詣でただのデカいゴリラにしてみえなかったのがちょっと。。。孤島に君臨する神としてのキング・コング。それを崇め連れ去った略奪者の白人どもを呪い悲しむ原住民。邪悪な白人どもの中の良心となるクラシックな美女。といったシンプルな構図のほうが良かったと思う(2時間くらいの長さで)。最初に戻るがエンパイア・ステート・ビルに登ってからのシーンが素晴らしかっただけに余計にそう思う。残念である。
★★★★★
From: キング・ギドラ(NO MAIL) 1月 5日(木)22時08分34秒
かわいい、本当にかわいい。あんなに純粋に人間が愛せるコングが本当に可愛かった。島の高い崖で夕日を見ながら、幸せそうに座っているコングの背中が忘れられません。
★★★★
From: さるさ(NO MAIL) 1月 5日(木)17時35分37秒
昔、観た、ジェラシックパークで恐竜と言うものにびっくりしたんだけれど、それがかなり過去の映像なんだと思わせるぐらいの出来栄えに驚いた!ある意味、イベントパークにでもきているのかと言うぐらい、未開の島でのアクションアドベンチャーは凄い!それでいて、ストーリーもややむちゃはあるけれど、作品を損なわない程度で、ラストのコングではジーンってなれる。
★★★★
From: 三丁目のオタク(NO MAIL) 1月 5日(木)13時36分45秒
見所がたくさんで楽しめた。前半ちょっと眠かったけど。CGの出来は、ほぼ完璧。キング・コングの演技は人間以上に素晴らしく、「感情移入」してしまった。エンパイア・ステート・ビルによじ登っていくシーンの高揚感は凄い。ただ、個人的にジャック・ブラックの人物描写をもうちょっと掘り下げてほしかったな。せっかくいい役者なのに使い余してる感あり。ここだけはオリジナル版の方がいい。
★★
From: トリトン(NO MAIL) 1月 5日(木)09時52分20秒
ここの評価を見ずに見に行きましたが、なんでこんなに評価が高いのかなあ。オリジナルを知らないからかな。コングの表情やアンとの繋がりは素晴らしいものでしたが、どうにも二人だけの世界としか感じられない。髑髏島で彼女を救うために死んだ船員たちやNYで巻き込まれた人たちが取り残された感じで、とても嫌な『純愛もの』と感じました。あと、誰もが言ってますが、虫はいらないと思います。
★★★
From: 小梅(NO MAIL) 1月 4日(水)21時42分43秒
三時間あっという間に過ぎました。子どもの頃に観たキングコングより面白かったです。虫がたくさん出てきたときは目をずっと覆ってました。
★★★★★
From: NORI(NO MAIL) 1月 3日(火)12時55分24秒
コングに惚れました!体を張って女を守る、力という圧倒的な性の違いの魅力ったら・・・というか、こんなに感情移入の出来るコングが誕生するとは想像もしませんでした。映像の仕上がりとか、展開の面白さは多分たくさんの人が論じてくれると思うので、私はただただ、あの魅力的なコングにスタンディングオベーションです!(なんか、バカみたいですが・・・)
★★★
From: QQQQ(NO MAIL) 1月 3日(火)10時34分03秒
物語は二の次で、CG技術はモウ完成されましたね。今度は亡くなった俳優さんを、自由に動かす番ですね。兎に角、”長すぎる”につきます。コングの捕獲までに異常に時間が掛かっているので、面白みが分散されてしまったと思います.Skull−Islandの、古代生物だけで「モウ沢山!」でした。   それから、最後の場面での彼女の肩を出したドレスだけでの出演。真冬の新潟で見ていますから、「おね〜〜チャン、風邪引かないでね!」そればっかりが心配でした。それから、あの島での捕らわれの身の時の、今具の掌での”扱い”彼女は、スーパー・ウーマン!
★★★★
From: バグダッド(NO MAIL) 1月 2日(月)22時37分26秒
微妙な表情だけで、40代のオヤジを感情移入させるコング。ナオミワッツの魅力にも引き込まれた。マルホランドD以来の好演と感じた。上映時間を長いとは感じなかった。同じPJ監督でも、指輪…は、受け入れがたかったので。その点を少し心配していたのだが、杞憂に終わった。<<ネタばれアリ>>ニューヨークに戻ってきてからの展開は素晴らしい。特に、スケートのシーンはグッときた。ただ、若い船員に関するエピソード、ラストのおばかな台詞2連発は不要。作品の質を下げる。人間の深みを表現しきれない、PJの底の浅さを感じてしまう。ついでに、髑髏島の昆虫シーンはグロイ。PJは、エンターテーメント大作でも、自分の湾曲した趣味を観客に強要している。純愛映画に、ああいう映像がなぜ必要と感じるのか、理解できない。
★★★★★
From: デイウォーカー(NO MAIL) 1月 2日(月)10時34分08秒
キャラクターが個性的で飽きない。特にあの俳優さんが、いいキャラしてました。いい映画は、キャラクターが生き生きしている。恐竜が普通に生存していたり映画の設定は、ちょっと無理があるように感じましたが、コングの活躍を見せる為には最高の条件でした。で、やっぱりこの映画で一番語りたいのはコング。愛する者を守るために、自分が傷ついても守り抜く。傷を負っても愛する者の前では、痛がるところを見せない。男の中の男だよコング。最後の最後に見せた死を覚悟した表情で、泣きそうになるのを必死にこらえました。
★★★
From: ネビュラ(NO MAIL) 1月 1日(日)23時26分09秒
