手紙

満 足 度
79.7%
回答者数48


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★
From: さば(NO MAIL) 12月 30日(土)00時57分27秒
原作を読んで「どうやって泣く映画にする気だ」と思って見てしまったので…正直興ざめ…。原作がつまらないのではなく、あまりに胸が痛い重い話なので。なのでラストシーンで周りが泣く声を聞きつつ、何か違う…と思ってしまいました。ちなみに沢尻は原作でもバリバリの大阪弁です。元気者ってイメージなんですかね。
★★★★★
From: マルクス(NO MAIL) 12月 26日(火)10時33分50秒
間違いなく今年度最高傑作。数多くの邦画を見てきたがこれほど涙した映画はなかった。山田孝之の演技は一流だし演出も細部にわたってよくできている。特にラストシーンは必涙。
★★★★★
From: mejiha、シン(NO MAIL) 12月 22日(金)22時44分06秒
今年最高の邦画。マジ泣けました最後の兄貴の拝むシーンと小田和正にやられましたDVDでたら即買いします。
ネタバレ差別されることは、まっとうなことなんだってことばにすごく考えさせられた。今の日本では犯罪者の家族というだけで白い目で見られたり、差別される
★★★★
From: 蘭丸(NO MAIL) 12月 17日(日)19時20分25秒
やっぱり山田孝之は演技派。イロイロ言われてるけど良い芝居を続けて欲しい。沢尻の大阪弁には何だか違和感あり。原作でも大阪弁なのでしょうか?そこを忠実に再現する必要はなかったと思うけれど?
★★★
From: タカ(NO MAIL) 12月 13日(水)21時55分48秒
割りと良かったです。役者も良かったし最後のシーンも良かった。少々無理な展開もあるが考えさせられるいい映画でした
★★
From: karatou(NO MAIL) 12月 13日(水)00時45分00秒
泣けなかった、、、。そのつもりで観にいったのに。期待しすぎたかな。下で他の人も書いているが、なんでお笑い?なんで沢尻は無視で吹石?ってのは、同じように疑問に思っていたので、他にも同じ印象を持った人がいて安心した。
★★★★★
From: 8910(NO MAIL) 12月 8日(金)17時31分03秒
小田和正じゃなかったもっと泣けた……。お笑いの設定は秀逸。映画と小説の表現の違いはこのへんなんだと思った。見て損はないでしょ。ほんと泣けます。
★★★
From: Yuki(NO MAIL) 12月 3日(日)21時06分01秒
原作を先に読んでいたのですが、直貴の苦労話が少なくなっていたり原作と大きく違う箇所があり残念。2時間ちょっとでまとめなければならないので難しいのでしょうが、原作とずいぶんイメージが違うなぁというのが本音です。でも本では泣かなかったのですが、映画のラストは泣けました。小田和正さんの歌は某CMのイメージが強くあまり合ってないのでは?と思ったのですが、玉山さんと山田さんの演技がとても良かったと思います。沢尻エリカさんの役は原作では(初めは)地味な子という設定なのにあんなにかわいい女優を使われては・・・。
★★★★
From: もん(NO MAIL) 12月 2日(土)11時03分45秒
暇つぶしにみた映画だけど、がん泣きしてしまった。玉山さんの演技にやられました。沢尻がやってる女の子のキャラが魅力的。私もあんな強い女になりたか。
★★★★★
From: くまため(NO MAIL) 11月 27日(月)01時38分57秒
最近、面白い邦画多くなりましたね。原作で涙し、映画でも涙。小説より涙流したのは初めてです。おそらくラストの玉鉄さんの演技でしょうか。それから、下で的違いの批判をしてる人がいますが、「兄の罪は弟の罪」などとは言っていないのです。「弟への不当な扱い、差別などを含めて兄の罪」と言っているのです。また、倉庫管理が劣った仕事などとも言っていないのです。客商売である以上、万が一のことを考えて、お客と接することのない倉庫管理に回されたのです。批判ありきで映画を見ててもつまらないでしょう。お金の無駄ですよ。
