ダイ・ハード4.0

満 足 度
65.9%
回答者数94


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: チョビ(NO MAIL) 10月 8日(月)01時50分43秒
完璧!ブルースここにあり!って感じです。こりゃありえん!っていうツマラン解釈は抜きにして,素直に楽しめる爽快な作品です。
★★★★
From: まれい(NO MAIL) 9月 2日(日)13時09分09秒
一度めが期待以上に面白かったので、二度観てみました。そうすると案外大味な映画だなということはわかります。星は一度め★★★★★と二度め★★★の平均で。ヒーローもシリーズ重ねると一人じゃもたないんですかね、“変則バディ・ムービー”になりがちで、そうなると相棒が目障りなことが多いけど(三作めが好例)、4.0ではどちらも存在感ばっちりで成功してると思います。次は無口で孤独な「ボーン・アルティメイタム」に期待してます。
★★★★
From: しどう(NO MAIL) 9月 1日(土)23時55分58秒
迫力のあるアクションシーンの連続で時間が経つのを感じさせない勢いがありました。「1ではあんなに小さかった娘もこんなに成長して・・・」とか、別にどうでもいいことで時の流れを感じたり・・・。「マクレーン警部も数々の苦難を乗り越えて、超人的になってきたわぁ」とかくだらんことを考えたり。シリーズならではの楽しみでしょうか・・・。ダイハードシリーズが好きな人も、前作を観たことがない人も、アクション好きなら楽しめるのではないかと思います。
★★★★★
From: retro(NO MAIL) 8月 22日(水)01時35分43秒
予想していた以上に面白かったです。アクションシーンの迫力やキャスティングだけでなく、テンポや緩急のメリハリも良いので、エンターテイメントとして充分に楽しめました。後になってから、上映中には気づかなかったツッコミ所が、不意に見えてきたりしますが、許容範囲内なので、マイナスは無しです。
★★★
From: kankan(NO MAIL) 8月 19日(日)08時28分56秒
タダ券をもらったので、見てきました。「ダイ・ハード」はやっぱり「ダイ・ハード」途中、ハラハラさせられた割には、最後、ガブリエルとの闘いがあっけなくって唖然としてしまった。
★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 8月 16日(木)19時25分13秒
 「ダイ・ハード」「ダイ・ハード3」は劇場で、「ダイ・ハード2」はビデオを借りて観てますが、僕はダイ・ハードシリーズに対して特に思い入れがある訳ではありません(^-^; 今回特に印象に残ったのは・・・ジャスティン・ロング・・・かなあ。映画を観ている時には気づかなかったんですが、パンフレットの「来日記者会見レポート」での彼の笑顔を見て、もしやと思って調べてみたのですが・・・「ギャラクシー・クエスト」(以下「ギャラ・クエ」)のあのオタク少年が、ブルース・ウィリスの娘(注1)のハートをゲット?!出来るまでに成長していたとは!!と感無量?!。 ただ、パンフレットの彼のプロフィールには「ギャラクシー・クエスト」に関する記述は全く無く、「ギャラ・クエ」オタクだった彼の過去(注2)を抹消してしまおうという意思が感じられて、ちと悲しかったです。 あと、映画「ボビー」でのウエイトレス姿もまぶしかったメアリー・エリザベス・ウィンステッド嬢がブルース・ウィリス(注3)の娘役で出ていて、相変わらずキュートでした。 ということで、満足度は★3つです(なんでやねん)。(注1:正確に言うとブルース・ウィリス演じるマクレーン警部補の娘。当たり前ですけど。)(注2:あくまで作中での設定。当たり前ですけど)(注3:が演じるマクレーン警部補の←しつこかったですね・・・)
★★★
From: すこ(NO MAIL) 8月 11日(土)21時10分15秒
 初っ端の襲撃シーン以降はずっと、心地よい緊張感に包まれていて、楽しめました。アクションも迫力満載! ジョン・マクレーンの悪態も健在! でも、やっぱ1ほどの興奮はなかったかなぁ。この映画に、ダイハードっていうタイトルがついてなきゃ、ここまで観客増えないだろうなぁ、というのが正直なところ。楽しめはしたけれどね。
★★
From: 水玉(NO MAIL) 8月 9日(木)02時18分46秒
観終わって。なんか、物足りないーーー。もう1本、口直しに観に行きたいと思った。特にアイディアも無く、色んなアクション映画の良いとこ取りをつなげた感じ。目新しさがなくて、目が点になった。ダイハードがとても好きなので、期待してたんだけどな。(1は言わずもがなだけど、2が好き。)しかし、まあ、アクションは良いとこ取りしただけあって、背中に汗掻く位、ノンストップで歯切れが良い。脚本は単純で、他の映画やTVドラマと似たような話なので分かりやすかった。がっかりなのは、台詞のつまらなさ。ジョークも全然面白くないの(ある程度は英語で聞いてます)。しらける、しらける。アクション・シーンの合間の会話劇になると、座席が、ス〜〜〜ッと後ろに引っ張られて、画面から遠くなる・・・・。そんな感じ。(冒頭の、父娘とその彼氏の場面なんて、掴みで笑わせるところ、でしょう?本気で喧嘩してるわけじゃないんだし。あそこで笑えた人っているのかしら)ジョン・マクレーンという下駄を履かせてるから、笑おうと努力したし、説教じみた話も聞いてあげたけど。でもまあ、ジョンは、人を笑わせようなんて、これっぽちも思ってないのよね。そんな彼がお茶目だし、微笑まずにいられなかったと思うの。今回は、空振りだったけどね。けど、アメリカを救えたしね。おめでとう!
★★★★★
From: ラガー(NO MAIL) 8月 8日(水)23時31分40秒
最高!。続編は基本的に嫌いだけど、二番煎じより良いでしょう。「ありえない!」って、タイトルが「ダイハード」ですよ。なにをトンチンカンな批判を。テーマが死なないんだから、いかにありえない状況で生き残るかがキモでしょう?1からすると重厚さは無いかもしれませんが、エンターティメントとしては第一級!。おすすめ!。但し、映画に対して思想や哲学などを求めるような、頭でっかちで知ったかぶりの人は観るな!。
★★★
From: (NO MAIL) 8月 7日(火)22時47分26秒
ド派手なアクションで単純に楽しかったけどダイハードの新作だと思うと正直微妙かな。何つーかもう規模が大き過ぎて一NY市警が解決できる事件じゃないよな、どっちかっつーとイーサン・ハントかジャック・ライアンが担当する方がしっくりくるような・・やっぱダイハードは1作目が好き。トンネルのシーン、エレベーターのシーン、戦闘機のシーンが最強に派手かつバカで最高。
★★★★
From: ウェブ0.4(NO MAIL) 7月 30日(月)09時10分06秒
ジャックバウアーの24の出来のいい半日分くらいをブルースウィリスにすり替えて2時間にまとめたら、みたいな感じかな。登場人物や背景や状況に雰囲気があって映画の世界そのものに感情移入が出来るというものでは相変わらずない(「1」などにはそれがある程度あったといっていい)が、それはここ十数年の米製の映画やドラマ全体の傾向でもはやどうにもならないことに見え、仕方がないのだろう。(誰もが思わず惚れ込むような味のある雰囲気や人物造形やエピを、本質的な「気」が落ちてきて入れたくとも作れなくなったアメリカ文化。)キャラを単純キャラとしてあちこち動かすジェットコースターゲームサスペンスムービーに潔く徹するしかなく、そういうものとしてはOKレベル。
★★
From: ダイハーダー(NO MAIL) 7月 28日(土)16時28分35秒
絶賛してる人がすごくいたので見に行ってきました。が期待はずれ。1を上回る期待まではしてなかったけど単調なんだよね。展開が。画の迫力は確かに凄いけど、それだけの映画と言ってしまえばそれで納得してしまう出来の映画。決して重厚なシナリオを期待してるわけではないんだが。
★★★★★
From: TATSU(NO MAIL) 7月 26日(木)21時23分29秒
パート1の出来があまりに良かったので、シリーズを追うごとにだんだんとイマイチな感じになっていたけど、良い意味で期待を裏切ってくれました!F-35戦闘機が襲ってくる場面はあきれかえってしまったけど、それ以外は手に汗握ってマクレーンを応援してました。(ネタバレ)一番お気に入りの場面は、相手ボスがマクレーンとの無線やり取りでらちがあかなくなり、誘拐された娘になんか話せと無線を渡したとき、「敵は5人よ!」と伝えた場面!最高でした!
From: だjhb(NO MAIL) 7月 25日(水)20時26分13秒
全くだめ。くだらん。
★★★★★
From: のり(NO MAIL) 7月 24日(火)01時17分45秒
面白かった。どこかで観たようなシーンだなと思いつつ、それを上回る展開の速さとアクションで映画に引き込まれました。ダイ・ハード1に迫るすばらしい出来です。お金を払ってスクリーンで観て★5以上あげたいと思ったのは久しぶり!
★★★★★
From: john(NO MAIL) 7月 22日(日)22時06分33秒
メチャメチャ面白い!最高!
