プレステージ

満 足 度
62.5%
回答者数28



★★★★
From: アンジャー(NO MAIL) 7月 29日(日)12時30分12秒
1回目の鑑賞より2回目の方がこの映画の奥深さを実感できると思う。逆転劇のスリリングに130分の上映時間を感じさせない。
★★★★
From: (NO MAIL) 7月 18日(水)18時51分28秒
マジシャン同士の意地と意地のぶつかり合い自体はいいのだけどその原因となる事件が少々後味悪い、つーかボーデンが誠意を持ってキチンと謝罪していればこんな骨肉の争いにはならなかったのでは?ということで・・映画そのものは結構楽しんで観ていたけど基本的にどちらも大人気ないな、と。もっと正々堂々戦って欲しかった気もする。ま、それにしても、出演者は皆魅力的だし、ちょっと胡散臭い世界観が好きならとても面白い作品。しかしハトかわいそう。
★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 7月 14日(土)04時05分46秒
腑に落ちない点やツッコミどころはあるものの、一応最後まで楽しめたので、☆3つ。私は、スカーレット・ヨハンソンは美形ではないと思うのですが、人気がありますね。確かに、何か不思議な魅力は感じます。ただ、この作品の彼女はあまり見せ場も無かったなぁと思います。
★★★★★
From: さくらくん(NO MAIL) 7月 7日(土)02時28分32秒
なんだか長く感じちゃって、その上「ラストは誰にも言うな」って割にはだいたい予想がついちゃってしかもそれを裏切らないし。最後には飽きてしまった。でも一つだけ完全に騙された事はデビッド・ボウイが出てたことに全く気が付かなかった事だ!(後で写真みても、言われれば・・って感じ)
★★
From: リチャードまる(NO MAIL) 7月 3日(火)12時32分46秒
マジックに取り付かれる人間の行く末を描いた作品ということか?最近は予告と実際の内容が異なっている所謂「ウソ予告」が流行っているので、見ると決めた映画の予告は、一切見ないように心がけている。そのせいか、予告で思っていたのと違う!という感想は持たなかった。しかし時間軸をいじり過ぎていて、冒頭は何だかよくわからずに話しに入り込めたのは、中盤になってから。センスがいいとは思えないこの作り。ネタバレありさて内容で最も気になった部分と言えば、やはり結び方のせいでアンジャーの奥さんが死んだ際、ボーデンが誠意を持って謝らなかったこと。このせいで観客はずっとアンジャーの味方として展開を追ってしまう。ここは、監督の意図するところだったのか?だから自分も最後の終わり方には、全然納得できないのだ。確かにあの秘密からすれば、結んだのは片方と考えれば「覚えていない」のも理解できるが、見ている観客は、そんなこと知らないので、最後にそのことを結び付けたとしても、今更ボーデンの味方にはならない。そもそもアンジャーの奥さんが死んだ原因が、二重結びにあったとして、ボーデンがなぜそんなに二重結びにこだわっていたのかについては、ちょっとしたセリフのやり取りがあるだけで、よくわからず、そのせいで死んだのが「故意」だったのか、事故だったのかも、観客にはイマイチよくわからない。そういう説明不足も評価を下げる。また正直オチが途中で分かってしまうので、だから最後のやりとりは、全くもって想像通りで何の驚きも無かった。評価を下げたのはその2点。@ボーデンを好きになれないこととAオチが途中でわかってしまうこと。ちなみにボーデンの逮捕の理由がイマイチ明確になっていのも気になる。ただ水槽を見ていたわけではなく、救出を試みていたことは目撃者からわかるはず。彼が落下箇所に水槽を置いた証拠もない。なぜ死刑判決となったのか経緯が省略され、観客は「死刑」という前提から物語に無理矢理放り込まれるが、その死刑に疑問を持つ観客がいたとしたら、そもそも冒頭から物語に入り込めない可能性があるのではないか?考え出すとそういう気になる箇所が複数あって、観客をただ驚かしたかったのだとしたら失敗しているし、もっと違う何かを訴えたかったのだとしても、脚本の段階で違和感が拭えていない。残念な作品だ。※最後にひとつ。あの非科学的な機械については、特に違和感はありませんでした。
★★★★
From: ミウ(NO MAIL) 6月 29日(金)23時09分34秒
