ゲゲゲの鬼太郎

満 足 度
39.5%
回答者数24


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★
From: さくらくん(NO MAIL) 7月 7日(土)03時38分33秒
まあ、こんなものでしょう。妖怪は何故か最後に踊る・・何故?! 井上真央はいいな。彼女の泣き顔見たらこっちももらい泣きしそうになったよ。いかんいかん。田中麗奈の猫娘はノーパンなんだよね!? 下の毛ぼうぼうだからパンツはく必要がない。鬼太郎が前髪を手でよけるシーンが気持ち悪かった。お前は鬼塚か!(鶴ちゃんのセコンドで試合中同じ仕草してた人って説明付きかよ!) 鬼太郎は『呪怨』の目の周りが黒い子供がやっったほうがよかったかな?
From: となりのとろろ(NO MAIL) 6月 6日(水)21時50分22秒
とことんつまらなかった。まずキャスト選びがダメだろう。顔だけで選ばないでってば・・。主役の演技もあの程度!?・・映画として認められないよ。話もダメだ。映像に関してはCGに頼りすぎだと思う。アクションもしょぼすぎ。つまらん。
From: アップル(NO MAIL) 6月 1日(金)00時20分44秒
なんでこんなの作るかなと、思いながらも行ってしまったうん、おもしろい!
★★★
From: 凛々(NO MAIL) 5月 30日(水)22時04分36秒
ウエンツ君が思ったよりかっこよかった。物語はおいといて結構いい出来だったと思う。さいしょは、もっといいひょうかだったけど、それからパイレーツをみたので、やっぱりひょうかはちょっとさがりました。もうちょっと日本映画にはがんばってほしいですね。←せっかくがんばっているのだから。でも一つききたいんですけど、みなさん面白くないといいながら見にいきすぎじゃないですか?映画ランキングでも堂々の2位。総収入も妖怪大戦争を抜いて1位。でもこういうけっかになるのは、陰に隠れて応援している人も多いのではとおもいます。20億超えはっびくりしました。ていうか私の地区では、スパイダーマン3とほぼおなじくらいのにんきでした。それと映画館で流れてる宣伝カッコよすぎ。好きな人はせんでんみたらみたくなっちゃいますよね〜
From: MAT(NO MAIL) 5月 23日(水)11時48分14秒
ウエンツの顔だけで高得点??・・・映画の評価じゃないよ皆さん。純粋に映画としてはあまりにお粗末
★★★★
From: ゆうすけ(NO MAIL) 5月 22日(火)22時26分56秒
映画としては★3つだけど大泉洋にはやられました。彼は最高のエンターテイナーですね。あれはもう大泉洋ではなくてねずみ男なんじゃないかと最近疑っています。この映画はキャストが全てはまり役なのにそれ以外は「うーん・・・」といった具合です。鬼太郎の戦闘シーン少なすぎだし、鬼太郎ってこんなキャラだったっけか?もっと万人に対して優しいイメージだったのにウエンツそのままじゃねぇかよ!みたいな。まぁとにかく大泉洋ばんざい。
★★★★
From: ロンプー(NO MAIL) 5月 16日(水)01時03分54秒
中1の娘と見に行き、二人でウェンツくんのカッコ良さに惚れました! 話も充分楽しめましたけど、皆さんが言うほどダメダメな脚本なのかな???まぁこの映画に満点を入れる人の気が知れないというのは確かだけど。
★★★
From: リオン(NO MAIL) 5月 15日(火)00時56分49秒
ねずみ男が本物だったので(笑)、★一つ。他のレギュラーキャラも良かったので、★一つ。西田敏行に、★一つ。つまり、キャラクター陣は満点。逆に、ストーリーは全くの無星。それがこの映画。序盤で建設してた「あのよランド」って何?そもそも、今時テーマパーク作って開発進めるバブリーな設定って一体?(夕張市とか、それで失敗したんですけど…)姉弟の父親はなぜ死んだのか?祟りなのか何なのか?妖怪石のパワーって、結局なんだったの?キツネはそれを得ると、一体どうなるというの?盗んだ「妖怪石」の在り処を白状させないまま、処刑執行はありえんやろ?何の疑問にも答えないまま、物語はどんどん進んでいきます。ラスト、キャッチボールのシーンで「まさか、これで父親が生き返るみたいな、恥ずかしい脚本書かんよなぁ?」と思ったら、案の定。もう最悪。せめてこれがなければ、もう一つ★増やしても良かったのに…
From: ブタ親父(NO MAIL) 5月 14日(月)01時10分34秒
ひどい。ひどすぎる。ネズミ男と猫娘、砂かけ、子泣き、それぞれにキャラたってることは認める。だけど退屈すぎる。感動も無い。CGや戦いも迫力がなさすぎ。朝観たアニメ鬼太郎のほうが迫力あった。子供に対し笑顔で「面白かった?」ときいたら、つまらないと言われた。うちの子は感度悪いのかね。