★★★★★
From: 人間(NO MAIL) 11月 26日(日)21時57分52秒
否定派の方々のツッコミもごもっともだなと思いつつも、やっぱり玉鉄の好演に星5つあげたいです。ツッコミ所が気になって泣くどころではなかったのならともかくですが、私は泣いてしまいましたし。
★★
From: リーボー(NO MAIL) 11月 25日(土)19時58分32秒
皆さんが評価しているほど、この映画が素晴らしいとは思えません。「映画だから」と言ってしまえばそれまでですが、数度の転職を余儀なくされて、人との関わりを持ちたくない男がお笑い芸人を目指しているという設定がどうしても納得いきません。話に入りかけるとコントのシーンになりしらけてしまいました。何故この映画でお笑い芸人なのかはエンディングを観て納得しましたが、お笑い芸人以外になかったんかなぁと、どうしても思ってしまいます。下の批評などを見て、主人公がなぜ沢尻を無視して吹石を選んだのかもわかりました。無口で陰気で声をかけても素っ気無い(冷たい)男に、可愛い娘が必死に声をかけ、手袋をプレゼントし、仕事先が変わっても想い続け、男の変わりに殺人の罪で服役中の兄に手紙を書く・・。それもこれも娘がブスだったのならすべて説得力があります。あと、会長の言った「差別は受けて当然」と「兄の罪は弟の罪」は言いたい事は分かりますが、共感はできません。販売で優秀な成績を上げていた店員を倉庫に飛ばして、「ここから出直せ」では、犯罪者の家族は販売員では駄目だけど在庫管理ならOKと言っている様なもので、他の在庫管理の人にも失礼です。年に何件も起こる殺人事件には彼と同じ境遇の人もかなり居るわけで、そういった方々の感想・批評が是非聞いてみたいです。果たして、あの会長の言葉に心を打たれるのでしょうか?
★★★★
From: てが実(NO MAIL) 11月 25日(土)05時51分51秒
「泣ける映画」という感じで広がっているところが、残念です。原作は、罪と罰について描かれていたと思います。映画は、今までの東野作品の中で、いちばん原作のイメージに近いもので、なかなかの出来でした。テーマの要となる電機店の社長・被害者の息子の言葉も、役者の演技が良く、評価したいと思います。「泣く」ための作品ではないけれど、ちなみに、私は原作の方が泣けました。
★★
From: なな(NO MAIL) 11月 24日(金)14時55分59秒
うーん、なんか泣き所を強引に作っているというか、なんというか。沢尻エリカの外見が急に変わるところで興ざめ。沢尻エリカのための映画かと・・・。玉山は良かった。その点で☆2。今までアイドル役者だと思っていたけど、ラストの玉山の演技はぐっときたなぁ。それから山田、いい加減演技変えろって感じ。白夜行もタイヨウのうたも本作もまったく一緒。
★★
From: (NO MAIL) 11月 23日(木)22時12分27秒
平凡 涙狙いすぎて興ざめあざといのはよくない玉山は良かったが。これなら「ゆれる」を再度見たほうが良かったな。
★★★★★
From: こも(NO MAIL) 11月 23日(木)19時22分41秒
イマドキ俳優陣による邦画はほとんど見ないのですが、原作が良かったので見に行きました。一部内容は異なるものの、原作の雰囲気のまま素晴らしい仕上がりでした。もう一度見たいと思います。
★★★★★
From: 違う人の違う組織(NO MAIL) 11月 23日(木)17時18分33秒
原作の雰囲気を壊さず感動的にまとめていました。むしろ原作では唐突すぎて不自然だったロックバンドをお笑いコンビに変えたのは、ラストの場面で大いにその演出効果が生きたと思います。ただ沢尻エリカが可愛すぎて、沢尻に全くなびかない山田が吹石に一目惚れしてしまうのが違和感あるのは、他の方も指摘していた通りです。もっと陰で支える地味目な女優がよかったかなぁ。玉山鉄二は映るシーン少ないけど圧倒的な存在感出してました。レディースデイで周り女性ばっかりだったので、途中途中でみんなすすり泣くのが聞こえていました。自分はそこまで泣けなかったけど、ラストの玉鉄の姿に思わず一筋の涙が。
