アフタースクール

満 足 度
80.4%
回答者数23


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す,
Amazon.co.jp



★★★★★
From: シレン(NO MAIL) 7月 27日(日)20時22分49秒
面白い作品です。今まで言われているし、もう終わってしまう映画館も多いですが、大泉洋さんと堺雅人さんに先入観というかある種のイメージを持っている方のほうが楽しめますよね。大泉さんやっぱりやらされるのが似合ってるなあとか、堺さんのクールな謎の役見たことあるなあとか。素直に見終わって満足しました。
★★★★★
From: ryota(NO MAIL) 7月 20日(日)01時22分33秒
最後まで飽きることなく集中して楽しめました。物語の多くの伏線がラストに近づくにつれて明かされていく様は本当に子持ちが良かったです。出演者の名演も光るかなりの秀作だと思います。
★★★★★
From: ayu(NO MAIL) 7月 16日(水)23時16分11秒
友人の勧めで見てきました。人によるのかもしれないけど、私は先が全然読めなかった!!見終わって「気持ちよく騙されちゃったな〜」って楽しく帰れましたよ。主演三人が光ってました!
★★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 7月 14日(月)19時29分24秒
 最後まで観て、「やられた!」って感じです。 本当に、最後まで「どうなるんだろ〜」って、目が離せない展開で、最初から最後まで、どっぷりと映画の世界に没入してました。 主役の大泉洋さん、佐々木蔵之助さん、堺雅人さん3人とも個性が出てて良かったです。
From: まき(NO MAIL) 7月 12日(土)16時06分12秒
最後はふうんってかんじ。
★★★★★
From: なおこ(NO MAIL) 7月 2日(水)17時28分29秒
主演三人とも好きな役者さんだったので予備知識なしで見てきました。結果、大当たり。気持ちよく騙されて笑わせてもらいました。派手さは無いけど、とても面白い邦画を久々に見た気分。人にもお勧め出来るし、ネタがわかった上でもう一度みたい。
★★★★
From: ほにゃ(NO MAIL) 7月 1日(火)22時55分47秒
 こちらでの高評価を参考に見てきました。 以下、ネタバレありで。 物語の中盤までは、“突然行方不明になった友人を、ひょんなきっかけから探し出す主人公の話”として観ていました。 それだけでも十分面白かったのですが、話の展開上「どうしてそーなるの?」という割り切れない箇所も散見され、少し座り心地が良くなかったです(映画館の座席の問題でなく)。 ですが、行方不明になった友人が再登場してからの展開は、不思議な箇所の種アカシが次々と進み、「あー、これはそーいう意味だったのね」とストーリーが次々とクリアーになって行きました。 実際に映画を見るまでは、下の皆さん方のコメントの意味が???でしたが、観て初めてどういうことか納得しました。 出演された方の好演も光りました。
★★★★★
From: 菓子911円(NO MAIL) 6月 29日(日)23時37分32秒
前作『運命じゃない人』でも思ったけど、内田けんじさんって頭いいんだろうね。脚本で「あったまいぃ!と感じさせたのは、『ロックストック&ツゥー・スモーキング・バレルズ』のガイ・リッチー以来かも。今、日本映画界で、これだけの原作に頼らないオリジナル脚本を書ける映画人は、ちょっと思いつきません。キメ細やかなクドカン、あるいは、切れのある三谷幸喜さん…といったら彼らのファンに怒られるでしょうか。下の方に、ズルイ…ってコメントがありましたが、おれ的には、最初からネタばらしの直前まで十分な伏線がちりばめられており、むしろミスディレクションのお手本のような脚本と感じました。確かに映画としてスケールの小ささは感じますが(おそらくは予算的制約)、この日本映画界の宝とも言うべき逸材に★五つを献上です!
★★★★
From: rinrin(NO MAIL) 6月 18日(水)17時36分17秒
 評価が高かったので観てきました。個人的には好きですね。キサラギが好きな人なら好みじゃないでしょうか。推理物なのであまり情報を入れずに観ました。これから観る人もあまり詳しい内容を調べずに観たほうが楽しめるのではないでしょうか。
★★★★
From: エテ吉(NO MAIL) 6月 6日(金)22時32分51秒
ネットでどこでも高評価なので観てみた。確かに面白い映画だった。ちょこちょこ笑い所もあるし、見てて飽きない。ただ、傑作というにはもう一つ突き抜けた何かが欲しかった。まあ佳作には間違いないので、見て損は無いです。
★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 6月 3日(火)15時15分31秒
こういうの好き。ネタバレになるので多くはかたりませんが、邦画の良さが出ている。金がかかってなくても、ストーリー、演出、演技でここまで面白く出来るってこと日本はこういう映画に力入れるべき・・・
★★★★
From: ばるたん(NO MAIL) 6月 3日(火)12時47分21秒
よく出来た映画。しゃれてもいるし、主役はもちろん、脇までキャラがたっている。邦画特有の意味のない暗さもあまりないし。しかし、小さくまとまってしまっているところが惜しい。
★★★★
From: ニコラス刑事(NO MAIL) 6月 2日(月)19時07分40秒
