日本沈没

満 足 度
37.5%
回答者数62



DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



From: タカ(NO MAIL) 9月 16日(土)14時39分52秒
2時間半が長く感じた。話しの流れが急で全くリアルさが無く、薄っぺらい映画。わざと泣かせようとする演出も鼻につく。CGもハリウッドには敵わず、久々につまらない映画を見た。
From: (NO MAIL) 9月 10日(日)23時05分15秒
『起』のみ何もない。災害における 「死」を無視して作った映画。そんな 良い面ばっか見せられてもねー
★★★
From: リオン(NO MAIL) 9月 10日(日)01時43分03秒
東京の人間が、東京目線で作った映画。日本を襲う大災害と言えば東海大地震が予想されるが、日本の沈没は両端・北海道と九州から始まり、日本中が震災に襲われても東京は後半まで無事で首都機能も損なわれず、住民はテレビで全国の災害情報を自宅観覧…ってのは、リアリティや科学的根拠がどうのこうのという前に、製作者の目線の問題だと思う。災害に巻き込まれるのは向こう側の人(同じ日本人なのにも関わらず)で、主人公たちは傍観者なのが前半。国一つが沈没すると言うのは絵空事でもなんでもなく、現にツバル共和国は地球温暖化の影響で海の底に沈もうとしているが、そういうことに想像が及ばないのが、この映画の(そして、日本や欧米の大多数の人々の)目線である。後半、東京も機能を停止してからは、盛り上がるポイントも出てきてようやく楽しめます。主人公二人のラブストーリーは↓でも賛否両論ありますが、自分としては楽しめました。序盤で殆ど恋愛の進行を描いていないのに、それでも後半で二人に感情移入できるのは、脚本云々よりも俳優二人の個性と魅力に追うところが大きいですが。でも、テントで抱かなかったのとヘリの前でキスしなかったのは、やはり不自然。いやらしい意味ではなく、死を決意しているからこそ、愛情を相手に伝える手段として身体の触れ合いは必要だったと思うのだけど。オタク畑の樋口監督はやはりこういうのは苦手なのかな。あと、盛り上げどころとして富士山は噴火して欲しかった。あまり本筋と絡まないけど、和久井映見が造り酒屋なのは「夏子の酒」のパロディ? 自分は他には気付かなかったけど、エンドロールの名前を見てたらそういった遊び要素は多そうだ。あまりそういった遊び心に相応しいテーマの映画だとは思わないけど…。
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 9月 8日(金)22時19分39秒
日本列島が沈んでいくという荒唐無稽な設定にリアリティーをもたせることが肝要なのに、屋上屋を架してめちゃくちゃな作品にしてしまった。無理にねじこんだラブストーリーは失笑ものであり、テンポの悪さを致命的にしている。そもそもカップルを演じた2人に映画俳優としての資質が感じられない。字幕をたくさん読まされるのも苦痛である。
From: ねこねこ。(NO MAIL) 9月 8日(金)20時24分33秒
がっつり眠りにつくも、災害の轟音で目覚めました。つっこみ所が満載で、おもしろかったですが、全体的に安いアルマゲドンを見ているようで、恥ずかしくなりました。
★★
From: 夏休み(NO MAIL) 8月 29日(火)16時46分22秒
CGはすごかったけどそのわりに悲惨さとか迫るものとか全然ないし、主演2人の恋愛にもなにも感じずでした。まあCGに二つ。
★★★★
From: しらかば(NO MAIL) 8月 24日(木)22時01分05秒
考えさせられる映画。特撮、カット割りのうまさはさすが樋口監督。飽きない演出。主人公が特攻に至る感情が芯のところで納得できない消化不良感が残るが、邦画のパニック物としてはまずまずといった感じ。
From: さゆり(NO MAIL) 8月 22日(火)13時52分31秒
 二人の恋愛とか、生い立ちとかどうでも良い気がしませんか? 日本を救うために頑張った人はもっといるはず・・ 最後の個人名はどうでも良いと思う。
★★★★
From: りんご酢(NO MAIL) 8月 22日(火)11時48分37秒
日本沈没は小学校の時、友達と一緒に初めて映画館で見た思い出の映画です。当時は大ブームでしたから。今回はリメイクだし、酷評されてるし、全くなんの期待もせずに見ました。映画に興味があるというよりも、前作から33年過ぎて、大人になった自分がどんな感想を持つかなあと思ったからです。そしたら、自分でも予想外のことが起きました。日本の見なれた景色や建物が崩壊するのを見ていたら、映画と分かっていても、悲しくなって泣いてしまいました。私って、日本人だなあとつくづく思いましたよ。やっぱりどんな映画も見ないとわからないです。私も長年映画を見てきたので、当然泣きながらも、いろんな場面で、つっこんではいましたけどね。小野寺はどんな交通手段で実家や避難場所を行き来してるの? 情報も人も大混乱しているのになんて都合よく、みさき達と会えるの? イギリスに行くって、自分の親兄弟はさっさと見捨てるの? もうきりがありませんね。それでも、私は若い人達にこの映画を見てもらいたいと思います。日本沈没というのは現実にはあり得ないけど、日常生活の崩壊というのはいつでも誰にでも起きることだからです。日本が沈没したら、自分はどうするって少し考えるだけでも、お金を払って見る価値はありますよ。 
