ハンニバル・
ライジング


満 足 度
43.4%
回答者数19


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★
From: TAK(NO MAIL) 5月 28日(月)15時56分18秒
今までのシリーズと比べると、やっぱりインパクトがなかった。主演のギャスパー・ウリエルは良かったのに他のキャストはいまいちだった。ハンニバルがここから始まったというのを確認する作品だった。
★★★★
From: フルーツ・ジュレ(NO MAIL) 5月 27日(日)02時00分04秒
原作を読んだ時、日本についての感覚に違和感があったので、あんまり期待していなかった・・。映画での紫夫人もよろいを拝んだり、かなり怪しい。ですが!コン・リーがいいんですよ。日本人のイメージではありませんが、とにかく官能的に美しく、しかもカッコイイ。(バイクにまたがってハンニバルの窮地を救うところなんか、まるで不二子ちゃん?)ハンニバル役の美青年もナイスキャスト。貴族のエレガントさ&歪んだ性癖がよく現れていました。それと戦時中の悲惨さがよく現れています。雪原の中、一人生き残ったハンニバル少年。森の中から現れるたくさんのソ連兵達。このシーンは哀しくも美しく、印象的でした。レクターがどんな殺人者であろうが、戦争の残酷さにはかなわない気がする。
★★★
From: ビスケ(NO MAIL) 5月 17日(木)23時29分35秒
その後のレクター博士とちょっとつながらない感じ?でも、ひとつの物語(復讐劇)としてはまぁまぁだったので★3つで。
From: 不気味、チンポオオソウジ(NO MAIL) 5月 17日(木)18時03分33秒
今更ながら見たが、あまり不気味さがにじみ出ていなかったな。
僕は楽しめましたよ
★★
From: たろさ(NO MAIL) 5月 13日(日)12時55分25秒
なんかB級のにおいがぷんぷんな映画でした。レクターの過去話にしてはレクターらしくないし。彼、なんか弱い。
★★
From: ゆんじ(NO MAIL) 5月 6日(日)16時32分51秒
“レクターシリーズ”だから成立する映画かと。いわゆるシリーズモノだから当たり前って言えば、そうなんだけど、それにしてもストーリーや演出に奥行きがない。そもそも、このシリーズって、“サイコ”サスペンスとか“サイコ”スリラーとしての位置づけのはずなのに、な〜んにもサイコっぽくない。だいたいレクター博士の人格が、先天的なものではなく、ああいう事件が起こっての“後天的”なものってのが、納得いかない感じ。羊たちの沈黙におけるレクターのイメージって、『生まれついての天才変質・異常者』だったのに、なんか犯罪を犯すことを正当化するために作った話っぽくて、少し興ざめ。映画自体の完成度は高いと思うけど、ストーリー自体が中途半端だった。(ていうか、トマス・ハリス自身は、もともと(←小説にレクターを登場させた頃から)こういう感じで、レクターを思い描いていたのかがすごく気になります。)
From: ハンニバル・伊織フェラ、ポコペンつついたの誰だ?、らいじんぐさん、マリア(NO MAIL) 5月 6日(日)15時36分06秒
グロしーんんが弱い気がするんだよなー。一番しっくりこないのは、レディムラサキ。名前がおかしすぎるよ。それにアンソニーが出ていない時点でもうだめだめ。これは見ない方が身のためです。
次回作は日本が舞台だそうな。日本の俳優人は井上和香、森山中。
人気ないっすね〜。ま、確かにそれも納得。日本を勘違いしてるよ、随所で。レッドドラゴンは面白かったのになぁ。監督変えるのやめましょうや。
レクター博士の狂人ぶりがこんな過去だったなんて…。ちょっと拍子抜けしたなぁ。もっとグロい過去かと思った。
★★★
From: ohagi(NO MAIL) 5月 5日(土)22時11分47秒
R指定だからかなりグログロ?と思ってたけどそれほどでもなく。完全な痛快復讐劇ですね。ラストはイマイチ。
★★★
From: ばいお(NO MAIL) 5月 3日(木)04時16分18秒
ハンニバル・レクター役の青年は表情など怪しい雰囲気を出せていて良かったと思う。中国人女優を日本人役にしたりするのはどうかと思ったがw妹の復讐に拘る所とか時々感情的になったりとかどこか俗っぽい所は若さのせいなのか、前3作品のアンソニー・ホプキンスのレクター博士からはあまり連想できず違和感があった。しかし惹かれた女性に対する無礼は許さないとか、どことなく優雅な振る舞いなど共通点もある。ストーリー自体は今までと違って悪役・犯人役に魅力が無い事もあって凡庸な印象だが、映像的なインパクトはそれなりに出ていたしテンポも良かったと思う。
