大奥

満 足 度
47.9%
回答者数12



★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 1月 14日(日)02時46分59秒
仲間由紀恵がとても良いです。主役を張る役者としてこれまでも結果を出してきた彼女なので、当たり前かも知れませんが…。高島礼子を始めとする、意地悪集団がとても怖いです(笑)。及川光博が良い仕事をしてます。彼は意外に良い役者だと思います。「日本沈没」でも頑張っていました。映像が綺麗、衣装が艶やかで楽しめましたが、ストーリー的に☆4つまではいきません。
★★
From: ネコバ(NO MAIL) 1月 13日(土)14時25分21秒
まあ当り前っちゃあ当り前のことかもしれませんが、TV版大奥にただ仲間由紀恵が出てるってだけの作りですね、これ(ドラマの大奥はチラ見程度)。セットだ衣装だにスゴイお金がかかってるって聞いてますが、結果的にはあまりそれが作品の出来に生かされてません。とにかくストーリーの描き込みが甘い。生島新五郎・絵島がお互いに惹かれ合っていく過程も、絵島については彼女がこの手の免疫がなかったからと言ってしまえばそれまでだけど、イマイチ納得できるモノとしてこちらに伝わってきません。この部分はある意味この作品の一番重要なポイントでもあるわけだし、もう少し二人の感情の揺らぎというものを表現して欲しかったというのが正直なところ。これに比べれば、それこそ少々エキセントリック過ぎるきらいはあるものの、まだ月光院のエピの方がわかり易かったとも言えます。またカット割やカメラワークにもこれといったものがなく、劇場作品であるにもかかわらず画面が妙にTV的。映画の持つ重厚感のようなものは、作品のどこからも感じられませんでした。ラストの主題歌も、この作品の軽さに拍車をかけてるだけのような気がします。それほど期待はしてなかったはずなのに、それでもなおかつ物足りなさが残る。TV版大奥の好きな人、仲間嬢のアップを堪能したい人、あるいは道ならぬ恋を夢みているような人以外には、あまりオススメできません。
★★★★
From: むう(NO MAIL) 1月 13日(土)10時41分29秒
2時間を越えるなら、要所要所をもっと凝って欲しかった。特に嫌がらせのシーン。(これを楽しみに大奥を見る人も多いわけだし)反対に、見所は衣装、セット、そして仲間由紀恵。すっごくキレイでした!
From: くるたん(NO MAIL) 1月 8日(月)00時20分34秒
全然期待せずに観に行ったのですが、期待を上回るつまらなさにびっくりしました。全体的に悲恋の純愛を描きたかったのだろうけど、薄っぺらさしか残らなくて微妙な感じ。キャストも大物俳優がたくさん出過ぎてて、どうでもいい場面で存在感を出し過ぎててそのちぐはぐ感にも苦笑い。なんでこんな映画観に行っちゃったんだろう・・私。
★★★★
From: よいき(NO MAIL) 1月 5日(金)20時50分01秒
期待していなかったせいか正月映画の中ではとってもまともな良い作品だなと思いました。なぜにそう思ったのかと言えば絵島と生島の筋の通った一夜限りの恋。それにつきるかな。お互いに最初で最後とわかっていてひかれ合うってのがとても上手に描かれていた。仲間の凛とした、というか強さがにじみ出る演技がとても良かったと思います。正月映画がなんか裏切られてのものばかりだったから(犬神・NANA2・鉄コン)これはひろいものでした。
From: ほた(NO MAIL) 1月 4日(木)23時51分09秒
見所は豪華な出演陣や衣装、セット。話はあってないようなものでドラマで事足りる程度のステキなくらい眠気と欠伸を誘う見事な駄作。これと関連したスペシャルドラマとしてテレビで放映された深田恭子主演のがあまりにあれで落胆したがこの映画版、ぶっちゃけどっこいどっこい。金取ってる分文句はドラマより出るね(笑)主演者を豪華にするだけでいつもいつもネタやパターンは一緒。人気ある今のうちに制作を終わらせてしまうべきだろうねぇ。潮時は盛り上がってるうちにしておくのがいいと思うよ(笑)
★★★
From: bere(NO MAIL) 1月 4日(木)17時36分04秒
仲間由紀恵でもった映画。脚本のせいか、テーマのせいかもう一つ重さが足りなく物足りなさがあった。とにかく仲間由紀恵はよかった。
★★★
From: 葛岡(NO MAIL) 12月 31日(日)10時04分16秒
大奥の集大成にふさわしい超豪華なキャスト!これだけで見応えあるのだが、肝心の脚本が完全にキャストに負けてしまっていたのが残念。前半の面白さに比べて後半が尻すぼみで少し退屈だった。仲間由紀恵では大奥総取締りには線が細いか?と心配だったが思ったより気品と威厳が感じられて安心!残念だったのは方言指導。松下はそれほど気にならなかったが高島の京都弁は酷かった。せっかくの良いシーンもイントネーションが気になって興醒め。残念で仕方ない(>_<)
★★★★
From: さば(NO MAIL) 12月 30日(土)00時08分31秒
わりと楽しめたのですが、後の席のお姉さんがハンカチ握り締める勢いで泣いていて…ちょっと興が削がれ。謀略を巡らせるならもう少し徹底して欲しかった。月光院が半端に浅はかなので(史実でもあさはかなようですが)苛め役の方に肩入れしてしまいそうになる。大奥のドロドロした部分をもっとがっつり見たかったですね。
★★★
From: まりりん(NO MAIL) 12月 25日(月)21時52分05秒
すごい豪華な映画だった。ストーリは悲劇な話だった。仲間ゆきえ、きれいだった。衣装きらいだった。西島かっこいい。最後の高遠の紅葉きれいだった。
★★★
From: あずさ(NO MAIL) 12月 24日(日)01時55分40秒
はっきり言って映画にするほどじゃないと思う。それに何がテーマかよくわからなかった。テレビドラマのほうが面白かったように思う。
★★★★
From: SNOW(NO MAIL) 12月 23日(土)22時57分06秒
ドラマの大奥を見たことがなく、時代劇が苦手なのでちゃんと理解できるか不安でしたが、なかなか楽しめました。まず仲間由紀恵がほんとにキレイでウットリしちゃいました〜!きらびやかな衣装と上品な雰囲気が時代劇にピッタリです。そしてみんなにいじめられていてもその目力が心強く、頼もしかったです。そして一番の見所のドロドロ感はやっぱり凄かったです。特に高島・浅野・松下の3コンビにはブルブルだし、あの大奥のテーマ曲を聴いてもゾクゾクしました(笑)ストーリーは噂通り悲劇だったけれども、最後の絵島の言葉をきくと絵島にとっては悔いはないのかなとも思えました。300百年位前には本当にあんな世界があったんだなぁと女の世界は怖いなぁと改めて思いました。