予備知識なしに見に行ったので、想像したのとはかなり違いましたが面白かったです。オチはあれですが、出演者の演技と華やかな画面、ドキドキする構成はかなり楽しめました。ヒュー・ジャックマンは素敵だったし、スカーレット・ヨハンソン、綺麗でした。ここからちょっとネタバレ私もasawさんと全く同じ疑問が…。あの事故の時点で何がどうあれ、ボーデンがもう少し誠実な態度を見せなかった理由がよくわかりません。なので最後までどちらかというとアンジャー側の視点で見てしまいました。
★★★★★
From: りんご(NO MAIL) 6月 22日(金)23時28分33秒
好きです、この世界観とちょっとSFな感じ。オチが気に食わない方は受け入れられないかも・・・でも、役者人の演技が光ってました。テスラーの助手を演じるサーキス氏の表情の微妙な変化とか、さすがだなと思いました。
★★★
From: asaw(NO MAIL) 6月 22日(金)22時20分14秒
ネタバレ質問!!教えてオクレ……そもそも、なんで、あの人は最初のあのアシスタントの縄を二重結びにしたんですかね。殺意があった訳?ただの間違い?ラストより、こっちの方が分からないです。殺意があったとしたら、相当悪い奴で同情の余地無いし、間違いだったら、もっと反省しろよ、と思うんだけど。双子だから片方は「覚えてない」とか言ってるというのは分かるけど、どっちかは殺意か間違いがあった訳でしょう?それをハッキリさせろよ、と思うんですが、お分かりになった方お教え下さい。
★★★★
From: 通行人改(NO MAIL) 6月 20日(水)19時07分46秒
これ、シリアスな謎解きドラマ期待して見ると、壮絶な肩すかし(いや、もう脱臼レベルで)くらいますね(笑)"タイムマシン"テイストの人間ドラマとでも言えばいいのか。オチがトンデモ系だという予備知識があったおかげで、変な期待せず、素直に楽しめました。映像は渋くて格好いいし、先が気になる展開の連続。合間に入る伏線や(というほどたいしたものじゃなくて小ネタだけど)舞台の下のただ一人の観客とか、消えたものは誰も気にしないとかのブラックユーモア的なシチュエーションも結構ツボ 。勿体ないのが、前半です。時系列いじり過ぎで、誰が誰だか分かりにくい。入り込むのに時間がかかってしまいました。時系列いじって謎めかせるほど御大層な話じゃないんだから、ポンポン進めてくれればいいのに。バットマンの時も思ったけどシリアスの皮被せるの上手い監督さんだなあ。
★★★
From: みみ(NO MAIL) 6月 18日(月)01時52分57秒
ライバル同士の対決という点ではおもしろいのですが、オチを期待させすぎなつくりに関してはちょっと疑問。一応、原作はSF小説なんです....。
★★★★★
From: jigsaw(NO MAIL) 6月 16日(土)14時06分26秒
なんか最後の展開は少しSAWを思わせるようなどんでん返し。なかなか最高です。
★★★★★
From: まりりん(NO MAIL) 6月 14日(木)19時38分07秒
よかった。マジシャン二人すごかった。マイケル・ヶインもいいね。最後の最後まで、トリック満載だった。
★★★
From: くるたん(NO MAIL) 6月 13日(水)22時50分34秒
だんだんエスカレートしていく人間の異常心理や時間を細切れにして、長時間でも飽きさせない見せ方は「メメント」同様おもしろかったけど、「結末は誰にも言わないで下さい」なんて期待させといて、あのオチは厳しいすぎる・・・と言うわけで、☆3つ。
★★★
From: ヨッシー(NO MAIL) 6月 13日(水)22時25分30秒
時間軸いじり過ぎ。最近のアメリカ映画はこういうテクニックがクールだと思っているふしがある。ちょっと前の映画「インサイドマン」も同じ。私は認めない。あのマシンはヤバ過ぎ・・ありゃないでしょう。SF映画じゃないんだからさぁ〜(ザ・フライか?)この映画に大どんでん返しや思いっきりダマされたいと思う方は見に行くのをやめましょう。身のためです。何も起こらないし、想像の範囲内のラストを迎えます。というか、この映画、たのむからこういう展開はヤ・メ・テって思っていると、そのとおりの展開になっていってしまうんだから〜〜と、酷評ばかり書きましたが結構ハマリ込んで見てしまったので☆3つ、エイ!