★★
From: プリウス(NO MAIL) 8月 22日(火)00時17分25秒
30年前の前作を見直して、断然前作の方が面白かったのではないかという自分の記憶が正しかった事を確信した。原作の重厚なストーリーが、セカチュー並みの安っぽい恋愛映画もどきになってしった。ファンの方には悪いが、柴咲コウは本当に演技が下手としか言いようがなく、このような重厚なドラマに向かないのは明白で、起用した方に問題がある。草薙剛はおそらく前作の藤岡弘より実年齢では上と思われるが、あまりにも幼い。小野寺役はもっと骨太な俳優が演じるべきだが、代わりの俳優を思いつかないところに日本の男優の層の薄さがうかがわれる。ストーリーも日本が沈没するというあり得ない仮定をプレートを破壊して沈没を食い止めるという無茶の上塗りで荒唐無稽さだけを際だたせ傑作SFを台無しにしてしまった。本来は星一つのところだが、CGだけはそれなりに頑張っていたと思えるのでおまけで星二つとしておこう。
From: FAVRE(NO MAIL) 8月 20日(日)20時07分24秒
つまらない。隣に座っていたおばちゃんが、井戸端会議のようにうるさい!!これって映画がやはりつまらないからだ。井戸端会議の方が聞いていて面白かった。
★★★★★
From: ずむ(NO MAIL) 8月 16日(水)22時43分46秒
面白かったー!映画という器にいれて、万民が広く楽しめるようにするには、コレぐらい、わかりやすく噛み砕いてあげる必要がありますね。それゆえ あれこれ突っ込みどころが満載になるのは、もう、楽しみの一部として、あわせて楽しんでしまえるのが度量の広い映画鑑賞でしょう。前作の 丹波哲郎さんが首相役だった時には、首相が頼もしい印象でしたが 今回の石坂さんは 極めて頼んなく、しかも途中でどっかーん!首相代理は とっとと海外逃亡、アメリカは日本を見捨てるし、世界各国は受け入れに難色を示し、など 前作よりも 殺伐とした部分もあります。重いテーマをうまく娯楽作品にまとめた、樋口監督、次回作も期待してます
★★
From: shun(NO MAIL) 8月 12日(土)19時00分57秒
粗だらけのなかにちょっとだけ優れたCGが垣間見える映画って感じかな。そもそもプレートを壊したあと、なにか副作用は起こらないの?という疑問が僕の頭の中を渦巻いてました。
From: 映画命(NO MAIL) 8月 11日(金)11時45分20秒
ひでぇ、つまらん!これを期待してみた俺がとどのつまりお馬鹿かよ!!くそ映画! 無料にしてしまえ!!マイナス★
From: 坊屋しゃぶ郎(NO MAIL) 8月 7日(月)20時41分40秒
シネコンでネット予約までして観たのだが、やられらぁ!おまけに鑑賞前にパンフまで買ってしまった。こんなお馬鹿映画に総額2,700円(1,800円+ネット予約手数料100円+振動シート200円+パンフ600円その他交通費)も払った自分が情けなくてたまらない。 ホント観た記憶を消し去りたい星ひとつもあげる価値のない映画でした。
★★★
From: TAK(NO MAIL) 8月 7日(月)14時17分26秒
CG映像は良く出来ていて感動させるストーリーもあって良かったが、どちらもちょっと中途半端になっていたように思えた。もう少し災害やパニックするシーンを見せて欲しかった。あとキャストは贅沢だった。
From: DJANGO(NO MAIL) 8月 6日(日)23時35分59秒
いやー、これほどまでに情けない出来だとは思ってもいませんでした。まるで某亀○の試合みたい・・・中身が薄いし、TBSってことで・・・これが、本当にあの「日本沈没」を映画にしたものでしょうか?沈没というキーワードだけが共通で、中身は全くの別物。どこかで聴いたような臭いセリフにどこかで観たような日本沈没を阻止する作戦。これみよがしにかかるテーマ音楽・・・観客をコケにするのもいい加減にして欲しいですね。あの壮大で素晴らしいドラマを、現代の映像でいかに見せてくれるのかと過度の期待をしたのが大きな間違いでした。幼稚なストーリーに絶対的なテーマの命の尊厳も消し飛んでしまいました。デザスター映画というカテゴリーで、ハリウッドと同じ土俵で戦うのは無謀です。中身がスカスカなのに大宣伝で観客を動員するのは某亀○の試合と同じです。こんな映画を完成作品として世に出したTBS並びに監督をされた樋口氏には幻滅いたしました。
★★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 8月 6日(日)00時48分14秒
なかなか良い出来の作品だと思います。CGも頑張ってましたよ。草薙クンの演技については、あれが草薙流の芝居なのだと思います。どの役を演じても、あぁ草薙クンだなぁと思わす・・・(笑)。そういう役者さんて、名優と呼ばれる人の中にも結構多いですよね。私は、彼の芝居には好感を持っています。柴崎さんは素敵な女優さんで好きですが、線が細すぎてレスキュー隊員には見えないなぁ(苦笑)。それと、彼女が演じたヒロインのキャラクターに、「抱いて」というセリフはしっくり来ないなぁと思いました。とても男らしいキャラで頑張っていた、ミッチー。大地さん、石坂さんのベテラン陣も、さすがの良い味を出しています。