★★★★
From: YUKI(NO MAIL) 7月 22日(日)21時54分21秒
まさにダイ・ハードでした。そこまでするかというアクションシーンの連続で単純に楽しめました。
★★★★★
From: るい(NO MAIL) 7月 22日(日)11時55分02秒
単純に面白かった!これでクリスマスが舞台だったら、さらに★ひとつ追加したいぐらい。
★★★★★
From: PON酢(NO MAIL) 7月 22日(日)00時05分24秒
展開早くて、緊張感がラストまでずっと持続しつづけるこんな映画を待ってた!もう最高!★5つじゃ足りないかも!
★★★★
From: pege(NO MAIL) 7月 19日(木)12時33分33秒
面白かった!意外に上映時間が長いけど、それを感じさせない。飽きさせない展開で、所々のギャグも面白かった!一番トンネルのシーンがハラハラしたかなー。マギーQ強すぎ、ボス弱すぎ。マクレーン渋い!サイバーテロっていうのは、ちょっとありきたりだなぁと思ったので、星マイナス1にしました。ガブリエルは逮捕されるの分かっててやってたんだよね?
★★★★
From: なつかしのCCR(NO MAIL) 7月 19日(木)00時48分00秒
アメリカ映画の、最近の過剰すぎる暴力シーンに、いつも違和感を感じていたが、さすがというべきか、ブルース・ウィリスが演じると、あっさり感情移入。死なないとわかっているし、絶対あり得ない展開の連続でも、思わず握りこぶしに力を入れてしまった。また今回の相棒、ジャスティン・ロングがうまくていい味を出していて、とても効果的だったと思う。
★★★★
From: butty(NO MAIL) 7月 18日(水)15時46分29秒
普通に楽しめました。感動が少ないのは不感症になってしまったからでしょうか。。(年齢的に)
★★
From: マカ〜イ(NO MAIL) 7月 18日(水)03時46分01秒
正直、あんまりだったです。時計を3回はみたし。バイオ・ハザ〜ドをHP減らない・弾の減らない武器でプレイしてるのを延々見せられる感覚・・・リアリティうんぬんは、言わないけどドキドキ感がないというか、どうしたら殺せるのよ?みたいな・・この映画はレンタルで十分です。アクションが笑えたのと、馬鹿だなぁこの映画と思えたので★1つ追加しましたが、全体的には確かに駄作かと・・見るなら寝不足とかでないと自分にはキツイです
From: phsnd(NO MAIL) 7月 17日(火)19時10分11秒
この映画の最大の弱点は悪役がヨワイ事。マギーをボスにしたら良かったのに・・・
★★★★
From: 素人さん(NO MAIL) 7月 17日(火)17時36分38秒
たしかこの間までは評価70%ぐらいはあった記がしますが。。見てきましたが面白かったです。確かにありえないシーンは多いとは思いますが、不死身のマクレーンはこれでいいのです。と思いました。だからぼくは面白かったです。
★★★★★
From: 四朗(NO MAIL) 7月 17日(火)16時50分16秒
まさに「痛快活劇」! 見終わった後の爽快感もいい。映画館で大いに楽しんで一歩外に出ると忘れてしまう、それが娯楽映画の悲しさであり良さでもある。拍手!
★★★★★
From: マクティアナン(NO MAIL) 7月 17日(火)00時41分57秒
考えたらツッコミ所は満載ですが、これでいい。
★★★★★
From: 自由に生きるか、くたばらないか(NO MAIL) 7月 16日(月)08時52分06秒
友人に誘われて行って来ましたが、ここまで凄いアクション映画は初めて見ました。ちゃんと過去のダイ・ハードのオマージュシーンが全体に散りばめられているし、3ではなかったマクレーンのボヤきも挿入され、かつ1のダメダメ男からの成長ぶりがハッキリと描写されており、マクレーンの成長譚みたいな部分も感じられました。テクノロジー依存の社会問題を風刺しつつ、典型的なオタク系の人物を出してその成長を描くことで、年配と若者との心の交流まで楽しめました。愛情が欠乏してそうな感じが表現できる俳優さんという事で、ジャスティン・ロングさんのキャスティングは大成功だったと思います。サイバー犯のガブリエルも、最後しか出てこず、卑怯な手段を徹底しているのが現代犯罪事情っぽくてよかったです。そして中盤でのマギーQ戦でもマクレーンは決して相手に手を抜く事無く、シリーズ最強とも言える武闘家を相手に大乱闘するシーンは見事でした。実際のマギーQさんは身長160cmの小柄な女優さんですが、劇中からはとてもそうは思えず、ここらに監督の撮り方の上手さを感じました。車がスピンして手前に飛んでくるシーンも画・音ともに最高です!正に「2007年版ダイハード」という感じで、これまでで最も楽しめました。たった3作目でここまでの作品を創造するレン・ワイズマンの手腕に脱帽です。
From: ゼウス(NO MAIL) 7月 16日(月)01時20分29秒
とっても退屈な駄作だと思いました。自分の想像力の浅はかさを超えた、作り手のアイデアにまんまとのせられて、顔がついついほころんじゃうのがダイハードの魅力だなー、なんて感じてました。で、この4。なんかもー、ジョンマクレーンが「笑い者」になってる感じがして超痛々しかったです。哀れっていうか。でも、まだその荒唐無稽さに目新しさが多少でもあれば、星も増えようもんですが、やってる内容がイチイチ古くさくてホントにげんなり。エレベーターの車落ちるの、あれ、ジュラシックパークでも見た気がする。戦闘機が高速道路の上を飛んで日常風景を逸脱するの、あれ、トゥルーライズで観た気がする。敵の人、なんか物凄い天才みたいな解説台詞あったけど、どー考えても全部浅はかだし。なんかドキッとする言葉も場面も一つもなかった。しらけちゃってげんなり。どー考えても、警察も犯人もバカばっかり。でも「アクション映画だからそれでいいんだ」なんて、そんなわけないよね。やっぱり「えー、そーなんるんだー」って、たしょうなりとも驚きたいし。バカの事をみて「バカだなー」って笑うのって、なんか、笑う方も笑われる方も、どっちもとっても切ないなー、なんて思いました。
★★★★
From: tinetita(NO MAIL) 7月 16日(月)00時42分41秒
消去法で選んだレイトショーのダイハード4.0。いやいや、突っ込みどころ満載ですが、何も考えずに楽しめました。それほど期待していなかったので、大満足です!疲れたている時にはアクションに限りますな。(以下ネタバレ多少あり)あの「女性忍者」をきちんと情け無用でやっつけたのは良かった(笑)中途半端に情けをかけるんじゃなくて、ガンガンやっつけていく。サイコーです。
★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 7月 15日(日)18時39分40秒
ノンストップで面白かった。続編だけど前作知らないうちの息子もメチャ楽しんでました。全作観てる私としては1〜3のコンセプトとちょっと違和感はあったけど単品としてはすごいアクション映画だと・・・なんのためらいもなくパンパン人殺して「英雄」ってアメリカらしいよなぁブルースは若いころの大根からこんなオーラのある俳優になるとは・・・日本にはこんなセクシーハゲいませんね
★★★★
From: トッチャンボーヤ(NO MAIL) 7月 15日(日)17時04分44秒
敵に対して久しぶりに「なめてんじゃねぇ。この若造が!!」と思えたのが嬉しかったです。最近の大作映画はそれなりに敵が魅力的なので、新鮮な高揚感でした。人を殺す悪い奴らは、男女関係なく皆殺し。こんなことを実際にやられちゃうと、「…凄い。」としか言えないです。はい。この作品が、シリーズ物としてライン上にきちんと乗ってるかどうかの判断は難しいです。でも、料金分はきっちり楽しめたし、それで満足かなぁ。一つ減点したのは、「俺がやらなきゃ、誰がやるんだ?」と悟ってしまったことです。状況を打破する姿が素敵なのに、そんなに思想までカッコよくなっちゃ、ダメー!!
★★★★★
From: どらえもん(NO MAIL) 7月 14日(土)21時15分42秒
あんな奴、友人じゃないよ!
