シムソンズ

満 足 度
84.5%
回答者数21


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★
From: (NO MAIL) 4月 8日(土)17時14分40秒
スウィングガール+がんばっていきまっしょい。暇な時にDVDで借りて見ればいい感じ。
★★★★★
From: 王道(NO MAIL) 4月 8日(土)12時05分46秒
ベタベタ。まず外さないよ。しかも、しっかり作ってる。たんにカーリングと言う馴染みのない(当時)テーマに乗っかっただけの手抜きはしていない。高橋真唯が星井七瀬に「見つけてくれてありがとう」って言うシーンでは、普通に涙さそう。大泉洋はやっぱり演技うまいよ。舞台出身の役者ってコメディーとシリアスの両方を求められる役をきちんとこなせる気がする。加藤ローサははまり役でしたね。演技力があるかどうかは???ですが、今回は見事に劇中で魅力を存分に発揮してました。
★★
From: フラワー(NO MAIL) 4月 3日(月)00時54分43秒
ここの高評価と現状上映館の少なさを考慮に入れれば、作品の中身がどんなもんか容易に予想できたはずなのに・・・。やはり相性の悪い作品は見ちゃいかんかった。スクリーンという大画面に耐えうるだけの内容になってない。この題材ならTVドラマのほうがイイと思う。脆弱なキャスティングに既視感アリアリのストーリー展開には、正直ガッカリ。この作品を高評価できないのは、それだけ自分の頭が硬くなってる証拠だとは判ってるんですが、原作が実話なだけにあともうちょっとでもいいから、リアリティーを感じたかった。残念です。
From: ティーチ (NO MAIL) 4月 1日(土)23時38分30秒
シムソンズ4人組からは最後までスポーツマインドが感じられなかった。なので、作品も全体的に華奢な印象しか残らなかった。最後のバトルシーンも画一的で凡庸。はっきり言って物足りない。 大泉洋がとても輝いて目立っている。そこが問題だ。
★★★★★
From: ロロトマシ(NO MAIL) 3月 28日(火)02時57分13秒
彼女たちの熱血と友情に泣けました。キャラが全員立ってるのもいいです。カーリングも決勝で図を出してわかりやすくしたりでよかったです。久々熱くなれる映画でした。
★★★★★
From: セン(NO MAIL) 3月 26日(日)23時49分29秒
上映館が少ないことが不思議なくらい面白い映画でした。一つの事に楽しみながら一生懸命に頑張る。仲間と共に笑い、共に泣く。彼女たちがとても羨ましく思えた。
★★★★
From: 777(NO MAIL) 3月 23日(木)11時29分15秒
主人公たちと同世代の青春真っ盛りの女の子たちと同じように、人生の終わりかけたオヤジも充分楽しめる稀有な邦画。鑑賞前と後の印象がこれだけ違った作品も珍しい。ありきたりで平凡な題材が、決して退屈でつまらない映画になるとは限らないことを証明している。公開時期などのマーケティングは良くやったと思うけど、絶対的なPR不足が残念。もっと宣伝して欲しい。
★★★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 3月 20日(月)01時01分04秒
とても素晴らしい作品です!是非もっと多くの人に観て欲しい映画だと思います。系統としては、ガールズ青春ムービーでしょうか。笑えて、泣けて、観終わった後に、とても幸せな気持ちになれます。シムソンズのメンバーを演じた皆さんはそれぞれのキャラクターをとても魅力的に表現してます。脇を固めた役者さん達もとても良かったなぁ。音楽も良いです。私はこの作品を2回観に行きました。ホントにホントにお勧めです!