From: ☆土方朋三☆(NO MAIL) 8月 4日(金)14時42分37秒
草薙くんのドラマが好きなので、久しぶりに映画鑑賞しようと思いました。さて、☆1つじゃだめですねぇ。こんなの映画と呼ぶにも値しないでしょう。☆-5個ですこんなもの。まず、キャスティングなんですが、とりあえず名前の通った俳優を揃えたんでしょうけど、草薙を含め全員”どへたくそ”です。監督の力量と現場の雰囲気がかなり最悪だったことが、軽く予想それる出来です。というか、映画を見るより、現場の劣悪さを想像するための作品ではないでしょうか。こんな映画は子供でもつくれないでしょう。(子供に失礼でした。)夏休みに合わせて急ピッチで作ったのでしょう。どうせ・・・映画が終わっても、すぐ席を立たない他の客の態度が不安に感じさせる、劣悪作品でした。
From: アルエム(NO MAIL) 8月 3日(木)11時48分00秒
こんなに酷い映画を観たのはすごい久しぶり・・・ゲドを観たときもすごい落胆したけど、コレを観たら「ゲドそんなに悪くないじゃん」と思えたほど。始まって5分で隣の友人は寝だしたものの、1000円とはいえお金を払って観ていると思うと寝れない貧乏性な私はとりあえず起きていた。が、10分も観てたら頭痛がしてきた。まず音楽が酷い。入れるタイミングも酷いけど、音楽の乱用が目立ち、爆発音とか、自然音ともかぶってて情緒もくそもあったもんじゃない。それに加えて役者の演技はわざとらしく、台詞には重みが感じられない。豊悦は棒読みだし、柴崎コウはレスキュー隊とは思えぬぎこちない動き。日本的な情緒や美しさもなければ、ハリウッドのような迫力もない。金の使い方を完璧に間違っている・・・友達はずっと寝たり起きたりを繰り返していたが「何回起きても映画が終わってないのが悪夢だった」と言ってました。この映画を観たら、若干日本人であることすら嫌になったほど。金をどぶに棄てる覚悟で観た方がいいです。
★★★
From: sin(NO MAIL) 8月 2日(水)23時17分17秒
そんなに悪くはなかったただ大音量での歌の挿入とかはちょっとあと大地真央の厚化粧が気になった石坂はいらない
★★★★
From: やんすけ(NO MAIL) 7月 31日(月)16時18分14秒
評価低いけどそんなに悪い出来だとは思わないなぁ。確かにご都合主義なトコロはあるけど、アルマゲドンほど酷くない。でも個人的にはもっとドラマパートを抑えて、日本が沈んでいく描写を描いて欲しかったかな。主人公が無事に生還してヒーローになる!的なラストでなくて良かったです。
★★★★
From: sak(NO MAIL) 7月 30日(日)01時30分10秒
まあまあ面白かった、という感じです。星は4ですが3.5ぐらいの満足度でした。いい人あたりから比べると草薙くん演技上手になってたなーという印象と、前半がちょっと説明くさいかな〜という感じもしましたが基本的に夏休みに気軽に見にいける映画として考えれば充分満足できる内容だったと思います。粗探しをしようとしたら色々と出てきそうなのであまり深く考えずに見るぐらいがちょうどいいのかな?
★★
From: くま(NO MAIL) 7月 29日(土)07時40分07秒
なんだか説明がましくて始めテンポに乗れなかった。とりあえず日本沈没というのが大前提であるんだから説明をもう少し割愛しても良かったとは思うけどそうは行かなかったんだろうか。確かに物凄く凄いモノを見たという感じはするのだけどそこから感涙するに至るかというとそうでもないし。恋愛にするなら恋愛にすればいいし、いろんな所でいろんな人が頑張っているのは分かるんだけど、いろいろ詰め込みすぎてストーリーとして結局中途半端になった気がする。う〜ん・・もう一度見るなら地上波でいいかなぁ、という感じ。
★★
From: gam(NO MAIL) 7月 29日(土)01時14分16秒
日本版アルマゲドンです。乗っけの柴崎コウ演じるハイパーレスキューから既に現実感がありません。荒唐無稽な話なんだからせめて細かいところは現実感をもたせてくれないと...この監督ローレライの時もそうだったけど、そういう細かい描写が下手ですね。日本全体あんな状態なのに食料などの補給はどうしたのか?とか、あの場所だけなぜあんなに平和なのか?宇宙から見たら日本中火山灰だらけのはずなのに...とかとか言ってたらきりがないです。アルマゲドンほど熱いドラマがあるわけでもなく特撮は楽しめるけどほんとそれだけかな...
★★★
From: 純、(NO MAIL) 7月 29日(土)00時59分23秒
感動物にしたいのは分かるが、だったら、ラブストーリーよりも、家族愛に力を入れた方が良い作品になったと思う。(どのみち、ファミリー映画だし)石坂浩二や、ミッチーのエピソードの方が、草薙君のよりも、正直感動できた。ネタバレ「お父さんとお母さんが死んだとき、私決めたの。もう、誰も好きにならないって」これは、面倒を見てくれたおばさんや近所の人たちに対して、かなり失礼な発言だと思うのだが、どうなんだろう?
