バブルへGO!!
タイムマシンはドラム式

満 足 度
72.1%
回答者数26



DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★
From: リオン(NO MAIL) 3月 24日(土)01時45分57秒
何も考えずに楽しむ映画であって、色々ツッコんじゃいけないとは思いつつ、悪い映画ではないので幾つかの欠点を正せば、もっといいモノになったのにと悔やまれます。・そもそもの設定僅か一つの大蔵省通達を止めるだけでバブル崩壊が回避されるというのは、ちょっと端折りすぎ。また、阿部寛が記者会見で言うように、通達を止めても「いずれ必ずバブルは崩壊する」ので、ならばバブル崩壊を止めるよりバブル発生を止めるためにタイムマシンを使うべきだと思うのだが。まぁ、そんなこと言ってると映画の企画自体が否定されてしまうのだが、せめて観客にそう思わせないように、セリフでもなんでももっともらしい説明をつけて欲しかった。・タイムパラドクスについて(ネタバレ大)かなり無視(笑) ま、ラストについては「お話」ということで許すしかないのだが、序盤〜中盤にかけては観客は歴史が変えられるかどうかはまだ分からないので、辻褄は合わせておかなくてはならない。その理屈で言うなら、2007年の阿部寛が、広末が娘であることを知らないことと、広末に「17年前の俺に会うな」と言うのはおかしい。・バブル時代の描写ま、映画作ってる人たちがギョーカイ人で、自分たちの経験を反映させてるので仕方ない面もあろうが、バブルの日本が、東京の六本木という側面だけで描かれてたのが勿体無い。そりゃバブルを象徴する文化かもしれんが、バブルの日本ってそれだけ?大仰にファッションの違いやメイクの違いを見せ付けられるよりも、細かな点が今と違ってる部分をコメディで見せてくれる部分のほうが面白かったので、そういった引き出しをもっと用意して欲しかったなぁ(「ありえなくない」「やばい」といった言葉や、ケータイ偏重主義など)。色々書きましたが、フツーに面白い映画ではありました。
★★★★★
From: ユロ(NO MAIL) 3月 17日(土)12時47分25秒
非常に面白かった。あまり期待していなかった分、満足できました。タイムスリップする前はややもたつき感が有ったが、タイムスリップした後は自分の過去を見ているようで楽しかった。邦画もなかなかやりますね。
★★
From: タカ(NO MAIL) 3月 14日(水)22時26分15秒
題材は、おもしろいのに映画の中盤あたりからダラダラしていて二時間弱はきつい。わざとと思える演出も笑えない。広末涼子はミスキャスト
★★★★★
From: まるつき(NO MAIL) 3月 13日(火)08時29分48秒
ネタバレ含む面白かったですよ。単純にバカらしくて阿部ちゃんのスパイスが最高ですね。予想できることをそのままやってくれる面白さってやつでしょうか?タイムトラベルによくあるタイムパラドックスは(一部を除き)ほぼ無視!爽快ギャグ映画でした。
From: チンカラ(NO MAIL) 3月 12日(月)06時49分07秒
予告は面白そうだったんだけど。テンポが悪い。見せ方がなってない。アイデアだけでは映画は成立しない。バブル時代のバカさをもっとリズミカルにやってほしい。一つ一つが、ね、面白いでしょ?みたいなしつこさがあって楽しめない。
★★★★
From: (NO MAIL) 3月 12日(月)03時30分52秒
まあこんなもんでしょ。とくにキュンとさせたり何かが冴えてたりといった映画ではないけれど、面白みと驚きが過不足なく上手い具合におさまってて、まさに「よく出来ました、マルッ」といった映画。広末があまりに煩くてうんざりしたのですが、DVDになったらもう一回見てみたいと思ったので☆四つ。阿部と薬師丸が夫婦にはとても思えなかったのですが、まーそれはそれで。使ってる俳優がテレビくさいですが、この映画にはその方が合ってるかと。
★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 3月 5日(月)23時37分49秒
ストーリーの着想は面白いと感じましたが、盛り上がりに欠けたかなぁ。バブル期の再現シーンは楽しいです。広末涼子は、芝居は上手いとは言えませんが、とても魅力的です。
★★★★
From: GOMU(NO MAIL) 2月 28日(水)22時13分55秒
ちょっと甘く★つけたかな?でもまぁ楽しめました。タイムマシンが洗濯機ってとこでもうそういう映画なんだと割り切ってツッコミ無しで楽しみました。どうせならもっともっとドタバタしてもいいかな〜●ネタバレ結局07年に戻ってきた時それぞれの立場は変わってたけど国の状況がどうなったかははっきり描いてないですよね?それでよかったのかな…?