From: ネコバ(NO MAIL) 5月 12日(土)14時06分21秒
異様なほどにキャラが立ちまくっているネズミ男を始めとして、この作品には見るべきところがないわけではない。しかしこの映画は、そういう数少ない美点すら吹っとばしてしまうくらいストーリーの立て方が酷すぎる。この作品は、さも妖怪石の奪還を目論む狐たちが悪役であるかのように仕立て、観客が人間、あるいは鬼太郎側に感情移入するようにストーリー構成されている。しかし脚本の上で筋が通っているのは、実はこの狐たちの言い分の方。この石によって彼らが人間を支配しようとしている等の理由付けがされているため、一応は彼らがよくない存在であるかのように示されてはいるものの、本来ならあくまでも自分達の都合で石を返さない人間側に非があるはずだ。そういった意味では、今回は鬼太郎が一方的に人間に荷担する理由はどこにもない。あくまでも鬼太郎は、石を返すよう少年を交換条件などつけずに説得すべきではなかったか。また天狐(小雪)の言葉を含め、作品中で人間側の立場で語られる言葉は、余りにも自分本位で身勝手だ。特に死んだ父の黄泉の国での言い分には、甘えとその手前勝手な内容に、聞いてて正直ハラが立ってきたほど。この展開を認めるなら、「自分達の私的な利益や都合のためなら、他者にどんな迷惑をかけても構わない」と言ったことになりはしないか。いや、自分もそう言った考え方が全て悪だとまでは言うつもりはない。それがよくないことだと知りつつも、人としての感情に負けてそう言った行動をとってしまうということは、映画的にはアリだろう。それはそれで、人の心の弱さを表現することにはなる。しかしこの親子からは、そう言った罪悪感のようなものは一切感じられない。それどころかこの作品では、そのような行動が如何にも美談であるかのように描かれる。こういう展開にしなければオチがつかないと言うのであれば、それは作品の元々の設定自体に問題があったということだ。この一点において、自分はこの作品に対しプラス評価をすることは出来ない。「ファミリー向けに作ったらストーリーが安直になってしまった」程度のことなら別に構わないが、この作品については、脚本を書いた人間の「何を是とするか」と言う部分に大きな疑問を感じる。現代風にキャラを変えざるをえなかった鬼太郎を含め、今の日本では妖怪たちの活躍する脚本は、もはやこんな形でしか作れなくなってしまったということなのだろうか。
From: 鬼太郎列車(NO MAIL) 5月 12日(土)00時38分33秒
内容が薄っぺらい。B級映画。金返せ。最近の映画監督は自分でストーリー考えられんのか。それにしても過去のヒット作品や小説、漫画のリメイクやアレンジばっかり。日本映画も終わったって思いましたね。
★★
From: けいや(NO MAIL) 5月 6日(日)23時38分18秒
わりと笑えました。ネタバレあり個人的には子ども達より万引きなどの犯罪に手をそめる親に見て欲しいなあと。それとか子どもがわずらわしく思う親とかネグレクトしてしまう親などに。世間に対する警告なども分かりやすくて、ほうと思いました。ウエンツはだるそうに無口でいるとわりとモテるのではと感じました。
From: ぶるまの乳(NO MAIL) 5月 6日(日)16時38分26秒
京極夏彦もがっかりしていたらしい。下下下の着たろうのはzなのに、ぬりけべが登場してこないし、いいの、そんなんで。おならも連発して、そんなことで受けちおってどうする。くそ映画。
★★★★
From: 崖・プチ犬(NO MAIL) 5月 6日(日)14時08分08秒
最高に楽しいGW祭り映画でした。俳優陣もかなりのはまり役です。特に、猫娘役の田中麗奈ちゃんはかなりな物ですね。今でもあのダンスシーンが夢に出て来ます。ストーリーはつこみ所満載で、正直、鬼太郎の左目が有ったのにはズッコケましたし、落ちがメイ・イン・ブラック!?欧米か!?と声が出そうになりました。
★★★★★
From: darksider(NO MAIL) 5月 6日(日)01時32分02秒
うちの息子が初めてハマった映画。故に満点だ。
★★★
From: todo(NO MAIL) 5月 6日(日)01時14分45秒
キャスティングは成功していると思う。ねずみ男、猫娘、他の妖怪達もかなりはまっています。ウエンツは微妙かな、せめて左目はつぶっていてほしかったかな。ストーリーに難があるのが残念。敵が明確になっていないので、感情移入できないんだよね。狐たちも、ねずみ男も、ケンタくんも被害者なのか、悪人なのか?見ていて迷ってしまった。
From: ななろく(NO MAIL) 5月 5日(土)23時48分44秒