★★★
From: けんどー(NO MAIL) 7月 27日(木)00時32分30秒
支持したい気持ちもないわけではないが、娯楽映画として観て杜撰な点が多すぎる。恋愛場面になると途端に演出が無くなって退屈になるし、草なぎクンを無理矢理主役として引き立てることに腐心した結果だろうが、交通網が寸断されているであろう中を彼があちこちに移動している、という極めてご都合主義な展開が連続している。市井の人々に焦点を当てた物語は良いと思うが、それが政府内のドラマや草なぎクンと柴咲コウとの恋愛とあまり噛み合っていないのでかなり散漫な印象の強くなってしまった。せっかくの役者の熱演が報われない。特撮については、災害の被害を被った人たちに配慮したということで残酷な描写が抑えられているのは仕方ないし、個人的には気に入っているが、俯瞰が多すぎて、あまり血の気が通った感じがしなかったのも確か。
★★★
From: todo(NO MAIL) 7月 26日(水)21時38分38秒
そんなに悪く無いんだけど、危機感がぜんぜん伝わってこないんだよね。草薙くんも柴咲ちゃんも呑気に歩き回ってるって感じで、けっこう余裕あるじゃんと思っちゃうのが致命的です。パニック映画のなりそこないでちょっと残念でした。
From: ひよこまめ(NO MAIL) 7月 24日(月)21時31分49秒
これ、ダメでした……。マジメにコメントする気も起きない……。いくらなんでも安直すぎる……。お金はかかってそう。映像も良く作り込んでる。それくらいしか評価すべきポイントもなく……。最後までなんとか観れたのは、柴咲コウのおかげ。役柄のリアリティやストーリーはともかく、彼女は画面に出てるだけで不思議な力を放つ気がする。あとは、及川光博がちょっと出色かな。男気ある男の役、新鮮で。そこそこ見れました。それにしても、何言いたくて作ったんだろう、この作品。これ見て、日本人の意識が何か変わるのか?? でなきゃ、パニック映画を見て、胸の奥の不安をハデなフィクションでぬぐい取ることで、現実世界は大丈夫と思い込もうとする、一種のカタルシスか?? その「フィクション化」は、実はとても怖いことなのに。
★★★
From: きんとき(NO MAIL) 7月 24日(月)16時22分35秒
特撮も含めて映像センスは結構イイと思いましたが、肝心の主人公達も政治家もドラマ部分の底が浅くて見ていても退屈でがっかりでした。また小野寺は日本列島が正に壊滅的な状況の中でもいつもキレイな格好でどこにでも顔を出して、いったいどんな移動手段を使ってるのか不思議でなりませんでした。ドラマ部分を詰めて1時間半くらいに再編集してもらってチャンピオンまつりでリバイバル公開して欲しいです。
★★
From: しゃーらっく(NO MAIL) 7月 24日(月)14時21分14秒
とにかくドラマが陳腐。登場人物達は皆、心情をペラペラと台詞で語るし、何だか安いテレビドラマみたいだった。安いドラマと派手な災害シーンを交互に貼りあわせた様な感じの映画だった。
★★
From: 浦連夜(NO MAIL) 7月 24日(月)12時35分36秒
以下、ネタばれです。なんだかクサナギくんの中盤の行動がすごく意味がなかったのが残念でした。もうちょっと、アレコレすべきでしょう?意味もなくウロウロしてるので、いつ死んでもおかしくなかったと思う。そういうとこ、もっと上手く描くべきでしたね。それと、最後は結城くん(パートナー)に思いを馳せる台詞が欲しかったな。ヘリポートでの別れを全部カットして。マジであれはいらん。さらに、最後の声明発表は、それをラジオで聞いて泣き崩れる母親or柴咲コウとかその周辺が必要だとおもうんだけどな〜。そうすりゃ泣けたのに・・・。
★★★
From: ゆいこ(NO MAIL) 7月 24日(月)10時56分19秒
見終わって正直「思ったよりも泣けなかった」と感じましたが、あとからじわじわとくる映画でした。テントで泣いてしまう剛君の気持ちはラストを知った上で思い出すと、とても切ないです。手紙のところはすごく良かった。もう一度見て泣いてみたい。この小野寺役はやっぱり剛君でよかったのでは。初めから強くカッコイイ人が日本を救うのでなく、初めは弱腰で繊細な小野寺が救うところがやっぱりポイント。玲子役は凛々しいコウちゃん、良かったです。ミスキャストは大地真央か・・・。
★★★★
From: てつろー(NO MAIL) 7月 23日(日)23時21分23秒
自分はそこまで嫌な印象は受けませんでした。確かに草薙の棒読みや柴咲コウの華奢なハイパーレスキューは違和感を覚えましたが。やはり樋口監督!ローレライ色が入ってますね。「絶対に生きて帰ります」と言った人間が死に、前作のローレライの様な潜水艇の無理難題な任務。なんかデイアフタートゥモローとローレライを足して割ったような映画、って感じがしました。でも素直に面白かったですよ。
From: ミュラ(NO MAIL) 7月 23日(日)22時14分08秒