★★★★★
From: YUKI(NO MAIL) 11月 23日(木)13時30分22秒
久々の☆5こ ラスト泣きっぱなしで涙と鼻水の洪水俳優陣の演技がすばらしいネタバレ山田君は暗い役がよく似合う お笑いのネタシーン結構多く上手いとはいいがたいけどギリギリ寒くならない合格ライン?!杉浦さんもすごい存在感で泣き吹越さんの最後のひと言で泣き娘の砂場シーンで泣きそしてなにより、玉鉄!!この人こんなに演技上手かったんだ〜ラスト彼の手を合わせる姿見ただけで泣きじゃっくりでそうな位号泣してしまったかなり重く、暗いテーマのなかラストひと筋の光を見出せて気持ちよく泣けた。映画館出るとトイレ直行で化粧直している女性たくさんいたわ・・・確かに沢尻えりか可愛すぎ 原作のイメージとは違うけど演技は光ってた。小田さんの歌は好きだけど今回に限ってはうるさい感じだったかな・・・☆6こつけたいくらいい良かったので歌の減点1で5ということで。いやぁ マジ泣いたわ〜
★★★
From: くるたん(NO MAIL) 11月 23日(木)11時01分30秒
1時間55分は原作に比べてしまうと、どうしても薄っぺらい感がぬぐえませんでした。原作で描かれている出来事は上手にまとめられているのですが、直樹の兄や世間への苦悩や憎しみや愛情、そう言った気持ちの表現が薄く、「差別はあたりまえなんだよ」の社長の言葉。原作を読んだときは、ハンマーで殴られたような、衝撃でしたが、その台詞も普通にスルーしてしまい残念でした。ただ、ラスト5分は原作を越えてましたね。それまで、「観て失敗した」と思っていましたが、不覚にも大粒の涙を流してしまいました。1時間55分は★2つ。ラスト5分は★5つ。私もラストの良さだけで評価するのはどうかと思うので、全体的に見たら★3つです。
★★★★★
From: りんぴょこ(NO MAIL) 11月 23日(木)00時52分15秒
手紙の持つ力...一通の手紙が人の気持ちを動かし行動させ又次の手紙を書く...又それが人の気持ちを動かす...その連鎖が生み出すドラマに心が揺さぶられた。同時に一つの犯罪がこれだけ多くの人を巻き込み不幸に陥れるのか、恐怖と絶望を感じた。ラストは微かな光を感じさせる心の和む場面だったので、辛い涙から感動の涙に変わりカタルシスを得られた。是非とも多くの人に観てもらいたい映画だ。
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 11月 16日(木)18時05分37秒
よかった。感動しました。メールがこのごろ多いけど、やっぱ手紙っていいですね。山田孝之もいい。吹石一恵、沢尻えりかかわいい。杉浦直樹の会長もいい。被害者家族、加害者家族も大変だなっとおもった。玉山欽二のラストがいい。普通の演技じないね。
★★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 11月 16日(木)15時08分57秒
期待せずに見に行ったが、予想外の出来栄えに驚いた。ラストシーンが印象に残ったのはいうまでもない。
★★★★★
From: 浦連夜(NO MAIL) 11月 16日(木)08時14分19秒
原作ファンだが、唸らせるほどの完璧な出来でした。ただ唯一の難点は沢尻エリカが可愛すぎて、主人公が吹石一恵を選ぶ理由が希薄になったことですね〜。それ以外は文句なし。バンドからお笑い芸人に変更したことで、最後の泣き笑いを引き出した脚本家・監督の技量の脱帽です。ほんとに号泣してました。私的に今年邦画No.1かも。
★★★★★
From: 沈々(NO MAIL) 11月 15日(水)22時44分47秒