★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 6月 13日(水)18時02分30秒
鑑賞前は思ってもみなかった、トリックと復讐に取り憑かれた二人の男のドラマ。どちらかというと単純に、二人の天才による頭脳戦のような作品だと思ってただけに、このストーリー展開には少々驚きました。序盤は、状況を整理・理解するのに必死。それなりに作品を楽しめ出したのは、時間軸を含めようやく全体の構造がつかめ出した中盤以降から。様々などんでん返しや重厚な作風など、なかなかよく出来た作品だとは思います。しかし、先に書いたようにトリックと言うより復讐合戦に重きが置かれていること、ラストが一方の完全な破滅で締めくくられることなどから、どこか釈然としないものが感じられたのは残念。特に最後の決着のつけ方についても、二人がいがみ合いを始めた発端が何であったかを考えると、これでよかったのか?という疑問は拭いきれません。そして何より???なのが、肝心の瞬間移動のマジックのネタが、あり得ない現象によって成立しているってこと。やはり予告などからの印象からすると、この方向は少々違うかなって感じ。そうは言っても、このマジックを行なったことで生じる、あの舞台裏の秘密は強烈。割り切ってみれば、このやり方だったからこそ、トリックに取り憑かれた人間の狂気を表現する、ラストのあのおぞましいカットが生まれるわけだから、個人的にはこのマジックのネタを頭ごなしに否定出来ないのも事実なんだけど。作品の醸し出す世界観も自分の好みだったし、もう少し予告等が正確に作品の方向性を表わしていたなら、素直にこの作品を楽しめたかもしれないだけに、もう少しその辺をうまくやれなかったのか、と言う不満は残りました。
★★★★
From: さぼ(NO MAIL) 6月 12日(火)01時29分50秒
ちょっと待て、テスラってテスラコイルの・・・ってことはないだろうなぁと頭がすっかり混乱してしまっていたいやしかし人物像が奥深く見応えがありました
★★
From: ネイルポアヨ(MAIL) 6月 11日(月)21時15分24秒
前評判が高く、どんな落ちになるのか、「ゲーム」みたい?、それ以上なのかと期待一杯で、見に行きましたが全然期待はずれでした。ネタバレ「増殖、複製」だなんて!!
★★★
From: すける(NO MAIL) 6月 11日(月)20時17分28秒
メメントが好きだったので観に行きました。個人的な感想では皆さんがおっしゃってるようにダントンの瞬間移動ネタにはちょっとがっかりでした。テスラの装置は嘘っぱちのもので、本当の衝撃のラストはみたいなものを期待してました。原作にはそういうものが描かれているのでしょうか?映像とかは良くて、全体的に佳作という感じだと思います。
★★★★
From: こはく(NO MAIL) 6月 11日(月)16時26分30秒
【ネタバレあり】マリックさんがCMに出てたけど、ちょっと違うかな・・という感じ。下の方も書いているように、謎解きミステリーというより、ノーラン流、濃厚人間ドラマ。この映画見て「フロム・ヘル」思い出した。19世紀のロンドンってほんとダークな面が多いんだなあと・・。そう、この世界って、「エレファントマン」にも通じるような。そんなダークな世界での主人公二人が実に良かった。哀しい境遇には同情するんだけど、お互いしかけてその都度してやったりという顔にはゾッ!マイケル・ケインも健在だったし、ヨハンソンもきれいでよかった。ネタがどうこうはさておき、私の大好きな世界です。ところで、現代日本のマジックではもう鳩にあんな事してないよね?(笑) 
★★★★
From: IWGP(NO MAIL) 6月 11日(月)12時06分15秒
いい映画だと思います。なんで逮捕されなきゃいけないの?なんで有罪なの?なんで死刑なの?・・・これ以外はね。
★★★
From: まるつき(NO MAIL) 6月 11日(月)08時30分08秒
