クローズド・ノート

満 足 度
54.2%
回答者数12


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★
From: シンガポ−ル(NO MAIL) 11月 6日(火)17時47分00秒
可哀想だった。
★★
From: スノウ(NO MAIL) 10月 24日(水)22時21分43秒
映画そのものは普通の出来なのにあの騒動を忘れて観る事ができませんでした。観ていて?と思うシーンも多くて突っ込みどころも満載。最後は上手くまとまった気がしますがね。
From: リンゴンゴ(NO MAIL) 10月 20日(土)23時15分47秒
付き添いで観に行きました。沢尻エリカの演技は初めて観たのですが、上手いとは思う。が、問題発言や舞台挨拶などの沢尻をみてきているので、沢尻演じる香恵も性格悪くみえて仕方が無かった。。日記は勝手にみるし。仕事中でも見てるし。夜中に階段で演奏して近所迷惑だしそれと今の女の子って1度会っただけの男を普通に家にあげちゃうもんなんでしょうかね?香恵が軽い女で引きましたw笑えただからやっぱり2番目の女にもなれないんだと最後は納得。サエコとその彼氏(あのおっさん)を最後に使ってきたらおもしろい展開になっていたのに竹内結子がいたから救われたな。
★★
From: さくらくん(NO MAIL) 10月 9日(火)02時22分18秒
パンフレットを買ったら「映画を観てから開いてね!」って書いてあったので、ちょっとミステリー仕立てのファンタジーなのかな?って期待したら全然ふつうのお話しでした。それどころか、予告を観た時点で、そういう事なんでしょって思った通りだったのね。それにしても、あんな日記一晩あれば読めちゃうでしょうが。先生が飛ばした紙飛行機の一件も正直、心理的に納得できません。どうしてどうして?誰かが拾う可能性が高いのにどうして飛ばしたの?? この辺を竹内ゆうこりんがちょっと子供っぽそうな演技で一生懸命正当性を持たせようとするんだけど、無理があるのね。ここやっぱり悩んだんじゃないかなぁ、ゆうこりんも。と思ってパンフレットのインタビュー読んだら、「やっぱり変だよ」って思いながらも演じなきゃいけなかった感じが読み取れたのW。 で、この脚本家、『Life 天国で君に逢えたら』で若くして死んだウインドサーファー飯島夏樹の物語を台無しにしてしまった人じゃないですか! はっきり言って才能ないと思うけど、なぜに今年立て続けに2本も。不思議だ! エリカ様のような感受性豊かな女優にはその辺の裏のカラクリも見えていたんじゃなかろうか・・・大人の世界って不潔だわ!(←一部私の妄想が暴走してますことをお詫び申し上げます) あっ、あとキャシャーンが泣く所、下手だと思いました。一生懸命目から水を出そうとしてるようにしか見えませんでした。エリカ様を見習ってください。1リットルは流しますから。
★★
From: Pon-ta(NO MAIL) 10月 8日(月)23時05分40秒
ちまたを騒がしているエリカさま効果か、渋谷のシネタワーでは満席でした。映画自体の出来は可もなく不可もなく、無難にまとめたという印象です。過去と現在が並行して進んでいき物語の最後でリンクするという構成は、同じ行定監督のセカチューを思い出しました。セカチューでは回想シーンを丁寧に描いていたのに対して、クローズドノートではそこらへんがあっさりしすぎていたように感じました。竹内結子演ずる先生と生徒や恋人との間の心の交流や愛情を感じさせるような描写がもっとあれば、最後の紙飛行機を飛ばすシーンや日記の最後1ページを読むシーンで、もっと感情移入できた思うので残念です。出演者みんながいい演技をしていただけに、脚本が演出をもうちょっと頑張って欲しかった、、、。
★★★★
From: 別に・・・。(NO MAIL) 10月 8日(月)20時08分21秒