退屈はしなかった。ただ詰め込みすぎ感があるな〜。上映時間も長すぎ。PJは尺が長いことがスケール感に繋がると勘違いしてるのかな?娯楽大作で楽しめるが鑑賞後は何も残らない。
★★★★
From: あすか(NO MAIL) 1月 1日(日)21時41分08秒
『純愛』の一言に尽きます。うん、ほんとに良かった。3時間飽きませんでした。ただトイレが我慢出来なくなる人続出でしたよw
★★★★★
From: リチャードまる(NO MAIL) 1月 1日(日)20時05分29秒
非常に評価が高いのがうなずける素晴らしい出来だった。この映画はまさに究極のモンスター映画であり、愛の映画だと思う。ネタバレあり。劇中2度訪れる夕日を眺めるシーンの素晴らしさ。ただの綺麗な夕日ならどこにでもある。コングとアンの気持ちを知っている観客には、今まで見たどの夕日より感動的だったろう。3時間という時間も正直全く感じなかった。この監督はすごい才能の持ち主だ。前半の舟に乗る前や船中のシーンは、しょうもない映画なら、いい加減に端折るところだが、この映画は非常に丁寧に描いている。そしてその丁寧さが人物に対して深みを与え、見る者に説得力をもたらす。中盤の島での怒涛のCG映像は、並みの監督ならどっかで見たような画の連続なってしまうところだが、今までさんざんCGに慣れてきた観客を全く飽きさせないのはすごい。拍手を送りたい。散々褒めたがこの映画の良いところは主に3つある。まずはコング。コングが主役なので当たり前なのだが、すごさはその表情にある。大げさでない微妙な表情の変化で、嬉しさや悲しさ、切なさを見事に表現している。アンと見詰め合うシーンや、夕日を眺めるシーンでは見る者が思わず胸を締め付けられる。2つ目はナオミワッツの魅力。この人すごい女優さんだと思います。やっぱり本物の性格女優というのは、こういう人のことを言うんだろう。マルホランドドライブの時にもすごい人だと思ったが、やはり間違っていなかった。特別綺麗という人なら他にも居るだろうが、あまりにクセのある最近流行の女優では、クド過ぎてこううまくはいかなかったと思う。3つ目は監督。キングコングに対する監督の愛情が突き刺さってきた。本当に過去の作品をリスペクトしている感が伝わってきた。さらに自分なりの解釈を加えているようで、映像と共にこの作品の出来を素晴らしい物にしている。最後の劇中の新聞記者だか警官が「コングは、なぜ逃げ場の無いビルに登ったんだ?」のセリフがある。下の人も言っているが、やはり僕も同じように思う。「夕日が見たかったんだ」って。
★★★
From: J(NO MAIL) 1月 1日(日)19時24分02秒
CGは凄かった。しかし長い。長すぎる。中盤の島のシーンのボリュームがありすぎてラストが性急な印象があった。始まって一時間程度で小便に行きたくなりラストまで我慢するのは拷問だった。それがこの映画の一番の思いでです。
★★★★★
From: FAVRE(NO MAIL) 1月 1日(日)17時02分12秒
2006年初映画で見に行きました。ナオミワッツが最高です。コングに感情移入して泣けました。ビューティフルです
★★★★★
From: ポター(NO MAIL) 12月 31日(土)15時40分19秒
面白かったし泣けました。恐竜が途中沢山出てきて、その辺は予想していなかったので興奮しました。ニューヨークの凍った川の場面はファンタジーですね。コングの大事な物を守ろうとする純粋さには涙が止まりませんでした。
★★★★
From: ウッチィ(NO MAIL) 12月 31日(土)11時20分16秒
凄く面白かったんだけど、最初の方がアホほど眠かった。コングがニューヨークへ来てからは結構泣けた。島の中は大興奮だった。
★★★★★
From: つくしんぼ(NO MAIL) 12月 30日(金)16時02分35秒
たっぷりと興奮させられたので、★5つです。仕事でむしゃくしゃしてたけど、この映画を見ている間は、きれいさっぱり忘れていました。長時間だったのが、逆に心地良かったのです。私にとっては、映画はそれだけで、合格点で〜す。
★★★
From: M(NO MAIL) 12月 30日(金)11時50分24秒
オリジナル…ダイナメーションの原点となった映画リメイク版…獣姦映画今回…CG全開の娯楽映画という感じですかお金がかかってるなあと思いました大画面で楽しむ作品ですね深く考えずに頭をカラッポにして見ましょうまあ普通に楽しかったです映画より隣の女の子たちがラスト30分くらい物凄い勢いで泣いてたのが(うるさくて)気になった号泣するほどの映画ではないと思うんですがコングが某賞を受賞したとの事ですがどうせあげるならアンディ・サーキスにあげてほしかったよいちばん頑張ってるのに…
★★★★
From: 冒険者たち(NO MAIL) 12月 29日(木)01時48分49秒
ノンストップの迫力!。あれよあれよと、観客もジャングルの中で転げ回り、走り、追いかけられ、頭から食べられ、岩壁にたたきつけられ、つぶされ・・・。本当にこの古典的名作を、200数十億円かけた制作費のお陰で、充分に楽しむ事が出来ました。ただ私の中では、やはりベストは1933年のオリジナルです。フェイ・レイの悲鳴の中、木々を揺らしてコングが初めて登場するシーンのスリルと期待感の強さは、オリジナルの勝ちです。1976年リメイク版で、望郷の念にかられたコングが、貿易センタービルに登ったのは月に照らされた故郷の山に似ていたからというロマンも、このリメイクには(もちろん)ありません。しかしながら、2005年を締めくくるにふさわしい娯楽大作でした。