これを観に行こうと思っている方は、是非、満足度のみを参考にした方が良いかと思われます。最初からラストを知ってしまうと、この作品の良さはカナリダウンするので。。ネタバレ。確かにラストにいくまでには完全にネタはばれてしまい、衝撃のラストとは言い難い。ただ、最初に注意書きで書いているように他人には決して話さない方がこの映画のためではある。日本人の大半はそーゆーのはわきまえる方がほとんどだが。(私の外国の友人は平然とラストまで言い放つので;)確かに、この映画は下で書かれているようなことが全てです。マジック映画であの機械はねぇだろ・・納得。マジシャンであるが故の日々の日常までも制限する生き様・・納得。サスペンスとしてみると、半分過ぎたあたりでラストのネタがばれる様な作りはちょっと・・納得。私も、そんな評価。サスペンス好きには、ほんのちょっと物足りない。
★★★★
From: リオン(NO MAIL) 6月 11日(月)01時34分24秒
この作品をマジックバトルとして売り出した配給会社は完全なリードミス。この映画は完全な人間ドラマです。それも、クリストファー・ノーラン印の濃厚なやつ。最終的には双方の「瞬間移動術」のタネ明かしが映画の最大のナゾになるのですが、片方は、極めて正統なマジック。理論は単純ですが、それに全人生を賭けたからこそ可能なマジック。それに対して、もう片方は「マジックの映画」を名乗るにはあまりにも卑怯。禁じ手です。しかし、それを持ち出し、それまでの作品の世界観をぶち壊すことになっても監督が表現したかったもの(=こちらも、命を賭してマジックに注いでいるもの)が伝わってきたので、私はこの映画を評価できます。マジックのナゾを解くヒントは、物語の序盤から至る箇所にちりばめられています。少し集中して映画を観られる人なら、途中でタネは分かるでしょう。しかし、そう見せておいて映画の主題は人間の心を描くことにある。さすが「メメント」のクリストファー・ノーランの巧みさが感じられる作品です。
★★
From: タキオン(NO MAIL) 6月 11日(月)00時34分46秒
あのマシンはいくらなんでも・・・おいおいでしたね。エンドロール見ないで出よかと思ったけど、トムヨークが流れはじめたんで結局、最後まで座ってました。
★★★★
From: じゅんくん(NO MAIL) 6月 10日(日)22時45分28秒
2人のマジシャンの生き様はなかなか見ごたえあったかな。主演2人のからみはそれなりに楽しめました。<以下少々ネタバレ>ラストは「そうきたかあ!」っていう感じかな。久々に現在のデビット・ボウイを見た。こんなうさんくさい役やってんだなあと思って見てたけど、ラストをみたらまじだったのね。スカーレットは好きな女優の一人なんだけど最近この手の役が多いなあ。「ロスト・イン・トランスレーション」のころがよかったなあ。
★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 6月 10日(日)22時09分11秒
ネタバレ下のカキコのように○○○ネタはないじゃん・・・なんですが、マジックに魅了され身を滅ぼす二人の男の話としてはなかなか見ごたえありました。どちらが正しいわけでもなく女にしてみたらこんな男に惚れてはいかん!!てな感じ。感情移入できない分、マイナス1ですが今年の映画では上位の方です。
★★★★
From: パイパー(NO MAIL) 6月 10日(日)21時56分44秒
一言で言うと、クリストファー・ノーラン監督色満載の作品です。下手したらB級になる題材を、独特の世界観に仕上げている感じは、さすが監督マジックだと思います。期待せず試写会で観たせいか、中盤辺りからいつの間にか引き込まれて、いつの間にか終わった感じでした。何となく先は読める感じなんですが、見る価値はあると思いますよ〜。ヒュー・ジャックマンのファンの方は、必見してほしい位、かっこいい!
★★
From: アイシャ(NO MAIL) 6月 10日(日)21時50分22秒
下の方と同じ感想です。それとも、この映画はトリックの種明かしに注目するのではなく、2人のマジシャンの人間ドラマを味わえということでしょうか?それにしても、あのリアリティーのない結末に全てがぶっ飛びました。
★★
From: mac(NO MAIL) 6月 10日(日)13時54分28秒
途中までは面白いんだけど中盤までには片方は○○ネタなのねと解ってしまうので、もう一方のテスラネタの謎解きに集中してたのに、結局「あれはマジもんでした」は無いよ。たくさんの帽子とネコもあれじゃテスラの研究資金を騙し取るトリックと普通考えるよ。