★★★★★
From: おいら(NO MAIL) 3月 19日(日)22時22分12秒
ストーリーは王道でひねりは無いけどその分安心して見られた女の子も可愛いし言うことなし面白いけど上映館が少なすぎ・・・もったいない
★★★★★
From: おとまる(NO MAIL) 3月 19日(日)02時35分36秒
大阪では、もうどこも上映していないので(3/18現在)、神戸のシネコンまで車を飛ばして、レイトショウを捕まえました。ウン、面白かった。本当は、不満なところも、ちらほらあるんです。伏線張りながら、消化不良なところ。藤井美菜の前半の屈折の原因とか、大泉洋と丸山智己の確執とか。でも、加藤ローサの底抜けの明るさと、藤井美菜の落ち着いたたたずまいと、高橋真唯の朴訥なツインテールと、星井七瀬のくしゃくしゃの笑顔が素敵だったので、それから、この高評価を落としたくないので、星5つを贈ります。
★★★★★
From: けい(NO MAIL) 3月 18日(土)11時19分15秒
今の時期にもピッタリで、カーリングの良さを認識しましたね♪4人の子も等身大で身近に感じられたとこも好きです。
★★★★★
From: ねら(NO MAIL) 3月 13日(月)02時38分45秒
映画が進むに連れて、女の子たちがドンドン可愛く見えてきた。というだけで、この映画を見て良かったと思えました。男子シンクロ、女子スウィング、より全然良かった。
★★★★★
From: もと(NO MAIL) 3月 6日(月)03時50分08秒
もう一度劇場に見に行きたいと思った映画は久しぶりでした。
★★★★★
From: さむらい(NO MAIL) 3月 5日(日)19時40分03秒
JAMの曲が劇場で聞きたいなという不純な動機で見に行きましたが、最後にはほろりとさせられました。また、主役とその他に別れていないので、主役4人にそれぞれ感情移入できる
★★★★★
From: todo(NO MAIL) 3月 4日(土)21時26分53秒
良い映画ですね。見終わったあと元気を分けてもらえます。もっと多くの映画館で上映してほしいな。
★★★★★
From: たけし(NO MAIL) 3月 4日(土)12時42分54秒
笑った。泣いた、泣いた。ありきたりなストーリーだけど、いい仕上がり。主役の4人が可愛いし、それを見守る家族も温かい。こんなマイナーなスポーツを題材に映画を撮るって、よく思いきれたものだと思う。簡単なルール解説はあったけど、オリンピックの中継を観てなかったらよくわからなかったかも。^^;
★★★★★
From: ムギ(NO MAIL) 3月 3日(金)13時09分24秒
映画好きでも見るべき作品は年20本くらいだと思うけどこれは見た方がいい1本小品だけどひろいもの早く行かないと終わっちゃうよ〜
★★★★★
From: リオン(NO MAIL) 3月 3日(金)01時40分17秒
これは、青春モノとしてかなりオススメ。期待以上のデキでした。唯一の難点は、映画(フィクション)としてあまりによく出来てるので、実際のカーリングの面白さが伝わってこないこと(笑) 「伝わってこない」は言い過ぎかもしれないけど、カーリングそのものの面白さはやはりオリンピックの中継に一日の長があります。この映画が「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」よりも良いところは、主人公が4人に絞られているところ。スウィングガールズなんかは多くのバンドメンバーがあからさまに「主役」と「その他」に分類されているところに違和感を感じましたが、この映画は4人チームというカーリングの特性を上手く活かして、4人の友情物語に仕立て上げているのが上手い。あと、「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」と違ってメジャー系でないところも良し。メジャー系で作ってたら、コーチ役はきっと竹中直人になって美味しいところを全て一人で持っていってただろう(^^; コーチ役は大泉洋が生粋の北海道人らしさで好演。
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 2月 25日(土)00時45分44秒
失礼ながら、想像以上の面白さ!勉強部屋のエピソードではうるうるきました。そのあとも、こんなドロドロの人間関係(笑)をどうするんだと思いましたが、見事な盛り上げとラストでした。カーリングの世界を今度のオリンピックで知ると、現実とのリンクが楽しめますね。モデルとなった人が、常呂町にちょこちょこいて。カーリングはドラマチックな素材です。今後、フィクションでいいのでドラマ化希望!
★★★★
From: あっきー(NO MAIL) 2月 24日(金)00時02分21秒
初日の舞台挨拶に合わせて行ってきました。泣かされてしまいました。悪く言えば「スィング〜」の二番煎じなんだけど、こちらは勝敗がある分、違うツボに来ます(ロボコンの印象に近い)5つにしたいけど1個減らしたのは〜以下ネタばれ〜「最終戦でコーチが圧力で離脱」とか「常呂の恥と言われた由縁」など、イマイチ消化しきれない余計なエピソードが多すぎた事。この感じの映画は最近たくさんあったので、「とにかく何かを入れないと」というような意図がチラチラ見え隠れしてしまったのが残念。「勝敗しか考えられなかった女の子が、最後には仲間と一緒に泣けるようになった」これだけでもう充分だと思うのです。実際、僕が一番キたのもココですし。音楽にも結構ヤられました。意外にお勧めの1本です。
★★★★★
From: anan(NO MAIL) 2月 23日(木)14時45分20秒
期待せずに行ったのですが不覚にも泣いていました。オリンピックでの小野寺・林の活躍を見た後だったのでよけいに熱いものを感じました!(まあ事実とは若干違う部分もあるみたいですがw)笑って泣けてすごく楽しい映画でした♪