★★★★★
From: BOB(NO MAIL) 12月 28日(水)19時21分24秒
いや、もうすごかった。この感覚は富士急ハイランドのフジヤマ以来だなあ。すごすぎて笑いっぱなしだった。あまり難しいことは考えなくても良いんじゃない?このすごさに★1つってどーよ?ナオミワッツって何とも良いねえ。すごく美人なんだけど少し貧乏臭くて、えも言われぬお色気があって。ジャングルも分厚い氷の張るNYでも薄着で駆け回ってタフだしね。ここでは関係ないけど知能の低そうな子供がじたばた暴れてもほったらかしだったバカップル!あの虫に襲われて死んで欲しかった。マジで。怒った観客に退場させられてスッキリ。
★★★★
From: Levi(NO MAIL) 12月 26日(月)12時38分14秒
ジャクソン監督はカメラワークが本当に上手い!と思います。一度しか観ていないのに、印象に残るシーンが沢山あるし、他の映画とは何か違うインパクトが残ります。そして映画に対する情熱がスクリーンを通して良く分かる映画だと思います(それに関しては指輪物語も同じ事がいえると思いますが…)ひたすらこだわり続けて出来上がったものなんだな、というのが場面の細かさでわかりました。それとコングはもはやただの怪物ではないな、と。あの微妙〜な表情は人間となんら変わりありません。リアルすぎて逆に恐かった、内容としては前半をもうちょっとカットすれば3時間を越えずに済んだのではないかと…、キングコングの登場までが長く感じました。でもコングが登場してからは、凄い迫力です!コングVSティラノサウルスは瞬きするのももったいない程。※ちょっとネタバレです●個人的には、恐竜の群れと人間が全力疾走してるシーンで、ラプトル??(名前がわからない)みたいな小型恐竜が大型恐竜の足の下で、どさくさに紛れて人間を食らおうとしてるシーンが面白かった!●ジェイミーは、ジャングルでアンの事を他の人より感情的になって捜しているようだったが、アンに惚れてたのか何なのかよくわからなかった。前半で、もうちょっと二人の絡みがあって欲しかったかな。
★★★★
From: イエスマン(NO MAIL) 12月 25日(日)19時50分59秒
虫のシーンを削除した、ディレクターズ・カット版をお願いします。
★★★★
From: トムクル(NO MAIL) 12月 25日(日)13時36分27秒
〈ネタバレあり〉島に行ってからは目を見張るシーンが多く、大興奮!!コングも動きが自然で本物を見ているみたいで、特にT−Rexとのバトルシーンは本当に絡んでいるみたいで迫力満点。一対一の闘いでしとめた後の、「どうだ!」と勝ち誇った姿をアンにアピールする姿が面白ろおかしくて、笑ってしまいましたね〜。よくゴリラの行動を研究しているなと実感しました。まあ、何と言っても結末がわかってますから、コングがクロロホルムで捕らえられた時から涙がじわじわとこみ上げて来て、その後はもう涙でスクリーンが見えない状態でした。あ〜ダメですね〜。見世物小屋?で鎖につながれ人間の好奇の目に晒された時のコングのあの悲しそうな目と言ったら・・・。アンとコングの微妙な関係にもどっぷり感情移入してしまい、ラスト9分間はもう生きた心地がしなかったです。どうか結末は大どんでん返しってことになっていますようにと心から願った次第です。恐竜の間を駆け抜けて何で踏み潰されないのか?昆虫のシーン長すぎ!とか、皆さんが指摘されているように、島に行くまでがちょっと長い。まあなぜ島に行く必要性があるのか観客に登場人物を印象づけるためにはあれくらいの長さは必要なのかなとは思いましたが。不満はちょこちょこありましたが、アンとコングに感情移入出来たことと、とてつもなく悲しい気分にさせられた映画の力に敬意を表します。コングが胸に手を当て“beautiful”と満足げな顔で最後の夕日をアンと一緒に眺める姿は本当に素晴らしく感動的でした。あーーーコングゥゥーーと嗚咽してしまいました(号泣)。ところで、コングってローランドゴリラじゃん!それまでキング・コングとはゴリラに似た異種の生物だとばかり思っていましたが、どこから見ても“シルバーバック”ですよね!?そう思うと何らかの理由で巨大化したゴリラのパニック映画ってことになりますね(笑)。
★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 12月 25日(日)00時46分11秒
迫力があったし、人間こそ本当の怪物ではないかという余韻が残ったが、上映時間を長いと感じたことは否めない。キング・コング以外の髑髏島の動物に重点をおいてしまったことが最大の原因である。その一方で、時代設定のアピールはいまひとつだったのではないか。キング・コングにはリアリティがあったが、あの扱いを受けてむちうちにならないヒロインはとても生身の人間とは思えない。
★★
From: ゆう(NO MAIL) 12月 24日(土)19時51分51秒
ここの評価を読んで期待して行きましたが、何だかなぁ・・・と思いました。映画好きの友人も微妙だと言っていたり、類人猿のような方がおられて安心しました。ネットのどこでも評価が揃いも揃って高いので、自分の見方が変なのかと疑いそうになりました。確かにおかしいですよね、Yahooの映画の評価も参照しましたが、作為的なものを感じるくらいに、評価が5ばかりでした。どうなんでしょうかね? Yahoo側で同一ヶ所からの投稿だと分かったりしないものなのでしょうか?