ローレライも見ましたよ。この監督さんは、これで仕事をしているつもりなのかな。恥ずかしいと思わないのか。原作者が可哀想だ。もっと可哀想なのは、観客の僕なんだけどね。ドラマ部と特撮の部分と別々に製作できるシステムはどうかな。でも何が悪いって製作側のTBSっていうことになるよね。この監督さんには仕事させないでくださいって言っときます。
★★
From: 栗村(NO MAIL) 7月 22日(土)20時39分20秒
中盤草薙が何もしてなかったな・・・。あれだといくら「腕がいい」って言われてても口先だけにしか感じん。盛り上がりにも欠けるし、退屈した。
★★
From: ネコバ(NO MAIL) 7月 22日(土)13時48分32秒
とにかく全てにおいて軽い。これほどの大きなテーマを扱った作品であるにもかかわらず、何となくよさげな「セリフ」とよさげな「シーン」、そしてそれっぽい「音楽」を寄せ集めました的な安易な出来にしか感じられないというのでは、あまりにも情けなさすぎる(草薙と柴咲の別れに、音楽がかぶさってきたヘリポートのシーンでは、余りの酷さに脱力した)。とにかくストーリーがあまりに淡白。この国が一気に沈没していくというのに、緊迫感のカケラも見られない。想像を絶する災害が続発しているにも関わらず、事の重大さが実感としてこっちに全く伝わってこないというのはいったいどういうことだろう。確かに最新のVFX技術で作られた災害シーンそのものは、確かに目を見張るものがある。しかしそれはただ見栄えのある画として、そこに存在しているだけ。日本が沈んでいく重みをこちらに叩きつけてくることに、画が全く貢献していない。あれだけの映像が、ただの技術の無駄遣いにしか感じられないことが悲しい。1つの国が崩壊していくという、とてつもなく大きな題材を扱っているのだ。表現すべきテーマはいくらでもあるだろう。にもかかわらず何が悲しくて、おばかハリウッド映画のサルマネをして、個人のヒーロー性や恋愛に焦点を当てた作品にならなければならないのか。これほどのコンテンツをこんな陳腐なカタチでしか料理できないのなら、樋口監督はよりその才能が発揮できる、元の裏方(絵コンテ・特技監督)に戻ったほうがいい。評価については、最低の★1つにVFX分をプラスしたので取り敢えずは★2つになったが、心情的には1つでもいいくらいの出来だった。
★★★
From: py(NO MAIL) 7月 21日(金)13時24分11秒
見慣れた建物等が崩れ落ちていく様は恐ろしく圧巻であるが、ラブストーリーに趣きを置きエンターテイメント作品であるならば、主役は華のある人であったほしかった。その意味で草なぎ剛はミスキャストで残念。
★★★★
From: 四朗(NO MAIL) 7月 20日(木)21時33分22秒
>草薙と柴咲の恋愛なんてどうでもよかったその通りです。特撮は素直に見ごたえがあったけど。娯楽作品なんだから、設定がおかしいというのも許されると思いますが。日本列島が沈むということ自体が作り話なんだから。自分が知っている魚津港が映ると感情移入できて「ああ、津波がくる〜」とリアル感に浸れた。
From: マーシャルの鬼(統治制御)(NO MAIL) 7月 20日(木)16時18分56秒
ど素人さんが何の勉学もつまずに銀幕に出る日本は駄目だな
From: savataしかしまあ、なんですな。なんとも出来の悪いデザスタームービーですわ。(NO MAIL) 7月 19日(水)20時23分19秒
しかしまあ、なんですな。なんとも出来の悪いデザスタームービーですわ。住民の避難シーンも重要には違わないけども、パニックに陥った人々を描くのも大事だと思うのだが、そういったシーンが少ないのなんの。くだらない恋愛ドラマにスポットを当てている場合ですか?肝心の特撮シーンの出来も、さほどではないし・・・水没した各地の映像よりもそこへ至る過程の津波とか、土石流、溶岩、地盤沈下などのシーンを作ってほしかった。落石のシーンに6時間かけて撮影。映像に使われるのは数秒とかメイキングで自慢そうに語ってらっしゃいましたが、そんな暇があったら人間ドラマの演出をしっかりしてくれないと・・・おまけに沈没を防ぐ計画があれですか?大昔の「妖星ゴラス」から進化してないし、そのネタ「アルマゲドン」でやっちゃってますよ。パクリと言われてもしょうがないんじゃないですか?オマージュなんて言わせませんよ。それにプレートを分断するほどの大爆発が起きれば、その後の津波とか心配ないのですか?せっかく残っていた国土まで津波に飲まれて一巻の終わりにならないですか?海上で作戦を見守る掘削船は、大丈夫ですか?なんとも情けない、ありえない作戦だと苦笑しましたよ。それと人命が一番大事、愛が大事と言ってるわりに、人の命を無駄にしてるしに・・・なにも草なぎクンが犠牲にならなくても、無人潜水艇とかないのでしょうかね?あるいは、長〜いパイプを繋いで、海上から挿入するとか・・・この監督、特撮に凝りすぎて(マシではあるが)、肝心の人間ドラマがおろそかになっていると言うことに気がつかなかったのかね?「アルマゲドン」が多くの映画ファンからダメダメ映画と言われる意味が分かってらっしゃるのカナ?あら探しをしだすと止まらなくなりますね。そういう意味ではたくさんの友達と見て突っ込み合うのも楽しいかも知れません。