★★★★
From: mos(NO MAIL) 2月 25日(日)22時34分51秒
(ネタバレ)バブルを懐かしむ映画でもあるのだけどヒロスエが携帯が駄目になった途端すべてあきらめちゃうところとか、現代への風刺?もちょっと入っていて面白い。あのクドい阿部ちゃんと薬師丸の子供があっさり涼しげなヒロスエ・・・というのが無理があって笑えました。
★★★★★
From: ラーク(NO MAIL) 2月 21日(水)01時21分35秒
バカバカしくて、なんかすっきり。いいんじゃないかなー、こういう映画があっても。それに、実はエンターテインメントに誠実だし。広末かわいいね。無邪気なかんじがしたし。すぐ忘れちゃう映画かもしれないけど、それは全然ネガティブな意味じゃなく。バカバカしい事バカな事は違うしね。この映画のバカバカしさは、励まされる感じがして好きでした。
★★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 2月 20日(火)23時57分03秒
実際にバブル期の都会でハデに遊んだ人間は日本全体から見ればそう多くないかも知れないが(かくいう私も入社3年目のヒヨっこでそんなに遊んでない)実際に体験した先輩と見に行ったところ余りの懐かしさに目頭が熱くなったとのこと。不思議な映画であった。広末は特段ファンでないが魅力的であった。
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 2月 20日(火)15時05分37秒
おもしろかったです。なつかしかったなっと思った。あのころはみんなうかれてたな・・・ワンレン・ボディコン姿がなつかしい。広末涼子ふけたな。伊武雅刀の若返りのかつらと、阿部寛のふけたかつらにはわらった。劇団ひとり、いい感じだった。
★★★★
From: gold(NO MAIL) 2月 19日(月)20時42分24秒
週末に大学のときのクラブ仲間と見ました。うまいですねえ、軽薄な時代が良く出てた。ぜったいにバブル世代は観るべき感動モノのエンターテインメントです! 広末超かわいい。
★★★★
From: QQQQ(NO MAIL) 2月 19日(月)06時51分27秒
あの時代を良く知っている50歳後半のカップルには、とても面白い映画でした。企画自体は安直でしたが、よくマアあの時代を復元しましたね。ヒロスエさんは、結構良かったですね。    そして、心の中にある思い、「あの時ナントカしていれば・・・」の思い・気持ちを上手く企画にしましたね。
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 2月 17日(土)20時43分52秒
なかなかに楽しめましたほんとに最近の日本映画は面白いですね企画がいい、脚本がいい、出演者がいい観客の心をくすぐるよい映画ですね広末くねくねしてて、鼻に触りましたが、まあかわいい 1児の母とは思えませんでも一番よかったのは阿部ちゃんです! 結婚できない男といい、最近最も注目する男優です
★★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 2月 17日(土)14時48分43秒
まあストーリー自体は、ありきたりと言えばありきたり。ここの★評価だけチェックして観に行ったので、自分の中のハードルを上げ過ぎてたことが一番の原因なんだろうけど、「期待してたほどは…」ってのが正直なところ。まあ元々タイムトラベルそのものを云々する作品でもないみたいだし、制作側の狙いとしては、バブル華やかなりしあの時代と、17年後の今の世相のギャップを面白がってくれってことなんでしょう。でも残念ながら一地方人の自分にとっては、当時のあの馬鹿騒ぎですら結局はTVの中での出来事。言ってみれば、あのバブルの頃の狂態も、今回の映画の中の当時の再現も、自分の中では所詮はどちらも虚構でしかありません。その一点で押されても少々ツライものがあります。そういう意味では映画館でやるのなら、もう少しストーリーは作り込んで欲しかった。実際TVの2時間ドラマとどこが違うんだ?みたいな印象は残りました。タイムトラベルによって思わぬ事態が…、みたいなことが発生するでもなし、またこの手の作品でありがちな、人間関係の秘密が過去に行くことによって明かされるってのも、定番ネタと言えばそれまでだし。まあそれでも、取り敢えず細かいところでの仕込み(掃除機/扇風機とか)などは、結構笑わせてもらいましたけど。それより何より、特筆すべきはヒロスエのキュートさ。この作品は、それこそ彼女自身の魅力を見せたいがために作られたんじゃないかと思えるほど。それくらい彼女のドタバタぶりは、観ていて可愛いし楽しい。本来はアクの強いはずの阿部ちゃんですら(格闘シーンはまるで上田)それこそ脇に追いやられてるって感じです。彼女の作品はあまり観てないんだけど、ヒロスエってこんなに面白かったですかね。ちと驚きです。と言うことで作品の内容そのものは★3つですが、ヒロスエのキュートさに★1つプラス、ってことでこの評価。