★★★
From: タカ(NO MAIL) 7月 14日(土)14時08分35秒
最初から最後まで飽きずに見る事ができました。ブルースウィリス歳食ったなぁ〜
★★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 7月 14日(土)13時57分49秒
かつてのヘタレ君も、年月と経験を重ねた結果か、ホントに立派な刑事さんになったものです。序盤では多少ボヤキも入りますが、それもつかのま、それ以降は体をバリバリに張ったスーパーマンぶり。劇中で時折出てくる「英雄」って言葉に恥じない働きをしてくれてます。またかつてのマクレーンの魅力を、「最悪な場面を、グダグダながらもどうにかこうにか知恵と勇気で切り抜けていく男」ってすると、今回のクール且つ文字どおり大活躍をするマクレーンを主役とした今作が、ある意味「ダイハード」らしくないって言うのも一応理解は出来ます。娘の誘拐にしても、今までの流れなら彼が事件に仕方なく巻き込まれる要因として使われるんでしょうが、今回は単に彼の動きを止める足かせ的なものでしかないのも、何かイマイチ(実際はそれにすらなってないけど)。でもいつまでも初期のようなへなへのマクレーンのままだと、これまで様々な経験してきたにも拘わらず、それこそ成長もへったくれもなかったとことで却って不自然。これはこれでいいんじゃないでしょうか。いつまでもダメおやじのままじゃいられませんし。あとストーリーに関しては、よく言えばかなりスマート。これだけムチャクチャやったにもかかわらず、取り敢えず流れとして大きな違和感を感じさせなかったのは、ある意味美点といっていいんじゃないかな。この作品、単純にサイバーテロの映画としてみれば、それなりに面白く観れました。ただしラストの敵とのやり取りを経たあのシメは、それまでの展開からすると少々拍子抜けでしたけど。もう少し彼には、こっちがアッと驚くような機転をきかせてピンチをしのいで欲しかったって感じです。
★★★★
From: めろぴん(NO MAIL) 7月 14日(土)13時13分52秒
ダイハード初めてみたけれどおもろかったぁ。ブルースいいね!☆-1は、ここまでいろいろぶっ壊してめちゃくちゃやらないと認められなかったり面白がれないとしたら 人ってやっかいなもんだぁってことで。
★★★★
From: タイヤ(NO MAIL) 7月 14日(土)06時26分11秒
『ダイハード』といえば、・クリスマス・裸足・家族自体と家族関係の危機・裏目裏目の孤軍奮闘 などでマクレーンがメンタルと肉体でギリギリなとこにいるのが魅力ですが、シリーズ3作目からバディ的キャラが出てくる事で、正統な続編性が薄いな〜とか思ったら、3の原題が『Die Hard: With a Vengeance (1995)』4の原題が『Live Free or Die Hard (2007)』になってるので、ちょっとしたスピンオフ的なものなんだな、と、納得。こういうふうに、家族をついついないがしろにしちゃってるんだ、日常のマクレーンは。とか思いながらみるといいのかな? ルーニー・トゥーンズですか? みたいな、まるでアニメみたいなアクションに爆撃は、すごいっていうか爆笑物。 『ダイハード』と比べたらキュートなアクションコメディーな気がします。 癖になって3回みちゃいました。 かわいそうだけど、正統な続編も期待したいな。 以下ネタバレ 最初の銃撃に、フェンスで人ぶっとばしたりした時点で、アニメ的なのがわかったので、頭切り替えました。あんなばかみたいなアクション大好き! 車で、オペレータにファレルが『父が危篤なんだ!』って熱弁をふるうとこでのマクレーンの複雑な表情がかわいかった。「家族に言われてぇ」「ひょっとして俺の事?」みたいな。 マイとの戦闘、女相手なのに手加減なしでえげつなくも感じられて面白かった。 F-35で、トレーラーがばりばり、破壊されるのはもう、冗談以外のなにものでも無い感じ。ハラハラする場面のはずなんだけど、ここも大爆笑でした。 あと、ファレルのぼやきとかせりふの細かいとこがかわいかった。 サイバーテロも、すんごくわかりやすいように(GUIで萎えてる方もいたけど)置いてかれる人がいないようにしてあるのは親切だなー。って思いました。さすがハリウッド・エンタメ。地理がわかんないし、コンピュータも苦手だから、口だけよりもわかりやすい。
★★★★
From: アイシャ(NO MAIL) 7月 13日(金)00時03分24秒
もう、ありえない!の連続で、単純にどきどきして、笑ってスッキリしました。戦闘機のシークエンスには大笑い。コメディでもないのに、映画でこんなに笑ったのは久しぶりです。結構、身につまされるなぁと思った台詞は、「この情報を君が知らないのは、君の給料のレベルがそれに至っていないからだ」サラリーマンは辛いですね。。。
★★★★
From: PCで爆発?(NO MAIL) 7月 12日(木)21時19分33秒
みましたよ、うんうん(^0^)いいねえ。アクションの連続、打ち上げ花火の連発の様でいいですねえ、ただ、はらはらどきどき感が微妙に最初と違うのは、マクレーンがマッチョだからよ無理やでええーってそこいらの刑事ってのがいいのですよ。そのへんが、ランボーみたいになって・・・・あと、皆さんが言ってるように悪役は、まいったかああってやっつけるのがいいのですよ。非道になってないし、あっけないしでものたりなさを感じるのかな。でも、おもしろかったです。
★★★
From: すける(NO MAIL) 7月 12日(木)18時42分13秒
先週見てまいりました。アクションシーンは数多くあり、テンポも早いので見やすい映画ではありました。ただやはりダイハード1の強烈な印象があり、続編として見てしまうと少しうーんと思ってしまいました。ダイハード1は本当に良質なアクション映画であり、何度見てもその魅力は変わりありませんが、4.0は他の多くのアクション映画同様に何度見てもという感じはやはり起きないです。ひとつには「悪役の魅力」みないなものが今回は欠けていました。今回というより1以外は欠けているように思います。ただアクションの規模としては4.0はもちろん最大級だと思います。
★★★
From: 有志(NO MAIL) 7月 12日(木)18時42分10秒
映画を鑑賞する機会があまりない人にとっては新鮮かつ刺激的に感じるかもしれない。逆に普段から映画をよく鑑賞している人にとってはたいした新鮮味もなく、刺激も希薄に感じるのかもしれない。どちらが正しいという問題ではない。ただ、自分の感想を押し付けたり、他人の意見を否定するD氏及び少数の姿勢は非難されるべき。
★★★
From: ドラえもんの友人(NO MAIL) 7月 12日(木)06時47分26秒
※星が3つなのは平均点を考慮した上での措置>サイボーグ(みたいな男)VS マクレーンはすごい良かった。格闘の場に、あからさまにある回転ノコギリのような装置。たいした活躍もなく、サイボーグみたいな男は皆の予想通りに、その回転ノコギリに蹴り落とされて死亡。映画史において、いったい何度目ですか、このパターンでの結末は!>テンポ重視の内容で、ある意味 初代を越えていると思います。このような意見が出るくらいなのですから、今の観客はいかに物語や演出の「溜め」というものを理解してないのか、また必要としていないのかがお分かりでしょう。>「今の作業が終了したら、全力でお前を倒す。一騎打ちだ!」と言って敵が通信を>切るシーンなど、とても良かったです。たかだか数秒の会話で、簡単に逆ギレして雑魚的なセリフを吐いてきた敵ボスの器の小ささに私はゲンナリでした。一騎打ちって・・あーた、仮にもハッカーが実力行使によって自分の力を行使するなどアホもいいところ。しかも一騎打ちと言っておきながら、やるこたぁ逃げるばかりで言動と行動が不一致。最終的には合間見えるも、マクレーンの娘にも舐められているように雑魚丸出しで秒札に近い最後。ああ情けなや。だいたいハッカーなんて歴代シリーズに既に出てきているし、その扱いは運転手のワンパンでのされたり、脱出飛行機ごと殺されたりと悲惨なものばかり。部屋の中でパソコンをピコピコしているだけで凄んでも、バカをアピールするだけ。※もちろん、それを『カッコイイ』『凄い』と思う人もいるようですが。>いくらCGに頼っているといっても、戦闘機VSタンクローリーや、ヘリに突っ込む>シーンは観客を見事に魅せているのは否定できないと思います。車をヘリに突っ込ませるのは私も面白いと思いましたが、CGに頼っているシーンの全てはマクレーンが努力と根性で切り抜けたものではなく、単なる偶然で助かっただけです。1:トンネル内で吹っ飛んできた車→偶然、左右から車が来て盾になってくれる。2:戦闘機vsタンクロ−リー→戦闘機がなぜか空中停止し、そのときに上から落ちて               きた石が偶然排気口に入って(?)戦闘機爆破。3:ガス田爆発→理由なし、根拠ナシに偶然生き長らえる。ガス爆発を舐めすぎ。全ては偶然に起こったことで、マクレーン刑事が行ったことではありません。それはこれらピンチが個人の馬力でなんとかなるレベルを超えているからです。あなたのようにより派手に、より荒唐無稽にとエスカレートする観客の期待に金儲けのために製作者側が応じていると、次回作では衛星軌道からのミサイル攻撃、もしくは軍艦からの艦砲射撃をマクレーンが避ける〜みたいなネタが出てきますよ。>通常4作目ならマンネリ化するはずだけど既にこの手の荒唐無稽アクション映画は死ぬほど作られていて、マンネリ度満点かと。>これからネットワークの危惧しているテーマを伝えようとしている典型的設定ですが、この映画を「ネットワークの危惧」としての面があると本気で思っているのですか?いやはや、私には信じられませんよ。漫画の見すぎです。>死ぬだろ、フツーとあきれ返るどころか、もう痛快で顔がニヤけてしまいましたねぇ〜〜。主役が死ぬわけないでしょ!だからこそ、ネタが大掛かりになればなるほど、冷めてしまうんですよ。例えばゴジラや生物兵器が出てきたり、マクレーンが猛毒を注射されても、どーせ上記のように『理由なし』『根拠なし』『助かるためのがんばりなし』で全てが「偶然助かった」で済まされるんですから。※猛毒の場合、たまたま血清を相手が持ってたり、落っこちた場所が薬屋だとかするんじゃないですかね。>ドラえもんの友人氏などは、本作を「駄作」と酷評しているが、それならば>是非ともダイハード5の監督をして頂き、本作以上の作品を撮影して欲しい。良識アル者ならば、このシリーズをこれ以上作ることはしませんよ。私がアクション映画を作るのなら、全く別のものを作ると思います。ダイハードのネームバリューを利用しての金儲けに付き合うほど、私は堕していません。しかし、この映画を心の底から楽しんでいる人が多くてビックリです。「ジョーズ初代」よりも、「ジョーズ87復讐編」のが面白いと言われている気分です。これだと私がパート1と本作4を比べていると思われるでしょうけど、私自身4の脚本プロットを読んだ時点でそれはないと踏んでいたし、またあの超傑作1に匹敵する作品が、その続編から生まれるなどということもないと思っているので、期待感は一切ありませんでした。 それでもなお低得点なのは、今の娯楽映画の時流である「派手な画面つくり」を優先し結局、そういった空前絶後な危機を前に「偶然」しか武器のない、アクション映画としての粗雑な作りが目についたからです。おそらく今の観客は、伏線をめぐらし、ドラマをはっきりと描き、そして、不利な状況を克明に描き、脚本としての逃げをうたず、それを知恵と勇気で克服すると言う地味なアクション映画を望んでいないんでしょう。ダイハードの主人公ジョン・マクレーンが受け入れられた背景には、ランボーやコマンドーなどの無敵・無感情ヒーローに観客が飽きていたからだと私は思ってました。嫌々ながらも、たまたま居合わせた不運を呪いながらも、目前の危機に立ち向かう姿に感動を覚えるのは、この映画を有難がっている人にとっては、もはや時代遅れの感性ということなのでしょう。頭を空っぽにして映画を楽しんでも、せいぜい楽しめるのは2時間程度。心に刻まれた優れた映画の記憶は「永遠」ですよ。私は2時間の現実逃避よりも、永遠の記憶を優先した。ただ、それだけです。なぜならば、私にとって映画はこだわりを持ち、それをぶつけるに値する「娯楽」だからです。・・・・以上、後半は本作には全く無関係な主観でした。削除されても、かまいません。
★★★★★
From: ちゃーりー(NO MAIL) 7月 12日(木)00時49分12秒
今見てきて帰ってきました! 超面白かった!セリフ回しも面白くて笑えたし、派手なアクションもこれでもかと思うぐらい詰め込まれてるので最後まで全く飽きずに見れました。(マックレーンの「てめぇのうちで殴り殺すぞ」はかなり笑ったw)サイボーグ(みたいな男)VS マクレーンはすごい良かった。あの狭い場所であれだけ流れるようなアクションをみせるのはすごい技術だなと思った。あそこのシーンはもう一回見たいな。この映画のために車何台潰したんだろう?