★★★★★
From: yoshi(NO MAIL) 12月 24日(土)17時11分51秒
ピージャク最高!!すごいものを作ってくれました。ただただ感動。
From: れん(NO MAIL) 12月 24日(土)17時01分11秒
ピーター・ジャクソンの新作なので、かなり期待をして観に行ったのですが、正直言って、あまりのバカバカしさに腹立たしい気持ちにすらなりました。高額な制作費をつかっての、壮大なB級映画なのは理解しているのですが、それにしても安易な特撮に頼りすぎ、人間ドラマが全く描けないジャクソンの力量には失望しました。登場人物の言動が極端すぎて、どのキャラクターにも共感できないのは、困った事です。最先端のCGを駆使しての、巨大ゴリラ&恐竜映画をご覧になりたい方は、楽しめるかと思いますが、私は、全く楽しめませんでした。(観終わった後の、空しい脱力感ったら…。)
From: ビコ(NO MAIL) 12月 24日(土)12時11分00秒
映像は凄かったけど、それは金をかけたのと、CGアニメーターの力によるところが大きかったと思う。オリジナルを知りませんが、そんな僕が見ても、これから何が起こるんだろうというワクワク感がありませんでした。
★★
From: まつぼう(NO MAIL) 12月 24日(土)10時03分55秒
とにかく長すぎ〜〜〜。3時間もかける必要ないだろう、と時計が非常に気になりました。恐竜との戦いはちょっとプロレスっぽくておもしろかったが。全体的に無駄なシーンが多すぎたように感じました。
★★★★
From: リオン(NO MAIL) 12月 24日(土)01時49分06秒
過ぎたるはなお及ばざるが如しといいますが、この映画の印象も、一言で言えば「やり過ぎ」。特にラストのニューヨークのシーンが素晴らしかっただけに、途中で話の本題から逸れるようなスカルアイランドのアクションシーンてんこ盛りが、非常に勿体無く感じました。勿論、コングvsティラノサウルスはアンがコングに惹かれるようになる為に必要なシーンだし、ブロントサウルスの暴走シーンは「島に恐竜がいる!」ということを救助隊(と観客)に見せつけるのにこれ以上ないインパクトを与えているが、それ以外のシーン(特に、虫)は単に監督が見たかっただけという気がして、話の流れとしては必要ないんじゃないかなぁ…。「ロード・オブ・ザ・リング」の戦闘シーンは、主題が「善と悪の戦い」なのだから勿論必須なのですが、この映画のアクションシーンは余分なものが多すぎる。話の中心はあくまでもコングとアンなのだから、そのどちらも絡まないようなアクションシーン(救助隊が虫に襲われたりetc)は、例えて言うなら「マトリックス・レボリューション」でネオのいないところでセンチネルvsザイオンのアクションシーンが描かれていたような「ボタンの掛け違え」を感じます。スカルアイランドのクリーチャーはコングと恐竜のみにとどめておいたほうが良かった。あれだけ色々出てきたら、タイトルが「キング・コング」なのか「ロスト・ワールド」なのか分からなくなります。アンとコングの関係を弱めていると言えば、多すぎる登場人物も気になります。若い船員の成長物語みたいなのを序盤〜中盤に挟んでますが、成長の結末を描くことなく一行はスカルアイランドから脱出。ニューヨーク到着後は出番もないのでは困ります。この若手船員に限らず、話のスタートとゴールが一致していないエピソードが多く、脚本が何度もリライトされたのかなぁとか、余計な想像をしてしまいます。例えば、・序盤、アンが俳優仲間から「自分の夢にチャレンジしろ」みたいなアドバイスを貰うが、その後もアンが女優として大成したわけでもなく、映画の中でゴールが描かれていない。・ジャックは自作の芝居の「声に出して愛していると言わないと分からない」みたいなセリフに触発されてアンを探すが、アンに再会した後も「好きだ」とかは一切言ってない。等と厳しいことを書いてしまうのは、「ロード・オブ〜」の監督と言うことで最初から期待が高かったから。なんだかんだ言ってもこの映画が面白くないわけがありません。ゴジラのハリウッドリメイクはローランド・エメリッヒではなくピーター・ジャクソンにやって欲しかった。
★★★
From: サイ子(NO MAIL) 12月 24日(土)01時18分42秒
意外とここの評価は高いですね!! 私の周りに否定派が多いので。ネタバレです!長い・・・というのがまず感想です。PJとしては、島まで1時間、島を1時間、NYを1時間という感じだったのでしょうか。島のシーンは良かったです。個人的な話、エイドリアン・ブロディが相変わらず素敵で良かったです。
★★★★★
From: ふぃう(NO MAIL) 12月 23日(金)22時33分03秒
ピータージャクソンはやっぱり期待を裏切らないですね!凄く楽しめました。俳優も個人的に好きな方ばっかりだったので最高でした!この作品は絶対映画館で観ないといけませんね。3時間あっという間でした!
★★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 12月 23日(金)18時41分19秒
歴代「キングコング」の中でも最高の出来。それこそ映像については、もう言うことなし。様々な未知の生物の棲む秘境の映像もさることながら、何と言ってもコング自体の動きの表現が凄い。猿型モンスターはこれまでいろいろ見てきたけど、これだけその存在がリアルに感じられたのは初めて。また猿VSトカゲの戦いも、それこそ「こんな映像が観たかった!」てシーンがスクリーンでガンガン展開される。いやはやシビレました。あとコングとヒロインが、次第に気持ちを通わせるようになるまでの流れも見事。ここがしっかり表現されてないと、ラストのコングとヒロインがお互いをかばい合うシーンにも説得力が出てこない。過去の「キングコング」は、とにかくこの部分が弱かったため、いまいちラストは取ってつけた感が強かったんだけど、今作はその部分も実に丁寧に描かれている。それこそ上映時間3時間オーバーはだてじゃないって感じです。点数はチト辛口で★4つ。確かに映像は凄いんだけど、少々行き過ぎなところもチラホラ。結局映像がリアルであるが故に、本来なら自分も笑って済ませたいようなツッコみシーンまでもが、逆にこちらに「それ、おかしくない?」って感じで鮮明に伝わって来てしまったのは正直意外だった。まあリアリティより迫力の方を取った結果だろうけど、自分としては「そこはもう少し抑えても…」ってな感じでした。でも映画そのものには大満足。観て損はありません。3時間まったく退屈させない大迫力の1本です。