ん〜〜、惜しい!脚本にすごく凝ってて、中盤あたりの展開はものすごく盛り上がるんだけど、あまりにもきれいにまとまりすぎてて、最後は普通に「ふぅん」って感想しか残らなかった。ヤラレタ!っていう感じが全くないんだよねぇ。なんだろう?演出が下手なのかなあ?途中までものすごくよかっただけに、終盤が大して盛り上がらなくてとても残念でした。中盤までは文句なし★5だけど、終盤は★3、間を取って★4ってところかな。
From: UNAGI(NO MAIL) 6月 2日(月)11時11分06秒
なんか無理やりでこじんまりとした展開。去年のキサラギのヒットといい、こういうシチュエーションコメディみたのって、よっぽど魅了してくれないと、鼻白んでしまう。大泉洋は、味わい深かったけどね。。。
★★★★
From: フラワー(NO MAIL) 6月 1日(日)23時47分38秒
☆5つの評価には届かなかったなぁ。確かに良質の作品には、間違いないんだけど。デートムービーには最適だと思うし、他人にも責任を持ってオススメできるし・・・。ただ、見終わった後の達成感というか満足感というか、突き抜けた感じはなかった。ストーリー展開を注意深く追っていれば、簡単に仕掛けがバレてしまう。謎解きに妙味を感じることはできなかった。だけど作品のトータルバランスを考えれば、この仕上がりで妥当だと思う。変にこだわって作風に偏りができると受け入れにくくなるのも事実あるし。間口を広く、奥行きは浅く・・・見たいな感じがした。
★★★★★
From: kon(NO MAIL) 6月 1日(日)23時06分43秒
素晴らしい。すごい映画に出会った。ストーリーは言わずもがな、それぞれのキャラクターもたっていて、見ていてこんなに気持ちのいい映画もありません。2008年もあと半年ありますが、間違いなく今年度の邦画NO1の作品だと断言。また見たい。
★★★★★
From: かーぼ(NO MAIL) 5月 31日(土)15時18分53秒
この映画が売れないと、僕はもう、日本の映画業界を信じることができません。まぁ、それはちょっといいすぎですけど。絶対、もう一回は観ようっと。
★★★
From: IK(NO MAIL) 5月 30日(金)08時55分34秒
この作品は 巧い!と思うか、ずるい。。と思うかでしょうね。見落としがちなヒントが隠れていて、それに気付かないとミスリードされていく、というなら巧い!のでしょうが、普通に見れば 他に解釈のしようがなくそれがミスリードなのですから私にはずるいと思えました。しかし、評価が高くなければ見にいかなかったのでハードルがあがってしまったのでしょうし、何気なく見た作品だとすれば 案外人にすすめられる作品に入るかもしれません。誰が主役なのかよくわからない地味さもまた良かったです。
★★★★★
From: のりたま(NO MAIL) 5月 29日(木)21時41分32秒
観ないつもりだったけど、あまりに高評価だったので観て来ました。評価が高いのも納得。下手に内容のことは書けない話なので触れませんが、あまりお金かかってるように見えないのに、素晴らしい映画でした。
★★★★★
From: よこふ。(NO MAIL) 5月 29日(木)19時42分41秒
ほんとおもろ〜かったです。タダ券だったしなんの知識もなく観たらあらビックリ!おもろ〜でした。ネタバレがあるとおもろ〜くないので何もいいませんが是非観てください。騙されたと思って・・・。ほんと騙されちゃいましたね?
★★★★★
From: 海苔(NO MAIL) 5月 27日(火)22時06分00秒
個人的には早くも今年NO1かも。いや〜面白かった。これだけ観る前期待しまくって裏切られなかった作品も珍しい。劇場でもよくウケてましたよ。こういう地味だけど脚本や演出で魅せてくれる作品に出会うと嬉しくなります。これをナルニアや隠し砦によって後回しにしたり、見送りにしてる人がいるかと思うと歯痒い、切ない。
★★★★★
From: jun(NO MAIL) 5月 27日(火)12時50分15秒
まず、書いておかなければならないのは、この映画においてネタバレは絶対に厳禁であるということ。わずかなネタバレでもこの映画の面白さはスポイルされてしまうに違いないからだ。ということで、これから見に行く方にはいろいろなレビューなど読まず、予備知識ゼロで見ていただきたい。そして、最初から最後まで一時たりとも画面から目を離してはいけない。ノンキにポップコーンなど食べずに鑑賞することをおススメする。以下、ネタバレあり何しろ、終盤の展開が素晴らしい。前半から張り巡らせた、数々の複線を見事に回収しつつ、想像していた方向から大きくずれて行くにしたがって、自分が製作者の思惑通りにミスリードされていたことに気づく。それは、もうお見事というほか無い。しかし、エンドロールを見ているときに思うのだ、「何か引っかかるものがある」と。謎が次々とひっくり返されながらも、どうも腑に落ちないままエンドロールが終わる、しかし次のワンカットで残っていた謎が氷解する。これはディズニーなどが使うサービスカットなどとはまるで性格が違うもので、エンドロールのわずかな時間が余計にラストのワンカットを引き立たせているのだろう。「そういうことだったのか」と呟きつつ劇場を後にした。素晴らしく練られた脚本と監督、俳優陣に感謝の★5つ。
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 5月 26日(月)23時45分55秒
ネットで高評価だったので観に行ったほんとに面白かったよ特に脚本がすごい 起承転転転転転転転結!!!!観客にミスリードさせつつ、どんどん予想を裏切り伏線が後半バチバチはまるこれぞ「映画」って感じ「水曜どうでしょう」は好きだけど、俳優「大泉洋」はこれまで正直イマイチだったが、今回はいいね!!