輪廻

満 足 度
51.5%
回答者数17



From: むーにー(NO MAIL) 2月 7日(火)09時54分28秒
「怖い」というよりは「不快」な映画でした。いわゆる「ジャパニーズ・ホラー」と一括りで語られるジャンルの映画にはしたくない、という気持ちは分かるけど、観客を不快にさせる意味って何?
★★★
From: ジョンタ(NO MAIL) 2月 2日(木)11時53分34秒
驚かないです。怖くない。でも優香がよかった。優香はいいですよ。『修羅雪姫』のプロデュサーは優香が好きなんでしょうか。『恋に唄えば』で終わらせたくなかったんでしょうか。あと香里奈もよかった。小栗旬も厚かましくなくよかった。また、『修羅雪姫』『奇談』なんかと違い、清水監督とあって、最初から物語っちゃうぞという気合がないのはいい。しっかり90分で処理できる内容を選んで、仕掛けで面白がらせようとしている。特に、その仕掛けは日本のホラー映画ではかつてここまでやったことないのではというくらい金賭けてる。なんだか岸田森のドラキュラ映画以来のホラー美術的興奮。伊丹十三&黒沢清の『スイートホーム』も思い出したり。しかしまだ幽霊の見え隠れをやってるのにはビックリ。もう少女も人形も全然怖くないっすよ。(ネタバレあり→)あの辺全部削ぎ落として一学者の仕掛けた“輪廻実験のための殺人計画”に焦点をあわせたほうが全然良くないでしょうか。もう徹底して『シャイニング』ばりにしたほうがよっぽど強烈なものにできたと思いますが、判断ミスですね。
From: 沈々(NO MAIL) 2月 2日(木)09時00分37秒
なんか笑える映画でした。「呪怨」の清水監督とゆうことでかなり期待したからだと思いますが、なんかつまらなく怖くもなかったです。最初こそ幽霊が背後にいたりぞっとしましたが、やたら出てくるので見慣れてしまい、最後はゾンビ(?)になって出てきて思わず笑ってしまいました。人形もなんか変な顔をしており、こんなの売ってないとリアリティーを感じず、またCGで顔を変形させたり、襲ってきたりと怖いとゆうより笑いでした。クライマックスも大きなうめき声が響き渡りそれがうるさく思わず失笑。聞こえるか聞こえないかぐらいのほうが気味悪くて怖いと思うのですが・・・・賛否分かれると思いますが、「呪怨(日本版)」もそうでしたが後味の悪すぎるラストも嫌いです。「呪怨(アメリカ版)」風なラストにして欲しかったです。一箇所首吊り死体が落ちてくるシーンは「おお!」と声を上げそうになっってしまいましたが、全体的にはなんだかな〜って感じです。優香もたぬきみたいな顔して緊張感感じませんでしたし、主題唄もかっこ悪〜。
★★★★
From: きっこ(NO MAIL) 1月 29日(日)00時43分23秒
ラスト20分ほどほとんどセリフがなくなるあたりから、俄然面白くなってきました。物語をわかりやすく語るためにていねいに映像を積み重ねているわけではないし、何から何までセリフで説明しているわけでもないのに、きっちりわからせていくあたり、かなりの腕前ではないかとちょっと感動しました。皆さんおっしゃるように優香さんはよかったですね。彼女が動いているのを初めて見ましたが、スタイルがいいんですね。
★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 1月 22日(日)22時52分41秒
優香が凄い!彼女があんなに出来る女優とは思わなかった。とても良い表情を随所にみせています。作品も楽しめました。が、子供が殺されるシーンはやはり観ていて不快です。
★★★★
From: つりしん(NO MAIL) 1月 22日(日)00時36分11秒
怖い、怖い、ホテルの夢を見てしまいそう。画面からしてコワソーなただならぬ雰囲気がただよっている。この映画は1人で映画館に行かない方がいいと思う。
★★★
From: ゆきへー(NO MAIL) 1月 20日(金)22時33分59秒
最後あたりの優香がスゴイ、これ見ただけで星3つただやっぱり疑問が多々残ったなーなんで優香が最後あぁなってしまったのかわからん転生ならば、また逢えて良かった良かったってなりそうなもんだと思うんだけど…
★★★★
From: さば(NO MAIL) 1月 14日(土)23時26分10秒