★★★★
From: Sakura(NO MAIL) 5月 2日(水)21時45分08秒
「羊たちの沈黙」以上のものをこの映画に求めるのは違うと思います。自分は「羊たち…」も「ハンニバル」も好きです。これを観て、あの映画の中でのクラリスとの関係やハンニバル・レクターが腐った悪ではないということが納得できたというか、まあ普通に面白かったです。
From: 四朗(NO MAIL) 5月 1日(火)22時08分40秒
要するに妹への復讐劇。カリバリズム嗜好への理由付けも弱いと思う。外国映画が表現する日本人って今でもやっぱおかしいよね。殺人も陳腐だしレクター作品最低といっておこう。
★★
From: QQQQ(NO MAIL) 4月 30日(月)07時52分31秒
このシリーズの中心、レクターの性格形成の歴史は理解できるようになります。デモ、形成までの時間が余りにも平坦で、復讐の完成も、チョット、物足りないように思いました。   ネタバレあり。取分け、あの時代に、自由主義圏から共産主義圏にいとも簡単に移動していたりする点 行き過ぎたジャポニズム それと、一番大きいのはこの若いレクターが一番初めに出会ったAHの初老の囚人レクターに、雰囲気が繋がり難い違和感があります。 そして、カンニバリズムの原因は判りますが、性行の理由が判りません。 大きな期待で見ましたが、ヤッパリ、少し・・・です。観客は正直で、入りは良くなかったでした。
★★★★★
From: りん(NO MAIL) 4月 29日(日)22時16分18秒
怖かった〜。痛かった〜。見応え充分です!レクター博士の魔力的な人格は、この幼少の残酷な生い立ちによるものかと納得させられます。このハンニバル役もとてもよかったです。頬のエクボ?というか鼻唇溝のあたりがとても聡明な雰囲気が出てました。
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 4月 27日(金)20時59分33秒
おもしろかった。怖かった。若いハンニバル役かっこいいね。アンソニー・ホプキンスの跡継ぎになりそうですね。コン・リーの日本人もいい。ややねたばれあり。結構、気持ち悪いところがある。食べ物はもってこないほうがいいでしょう。
★★★★
From: 沈々(NO MAIL) 4月 27日(金)08時48分48秒
シリーズものは回を追うごとに制作費も少なくなり、つまらなくなるのが定説で全く期待していなかったのですが、見事に裏切られ楽しめました。変態の話ですが、動機がしっかりしており同情し感情移入できました。変態とゆうよりはただ冷酷なだけっといった印象が強くこれがレクター博士?と首をかしげたのですが、最後見事に(強引に)変態として活躍してくれました。お金もかかっており、冒頭のシーンはまるで戦争映画を観てるようでした。個人的に残念なのは、西洋人の東洋趣味とゆうか微妙に勘違いの日本文化が出てきたところが「またかよ」って感じでうざかったです。「羊たち」シリーズを見ていないかたでも充分楽しめる作品です。ハラハラドキドキ最後まで楽しめます。
★★★★★
From: おふくろの味(NO MAIL) 4月 27日(金)00時31分13秒
レオ様観にいって時間合わず、やや仕方なく観ました。ところが期待通りの出来でした。シリーズを観た人も観てない人もかなり楽しめると思います(カニバリズムの原点と、大胆だけど詰めが甘い(わざと?)ハンニバルの性格だけが一貫性ありますが)レディー・ムラサキも名前以外はとんでもじゃないです。もちろん拷問好き、第二次大戦モノ好き、の変態さんにもおすすめです。お金払って損は無いです。以下ややぷちネタバレ夜、まぐろの頬肉食べました。なんかお前らも生きるために肉食えよ、って監督が語りかけてくるようでした。首のローストが北京ダックみたいないいツヤしてましたし。
★★★★
From: まにん(NO MAIL) 4月 23日(月)18時50分06秒
原作は未読なのですが、事前に「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッドドラゴン」を見直してから鑑賞しました。正直なところ、前作のような作品を期待すると肩透かしを食うかもしれませんが、新たなシリーズとして捉えればそんなに悪くはないと思います。実際、ハンニバル役のギャスパーウリエルもアンソニーホプキンスのしぐさや目線などは参考にしたが、強く意識はしなかったと語っています。この作品のみの評価は星3つなのですが、シリーズが好きなのと次回作の舞台が日本になるかもしれないということで期待をこめてこの評価です。