これマジでやばいでしょ?こんなに心揺さぶられる映画はまずないでしょ。ずっと泣きっ放しでした。リアルでない部分もあるけどそれを覆すくらいの力があります。絶対に見るべき映画です!「ユナイテッド93」と同じくらい衝撃を受けた映画でした。200名近い客がエンドクレジットほぼ最後まで席を立ちませんでした。それって凄いですよね!(ネタバレ)クライマックス、慰問のシーンで兄が手を合わせて慟哭するシーンはとても演技とは思えませんでした。震えが来ました。
★★★★★
From: IC(NO MAIL) 11月 14日(火)21時16分48秒
面白いという映画ではないけど、心を揺さぶられる映画でした。映画を観て、涙が出てきたのも久しぶり。必ずしも全て良かった訳じゃないけど、最近の映画の中では良い出来であると思います。
★★★★★
From: λ(NO MAIL) 11月 13日(月)17時52分52秒
原作よんでても楽しめました。いろんなものがいっぱいつまったかんじ考えされられます。玉山さんいいですなあ。
From: シュウ(NO MAIL) 11月 13日(月)13時00分38秒
原作はもっと犯人タマテツの独りよがりぶりを指弾している犯罪被害者遺族がそんなに簡単にに犯人を許せないことを書いている映画はその原作の肝をあいまいにしているそれはいかんと思う映画だからこの程度でという妥協的な姿勢が多くの資本が参加して作られる映画だから生じたのかただ一点主人公をバンドからお笑いに設定したのは良かった俳優がその秀逸なアイデアに応えてはいないが
★★★★
From: さと(NO MAIL) 11月 12日(日)19時24分48秒
ここの評価が良かったので観てきました。難しいテーマをきちんと表現できててとても良かったと思います。原作がいいんでしょうね、きっと。これから読んでみたいと思いました。しかし、最近の邦画は原作あるものばかりですね〜。ちょっと残念です。。玉山鉄二ってあまりよく知らなかったのですが、この映画でファンになりました。最後の演技なんかすばらしい!!の一言です。邦画観て泣いたの久しぶりでした。今、思い出してもちょっとうるっと来ます。
★★★★★
From: まさまさ(NO MAIL) 11月 12日(日)09時51分32秒
泣けた。いい映画だった。何か得れたものがあったかというと、それについては疑問は残るけれども、非常に心が揺さぶられたという意味ではとても意義のある映画だったと思う。
★★★★★
From: Rinmui(NO MAIL) 11月 12日(日)01時55分37秒
文句なしに★5です。今月、泣かされる邦画を3本見ました。泣ける映画が良い映画とはもちろん思っていません。この映画は泣ける+原作の良さ+演技のうまさ(出演された全ての役者さん達)でしょうか。これからこの映画を見られる方には重箱の隅をつつくような粗探しをせずにこの映画を満喫し、料金分の涙を流し感動してほしいと思う。
★★★★
From: さるさ(NO MAIL) 11月 11日(土)18時06分10秒
原作を読んで観たのだけれど・・・と言うか、原作を読んでたら、あの作品を映像で観てみたい!と思う。そんな重厚な作品だと思います。そして観てみて「ここは少しウ〜ン。。。」と言う所が何点かありました。皆さんが言う沢尻キャストもしかり。比べて観たら面白くないんだけれど、ついつい。でも、ラストの玉山鉄二の姿は読んでようが読んでまいが、素直に感じれ、この話のテーマを伝えるのって凄いんだって思わせます。いい涙がきっと流れますよ。あらすじを知って観てる分、そこまで素直になれなかったけれど、やっぱりいいですね。『手紙』
★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 11月 11日(土)13時46分14秒