★★★★
From: ヤマト魂(NO MAIL) 12月 22日(木)13時50分01秒
 ジャック・ブラックはP・ジャクソン自身と重なる。これだけ大きな作品でも我を通し、なおかつ作品をコントロールしている点に好感。 でも、僕はもう少しエモーショナルで感情移入できる方が好み。命がけのシーン、あっけにとられつつもハラハラドキドキしない。ラストの有名なセリフも収まりが悪く感じた。 「泣ける」というだけでその種の作品が持てはやされる昨今、興業的には一抹の危惧を感じる。 かといってギラーミン版のように「同情されるコング」にされると困る。ギラーミン版は公開当時「原典の冒涜」と言われたものです。 とはいえ1930年代のNY、そしてスカル・アイランドのヴィジュアルは圧巻。尊敬に値する仕事。4時間近くになるであろう延長版が楽しみ。
★★★★
From: かめいえりー(NO MAIL) 12月 22日(木)01時04分06秒
(ネタバレ注意!!)キングコングがまるでホントに生きてるよう。その分、三角関係のあっけない幕切れが許せない。変わり身が早すぎる。(ように見える)登場人物のバカっぷりにもムズムズする。長い映画のせいか観てる間は油断しまくり。虫のシーンではマジで全滅するかと思った。2回も同じ人間が助けに来るというフェイントに見事にひっかかった。氷上デートでの発砲シーンも心臓止まるかと思った。ロードオブザリングっぽいシーンをわざと入れてる所も好印象。ジュラシックパークよりも先に出てたなら1点プラスだったんだけどなあ。
★★★★
From: ほっしゃん。(NO MAIL) 12月 21日(水)22時54分49秒
長尺だのストーリーの細かいところなど抜きにして傑作。今だからこそ、こういう時代だからこそあえてキングコング。実写版美女と野獣。不思議な事に映画が進むにつれ、コングがその辺にいる不器用で格闘技とかが好きな男のような感じですごく身近な存在のように感じた。完全にキングコングに感情移入してしまった。映画のキャラクターでこんなに感情移入したのは初めてだ。素直な心の人で楽しい人生を歩んでいる人ならば満足できる映画だと思います。好きな人、大事な人とクリスマス、お正月に是非。
★★★★★
From: アゥディ(NO MAIL) 12月 21日(水)18時17分32秒
上映時間の長さを感じさせない出来だと思う。「ロード〜」が嫌いだったので監督にはあまり期待してなかったけどスバラシイ の一言だね。巨猿に感情移入してしまった自分がいた。あまりツッコミを入れるような作品ではないと思う。話も特にひねりも無いのでボーっと見ましょう。
★★★
From: ひらひら、類人猿(NO MAIL) 12月 21日(水)00時02分46秒
ここの評価で星5つの人が多いので楽しみに見に行ってきました。睡魔にも襲われずにそこそこ楽しめましたが、みなさんおっしゃるようにちょっと長いですね。骸骨島の怒涛のはらはらどきどきシーンはもう少し短くてもいいと思う。しかし今から数十年前の設定で恐竜って・・・。迫力あるバトルシーンを撮りたいがために恐竜や巨大昆虫、エイリアン?等なんでもありで登場させたって感じですね。それにしてもアンは体力ありすぎ(笑)です。裸足でしかも素肌を多く出してるとジャングルでは走れません!。それに戦場のピアニストに出てた人は、初めて会った人のために命を懸けて助けに行きますかね。途中からコングの映像を見ながら本当に体長8m半なのか、ナオミワッツの身長と比較ばかりしてました。どう考えても10m以上ありそうです。ビルからビルへ飛び移るなんてすごい跳躍力です。けちばかりつけてすみません。頭を空っぽにして見るとすごいスピード感と迫力ある映像の連続で見ごたえは十分にあります。コングはビューティフルと発音したかったのでしょうか?アンはコングに対して恋愛感情に似た感覚を感じたのでしょうか?こうもりは人間を助けるために戦ったのでしょうか?この3点がいまだに引っかかります。誰か教えてください。自己採点は自由ですが、星5つ付けてる人の大半はこの映画の配給会社の関係者だと思うのは私だけでしょうか?巨費を投じて作れば今の時代これくらいの映像は難しくはないのではないでしょうか?高所から下に人間が落ちるシーンが随所にありますが、他にもタイタニックや古くはヒッチコックの映画にも見られました。バトルシーンも今のCG全盛ハリウッド映画ではそんなに真新しいものはありませんでした。島で二人が気持ちを通わせるようになるまでの流れもあったと下のほうで誰かが言っていましたが、単に落石が頭に当たりおとなしくなっただけですよね。それまで騒いでた子供が、見かねた親に叩かれたようなものです。キングコングに感情移入できるなんてすごいと思う。まあ良く出来た映画で、決して見て損はないと思う。でも星5つって最高ってことですよね。このような映画が最高と感じる人は、人生を考えさせられるような地味な映画は嫌いなのでしょうか?それとも何でも感動できる寛大で幸せな人なのかな?ここの点数を参考に見るかどうか決めてる私には厳しすぎる評価もどうかと思うが、安易に甘すぎる評価もどうかなと思います。決してこの映画をけなしたわけではありません。
★★★★★
From: ss(NO MAIL) 12月 20日(火)23時46分50秒
すごく面白かった。久々だなーハリウッド超大作でこれだけ満足できたのは。
★★★★★
From: BT(NO MAIL) 12月 20日(火)22時24分02秒
コングVSティラノザウルスが最高!ハリーハウゼンファンとしては、初めてCGで興奮するバトルが観れた!本当涙でましたよ。このシーンだけで満点です。
★★★★
From: しゃーらっく(NO MAIL) 12月 20日(火)19時14分05秒
面白かったです。確かに長いけど。髑髏島の恐竜・昆虫のエピソードが長すぎて、もしかしたらニューヨークまでたどり着かないのではと心配になってしまいました。(笑)でも、俳優達も皆いいし、観て損はないと思います。
From: まつ(NO MAIL) 12月 20日(火)19時11分38秒
