愛の流刑地

満 足 度
58.3%
回答者数12



DVD,VHS,関連書籍
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★
From: るり(NO MAIL) 3月 22日(木)23時09分10秒
寺島しのぶさんって本当に演技が上手で体当たりの演技がすごく良かった。長谷川・・・・台無し。
★★★★
From: かおり(NO MAIL) 2月 27日(火)16時20分17秒
寺島しのぶが美しかった!冒頭大好きな松重豊さんが出てきたので嬉しかったけど、一瞬で消えて残念。佐藤浩一も「なぜ?」という位短い。友情出演なのか?(取調室でなぜ浩一はああ執拗までもハセキョーに絡んでいたのかな?)長谷川京子に関しては目のあてようがない点では皆さんとかなり同感。京子が登場してあのアヒル口をしている間は思わず下を見て見ないようにした程。でも、寺島しのぶを大きなスクリーンで見れたからそこだけ記憶しておきたい。
★★★
From: きょうこ(NO MAIL) 2月 15日(木)16時26分13秒
冒頭の二人が絡みあうシーンのあと、長谷川京子のすっとんきょうな棒読みのセリフでイライラしてしまい、台無しでした。なんで映画に出てるのかわからない。。。。。なんで長谷川京子なの???彼女のせいで全体的に残念な感じになりました。やっぱり冨司純子さんは良かったです。寺島しのぶさんも、いいなぁと思いました。映画よりもドラマ向きですね、このストーリー。
★★★
From: ゆき(NO MAIL) 2月 11日(日)16時32分37秒
テレビや雑誌で相当エロだと思ってましたが、まぁ、必要範囲内なのかなと。寺島しのぶよりハセキョーの方がエロっぽくてこの映画で脱皮しようと頑張ってるのかなーと思うけどこの演技力のなさはツライわ裁判のシーンは彼女でぶち壊し・・・この作品は理解できても共感はできない。共感できるほどの男女の情愛が伝わってこなかった。体を求め合ってるとしか思えない。自分の器が小さいのかも・・・考えさせられる映画でした。仲村トオルの言い分が痛いほどわかる・・・あれはあんまりだわ
★★★★
From: さば(NO MAIL) 2月 6日(火)22時46分41秒
思ったよりえろじゃありません。予想通り主役2人に感情移入できません。ハセキョーが出なかったらもっと面白かったと思います…。なんかもう2人の「周り」が可哀相で…。ダンナも子どもも、ここまでの仕打ちを受けないとダメか?と。特に母の気持ちが痛くて気の毒でしょうがなかったです。そう言う意味で重い映画だったのは作り手からしたら見込み違いの感想なのかもしれませんが。他の方の感想にもありますが…あんな女いないよ(笑)ある意味原作者の妄想が溢れた映画なんだろうなあ…。映画としては面白い部類だったので、原作読んでみようかと思います。大奥でも思いましたが、主題歌の選択をもう少し考えた方がいいと思います…。平井堅はないだろー…;
★★★★
From: なつ(NO MAIL) 1月 30日(火)08時21分56秒
なかなか良かったです。冬香は死ななくても良かったと思いましたが・・。冬香の旦那さんが冷たくて家庭に無関心。だから冬香が菊治に惹かれて行ったんでしょうね?切ないです。寺島しのぶ。この映画ではとても綺麗に見えました。初めて二人だけで会った時に出た大木といい色んな景色が綺麗でそこにも感動しました。
★★★
From: QQQQ(NO MAIL) 1月 22日(月)07時46分35秒
意外と良かったです、失楽園には失望したのですが。作家の豊悦と、彼女の出会いの理由、しぐさの辺は原作でどうなっているのか知りたくなりました。京都のお寺のシーン(紅葉の中での)京都に行ってみたくなりました。ネタバレありデモ日本映画の、法廷場面は、如何して、アア嘘っぽく見えるのでしょうか?長谷川京子の検事役を如何して、アンナにスタイリッシュにしたんでしょうか?さらに不倫まで加えて。
★★
From: ろん(NO MAIL) 1月 19日(金)19時32分28秒