これはひどかったなあ。ほとんど見るべきところが無い。子供に受けるのもおならとかぐらいだし。そういうのはストーリーや見せ場がしっかりしてて、緩急をつけるために入るならいいけど、メインにしちゃだめ。
From: めめしいウエンツ、落太郎、下下下の亀太郎(NO MAIL) 5月 5日(土)03時00分22秒
アチャチャのウエンツストーリー上でも女々しい鬼太郎かつてこれほどなさけない鬼太郎がいただろうか?最後まで助けられっぱなしで活躍なし。これはないだろう。。。他出演陣がいいだけにくやまれるなー、鬼太郎がスカっと敵倒さないし、やたら弱いし、結局全部助けられてて、、、脚本に問題ありすぎ
やはりストーリーが中途半端。万人に受けようとしたのが仇となりどれも時間足らずな感じ。子供向けならもう少し各妖怪達を戦わせればよい。恋愛にしたいならじっくりヒロインとの繋がりに時間をかければよい。笑わせたいなら西田さんをもっと活躍させればよい。いくら企画ものとはいえコレだけの出演陣を揃え(主役以外)これはない、練るべきところはキチンと練るべきだ。見に来た小さな子供(小学低学年)達は恋愛モードや裁判モードで退屈そうでした。寝てたのも多い。次回作はしっかり方向性を決め作ってほしい。
活躍しない、ひたすらなよなよ女々しい鬼太郎になぜこんなにも評価が高いか後言えばやはり主役のウエンツの顔だろう。演技も子役以下、アクションも猫以下のウエンツでも、顔がみたけりゃありなんだろう。他の役者さんがいいだけに次回作は主役を変えて。
★★★
From: マウスマンに惚れた(NO MAIL) 5月 4日(金)21時37分08秒
メッセージがないのでストリーがねえ。その中でも、ねずみ男はいいですよ、大泉さんうまい。今後、あんな役回りじゃないいいのがくるといいですねねずみ男で☆3つですね
★★★★
From: まあ(NO MAIL) 5月 3日(木)19時28分32秒
正直、ウエンツ・鬼太郎があんなにカッコいいとは思いませんでした。一緒に見に行った娘も「鬼太郎かっこいい!」と大絶賛でした。ま、ストーリーはおいといて。(笑)
★★★★
From: ミツル(NO MAIL) 5月 1日(火)23時06分49秒
「妖怪大戦争」より軽くて、安っぽくて、心に残らない感じなんだけど、それでも「妖怪大戦争」より楽しめた。やっぱりキャラクターが皆素晴らしく魅力的ですね。シリーズ化もアリなんじゃないでしょうか。
★★★
From: つなみ(NO MAIL) 4月 30日(月)07時06分15秒
ストーリー展開は、もうちょっと丁寧に作ればもうちょっとちゃんとしたものになったと思う。 手をぬいたナーって感じ。 でも多分、子供には結構ウケるんじゃないかなとも思いました。子供って最低限の記号を貰えば、自分の中でイメージを膨らませて、勝手にストーリーを補完する能力や意外とちゃんと大切なメッセージを受け取る能力に長けてるから・・・今回の鬼太郎にはメッセージらしいメッセージはないけど(そこがまた、気楽に見れてイイとこでもある) 子供がイメージを膨らませるのに必要な最低限の記号は揃っているからこそ、手を抜いたな、って余計強く感じるのだけど。 個人的には、ミカ(ケンタのお姉さん)役の人、鬼太郎、ストーリー展開の順で力不足や詰めの甘さを感じました。・・・逆に言うと上記の二人以外はかなり演技の達者な人たちが多い印象で、ネズミ男やバケ狐達、ケンタ、輪入道、それこそ最初の地上げシーンで妖怪にからかわれてた親子みたいなチョイ出演の人たちまでかなり良かったです。特にケンタなんかは、かなり出ずっぱりの役なのに見苦しい感じもなく、素晴らしい子役ぶりでした。ネズミ男は、さらに上いく完璧ぶりでしたが。チマチマとした笑いどころもあり、大人には諸手を挙げてお勧めするわけにいきませんが、ぜひお子様のおいでる方には一緒に見に行って欲しい作品です。
★★★★
From: たかはし(NO MAIL) 4月 30日(月)01時29分09秒
★3つにしようと思ったが、周りの子供たちのハシャギっぷりに★ひとつ追加。まぁどこかで見たようなシーンの連続ではあったが、松竹ならではのオールスターキャストが、楽しさと豪華さをかもしだしていて、下の方が書いているように、子供映画としては良く出来ていたのではないか。「スパイキッズ」なんかと比べても、遜色ない出来なのでは。
★★★★
From: ゆお(NO MAIL) 4月 29日(日)22時32分57秒
子供映画にあれこれ難しい言葉を駆使した評論など無粋。劇場の子供たちはとても喜んでいたし、新人からベテラン役者までの怪演はあきさせないし、だれることなく最後まで面白かった。早いトコ二作目を作ってほしいものです。