★★★★
From: ゆゆ(NO MAIL) 7月 19日(水)17時28分18秒
突然、ふたり好きあっていたのには「はやっ!」と思いましたがそれなりに楽しめた映画です。映画が終わった後、ないとは思いつつも日本が沈没したら…。自分の命など、考えるきっかけにもなりました。よいきさんの言うように、私もミッチーの最後のシーンは感動しました。でもこの映画は賛否両論が分かれる映画だなあと思います。
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 7月 19日(水)16時14分27秒
よかった。迫力満点だ。津波や火山噴火がすごい。柴崎コウいい。福田真由子(子役)の演技いい。母親が死んだときのシーンかわいそうだった。ヘリコプターでまだ何人ものこっているのに、政府の役人がのこのこのって、少人数でとびだしたのは、ずうずうしかった。なんで噴火するのがわかっててあそこにいったのか不思議。石坂浩二が小泉総理にそっくりだった。
★★★★
From: よいき、ぴっける、まいこー(NO MAIL) 7月 19日(水)13時10分31秒
楽しみました。映像的に日本映画もここまできたかって。絵になるシーン、多くありました。冒頭の爆発の中からヘリが救出に現れるシーンはとても気に入りました。「日本沈没」サイドストーリー的な作りは好き嫌いがあると思うし、いつのまにか好きになっていたって描写があんまり上手じゃなかったけど、でも全体的には非常に満足しました。及川ミッチー演じる結城の最後のシーン、とても感動させられました。他の監督がやったらこんな絵は見れないだろうからまだまだ粗い所はありますがこの監督にはどんどん作品を作っていってもらいたい。でも、富士山噴火はやはり見たかったかな。
日本沈没はこうでなくちゃいかん!て思いが恐らくみんな強すぎる。そういう自分も74年版「日本沈没」DVD持っています。何回も見ました。だから確かに公開前にクライマックスの情報を得た時には驚きました。が、こんな「日本沈没」もアリだと思う。これだけ映画が出そろったこの時代。パクリのない映画なんてないと思うしましてやリメイクだからね。それ自体がパクリだし。でもがっかりしてる人たちの気持ちもわかります。もっとめちゃくちゃにしてほしかったから!といって、限られた予算でということでミニチュアの街が壊れていくなんて見たくないですし。充分満足しました。崖が崩れていくシーンはかなり力が入ってしまいました。
いろいろな見方があるね、映画は。俺は面白かった。なんでか2回見てるしね。樋口監督は本当に大味なお話の作り方で苦笑する場面もあったりしちゃうのですが自衛隊とかメカとか細かい設定には思いきりこだわっているという不思議な映画になっていましたね。豊川さんと及川さんは印象的でした。北海道の爆発に始まって東京の崩壊で日本沈没へまっしぐらって流れはとてもよかったと思います。小松左京さんも東京の(特に銀座)崩壊シーンはお気に入りと言ってましたね。個人的にはそんなに悪くはないと思うけどな。でも大味な監督だからこの評価も妥当。
From: ワンちゃん(NO MAIL) 7月 18日(火)22時47分19秒
草薙くんの演技力ないのは承知していたけど・・・それにしてもひどかったよ。パニック映画なのにあまりにも平坦(緊張感無)なセリフはむごかった!CGも他の映画のパクリばかりで独創性なし・・・唯一評価できるのは音楽映画見てる間「そんなわけないやろぉ〜〜?」がずぅーとコダマしてました 苦笑日本沈没じゃなくて、日本映画沈没!!
★★
From: Yu(NO MAIL) 7月 18日(火)13時04分12秒
内容がない。原作読んでないがもともとこんな?草gが主演ではやはりしまらない。
From: やよい(NO MAIL) 7月 18日(火)00時08分33秒
ひどい…。試写会でみたんですが、監督・出演者そろって「愛を描いた」とか言ってたけどまったく伝わってこないし、出演者の演技もちぐはぐな感じ。中途半端にリアルな感じを出すくらいなら徹底的にエンタテインメントにしてほしかった。CGに★1つ。
★★
From: さば(NO MAIL) 7月 18日(火)00時05分20秒
恋愛いらない。その通り…。それがなかったらかなり面白い、というかもっと他の部分が書き込めて面白くなったはず。海猿でも思ったけど、若手の俳優を起用して恋愛絡めときゃ客が入るとか安易なことを考えるスポンサーやプロデューサーがまだいるんですかねえ…。小野寺(草なぎ)に決意をさせるための小道具として恋人=柴崎がいたなら、もうちょっとマシな描き方して欲しいなあ。あれじゃあ非日常で知り合ったから恋に落ちた程度にしか取れない。主人公に共感できないので、命をかけての潜水にもはっきり言って萎えます。同じ潜水艇乗りなら結城=及川のほうがよほど共感できました…。それ以上にダメだろこれ、って思ったのがシーンがぶつぶつ切れすぎること。観客が入り始めた頃にぶつっと途切れて次のシーンへ飛ぶので見ていて疲れます。監督が悪いのか…?
