ハッピー フィート

満 足 度
52.1%
回答者数12


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★
From: リオン(NO MAIL) 3月 28日(水)03時03分13秒
「CGのペンギンが、歌って踊ったら間違いなくウケるやろ!」のアイデア勝負で作った映画。 それだけでは2時間埋まらないので、テーマに魚の乱獲とか環境保護を持ってきたが、これはさすがに食べ合わせが悪すぎました。 ペンギンが歌って踊る場面は最高にハッピーなファンタジーに出来上がっており、中盤の盛り上がりは最高なんですが、後半、現実のリアリティが観客に向き合わされる。 リアリティに向き合って以降、観客はどこか冷めた目線にならざるを得ないので、クライマックスの群舞やエンドロールのお楽しみも、中盤のダンス程には楽しめないのが勿体無い。 CG技術は同系統のアニメ映画の中でもナンバー1の出来栄え。南極の自然が美しい。 これでタイトルどおり「何の問題も無くハッピー」になれる映画だったら、満点だったのに。
★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 3月 26日(月)16時53分15秒
よかったです。日本語吹き替え版みたけど、台詞は日本語で、歌は英語でよかった感じ。ペンギンかわいい。ダンス素敵。オーロラがきれいだった。
★★★★★
From: TKR(NO MAIL) 3月 25日(日)23時59分05秒
小学生の子供二人と見てきました。私には今期最高傑作でした! 今までCGには飽き飽きしていましたが、すばらしい背景にうっとりしました。挿入されている音楽は、私(40代男)には知っている曲のオンパレード。各曲のアレンジもすばらしかったです。子供たちの評判もよく、タップのまねなんかしてましたよ。 私には、中だるみはありませんでした。 とにかく、愛らしいペンギンたちの歌とダンス、それからちょっと人間と動物たちの関係について、ジーンとくるシーンもあり、ぜひともお子さんを連れて観にいって欲しいですね。 ラストの展開は単純ですが、子供にもわかりやすく、「この映画みたいに、ペンギンと仲良しになれたらなあ」なんて、子供も言ってました。 大満足の作品で、五つ星を付けました。「決してこの映画の関係者ではありません。念のために」
★★★
From: みみ(NO MAIL) 3月 22日(木)03時30分44秒
CGのペンギンが歌って、踊って、という部分は楽しかったのですが、ラスト近くのあの展開には興ざめ。言いたいことはわかるがもっと他の方法はなかったのか、と寒〜い気分になりました。変に説教じみたことをせず、娯楽に徹した方がよかったような気がします。とはいえ、CGはすばらしいので劇場で見た甲斐はありました。(ネタバレ)ユアン・マクレガーが出ていたのに、びっくり。
From: なす(NO MAIL) 3月 21日(水)18時04分22秒
テーマがどうたら言う前に、とにかく飽きた。中だるみがひどい。歌ってばっかりで話がぜんぜん進まない。イライライライラしてしまう。また歌うのかよ、またダンスかよ、だから何なんだよ。ってもう疲れちゃった。30分で十分だよ!
From: はな、はるか(NO MAIL) 3月 20日(火)22時39分34秒
う〜〜〜ん・・・・。なんか盛り上がりもなく100円レンタルで十分だったな。という感じです。アシカ(?)の顔怖すぎ。
途中で映画館を出てしまった・・・。こんなにつまらん映画を見たのは久々。☆一つもつけたくない。
★★★★
From: めいなっぷろ(NO MAIL) 3月 19日(月)22時06分52秒
マッドマックス5にあたるこの作品。前作ベイブ2(マッドマックス4)に比べるとはるかに面白くなっていた。マッドマックス6に 期待します。
★★
From: ここなつ(NO MAIL) 3月 19日(月)15時55分17秒
正直言って、中途半端だと思いました。仲間と異なるペンギンの、自分探しの成長物語なのか、環境問題なのか、テーマが絞りきれなくてどちらも中途半端。だから、あまり面白くなかった。TVCMで煽っているほどには、ね。子どもだって、アニメはアニメと割り切っていて、楽しいものを期待していたので、目がテン、といった感じでした。彼らもペンギンの生態や、過酷な野生の様相、地球温暖化がもたらす危機のこと、などなど、子どもなりに実はよく判っていて、それらの知識はドキュメンタリー系の映像情報で入手していたりするのです。だから、「ハッピー・フィート」という題名からしても、ただノリノリで楽しいだけの作品だったら良かったのになー、と思いました。そう、例えて言うなら優等生の学芸会でのコント、みたいだったのです。
★★★★★
From: 黒丸(NO MAIL) 3月 19日(月)14時52分55秒
動物系映画に関しては、かなり五月蝿い方(『皇帝ペンギン』日本版の台詞がちょいと許せんレベル)ですが、この映画はかなり野生のエンペラーペンギン達の生態や現状での彼らの置かれた状況を詳しく調べて作っているなぁ〜と感心しました。私の目から見ると、一応、さほどご都合主義でもなくありえる展開だと思いました。基本のペンギンが歌って踊るっていうのはさておいて。多分子供向きと思われている感もありますが、実は大人向きだと思うけど、まぁ可愛いので子供もそこそこ楽しめるかな?あ、でも子供にはデザインがちょいとリアルすぎるかな〜?マニア(笑)的にはあのデザイン感覚はパーフェクトなんですが。PIXERほどマンガチックすぎなくて、ディズニーほど不気味すぎない、というレベルでね〜。
★★★★
From: けーじ(NO MAIL) 3月 19日(月)08時58分57秒
メッセージ性やや強すぎるかなー。でも実写の人間(多分)とペンギンのダンスシーンはジーンし来ました。
★★★
From: rinrin(NO MAIL) 3月 18日(日)23時23分25秒
子供向けと思い、10歳と6歳の子供を連れて3人で観に行きました。 宣伝のイメージから歌の歌えないペンギンがいじめられながら最後はダンスでみんなと仲良くなれる子供向けと思ってました。 上映半ばで子供は早く帰りたいと言い出しましたが、私もこの映画がターゲットとしている客層が何なのか良く分かりませんでした。 自然保護をテーマにした所もあり、子供には退屈だと思いますし、大人が観るにはあまりにもご都合主義な所で「それはないだろう」とツッコミたくなります。 ペンギンがイキイキと踊るCGの出来は「最高の出来」なのですが、内容については「まあまあ」の評価とさせて貰いました。