★★★★★
From: やぼ(NO MAIL) 7月 10日(火)22時34分45秒
最高とは言えないまでもバランスを取る上で☆5個です。☆一個ってありえないですよ 笑)あの臨場感はなかなか出せないと思います。いくらCGに頼っているといっても、戦闘機VSタンクローリーや、ヘリに突っ込むシーンは観客を見事に魅せているのは否定できないと思います。ダイハードシリーズのよさが全面に出ていてオリジナル性も良し(リアルなぶつかり合い)銃激戦等通常4作目ならマンネリ化するはずだけど、一昔前のブルースのキャラクターを現代のサイバーテロという題材の元、うまくなじませていると感じます。これからネットワークの危惧しているテーマを伝えようとしている典型的設定ですが、うまく観客を楽しませている、アクションとしてはかなり楽しかったですよ。
★★★★
From: takutaku (NO MAIL) 7月 10日(火)19時48分28秒
シリーズ物だからマンネリ化はしょうがないが、あきさせない迫力はさすが・・ブルース!
★★★★
From: RIP(NO MAIL) 7月 10日(火)15時53分13秒
ははは。やっぱりドラえもんの友人さんと好みが違うということが身に染みてわかりましたね。面白いものですね(笑)。いや〜〜個人的には面白かったですよ。皆さんのジョン・マクレーンぽさがないという批判を見て、ああ、そういえばそうかと思ったくらいで、基本的に真夏の暑さをぶっ飛ばす、痛快アクションムービーさえ見れれば私は満足なんですわ。さすがにちょっとやりすぎだろみたいな部分はありました。死ぬだろ、フツーとあきれ返るどころか、もう痛快で顔がニヤけてしまいましたねぇ〜〜。いやいやまいった、まいった。お約束ラストの悪党との一騎打ちをあえてドンパチにしなかったところがニクイ!!アメリカではユーモアのあるセリフが大ウケのようですが、日本人の私でも面白さがわかり笑えました。ネイティヴなら大爆笑でしょう。うーん最近のアクション映画では一番印象に残ったかもしれない。素直に面白かった!!
★★★★
From: ぽー(NO MAIL) 7月 10日(火)13時14分59秒
迫力ある映像の連続!!とても見ごたえがあって、おもしろかった。でもそれまでのインパクトに比べて、クライマックスは意外にあっけなくて、あれ?という感じがしたけど、充分楽しめた。アトラクション感覚の映画なので、デートや友人と行くとテンションがあがって楽しめると思います。
From: 填槻(NO MAIL) 7月 10日(火)01時21分45秒
>ここの評価を見ていると、「ダイハード」に固定観>念を持っている方が散見され、>結果的にそれが鑑賞の邪魔をして、この傑作を楽し>めてない方がいるようですね。その通りなんです。ダイハードって名乗ってる自体期待されるはずでしょ?全く別の作品としてならお前の言い分も罷り通るんだがなあ。うーん、、、結局ドラえもんの友人と同意見だな。ぶっちゃけ駄作・・・かな。
★★
From: むらさき(NO MAIL) 7月 10日(火)01時04分07秒
今回は、「なんで俺なんだよー。早くお家に帰りたいよー。」という悲哀が足りなかった。
★★★
From: 栗沢桃太郎(NO MAIL) 7月 10日(火)00時19分54秒
「馬鹿」もここまで徹底すると「芸」ですな。画面に映らないところで、いったい何人の犠牲者が出て、何人の家族・知人が涙を流したのだろう…などと野暮なことを考えてはいけないんですね。車ではねても死なないサイボーグのような敵たちを退治してめでたし、めでたし…って、素直に楽しみましょか。それにしたって、リアリティもスリルも今ひとつ足りないんでないかい?!
★★★★
From: GOMU(NO MAIL) 7月 9日(月)21時56分19秒
まぁ下の人と同じく笑えるほど不死身まぁタイトルがタイトルですから許します(笑)話が良くできてるとは言えないけどとにかくアクションの連続でダレるところがありません。次から次へと向かってくる困難をスマートに華麗に…ではなく馬力でなぎ倒して進んでいく姿は爽快です。ただ、1の様な作品を期待するとダメかもしれません。割り切って見ましょう。
★★★
From: フルーツ(NO MAIL) 7月 9日(月)03時03分08秒
笑えるほど不死身。マクレーンは既に人間じゃないね。初めから終わりまで爆風、爆裂のアラシ。形骸化してる。それでも、たとえば「007」を見に来て、今から2時間だけスカッとしたい。ってわかってればいいの。この映画をもし初めて見ていれば、楽しめたと思うし。なまじ最初の「ダイハード」で、人間ドラマとして大好きだったから、孤独に戦うマクレーンを期待しちゃうんだと思う。今回よかったのは悪役のマイ(マギー・Q)。しなやかな肢体を包む黒いスーツがよく似合う、クール・ビューティー。
From: ドラえもんの友人(NO MAIL) 7月 8日(日)18時34分46秒
1は神、2は傑作、3はどうしようもないゴミ、そして4は3と同等レベルの映画だ。スピード2やフラッド、はたまたハリケーンカトリーナなどに企画を潰されてきたダイハードシリーズだが、4の敵が『ハッカー集団』と発表された時点で、どうしようもない時代錯誤な映画が出来るとは予想していたが、ここまで荒唐無稽さを突き抜けた子供騙しアクション映画に成り下がっているとは思わなかった。シリーズ化に際して、前作よりも映画のスケールを大きくしようとするのは分かるが、事件舞台を全米規模にしたために物語の流れは散漫になるという3の愚挙を再び犯し、またそれがすご腕ハッカーがラップトップパソコンをピコピコすることで巻き起こすというお手軽なもののために、映画は何でもアリになってしまいリアリティゼロ!!(しかし、映画に出てくるGUIを操ってハッカー気取り君はなんとかならんのか?)ガス田を遠隔操作で爆破したり、戦闘機F35の無線に介入するなど絶対に不可能。(そんなことが数秒で出来るのなら、この映画のような大掛かりなパニックを犯人達が起こさなくても、銀行のコンピューターにでもハッキングでもすればいい)よしんば映画だからこれらの荒唐無稽さを全て許せたとしても、肝心のF35がホバリングしながら静止状態でバルカン撃ち、そのときに吸気口に石が入って自滅などというアホタレな展開を用意するのは観客を馬鹿にしすぎだろ。これじゃあ戦闘機を出す意味が、単なるハッタリ以外に思いつかないし意味ねーだろ。・・・この映画はこの事例のような、無意味さが要所要所に見て取れて、脚本家が本当に知恵遅れだということを見せ付けられる。(しかも、それをしてあの傑作2よりも素晴らしいとか抜かすヤツまでいる始末)本作というよりも、911以降のアメリカ娯楽映画は様々な人種・宗教を考慮しすぎていて、映画からリアリティを意図的に排除しすぎだ。テロリストもアラブ系は当然にNG、はたまたアジア系も迫害されている韓国系移民・アジア市場を気にして突っ込んだ描写は不可能ときている。まぁ核テロも、細菌テロも、占拠テロも、爆弾テロも映画じゃやりつくしたし残ってるネタはサイバーテロだけなんだろうけど、麻薬がらみの地元ヤクザ程度のスケールに映画をとどめ、もうちょっと地に足のついた映画に戻してくれ!!アクション映画でCGに逃げられても、緊迫感など微塵も生まれない。今の映画レベルがいかに下がってるか、教えてくれる駄作。
★★★★
From: さくらくん(NO MAIL) 7月 8日(日)13時21分09秒
タイトルそのままのダイ・ハードっぷりがすごかった! 話は1作目を超えることはできないのは当然としても、見せ場たっぷりで楽しめた。劇中、味方のコンピュータおたくがマットで敵方がトレイになってたのは、トレイ&マットからだろうか? 「サウス・パーク」でダイ・ハードネタをやってくれという制作者側からのメッセージかな? 彼らなら喜んでつくると思うよ。冒頭、重体になって病院に運ばれたジョン・マクレーンが生命維持装置につながれたまま、何年も生き続けてるとかね。で、例の悪ガキどもが「いいかげん死んでもらおうぜ」といって殺しに行く。でも、何をやっても死なないからおかしいなと思ってたら、キリスト様だった!ってオチ。・・つまらんか。ともあれ、ジョン・マクレーンこれからもがんばれ!(映画史上最大のダイ・ハード野郎ジェイソン・ヒーボースは超えられないだろうけど。えっ元々死んでるって?)