★★★
From: ボグダノヴィッチ(NO MAIL) 7月 17日(月)23時58分32秒
この映画は詰め込む内容が大き過ぎて難しいんじゃないでしょうか。・見せ場であるところの災害シーン・日本が海底に沈むという物理的な背景説明・パニックに陥る人々の様子・日本人難民受け入れをめぐる各国との駆け引き・そして、人間のドラマこの新作では、どうやら人間ドラマに焦点を当てたかったように思えますが、それが成功していたようには思えません。時系列的な流れをぶった切って全体を冗長にしただけですし、主人公の小野寺は、あちこちに出没しては英国渡航を自慢しに行くだけの変な人物になっていました。ただ、オリジナルのラストはよかったと思います。時代が違うのですから、希望を持たせる終わり方は大いに歓迎したいと思います。最後に。旧作や原作との比較はするつもりはありませんが、(決して旧作がよい作品だとは思いませんし)旧作での首相役である丹波哲郎さんを越える人物が見当たらなかったことが残念でした。これは新作での首相役の石坂浩二さんとの比較ではなくドラマを支える屋台骨としての存在が無かったということです。
★★★★
From: とっち(NO MAIL) 7月 17日(月)20時12分37秒
前作も見てないし何の予備知識も無く見に行きましたが、面白かったです。話の流れもテンポよく進んでいて、時間がたつのが早く感じました。今まで他の作品で剛君を見たときはカッコイイと思ったこと無かったけど、この作品の中の剛君は俳優さんとしてとってもカッコ良く見えました。抱擁の後で柴崎コウを振り切ってへりに乗り込むシーンが切なくて忘れられないです◆あと気になったのは...エンドロールで津田寛治と木村多江の名前をがありましたが、どこに出ていました??明和電器はすぐわかったんですけど・・・
From: 映画万歳(NO MAIL) 7月 17日(月)16時21分00秒
小学生の頃、満員の映画館で地べたに座って見た旧作が忘れられず普段は滅多に見に行かない邦画を久しぶりに見に行きました。見に行った映画には当然のこと当たりハズレはありますがハズレなどと言うレベルではなく「オイオイ、こんな映画作って金取って見せてもいいのかよ?」と言う感じです。どこがどうだと語る気にもなりません。ただ、それ以上に驚いたことは隣に座っていた女性が涙し周りからも結構、鼻水をすする音が聞こえたことです。当たり前のことですがホント、人それぞれなんですね。私はまた暫くは邦画を見に行かないことを決めました。
★★★
From: 刃霧(NO MAIL) 7月 17日(月)16時09分40秒
こういう映画では、主人公よりも逃げまどう人々の心境をどう描くかが結構重要だと思います。それなのに、エキストラの方々にはろくに演技はさせず、ただ人形のように死んでいくだけ。生き残る人達だけではなくて、死んでいくエキストラの中にも2,3人劇団で演技に自信がある人を散りばめて、思う存分死を怖がってくれればもう少し悲壮感が伝わったかなぁと思いました。この作品だけに関して言えば色々不満はありますが、長い目で見れば今後の日本映画に少し期待が持てそうなので、大目に見て星3つです。
★★★★
From: ONI(NO MAIL) 7月 17日(月)01時49分42秒
迫力あるCGを目的に見に行った分、その点は合格でした。ちょっと少なかった気もしましたけど。草薙と柴咲の恋愛なんてどうでもよかったんで見流してたからこの点数です。確かに今までの↓が言ってるように、草薙の演技は『キャラクター』の一言ではかたずけられないぐらいの棒読みぶりでした。まぁ人間ドラマ目的じゃなければ気になんないですけど。それにしてもいくら完全に沈没免れたってこれじゃ復興できんわな結果的に民族消滅
★★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 7月 17日(月)00時46分40秒
銀幕の中では人々があらゆる災害に襲われているのに、鑑賞している自分には睡魔が襲ってきた。自然災害作品が好きな私だが、多少嘘臭くても災害をふせぐあの方法は娯楽作品として肯定出来る。何故”空自”の救難ヘリに”東消”の救助隊員が搭乗して作業に当たっているのがやや疑問に思ったが、平時でも同機に”某県警”の救助隊員が同乗していた記述のある本を読んだ事があったので、災害時にはそんな例外もあるかなと考え直した。(因みに件の警察官は最初自分が救助すると言っておきながら猛吹雪の中で臆してしまい、結局自衛隊員が降下して救助したとの結果だった。)余談として小生は原作や旧作を全く読んでいないが、現在日経新聞の「私の履歴書」が小松左京先生なので毎日拝読している。中学生で終戦を迎え、戦後の混乱期に学生時代を過ごされた先生としては災害にあっても逆境に負けずに前進する人々は自身の体験と重ね合わせて作られたのかなぁと想像してしまう次第である。
★★★★
From: 通行人(NO MAIL) 7月 16日(日)21時45分55秒
ネタバレ旧作原作未見です。災害シーンがかなり怖い。胸がつまって思わず涙がにじみました。首相が一番衝撃的。恋愛シーンになると一気に涙が乾きました。なんか草薙が嘘臭くって(^^;最後の表情とか声の演技はよいのに惜しい。特撮の迫力でギリギリ星4つ。どうでもいいですがアニメ監督がエンドロールに名を連ねているのは何故?