なぜ今さらキングコング?監督が思い入れあるからといっても見る方はなんじゃこれ?といった感じ。ジュラシックパークのほうがずっとわくわくしたな。
From: あや(NO MAIL) 12月 20日(火)15時23分11秒
全然面白くない。この書き込みを見て見に行くとさらに失望する。
★★★
From: ハゲ(NO MAIL) 12月 20日(火)12時00分04秒
良い作品だとは思う。スゴイ部分は本当にスゴイ。オリジナル版の咀嚼の仕方も上手い。作り手の気合と愛情はよく伝わってくる。けどね、いろんな所で言われているように長いです。長いこと自体は悪くないけど、そのせいで散漫になってる感じ。また、同じ意味を持つ場面、同じアクションが繰りかえされるので、終盤は飽きてしまった。あとバトルの場面もそれほどの驚きはなかった。たしかに進歩は感じるが、それは細かい部分での話で、見たこともない映像じゃなかったんだよ。ここまでの書き込みはなくとも、これに類するものはここ10年で沢山ある。特にゲームにまで視野を広げるとね。余談だが、CGによる映像創作を語る時、ゲームを無視するのは、かって漫画を馬鹿にして取り合わず、老朽化していった評論家達と同じだよ。興行成績を危ぶむ声が聞こえる本作。こういう力作がコケてしまうかもしれないってのはやるせないけど、でも自分も心底最高とは思わない。期待していただけに、なんか納得いかない作品でした。
★★★
From: ミュラ(NO MAIL) 12月 20日(火)10時17分04秒
話のテンポが悪くて、一場面が長いよ。これはロードオブザリングと同じ感じ。ニューヨークに来るまででけっこう疲れた。多くの観客は本編が終わると真っ先に出口に向かったよね。
★★★★
From: あずみん(NO MAIL) 12月 20日(火)09時44分33秒
本編がとにかく長く、しかも後半からはまさにジェットコースター級何でもありの展開。ヤマンバに巨大昆虫にジュラシックパークとモンスター級に駆け下ります。CGは迫力があっていいです。全体としては、良くできていると思いますが、主人公が映画出演を決めた所とかあっさりしすぎてる所や今一感情の描写悪いシーンがあるので、この評価。
★★★
From: ジョンタ(NO MAIL) 12月 19日(月)21時00分13秒
オリジナルの持つ30年代風俗に宮崎駿とディズニーがアイデア貸した感じ。宮崎も枯渇してるけど、腐海とナウシカを完全に取り込んでたくましい。前半、「もはやCGは退屈」とすら感じて、本当にギラーミン版が恋しくなったけど、さすがに髑髏島のコングと仲良くなってくシーンではこりゃすごいと思った。内容的には感動なのだけど、映画は押して引かないと映画の感動には繋がらない。所詮オタクはオタク。
★★★★★
From: kwest(NO MAIL) 12月 19日(月)12時59分33秒
全米のボックスオフィスで公開初週の興収が50万米ドルにしか達せず、期待を裏切った感があるが、3時間6分という上映時間の長さを考えれば、一日に上映される回数が少なくなるので、もう少しポテンシャルがあったものと考えて良いだろう。同じく3時間超のタイタニックは、公開初週の興収が30万米ドル以下だった。本作も映画の出来が良いので、口コミで良い評判も広がるだろうし、それこそタイタニックの様なロングヒットになるかもしれない。「ロード・オブ・ザ・リング」が好きではないので、ピーター・ジャクソンという監督が好きではなかったが、本作は映画を見ていて、ピーター・ジャクソン監督のキングコンゴに対する愛情がひしひしと伝わってきた。オリジナルのキングコングが公開された1930年代は、この手の怪獣映画はキワモノ扱いだったろうから、かなり無理な設定で一杯。ピーター・ジャクソン監督は、あふれる愛情を以ってオリジナルを消化吸収し、自分なりに解答を導き出している。例えば、「キングコングは何故金髪美女が好きなのか?」という単純で根本的な問いに対しても「キングコングは、金髪美女ではなくアンが好きなのだ」という解答を名場面を通して観客に分からせてくれる。キングコングがニューヨークの雑踏でアンを捜し求めるシーンは感動的ですらある。最近のCG映画の濫作で、最早あっと驚く映像なんてお目にかかれないと思っていたが、本作を見て、結局映像は技術だけではなく監督の想像力に負うところが大きいと改めて思った。スカルアイランドでの恐竜登場シーンはそれこそ眼を見張る映像が続く。この監督やはり只者じゃない。映画を一緒に見に行って大泣きした家内から、「何故最後にキングコングはエンパイヤステートメントビルに登ったの?」と聞かれて、「キングコングは夕陽が見たかったんだよ」と答えた。真意はともかく映画を見てそう思った。そう思うと泣けてきた・・・
★★★★★
From: いちごん(NO MAIL) 12月 19日(月)02時59分54秒
時間のわりにとても短く感じました。ナオミ・ワッツの瞳が良かったです。一緒に観た夫も大喜びしていました。私はもう一度観に行きたいと思っています。
★★★
From: todo(NO MAIL) 12月 18日(日)21時42分58秒
長すぎです。とくに中盤のロストワールドは映像はすごくて見応えがあるんだけど、おなかいっぱいすぎて、早くつかまってくれって感じです。恋愛部分もコングが二股かけられたようで、感動が薄れてしまった。再編集して2時間半程度にまとめたらもっと良くなったと思う。
★★★★★
From: つりしん(NO MAIL) 12月 18日(日)20時54分49秒
すごい映画を見てしまった。素晴らしい。ちょっと他にはないインパクトがありました。見たばかりですが、また映画館で見たくなっています。
From: カン(NO MAIL) 12月 18日(日)20時37分09秒
3時間は長すぎ!特撮も別に驚くものは無く、ヒロインも魅力無し。
★★★★★
From: デロリアン(NO MAIL) 12月 18日(日)17時04分45秒
素晴らしかった!!3時間8分とかなり長いがその時間を忘れさせるほど面白い。特に髑髏島についてから終わりまでは瞬きをするのも惜しいほど楽しい。草食恐竜が暴走してそれから逃げるクルーたち、キングコングVS肉食恐竜、その他のクリーチゃーとの戦い、NYのクライマックス・・・とにかく、劇場に見に行ってください!!絶対損しません。お正月映画のTOPです。ピーター・ジャクソン万歳!!