正直どう言う評価すればいいのか、自分自身戸惑っている。確かにいい作品ではあった。身内に殺人者がいるために社会から差別を受け、何度も挫折を味わう主人公、あるいは歳月が過ぎながらもその悲しみ・犯人に対する憎悪から解き放たれない被害者家族を描きながらも、主人公が今置かれている現実の中から逃避するのではなく、社会の中でそれらと向かい合いながら如何に生きていくかを問いかけるということを真正面から描いた作品だ。また奇麗事だけで単純に差別を批判するのではなく、社会の中で行なわれる差別は、現実問題としてその存在自体は認めざるを得ない側面もあるとしている点も、これまでのこの手の作品の描き方とは一線を画する、この作品独自の姿勢として評価できる。ここまで評価しているにもかかわらずこの作品、結局は終盤までどうしても今一つ強く自分の心に強く響いてこなかった。取り上げられる社会からの差別が、ある意味こちらの想像の範疇であったということもある。しかし自分の場合、乗りきれなかったその一番の理由は、主人公を演じた山田孝之のキャスティングにあるようだ。確かにこういう役を演らせると、彼は文句なしにうまい。これ以上は望めないくらいのハマリ役だとも思う。しかし逆に個人的には、もう彼のこういった悲しみを背負った役柄・演技を観るのは、少々食傷気味に感じてきているのも事実。作品では主人公の置かれた現実や背景が丁寧に描かれるが、元々自分の中ですでにその俳優に対して同様の色づけがなされているために、却ってその描き込みがクドく感じられたのではないだろうか。ほとんど言いがかりのようなものだとは承知しているが、別の俳優が演じていれば個人的にはもっと違った印象を持ったように思う。そうは言っても終盤の展開は圧巻。いまいち乗りきれなかった自分も、最後は一気に力業でねじ伏せられてしまった。ただしラストだけで作品全体の評価を下すわけにはいかないので、少々キビシめだが一応今回は★3つ(全体の満足度)ということで。
★★★
From: プーさん(NO MAIL) 11月 11日(土)11時09分00秒
生野ファンなので期待して見てきました。ここ最近の邦画はやたら「泣かせよう」色の強い作品が多いようですが当然ながら泣かせる映画=良い映画とは限りません。残念ながら本作のラストシーンにおいてもそんな過剰演出の感が否めませんでした。生野ファンだからこそ思うのかも知れませんが彼ならもっと深い演出があって良かったと思いますし特に中盤あたりまでの流れは中だるみさえ感じました。加えて主演の2人は決してベストキャストとは思えず特に最近TVドラマで露出過多ぎみの山田孝之の演技は彼独特と言ってしまえばそれまでですがどんな役柄をやっても同じに思えてなりません。また沢尻エリカも多くの方が仰っているように彼女には花が有り過ぎ本作では適役とは思えませんでした。つい最近までやっていたTVドラマの主演2人を安易に使ったとしか思えませんがこのような作品にこそ多少無名であっても実力のある若手俳優の発掘作品であっても良かったと思われます。原作がどうのこうのと言うよりも題材そのものの選出と玉山鉄二を含め脇役の演技が秀逸だったためにこの点が特に残念でなりませんが生野監督の次回作品に期待したいものです。
★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 11月 11日(土)01時46分30秒
先に原作を読んでいたので、ちょっと物足りないかんじがしました。でも、映画だけで考えるといい出来だったと思います。何人か書かれてますが、小田さんのあの曲、ちょっと演出過剰だったな〜と。あのシーンはあの曲が無くても泣けるし。つ〜か、あたしはあの曲のせいでひいたひとりです。吹石一恵はちょっと、魅力がなかったかな〜と思ってしまいました。原作にあるような魅力が出せてなかった。沢尻エリカはかわいかったですね。ただ、かわいすぎて、ダサイカッコしててもかわいさは隠せなかったですね〜。
★★★★★
From: From T(NO MAIL) 11月 10日(金)23時51分27秒
なにがってとにかく沢尻エリカがキラキラしている。原作では地味で魅力のない子として描かれているがかえってそれが余計に魅力を際立たせていた。映画だけ見た人はなぜ主人公が沢尻演ずる由美子にそっけなくして吹石一恵演ずる朝美に惹かれていくのかが理解に苦しんだ事だろう。小田さんの曲は確かにずるい。ただこの曲を使っても使わなくてもラストでの涙を抑える事はできなかった。玉山くん ほんとしびれたよ
