クワイエットルーム
にようこそ


満 足 度
65.0%
回答者数10


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★
From: ネコバ(NO MAIL) 11月 24日(土)13時49分41秒
登場人物のキャラ立ちの見事さは、目を見張るものがある。安定した演技の蒼井優、大竹しのぶは言うに及ばず、主役の内田有紀が意外といい(実はこれまであまり彼女の演技見たことない)。また不思議キャラのクドカン、冷徹な看護師役のりょうなど、皆それぞれはっきりしたキャラで分かり易い。特殊な空間、あるいは職業の中にいる、ある意味エキセントリックであることが普通であると一般的に思われがちな人々が題材になってるんで、まあ当然と言えば当然なんだろうけど。でもそのような閉鎖病棟に隔離されている人達を、エキセントリックであることを前提として面白おかしく描いている点が、場合によっては人に不快感を与えることがあるだろうことは想像に難くない。深くこだわらず、あの状況を一つの独特なシチュエーションと割り切れば、閉鎖病棟の住人のあのようなお約束的なキャラ作りも楽しめるかもしれないが、こういうデフォルメの仕方をすれば、下で誰かも書いているように、彼女たち、あるいはあの場所のこういった扱いに抵抗を持つ人が出てくるのも仕方がないことだろう。こう言った描き方を一種の偏見、あるいはそう言った人達を軽んじる行為としてとるのか、あるいは逆に、あの世界をデフォルメしたりブラックユーモア化することなど許さないという態度の方こそ差別ととるのかは難しいところ。自分は監督は、そう言ったことも十分踏まえた上で、この作品を映画化していると信じたい。
★★
From: まめだ(NO MAIL) 11月 12日(月)20時54分35秒
最初は楽しく観てたのですが、だんだんコメディ…というがギャグみたいたノリがクドく感じられてきて中盤からは正直退屈しました。繊細な問題を扱ってる割に、心理ドラマ的な物が薄っぺらだったように感じられたのも残念でした。内田有紀ちゃんは可愛いかったし、蒼井優ちゃんも良かったけど、私には相性が悪かったみたいです。元々ドタバタは苦手なので仕方ないですね。
★★★★★
From: おたく系?(NO MAIL) 11月 5日(月)18時13分30秒
すでに2回しか上映が無いので急いで見に行ってきました。見に来ている人も10人くらいでやっぱり、地方都市には松尾スズキは理解されないのねん。と思いながら見ていると、私のツボにはぴったりで笑える、笑える。。。そして、泣ける。。。内田有紀の演技力に惚れたし、クドカンも役者なのねん。他の面々も、とにかく最高!DVDが出たら買いたいくらい。見に行けてよかったぁ〜
★★★★
From: サエ(NO MAIL) 11月 5日(月)10時02分59秒
おもしろかったです。内田有紀にクドカン、キャラがいい!笑った!・・・その他キャスト陣も、個性が光ってます。細かい事は抜きにすると、松尾スズキ流コメディに、メッセージを込めているので、見やすいですね。独特なフィクションの世界なので、映画ならではの異空間を感じれる作品です。
★★★★★
From: KEE(NO MAIL) 11月 1日(木)23時09分25秒
久しぶりに面白い映画を見させてもらいました。前半はコメディタッチで描かれていて、後半はシリアスな展開に。2パターンを楽しめる、女の人に送る映画。とても楽しむことができました。
From: はるこ。(NO MAIL) 11月 1日(木)19時26分21秒
精神病院に入院したことあるけどあんなのありえない。あんな綺麗な保護室ないし入院患者もあんなに活発的じゃないしうそだらけ・・・。松尾スズキってそんなにすごいの?クドカンはよかったけど松尾スズキって過大評価されてない?あんな閉鎖病棟もないしあんなナースもいない。それにあんなダンスを踊る元気な患者はいない。みんな病んでます。松尾スズキ何判ってるのかな?精神障害者をバカにしてる映画ですね?それにその家族の痛みも判ってない最低の映画。調子にのるな、松尾スズキ。不愉快極まりない映画です。金返せ。
★★★
From: まー(NO MAIL) 11月 1日(木)16時50分27秒
もっとメンタル的なものを主題にされている作品だと思っていたが、笑いを取り入れたコメディー部分が多いのが、自分にとって残念だった。ただ決してつまらない作品ではないです。
★★★★
From: ひで(NO MAIL) 10月 31日(水)00時46分37秒
すごく現実離れしていて、爪の甘さを感じたが、力強いし、分かりやすく描いていて、面白かったが、内面をえぐるまでにはいかなかった。Dr、Nsの対応もありえないし、強制入院なんて・・・死語なんだけどな〜医療保護入院なんだけどなー現実の悲しさ、力強さをコミカルに描いてほしかった。残念。
★★★★
From: めんどくさい(NO MAIL) 10月 28日(日)23時14分31秒
人は、いろいろな想いを背負って生きてるのよね見つめ直す時間も必要よね、重い話をのりのいい描写でつたえてくれる、終わりはハッピーじゃない微妙なのよね現実がそうだからね。しかし、大竹さん、妻夫木君もいいお勧めです。
★★★★
From: さくらくん(NO MAIL) 10月 28日(日)01時27分28秒
これは、思った以上に面白かった。クワイエットルームがどれだけリアルなのか、またはどれだけデフォルメされてるのかは、実体を知らないので、わからないけどね。精神病患者をネタにする申し訳なさはあるけれど、面白い。笑える。そして切ない。内田有紀ナイス。大竹しのぶ怖すぎ。蒼井優ちゃんの涙にもらい泣き。その他出てくる役者がみんな魅力的に見えたのは、さすが、役者を操る天才、松尾スズキだけのことはある! まあ、他のくだらない(と個人的に思ってる)お涙ちょうだいものや、テレビサイズでしかないのに映画ですといって、観客をだまし、金儲けだけをたくらむ、制作者サイドの魂なんか微塵も感じられない作品に比べたら、邦画としてはずっとレベルが上ですよ。(と個人的には思ってるよ)