★★★★★
From: かえる(NO MAIL) 12月 18日(日)16時22分56秒
島を発見するまでの1時間を眠らずに耐えたなら、その後はまさにジェットコースター。もう恐竜暴走シーンに爆笑。ディズニーランドより面白えよ、この島。いや最高だわ。キングコングに感動を期待する奴はどうかしてる。
★★★★
From: jun(NO MAIL) 12月 18日(日)12時50分05秒
3時間超という長時間を飽きることなく見せる術は流石と言うほかない。全体が3つのパートに分かれるが、前盤・中盤に比べて終盤がなぜか弱いあっけなささえ感じてしまう。今年最後を飾る大作と期待していたのだが・・・・。残念ながら鑑賞後2日たった今日現在、心に残るものなどなく、もう一度観ようという気も起こらない。大金を使いVFXをふんだんに駆使した映画残念ながらそんな感想しか残らない。ただ、観ている間3時間はきっちり楽しめるので☆4つ
★★★
From: ルビスコ(NO MAIL) 12月 18日(日)12時19分52秒
B級スプラッタ映画から「指輪」で成り上がったニュージーランド監督ピーター・ジャクソンが、映画史上最高の製作費(248億円)をかけて「キング・コング」を撮ったというので、相変わらず馬鹿なことをする男だ、と思いながら、彼のマニアぶりを拝見しに行きました。お話はオリジナルの1933年のキングコングの時代設定をそのままにして、大恐慌のニューヨークのノスタルジックな再現になっています。髑髏島に入ってからは、コング以外にも恐竜や巨大昆虫のオンパレードです。これもジュラシックパークより、ずっとデフォルメされたおとぎ話風の造形になっています。ナオミワッツを握って森を走るコング、ブロントザウルスの疾走、ティラノザウルスとコングの戦い等、のアクションシーンは強烈な迫力はあります。が、それらも科学的にリアルなイメージというより、RPG的な迫力という感じで、やはりその辺はなんといっても「指輪」の監督です。「指輪」でも垣間見られる監督のギトギトスプラッタ趣味が、谷に落ちた探検隊が巨大な無脊椎動物に教わるシーンで炸裂しています。巨大なゴカイみたいな環形動物に頭を食われるシーンが僕的には最高です。オリジナルや1970年代のリメークでは、コングと美女のセクシャルな関係を暗喩するシーンがあるのですが、この映画では、その辺の関係がとてもビミョウな感じになっています。ナオミ・ワッツは、コングの前で、なぜか体操したり、お手玉をしたりします。コングはそれを見て、楽しそうというか、なんだかなあみたいな表情をしています。そもそも、巨大なゴリラが人間のメスに発情するというのには科学的に無理があるわけで(セントバーナードがチワワに発情するのに近いのか?)、この映画はそれを避けたのだと思いますが、それなら、この映画では、コングにとってナオミ・ワッツは何なんでしょう? なんとなく美少女フィギュアを愛おしむオタク青年みたいな感じもします。ナオミ・ワッツは美人なんですが、トウが立っている(37歳。背中の開いたドレスを着ると痛々しい)こともあり、生々しいセクシーさより人形的な美しさが強調されていてこの辺もオタクぽいです。ニューヨークに戻ってから、エンターステートビルに登って、飛行機と戦うシーンは、シークエンスとしてはオリジナルを踏襲しているのと思いますが、当時のニューヨークの遠景が背景に入る戦闘シーンは大変美しいです。もしかするとこのシーンで、制作費を浪費したのかもしれません。ということで、まあ、ピータージャクソンらしいキングコングを堪能できたという点ではよかったですが、映画史上最高の製作費をかけたことに値する映画かと言われるとやはりノーと言わざるを得ません。島でのアクションシーンや、エムパイアステートビルでのシーンは凄いですが、例えば「ジュラシック・パーク」、「タイタニック」、「マトリックス」みたいな映像表現の転換をもたらすような境地には至ってないと思います。そういうことで、辛めに星3つ。私個人は、これでハリウッドから干されて、またニュージーランドで「ブレインデッド」みたいなB級スプラッタの快作を撮ればいいのになあと、失礼ながら思ってます。
★★★★★
From: ぱらのあ(NO MAIL) 12月 18日(日)11時08分42秒
長いけど面白かった。そして恐竜とコングの格闘。もう何もいう事はありません。これだけ魅せてくれれば完璧です。某草食恐竜の大暴走シーンは、もう監督のやりたい事炸裂という感じで、確かに迫力もすごいのですが、演出が楽しすぎて笑ってしまいました。DVDが出たら編集して短くしてほしいです。
★★★★★
From: MIKAN(NO MAIL) 12月 18日(日)07時38分13秒
おもしろすぎました。単純に「これって、どうやって撮っているの?」というシーンが満載。これぞ「映画」だと思いました。それに、俳優が一人一人よかったなぁ、いい顔してるんだ、みんな。
★★★★★
From: とろとろ(NO MAIL) 12月 18日(日)01時34分40秒
今年も終わりが近づいてきましたが、今年度最高に満足できる大作映画に出会いました。この映画の迫力と感動の前では宇宙戦争もスターウォーズもかすみますねえ。3時間という長丁場にもかかわらず、あっといまに終わってしまったと感じた映画でした。さすがピータージャクソン。長年温めていた企画だけあって、普通のハリウッドの大作映画とは気合いの入り方が違いますね。全編見せ方うまいですね。アドベンチャー映画としても、恋愛映画としても最高ですね。 髑髏島のシーンはサービス満点すぎて、おなかいっぱいになりました。コング対TーREXのあの格闘シーンを超える怪獣映画はしばらく出てこないでしょう。 そして恋に落ちてからのキング・コングの表情(特に目)にやられ、後半の展開は切なくて涙が止まりませんでした。 1800円払って見て、こんなにお得感を感じる映画ってなかなかないと思います。
