トンマッコルへ
ようこそ


満 足 度
69.2%
回答者数13


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



From: 大ちゃん(NO MAIL) 12月 14日(木)23時04分44秒
韓国映画にはいつもがっかりさせられる。猪のシーンって「スイングガール」のパクリじゃないの?それからここで日本映画に★1つしかつけない“シュウ”っていうやつ韓国映画に★5だって、ちょっと笑っちゃったよ。お前にとってこの映画が★5かよww
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 11月 22日(水)21時31分38秒
良かった。感動した。7人の侍かっこいい。トンマッコルの人々もすばらしい。ヒサイシ譲の音楽もいい。反戦メッセージがうかがえる。風景がいい。こんなところにすんでみたいです。
★★★★
From: ゆうのママ(NO MAIL) 11月 17日(金)18時28分36秒
良かったですよ。静かに暮らしている人たちを守ろうとする男たちが凄く格好良かったです。やっぱり戦争は何もかもを壊すだけなんですね。
★★★★★
From: HIME6249(NO MAIL) 11月 16日(木)22時48分59秒
厳しい評価の人もいるようですがいい作品だと思います役者さんの表情がとてもよかったですが劇場はがらがらなのがさみしかった
★★★★
From: 九尾(NO MAIL) 11月 16日(木)12時37分36秒
 反戦メッセージは素直に感動できました。 よく食べよく眠り、よく働き、よく笑う。これって、人間の根本的な幸せなんだなぁ、なんて思えます。 素直に反戦メッセージだけにアンテナを向けていれば、これほど感動できる映画も珍しいのではないかと思うほどでした。 それだけの評価なら星5つ。以下ネタバレ 最後の方の、A「僕たち、南北連合軍ですね!」B「こんなときに冗談言うな」C「いや、その通りだ!」 という流れで一気にさめました。 反戦映画じゃなかったんですかw 今の世界情勢とかを深く考えながら見てしまうと、げんなりする場面もちらほら。 最後の戦闘、もっと短くても・・・いや、もしかしたら、無くても良かったかも・・・ というわけで、星4つです
★★★
From: 通行人(NO MAIL) 11月 14日(火)15時45分46秒
ネタバレあり?深く考えずに見れば良い映画かと。韓国映画初めて見たけど、いい表情する役者さんが多くてびっくりだ。メッセージ性がちょいクドい。7人の侍風な盛り上がりでホロリと泣いていたところ…で、協力してアメリカの飛行機落とすのかー…などと醒めた。まあ、今色々と大変なんだろうけど…久石さんの音楽は結構涙腺刺激してくれるので良い。しかし監督さんジブリ意識し過ぎじゃなかろうか。ややミーハーっぽい演出に感じられた。結論。泣けるけど気持ちよくはない。深く考えながら見てもいいけど、考えないで見たほうが気楽。2時間20分を長くは感じない。
★★★★★
From: 4、岡田(NO MAIL) 11月 12日(日)15時17分08秒
おもしろかった。
ネタバレ?何日間も向かい合って銃を構え続ける男達。こんな何日もお互い攻撃しないのだから、もうこんなことやめて、さっさと仲良くすればいいのに…と思った。でも違う、戦争が与える心の傷や憎しみは、それを経験したことのない私に、想像なんてつくはずもない。笑顔がいちばんつよいんです、という宣伝文句が、また良かった。
★★★★★
From: サンサン(NO MAIL) 11月 11日(土)14時23分08秒
心にずっと残る映画。とても良い映画だと思います。主役2人の、表情で語る演技がとてもよかった。音楽と効果もすばらしかった。最後のシーン、花火のような、悲しいシーンなのに、とても美しかった。2時間以上でしたが、その長さを感じさせなかった。あまり、騒がれていないけど、絶対に見ても後悔しないと思う。
★★★★
From: noritama5(NO MAIL) 11月 11日(土)00時36分12秒
チラシを見たときから「これはよさそう」と思って、待ちに待って見に行きました。良い映画だと思います。「グエムル」と同様、風刺映画の感が強くありますね。社会問題に対する強いメッセージ性は近頃の韓国映画の傾向だと思っていますが、どれも納得のいくものでした。戦争によって犠牲になるのは民間人であり、兵士の心理状態というのは尋常では考えられない状態です。戦場では非情がもとめられ、その事によって、兵士や民間人も心を失っていく、心を失わないように自分を通すと自分が壊れていく。とても悲しいですが、これが現実なのだろうな....と思います。しかし、農作業や日々の生活の中で、兵士たちが心を取り戻していく...とても共感できました。最後の連合軍本部の「ちゃんと調べもせず爆撃するのか」「しなければ我々は勝利しない」のやりとりは、明らかに現代の大国の路線批判でしょう。戦闘シーンではいささか行き過ぎの表現があったようにも思いますが。それを差し引いても、この映画は良い映画だと思います。一人でも多くの人が、戦争を好まず、よく食べ、よく働き、良く寝る生活の中で、幸せを感じれればと思いました。
★★★
From: ぺりくら(NO MAIL) 11月 6日(月)17時48分41秒
ファンタジーの宣伝で実は反戦映画ということは承知していたので、それほど裏切られた気はしませんでした。がオープニングはともかく最後の戦闘シーンが長すぎです。それとイノシシのシーンも長すぎでチャチなCGで安っぽさがただよいました。武器も何ももたない村人が南も北の兵士の心をとかしていくさまは「太陽政策」を意識しているのでしょうが、そんなことを考えないほうが素直に感動できるのでしょう。場面の切り替えも意外性がありました。ファンタジー場面は美しかったです。村人の描き方は現代人へのアンチテーゼなのでしょう。またこの映画が興行成績1位だったという背景に韓国人のおかれている社会を思いました。兵士の性格に韓国人のパーソナリティーが出ていたような気がします。いい映画とも悪い映画とも一言では何ともいえない映画です。
From: 777(NO MAIL) 11月 6日(月)15時48分56秒
韓国人の歪んだ民族主義をファンタジーと自己犠牲のオブラートで包んだ戦意高揚映画。我が国も偉そうなことを言える歴史観を持っていないことは認めなければなりませんが、他国の歴史認識に文句をつける前に、自国の歴史認識と、特に「現状認識」を改めた方がいい。こんな映画を朝鮮半島から外へ出さないでもらいたい。
★★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 11月 4日(土)00時07分46秒
俳優のひとりひとりが魅力的。映像が綺麗。音楽が心地良い。基本はコメディで、大きな感動ありの、爽やかなファンタジー。素敵な作品です。
★★★★★
From: シュウ(NO MAIL) 11月 3日(金)17時03分35秒
誰も投稿してないけどこれは見た方がいいよあたしが見た日の映画館ではオバサンが声をあげて泣いてたよ