誰に向けて作られた映画なのかな…と思った。おじさん向け?かなと思っても、エッチのシーンは見ていて全然欲情しないし、恋愛ものとしては、観客置いてけぼりで主人公二人が突っ走り、感情移入出来ず。東京タワーでの寺島しのぶの演技が素晴らしかったから、今回見に行ったが、期待はずれ。彼女の作品のなかでも一番といっていいほど、その魅力が出ていない。ストーリーは説得力がない。不倫をする主婦の心の葛藤や日常のなかで悩するシーンが無いので、感情移入できなかった。この作品のなかのトヨエツは彼女を真実愛していた。何故ならその愛によって、生きる光を見い出していたから。本物の愛とは、自分の存在を愛しく思わせてくれるものだ。しかし、彼女の愛は違う。ひとりよがりに死にたくなる愛など、私は認めない。経験者として、女性として言わせてもらえば、あんな女いないです。今、巷で不倫している女たちはもっと逞しいのです。長谷川京子はセリフまわしなど、違和感無かった。実際に裁判を傍聴した経験かにいうと、ああいう検事はいます。むしろ、若い女性検事の喋り方はあんな感じといってもいい。逆に私は陣内弁護士に違和感を感じた。あんな声はりあげてる人、実際いませんから。浮いてました。一番素晴らしい演技をしていたのは、母親役の女優さん。この人のときだけ、感情移入して泣きました。つい先日観た「フラガール」にもこの人出てて、素晴らしかった。この人が喋るとセリフがものすごい説得力。もしかしたら、娘よりも実力のある女優さんだったのかもしれないですね。☆ひとつぶんはこの人に。
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 1月 19日(金)16時12分41秒
よかった。豊川悦氏と寺島しのぶは、すごい演技だった。圧倒された。ふじ純子の母親もいい。京都の紅葉きれいだった。CGだけど。
★★★
From: のうぴぃ(NO MAIL) 1月 17日(水)20時18分46秒
冬香は「愛を知らない人妻」という表現が足りないように思えました。なので単にSEXに溺れた男女にしか見えず、主人公にイマイチ共感できませんでした。もう少し背景もキッチリ描く必要があったのではないでしょうか。ただ、寺島しのぶの演技には本当に魅了されました。素晴らしい役者さんだと思います。演技派の役者達をここまで揃えたにもかかわらず、重要な役どころの長谷川京子の演技は本当にひどかったです。下で書かれている方もいますが、完全なるミスキャスト。彼女の演技力の無さにより映画がぶち壊しで大変残念です。
★★
From: IK(NO MAIL) 1月 16日(火)12時59分05秒
原作は読んでいません。読んでいればもう少しストーリーの補完ができるのかもしれませんが、脇役が微妙に個々の性格や背景を見せているのに、それが全て中途半端なので主人公2人と上手く絡まずに結局特に新鮮なストーリーでもなく 地味に終わったというのが感想です。(以下ネタバレ)よくわからなかったのが1、テープに録音する性癖の役割(小説に関連する?)2、死にたいほど人を愛したことがあるのか、と絶叫する主人公と、「私のために死ねますか?」にクビを振ったこと、また、子供が出来たのセリフに拒絶のような表情を浮かべた主人公との一貫性の無さ。3、検事とその上司?の作品に与える役割。(男性を手玉に取る女性(長谷川)にはうってつけだろう、と思って担当させてみれば、自分の尺度では理解できない男女の様相を垣間見て戸惑う、ということなのだろうか?)4、浅田美代子はどこまで策士なのか、が微妙。寺島さんはやはりブサイクだと思った。スタイルも魅力無し。怪しい魅力というのは私には感じられず。ファンのかたすみません。
★★★★
From: プーさん(NO MAIL) 1月 14日(日)01時38分25秒
どちらかと言えば原作を読んでおいた方が楽しめる映画だと思いますし同時に人によって好き嫌いがハッキリする映画だとも思います。昨年見た「日本沈没」の田所教授役で私の中の豊川悦司株は見事に下落したのですが本作の菊冶役で一気に盛り返した感があります。あえて原作よりも10才若い設定にした菊冶役はそれほど彼にピッタリの役だったと思います。また、それ以上に適役だったのが冬香役の寺島しのぶでしょう。実力のある役者さんとは思っていましたがこれほどとは思っていませんでした。彼女の演技を見るだけでも価値のある映画だと思います。監督もTV畑出身にしては映像も美しく良く出来た映画だと思いますが、ただ一点だけ最後までどうしようもなく我慢出来なかったのが検事役の長谷川京子でした。どこがどうだと言うことよりもあれは決定的なミスキャストとしか言いようがありません。主役の二人をはじめ他が良かったばかりに残念でなりません。