★★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 12月 17日(土)23時15分22秒
 「キング・コング」はやっぱり(?)ラヴ・ストーリーだった!という事を再認識させて頂きました。 ”コングを殺したのは○○○じゃなくて○○だった”って言うのは、ある意味、残酷な話ですなぁ。。 それまでは孤独な身だったコングが、アンと出会うことで得た、つかの間の”幸福”・・・コングはアンと出会ったことがきっかけで、あのような末路を迎えてしまうのだけれど、悪い事ばかりじゃなかったから、ひょっとして、あれはあれでよかったのかも・・といろいろと考えてしまいました。 コングの切なげな眼差しにやられましたね〜。 ○○のクリーチャーなどが妙にグロテスクだったり、監督らしさ(と言えるのかわかりませんが)が出ていてよかったです。(クリーチャーではないけれど髑髏島の原住民はある意味、「ロード・オブ・ザ・リング」の”オーク”より怖かったかも?! コングとジャック、アンの切ない三角関係あり、ダイナミックなアクションシーンあり、”キングコング”にこれ以上、何を望みましょうや。 約3時間という決して短くない上映時間も、必要にして充分な長さ。あの内容だったら、妥当な長さだと思います(個人的には、もうちょっと長くてもいいかも)。 今回もスペシャル・エクステンデッド・エディションは出るのだろうか??? 満足度は☆4つ半の四捨五入で☆5つです!
★★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 12月 17日(土)23時06分29秒
さすがに3時間、早くコング出て来い〜出て来い〜と思っていましたが、出てきてからは怒涛のラッシュ!なんて監督は性格が悪いのだろうと感じさせる登場人物のいたぶりっぷりでした。あまりにもいたぶるので、それがギャグになるというのも新鮮。途中グロいシーンがありますが、そうでした。これがこの監督の本質でした。早く終わってくれ〜とひたすら念じながら観てました。近くの外人が「おーまいがー!」「くらいすと!」と合いの手入れてるようで面白かったです。バトルが長くてもうお腹いっぱい。特にティラノザウルスとのバトルロイヤル戦が最高でした。脇役人も、キャラ立っててイイ。主演男優役もあんないいシーンがあるとは、感動しました。随所に作り手の映画愛が感じられます。普通のハリウッド映画なら、この尺で公開することは無理でしょう。ロード・オブ・ザ・リングの実績がこの長さを実現させたのでしょう。そしてそれは正解です。一昔前の映画にはスペクタクルがありました。最近、まったく見かけませんが、まさしくこれはスペクタクル映画。これをDVDでしか観ないなんて、なんて惜しいことをするのだろうと思います。これこそ大画面で見る映画です。
★★★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 12月 17日(土)16時23分01秒
 とにかく見所は「髑髏島」やり過ぎ感たっぷりですが、ここまでやってくれれば文句の言いようもないです。 偉大なる王者・キングコングに敬服させられます。監督の思い入れの強さが凄く伝わってきて、「あ〜ホント好きなんだなぁ〜」と。 結果はわかっていたとしても、是非その目で観賞して欲しいと思います。
★★★
From: ドラえもんの友人(NO MAIL) 12月 17日(土)14時53分49秒
3時間8分という長丁場を飽きさせない娯楽映画だったが、私は1976年度版(一度目のリメイク作品)のが優れていると強く感じた。それはこの映画の主役が「美女と野獣」ではなく、「監督と野獣」になってしまっているからだ。地獄の黙示録の原作「闇の奥」を監督の自己投影の道具にしたり、単なる金儲けしか考えてなかった原作の人物像を探求者ととらえ、映像フィルムよりも仲間を優先するシーンなどは、ピータージャクソンの真意がまる分かりで微笑ましい。その一方で自然と人間のエゴの対立が無視され、そして映画の基本部分であるキングコングと美女との交流、そして美女と人間とのロマンスが蔑ろにされてしまっている。美女はコングをついに一度も名前で呼ばなく、コングは美女の世話など一切しない。怪我したコングをいたわるシーンもなしで、セリフなしの見詰め合いばかり。そりゃ、ここで会話しようもうのなら、人間のエゴがどうしてもにじみ出てしまうんでしょうが、そのために美女の役者設定をわざわざ「喜劇役者」に変更して、お手玉や側転でコングとの初コミニケーションをやられて新解釈ズラされても納得いきませんよ。多分、確信犯的なんでしょうが、映画のセリフを借りれば「愛するものを壊さずにはいられない」んでしょうね、監督は。個人的にはラストはナオミワッツに後追い自殺をしてほしかったですよ。そうすれば、監督のあのクソクダラナイ、説明セリフを聞かなくてすんだのに・・・。
★★★★★
From: フラワー(NO MAIL) 12月 17日(土)00時52分12秒
遂に来た!!この瞬間が!!言葉で形容する事など不可能だ!!ものすごい興奮そして感動!!そして人生最大級の強烈なインパクト!!ホントはこの作品は見ない方が幸せなのかもしれない。だって、あまりにもスゴすぎて他の作品を鑑賞できなくなる。久しぶりに興行成績の記録を塗り替えるだろうなぁ。ウン!!間違いない!!
★★★★★
From: take(NO MAIL) 12月 16日(金)23時18分14秒
先行上映で見ました。ネタばれなんか書きません。全ての人にこの映画のすばらしさを感じてほしいと思います。本当に面白かった!