★★★★
From: k、A6M2(NO MAIL) 11月 10日(金)15時07分13秒
本を読んでから見たので、若干の物足りなさがあるが総じてよくできていると思う。あやうく泣くところだった。危ねぇ危ねえ・・・
私も原作を読んでから観ました。キャスティングとかもろもろ不満な点はありましたが、必ずしも原作に忠実でなくてはいけないとは思いません。映画としてはよい出来だと思います。ただ、カメラマンが今ひとつなのか、フォーカスが甘かったり、構図が悪いのが気になりました。
★★★★★
From: らら(NO MAIL) 11月 10日(金)14時26分14秒
他の方が書いたものを批判するつもりはまったくありませんが、「原作の良さに助けられている」の意味が全くわかりません。その原作が素晴らしいと思ったからこそスタッフは映画製作に着手されたのでしょうし、僕個人の感想は久々に原作を凌駕する作品に出会っちゃったというものでしたし。ただ、小田和正のエンディング曲は演出過多だと感じました。それまですごい良質なテーマと内容で、物語を引っ張ってきたのに、ここでお涙頂戴する必要はないよなと。若干引きました。とはいえ、素晴らしい映画には違いありません。山田孝之の演技が神がかっている。彼、うまいですね。玉山鉄二はかっこいいし。
★★★★★
From: IK(NO MAIL) 11月 8日(水)22時53分37秒
5点を付けるのは初めてです。評価が高い映画はハードルを高くしてしまうせいか、裏切られることが多いのですが、素直によかったです。かといって最初から最後まで文句なし、というのではなく、歌で言えば「圧倒的なサビがあり、他はイマイチとはいえ、このサビだけで十分」という感じでしょうか?以下ネタばれですが、サビとは 映画のテーマで言えば「会長の言葉」「被害者家族の終わりにしよう」であり、演出で言えば「最後の漫才」 この3つで感動し、深く考えさせられました。最後の漫才のきっかけを作った主人公のパートナーの計らいもよく考えるととても尊いものだと思います。決して、被害者の「終わりにしよう」は「許しましょう」、では無いし、今後も兄、弟家族に差別が付きまとうでしょうが、犯罪したもの、されたもの、とそれを取り巻く社会のありかた、接し方。単なるお涙頂戴でない厳しい視点を突きつけたいい映画でした。
★★★★★
From: ほにゃ(NO MAIL) 11月 7日(火)23時40分09秒
 自分も原作未読でしたが、こちらの掲示板を参照しながら見てきました。 表現が難しいですが・・・以下、多少ネタバレで。 途中までは、犯罪者を身内に持つ者の苦労・悲哀の描写が淡々と綴られていく印象なのですが、これはラストへ向けての壮大なプロローグなのかと感じました。 それだけ重厚な伏線があったからなのか、最後のタマテツの表情が忘れられません。客席の中のタマテツを思わず探してしまったのですが、見つけた瞬間の安心感・驚き。「言葉にできない」です。 そして、前の方も書かれていますが、小田和正の曲もこの上ないタイミングで流れてきますね。 見終えた後、なんだかホッとした気になりました。  
★★★★★
From: nao(NO MAIL) 11月 7日(火)22時12分49秒
許すこと、守ること、育むこと。観終わって、少し強くなれた自分がいた。観て良かった。
★★★★★
From: まめ(NO MAIL) 11月 6日(月)22時40分41秒
原作未読の状態で見に行きました。評判が良いので期待して行ったのですが想像以上に良い作品でした!とても重いテーマを、お涙頂戴路線に転ぶ事なく、じっくりと見せてくれました。犯してしまった罪は一生消えることが無いので、全員が幸せになれるハッピーエンドというものは存在しなくて当然なのですが、見終わった後なぜか少し心が暖かくなりました。終盤近くからずっと涙が止まりませんでした。主要キャスト三人の抑えた演技がすばらしかったです!