★★★★★
From: ピツ(NO MAIL) 7月 8日(日)12時35分19秒
1,2は面白かったけど3は、ワザとらしい感じで好きじゃなかった。で、今になって4。また、ヤラセっぽく作ってあるんじゃね?と軽い気持で見に行ったのがよかったのかいい意味で裏切られました。面白かった〜〜〜!!・ストーリーが実際にありそうな話でついていける。・テンポがいい、無駄がない。・ブルースウィリスが等身大なのもいい。・時々(あぁダイハードだ〜)と思わせてくれるところ。しびれます。最近の映画は、人気の映画でも見ていて、意味不明な時間帯がありワタシはその間、ガマンして見ているのですがダイハード4は、そのような時間帯は全くなくずっと身を乗り出して見てしまいました。
★★
From: ↓ブルース・ウィ「ル」スって(失笑(NO MAIL) 7月 8日(日)01時10分39秒
シリーズものは1を超えられないという格言通り期待外れでした。これでもかというアクションは流石なんだけど、シナリオのモチベーションが薄すぎたかな。あとマクレーンが強靭すぎてハラハラ感が希薄になってしまった気がする。3よりはマシ、1・2には及ばないって感じ。迫力は変わらずなので映画館で見た方がいいかもね。
From: 沈黙の駄作(NO MAIL) 7月 6日(金)01時27分18秒
悪役に華がない!主役が強すぎ。スティーブンセガールの映画みたいで萎えた
★★★★
From: もも(NO MAIL) 7月 5日(木)20時34分26秒
純粋なアクションでおもしろかった〜!!!!こういうシリーズもののかなり時間があいた続編は今までの雰囲気がぶち壊し!な感じもあるのだけど、そういうこともなくて良かったです。あんなに人を殺しちゃうテロリストなのに、娘さんはなかなか殺さないのね。(殺したらお話にならないのだけれど)
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 7月 5日(木)17時19分46秒
すごいアクションだった。ジョン・マックレーン不死身だね。ブルース・ウィルスが、ばてるまで、つつけてほしいね。ハッカー青年も、すごかった。
★★★★★
From: ゆーく(NO MAIL) 7月 5日(木)00時58分54秒
「ダイ・ハード」1作目を越えるなんてのは、ハナっから無理な話で、それでもここまで劇画チックなアクションをこれでもかと見せてくれれば、こちらは大満足。2時間以上の時間、飽きることなく楽しませてくれました。
★★★
From: なっかり(NO MAIL) 7月 4日(水)01時46分40秒
音響の整ったいい映画館で見て下さいぶつかる衝撃感が体感できると思います。24系列のアクション映画としてなら楽しめるかな。ダイハードシリーズとして観たら私はガッカリでした。マクレーン刑事がいなくても、ハカー青年とFBIの人のタッグで進めばもう少し知的なアクションになってたのでは?
★★★★
From: けーじ(NO MAIL) 7月 3日(火)23時57分09秒
あとさ、ジュラ3にも似た場面あったよ。ハッカーはネオそっくり
★★★
From: デイウォーカー(NO MAIL) 7月 3日(火)22時33分48秒
「16ブロック」を観た時、ウイリスもアクションができない歳になってしまったかと残念に思っていたのでダイ・ハードの復帰は素直に嬉しかった。前作以上にアクションをこなすウイリスになんの不満もありませんが、テロリストのインパクトが弱すぎた。サイバーテロでアメリカを混乱させる事はできるが、大勢の命を奪うような凶悪なテロを起こす訳でもないので、敵の恐怖感が感じられない。ダイ・ハードの醍醐味は、憎たらしい悪党を土壇場でぶっ倒して「イヤッホー、ざまみろー」と興奮できることだと思うので、今回はヘリを落とす時しかそれを感じられなかったし、今回の悪党は憎らしさが足りなかったと思います。戦闘機や爆発シーンなどのアクションはド派手になったが、それが爽快感に繋がらないのが勿体ない。
From: ヨシアキ(NO MAIL) 7月 3日(火)15時46分41秒
評判が良いので見に行きました。筋はフィフス・エレメント、マトリクス、スピード、トゥルー・ライズ、エネミ・オブ・アメリカなど似たシーンが出てきます。まさに、不死身のジョン・マクレーンと云うキャラを使用したゲームです。これでは正当なダイハードシリーズとは云えないです。 
★★★★★
From: リチャードまる(NO MAIL) 7月 3日(火)11時57分51秒
4作目にしては、かなり面白かったよ。とにかくアクションが大爆発!って感じ!ネタバレあり今日気付いたんだが、3と脚本が少し似てる。たまたま3をテレビでやってたから見たんがだ、ずっと二人で行動していく展開や、犯人と無線で罵り合ったりする部分は、3と同じだ。まぁだからといって面白さも同じかと言うと話は別で、3は正直嫌いな作品だが、4は脚本に無理な部分も感じずスムーズに見れただけでなく、テンポもいいし、何といっても「ムチャクチャだ」と思わず笑ってしまうほどのアクションが凄い。冒頭の銃撃戦に始まり、車でヘリを打ち落とすシーンは、見たことないような絵だった。最後のトレーラーと戦闘機のシーンは、少々トゥルーライズを思わせる箇所もあったが、ありゃ脱帽です。3ではダイハード特有の巻き込まれ型映画ではなくなっていて、犯人からの指名でくだらんゲームにつき合わされるというくだらない脚本だったが、4は巻き込まれ型映画に戻っていた、その巻き込まれ方も自然だった。マクレーンが連絡を取ろうとする上司も3は、ヒゲのバカ面したヤツだったが、今回のFBI責任者は頼れる感じで配役もいい。この監督よく知らないけどいい感じだと思う。ってまぁ3をダイハードと呼びたくない自分としては、3と比べる時点でちょっと違うか?しかし皆さんも言うようにキーワードとして「必死さ」や「市民刑事」というものがあったかというと、ヒーローとなってしまったマクレーン刑事がいて、必死さはあるが、超人となっている感は否めない。下のヨッシーさんの言うデジタルとアナログの対比というものも、確かに構図としては不足している。でもまぁ何だろ。あまりこだわって見ない人なら、かなり面白いと思います。☆おまけ
★★★
From: リオン(NO MAIL) 7月 3日(火)00時31分08秒
ダイ・ハード3を観たとき、「面白いがダイ・ハードではない」と感じました。そのダイ・ハード3までをもダイ・ハードシリーズと認めたとして本作を観たのですが、ダイ・ハード4.0は益々ダイ・ハードではなくなってました。ダイ・ハードの魅力は、それまでスタローンやシュワ演じるような超人的ヒーローの専売特許だったアクション映画を、市井の主人公の手に取り戻したところにありますが、本作のマクレーン刑事…スタローン・シュワ並みの超人になっちゃいました。刑事というよりも、兵士か傭兵のほうがしっくりくるくらいの破壊満載。アクション映画として見るべき点はありますが、ダイ・ハードではないなぁ…リアルな主人公が売りのシリーズで、「トゥルー・ライズ」と一緒のアクションやっちゃうし…むしろ「16ブロック」のほうが、老いたマクレーンっぽさを感じました。
From: ヨッシー(NO MAIL) 7月 2日(月)23時11分25秒
つまんなかったです。”ダイハード”を見に行ったつもりなのに全く”ダイハード”を感じることができませんでした。まるでその他のありふれた刑事ものでも見ているような気分。展開もごくありふれたものだったし退屈としかいいようがありません。マクレーン刑事の親子関係もとってつけたようなエピソード。マクレーン刑事は究極のアナログ人間で敵役が天才デジタル人間という設定だったと思ったけど、その対比が全く感じられませんでした。「ざまあみろ、このデジタル野郎が!」ぐらいのこと言って欲しかったんだけどもな〜〜つまんないものはつまんないのだ
★★★★
From: ムーム(NO MAIL) 7月 2日(月)22時49分05秒
