憑神(つきがみ)

満 足 度
57.5%
回答者数10


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



From: さくらくん(NO MAIL) 7月 28日(土)01時00分12秒
面白くなかったな。なにせ演出が古くさい。おもしろくなりそうなシーンですら切れがない分、冗長になってしまっている。CGを使ったシーンなども見せ方そのものにセンスがなく、お里が知れる。いまどきやらないだろうと思われる合成やカット割りはただただげんなり。エンドクレジットのモーションタイプも今の感覚ではなく昔の感覚だ。降旗監督は「映画人生50年」らしいけど、クリエイターとしてはもう進歩を止めてしまってるのではなかろうか。自分の後ろの方で聞こえていた、人生の先輩と思われるご婦人たちの笑い声が象徴的だった。役者陣の演技もみんなイマイチにみえたのも監督の演技指導がよくなかったせいと推測。佐々木蔵之介の演技だけがやたら光っていた。もうちょっと心得た若い監督に撮らせるべきだった!と自分は思う。
★★★★
From: TAK(NO MAIL) 7月 23日(月)15時20分53秒
なかなか笑えてよかったと思う。妻夫木聡は受身の演技がやっぱりいいし、他の役者たちも味があり良かったけれど赤井英和は下手すぎて残念。
★★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 7月 18日(水)22時24分36秒
下のみなさま方は最後のシーンに不満があるようですが、私はそんなに面白くなかったもののさして気になりませんでした。物語はテンポの良さが上映時間の長さを忘れさせてくれました。
★★★★
From: フドー(NO MAIL) 7月 15日(日)15時19分44秒
実は浅田次郎氏原作と知らずに観に行きました。(苦笑)なので、「あ、想像していたより随分骨太なテーマと歴史的事象入れてる作品なんだなぁ」なんて、マヌケな事考えながら観てたりしました。ラストシーンの蛇足っぷりについては、皆さん言及されている通りで、論を待たずです。全体的にいい出来だと思うのですが、台詞のダサさと読み方(演技)の野暮ったさのせいで、出演者の多くがかなり損をしているように思えました。ものすごく大根に見えてしまう個所がチラホラ。あれは、わざとああ言う演出だったのでしょうか?本気でやってあれだとしたら、脚本・演出にはちょっと疑問が残ります。(そんな中でも、西田、香川両氏辺りの演技は流石でしたが。)しかし死神役の森迫永依ちゃん、可愛かったですね。(^^)ちょっと大人っぽくなったと言うか、オンナっぽくなって来た気も??(笑)
★★★★
From: ミツル(NO MAIL) 7月 8日(日)21時57分44秒
ほんとに、本当に、ホントに最後で台無しですね。何で止められなかった?誰が考えた?誰が決めた?特に終わり方を重視する自分にとっては、今までの生涯でもワースト5に入るぐらいのラストでした。
From: ゆーく(NO MAIL) 7月 5日(木)01時03分15秒
物語が進めば進むほどテンションが下がってきて、あのオチ。正直言って、がっかりしました。
★★★
From: 三巡神社(NO MAIL) 7月 1日(日)20時53分13秒
はなからネタばれ皆さんが言ってるように終わりがいけませんみなのものを率いて合戦にでむくところで終わってほしかったなあ。すこし譲って現代で神社はそのままあって神様たちが土手にすわって川面をみてしゃべってるのがいいかなあ。死神さまを生かしたってことは、続編もあり?あの千両は、戦いに行く者たちに家族にみなのものに配られてもいいような。全部そばやは、どうなん。原作と違うけどそのへんもちょいとねあと、死神さまもすこし説いてしゃべり過ぎ、かわいさが半減しますよ。でも、おもしろかった。そこらにある意味不明の祠には気をつけましょう。
★★★★
From: TODO(NO MAIL) 6月 30日(土)08時19分16秒
ほんとに最後がいらないですね。もったいない。砦のシーンも中途半端な印象だったので、砦に向かっていくところでエンドの方が良かったのではないかな。それでも、全体的にはおもしろかったですね。
★★★★
From: 栗沢桃太郎(NO MAIL) 6月 28日(木)23時56分04秒
面白かった。あっという間の2時間。まったく退屈しなかった。以下、ネタバレがしかし、最後の5分で全て台無し!いきなり飛行機が出現して一気に興ざめ。浅田次郎(ですか?アレは)の登場も意味不明。せめてオープニングでも出しておけば、あそこまで違和感を感じることはなかったハズですが。エンディングの曲の間じゅう、フラストレーション溜まりまくりでした。残念!
★★★★
From: yoshi(NO MAIL) 6月 26日(火)12時22分56秒
原作をほぼ忠実に再現。笑いありに、最後はほろっと。なかなかでした。ネタばれがしかし、最後の浅田次郎は何?!あれはいらんでしょ。なにやってんだよ!って感じ。