最近のホラーって最後が「???」なオチになるのが多かったけど、その点この映画はちゃんとオチがついた気が
★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 1月 14日(土)14時08分49秒
霊の表現方法といい、妙な驚かし方といい、技法的にはいかにも清水監督な作品。それ故、それこそどこかで見た感が強く感じられる画もチラホラ。ビックリはさせられたけど、特に怖いって感じのする映画ではなかった。以後軽いネタバレあり。最後にあのようなオチが用意されているとか全然知らなかったんで、確かに後半のあの展開には驚いたけど、逆に言えば見所はそこだけしかない映画だったとも言える。そこに行き着くまでの展開は、少なくとも自分にとっては正直退屈なものでしかなかったし、ネタバレ後の展開も、少々尺が長過ぎるように感じられた。またそのオチにしても、それがわかった瞬間こそ「そういうことだったのかーっ」とか思ったものの、後で冷静になって考えてみると明らかに?マークをつけざるをえない部分もあり(優香の過去の認識の仕方。例えばホテルのトイレに入った後の彼女の行動など)、仕掛けの方法を含め少々強引なダマシがあったことは否めない。同監督作品である「呪怨」には、「今なぜこういう展開になっているのか分からない」という不条理性によるおもしろさがあったけど(米国版は除く)、この作品にはそういう意味でのこの監督ならではのものが、始めに書いたお馴染の表現方法以外何も感じられなかった。それこそ普通にある、ただのストーリーホラーって感じです。まあそうは言っても、過去の現像フィルムと映画の撮影現場・それと香里奈のいるホテルがリンクして話が進行していくところなどはそれなりに緊迫感があったし、優香の絶叫演技もなかなかもの。それこそ悪い出来ではないんだけど、清水作品ってことで自分の中で少しハードルを上げすぎてたのかもしれない。ん〜、ちょっと期待し過ぎちゃったかな。
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 1月 13日(金)15時07分00秒
怖かった。清水監督の中で一番だった。優香の演技すごかった。どんでん返しが多くて、話がわからなかった。すてきなホテルだなと思った。
★★
From: K(NO MAIL) 1月 11日(水)01時45分07秒
演出が悪い。もったいない。「なんか出るんだろうな…やっぱり出た」みたいな。テンポが悪くて恐怖を盛り上げ切れてない。優香は熱演だったんだけど。以下ネタバレ優香=女の子という予測はうまいこと裏切ったけど、博士の実験の意味はちゃんと描くべきだった。子供まで殺そうというモチベーションの高さの理由は何だったのか?一人じゃダメだったのか?それが無いとただの大量殺人鬼になってしまうだけで、怖さも半減。蘇った彼らの扱いも中途半端。普通の顔して社会に戻っていく方が怖いんじゃないか。その方が、最後に転生→ニヤリで実験成功って感じがするんだが。でも70年代風のホテルの感じはなんかいいなぁ。
From: pu(NO MAIL) 1月 10日(火)21時08分12秒
全然、怖くなかったが優香の演技は凄い良かったよ。しかしゾンビ、シャイニング、チャイルドプレイなど色んな映画を安易に利用している印象だ。それに音響で驚かすのは古臭い。
From: (NO MAIL) 1月 10日(火)12時44分30秒
演技、演出、ストーリー、全てがありきたり。映像と音で脅かしてるだけで何も怖くない。
★★★★
From: モノクロ職人(NO MAIL) 1月 10日(火)01時49分52秒
 優香の悲鳴 ★★★ 8_と人形の波状攻撃にはとてもじゃないが耐えられない
★★★★
From: ぱてん(NO MAIL) 1月 9日(月)19時12分57秒
いつまでたってもテレビのバラエティのかわいこちゃん的ポジションの優香をよくぞ、あれだけ演出で輝かせられたな、、と。
★★★★★
From: (NO MAIL) 1月 9日(月)11時16分08秒
東宝の冬のホラーはリングから全部観ているがリング以来の出来だね。この手のホラーは慣れてきていたけれどこれは怖かった。
★★★★★
From: Yot(NO MAIL) 1月 8日(日)09時47分03秒
とにかく予想ができないどんでん返しに驚くばかりです。そんな清水監督にリスペクト!!