つまらなくはない。見る価値はある。でもアクション映画として100点な出来ではないかな。80点かな。お金はけっこうかけてます。ちなみに自分はダイハードファンじゃありません。トゥルーライズ楽しめるような人なら楽しめるよ。人間って設定なのに超人なみの強さって事で。
★★★
From: エレクトロニカ(NO MAIL) 7月 2日(月)21時42分50秒
規模が大きいのはよいとしても、肝心のマクレーンのアクションは減退したのかな・・・。最近のアクション映画はもっとすごいですからね。インパクトはイマイチかな。これまでの作品は、正義感に伴い妻を救いたいという切実な思いが共感を得たと思うのですが、今作品においては前半は正義感のみで行動していることが、どうも感情移入しにくかった原因かなと思います。このシリーズの肝は「必死さ」であると思っています。危険に慣れてしまい、また既に「英雄」であったマクレーンにあまり魅力を感じませんでした。
★★★★★
From: DR.ZERO(NO MAIL) 7月 2日(月)21時31分47秒
このシリーズはすべて映画館で観ている。どれもテンポがいいので観ていて楽しい。新作になるほどヒューマンドラマとしての見せ場が少ないと感じるのは時代の流れを考えればそれほど気にはならない。溢れんばかりの多くの情報からより洗練されたものを消費者が追い求める、いわば要求度の高い時代。その期待に答えるこれほど贅沢なアクション映画を気軽に観られるというのは恵まれた時代だと思う。
★★★★
From: こりん(NO MAIL) 7月 2日(月)18時45分35秒
面白かった〜。でも何かが足りない感じ。やっぱホーリー?自分としては、1>2>4.0>3 です。ネタバレ敵〜、マクレーンをすぐ殺せるチャンス2度もあるのにすぐ撃てよな、何を躊躇する、と思わせないようにしてほしかったかな。
★★★★★
From: ホリー(NO MAIL) 7月 2日(月)13時55分29秒
たしかに「24」を連想する場面がいくつもありましたが 面白かったから許します。
★★★
From: GAM(NO MAIL) 7月 2日(月)11時07分49秒
経験豊富、大物テロ犯罪をことごとく潰してきた刑事に睨まれたのが悪役達の運のつき、マクレーンの悪運の強さには誰もかないません。あしからず。という映画です。
★★★★
From: まるつき(NO MAIL) 7月 2日(月)07時52分00秒
こいつ・・・不死身?そんな感じです。笑いながら観れるアクション映画は少ないのでは?と、またちがうスイッチで鑑賞;結構抑えたつもりだったが、隣の観客の方スミマセン。。テナ感じの映画。
★★★
From: かめいえりー(NO MAIL) 7月 2日(月)02時25分01秒
(ネタバレ注意!!)トンネルまでは星6点。そこまではダイハードシリーズを踏襲していて超興奮。しかし、その後が他作品のしょうもない所だけをパクった感じ。非現実的すぎて「どうだすごいだろ」的空気にも素直に納得できない。ストーリー的にも3の劣化版にしか思えない。国家機能の麻痺程度じゃ緊迫感が生まれない。個人的にはホリーと離婚してるのがショックすぎる。今までの3作は何だったんだと言いたい。腕の刺青も見たかった。
★★★★★
From: momo(NO MAIL) 7月 2日(月)01時52分55秒
ジョン・マクレーン健在!(泣完全に禿げ上がっちゃったけど、相変わらず無茶苦茶しますね彼は。自分は、シリーズ一作目で映画にハマっただけに、またスクリーン中で観れるなんて本当に嬉しい!何も考えずにでっかいスクリーンで観るべし。
★★★★★
From: トラビス(NO MAIL) 7月 1日(日)21時51分14秒
これぞアクションムービー!つべこべ言わずに黙って見なさい。イピ・カイ・エー!!
★★
From: time(NO MAIL) 7月 1日(日)20時36分42秒
やっぱり、無理がありすぎ。見ていて、ウンザリしてきた。もうちょっと、ひねりが欲しかった。
★★★★
From: くまごろう73号(NO MAIL) 7月 1日(日)06時19分51秒
[ネタばれあり]うーん、、、。序盤でテロ組織がハッキリと声明出さないのがなんとも。結局金なんだけど、それをカモるための巨悪なウソ声明でそれに翻弄されるマクレーンって感じでなく、組織は恐怖をあおるだけあおって、なんとなく進行します。どことなく、24と似てるような、、、。でも久しぶりにブチ切れウィリスの演技(トンネル道路のパトカー発射前)観れたので☆一つ足しておきます。
★★★★
From: no(NO MAIL) 7月 1日(日)04時48分20秒
今回のマクレーンはまさにアンブレイカブル。敵キャラの中ではターミネーターのようなヤツがお気にいりです。あの動きは見てて気持ちいい。
★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 7月 1日(日)00時12分27秒
ド迫力の映像満載で、大きなスクリーンの劇場で観るのに適した作品です。CGという技術の素晴らしさを感じます。アナログな主人公とハッカーの組み合わせが楽しいです。主人公と戦闘機の対決は、やや醒めてしまいました。このシリーズは全て観ていますが、1は映画史に残る傑作で☆5つ、2,3,4は☆3つです。順位を付けるなら、1>4>3>2になります。4は、観て損はない出来には仕上がっています。
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 6月 30日(土)22時53分17秒
1が大好きで、2,3が嫌いな私ですが、4は面白かった!1>4.0>2 3 という感じです(主観)人間的刑事マクレーンにまた会えたという喜びと、脚本、アクションの面白さ事前にトイレを済ませていたにもかかわらず、また行きたくなったのですが、マクレーンVS戦闘機なんて始まってしまったので、必死に最後まで根性で我慢するほどの面白さでした
★★★★
From: コジロー(NO MAIL) 6月 30日(土)01時24分56秒
うん、面白かった。とにかく「やり過ぎ」とも思えるアクションのてんこ盛りは、最後まで飽きさせない。伏線とか裏とか、そんな細々しいことはどうでもいい。とにかくこれだけのアクションを考えた想像力に拍手を送りたい。「ダイハード」というタイトルを汚さないために、これでもかと盛り込んだだけの価値は感じるというものだ。ストーリーはすこぶる分かりやすい。こんなに簡単に実態がばれるサイバーテロがいていいのだろうかというくらい、まどろっこしくない。しかも敵は実戦でも異常に強い。全て、アクションを楽しんでもらうためである。久々に打ち上げた花火は、変に芸術性を求めるよりも、この方向で正しいと私は思う。最後はちょっとだけあっさり?でも、マクレーンらしいかな。
★★★★★
From: re\born(NO MAIL) 6月 30日(土)01時07分21秒
酷評する人はこの映画に何を期待しているのだろう。1と比較する人が多いが、1と似たような舞台設定(限定された空間、妻が人質など)で映画化しても恐らく二番煎じの出来になっていたのではないか(もしくは既視感があったのでは?)。 私がこの映画に期待したのは、ジョン・マクレーンというキャラクターの魅力だ。その点では、同伴のハッカーや娘、敵とのユーモアを欠かせないやり取りはとても楽しませてもらった。さらに危機を乗り越えるアイデアがぶっ飛んでいて、それがユーモアになっていた。もう漫画の世界だが、これは娯楽映画。それでいいのだ。情報テクノロジーをテーマにしたのも良かった。マクレーンのアナログ的発想との対比が良い。とにかく、10数年ぶりにマクレーン刑事に劇場で合えた事を感謝したい。
From: えなけん(NO MAIL) 6月 29日(金)23時17分29秒
シリーズ最低です。なんだか人間離れした奴が多くて、途中ターミネーターの続編を見に来たのかと思ってしまうぐらいでした。大体、タイトルの『.0』てなに?