★★★★
From: Django(NO MAIL) 2月 16日(金)02時23分54秒
バブルと掛けて洗濯機と解く、その心は泡あわアワ・・・まあ、これくらいの洒落が、判らないようでは、この映画は楽しめませんね。大体、2007年に戻ったときに日本が豊かになっていれば、タイムマシンを活用する意味もないわけで、その時点で矛盾が生まれます。そういった矛盾点を突いてしまうと全編小ネタに溢れた楽しい映画も面白くなくなってしまいます。確かにバブルが、そのまま続いていると、現代はもっと悲惨になっているかも?そんなことは気にせずに、有り得ない話で大いに盛り上がってもいいと思います。タイムマシンなんて作れないんだからねぇ。気になったのは日○製作所やY○hoo!のロゴが大々的に画面に登場したこと。ちょっと引いてしまいました。伏線張りまくりなので、細かいところやセリフもよ〜く覚えておく方が、後半楽しめます。と、未見の方にアドバイスしておきます。
★★★★
From: ミツル(NO MAIL) 2月 15日(木)22時19分46秒
皆さんもう仰ってますが、私も素直に「娯楽作品」として楽しめたクチです。時間自体は長く感じたのに苦痛ではなかったという珍しい体験でした。余計なお世話ですが、シュウさんはこの作品を楽しもうという気があったんでしょうかね。
From: シュウ(NO MAIL) 2月 14日(水)15時22分06秒
アホみたいな映画バブルは薄っぺらい時代だったけどこの映画はそれ以上の薄っぺらさ広末涼子はもう見ていてイタイ広末と長澤まさみの出る映画は駄作という法則でもあるのか
★★★★
From: PON酢(NO MAIL) 2月 13日(火)16時27分27秒
かなり満足度は高い仕上がりになってました(^^)v誇張しすぎな部分はあるにしてもギャグとして受け止められる範囲だし、別にバブルにリアリティもとめてもしかたないしねヾ(´∀` )
★★★★★
From: まさと(NO MAIL) 2月 12日(月)21時15分24秒
単純に娯楽作品として楽しめる。当時小学生だったので、バブルがどんなもんだったのか判らんけど、何か羨ましい。
★★★★★
From: バブルスター(NO MAIL) 2月 11日(日)17時47分47秒
素直に大笑いし泣ける映画でした!しかも観客全体が一体化して笑えた映画は本当に久しぶりの気がします。あちこちに前フリ小ネタが仕込んであるので何度か鑑賞してもその度に楽しめそうです。映画の出来としては星4つだけどとにかく広末涼子がめちゃくちゃ可愛いので星プラス1つで満点にしました。
★★★★
From: かつお(NO MAIL) 2月 10日(土)23時43分45秒
タイムマシンなんてそもそも有り得ないけど、娯楽映画として素直に面白かったです。多少大げさな部分もあったけど、あんな時代が日本にもあったことを思い出し、懐かしく思いました。それにしても阿部寛は最高です。
★★★★
From: 四朗(NO MAIL) 2月 10日(土)23時29分04秒
話自体がタイムマシンでバブルの頃に戻ろうってんだから、内容にあまり目くじら立てる気はない。素直に面白がって、笑って見れたらいいんでないかい?ただ、薬師丸ひろ子と広末が親子っていうのは無理があるキャスティングだと思う。一緒に観たカミサンは「テレビで見てもよかった映画だった」と。確かに。
★★★★
From: ほにゃ(NO MAIL) 2月 10日(土)23時23分11秒
 「娯楽作品」として素直に面白かったです。 時間の流れを利用して、所々に細かい(でもわかりやすい)小ネタが散りばめられています。 広末も、可愛らしさを上手くアピールしてましたね。阿部寛もいい味出してました(ホントにあんな喧嘩強いのか?)。 ラストは、ああするしかなかったんでしょうね。
★★★★★
From: SNOW(NO MAIL) 2月 10日(土)20時48分44秒
17年前へのタイムスリップということでそんな昔ではないのに今との違いがけっこうあって、それを上手くネタにしていました☆携帯電話がいい例でした。待ち合わせも事細かに決めないといけない世界です。そんな小ネタがたくさんちりばめられていて見ごたえがありました。そしてそれよりも真弓と17年前の下川路のやりとりがほんっとに楽しかったし、みんな大爆笑です(笑)やっぱ阿部寛最高だわ〜。バブルの世界もすごかったです。当時はまだ小学生だった私には全く体験したことのない世界で、ボディコンとかメイクとか今みると不思議です。吹石一恵がボディコンをきて当時のメイクをしていてとても似合っていたのもビックリです。お金の羽振りもかなりよくてポンポン×2飛び交っていて、うらやましいと思いました。コメディ映画としてたくさん笑わせてもらったし、私も真弓と同じようにバブル時代の東京を体験できたみたいで本当に面白かったです。