本日 昼に鑑賞してきましたが、舞台挨拶騒動のせいか超満員でした。観客の95%以上が若い女性で、こういった層に受けるのかと分かりました。映画の中身は劇場版「世界の中心で愛をさけぶ」の監督さんが撮ったと分かる現在と過去の二重進行形式になっていて、その手法は面白かったと思います。特に特筆すべきは、日記見たエリカ様の妄想中の男がタレントになってたのが、人物特定が終わった後にコロッと変化する部分で、あのアイデアは良かったです。ただ真野伊吹先生が ああなるという事が中盤あたりで大体 予測できるため、ラストのオチがなんとなく分かってしまう感じでした。沢尻エリカは悪評が色々とあるように普段は高慢な態度らしいのですが、奇行を慎んで「1リットルの涙」や本作のような感じで俳優として頑張ればいいと思います。舞台挨拶騒動の1件で、本来観に行く予定のなかった私までが「どんな内容の映画なんだろう?」と興味を持って観に行っている始末ですが、1000円なら納得できるといった感じです。竹内結子のクローズドノートを一体誰があの鏡の裏に入れたのか、謎が残りますね。エリカ様が個展の場で私的なノートを開陳していましたが、ええんかいな?って感じです。しかし気になるのは、これがDVD化された際に映像特典で公開初日の舞台挨拶が収録されるのかどうかです。それが入るのなら購入を考えます。
★★★
From: ごり(NO MAIL) 10月 7日(日)01時49分31秒
正直なところ、あの騒動を無視してみる事が出来なかった。作品としては本当に良いものだった。だけに勿体無い。舞台挨拶の重要さを感じた次第です。
★★★★
From: けーじ(NO MAIL) 10月 6日(土)17時09分16秒
やや話としてきれい過ぎますが伏線も上手に張られてていておおっと思いました。結構泣かされました。
★★★★★
From: 万年筆のインクはブルー(NO MAIL) 10月 3日(水)21時25分21秒
クローズド・ノート 観てきました。最近良い作品に巡り合えていなかったので久々落ち着いて見られた良い作品だと思います。行定監督の最高傑作といえるのではないでしょうか。バレバレだけど少しミステリアスなストーリー展開、撮影・編集もとても丁寧に仕上げられてていましたね。少し話しがきれい過ぎる嫌いもありましたが、ファンタジー作品だと思えば納得です。キャストも適材適所で他には考えられないほどベストマッチでした。スクリーンの中では、エリカ姫のご乱心もご愛嬌と思えるほどの集中した演技が光っていましたね。もちろん竹内結子さんを始め他の演技人に支えられての話ですが・・・余談ですが会場では私をはじめすすり泣きが絶えず聞こえておりました。大人の鑑賞に堪える心が優しくなる映画をお探しなら絶対お勧めですね。そんなわけでこの映画☆5つといたしました。
★★★
From: 想像の女性と違った!(NO MAIL) 10月 1日(月)23時48分19秒
ねたばれです。エリカが演じる香恵は、僕の望んだ女性とは違った。恋をすると、あれほどまでに大胆になるのでしょうか。そこが、ずっと映画の中で引っかかって・・・手紙のときは、すごく良かったのに・・・鏡の中にノート以外に色々ありましたよね。無くていいのに(他のものには目が行かない?)石飛リュウと隆、日記にある話のように振舞うのなどの テスト用紙などストーリーは好きです。 伊吹先生が、とてもよかった。最高。もっと長くしてほかったですね。破られていたページがあんな形で披露されるのはどうなん?マンドリンは忘れました?この絵は私に似てる?日記を読み上げる?監督の演出ですか? 意味わからん。で、まあまあということですね
★★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 9月 30日(日)21時08分18秒
秋の映画にぴったりな切なくなる映画でした。残念なのはあれだけ好演している沢尻エリカが舞台挨拶で無愛想な態度を取ったことが報道されている記事をみてしまったので若干興醒めしてしまいました。
★★★★
From: ちい(NO MAIL) 9月 30日(日)12時27分49秒
試写会で観にいったので、甘めの★4つ。ストーリーの展開は読めるけど、俳優陣が良い演技だったと思います。日記が書きたくなった。ただ、サエコの演技というかあの声がこの映画にマッチしてない感が。。。