★★★★
From: けんどー(NO MAIL) 6月 29日(金)19時53分39秒
※内容に触れています派手でインパクトはあったが今ひとつだった(ハーレムで黒人を罵倒するプラカードぶら下げさせられたマクレーンには笑ったが)3よりは楽しめた。単なるマクレーンの英雄モノとしてだけでなく、マクレーンの生き様を目撃し理解していく若者の冒険譚としても楽しめるよう重層的なものに映画を構築したのはシリーズのマンネリ化を防ぐという意味で面白い試みだと思う。残念なのは明らかに不必要な破壊シーンが増えたことと、ご都合主義的なところが散見されたことかな。
★★
From: たけ(NO MAIL) 6月 28日(木)01時24分31秒
期待し過ぎたのかあまり楽しめませんでした。マクレーンがあまりにも貫禄があり、対処がこなれているため前シリーズようなハラハラドキドキ感がなくなっていた気がします。アクションが派手で迫力はありますが、ダイハードの続編ではなく別タイトルの新作アクション映画を観ているようでした。マクレーンが如何に不死身かというのをアピールしているだけでストーリー、登場人物に魅力を感じませんでした。ダイハードの大ファンであり続編を観るのを何年も楽しみにしていたので辛口な評価で申し訳ありません。隣にいたダイハードファンらしき年配の方も派手なだけでイマイチだと言っていました。この映画はダイハードに思い入れがあるかどうかで評価が分かれそうな気がします。
★★★★★
From: ぴっける(NO MAIL) 6月 27日(水)12時53分29秒
金曜の夜、前夜祭で見て来ました。なんで4.0なんだろう?とか今さら本当に「ダイハード」なのか?とか懐疑的ではありましたがひっさしぶりに見ごたえあるアクション映画でした。しょっぱなから一気にいきますからね。期待以上に盛り上がってしまいました。前半は完璧です。後半はちょっとだれるし、かなりマンガチックになりますが…ユーモアも含めて、このシリーズに外しナシ、です。無敵すぎるのも気になるけど仕方ないか。絶対もう一回見ると思います。
★★★★
From: ひろ(NO MAIL) 6月 27日(水)00時24分00秒
死んでも死なない男が帰ってきた!オールドファンには待望のダイ・ハード4。内容もサイバーテロで今っぽいし またド派手なアクションもいい。しかし年数が経って同じようなアクション映画も増えたせいか あの1作目のドキドキハラハラ感が感じられなくなったのは自分だけなのでしょうか?テロの悪役ももう少し怖さみたいな迫力が欲しかったような気がしました。何故か先行ロードショーでは、年配の方が多く20年前 きっと今の奥さんと手に汗握りながら観たりしてたりしたのかな〜などど思って楽しんできました。
★★★★★
From: SAG、カビ臭いロック、マシュマー・セロ、機関車トーマス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド大好き!、世界一 運の良い男、ドヴォラック・サジェンスキー、ピーポくん(NO MAIL) 6月 25日(月)23時43分38秒
最初は、ダイハード4が待ち遠しい反面、完成度の低い作品になったら嫌だなぁ・・・と何年も心配でしたが、出ては消えの繰り返しだったダイハード4の企画が遂に発動し、期待と不安を胸に6月23日劇場へ足を運びましたが、心配は杞憂に過ぎず大満足でした!観賞前は100点中、70点ぐらいあればいいかな?程度の思いでしたが、120点を付けたいぐらいの練り込まれた脚本に、ただただ圧倒されるばかりでした。これはダイハードの歴代シリーズでも、1.2を争う出来だと思います。最初のFOXロゴが停電する演出も、このシリーズでは初の試みですし、最初からグイグイ引き込まれてしまいました。個人的に本作品は、ダイハード2、ダイハード3を確実に凌駕したと思います。私は1.2.3ともにスクリーンプレイの本まで買うほどのダイハード・ファンでして、細かいセリフまで研究している程ですが、今回の作品は小説版にも かなり忠実で、鑑賞前にノベライズを読んでおいても いいと思います。今回のテロリストであるガブリエルは、自身も元は国家側のサイバー犯罪対策を提唱する程、ITに精通した人物だったのですが、意見が聞き入れられなかったので、実際に自ら国家に恐怖を体感させるべく一連の犯行に及んだという、機動警察パトレイバー2の柘植行人のような犯人像ですが、そのままだとテロリスト側に共感する観客も出てくるため、その目的に金銭も含め、娘の拉致など非道な手段を講じさせて「倒すべき敵」だと観客に認識させるなど、アクション映画として気持ちよく見れるようになっています。これでもかというぐらいアクションシーンが盛りだくさんで、しかも全体に程よく分散させてあるので、1つ1つのアクションシーンに集中して楽しめるなど、観る人の事を考えて作ってあると感心しました。最後、マクレーンにガブリエルが倒される場面が小説版を読んでないと少し分かりにくいのが難点ですが、片方の奴をマットが撃つなど、初代ダイハードのパウエルを思わせるシーンまでありました。全体的に過去作品のオマージュシーンも数多く入っており、単体でも楽しめるけどこれまでのシリーズを観ておくと、もっと楽しめるような親切設計になっています。(個人的に、奥さんのホリーが写真でですが登場した事が嬉しかったです。)中盤のマクレーン VS マギーQ戦は、めちゃくちゃ面白いので観てのお楽しみです!ダイハードマン対ダイハードウーマンという感じで、このシーンだけでも元は取れます。また、最後にシリーズ初?とも言える「恋愛シーン」が挿入されているせいで、大変微笑ましい終わり方になっていますし、過去シリーズで使われた楽曲の一部も劇中で流れる等、ファンへのサービスも忘れないというサービス精神が徹底してます。ダイハード4は一緒に行った友人も全員大満足で、劇場から出た瞬間に「名作や!」という評価が飛び交い、「次はいつ観に行く?」と早速リピートの話が出たほどです。まだダイハードを観た事が無い方は、騙されたと思って一度観に行ってみて下さい。ここまで興奮できた映画は、「スターウォーズ エピソードIII・シスの復讐」以来です。ブルース・ウィリスさんに頑張って頂き、ダイハード7ぐらいまで作って欲しいです。今回は、こんな素晴らしいアクション映画を鑑賞出来た事を大変嬉しく思いました。
先週、大入りの中で観てきました。本シリーズは1作目から観ていますが、4は1作目に勝るとも劣らない出来だと思います。色々と議論されていますが、要は何をそれに求めるか?というだけの問題でしょう。一緒に連れて行った友人も今回の4でダイハードを気に入り、過去作品を1つ1つチェックし始めたようです。公開以来、職場でも休憩時間にこの映画の話題が出る事が多々あります。やはり時代にマッチした内容と見せ方の上手さが一般層に評価されたのでしょう。どらえもんの友人氏は、まるで本作品が認められ、評価される事は許さんような態度を取っておられますが、別にダイハード4が存在する事で貴方に何か迷惑を掛けている訳ではないのだから、必要以上にコキ下ろす必要はないと思いますが…。娯楽映画なんだから、変に過去作品の呪縛やお約束に縛られる事なく、新たな境地を切り開くという挑戦姿勢は評価されるべきだと考えます。「閉鎖空間」を始めとする、構成要件みたいなのが劇中にないというだけでやれダイハードじゃないやらと酷評する人がいますが、それならば最新作で過去作品の焼き直しがなされていれば認めるのかという話になってきます。このシリーズは右肩上がりの成績ですので、興行面も考えた作品づくりが監督の双肩に課せられて来るわけですが、実際に口コミで好評価が広がり普段映画を見ない人までも劇場に足を運ばせた功績は大きいと思いますよ。
ここの評価を見ていると、「ダイハード」に固定観念を持っている方が散見され、結果的にそれが鑑賞の邪魔をして、この傑作を楽しめてない方がいるようですね。初代にある条件を全部揃えたところで「二番煎じ」と批判されるに決まっているので、本作のような割り切り方は大歓迎です。私は本作をレイトショーで鑑賞しましたが、レイトショーにも関わらず150人超の人だかりで、劇場には大変な熱気がありました。終劇後の観客の様子も概ね好評だった様子で、口コミで人が集まっているようです。またアクションだけに留まらず、カトリーナの被災対策が不十分な米国政府に対し、マットのセリフを借りてチクリとやったり、テクノロジー依存症の社会への警鐘を鳴らす意味合いで、初の警察庁タイアップ作品となった社会的な面でも評価ができます。ドラえもんの友人氏などは、本作を「駄作」と酷評しているが、それならば是非ともダイハード5の監督をして頂き、本作以上の作品を撮影して欲しい。現実的に不可能な事が劇中にあれば全部駄作になるのなら、同氏が絶賛する2でも地上から飛行機に電話したり、飛行場滑走路下に地下通路があるなどありえない描写がなされているのだから、駄作という評価になる。SFのスターウォーズなどに至っては、存在自体が否定されねばならなくなります。いずれにせよ、公共の映画評価板で「知恵遅れ」などという製作者に対する侮辱罪に相当する言動を取るというのは問題があると思いますよ。
長蛇の列を並んでチケットを購入し、鑑賞してきました。列の人の殆どがダイハードの券を買っており、本作品の大人気さをいきなり見せ付けられた気がしました。右肩上がりの興行成績を収めているシリーズなだけに、この劇場内の熱気はさすがだと感じました。テンポ重視の内容で、ある意味 初代を越えていると思います。アクションシーンの見せ方が格段に上手くなっている。特に秀逸なのはトンネルのシーンで、鑑賞時には背筋に電流が走りました。車がスピンして手前にブッ飛んでくるシーンと柱へのトラック激突、とどめは車発射でヘリ撃墜と、見せ場に次ぐ見せ場で大興奮でした!このシリーズおなじみの敵の親分と通信でなじり合うシーンも健在で、ガブリエルを怒らせ、「今の作業が終了したら、全力でお前を倒す。一騎打ちだ!」と言って敵が通信を切るシーンなど、とても良かったです。後半でマクレーンが寒いダクト内で「墓碑銘を考えておけ」と親分を挑発し、親分が最後でちゃんと覚えてて「墓碑銘は、常に間の悪い時に〜」と言うシーンは、初代ハンスの「君の言葉を借りれば〜」の嬉しいオマージュですね。>画面に映らないところで、いったい何人の犠牲者が出て、それを言ったらウルトラマンだって瓦礫の下で犠牲者が…。トンネルでスピンしてきた車の中にも犠牲者がいるのですが、そんな事は全く考えさせないシーンになってるのは流石です。>サイボーグのような敵…って、密かにマギーQとシリル・ラファエリだけだと思いますよ。ヘリに乗ってたヒゲのオッサンは水流が当たって高所から墜落死しましたし、トーマス・ガブリエルはパソコンは上手ですが、決して肉体的に強い訳ではない。またエマーソンだって腕が太く強そうですが、娘とマットに撃たれましたしね。
あまりの名作さに、劇場で5回も観て来ました。友達も2.3回観ており、リピーターを生むほどの面白さ&完成度があると感じております。シリーズのファンとして、マクレーンがここまで立派に成長してくれた事が嬉しいです。最初のマシューのマンションの廊下に出た際の音楽が1からずっと使用されている曲を聞いて、あぁダイハードを観てるんだなぁ…と往年の熱気が蘇りました。基本部分はしっかりと押さえつつ、アクションは更に迫力を増し、サイバー犯罪という現代の問題や社会問題も随所で提起しつつ、しっかりと楽しめる一級の娯楽作品に仕上がっているのは見事です。後発のシュレックを押さえ、観客動員1位に輝いているのも頷けます。これまでのダイハードは、1の合唱、2のフィンランディア、3のジョニーが凱旋する時と、名曲の借り物で作品独自のテーマ曲はありませんでしたが、本作で初めて「♪ LIVE FREE OR DIE HARD」というテーマ曲が入り、ガブリエルのテロが拡大していくシーンなどで演奏され、シーンを盛り上げてくれています。特にアメリカ建国の父であるジョージ・ワシントンの銅像ショットに続き、ウォール街の証券取引所が大混乱の坩堝に叩き込まれるシーンへの流れは、これまでの作品には無いセンスです。あのシーンだけで建国以来の大惨事が起こったという事が表現されていると感じれます。本作品は、ダイハードも遂にここまで来たかと思える屈指の名作ですね!