★★★★★
From: トッチャンボーヤ(NO MAIL) 11月 6日(月)20時09分34秒
評価が高いせいか、天邪鬼な気分で見てたんですが、良いもんは良いんじゃ〜!!※細かい場面にふれます。「沢尻の結婚してからの服装はおかしいだろ〜」とか、「感情が爆発したからって、物を壊すだけじゃ安易すぎるだろ〜」とか、細かい所の気になるところはありましたが、小道具の使い方は印象的だし、演技も魅せられる部分が多々ありました。圧巻なのが、被害者宅に行ってからです。原作との最大の変更点を、ラストで最大限に生かし、映画として見せきったのは素晴らしいと思います。(原作との差異が気になることは個人的にはほぼありませんでした。)親と同世代の大人たちが話し、ときに突きつける言葉は、主人公たちが抱えるものの重さを教えてくれます。
★★★★★
From: めがねっこ(NO MAIL) 11月 6日(月)11時50分19秒
予備知識なく見に行ったら号泣だった。タマテツの声は前からいいと思っていたけど、手紙の朗読になると一層生かされててて胸にしみた。山田くんもさすがの演技。杉浦直樹もすばらしい。余韻が残り、文庫本をすぐに読んだ。内容がほぼ同じでもこれまた泣けた。気になったのは、女性の配役と音楽かな。吹石さんはお嬢に見えるけど、山田くんとはどーもしっくり恋人に見えなかった。沢尻エリカはあの役としてはキレイすぎだし、関西弁が浮いてる。小田和正の曲はあまりにお涙頂戴の曲として有名になりすぎてて、逆に気持ちが冷めてしまった。でもやっぱりもう1度見たいと思うから満点!
★★★★★
From: ココ(NO MAIL) 11月 5日(日)22時08分08秒
最後は、音楽などの「演出」も手伝って泣いてしまった。しかし、感動ということばだけでは表せないほどリアルな作品でした(自分にとってただのノンフィクションとは思えない内容だったためかもしれません)。主人公のことばにもありましたが、「じゃあ、どうしたらいいのか?」という問いかけへのこたえは観終えた後もはっきりとは見つかりませんでした。ただ量販店?の会長の言葉が生きていくうえでの道標としてしっかり心に刻まれました。これを観たひとの、感想を聞きたい。そう強く思った映画ははじめてでした。たくさんの、そしていろんな立場のひとに観て、考えてほしい。。「最高の出来!」とまでは言い切れないけど星5つで。
★★★★
From: あっちゃん(NO MAIL) 11月 5日(日)21時47分28秒
最初は、あまり展開がなくあんまりかなと思ったけど、最後は感動の嵐でした。感動というか、せつなさすぎる。兄の気持ち、弟の気持ちが良く伝わってきた。ああいう役に、山田孝之はぴったりだと思った。ただ、沢尻エリカの関西弁がいまいち。
★★★
From: 映画好き(NO MAIL) 11月 5日(日)18時12分58秒
原作の良さに助けられている映画。最近の邦画に多いが本作品もTVドラマでいいんじゃないのか?と思われる。また原作を読んでいるから感じたことかも知れないが沢尻エリカは美しすぎてかえってミスキャストに感じた。小田の「言葉にできない」がズルイぞっ!と思わせるほどのベストタイミングで流れるのでハンカチの用意は必要だろう・・・それにしてもこの曲は最近の某保険会社のCMでも使われていたが何故だか涙が出てしまう不思議な曲だ。
★★★★★
From: リョウ(NO MAIL) 11月 5日(日)01時41分48秒
本当に感動できました。個人的には今年見た映画で一番です。ちょこちょこ感動ポイントはありましたが、最後の玉鉄の演技で大号泣。おすすめです!
★★★★★
From: ore(NO MAIL) 11月 4日(土)23時50分14秒
死ぬ〜!!あれはやばいな☆沢尻エリカかわいい上に、内容がいいよ。とりあえず、見て〜☆