めがね

満 足 度
53.3%
回答者数15


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★
From: タカ(NO MAIL) 12月 9日(日)09時07分18秒
「かもめ食堂」は、まあまあ良かったがこれはいまいち。見た後すぐに忘れる映画
★★★
From: ピツ(NO MAIL) 10月 29日(月)18時44分40秒
うわさ通り、トテモ眠くなりましたがこのまったり感を十分に味わえたならラスト近くになって、あ〜なるほど〜と、この作品の良さが分かってくるかもしれません。旅は、時々必要ですね。
★★★★★
From: 小島の人、まったり(NO MAIL) 10月 24日(水)09時13分39秒
面白かったです。下のレビューにもあるように「かもめ食堂」を見て面白い、と思った人には好きになれる映画でしょう。体操のシーンは最初は?でしたがすっかりはまってしまいました。キャストといい、ロケ地といい、食材といい、とてもよかったです。見終ると旅から帰ってきた気分になりました。
全体的にゆったーりしているので意見は分かれるかもしれません。けれど自分はとても楽しめました。キャストの方々が1人1人味のある演技でよかったですし、風景もきれいでした。何といっても食事のシーンはおいしそうで羨ましかったです。たまにはたそがれるのもいいかもしれませんね♪
★★★★
From: (NO MAIL) 10月 17日(水)17時42分09秒
『かもめ食堂』が好きだったので見に行きました。あっと言う間に終わった感がありました。うーん、好きな人は好き、苦手な人は苦手かと思います。出演者がよかっただけにもっと面白く出来る部分はありましたが自分はこの作品が好きです。疲れているから癒されましたねー。観ていてこんな生活でこんな食事をしてみたいと思いました。
★★
From: ダカラ(NO MAIL) 10月 16日(火)15時03分47秒
低脂肪、塩分控えめな、ヘルシーで洒落た世界(?)は、パサパサの鶏のササミのような、人工的でおいしくない世界だった。
★★★
From: ねむりねこ(NO MAIL) 10月 14日(日)18時08分58秒
「かもめ食堂」が好きなので観ました。好きな作品ですが、眠かったです。私は仕事をしてなくてストレスのない生活してるからかなあ? 疲れて癒されたい方はどうぞ、お勧めしますよ。
From: rakugomaniac(NO MAIL) 10月 14日(日)02時37分15秒
いいか悪いか、という基準では好みでしか語れないですが、上手いか下手かという基準では、下手な映画だと思います。脚本、演出ともに観客に委ね過ぎではないか。何となくいい邦画の典型(ホメ言葉ではありません)という感じを受けました。
★★★★★
From: 猫目(NO MAIL) 10月 13日(土)15時04分11秒
「旅に出るつもりで映画館にお越しください」のCM通り、あっという間に自分も旅行に行った気分になりました。”たそがれ”が旅の目的にもなるんだな〜、と感心しました。出演者の方も内容も素晴らしく、とっても満足しました。最近忘れがちなホッとした気分を味わい、気持ちがあったかくなる映画でした。また観にいっちゃおうかな!
★★★★★
From: PON酢(NO MAIL) 10月 13日(土)03時12分25秒
日本はもっとこんな映画をたくさん作りましょう!
From: (NO MAIL) 10月 5日(金)16時34分59秒
かもめ食堂も今イチだと思っていた自分が、見に行くべき映画ではなかったのかもしれませんが、あまりにもつまらないと感じたので、書き込みさせてもらいます。何ていえばいいんでしょう。映画なんだから「作り物」の世界なのは当たり前ですけど、それをそう感じさせないように作るのが監督の技量というか、義務だと思うんです。この作品は、端から端まで「作り物」感に充ち満ちていて、途中からちょっとげんなりしてしまったほどです。かもめ食堂が好きな人なら80点以上、嫌いな人なら20点以下、そんな作品だと思います。
★★★★
From: フッキィ〜(NO MAIL) 10月 4日(木)03時17分38秒
見終わった直後は「・・・・たそがれ?」って感じで、まったりはしたけど良いも悪いもなかったのですが時間が経つと「いいかも。もう1回観たいかも」と言う風に変わっていきました。ネタバレあり!!!セリフが時々わざとらしいところはあったのですが、キャラクター設定はとても上手いと思いました。市川美日子がやけに、小林聡美につっかかるし、「死にたい・・」とかこの島の空気に似つかわしくないセリフ言うなぁ。と思ったら2人は同じ立場で納得。また、もたいまさこと加瀬亮も何となく同じファンタジーっぽい雰囲気だなぁ。と思ったらこの2人も同じ立場。と言うより加瀬亮は、もたいまさこの後継者でしょう。(たぶん・・・。最後のシーンでそう推察します) もたいまさこがファンタジーっぽいキャラなのでカキ氷の代価も違和感ナシでした。光石研は、あの島そのもののキャラだと思いました。決して人に何かを強要しないし、拒絶されてもその人を悪く思わないし、ありのままを受け入れる。最初は宿の主人としてどーなの?って思うこともありましたが徐々にその良さが解ってきました。犬もかわいかったですお料理も本当にシンプルでおいしそうでした。そして、もたいまさこ最高です!!
★★★★
From: メルシー(NO MAIL) 10月 2日(火)19時37分25秒
私は好きだなぁ。涙しちゃったし(・_・、)疲れているのかなぁ…
From: るーべん(NO MAIL) 9月 27日(木)23時47分25秒
なんだか変な宗教団体の映画を観てるような気持ち悪さ。欧風なセンスと書いてる人もいますが、だらーっとした演出と、変なキャラクターを嬉々として演じてる役者たちの薄っぺらさと、これお洒落でしょ?的にあちこちちりばめられたアイテムに、ちょっと不快感。島の景色をただ映してくれた方が、より安らぎを感じたかも。
★★★★
From: さくらくん(NO MAIL) 9月 24日(月)03時29分41秒
演出過剰、演技過多な昨今の日本映画にあって、この抑えた欧風なセンスは見事だな。女性ならではの清潔感やきめ細かさを感じた。『かもめ食堂』同様、毎日服着替えてるし、一輪挿しの花なども取り替えてる。波、風、鳥の声、そして小豆の煮える音まで丁寧にとらえてて、そういった繊細な音を楽しむためにも是非劇場で観たい映画です。ところで、どこの島の物語かをはっきりさせていないのですが、車のナンバープレートが「4610=よろんとう」ってなってたの気付いた?
★★★
From: GV(NO MAIL) 9月 22日(土)16時07分05秒
「かもめ食堂」が結構好きだったので、期待していたんだけど。。なんかちょっと狙いすぎというか。このあまりにも何もない世界に浸れるか否か。正直、ちょっと物足りなく感じてしまった。とはいえ、キャストたちはみな飄々としてどこかとぼけていて魅力的。確かな演技力でさりげなく、でもしっかりと存在感を示している。与論島の美しさ、何もないことの贅沢さ。それが安らぎを与え心地よくなれるか?逆に現実とのギャップにイラッとするか?