今までのダイハードで一番面白かったです!全編にオマージュシーンが散りばめられていて、これまでのシリーズを観た人は更に楽しめる作りになっています。何と言っても話のテンポが良く、仕事で疲れた後にレイトショーで観たのですが、爽快感で疲れが一気に吹き飛びました。マクレーンが冷静沈着なテロ主犯のガブリエルを「ありがたい申し出だが…パスするぜ、ゲス野郎。」とか色々な言葉で挑発し、序々に敵の鉄面皮が剥がれて行く展開はダイハード3の「残念!ニルスはくたばった、お友達もだ! それと銀行に残してきた旧東ドイツのご一行様だがな…奴らも来ないぜ。」に匹敵する痛快さです!1でハンスがマクレーンの挑発ゼリフを最後に反復するシーンも、今回は「舌を抜かれたのか?」というシーンで再現されていました。マクレーンが冷却ダクトの中でランド戦を迎える前に主犯格へ「墓に何と掘るか考えておけ」と無線で挑発したのをガブリエルがちゃんと覚えていて、「墓にはこう刻もう〜」とダイハード2のグラントのセリフを続けるシーンなどにもシリーズの息吹が生きています。これだけ4作目がスゴいと、今からダイハード5に期待してしまいます。
先日 家族で観に行きましたが、子供にも大好評でした!ダイハードは3の大成功でシリーズ化への布石を得たシリーズですが、本作は1〜3までの良い部分を抽出してテンポを良くしたような感じになっていると思います。妻は、マクレーンが一連の事件を通じてマットと心を通い合わせるくだりを気に入っており、「勝ち目が薄いなら助ける」と助手席に乗り込むシーンに感激していました。以前に、ダイハード4の企画がティアーズ〜だった頃、マクレーンの娘がジャングルに拉致される話があり、ダイハード4は密林で戦う話だという案もあったようですが、現代事情を踏まえたサイバー犯罪を題材にする事で、より現代にマッチングした内容の映画になったと思います。話の規模も過去最大で、犯人がアメリカの首都ワシントンDCの交通網を麻痺させ、上空のヘリからの俯瞰ショットのシーンがあったのには背筋が震えました。まさにダイハード作品は国家側も撮影に協力的な国をあげての映画だと感じました。愛情が欠乏してそうな若者が、マクレーンとの間で父子の関係に近いものを得、娘にも恋するホットな描写はシリーズ初ではないかと思います。★5つでも全然足らない傑作です!
昨日のレイトショーで見てきましたが、公開からこれだけ時間が経っているというのに、ギュウギュウ詰めの大入りでした。また鑑賞者の世代も偏っておらず、年配の方から若者まで様々でした。内容は大満足で、シリーズ最高傑作と言っても差し支えないです。アパート襲撃シーン以降、手に汗握るシーンの連続で大興奮でした!トンネルのシーンなども見事なアイデアのスペクタクルシーンだと感じました。あの場面はシリーズ中でも屈指の名シーンでしょう。また噂の対マギーQ戦も、屈指のアクションで目を見張るものでした。BMWの最新セキュリティーを利用して、ドロレスとの交信で見事にマットがマクレーンに父性を感じている事を告げつつ、エンジンをかけさせるシーンは見事でした。そういう過程があってその後にウエストバージニアでのドライブシーンでの会話が効いてくるので、ここらの手腕は見事です。初代ダイハードのダメオヤジがこれほどまでに成長したというのはファンとして嬉しいですね!F35を撃墜後、高速道路の割れ目に滑り込んで爆風を回避するシーンは最高のギャグで、大いに笑えました。最後にボスと一騎打ちする場面ではちゃんとダイハード1と同じような構図になってて、1と同様にラスボスがマクレーンが冷却ダクトの中で言った「墓石に何と彫るか考えておけ」なるセリフを覚えてて、「常に間の悪い時に間の悪い場所にいた」と返す辺りガブリエルの記憶力の良さが現れています。マクレーンも自分ごと敵を撃ち抜いておいて、その後に割と普通に会話しているのがダイハードですね。(笑)
これは間違いなくシリーズ最高傑作でしょう。監督がファンだというのが、作中に散りばめられた愛着ある面白いオマージュ群からも伝わってきます。ここまで完成度の高い作品になっているとは、想像できませんでした。・マットのアパートでの戦い → 閉鎖空間のダイハード1・マットを護送中のヘリとの戦い → NYが舞台のダイハード3・発電所内での武闘派マイとの戦い → ダイハード2のスチュアート戦・発電所内でのガブ通信への反撃 → ダイハード3「ニルスはくたばった!」・「舌でも切られたのか?」発言の反復利用 → ダイハード1のハンスその応用「墓碑銘を考えておけ」 → ガブ「世界一ツイてなかった運の悪い男」・ラストの一騎打ちで敵が残り2人になる。 → ダイハード1あと娘が父親と同じ敵の倒し方する部分(足を撃つ)と要求受諾を娘から言わせようとしたガブリエルが、「敵は5人よ。」と言われて呆気に取られるシーンなどは、モロにダイハードっぽい場面に仕上がっていると感じました。是非ともダイ・ハード5まで一気に続編を作って欲しいと思います。警察庁連携作品だという部分もポイント高いですね。ダイ・ハード4.0のDVDも11月7日に超豪華仕様で発売だとの事です。ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組)ジョン・マクレーン…ブルース・ウィリス(野沢那智)/(樋浦 勉)
★★★★
From: M(NO MAIL) 6月 25日(月)23時21分57秒
2作目の後でしたら、もう少し辛めの採点でした。期待以上でもなくそれ以下でもなく…でも、払ったお金の価値以上は十分にあると思います。以下ネタばれかな?荒唐無稽とリアリティのバランスが崩れているように感じました。特に、F35が出てくるところとか…時代の流れを考えれば仕方が無いことなのかなぁちょっと残念でした。
★★★★
From: rinrin(NO MAIL) 6月 25日(月)21時06分14秒
 すごいアクションで息もつかせぬノンストップムービで、2時間楽しめました。 でも何か物足りなさもあった感じの映画でした。 007のよアクション 
★★★★
From: マギーQ(NO MAIL) 6月 25日(月)14時43分00秒
す、凄すぎる!!!ど迫力、スリル満点、ノンストップムービー!!マックレーンよ〜!不死身過ぎ!!有り得ない出来事の連続で、思わず笑いが出てしまいました。まるでアニメの様!映画館がフルに使われている作品なので、スッキリしたい方にも是非。さすがレン・ワイズマン監督!!
★★★★
From: ロンリーウルフ(NO MAIL) 6月 25日(月)12時45分10秒
前作から12年ぶりの新作。何を今更と思いつつ、先行ロードショーにて鑑賞。CGでどんな映像も可能となったとはいえ、CMで流されているカットなどは大迫力。ただ見せるだけではない迫力の映像と相変わらずよく練りこまれた脚本で観る者を惹き付ける作品でした。ただ、主人公マクレーンはニューヨーク市警の一刑事。巻き込まれた事件とはいえ、あれだけ行動範囲が広がることの違和感と話が散漫になってしまった点は残念でした。ただ、シリーズの通じても面白さは期待を裏切らないだけのものがあると感じました。シリーズのファンの方は、是非音響設備の良い劇場の大スクリーンでご鑑賞ください。