★★★★
From: レディ(NO MAIL) 7月 16日(日)20時10分32秒
原作はどうしたの?どこに行ってしまったの?日本沈没はラブストーリーなの?って思っちゃった。でも、草なぎくんは特別好きな俳優(?)さんではないし、演技もうまいとは思えないけど、彼で良かったような気がします。何だかんだ言いながら、エンドロールまで観ました。意見が分かれる映画とは思いますが、私は好きな映画です。
From: チャック・ノリスケ(NO MAIL) 7月 16日(日)16時34分00秒
酷かったな この監督好きだから期待してたんだけど今回はやられたわ。えー!? 肝心のカタストロフシーンたったあれだけかよ!残りはダラダラの恋愛ドラマ。超退屈で何度も睡魔に襲われました。
★★★★
From: あっちゃん(NO MAIL) 7月 16日(日)11時58分23秒
スケールが大きくてものすごく迫力のある映像だったと思う。最近、身近でよく地震がおこるのでもし自分だったらどうするだろうとか、後でいろいろ思った。草g剛の演技は心に優しくはいってくる感じで、良かったと思う。柴咲コウも表情がよかった。ただ、恋愛はなくてもよかったかなと思う。でも、全体的には、よかった。久しぶりに満足した。
From: マークン(NO MAIL) 7月 16日(日)10時14分09秒
正直言ってつまらなかったです。旧作は、役者さんたちの熱演で日本が沈没するという緊迫感がひしひしと伝わってきました。しかし、今作品は、災害や自衛隊のシーンが、旧作とは比べものにならないくらいの迫力のある映像なのに、主演俳優の棒読みに近い台詞回しや、恋愛シーンのベタな演出で、画面から緊迫感がまったく伝わってきません。特撮は素晴らしいけど、脚本や演出はさびしい限りです。自分にとって期待が大きかった作品だけに、残念な結果でした。
★★★★
From: まあまあ(NO MAIL) 7月 16日(日)03時48分14秒
悔しいけど面白かった。絶対面白くなるはずがないと思って観たのに面白かった。確かに恋愛部分は描写下手。巧い人ならあれしかない2人の絡みでも立派に恋愛させるはずなんだけどねえ。
★★
From: りよ(NO MAIL) 7月 16日(日)01時26分06秒
映像はドキドキさせるものがあるし、SFとしては面白かった。そして家族愛というか、身近な誰かが災害に遭う恐怖を感じさせられた。しかし恋愛ストーリー要素を無理に組み込んだのが良くない。しかも草なぎ剛がその恋愛ストーリーの主人公というのがいただけない。【以下ネタばれ有】主人公は、男を上げる良い役にも関わらず、草なぎは全くの棒読みで感情が湧かない。てんでダメだった。あと、柴崎コウとの交流もあまり見せないまま「結婚」だとか「この人を守りたい」だとかの話が出て安易過ぎて感情移入できない。製作サイドとしては色んなエピソードを盛り込みたかったのかもしれないが、おそらく時間の関係で大部分を割いてしまったのだろう。どの道変テコな話しにしかならなそうだが。あと、草なぎが柴崎にプロポーズするシーンで、映画序盤に保護した少女(岬ちゃん)の名前を出し「イギリスで君と岬ちゃんと3人で暮らしたい!」と言った。岬ちゃんは小6くらいの女の子。初めの災害で両親を失い、以後地震があるたびに過度に反応してしまうが、その時に草なぎが抱きしめて落ち着かせている。そのシーンを見てロリータ的愛という印象を抱いてしまったため、先のプロポーズの言葉が3P願望にしか聞こえず、笑ってしまった。そして草なぎと柴崎が最後の夜を過ごすシーン。柴崎が「抱いて」と言ったのに対し、草なぎは突然えーんえん泣き出し「それはできない〜だってさっき誓ったろ、3人で幸せになるって」と言った。3Pじゃなきゃ抱けないってか!もしくはインポテンツなのかと思ってしまい、これまた笑った。とにもかくにも草なぎが絡む恋愛シーンで全部台無しな映画。
★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 7月 15日(土)12時49分29秒
良かったです。細かいことをいえばきりがないけど、伝えたいことやそれぞれの気持ちをうまくまとめていたのでは・・・  草なぎクンは演技上手いとは思わないし聞き取りにくいセリフまわしなんだけど彼の穏やかな声のトーンにやられました。特に手紙のシーンから泣きっぱなしでした。トヨエツは当然いいですし、及川ミッチーも素敵でした。大地さんはどうなのかな〜でしたけど。柴崎コウは県庁の時は「この人、織田裕二嫌いなんだろーな」と思えてならなかったのですが今回はレスキュー隊員としての凛々しさと恋する女性の両面を上手くみせてくれて良かった。音楽がこれでもかって感じでかかったのはマイナスかな  いい曲なんだからさりげなく流れてほしかった。でも全体的には合格点